「廻れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 廻れ[動詞]
左向け、廻れ  処から生垣に附いて廻れ  庭先へ廻れ  表を廻れ  二人とも廻れ  トラツクを廻れ  旋風器は廻れ  近くに立ち廻れ  先へ廻れ  青海原を悠々と泳げ廻れ  酒が、廻れ  仔牛廻れ廻れ  きぬ廻れ廻れ  くるくる面白い急いで廻せば早くなるのろのろ廻せばおそくなるとまれば廻らず直ぐころぶ転ばず廻れ  城を廻れ  裏に廻れ  方へ廻れ  躊躇なくくるりと廻れ  微塵になれやと斬って廻れ  活溌に廻れ  耶馬台を廻れ  耶馬台へ廻れ  弥へ廻れ  道ぢや廻れ  左へ廻れ  砂を噛んで廻れ  敵は、すごすごと廻れ  紳士が、廻れ  一同は、廻れ  筆幸へ廻れ  最後の廻れ  光秀征伐に廻れ  一つお辞儀をし、廻れ  青年も、廻れ  勝手口へ廻れ  それからクルッと廻れ  訊問しないで、廻れ  裏山へ廻れ  こっちへ廻れ  自分をどやしつけながら、あわてて廻れ  からあちらへ廻れ  頭を下げて、廻れ  裏口へ廻れ  元気よく廻れ  前へ廻れ  彼方へ廻れ  入口まで来て、くるりと廻れ  昂然と廻れ  右に抱え直して、廻れ  無言で廻れ  刀あ抜いて斬って廻れ  気を廻れ  家へ廻れ  こんどは、廻れ  西北に廻れ  日本中が廻れ  一斉に廻れ  少尉は廻れ  背後へ廻れ  ら、ぐるりと廻れ  右へ廻れ  わしく廻れ  方から廻れ  寝顔を見て、廻れ  水見にも廻れ  代りに廻れ  二人は廻れ  歡喜を見たらうか廻れ、廻れ  私は、くるりと廻れ  地点に廻れ  からこっちへ廻れ  あっちへ廻れ  郵便局へは廻れ  カゲへ廻れ  ピート一等兵は、おずおずと廻れ  中へ廻れ  玄関へ廻れ  クルリと廻れ  ことを知らず、廻れ  私は廻れ  逆に廻れ  周囲を廻れ  勇敢にあばれ廻れ  たかた廻れ  庭へ廻れ  裏へ廻れ  ほうから廻れ  馳け抜けたらば廻れ  きく車で見て廻れ  ころ、廻れ  私はくるりと廻れ  無口となって廻れ  しろへ廻れ  自分に廻れ  なあにここで食えなくなったら又ほっつき廻れ  向へ廻れ  向うへ廻れ  浮動し廻れ  先生と別れ、くるりと廻れ  三遍も廻れ  裏庭へ廻れ  ところまで歩いていって、くるっと廻れ  鼻を廻れ  勝手に廻れ  他へ廻れ  肩をしゃくって、くるりと廻れ  考えから、くるりと廻れ  



前後の言葉をピックアップ
めくる  廻る  メグルミ  めくれ  廻れよ  めぐれる  巡ろ  目黒  めくろ  廻ろ


動詞をランダムでピックアップ
嗅げ掘れ燃えつく持たそつきあげよきたえあげ落ちんはりだせ擡げあわさん花やが底知れ転ばすたやさ和すしなう染み渡ひきかえせ出直せ打ち抜こ
形容詞をランダムでピックアップ
塩っぱかっ根強くうとましまあたらしいみにくうちいさ安かれうす汚く胸苦しかっ待ち遠しく心もとない口さがないうら若疑深いのぶと黄いろい何気なふがいなくとめどなく