「師」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
師に対して秘密を作ってはならぬ  師の身辺を脅かすとは  師として稽古を受けた  師の肺腑に迫り  師を起して  師とするに足りる  師とせる  師と言ふも  師と對坐してゐた  師の阿闍梨が云われるには  師の慈眼房と話をした  師の前を立ち  師の慈眼房はなお承知しない  師の慈眼房はその不遜に腹を立てた  師としない  師の為に進んで祈  師の法然上人も極楽できっと待っているとの  師の法然にまで及んで来た  師の身を思うて云い出すと  師として小野流の流れを受け  師として一向専修の行者となったが  師の法然が亡くなってからは  師として暫くも座下を去らずに  師の考え方には浮気なeitelなところがありません  師からEinflussを得る  師とも語り合いました  師として彼女を導き  師の奥様の顔を眺めて居る  師の何とかいう  師の序文も加えられてある  師を取らず  師として手習をした  師ということは云えるかも知れない  師が自分の弟子たちのなかから自由にえらんだ  師の目にとまった  師の筆を摸するに至りて  師の君わらふ  師の君取りてたかくうとふ  師の金剛巌先生に相談した  師の家からもってくる  師の宣はく  師の命を待っていると  師の冠辞考に見えたるを  師の恩と並べて  師をも本師道善房といって  師を身延隠栖の後まで一生涯うやまい慕うた  師の恩を感謝した  師を起こすも  師を起こさんとし  師を起こして  師よりもはるかに優れり  師にもせよ  師に勝ちて  師を起こし  師の戸沢図書虎より忍術を封じられた  師の戸沢図書虎より苦もなく術を封じられてしまった  師の優しさが身にしみて来て  師もまた洒落るか  師と称するほどの  師と称えている  師は必ず弟子より優れた  師の會堂の尖塔が見える  師に就いたり  師はなんども居酒屋へよっては  師はべろべろによっぱらっていた  師はいない  師がかんなをかけたり  師のちがいみてえな  師と仰ぐ  師直に移る  師を歓ばせておきながら  師の法外はちょっと考えて  師の春満は死んだが  師に勝れる  師の真淵を超えて  師を起し  師を帰そう  師を収めて  師のほめたりと  師となし  師とし  師の褒たりと紺暖簾入りて母見し  師の病体を神戸にうつすと  師の墓を建て  師の博士をつきのけてまでも  師の前で頭をかいた  師たるあなたはその才能と叡智とをもって  師たるあなたには無論お判りでしょう  師とす  師が仰っし  師の李意に告げた  師たるもので人の批難を受けない  師をおこすとは  師という  師とも敬っていた  師を召し還し給え  師を出して  師と仰いでいる  師である伊能矢柄の道場へ寄った  師の前に坐ると  師とたのむ  師実は仏像を手に取って  師実は厨子王に還俗させて  師として学び  師は師として崇めると  師がいくたりか  師と呼び  師となり  師のものを身につけなくてはいけないと思う  師の中へとび込まなくてはいけない  師に入って  師に拾てられ  師の名を汚しましたる  師に及びもつかぬ  師の君につれられて行く  師の君が同門の人に由りて購わるる  師とお話して居ますと  師の庇護の下に此庵に坐らせてもらつて居るので  師は前一寸申上げた  師の矜持は多少の言葉に残つてゐたが  師を思ひいでつも  師と呼べば呼べる  師と定め  師を去り  師の鈴木松年先生が私の心持を知って  師といたしました  師の蕪村の門を出てから  師の教を輕信する  師とせ  師とすといひ  師の前にきちんと坐つた  師の坊もたまりかね  師としての敬意に價ひするだけの  師の臨終に逢えない  師の坊の誡めを物ともせず  師の坊も捨置がたく  師となって  師を興さんとし  師のあとを進まれた  師に示された  師の君の目を病みませる  師の君おもひおもふ  師に心なくいひぬ  師はかの山上に葡萄を食しつつ  師直兄弟の首に自らの首を賭けて  師とするに足る  師の洗ひす  師に対抗出来た  師と言ふ  師とも云うべき  師となるべき  師とも神とも恋人とも思いこむ  師と共にかかる  師という響のなかには敬愛の思いがこもっていて  師といえば  師というもののあり  師というようなものが固定して考えられるだろうか  師の僧が共に土着した  師や友に導かれて誤って  師にして学んだか訊いてやれという  師として勉強いたしました  師もなく流派もありません  師と申せば  師と心得て  師はありませぬ  師として胤舜も恥じ入っております  師についた  師はやがて昔の弟子を花畠に近い静かな書斎の方へ導いた  師の孔子以上とさへ  師は酒を呑んだ  師の前には従順となり  師の逆を行って  師に怒られて  師にもいわれるまでになりました  師の病床についていた  師の自斎とは叔父甥の血縁でもある  師の死に目に会えませんでした  師の甥でもあり  師のおかたみを受ける  師を離れて  師の体面を思ってやった  師と父を三事と稱して  師の鞘がぐッと当った  師の背中に映っている  師の後姿を見詰めながら  師はひらりひらりと体を左右にかわし出した  師ではあり  師の弥五郎一刀斎の妾の子をひき取って育てた  師に付いていた  師が老いてゆくと  師を見下して  師の弥五郎一刀斎様に仕えて  師の座から一言に圧して  師の言葉を噛みしめながら  師の顔を見た  師であろうとしている  師を失望させたからだ  師のお顔があった  師の机は据えてあった  師は愉快そうに笑った  師は昔を懐かしそうにぽつりぽつりと話し出される  師はすすめてくれた  師の治郎右衛門は道場を捨てて  師の名を申せぬ  師であるともいえる  師の草鞋の紐をむすんで立つ  師について感謝をもって書いている  師を理解し得なかったと  師から芸術至上主義の一面を見  師は柘榴の実を使用った  師にも気の毒なり  師の行動について法文通りの取締をする  師が没せられて  師の没せられた  師の家の弟子となったという  師でないのにかかわらず  師の誰もがいふ  師の鵜沢柳月という人が住んでいた  師の家に陣取って  師の家に立寄って  師として剣道を学んだ  師の蔭に打伏したが  師の許を得て  師をやり通そうという  師とお頼みなされしは  師になるほどの  師もうれしく思はれけん  師も見やり  師についてこんなにも勉強しているかという  師にお教えいただいておりまする  師の昔を思ふ  師の禅師にお目にかかれば  師に就いた  師の坊の経歴を聞かされて  師の禅語に接すべく  師もいわず  師の山荘まで引ッ立て行こうじゃないか  師の家までお越しあらぬか  師とよんでいた  師と慕われて  師の僧のヒキや同輩の後援によって法蓮房の上に立ったが  師を模倣している  師からさらに深く学ぶべき  師にさらに深く学ぶ  師に培わるべき  師が再び彼の心を捕えなくてはならぬ  師とする  師を請待して  師として詩を学ぶ  師からゆくゆく天下の大知識になるだろうと  師について更に深い学問を習っていたが  師について苦しい勉強をする  師を尊敬する  師の信任をうけている  師を犒ってやるから  師と言い  師に就いたけれども  師の伝言はあった  師も友も知らで  師ありき髯の似たるより  師を自が才に身をあやまちし  師もありし  師がその昔たまひたる  師なる宮本武蔵の耳に入って  師が快く多忙な貴重な時間を割いて  師直一個の量見から出た  師の頼源僧都から申しつかって来た  師を以て任じた  師の篤信斎の怒りを買い  師をもってすれば  師を蔑視し  師の情操品性の稀有なる高潔さを証明し  師の提言にしたがって  師と頼むべき  師の飛衞に之を告げた  師の許に赴いて  師の飛衞も思はず  師から學び取るべき  師の飛衛にこれを告げた  師から学び取るべき  師の飛衛をおいて  師の法神は房吉の剣を評して  師の法神が諸国の山中にこもって  師の法神のそれと同じくあらゆる部分が力に応じて  師に似て  師の法神はこの結果に満足し  師たる高風があり  師といえば敬ってるが  師の門へお通いになったりして  師直にたのまれて  師直によう申してある  師直に口述して  師なりと古人も仰せになりました  師となる  師とすべき  師となりたがる  師を軽んずるは  師にして  師直にどなりつけられ  師につく  師をさえ侮るの  師につくという  師として学んだ  師を選んで  師は憎まれ  師の坊は幼少より京都におわし  師たる人に答へて来たと述べ  師のため自分の骨肉形骸の如きはどうならうと  師を都へ迎えた  師なる人を探し当てて  師と為すべき  師にめぐり合う  師の歿するまで  師に親しみを続けて来たほどである  師のいひし  師のすがたを胸にえがいていた  師の坊にも迷惑をかけ  師をしのいでいる  師を出すに  師直に大野心があるからだ  師直に挑んで来るなら  師直に代行させて  師の枕元に死ぬまで  師直一族の第館なども焼き払い  師の訃に詫びた  師の鉗鎚にたたかれてきた  師直に代る  師として学んだという  師の名折ンなるぜ  師の亀吉を憐れむ  師なりといって  師の言う  師の名義に至りては  師とした  師もあったろう  師としたが  師を取らずに  師と頼む  師と頼み  師の頭にどういう考えが浮かんだかを知っていたら  師の喚き  師を興さば  師とも仰ぎ見つ  師の坊を殺した  師を尋ねて来る  師を訪うて来る  師を喪った  師の正宗が涙を奮って  師を責めにかけつづけているとみえて  師の利己主義が弟子どもを圧迫していた  師の思想を一瞬間に知り得る  師の作を模写する  師のもとへと通った  師の許へ顔をだす  師の君に約し参らせたる  師の家にて同門の友達と雑談にふけったおり  師は恋しかりしかど  師として奉じていた  師でもあり  師を撰らみて  師の君とても昨日今日の交りならねば  師の君訪ひ来ませと待てど  師の君はと是れや  師の説なりとて必ずなずみ守るべきにもあらず  師の感化によるという  師を求め  師たる北斎は和蘭陀画の感化を喜ぶ  師の名を犯せしが  師とも仰ぎ  師ほどの偉大さをもってはいないが  師を桂港の波止場に送りし  師と書物とが与えられていたならば  師に就けません  師をしている  師に導かれて  師の企図し  師から字をつけてもらう  師の爪じるしは一か所もつける  師も弟子もいっそう励みが出て  師を忘れてはいなかった  師のあとを追って東京に出た  師が参与と神祇官判事とを兼ねて  師も老い  師ももはや七十二歳の老齢を迎えられたからである  師のないのを悲しみ  師もひどく力を落としていた  師の仕事を助けた  師の気風を受け継がないではない  師の引いた  師には引き止められるかと  師の鉄胤が彼に言ったと  師にしてつきもしたし  師についていろいろ談り合ったが  師の思い出話が出ない  師に開眼させてもらった  師の面目躍如たるものがある  師が定まる  師は玉川の僧院に余生をおくって  師のあとを追っているかもしれない  師のようにして習った  師の坊の手許から若干金を盗み出し  師にそむき  師となるの  師がそれをつけて  師は之を認めて居られるけれど  師の阿闍梨のまいっている  師の影を踏まず  師へ報告に行った  師の供をして下って来た  師であると思って  師を訪ぬる  師の理論を実験せんが  師の詞を書き取りし  師が皆驚くほどでした  師を出だす  師が一般參拜人の取次をして  師は何國何村は自分の持分といふ風に分けて  師と弟子とは詩と常識をまぜた  師と並んで  師の骨法をすべて会得し  師が口をきわめてほめたたえたほどの  師の妹娘へ電報をよこした  師の妹娘を後に従えて  師を殺すを  師が妙光女を見て  師と頼みて  師も数軒は残っていたが  師の家も退転してしまい  師と共にした  師の鉄眼和尚からこれを食わされた  師へ求める  師に事え  師より戒められたは  師の言に背き  師の言の中れるや  師へ答え置いたが  師に附かなければならないと考え  師の胸裡に雑然として存在したる  師の心に同情する  師に及ばずと言う  師と仰いでゐる  師の家とは疎遠にしてゐる  師に使嗾されて  師と友とわれとし読みてうなづかば足るべき  師はめしひなり  師をなぐさめむすべ知ると  師にかしこみぬ  師の左門にさえ突き勝つほどの  師と少なき友に献ず  師と仰いだ  師と仰ぐべき  師に強く言われて  師として適当な人選をしてやるだけの  師たり兄たりと思う  師にいた  師が極力二人を別れさせようとした  師の禪房に曾つて圭一郎は二年も寄宿し  師に常隨して  師に身を寄せて  師の人間的な同情は十分持ち  師は毎夜のやうに圭一郎を呼び寄せて  師から兎や斯うきつい説法を喰つてゐる  師の前に弱つて首垂れてゐる  師もやがて来りた  師に参らせよと  師もあの頃は一年の大半を旅ばかりしていられた  師の門を叩いて  師の前で作つたものに違ひない  師を訪れた  師を迫害し  師が毒杯とか十字架とかによって死刑に処せられた  師の道や真理を宣伝する  師の仕事を迅速に完成して  師の偉大さをはっきりと築き上げた  師の姿を描こうとしている  師を興して  師を興してまで  師の座から追い退けた  師となり得る  師についての伝承は師の死後に始まる  師の死が最後にではなくして  師の終焉を語っている  師の教説の核心となる  師の死は何ら特別の意義を持たなかった  師が幾度か問題とせられながら  師と思い  師の栖鳳先生が大作を描かれると  師の芸を盗むどころか  師として常に教えられ  師の信西入道をも驚かすほどの  師に如かずといえば  師の泰親は万人にすぐれて  師と敬うていれば付け上がって  師の前に頭をさげた  師の泰親の無事であることが判ると共に  師なるの故を以て荀子を攻撃する  師との間に世間話がはじまった  師の惰なり父教師厳なる  師としてその人より自由民権の説を聴き  師のかげを七尺去ると  師とあおぐ  師が西村五雲であつたといふことを想ひついた  師のものを継いでゐない  師の五雲の芸術上の抽象化を避けて  師の許へ出掛け  師の発展のはかばかしくないのをまどろ  師の人物が大き過ぎて  師の前にその恋の神聖なるを神懸けて誓った  師としての責任を尽して  師の家に行って住む  師を信頼した  師の承認を得さえすれば  師のかがやく  師たる小生と当事者たる二人と相対して  師として私を信頼した  師としての温情と責任とを尽したかと  師の悪口をいわれて  師直兄弟はもうどうしても生きてはいられない破  師直に自滅せよと  師直に死ねというか  師直兄弟が最後のあり  師とすがった  師の僧に愛され  師としての敬礼は失わなかった  師として戦線に出る  師に対して払うべき  師の帆村探偵から教わった  師の帆村荘六から折紙をつけられている  師の方へ向けた  師を求めた  師の遺族に恩を返す  師を聘して  師にその禍いを攘う術があるか  師の高徳に感じている  師の命令を待っていると  師とはならんとも  師とはなさざれと  師も説かん  師を軽蔑している  師の坊の許しを得て  師であるばかりでなく生死に処する  師に譲らず  師に譲らずか  師の正兵衛さえ舌を巻いている  師と弟子の立場はぎゃくになったよ  師とがあって  師に渡すという  師の方に渡すと  師の傍に在って  師の傍に引留めた  師の言に従って己を抑え  師の前に出て行った  師に叱られるが  師の咎が無かったと聞いて  師に反問する  師にもなお触れる  師の実際家的手腕に敬服する  師が臣節を汚す  師を置いて眺める  師に従って欣んで魯の国を立退いた  師の前では一応納得した  師の運命について感じる  師の桁外れの打込み  師の批評などおこがましいと腹が立ち  師の死生観を知りたい  師の平生の説によれば  師の言説の中に感じられる  師の智慧の大きさも判るし  師には先立たれましたる  師は心にある  師の記念とも存じ  師に仰ぎたい  師を礼拝する  師の芭蕉の罪でもある  師と称ばねばなるまいぞと  師を學ぶ  師を隨へて中原北に上りけり  師わが據なり  師よわが聞く  師を見き  師かく古の淑女騎士の名を告ぐるをきける  師はさとりてかれをおしのけ  師はひそかに語らはんとの意を彼等に示せるに  師にむかへるに  師もこれを許せるなるべし  師もまた去るを  師斯く目を添へたまふ  師は我をかの脛にて歎ける  師にむけ  師にはおよばじ  師よ請ふ  師は昔姿美しかりし  師となれり  師の教へし  師を賣りて  師に譲らずと称されていた  師の心も想像出来なかつた  師の傍へなど帰る  師になじると  師も我も彼と共にありし  師よ目を擧げてこなたを見よ  師の足にしたがひ  師よ告げよ  師の言をききて  師のたのもしきあゆみにあはせてか  師にむかひていふ  師わが足れりとするや  師にむかはしめたり  師即ち我に近づき  師さとりて我に曰ふ  師の足を抱かんとて  師の後にいたれり  師この時既に起きゐたり  師の衣の變りたるとをみしごとく  師の言に從へと命ずる  師と為せよ  師の技を見よ  師たりし  師の問を發すを待ちつ  師に答ふるごとく  師の役をとり  師の例に傚ひ素足にて歩む  師の生涯を合唱にて歌ふ  師とせりと傳へらる  師と仰ぎ  師は当世に肩を比すべき  師の歩みに倣うて  師のいわれる  師の蒲衣子は一言も口をきかず  師も朋輩もこの少年を愛した  師の蒲衣子はまじめにそれをうべなった  師のもとへ行った  師は次のようなことを言った  師に答えた  師の教えのありがたさは骨髄に徹して感じられたが  師のもとを辞した  師に在る  師よりも腕力がある  師はすでに作り上げておられる  師の自分より優っている  師は涙を流して  師の生命は死にはせぬ  師をとり  師の命を背かるるか  師に合うとか  師に合い  師の手に渡ると  師ともいうべき  師を出し  師を朝鮮に出して  師として吉水に入室した  師と伝えられている  師の反古を集めて  師らしい人を経歴にもっていない  師についたという  師とか心の友とかよぶ  師の道風をしたひその  

~ 師[名詞]1
ものは師に対して  サリエーリをも師として  一字の師と  魂の師  方からは師の  勤王の師を  自分の師と  陶淵明を師と  それを聞いて師の  法然は師の  のを師の  伝戒の師と  病に冒されていたが師の  咎が師の  座主勝憲僧正を師として  法然を師として  ことは師とも  思想上の師として  丞の師  ドイルの師の  秦星池を師として  文学の師という  それぞれの師が  結局それぞれの師の  画を学び師の  出しざまやと師の  我れかきつけてなげやれば師の  謡曲の師の  御用鋳師の  伴天連の師の  たよりにつけて師の  凡庸の師を  これ内乱の師  内乱の師よりも  ばかの師にも  それは師の  儒臣に対しては師と  私の師  先生を師と  足かけ四年で師の  彼が師の  長州征伐の師を  手を師の  孔明を師と  老いたる師の  先生は師の  和歌の師と  きのう私の師が  お前の師という  人の師  錬金術師が師  処によると師は  無名の師を  無名の師と  父とも慕い師とも  撃剣の師  ひそかに師と  自然を師として  師は師として  自分の師  演劇理論の師が  一番最初の師  大切な師  そこまで習いこんでこそ師と  とことんまで師の  師に入って師を  弟子に対する師の  文法の師を  自由に師と  竹内栖鳳先生を師と  形したる師  常見を師と  神を師と  貌を師と  人の師と  法の師  一足違いで師の  是剣道の師の  告発に依り師の  他人の師と  討幕の師を  もとに師の  自然主義作家として師に  壁も見えず見えずなりぬ師の  君の師と  荀子を師と  ジューヴェを師と  一言の師と  伸子の師とも  抽斎の師と  あまり作家を師とも  勝楽という師の  吾に師  誰を師に  山霊を師として  これという師も  彼の師として  香道の師に  ように師の  天鬼から師の  名と師の  者は師  者が師  君と師と  脇腹に師の  彼は師の  将軍家の師では  自分たちの師を  伝をうけた師の  顔を睨まえて師の  非行は師の  弟子と師との  此方を覗いている師の  縁側近くに師の  不断の師  彼の師について  アリストテレスが師を  ほりもの師  鏡磨ぎ師は  落第とあっては師にも  すべての見師の  牙彫師の  牙彫師  丞殿は師の  人を師として  席まで飛び込んで師の  剣道の師とは  剣道の師  世話で師の  御身の師と  人の師に  大山のごとしと申せば師  琵琶の師について  玉ひし師の  厳ならざるは師の  釜の仕上師  学業の師に  禅床と師の  南陽房は師の  昔の師が  高島四郎太夫を師と  道士趙錬師を  温を師として  私なんぞ師について  塗師も彫師も  琵琶の師の  師に就いたけれども師が  こころもて見る師も  笑ひき博学の師を  ことかたりきかせし師も  三年聴かざり亡くなれる師が  悪事が師  俺の師  時から師よりも  天下の師を以て  己の師と  傍で見てゐた師の  傍で見ていた師の  筋肉は師の  万人の師  彼女は師  生花の師には  山水のみが師  正成の師に  入学して師に  己が師をさえ  道益先生を師として  唄の師  師克の師は  師直の師と  時も師  尺八の師  父の師  馬明生は師について  近隣に師と  多くの師には  多くの師に  老父を召出して師と  惠果阿闍梨の師の  帝王の師と  久しぶりな師の  これらは師  意志を師  あんなにも師の  最初に師として  当時彫師の  腰を掛けている彫師の  のに彫師の  万葉を師と  萬葉を師と  地に師と  山水のみ師なりと  者を師と  始めは師に  白鴎を師と  訳なら師を  友とも師とも  先住の師の  静かで師を  いんちきばくち師を  ほかには師に  全知全能なる師の  大雨を冒して師の  彼女が師の  かくまでに師は  経書禅学の師として  軍学の師でも  学問の師を  学校の師  村外れは師の  彼の師  国重は師の  博士を師とも  語学の師を  適当の師と  詩文の師を  国学者としての師は  若君の師から  今は師も  明治六年には師も  史として師の  専門家を師に  姫君を師の  遠くに師と  名人の師が  七尺下って師の  隱者嚴遵君平を師と  阿闍梨は師へ  それも師の  法の師を  青年が師の  弟子が師の  追討の師を  お前の師と  オクレをとるとは思われぬと師が  洋装を着た師の  いずれも師を  これも師の  唯一無二の師と  三拝九拝に対して師の  苦難を師と共に  若者仔細あって師の  子供心にも師に  話術の師  一履繕い師に  今人天の師とも  首領を師と  美妙は師の  千とせに師と  ひと花か泣きますな師を  間接に師と  天台道士を師と  公案が通らなくて師に  人人にまもられて師も  葉を師に  曙覧の師を  素読の師で  忠実さをもって師の  王が師を  楚王が師を  弟子相与に立てて師と  彼を師の  伝承は師の  孔子の師が  前には師の  良人を師として  ことは師に  それにつけても師の  私と釣り師との  最初は師として  官と師が  峰先生を流師と  彼の師が  学校の師の  厳乎たる師としての  芳子は師の  同情してくれた師の  芳子は師を  貴下と師  あなたが師として  世の師と  大隅は師の  彼は師  のは師  衷心自分達の師としての  者が師に対して  直接の師を  ふだんから師の  心相こころの師とは  こころを師とは  文学の師  仁に当っては師に  仕上げ専門の仕上師とが  小作り位までやって仕上師に  宮彫師だの  男を師の  子路が呼ばれて師の  これほどの師にも  子路は師の  中に師を  何よりも師の  分際で師の  死そのものよりも師の  最善を尽くすという師の  単純極まる師への  教を頂く師には  大野木宗匠を師に  求道者が師を  誰でも師  藤龍軒を師と  上は師と  王者の師を  三軍の師を  智者の師を  智きわが師は  さだかに知りて師に  しわが師には  自らアキレウスの師と  關し師の  心も師の  つきで師に  ふたりの師の  フランコの師  汝が師と  九よろこびて師の  兄弟たり師たり  父たり師たり  彼を師と  マアテルランクなどを師と  我らが頼む師は  発出されし師の  いずれも師の  暇乞いに師の  悟浄は謹しんで師に  我々は師よりも  悟空の師に対する  他に師は  国の師とも  爲めに師を  兵学上の師と  死後に師の  ほかに師  われに師  彼に師は  心の師とか  小次郎の師と  

~ 師[名詞]2
その師  全く師  すでに師  この師  何故か師  まことに師  わが師  太師  別に師  尊い師  其の師  良き師  早く師  よしや師  わかき師  同時に師  同じ師  度々師  良い師  よき師  単に師  特に師  大いに師  早速師  最早師  もはや師  大いなる師  しかるべき師  ひいては師  かえって師  もう師  忌わしい師  少く師  とうとう師  あの師  良師  時には師  ちょうど師  よい師  宜しき師  突然師  宜師  古き師  初めて師  単なる師  我が師  深い師  なが師  遠慮なく師  改めて師  時々師  善き師  亦師  再び師  ふとき師  難き師  

複合名詞
露国帝室付舞踏師  能楽師  写真師  後写真師  ごろ詼談師三遊亭  物師  手品師  詐欺師奴  詐欺師  見世物師  魔術師  音楽師  鋳物師  細工師  細工師谷村三造  守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人  井師  井師筆  井師五十歳祝賀句会  傀儡師  井師筆額字  寺内師  俳諧師  興行師  表装師  人形師  女万歳師  艶歌師  万歳師  機械師メルツェル  説経師  喧嘩師  師翁  師授  師たち  講談師以外  師たる  水師  弓師左衛門  水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ  理髪師  立會つた教誨師  教誨師  確か講釈師  連歌師  美容師ぢ  裁縫師  退職音楽師  修繕師  奇術師  むかし奇術師  名師  徐師川  師川  曲馬師  指導師  盆栽師  いかさま師  和事師  女高師  陰陽師侍臣その他平安人  師説  穴師  陰陽師  唱門師  師直  浮世絵師  講談師  相場師  油絵師何某  油絵師  こと師  師源光  人師  五師  師命  外記入道師秀  道綽禅師  師子  明師  簿師真清  備中守師盛  我師法然上人  師子文雖二  声聞師  付金銀板師子  背景師  請負師  祈祷師  請負師連  講釈師  延清五師  説教師  天香師  天香師の  美容師  鐘師  幻術師  建築師  大津絵師  板木師  錬金術師  写本師  写本師風情  賭博師  其政治的監督牧師伝道師等  幕府用達鏡師  ども師  宗師  師秦星池  狂歌師千種庵川口霜翁  その他俳諧師牧乙芽  師初代弥生庵雛麿  狂歌師  俳諧師東栄  狂歌師仲間  監獄教誨師問題  師子王全集  藤井行勝師  行勝師  曲芸師  曲芸師仲間  南蛮鋳物師  此絵師  版画師  彫物師さん  鋳物師さん  彫物師  植木師  備中闇師城  髪結師  訳経師  算師  玄奘法師  居物師  痩法師  冬月師  蒔絵師  機械師達  魔術師ども  催眠術師  其後井師  セラピオン師  布教師  庭造り師  科学者的庭造り師  軍談師  俳諧師荷亭  彫刻師  音楽師たち  音楽師ら  芸術写真師  磨師  師子國舶  も本師道善房  説教師たち  投機師  良暹法師  疏水師  衞師迦  レンゲ師  管長某師  教誨師等  の師  みずから師  売薬師  師白雲斎  まねごと師  秘訣色師たる者  イカサマ師  盤珪禅師  つて師  師守記貞治三年六月十四日条  師義記  釣師  師ルカー・アレクサンドルィチ  旅音楽師  請負師風  魔術師ニヤンプウ子  田楽師  六方法師  師子間者  呪師細男  呪師  呪師其もの  今日呪師  方師  大賢良師  大賢良師張角  大賢良師張角様  張角良師  良師  献上かたがた良師  師礼  張角大方師  大方師張角  太政太師  太師  董太師  太師董卓  太師狂乱  舟師  皇師  金細工師  呪禁師  咒禁師  師エピクテータス  鑛山師  彫り物師  詐偽師  いんちき師  魔法師  製図師  製図師一家  刃物師  家具師  調教師  経師  夫婦喧嘩師  喧嘩師茨右近先生  喧嘩師右近  機械師  光瑞師  錬金術師也  中根師質あれ  師質  地水師  公事師  蒔絵師梶川  釣師太郎助流  占星術師  療術師  療術師先生  藤井教誨師  友松円諦師  友松師  朝日融渓師  漫才師  面師  小屋師  菊人形師  兄司馬師  司馬師  帰ル師  心師  合百師  水師営会見  一來法師  右翼策師  関白師実  色事師  伴奏音楽師  平泉館師忠  聖一國師  關禪師  根來法師等  其等根來法師  根來法師大藏房鐵砲  神功皇后様師  調馬師  彼等連歌師  美容師メイ・ハルミ  大道写真師  植木師たち  頃植木師  植木師風  講釈師大谷内越山  父師  びわ師  策師たち  氣合術師  釜師  狂歌師宿屋飯盛  摺物師山本長兵衛  師以上  師縁  御大師様  演歌師  竹源斎師  辻音楽師  外記中原師緒  杉本師  数年前井師  井師一人丈  歌人俳諧師等  歌人俳諧師たる者  相場師仲間  吏法師  轆轤師  唐紙師  自然長吏法師等  もと長吏法師  陰陽師以下  編木師  墨師  師法然上人  唱門師進退  猿楽師  連歌師自身  連歌師渡世  誹諧師  調剤師  いくら俳諧師  策師  金剛巌師  師風  髪師  髪師為十郎  水師提督  水師提督エリオット  正午新生社寫眞師來  和書製本師池上氏小包  会計師  帝河内交野私市師師窟寺  河内國交野郡私市師  冑師  陶器師  夢窓國師等  夢窓國師  聖一國師辨圓  法燈國師  三光國師  外聖一國師  應國師  テ師  ハ師  牧師フライ師  際物師  興業師  空拳師  紙芝居師  芝居師  芝居師連  経師七反  傀儡師壱町  我師  吾師  師神師貌  銀細工師  カツラ師  アップ師  曾太師  収賄教誨師  釣り師  測量師  木彫師  マッサージ師  寫眞師  法師陰陽師  師也  恵妙法師  苑師云  声聞師考1  唱門師村  彼地唱門師多く住  唱門師禁裏  唱門師いじめ  暦師  聖門師  唱文師  誦文師  声聞師部落  みな声聞師  それぞれ唱門師  傀儡師・番非人  往年唱門師当地  傀儡師等  ヒジリ・陰陽師  声聞師考  唱門師住所  後世唱門師  唱門師部落  日五師  川上唱門師  彼長吏法師為二同宿之阿弥陀法師一被二追出一之時  都彼坂当長吏法師任二貪欲  芝辻唱門師  傀儡師部落  その後奈良女子高師付属実科女学校長  頒暦師中尾  京都陰陽師  四箇陰陽師  頒暦師中尾氏等  声聞師仲間  地名唱門師村  一般陰陽師  陰陽師居所  陰陽師そのもの  一般声聞師  付大和唱門師  唱門師ら  声聞師研究  もの五六家唱門師  陰陽師博士小太夫  陰陽師云々  むかし行簡禪師  與吾師藏法體  傀儡師日暮れ  鋳物師香取秀真  ワキ師  碁師  繪師  所師  翌日蒔絵師  女裁縫師たち  監獄教誨師  時教誨師  一師一弟  皆師  唯師  加賀陰陽師阿部正親藤原時代  呪師系統  わしら彫金師  夜師  筏師  能楽師たる者  狂言師  一唱門師  金融相場師  刺青師  繪師風情  繪師仲間  繪師の  繪師良秀  繪師根性  旅興行師  太鼓師  鼓師  為立物師  浪曲師  浪曲師別荘  兒法師  其大師  穴師丸  なに穴師丸  師泰兄弟  師泰  我相場師  伝道師  顔師  電機技術師  自ら師  木偶師菊太夫  雨師  師法  彫金師  所有地測量部付測量師  カンタン師  療養師  巷談師安吾  使徒巷談師  巷談師  女奇術師  勝負師  詩人ステファン・マラルメ師  ヴァレリー師  マラルメ師  小林秀雄師  教祖マラルメ師  曲馬師連  インチキ師  呪師出  結局巷談師安吾  闘牛師  止師  銛打師  元来理髪師  渡り見世物師  渡り音楽師  田舎策師  日菊池師  琵琶師  狐師  取り分け講釈師  娘調教師  少女調教師  訓練師  登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫  俳諧師鬼貫  文珠師利  みな師  鎧師  日観師  俳諧師これ  良師良友  木導師説  大矢数弓師親子  陰陽師甲賀衆  師巴人  曲芸師ケファロ  師翁其儘  師鐸  死後太師  二以爲一レ師矣  師レ古  レ師レ  むとする師  近衛師団長  賜號智藏國師  國師  帝師  智證大師  一體大師  來大師  願レ師二日本一  小栗栖香頂師  馬具師  刀師  ただ師  刀剣師  趙師韜  手相術師  相場師生活  受業師  師教レ  娘煙術師  こんど師  師弥五郎先生  師愛  神楽師  東久邇宮師  田舎写真師  好漢師直  漫談師  測量師体  芦船師  鳴物師  師宮本武蔵  大道音楽師  風師雨師  調髪師  限つて釣り師  妖術師  師柳田先生  和歌宮師  迎春館主和歌宮鈍千木師  和歌宮鈍千木師  花形曲芸師  教壇師  植木師宇田川総兵衛  茶番師  バラツク興行師  乞食音楽師  宮師  一度師  師東雲先生  東雲師  木寄師  師匠東雲師  大仏師高村東雲  仕上げ師  ケズリ師  大仏師  師用  江戸彫刻師  彫刻師たち  大仏師東雲  東雲師没後  師宅  東雲師自身  根附師  彫刻師自身  祖父東雲師  東雲師末  鋳物師大島氏  牙彫り師  師石川家  鞘師  東雲師宅  挽物師  篆刻師  東雲師歿後  師木野  俳諧師二鐘亭半山  美容術師  曲芸師丁野十助  みんな詐欺師  藥劑師  釣師殺し  筆道師  句読師  算術師  手妻師  師豐原時元  大宗師  師丈艸  花山院師賢  士師記  道中師  色師  女煙術師  煙術師  四ツ師  煙術師姿  高師  派手師  荒事師  サギ師  俳諧師等  其咒師  師賢  介師時  附師  請負師どうし  イカサマ美人術師  美人術師  刺青師ゆえ  鉄砲師  礦山師  申楽師  放下師  庖丁師  具足師柳斎  具足師  弦師ら  弓師  飾師  具足師ずれ  かざり師  鍍金師  鐙師  伝道師たち  写真師浅田  写真師浅田其他合計三十五名  只写真師  政治的投機師  大納言師賢  仮面師  師毛利時親  師時親  神宮寺正師  口入師  興行師ら  色師自慢  詐僞師  講談師伯知  渡辺海旭師  導師渡辺師  陰陽師身の上知らず  笛師  笛師春日平六  笛師平六  笛師平六  武蔵守師直  師直め  師直さま  音曲師  美髪師  美髪師マダム  看板師  師吉田松陰  竹細工師  アベ・フェロン師  天主教朝鮮布教師  フェロン師  日フェロン師  提案者フェロン師  一世師  インチキ理髪師  道中師屋  鼓造り師  言つた師  蠅師  それぞれ師  日置黙仙師  陪臣師直  いま師直  弟師泰  碧師  釜師根性  師三保谷桂子  南総一燈法師  われわれ神楽師  俳諧師一人  全国俳諧師  勤而醫師  師一美  師直たち  染革師  師氏  論師  女興行師  フランソア・ザビエル師  絵相師  茶師  師直ら  執事師直  外記師行どの  師克  翌日大谷句仏師  能楽師及囃  目下奇術師  此牧師さん  鉱山師  聖師  木村師以上  塩釜師  師泰以下三千騎  師泰ら  さっき師直  南部師行  二輪加師  講釈師南洋軒力水  絵馬師  其魔術師  先代二代目三木助師  入歯師  会師  大体手品師  国学者兼神楽師  町田政二俳諧師  普通神楽師  河口慧海師  バラモン師  煙火師生活  煙火師  煙火師渡世  煙火師たち  煙火師同士  煙火師対  ひとつ煙火師  一煙火師  大舟師  エライ占星師  師ギヨ・ゴルジュウ  飾り師  具足師すべて  具足師長屋  弦師  師重  越後守師泰  詐欺師佐伯準一郎捕縛  ゃつは詐欺師  国際的詐欺師  鉱山師仲間  彼等鉱山師達  蒔画師  方位師  卜筮師  船師  柄巻師  経師職  因果者師  仮面作り師  仮面師風情  神宮寺太郎正師  正師  尾張守師業大友  師泰隊  師久  師業  つまり師業  東瀛禅師  細工師ぢ  釣り師仲間  ホイルテン師  吏法師等  浮法師ぬめり妻夕顏  写真師納富  お茶師木瓜  お茶師ヤ  師冬  一子師冬  師檀  一法師  師秋  好色漢師直  いや師直  みな師直  打倒師直  師直勢  直義対師直  兄師直  師直方  いま師直方  師直師泰  ッぱい師直  師兼  師世  師夏  師幸  師景  師直以下  一法師武者直義  師泰以下  仮面師赤鶴  本師  三角軒狐馬師  因果物師  女剣舞師  兜師  道中師風  大物師  神楽師連  瓦師  燈国師  教導師先づ躬  植木師ら  因幡守師憲朝臣  司師憲  師ツイニ問ウ  師イウ  師ニ一掌ヲアタウ  エピクロス師  山かんな女興行師  槍師槍師  呪術師  ころ高師  教誨師さん  梟師  連歌師ら  宗聞法師  築城師  鶉師  仕立師  俳諧師柳水  木地師  小物師  小物師与惣次  小物師どん  本船町三寸師  力業師  人形師紋  軍談師伯朝  講談師以上  川師  大和絵師  松村実照師  大和繪師  松村實照師  剣師  魚師  クラックストン師来訪  造花師  弟光明師  長兄光瑞師  石川舜台師  新門様光瑞師  ピアノ調律師  調律師  近ごろ前田慧雲師  能楽師等  能楽師ナリ  能静師  亡能静師  老骨能楽師  天狗能楽師  田舎能楽師  東都家元六平太師  連歌師心敬  駒彫り師  彫り師  八幡手品師  俳諧師月杖  二ヶ師團  四福音宣伝師  竪琴師  早わざ師  仏画師  人形師藤阿弥  西条流弓師六郎左衛門  弓師六郎左衛門  西条流弓師  いんちきばくちのいかさま師  いんちきばくちのいかさま師くろうと筋  丁半師  雛人形師  けれん師  女ばくちのいんちき師  娘手品師  束巻師  芝入舟町甚七店束巻き師源五兵衛  かた芝露月町土偶師泥斎方  芝入舟町甚七店束巻き師  束巻き師源五兵衛とい  芝露月町土偶師泥斎  宗七焼き人形師  土偶師泥斎  焼き人形師  師泥斎  染め物師  師さま  槍師  柳営御用槍師  将軍家御用槍師  レール師  師詮議  彫り師伊三郎  呉服師  鉛版師  吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他  代々彫刻師  師一人  むしろ師  中島師  師歌子  凧師  女詐偽師  金銀細工師  神道斎狐光師  狐光師  唱門師支配  映画師  映画師ら  艶歌師アルベール  理髪師フイガロ  陰陽師配下  唱門師等  唱門師一派  唱門師曲舞  影坊師  張天師  聴罪師  佐田介石師  柁師  八卦師  連歌師貞  連歌師風情  仕法師  師ナレバ  碁客将棋師  技術師  師長  印版師  時計師  結桶師  怪談師  イカモノ師  大谷光瑞師  寸八師  八師  藤原師輔  慧海師将来  イカモノ音楽師  留守師団長  高武蔵守師直  女興行師風情  板木師金六  浮世絵板下絵師  門人古山師重  浮世絵師宮川長春  浮世絵師中今日  板下絵師  浮世絵師中最大  師豊国  浮世絵師中錚  浮世絵師中  江戸浮世絵師  当時俳諧師  安永末年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師  浮世絵師窪俊満  伝道師的  コルネイユ師  写真師たち  写真師風情  こと写真師  興行師的素質  留守師団長青嵐居士  女将軍女軽業興行師  女流興行師  住職平田諦善師  平田師  諦善師  造庭師  彼奴詐僞師  水師提督ペリイ  師鉄胤  英国水師提督  水師提督アームストロング  地面師  織物師  師オリヴィエ  物真似師  鏡師  此教師  陰陽師ども  師平田鉄胤  火事師  蒔繪師  師吉井勇  たんび吉井師  師曠  名剣師  結髪師来  河師  建築師二  それ東洋布教師  師松浦萩坪先生  絵画修復師  抱醫師  其他蒔繪師  此蒔繪師  浮世繪師  仏師彫刻師  側師  詐術師  御用書師和泉屋市兵衛  巫術師ら  写真師一行  宗形宮内卿入道師綱陸奥守ニテ下向時  師綱これ  師等  づした塗り壁師  師自身  妖術師みたい  琴師さん  表具師  相場師みたい  陰陽師39  伝道師さん  素人経師  藤田師  師町  法王張天師  天師  闇師  講談師等  日本皇師  法竜師  師鉄眼  町医師  大日比三師講説集  土木建築師  メロラ師  彬師  女裁縫師  相師これ  相師  靴師  竜王呪師  落語家講談師  教伝道師  紺顔童子師  川上梟師  師一条一  象芸師  六師  岡釣師  仏具師  洋服師  琵琶師風  おやま師  やつぱり陰陽師安倍晴明  見せ物師  見せ物師ら  天啓顕真術師久佐賀義孝  去年高師  相場師夫婦  われ師  りき師  師受用  其呪師伎芸複合以前  呪師猿楽  呪師芸  呪師習合以前  呪師田楽以前  陰陽師流  唱門師風  施術師  青年浪曲師  浪曲師たち  吉井師  師大秀等  師明導  中根師質行状  二以為一レ師  レ知レ古称レ師如何  問い師  土木請負師  鼓村師  鼓村師  鼓村師の  理髪師達  三師  十三師  二十二師  登場人物面作師  面作師  受負師  つた手品師  國師嶽甲武信嶽  陶物師  師傳  豐秋津師比  藤原師賢  米相場師某ら稲垣  当時耶蘇教伝道師  先祖代々師  師畫伯  タテ師  興行師的  宮廷調馬師  調馬師夫婦  筑前琵琶師  官師  手品師日本一太郎老人  巷談師ッ  按摩師  お茶師  灸師  油絵師有  浮世絵師戯作者輩  浮世絵師鈴木春信百五十年忌  唱歌師シユンマンハインク女史  旭師白楊画会  カラクリ師  外道六師  文殊師利  文殊師利嘆  僧罪犯此法師者  犯此法師者  師様  大道具師  庭園師  素人庭園師  犬師  本師キレイメンス十二世  よう本師  大山師  陰陽師土牛童子  月照師  俳諧師其角  穴師部所伝  教誨師地獄  教誨師袈裟高帽  教誨師お前さん  教誨師先生  武田教誨師  三河守師冬  三河守師冬  主人師直  兄師冬  住持秋山暁道師  宝祥寺住持秋山暁道師  ぎ師  誘拐師  捕物師  道邃法師所栽  路辺壱師花灼然  壱師  高野山大師  奇術師夫婦  曲藝師  音楽師達  琴師  版師  伝導師  宮廷理髪師席  お抱え鎧師  文珠師利菩薩  留守師団長格  木版師  の穴師  段師子  恋愛師  高野師直  怪談浪曲師浪華綱右衛門  道士張天師  とき傀儡師  灸点師  師頼  職業釣り師  伝道師等  理髪師養成所  鍼灸師  接骨師  印判師  洋裁師  美容師等  師門  贋物師  写真師台  あれ師  チャント請負師  坊師  禁厭師  焼物師  佛師  左大臣藤原師尹  師阿部守衛  一蒔絵師  狂歌師手枕舎里好  里好師  川師堀武三郎  川師仲間  先相場師  師サミユル博士  板木師ニ  廿七日英国水師提督  一切師  沈金師  袖師  帰朝手品師  気合師  つて手品師  手品師め  軽口師  三日軽口師  馴育師  ヤソ会師  策師自ら抗  詐欺師め  雄師  師曰  師我  師これ  師しり  五七師  師さき  一二師  二七師乃ち曰  一三五師  縫物師  時我師右  一二我師彼等  三六師こ  師問  如く師  四五師曰  師答  時師曰  師身  一四一師曰  一五師  しき師  一二九師  六〇師曰  九三師曰  師レウキッボス  ども所謂師  女製図師  相場師連  美容術師等  漱石師  恩師六平太師  矢張り師  師雙手  師なほ物言  師歩み  九九師  九師曰  師彼  師しば  士師  フランス人ブロシウス師  メー師  貞観十八年円如法師  赤松連城師  くすり師  田樂法師  祝師  金山師  扮飾術師  唱門師祭文  陰陽師等  穴師神人  多く法師陰陽師  了うた唱門師  唱門師同様  運動唱門師  止つた唱門師  陰陽師式  唱門師関係  田楽師等  盲僧所謂師  弓矢師  襖師  土器師  東京高師  琴三味線師  師いま  士師記一一・三〇以下  状師  阿知吉師  命市師  造味師内  王兄師木吉野吉野川吉野  調弟師木弟財  鴫師木島  大宮師木津日子玉手見  命師木津日子  命師木  縣主師木  宮師木  實時量師  吉師部難波  師木  萬幡豐秋津師比  水門鰐和邇吉師丸邇坂丸邇  伝道師達  建築師たち  花卉師  師ふり  健陀羅国人問答師  問答師  開眼師  唐舞師  文答師  つまり問答師  問答師作  智周師菩薩戒疏五巻  賓律師飾宗義記九巻  玄弉法師西域記一本十二巻  蓮華上座師  修験師  ナラビニ本師釈迦牟尼仏  本師釈迦牟尼仏  占星師  呪師田楽  師達  講釈師みたい  興行師仲間  竈師  三合目陶器師  陶器師殿  面作師月子  強盗陶器師  女面作師  造顔師一人  造顔師  造顔師達  陶器師様  造顔術師月子  陰陽師神道  唱門師神道  此唱門師  獨學師  釣り師たち  師聖  千呆禅師  寄鑄物師秀眞うつばり  合百師達  女方術師  方術師  贋方術師  女方術師鉄拐夫人  奉仕者方術師  女方術師蝦蟇夫人  女方術師冷泉華子  女方術師蝦蟇夫人さ  美容術師近藤つね方  法上師等  師法然  四師  これら四師  師親鸞  心霊術師  術師  奇術師商売  奇術師サン  野良師  良邏法師  胤師  講釈師張り  師八歳  寛永五年師五十二歳  師富田勢源  小唄師  講釈師たち  講談師落語家  ワネー師  呪物師  事師  源師賢朝臣さ夜  俳諧師松風庵蘿月  南岳恵思禅師  巡回音楽師  からくり師  錬金術師達  



前後の言葉をピックアップ
      市太郎          市ノ  


動詞をランダムでピックアップ
浮上がるふみとどまみわけ誓わ張り詰め取りかたづけろ疼きねばつく果たしはきださ周章て心ゆか飾ら取りはからっ流れ出さ盛れかぎら抱きこみとどこおっ
形容詞をランダムでピックアップ
ままならない気だる汚うごつ煩わしき忌わしっぽゆるうあかるいさびしく白々し疎いいち早いまぶしけれ親しい涙ぐましき安っぽくくけれうるさくっ拙い