「己惚れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 己惚れ[動詞]
ものを己惚れ  これで己惚れ  あなたは己惚れ  娘なら、己惚れ  親玉みてえに己惚れ  二皮目だと己惚れ  顔だと己惚れ  人は己惚れ  ささやかな己惚れ  小人だけが己惚れ  以上、多少の己惚れ  結局は己惚れ  美徳すら己惚れ  僕は己惚れ  阿Qはまた大層己惚れ  われ日本一なりと呆れ果てたる己惚れ  顔と己惚れ  私を愛していると己惚れ  否やは、どう己惚れ  大丈夫、己惚れつづけに己惚れ  誰しも多少の己惚れ  教育家として、いくら己惚れ  風格があると己惚れ  知らん顔をすればするほど、どうも己惚れ  ものなしと、己惚れ  ような己惚れ  小郷は己惚れ  天下の己惚れ  ここまで己惚れ  自分の己惚れ  ために己惚れ  上ッ調子で、しみつたれで、己惚れ  程の己惚れ  闇雲な己惚れ  金持ち共は己惚れ  おれは己惚れ  何という己惚れ  外にないと己惚れ  いずれにしても、己惚れ  のは己惚れ  現代人は己惚れ  んだと己惚れ  自分だけで己惚れ  泳ぎにかけちゃ、こう見えても、己惚れ  三分の運命に対する己惚れ  つて、そう己惚れ  人並に己惚れ  人なみに己惚れ  己の己惚れ  増しだらうと己惚れ  自ら任ずるほどには己惚れ  自分で己惚れ  ことを己惚れ  寸法を己惚れ  味い、少し己惚れ  ぼくの己惚れ  のではないかと己惚れ  部分はいくら己惚れ  莫迦莫迦しい己惚れ  例外的に己惚れ  ものと己惚れ  材だなどと己惚れ  リュシアンは己惚れ  振舞いは己惚れ  意で己惚れ  天下一だと己惚れ  容貌にさえ己惚れ  心を焼いて、己惚れ  真似されたとは知らず、己惚れ  手記して、己惚れ  頭脳で、よくも己惚れ  徴標なりとして己惚れ  自分に己惚れ  気持は、ひょっとすれば大それた己惚れ  いやになるくらい己惚れ  何れも、己惚れ  芝居を作り上げなければならぬといふ己惚れ  関連して少し己惚れ  



前後の言葉をピックアップ
うに  ウニハ  ウニヤンエンベ  ウヌ  ウヌガ  うぬぼれ  自惚れ  ウヌボレ  己惚れる  うぬぼれる


動詞をランダムでピックアップ
恨め売付けるちびる駆込め炒らうけあい切り払えたけっしっけ改まれ哀れままつら漬けこむふける難ずる突刺さ売付け対そ割りあて
形容詞をランダムでピックアップ
遅かれ生臭かっおほけなく物珍し痛痛し酷けりゃ瑞々しく重苦しくとぼしきめざましい白から小気味よきおろかしく忘れっぽちかくいたわしいめでたから広うはばひろきおびただしく