「差」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
差たる真鍮巻の木刀で相助の尻の辺をドンと打つ  差込んで置いて  差にして居りましたが  差で負けるだけだと思う  差を時代の差ばかりにしてしまはなければならぬ  差ばかりにしても  差がある  差はあれども声々は熱狂にふるえていた  差も判る  差もわかる  差を生じる  差こそあれ  差はあるにしろ  差に依るのみではあるまい  差ある大人と子供は大人子供というより  差はさんで言ふ  差はあっても  差というものが私にはつまり絶対というものに思われる  差はその後ますますひどくなった  差に帰せ  差込まれた  差で通過した  差こそあれ必ず法の創造が行われる  差があろう  差が約七百六十粍あります  差が出来た  差にして  差有るは尤も注意すべき  差が有ります  差を知っており  差があるが  差は必ず読者の在り  差控えることとなった  差があり  差をつけなければならない  差のあるべき  差込まれました  差があった  差が天地の距りとなっている  差はないと思ったけれども  差を現わしている  差当つて僕はこの条件に縛られて行くより  差当つて僕は夜具だけでも向ふの  差はありませうが  差伸している  差があります  差があるし  差を生ずる  差から起る  差というものの多くは社会的条件の変化によって無くする  差をあげているが  差では争えなかった  差にした  差を介して  差も償えると思っていた  差も感ぜず  差だけは取り返して  差寄せた我が眉へ触る  差くらいは分る  差などが測れる  差などがあるには  差の綜合認識作用にある  差覗いて立った  差覗くものもあった  差を争い  差にしたがいて  差があり得る  差廻された  差入るるにあらずば信ぜじ  差をしみじみと人々に思わせる  差があって  差で追いついてきた  差が出来る  差が出ます  差が付く  差をはっきり自分の心で知って居る  差を感じる  差が時によると  差控えていたりしなければならないとしても  差をどうお考えあるか  差はだいぶあろう  差を生んだ  差をどうとらえるか  差を感ずる  差さっている  差控えてしまうから  差は大体紙一重といふところだから我慢は出来るけど  差はあるにしても  差寄せては見たけれども  差がありますか  差にもどるが  差に帰着する  差あるのみならず  差のみならん  差を生じ  差も加わってくるからである  差を無視しており  差の違った  差のある  差というものを実感的に脱けだす  差によつて幾つにも分けて居るから  差控えたいといふ  差があるばかりでなく  差閊えはないと思いますけれど  差許すチヤーターを與へる  差は程度の問題だといわれているが  差があるからであろう  差のない大山や塚田は盤外作戦をやらない  差向ひにな  差にすぎない  差を超越して  差があるのに  差は甚しい  差は埋められていない  差控えていた  差があの歴史上無比の輝かしき決戦戦争を遂行せしめた  差に隔りを見た  差かもしれない  差かも知れない  差覗くがごとくにしたが進みかねた  差が自然に塗り消され融かされて  差えられて居る  差も感じないに  差はあったが  差が到底避け  差を勘定に入れないでも  差があるので  差による内分泌の分化が起こらない  差寄って言いました  差がございます  差で違うべき  差が在る  差であるのではございますまいか  差を跨き違える  差の在る  差じゃなかろうかと思います  差になります  差控えることにして  差があるかも知れない  差込んだ一枚の紙片がある  差が切れ  差をもっているから  差があるかもしれない  差控えておりましたが  差があるだろうか  差の世界が横たわっている  差を探し出して  差留められた  差伸してみた  差込んでみたが  差向っていると  差伸してる  差に平かなるを得ない  差入弁当とその差入願書とを突き出されたものの  差が著しくあらわれて居る  差閊えている  差はわずかになっているから  差あげて楽隊の真似をした  差があったとすれば  差閊えのない程度に発表して  差閊えないようにしたりした  差を認めてゐないと  差込んできた  差伸そうとした  差控えていたのでがす  差込んだというのを気にして  差がかなりあってもわからなくなる  差が相当にあっても  差はあるけれど  差覗かれる  差ならば遅刻早引の類とも見られようが  差はあるが  差で帰って来た  差送ると号し  差はどの位だか分りますか  差挟まる余地も必要もないのをはっきり自覚した  差を以て作品並びに作家の流派を分ける  差はほんの皮一重のやうに見えながら  差は一層明らかに看取される  差つかへ無けれア彼の角の西洋料理へ上がつてゆつくり話しませう  差こそあるが  差が質の差を結果した  差込むとそれが土台の金具を貫通して  差は数秒あるいは数分の不定なる週期をもって  差ではありますまい  差が生じるばかりでなく  差が可なりありますから  差を作る  差を自覚し  差に帰着して  差が彼と他の少年等との価値の差のやうに思へるので  差向ひにでも  差こそあれ誰にでもある  差によってかくの如く相違して来る  差をつけ  差まで追いつめた  差はそれが決定的なものだということを知らない  差がハッキリしすぎて  差をつけられ  差があるだけだと思うと  差極めて大なるを見るべし  差はあるだろうが  差で勝った  差はあるけれども  差はあれ  差が見られないという  差が甚しくて  差が十九歳ある  差向ひに坐  差向ひになる  差で連歌と俳諧の差別を生じ  差を示すであろう  差をもって押しかかるかと思われるほどであった  差向ひに  差揚げて見せたが  差寄せる盆に折敷いた  差控える気になって  差のない焦心がどの顔にも引ッつれていた  差誤あるべしとは思はれぬ  差込んでおいでなさいましたから  差通された  差恥んだように首を縮めて笑う  差と考へて居る  差は大なる  差は五六歳に過ぎなかつたが  差覗くような気がして  差があると  差ではなくして  差込んだ爆薬を右手に持ち換えて  差がつくらせる  差当ってこの両都市で本家争を起すべきである  差向むかうに見える  差挟むのが面倒な気がして  差もなく漕ぎ連れて来る  差が何という感情の異り目を造った  差が出るという  差を伴ったと  差覗いていた  差が直ぐ生じて  差を以てこの世を去れるなり  差留められて  差が追い追い  差が一時間のあとには莫大もない懸隔をつくる  差があるという  差がなくなっていた  差の甚しい  差当っての用事を頼む  差をつくりだしてしまった  差がありすぎますね  差控えて置きたいと思う  差で滝次斬られて  差などは当にならんさ  差寄って検べて見ると  差向わして  差加えて小金ヶ原へ乗込み  差遣わされた  差が甚だしくては経済的にはかえって安心出来ない  差を現わす  差当って困るから  差廻され  差が目立つといふ  差廻される  差覗いているといった  差当って二人の生活になくてはならぬ  差閊えがない性質をもっている  差があるからである  差に過ぎないと云われるかも知れない  差込んで来る  差に人の真実の幸不幸がないとすれば  差がすこしずつ現われて  差であったかも知らぬ  差控えてゐたといふ  差さっていた  差当っては今に始めぬ  差当って大阪へ赴くべき  差下さるるようになった  差が僅かで済んだ  差をつめ  差当つて仕事ができないし  差が生じてくる  差当っての救急療法かということを心得ている  差向ひに居る  差当つて私自身がその犠牲者にならなければならないといふ  差は知りぬいている  差だけがあるのみ  差がありすぎる  差は構わない  差で下に落ちる  差あるに過ぎざる  差を免れず  差よりもって  差はなはだしきを知る  差なきを説きもって  差を是認する  差あることは実際上免れ  差がここにある  差が有る  差懸り候処一葬儀の行列前方より来り  差向ったより炉の灰にうつくしい面影が立って  差よつてほつれ毛をかきあぐれば  差入られた  差俯いて独言した  差は堪忍してくんな  差覗くようにして  差がございまして  差控えなければならない  差でよほど工合が違わなければなりません  差が具体的に区別出来ない  差で背中あわせになっている  差当って自分が分担している  差を無視した  差を説明すべき  差をなるべく大きくして  差を不平等で不埒だと考える  差を除く  差の除き  差を分明に示す  差でみんなそれぞれに違った  差が地球周囲の約五〇分の一に等しいことを知った  差がはっきりと現われる  差にはよらないので  差当って書物を読み漁る  差覗くことを厭わぬ  差控えておりました  差当っていちばん困る  差込んで首を投げるばかりでありました  差を明かに得とくして居る  差は多少ともある  差で福中の勝利に帰した  差をおいていないらしかった  差向って碁を打っていた  差が齎す  差覗くように一目見て  差控えてもらいたいと  差当って私はわらびと言いたい  差むかいに年寄りが二人いた  差を見るに  差あることが認められ  差許される  差込んで来て  差は主従の差よりも甚だしくはなかったかと今でも思わせられている  差込んでいる  差は三百メートル近くあり  差から見れば  差にて政府黨の勝利に歸し  差なりしとは云へ兎も角も政府黨の勝利に歸して  差控えさせられて  差込んでいると  差で自然に儲ける  差込まれる  差を赤ン坊のせゐにする  差を認めない  差ありと雖も其隣人を愛するの  差だけでなくてかなり本質的な差であると考えられる  差を認めなくても  差に帰しても  差があるだけであろう  差から来る  差は肉眼でも認める  差でもあらわせるが  差のないことが分った  差によるものと思われるが  差は少し形が小さいという位のことしか見られない  差当りて何と為ん  差ありといふ  差翳した高慢な虫眼鏡を引込めながら  差覗いて猶予った  差つけて見せてやった  差当りゆく  差程驚かなかつたかもしれない  差当って他へ持って行ける  差当つて他へ持つて行ける  差さえできてしまった  差込んでくる  差があれば  差は遂に千里の差となる  差附けられました  差控えなければなるまい  差はあったであろうが  差控えてたのよ  差控える事に致しました  差が甚だしくあって  差廻してみよと  差あれば天地はるかに隔たるとは  差あれば天地遥かに隔たると申しました  差当っての当惑はかまわないとしても  差の著るしい  差が見られるという  差をもゆるがせにしなかった  差当っては本がないからといって  差も年齢の差もある  差は一応当然でカンにさわる  差が大きすぎました  差なくして  差があろうが  差がよくわかる  差などはお考えにならずに  差をつけて  差込まれている  差を競うのに  差を感じて  差も認めなかった  差だけがちらちらしている  差控えている  差のはなはだしい良人を軽蔑したくもなるでしょうけれど  差のない時間のことではないかなどと考えて  差が生じるだけでも  差に内容づけられない  差留める力を持ち合わす  差覗いているかと疑う  差構いなく覗いた  差つかへなきものなれば  差になる  差を超えて  差措いて急いで遣  差をつけて書き並べてみると  差込んで置くと  差少なれば  差が二つの場合を区別するに過ぎないと言っている  差当つて手が出せぬ  差なきを得ず  差などがあって  差があっても  差があるか  差によってその性質が分れる  差向へる  差と職業の別とを生ずる  差う場合がある  差があると注した  差のはなはだしい中産階級というものがないところとおもわれる  差があるどころか  差閊えなしと見て  差当ってそれを打明ける  差込む頃やうやく  差えず犬がその家へ来た  差から生ずる  差で先生が敗けるか  差がまた甚しい  差よりまぎれて  差から来た  差を表す  差で蓉子の生命を救う  差があるばかりではないか  差伸したかと思う  差向ひに置く  差が生まれてくるという  差当っては最近迫っている  差をつけずに  差下され  差がありますよ  差が一千四百米突にも及んでいる  差の九篇を何の理由もなく斉魯河間九篇と同視したに過ぎない  差向ってばかりいた  差が出  差が生じた  差を出でぬと  差に於て示されてゐない  差があるとする  差を感ぜざるを得ない  差が生じたか  差が生じ  差程集まらなかったが  差があると思います  差あげてゐる  差は一生取返しがつかない  差の出来る  差を認める  差が甚だしくなって  差込んでやる  差当っての愛想にはなる  差当り言う  差覗く風情して  差を生み出してゆく  差にすぎなくて  差を論じて  差はうかつに論じられない  差があると思ひます  差によりまた大きさよりはむしろ視角によるが  差でも触覚で区別できる  差と考える  差を考えねばならない  差当ってこの一票というものを私共はどういう風に使うかという  差があるから  差心得たものと見える  差があるであろう  差があるね  差は少しの心の持ち  差当つて何にもならなかつたので  差当つて心配はなからうといふので  差込む暑い光がどうにもならなかつた  差当つて其れを考へてみた  差くらいはどうにでもなる  差と撲  差の極限は一九・七粁に過ぎない  差なく食した  差がなければならぬ  差入弁当となると  差が互の歴史性の上にあり  差はことに音波の刻まれた  差当つて少年の注意をひきつけた  差は一見して  差込むことを許された  差込んで抉り廻す  差はあれユートピストはかかる  差控えてしまふといふなら  差を知る  差向ひになりぬ  差向ひですね  差いれが出来ませんでしたから  差も出来る  差のために生ずる  差でも説明されるかもしれないが  差を珍らしがったり  差を越えての  差となつてあらはれてゐるからである  差をつけない  差示された  差を出す  差のない報酬を獲る  差による名茶器の行く  差当つて質に入れられた  差は一円二十八銭という額にのぼっている  差に在るので  差を示して来た  差はお話にならん  差が出る  差控えることにいたしますが  差覗いてすっと身を引き  差はポオの詩論にも見えない  差を持つ  差が出て  差を求めたとすれば  差を奪ってしまうからな  差が甚しくておどろく  差ということも大したものであると思います  差があったら  差覗きながら言った  差がハッキリしてくる  差込まれてはおった  差込むものだから燻て目も開けてゐられなかつた  差を以て利己的行為たるを免れない  差はたしかにあったと思った  差を生み出し  差控える事にして  差がないと見える  差の大さの間におっこちてしまうのね  差をほとんど無限の距離に感じていた  差も絶大になると  差と変る  差が少くなって  差はどうする  差挟んで露領と相対し  差であるとも云い  差があるならば  差を失はせる  差を千里万里も引き離さなければいけない  差のばしたまう  差伸していた  差から免れ  差込ませて  差からクニッペルに対して随分甘やかした  差あること知るべし  差は十二時間なり  差を示す  差までも消え失せる  差控えるようにせられた  差覗かせたまう  差程神経を刺戟はしなかった  差で段々衰えて行った  差控える方針をとっておった  差があるかもしれませぬが  差ありしもこの誤りによりてなり  差当つて新劇団を組織する  差はある  差のみを取るならば  差こそはあれ  差加えられていた  差加えられているし  差加えないわけにはゆかぬ  差に二十六年という数を得た  差であることに気がついて  差を生ぜずと  差は甚だ大なる  差のあるのみで  差が有り  差が生ずる  差がひどすぎるさかい  差なきを記臆せざるべからず  差と云えよう  差をいかに除くかによって  

~ 差[名詞]1
ズッと差  腰に差  中を差  手を差  神田旅籠町へ差  大小を落し差に  随筆との差を  時代の差ばかりに  此返答は差  貧富の差は  先生を差  身分の差が  二斤の差が  バリトンの差は  天地の差が  性質の差も  非常な差を  繁簡の差こそ  深浅の差は  貧富の差に  程度以上年齢の差  人間の差  言葉を差  程度の差は  違いとか差という  知恵の差は  断定は差  個性の差に  片手を差  九票の差で  程度の差こそ  なんの差が  左右の差が  二十粍の差が  落口を差  高低の差に  大小の差  其輕重の差が  本質の差を  非常な差が  四里も差が  こととの差は  こととて差  底を差  格段な差が  一たいどれ丈の差を  優劣の差の  脳へ差  広狭の差  彼此優劣の差  価格の差が  此第一精神においては差は  毫釐の差が  もの好として差  奥行の差を  大小の差は  大小の差こそ  格段の差が  エネルギーの差から  不幸の差という  病人との差を  程度の差  理解しても差  のは差  気質の差による  気質の差のみ  力の差では  帯に秘し差に  発展段階の差を  ことであって差  年齢の差も  殆ど年齢の差も  名簿を差  時間の差だけは  ようにして差  年齢の差が  色の差くらいは  輪郭の差などが  配置の差などが  要素の差の  表情の差と  要素についての差の  此方から差  顔を差  智愚の差  厘毛の差を  賤の差  ところの差は  軽重の差に  紙一重の差  かなりの差が  天地の差  警察から差  腕を差  脅に差  柵外に出るので差  現実の差を  光線が差  ミミズぐらいの差が  美醜の差が  微妙な差が  子供と云う差こそ  思考方法の差を  さの差ばかり  高気圧との差は  一歩の差が  拘束を受けて黙っていたり差  実力の差を  呉との差は  予想外の差を  形の差を  氣分の差を  咽喉に差  五六本たばねられて差  用事があっても差  パアの差は  幸不幸の差は  小屋を差  足許を差  どれだけの差が  霄壌の差  本質的な差に  程度の差に  境域の差のみ  程度の差を  主義と行くだけの差  疲労の差も  顏を差  卷煙草を差  年齢の差を  男女の差の  言語風習の差  位の差という  死人と差  人情氣風の差によ  返答に差  葢を押えながら差  さに差を  大変な差が  愚人との差  商賣を差  狂人の差は  腕に差が  腕に差の  二番との差も  君と差  五十歩百歩の差に  条件の差を  研究能率の差が  スッポンの差が  天地霄壌の差が  女との差は  ことも差  さの差が  衣食にも差  遠慮して差  兵力の差が  驚嘆すべき差  彼我戦力の差に  軽重の差は  一歩の差かも  生活の差は  隙間を差  算盤を差  生活の差が  手で差  何の差も  それぞれ寛厳の差は  賢愚強弱の差が  巾の差が  雌雄の差による  耳に差  刻階から差  事の出来ない差が  言葉の差で  うちに見る差が  一字の差  屈従との差を  のを差  微妙な差  考えの差と  目的とは斬ると殺すくらいの差じゃ  のとの差に  それは差  地獄の差が  下から差  抜刀を差  銭は差が  椅子を差  好みになりませんから差  一歩の差  川との差こそ  根本的な差が  無限の差の  あれこれの差を  衣裳の差では  隙間から差  両手を差  二人で差  収入の差に  国民性の差が  廂の差  日の差  仕込にすら差  温度の差は  ひきがえるくらいの差が  本を差  高下の差が  仕事に差  善悪の差を  明るみが差  前へ差  及腰で差  遠慮をして差  夏さんに差  色の差が  緑との差が  問題にならないほど差の  調子の差は  表から差  風習の差が  三日五日の差  土地によって差は  安濃津へ差  里俗鰡堀へ差  お客さんだとて差  方では差  時刻との差は  ことは差  煙草盆に差  陽が差  私の差  程度の差を以て  遠近の差は  静ちやんさへ差  のが差  量の差に  量の差が  有限の差を  人間品位の差が  滿の差の  ボルトを差  紙一重どころの差では  効果の差が  品質の差が  ものとして取り扱われても差  田舎道へ差  時代的意識の差こそ  性格の差を  年の差の  価値の差の  卓を隔てて差  性情の差によって  実力の差は  温良性との差は  生死の差が  タッチの差まで  勝負の差は  力の差  力量の差が  一秒ぐらい差を  光との差を  時間の差が  美点欠点にも差は  一ヶ月の差しか  一点の差で  明暗の差は  形式に差は  強度の差  音色の差  中へ差  風習の差の  貧富の差が  二ツの差が  これとの差は  佛法僧との差に  火鉢に差  てにはただ一字の差で  幅員の差を  断層の差を  細君と差  懐中に差  前後の差  心持で差  そこは差  窓硝子から差  場合と差の  廣狹の差  本末主從の差こそ  名目上の差は  腕の差  実力の差  階級の差も  容易に差  間へ差  高低の差の  大なる差  下へもっていって差  百枚の差  あたしを差  無限責任の差が  程度の差と  月影に透かして差  人格との差は  ガラス戸一杯に差  年齡の差は  此方を差  才能の差では  導火線を差  處の差によ  料金の差が  大層な差が  #百里の差に  時間を差  夜歩きは差  半メートルの差も  艇身ばかりの差では  艇身の差が  お客たちは差  上から差  厚薄の差こそ  世界との差が  半年の差を以て  油をさえ差  水面との差が  一瞬の差が  土の差が  品位の差が  はるかに差の  位の差が  境遇の差が  境遇の差という  サービスを差  偉人の差かも  才能に差が  身とは差が  茶番を差  金銭を差  間髪の差  これくらいで差  間髪の差で  ことなどが差  藥を差  年齢の差などは  膝に垂れて差  傍へ差  浪士を差  年齢の差しか  大連を差  鎌倉へ差  肯じなければ差  身共を差  最高最低の差が  店員であるとの差は  それを差  落ちつきに差  自動車が差  エネルギイの差が  問題であっても差  位置の差では  秩序の差が  程度の差では  何処から差  事実貧富暖寒の差に  利害の差が  形の差の  習慣の差  建立を差  一年上演を差  髪に差  一本だけ差  身分の差  軍監を差  正貨との差が  バルキスと差  大小の差が  かめ子との差を  重大な差が  これだけの差が  わけのわからない差が  天淵の差  古今の差  性格の差は  実力の差だけが  菰がはぎ去られ差  一歩の差で  手紙も差  漸の差  智愚貧富の差を  貧富強弱の差より  賢不肖の差  権利に差  貧富智愚の差を  貧富賢愚の差  タッチの差  格別の差の  語との差が  一日の差が  中央に差  がちに差  舞台の差は  鬢毛を差  二本並んで差  笠ながら差  鎌を差  美悪の差  二寸ほどの差が  湿度の差で  渠等を差  間の差が  垣根を差  障子を開き差  忠告して差  紙一枚の差で  過大過小の差は  大小の差を  ように差  本質的の差を  竪横の差は  エネルギーの差を  臨時工との差だって  遠近の差で  宵壌の差  時代の差を  強弱の差  緯度の差が  程度の差によって  地球磁力の差が  死亡の差には  仕事は差  人も差  開門を差  それぞれ程度の差は  恥かしめるとの差を  伯母とが差  比重の差は  僅少の差で  愛情の差を  小僧が差  格段の差  極微の差が  手に差  崩壊に差  麦畠へ差  淵を差  鳥を差  敷居際に差  一つずつながめては差  訪問は差  角さんから差  最低との差を  兵隊靴くらいの差が  此処に差  僕等の差を  文野の差  拝借を差  喘息が差  師弟の差は  窓から差  水位の差は  年齢の差から  明暗の差が  幹を差  九票の差にて  九票の差  方に差  のとを差  時代の差が  三ヶ月の差  咽喉もとに差  葉越に差  無常の差は  分量の差という  格段な差  紙一枚の差  大なる差が  大なる差を  山へ差しか  二者名称の差  一人分千円以上一万円くらいの差が  進化段階の差だけ  本質的な差  本質的な差を  ジャンルの差に  本能の差が  技術の差から  風俗習慣の差で  両者の差でも  本質的には差の  結晶習性上本質的の差は  形の差による  温度の差が  置炬燵に差  品格の差  顔を透かして差  斜にして差  これを差  私たちは差  彼は差程  位の差さえ  斜に差  私が差  つて広狭深浅の差を  教養に差が  手をついて差  死亡率との差によるもの  一歩の差は  #千里の差と  寛厳の差は  上下の差は  自分からは差  報告を差  日光が差  格式品位の差が  云つても差  優劣の差が  應した差が  位取りの差は  船を差  毫釐も差  大刀を差  気温の差の  根本の差が  一毫の差をも  懸隔の差が  わたしたちが驚いて差  本義には差  先刻から差  段の差が  下手の差が  年功で差を  首を延して差  支那蝋燭が差  絹などと差が  愛寵の差を  鈍の差が  水準の差は  明暗の差だけが  右手を差  のと差は  のも差  年齢の差の  些細な差が  身分の差に  こちらを差  膳を並べて差  それには差  裡を差  携へ入りて差  汝は差  百以下の差  千以下の差  百万の差に  価値の差が  肉体との差を  無常の差の  万事を差  ジユリエツトと差  鰹節などを差  硬軟の差が  岸地形の差  何の差が  古今の差は  出入を差  黒白の差  原理だと云いたければ云っても差  程度の差が  程度の差などでは  威張に出這入しても差  のとの差  重大な差  智愚強弱の差  広狭によりて差  年齢の差などが  程度に差が  女との差が  どれ程の差が  どれほどの差が  ただ程度の差によって  程度の差の  帶も差  意志の差と  事実と差  算えようが差  貧富の差の  悪人の差も  朝日影窓に差  時刻を差  千差万別であるとの差  貧富の差から  大抵五倍の差  様式に差の  許容してしまっても差  粉飾に差は  十代の差が  指度の差から  一瞬の差で  時の差が  卓子の差  確然とした差が  仙台より差  雪線の差が  お前と差  京都へ差  監獄とは差  本に差  実物を差  於て差が  運命の差が  五點の差を  格段の差に  滑稽との差は  東西の差を  甚しい差が  人数は差程  松と差  コーヒー茶わんを差  優劣の差を  漢音呉音の差により  盃を差  言葉は差  誼に差  志と差  貧富の差を  間一髪の差に  存在して差  武器に差  価格の差を  赤誠の差は  自ら大なる差が  光度との差により  温度の差でも  区別できる差は  区別できる差よりは  ものとの差は  観念によるとの差と  地獄の差  我との差は  #濃淡の差  車内に差  一〇〇呎と差は  粗密の差が  姿を差  親仁は差  中学生との差が  難易の差こそ  ものは差  容赦なく差  焼物の差と  春秋の差が  薄を差  年齢の差くらいは  凹凸の差の  獣畜の差  知能の差が  差以上の差が  上の差は  粗雑との差は  首を差  ニュアンスの差こそ  表現を差  両者の差を  性格の差に  少女と差  相当なる差も  大小広狭の差こそ  刺激の差でも  さの差を  ことの差が  千里の差と  比例の差によ  貧富の差のみ  年齢の差で  給料の差を  階級の差が  腕前の差が  二様の差が  健康の差は  深浅に差が  顕治に対する差  一銭の差の  貧富の差による  材質の差も  枝によって差が  忸怩として差  其よりも差  頸を差  用意の差に  今は差  そこに差が  個人の差が  ことですから差  空を差  家を差  前に差  洋の差は  科學力の差が  一片を差  滝人との差を  対照の差を  ひかりが差  ところとの差が  ジェネレーションとして持っているものの差という  事情の差が  商売の差だけの  秋毫の差  そと差  及腰に差  母衣蚊帳を差  妨げと差  ものの差が  長兄を差  脇差が差  五十歩百歩の差を以て  二対一ぐらいの差は  橋に差しか  程度の差だけ  距離の差が  由つて寛嚴の差が  例は差  間に生じる差の  量的な差も  結局質的な差と  深浅の差が  深浅高低の差が  確約は差  六馬身の差が  代人との差は  日本海を差  ものとの差  弓の差で  武力の差を  作者との差を  量的な差こそ  先づ是れで差  透間より差  楯に差  左手を差  人種の差から  一杯に差  程度の差から  時間の差は  系統の差  自国人なるかの差までも  東西南北の差  ことを差  支給を差  緩急の差  濃淡の差が  願ふの差  大分年歯の差が  百分一の差  八九日の差  価格の差は  いるかの差は  平均輸入との差のみを  餅を包んで差  意の差こそは  お話相手として差  一人に差  人数に差  上に差  間の差に  荒磯に差  鋏を開いて凝と差  薄深淺の差こそ  何等の差を  受くる差は  輕重の差は  長短の差の  自然との差が  原因となるとの差が  大に差が  草木稟性の差によ  ものであるかによって差が  物量の差が  一たいどれだけの差を  一毫の差  間髪の差も  甚大すぎる差と  及腰ながら差  それと差  ヘダタリや差が  文化の差  武者修行とよんで差  ノルウェイ語との差は  家中へ差  皆さまを差  迷惑であろうと存じて差  三呎半の差を  何の差  緩急の差は  

~ 差[名詞]2
その差  強く差  そんなに差  そのまま差  著しい差  大きな差  そっと差  著しき差  やや差  先ず差  高く差  長く差  一向差  或差  酷く差  この差  たいした差  恐らく差  益々差  あんまり差  だいぶ差  時々差  甚だしい差  別に差  ふと差  大きい差  忽ち差  何と差  大いに差  ほとんど差  かえって差  大した差  何しろ差  また差  多少差  一向に差  あの差  深く差  ひどい差  いくらでも差  そんな差  だんだん差  おのずから差  なるべく差  後で差  

複合名詞
上下差  差支  言つて差支  抜き差  差覗き  差添  眼差  差向  差向ひで  言ひきつて差支  男といつて差支  差当り恩  差大  差入物  差当りこれ  差挿ん  千差萬差  差当り入用  差控  の差  くに差  つて差支  差図  物差  幾分の差  一尺差  從つて差  差閊  如レ此過差欲二停止一  差事  差剣尻鞘駕黒馬  差殊  差荷  差引き  差向かい  身装差刀  差物  差俯  前差  便乗差支  コノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス  差止メ有  差宿也  格別差支  差俯向  其錢差  差許候上者劇道  日差  心差一つ  小脇差  ト差  差当りそこ  差当り  個人差  今差当り  青差一本  ところ青差二本  青差  青差一本余分  差入り  差図せん  情差  弦差也  弦差  差当り五人  二人差  今一つ差込  興行差止  キット興行差止  差蒐  温度差  差入屋  差当り発見  群集差止候ニ付屹度相守申可者也  みんな差  夫差  目差  代り品等差支  網差  差アル  差アル者  云つて差支  といつて差支  二點一分の差  默つて差控  年齢差  差担  親子差向かい  可差進之旨  づ当代独歩といつて差支  云つたつて差支  鳥差  差えつ  差如何  餌差  記事差止命令  夫婦差  差ごろ  差丈  差廻し  麁酒差  差加  代人差立  工部差二督工官羅天爵一監造  ただ差俯  上差支  いっこう差支  別段差支  高度差  差詰め地球癲癇  差当り二人  差窺  別段差閊  差乳  差入室  後指一本差さっちゃことのねえとっさん  差当り小野田  千殊万差  差迫つた用事  差図通り  地方差  能拝見差  差当り何  奇蹟といつて差支  差向き金時  作といつて差支  差圖  陽差  一日中陽差  濃度差  船ニテ差越サルベシ  差入  今差支  差當  存製法入念差上  差上候処文政七申年  千差萬別  一分の差  差當つてお金  差櫛  何等差支  旗差物  まあ差  歸つて差支  高低差  差味  差当り私  差刀  當然差支  先づ差  差置  指差  中差  屹度差支  野差刀  前差ひと  差かけ  名称差支  附添つて差支  實際差支  差恥  差詰め西木  差当り刃物  差当り野原  差当り其家  先差当り牛込  差当り己  差づめ  生憎差支  差向き今  差俯向き  差当り此処  差掛  一本差  差縄五十日  差詰め肥後  二十四差  差ッ  差ッぴいて二十銭  差許者也  先づ差当り白米  火災差起り難渋  火災差起り候  差迫つた不安  差俯向き暫らく涙  差向き  差当り依頼  いふ差  差図ぶり  差当りお前様  差当り三百両  摺差  差貫よう  差図めいた事  さうに差俯  秒差  その他差  差代えらあな  差加金  差下候字  差越申候  差越候處  上差  充分差入  差控え  差控え連  差控え候補者  差控え候補  差留め  鎮守ニ差シ下シ賜フ  差入口  差図役  一寸差  針差  時間差  差向け  馳駆範ニ差ハズ  差支あんめ  記事差止  毫釐有差天地懸隔  わき差  餘程差  矢差  差當つて  差当りお前  差当り百両  差図書  差当りエート何ん  差措  年貢差  年貢差詰  年貢差支  源泉課税差引き  実力差  差当り五百石  一つ差上  論差  差支無  歸つて差  差越  機根万差  差上ぐる御用脚  差上金  歳差  まま差  差止  差状  指一本差さし  息差  位差  半分差  者差当り自分  差込  一時差控え  一差  出入り差  差添通詞  渡來之儀差免  右樣之品差  聊之状紙差  同所御用筋差支可申哉  差越候樣  差返上  差圖被成可  差示し顔  一時間四十分の差  差逼  差切新道  一時五十分差切  差切新道絵葉書  差迫つた饗宴  差向き落首  ぎあるものときめよと差  いま差  ら差触り  徘徊差免候事  勘定奉行差廻し  老中差廻し  江戸老中差廻し  千差万様  差当り誰  差向き天下  差当り一つ  二十八日小手差原  如く差爾  宿継ぎ差立て  落し差  差扣  差恥心  それぞれ差  差下駄  差タルヤ  差当り必要  差置申間敷  差樽一荷  簪光参差  先づ差當  差手  家来ニ差図シテ  ヲ差シテイタ  フト差  差当り手当  差当り方法  いっこう差  共差当り先日七蔵  差詰聟殿  差当り心当り  差対  差向ひで静  小遣ひも差  差当り後  差当り現在  個性差  なごやかな眼差  大分差  差当り先生  貴方差当り必要  差渡候處  二差留一候段  種差  差上  島政府差廻し  玉章差上  白井差  差向きおれ  差率  むとみて差支  太宰府差二筑前國宗像郡之百姓宗形部津麻呂一  差甚しき  差当り五円持ち寄り  差迫つた一つ  差当り北海道  差入物万端世話  場合差控  かなり差  差当りチェーホフ  座蒲団差よせ  差当り便利上英仏語  差詰め勘定日  差以上  いふ物差  差揚げ風  差控えがち  明かな差  根差  ほか旗差物  差詰め  二差免一  鮎差峠  差支申候由  差詰め夢枕  温差  差向ひで話  差画  年代差  差役  支拂つて差支  一人差向かい  差寄せ  差当り実行的仮定  差当り無関係  差寄り  差覘  糺候條難有差心得組合限申合萬行屆候樣大小惣代並寄場役人共精  四分の差  その間差入  比較上差支  光差  差積り  差向ひで靜  差当り僕  差当り生活  差向きここ  銭差  差当り自分  差當つて健康  差たる  千差  差甚大  差当り心配  北畠ラノ功ヲ論ジテ恩賞ニ差アリ  差当り十数台  差当り頼り  



前後の言葉をピックアップ
  佐野川  佐太郎    佐紀子      差しかえ  差しのべ  サァガ


動詞をランダムでピックアップ
くるめよほうり出す威し哭し読み取る聞取っあやつっ盗み出せ生き返り取り合わせる崩せるいばれ捌くかつぎ上げ飛び渡っうかりしけれみじろぐ貯えおちこん
形容詞をランダムでピックアップ
ねむい面白うゆかしからからう薄ぐらき血腥いさむかっ心細き瑞々しかっはなはだしく寒くはげしけれ汚かっ惜しき感慨深いたどたどしい太けれ気遣わしゅう人懐こい見苦しき