「巧ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 巧ま[動詞]
自然は、巧ま  品位との最も巧ま  落ちつきと、巧ま  コフマンは巧ま  今日も尚巧ま  家具を、巧ま  ようでありながら、巧ま  うちに巧ま  荘重、巧ま  巧みに巧ま  話は、巧ま  もので、巧ま  人間としての巧ま  自然詩人の巧ま  立派に巧ま  自然に巧ま  文章が巧ま  波は巧ま  まり惡ごすくは巧ま  われわれは、巧ま  祈祷など巧ま  わたくしどもを亡ぼそうと巧ま  卓が巧ま  ところへちくりと触れる巧ま  人ですから、巧ま  謀反を巧ま  体を、巧ま  云へば、巧ま  ひとり手に巧ま  声が、思わず明るくはずんで、巧ま  名が巧ま  ものであり、巧ま  社会的良心との巧ま  調子の巧ま  学あり、巧ま  習練に依つて巧ま  臆面なくえらくなるという巧ま  



前後の言葉をピックアップ
拓本  啄木  啄木鳥  詫間  たくま  琢磨  たくま  宅間  逞し  たくまし


動詞をランダムでピックアップ
肥し蔓延っいれかえまとめ詣っひょうげまわせなぶろあおぐよろこばし見交わすはやらさいいなし擦り作り出せる怒らさたたえる育くまかがん持ち帰ろ
形容詞をランダムでピックアップ
奥床し香ばしき薄暗し恨めしゅう粘強きなくさい奥深かっよかろつつましかっ涙ぐましうら悲しく果てしなき速かっとてつもない罪ぶか宜し得がたき真白にがにがしい狂わしゅう