「屁」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
屁で引導をわたすという  屁をひって  屁をぶっぱなす  屁の修業をつんでいる  屁をひる  屁をくらった  屁にみんながつけた  屁えこき虫としてとりあつかっている  屁の注文をうける  屁をひった  屁でも注文どおりできる  屁えこき虫といっしょにかまえとって  屁をするぞと  屁を音もたてずにしてしまった  屁えこき虫の石太郎が屁をはなった  屁の常習犯がいた  屁そうどうが教室で起こって  屁であると信じはしなかった  屁かわからない  屁が出る  屁をたれて  屁は臭くないという古来の定説がある  屁の交るところの結果の如き  屁の交るところの結果から詩の精神を知り  屁をひったりする  屁とも思わない  屁古垂れ  屁から水滴が垂れた  屁の音は要らぬ  屁古たれたこったろう  屁もこかず  屁のような湯へへいってやがるナ  屁はいくらでも出た  屁などいふ  屁のようなことでもすぐ女房に葛根湯を煎じてもらう  屁をたれる  屁をたれるな  屁にいくら出す  屁とも思つてゐなかつた  屁でもないやうな空とぼけた  屁で黄色く染まったに  屁をたれるとは  屁ひったこと迄一々罪に勘定されたら助からんわい  屁とも思やしないから  屁をした  屁を放ったといっては  屁をする  屁は中戸川氏を得た  屁つこき坊主はの山の粉雪も黄色にそめ  屁の音も活気を帯びて  屁など多く用いたるは  屁古たれて参ってしまい  屁ひり虫は秋の季になってるから  屁をひってすぼめぬ  屁とも思つちや居ねえ  屁を放つた  屁古垂れたよ  屁を放つて  屁でごまかしながら  屁とも思はなかつた  屁ったくれもありゃしない  屁とも思わぬ  屁古垂れたりして  屁にもならぬ  屁とも思はず  屁つぴり腰をしながら  屁をたれた  屁でもなくなる  屁のような事ばかりを一生懸命に書き立てているので  屁をば放きよったが  屁をば屁放り出す  屁とも思っていない  屁とも思って  屁つ放り  屁の勘定をして  屁を勘定する  屁の勘定をされる  屁を分析して  屁の勘定をしたてて  屁の勘定をされちゃ  屁とも思つて居らぬ  屁とも思つて居ない  屁の如き攻撃に勢も何も抜け  屁となってしまったが  屁をたれても間に合う  屁でもこき出しひ  屁のよな腐った  屁を放ったか説いていない  屁を埋めた  屁を放ってけり  屁を放った  屁を放って  屁放った年生まれたと  屁をひりたくなり  屁を催すと称えた  屁にもちょっと似て居る  屁の音をきかせるぞ  屁の音をきくと  屁が出  屁古垂れてしまう  屁とも思ひません  屁を放る  屁古垂れた  屁を垂れた  屁でもプッと落すと  屁の如きことを真面目な問題の如く人に語り伝へたか  屁古垂れている  屁えこいてりゃ  屁でもない喧嘩と違うぞ  屁をしていた  屁が出るで弱ってしまった  屁のことを医者に云った  屁の事について考えた  屁のような法案と見える  屁のような法案が意味をもち  屁にもならん  

~ 屁[名詞]1
石太郎が屁の  おしもおされもせぬ屁  種類の屁でもは  石太郎の屁に  石太郎は屁を  石太郎が屁を  石太郎みたいな屁の  石太郎の屁  だれの屁か  先生の屁  チベット語と屁の  役人など屁とも  軒の屁から  忍術には屁の  佐原屋でも屁  鴆香もたかず屁も  河童の屁など  大好きで屁の  イタチつ屁に  家康は屁でも  ケツネの屁という  不安だ屁  女工の屁を  庵寺の屁  ほうが屁  尻をすぼめず屁  事を屁とも  連続的に屁を  のだから屁  彼は屁を  続けざまに屁を  ものは屁でも  人前で屁を  最後の屁で  構えも屁  恩賞にも屁にも  石ぐらい屁でも  世を屁とも  よな屁を  金は屁でも  ことを屁とも  羅馬でも屁とも  我慢しとった屁をば  誰れも屁とも  日本では屁でも  剽軽者の屁  人のひる屁の  御前は屁を  こっちも屁を  人の屁を  警察が屁の  人が屁を  やうな屁を  校長を屁とも  實際此校長位は屁とも  完く屁の  此校長位は屁とも  完たく屁の  牛の屁  牛の屁か  十年戦争も屁と  芋でもくらって屁でも  河童の屁の  アラビヤ人が屁を  アブ・ハサンが屁を  某生が屁  豆は屁を  おれの屁の  そうだ屁が  ウンザリして屁  為めには屁の  ものは屁とも  ブッと屁を  文部大臣なんか屁とも  ような屁を  絶え絶えに屁  大飯くらって屁  吹雪なんぞは屁でも  男なんか屁とも  それ以上の屁が  俺は屁の  かっぱの屁  経費を要せぬ屁の  のん屁とも  

~ 屁[名詞]2
大きい屁  よく屁  どんな屁  その屁  それだけ屁  大きな屁  わが屁  長い屁  高く屁  これから屁  あの屁  まるで屁  よっぽど屁  決して屁  

複合名詞
こ屁  屁弟子  あいつ屁  大根屁  いも屁  豆屁  根菜屁  屁理窟  こと屁  屁古  えな事言つて屁りく  豪屁  屁一つ  最後屁  屁びり  屁込  屁ッぴり腰  君屁  哉木蓮屁茶居士  内心ヨッポド屁  屁糞  屁理窟一点張り  タッタ一つ屁  ア屁  一屁ツ鋒詩人  弁慶屁  一アラビヤ人屁  屁ッポコ巡査  屁ひとつ  屁玉  



前後の言葉をピックアップ
      経た  経て  ベア  へあが  経上がっ  ヘアガッタ  へあがる


動詞をランダムでピックアップ
聞きゃあきれ返ひからびきずきあげあえい生き延びよ喩えれ生えるさかえはおっ張りき仮せ噛み付いのぞきこめるのがし引きつける歩き回ら狼狽え差すころ
形容詞をランダムでピックアップ
かくいくすき心強かっ目覚しい細かく面白からむごたらしゅう熱うなきゃ小さけれうるさから気づかわしく蒼かっ忙しゅうつたない重くはずかしきしがなかっ心細かろ押し付けがましい