「少く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 少く[形容詞]
限り少く  それほど少く  楽少く  なるたけ少く  伴少く  こと少く  甚だ少く  より少く  既に少く  人気少く  決して少く  比較的少く  処少く  また少く  上少く  ところ少く  内少く  だんだん少く  程少く  いかにも少く  数少く  年紀少く  残り少く  誠に少く  ごく少く  つて少く  案外少く  四季の歌少く  歌少く  又少く  から少く  極めて少く  多く少く  ずいぶん少く  ます少く  めっきり少く  數少く  余命少く  みんな少く  甚だしく少く  次第に少く  今日少く  まだ少く  通り少く  事少く  び少く  けだし少く  苦痛少く  一層少く  種類少く  人少く  よほど少く  いくらか少く  ようやく少く  だいぶ少く  現今少く  必ずしも少く  即ち少く  現に少く  亦少く  病毒少く  毎日少く  段々少く  前少く  そんなに少く  勿論少く  志少く  全く少く  日少く  隨分少く  表情少く  人家少く  甚少く  銭少く  否少く  口数少く  もう少く  底少く  今少く  肉少く  言葉少く  至って少く  色香少く  已に少く  わざと少く  価値少く  わりに少く  客少く  おそらく少く  あまり少く  けが少く  口少く  気少く  それから少く  時少く  もの少く  夙少く  語少く  ぐつと少く  幾分少く  一つ少く  效少く  卷數少く  まず少く  きり少く  功少く  粧飾少く  近来少く  あまりに少く  ヨリ少く  費用少く  いたく少く  丈少く  とき少く  日増しに少く  痛み少く  葉少く  影響少く  どんなに少く  なるべく少く  更に少く  少し少く  それだけ少く  どうしても少く  いや少く  実に少く  一年少く  すこぶる少く  労少く  なかなか少く  なお少く  漸く少く  本少く  うんと少く  さよう少く  まるで少く  びとも少く  趣少く  変化少く  時価少く  一番少く  今や少く  イヤ少く  実際少く  もっと少く  未だ少く  滯在少く  益々少く  抵抗少く  むるものが少く  人物少く  音少く  樹木少く  職人少く  濕氣少く  車少く  稍少く  うち少く  存外少く  やがて少く  ですよ。少く  興少く  できるだけ少く  最も少く  ほとんど少く  味方少く  花少く  平均少く  やはり少く  幼少く  年少く  割合少く  抑揚少く  いかに少く  もとより少く  たいへん少く  天恵少く  外少く  ば少く  漸次少く  しろ少く  ひどく少く  猶少く  先ず少く  その他少く  苦難少く  危險少く  一旦少く  一般大衆少く  利少く  しか少く  以来少く  きわめて少く  所少く  余程少く  

~ 少く[形容詞]
方も少く  種類も少く  ストッキングが少く  犯人と少く  原因には少く  生活は少く  きり花が少く  僕は少く  執着を少く  蜻蛉が少く  きり蚊が少く  ボオトは少く  感じを少く  英国人が少く  封建的伝統を少く  者も少く  急に少く  言葉数が少く  これは少く  人声が少く  口数が少く  盛装が少く  者が少く  ことも少く  面白い點も少く  ことが少く  費用が少く  量が少く  彼女は少く  確かに少く  それゆえに少く  私は少く  うちには少く  熱と少く  のと少く  神よりも少く  遥かに少く  そのものは少く  それを少く  のは少く  これまで少く  降りも少く  人数は少く  客も少く  関東に少く  回数も少く  人も少く  場数を少く  ものも少く  のが少く  ものが少く  場面が少く  機会も少く  場合も少く  余は少く  さは少く  中が少く  人が少く  くせ運動を少く  それは少く  禁物で少く  衝動が少く  衰弱の少く  やうに少く  氏の少く  今年は少く  線画を少く  例は少く  ために少く  中に少く  数も少く  発行部数も少く  選挙には少く  利益も少く  場合が少く  人々が少く  学者の少く  小説よりも少く  短歌が少く  論策が少く  例も少く  ところが少く  場所が少く  ことの少く  屋が少く  荒神も少く  結婚は少く  慰藉金を少く  者は少く  ことは少く  お菓子は少く  われわれ老人は少く  書は少く  標準として少く  手紙が少く  手も少く  損害も少く  間は少く  費用も少く  世紀に少く  うちの少く  毛が少く  損害を少く  数を少く  いつか食物が少く  男が少く  例が少く  規定は少く  学問性は少く  空的分類は少く  動機を少く  法則概念は少く  註文が少く  度數も少く  個処が少く  功績の少く  歴史は少く  行つたものも少く  ものは少く  出入りも少く  連続的に少く  ば君は少く  島民も少く  人たちが少く  間に少く  数の少く  家にも少く  事柄が少く  霜も少く  その間に少く  水が少く  要求も少く  出銭も少く  高も少く  額も少く  往来も少く  間数が少く  額の少く  品も少く  其結果は少く  輩も少く  用例は少く  用例が少く  御飯が少く  雀も少く  埃も少く  人々さえ少く  身よりが少く  女も少く  家が少く  人種も少く  吾妻鏡は少く  口数を少く  博文館は少く  事も少く  手荷物も少く  其後は少く  軒燈は少く  ソヴェトには少く  患者が少く  数が少く  一方資源が少く  客が少く  こっちは少く  時代は少く  約束は少く  数は少く  点が少く  うちは少く  女には少く  日記は少く  同人雑誌も少く  作家に少く  作家も少く  古今に少く  原書を少く  一片相が少く  慰謝金を少く  妓も少く  謝罪金を少く  事が少く  いふ言葉が少く  比較的に少く  兵も少く  方が少く  のも少く  必要も少く  呼息時には少く  懐疑が少く  我々は少く  アウフクレールングを少く  元来啓蒙活動は少く  言葉が少く  イデオロギー現象が少く  之が少く  こと自身が少く  処も少く  統制は少く  全体が少く  ように少く  之は少く  今までに少く  自由主義は少く  必要なのはリベラリズムに少く  自由主義という少く  博士を少く  無産者代表さえ少く  人は少く  同等若しくはそれ以上のものも少く  場所も少く  島に少く  知合も少く  東國に少く  やつが少く  機会が少く  中では少く  候詞が少く  泊り客が少く  のに少く  大体は少く  影響が少く  伝説も少く  偉人は少く  人間にも少く  話が少く  彼は少く  金は少く  白金使用分量が少く  人間も少く  オプチミストが少く  ゲエテ詩集は少く  非常に少く  固定は少く  此は少く  儀が少く  男は少く  面白い研究が少く  旦那が少く  仲間も少く  地方は少く  岩石層は少く  認むべきものが少く  部屋に少く  贅肉も少く  本は少く  火が少く  靄が少く  自殺に少く  愛情は少く  佳作も少く  雑草も少く  人家は少く  處が少く  「道」の少く  君は少く  ところさへ少く  日本に少く  幾分なりとも少く  贅沢咄を少く  熱が少く  運動が少く  不幸を少く  切実に少く  秀作も少く  近代フランス文学は少く  歯数も少く  鏑木さんを少く  必要は少く  姉などは少く  これまでにも少く  一戸に少く  側目には少く  方法は少く  意外に少く  言葉は少く  等は少く  雨が少く  今までにも少く  人たちも少く  衣類なども少く  買ひたいものも少く  味方は少く  兵が少く  討死手負も少く  価値の少く  文章を少く  当時は少く  時節次第で少く  さへ少く  中には少く  暇が少く  女は少く  多くも少く  観衆が少く  売り上げも少く  売り上げは少く  配当が少く  性格が少く  いかがわしい場合が少く  材料を少く  鳴雪翁は少く  花も少く  事件が少く  善人が少く  可能性は少く  事故を少く  シンパも少く  物も少く  秋田県にも少く  政治家は少く  幅は少く  皿数は少く  作つたものが少く  高祖が少く  危險が少く  大寺が少く  発達の少く  あれは少く  句も少く  佳句も少く  火も少く  だんだん投書も少く  鹿が少く  小便が少く  為めに少く  灯の少く  しまつた者も少く  量も少く  邸宅も少く  種類は少く  欠席日数も少く  友人も少く  小夜子を少く  境遇と少く  為に少く  往来が少く  時間が少く  肉が少く  箇所が少く  刺戟も少く  彼らは少く  家来は少く  數は少く  つた女も少く  殘つた雪が少く  死体は少く  實主義は少く  不幸が少く  破綻も少く  相即は少く  店が少く  一日に少く  口数も少く  今は少く  ことを少く  旅は少く  雪が少く  人家が少く  直観とは少く  石油が少く  社会的に少く  生物は少く  広告が少く  廣告が少く  奕は少く  それには少く  人影の少く  湛へた善品が少く  生涯は少く  中にも少く  そこでは少く  古今東西を通じて少く  処の少く  技術は少く  場合には少く  自意識が少く  人通りは少く  船客も少く  仕事が少く  産出が少く  全体に少く  血が少く  弊害は少く  人通が少く  字数を少く  田地は少く  てる者が少く  私たちが少く  良人は少く  まことに少く  犯人が少く  熱気は少く  ところは少く  事案とて少く  うちに少く  だんだん仕事が少く  避暑客も少く  人數も少く  教師の少く  国民全体を少く  一日一日と少く  つた形式として少く  荷物は少く  酒を少く  蚊が少く  資料も少く  問題は少く  範疇が少く  二つの部門に少く  真理とは少く  之を少く  形は少く  まわりには少く  ためには少く  理論は少く  選択は少く  半面的理解は少く  考え方には少く  肩並胸抔之痛も少く  此迂廻は少く  観覧人も少く  水害も少く  ところも少く  十ばかりも少く  それまでは少く  知らない人が少く  問題化すものは少く  関係が少く  分量が少く  会社員は少く  藤田氏以下先輩諸氏を少く  髯は少く  睡眠時間は少く  画家は少く  圍む線は少く  子供たちは少く  椋鳥が少く  のを少く  自然崇拝者は少く  文献に少く  だんだん酒が少く  だんだん茨が少く  作者は少く  危く命びろいをした者が少く  落伍者も少く  痰が少く  咳も少く  貫目が少く  読者が少く  点も少く  葉が少く  球数は少く  自分が少く  お客が少く  井深君は少く  事は少く  黒雲が少く  分量も少く  三十歳か少く  人通りが少く  法学部全体は少く  人間は少く  処が少く  これが少く  事件は少く  お鯉さんは少く  ものには少く  娯楽である場合が少く  人間が少く  対抗が少く  俸給月額の少く  全国で少く  方は少く  子供も少く  もう少し学内行政が少く  人物が少く  ものさえ少く  既成政党さえ少く  偽が少く  強き者は少く  処は少く  處は少く  實に少く  古賀は少く  ほかにも少く  研究所も少く  肺病を少く  雨も少く  方達も少く  方々も少く  名称は少く  欲が少く  夫人は少く  方面にも少く  名手が少く  病院も少く  収入が少く  伝説が少く  遺漏敗欠が少く  物は少く  場合は少く  だんだんに少く  小生に少く  量は少く  現実を少く  所持金が少く  瓜実顔を少く  現在は少く  定が少く  汽船の少く  彼に対しては少く  顔には少く  聖衆が少く  以前にも少く  兵隊が少く  世間には少く  度数も少く  だんだん口数が少く  瞳は少く  やつぱり会話は少く  映画は少く  所すら少く  地方の少く  当初供給の少く  地方が少く  稽古は少く  給料が少く  後者は少く  活字は少く  土藏も少く  對照も少く  学者は少く  若い女中が少く  ものに少く  書き手が少く  需要も少く  勇士は少く  投票者は少く  一つは少く  友達も少く  稍通行人が少く  姿が少く  仕事を少く  スモレット船長に少く  煙が少く  中の少く  博士が少く  仕事も少く  不自由も少く  交渉も少く  唐金眼である場合が少く  シヤモも少く  所は少く  二人が少く  因習が少く  樹木は少く  距離を少く  トラホーム患者も少く  理解者が少く  差別が少く  差別待遇が少く  警察事故も少く  日本が少く  いくらかでも少く  供給度が少く  供給が少く  供給を少く  眞志屋が少く  月今宵は少く  変化も少く  西南部は少く  音も少く  身を少く  貴様は少く  価値が少く  感情が少く  観客は少く  紛争を少く  程度が少く  従つて収入も少く  人通りも少く  予想外に少く  姑の少く  人口が少く  陳字も少く  若い三十代の少く  所存では少く  幅が少く  者とを少く  人口も少く  女中などは少く  被害も少く  いふ事が少く  臭味が少く  むきも少く  知らないのが少く  婦人が少く  値を少く  機會が少く  上古人は少く  京劇は少く  一半は少く  創作だけは少く  加納哲が少く  卵が少く  先生さえ少く  運命を少く  わたしたちにも少く  芸妓が少く  努力が少く  要素は少く  うちで少く  木立も少く  トラックも少く  三名は少く  聯想が少く  線の少く  枯穂も少く  タバコが少く  角度から少く  ごちそうを少く  失つた例も少く  誤解を少く  材料が少く  一緒で少く  作者自身に少く  当時でも少く  想像は少く  効果は少く  場合単数にとって少く  チェーホフには少く  非情に少く  最後に少く  教師が少く  一合より少く  裸も少く  奴が少く  時でも少く  東山遊覧客も少く  標本も少く  負担を少く  行つた当座は少く  風も少く  責任が少く  時間も少く  ときまでには少く  荷物も少く  スケッチは少く  差別を少く  作品も少く  人々も少く  所謂自称玄人画家が少く  世界には少く  日本人が少く  作品は少く  画家も少く  絵が少く  作家は少く  作家が少く  使用が少く  実力的位置が少く  心臓である画家が少く  日本画は少く  作品が少く  つたものも少く  画家が少く  画家の少く  失つた画家が少く  連中も少く  シュルリアリストは少く  男の少く  質問である場合が少く  娘は少く  演技力が少く  小説は少く  犠牲を少く  文芸落伍者を少く  人死にを少く  量を少く  先には少く  川も少く  時速が少く  それ等が少く  以前より少く  古本屋は少く  人数が少く  物語が少く  率は少く  農家は少く  ひとは少く  貸家が少く  不満が少く  二三十よりは少く  米が少く  趣向が少く  条件を少く  小鳥は少く  其は少く  枯葉は少く  笑いは少く  ものより少く  元帥も少く  人物は少く  がいと少く  学費を少く  著者大槻文彦先生は少く  ひと月に少く  外国人とも交渉が少く  魚は少く  刺戟を少く  はしが少く  部分が少く  日程は少く  といが少く  著作が少く  職業も少く  親子が少く  不潔感を少く  負傷を少く  言葉も少く  本が少く  昔から粋人が少く  さかなが少く  河水も少く  がわりに少く  女達も少く  水は少く  人間近くに少く  各地に少く  小作人が少く  彼女より少く  私たちは少く  ガソリンが少く  あんちゃんが少く  収穫は少く  余生が少く  ことばは少く  便宜も少く  面積を少く  著書も少く  これだけ少く  噺には少く  頼朝遺蹟は少く  樂しみも少く  家は少く  繩のれんも少く  耕地は少く  話題は少く  家までは少く  人通りの少く  それ等は少く  人数も少く  人影は少く  指導者としては少く  芸者は少く  写生とは少く  日一日と少く  年よりは少く  婦人文学者は少く  一票は少く  日本中には少く  僕が少く  浴客も少く  方面の少く  原因の少く  この世に少く  意味は少く  作者伊藤氏は少く  小説も少く  僕等は少く  小論文は少く  言葉を少く  英訳は少く  緑雨は少く  作家たちは少く  必しも少く  態度は少く  長篇源氏物語さへ少く  不当に少く  末社も少く  収穫も少く  字は少く  工人たちも少く  附近には少く  仕事は少く  紙漉場が少く  所も少く  皮は少く  品が少く  焼物師も少く  品物は少く  町が少く  書籍は少く  學問と少く  私としては少く  その間は少く  カロッサの少く  家柄も少く  抗議として少く  辺には少く  石塊も少く  退学は少く  六十杯は少く  私なんかには少く  科学には少く  疲れが少く  フランス文学史は少く  気が少く  だんだん差が少く  婦人方が少く  逸話なども少く  バルザックは少く  荷物を少く  間違いも少く  四五年は少く  ところで少く  意見も少く  なつてる者も少く  速度は少く  一字を少く  感覚的表徴は少く  官能的表徴は少く  生産的よ少く  本たちは少く  好ちゃんは少く  起伏凹凸が少く  恥が少く  名士が少く  寫本も少く  ところさえも少く  所謂特殊部落以外にも少く  類も少く  隔りは少く  名家も少く  めが少く  新体制国家の少く  前の少く  私にとって少く  分を少く  説も少く  者さえ少く  人物も少く  青年も少く  炭酸量を少く  以前よりも少く  自暴自棄には少く  前より少く  生活必要品購買力は少く  てる美術家連中も少く  美人が少く  美人は少く  獲物が少く  世に少く  世には少く  憚からざる人の少く  認むる病者は少く  ものも本より少く  功は少く  食を少く  場合も本より少く  出づることも本より少く  氣は少く  へんに少く  分量を少く  別荘も少く  歌も少く  ホンモノが少く  男も少く  結果に少く  原因は少く  智慧の少く  假説は少く  先輩も少く  戯曲家は少く  考える人が少く  人々は少く  いふ者は少く  罰当りも少く  ものの少く  道路よりも少く  人數が少く  財物も少く  レーニンは少く  一週間に少く  イカバッドは少く  損害は少く  動機が少く  綾が少く  難が少く  笹が少く  

少く[形容詞]
少くとも夏  少くとも本職  少くとも芸術  少くとも好き  少くとも今日  少くとも音楽  少くとも自分  少くとも国民  少くもわれわれ  少くとも病気  少くも森木  少くも夫  少くとも私  少くとも愚図  少くとも親父  少くとも君  少くするため  少くとも現実  少くとも僅か  少くとも好都合  少くとも東洋  少くとも戦争  少くとも四  少くも私  少くとも当初  少くともエジプト  少くも莫斯  少くと思  少くとも僕  少くとも水  少くとも随筆  少くとも世界  少くとも所謂  少くとも装  少くとも素描  少くとも六  少くとも往復  少くて快楽  少くとも我々  少くとも彼等  少くとも人々  少くともかかる像  少くともこれ  少く完全  少く実在  少くとも今  少くとも作られ得るはず  少くとも知らない  少くとも神  少く明晰  少くとも思惟  少くとも善良  少くとも女性  少くとも唐突  少くとも外国  少くとも幾分  少くとも彼女  少くとも文学  少くとも三  少く関西  少くとも感情  少くとも千  少くとも蔵  少くとも倍  少くとも銘仙  少くすること  少くとも作  少くする不自由  少くとも私たち  少くとも結婚  少くも放免  少くも彼ら  少くも改悛  少くとも大砲  少くも鎌倉時代  少くも五重の塔  少くも水掛論  少くなかった  少くも平安遷都  少くともコロボツクル  少くとも涙  少くともそれから  少くてぐにや  少くとも日  少くとも幾代  少くもヤンキー  少くも僕  少くもダンスホール  少くも蒋介石  少くとも左様  少くとも二  少くとも一部  少くとも隣  少くなると小  少くともいま  少く盛り上  少くも二つ  少くとも晩酌  少くとも文化  少くとも女  少くとも真面目  少くとも冬  少くするよう  少くもそれ  少くも二  少くも変ること  少くともそれ  少く追求  少く発行部数  少く発行  少くとも参議院  少くしか  少くとも進歩的  少くとも地方版  少くとも白  少くとも不足  少くとも校長  少くとも彼  少くとも豹  少くとも成績  少くとも辞職  少くとも二つ  少くとも外勤  少くともステテコ  少くとも多鶴子  少くとも当人  少くとも西郷隆盛  少くて孀  少くともかう云  少くも全部  少くとも五  少くとも同  少くとも吾  少くとも筋  少くとも陰鬱  少くとも礼儀  少くも緑  少くとも本  少くとも  少くとも死ぬ  少くとも歌  少くて十  少くともジヤアナリステイツク  少くともクリスト  少くとも積雪  少くも行政  少くとも一掬  少くとも鳥  少くも三分の一  少くして写実  少くとも軽視  少くとも黒須  少くなるといふ事  少くとも半分  少くとも百  少くなるに従  少くとも眼  少くとも見掛け  少く出したりするため  少くとも日本  少くとも青年  少くとも従来  少くとも弁証法  少くとも物  少くとも虚偽  少くとも解釈  少くとも学問  少くとも哲学  少くとも物理学  少くともリッケルト  少くとも自然科学  少くとも法則  少くとも明日  少くとも之  少くとも地球  少くともヴント  少くとも言葉  少くとも月  少くとも漱石  少くとも文学的  少くとも一  少くとも本当  少くとも過去  少くともかかる葛藤  少くともかの女  少くとも疑問  少くとも十二月  少くとも生活  少くとも一つ  少くも一  少くとも出ては來  少くともアラスカ  少くとも何程  少くとも象徴  少くとも他  少くとも数  少くともその間  少くとも原理  少く控  少くともわが国  少くもあなた  少くとも中  少く而  少くもこれら  少くとも人  少くとも軍人  少くも半年  少くとも女学校  少くはなかった  少くして錯綜  少くも嘉  少くも其忠  少くもそれから  少くとも日本国民  少くも世間  少くも歴史家  少くと思ふところ  少くとも数馬  少くとも十  少くとも六つ  少くとも一間  少くとも現在  少く眠る  少くとも一時  少くとも幾  少くなってから  少くとも残り  少くとも宗教  少く借金  少くともこんにちの  少くともここ  少くとも変人  少くとも市木  少くとも私のように  少くとも夢  少くとも奈良  少くとも西洋人  少くとも気  少くとも母上  少くほか  少くとも小説  少くとも理論  少くとも現代  少くとも賤  少くとも性的  少くとも読むこと  少くとも後代  少くも一つ  少くとも事理  少くとも信頼  少くとも原文  少くとも著述  少くとも円満  少くとも来りつつある世界  少くとも麻雀  少くとも経済  少くも娼嫉  少くとも實  少くも千  少くとも裁判官  少くも平安朝  少くも聖人  少くともあなた  少くとも資本主義  少くとも昼前  少くとも既往  少くも歴史時代  少くも中世  少くも奈良  少くも阿波  少くも百  少くも歴史  少くなるの  少くともあるという証拠  少くとり入れられるわけ  少くとも職業  少くともピストル  少くも囘暦  少くとも最近  少くとも日本主義  少くとも文献学  少くとも進歩  少くとも批判  少くとも外官  少くともドイツ  少くとも一種  少くとも啓蒙  少くともイデオロギー  少くとも娼妓  少くとも大学  少くとも当分  少くとも観念  少くとも物質  少くとも一定  少くとも可能  少くとも事実  少くとも夫  少くとも復興  少くとも外見  少くとも相川  少くとも技術  少くとも自由主義者  少くとも日本ファシズム  少くとも三つ  少くとも観念論  少くとも部分的  少くとも大衆  少くとも幻滅  少くとも日本建築  少くとも通  少くとも先生  少くして揚代  少くとも白人  少くともそこ  少くとも主観的  少くとも当惑  少くとも日本人  少くとも意識的  少くとも劣  少くとも変則  少くとも仲間  少くも英語  少くも現代  少くとも大阪  少くとも文字  少くも文字  少くも利権  少くとも不便  少くとも赤城山  少くとも俺  少くとも八  少く見積って三  少くとも政江  少くとも丸善  少くとも我が国  少くとも其れ  少くとも明  少くとも東亜  少くとも家族  少くとも胆力  少くとも封建的  少くとも室町時代  少くとも彼ら  少くとも扶持  少くとも興福寺  少くとも鳩  少くとも正徳  少くとも徳川時代  少くとも万  少くも十  少くも奴等  少くともわたし  少くとも人間  少くとも君たち  少く谷村  少くともデモ  少くとも学界  少くとも死の恐怖  少くとも男  少くとも外界  少くとも對手  少くとも純一  少くとも殉死  少くとも其間  少くとも諸公  少くも一言  少く松林  少くとも凡て  少くとも河童  少くとも予  少くとも心霊  少くとも此點  少くも話題  少くするだけにても効能  少くとも笹尾  少くも此  少くとも都会  少くとも自主的  少くして喜び  少くともまこと  少くなる口  少くもこっち  少くも己  少くとも人並み  少くとも前  少く閑地  少くも事件  少くともこっち  少くも感知  少くもぼく  少くなるもの  少くも此等  少くとも次  少くとも自己  少くして居るよう  少くとも毎日  少くとも九  少くともイギリス文学  少く表情  少くとも隔日  少くとも天山  少くとも犬死  少くつて  少くとも上  少くとも戦時中  少くとも信長  少くては何  少く確  少くも私共  少くも半分  少くとも鏡  少くも本所  少くとも在来  少くとも人生  少くとも馬  少くも喜兵衛  少くとも昔  少くも間接  少くも直接  少くてだめ  少く致し候  少くも五  少くとも其処  少くとも國  少く語り合  少くとも何等  少くともそれら  少くとも病魔  少くすると云  少くとも有力  少くとも不快  少くとも議会  少くて便宜  少くして我々  少くも快活  少くも冷淡  少くも現場  少くも俺  少くとも綾子  少くとも殺人事件  少くとも明治  少くとも科学  少くとももっと  少くとも普通  少くとも旗  少くとも二箇  少くて四  少くとも左  少くとも河  少くも三  少くも六  少くても五六  少くとも英  少くともあと  少くとも予期  少くともとく子  少くとも妻  少くとも昨年  少くも健吉  少くも衣服  少くとも孤独  少く受答  少くともはつ  少くなるわけ  少くなって休業  少くともあたし  少くとも土産物  少く万事  少くも刺身  少くも先生  少くも荒唐無稽  少くも自分  少くとも仙子  少くとも堡礁  少くも男  少くも理性  少くとも漢字  少く児女  少くとも藝  少くとも年輪  少くとも中心  少くとも専門家  少くとも自然  少くとも成功  少くとも趣味  少くとも正確  少くとも茲  少くとも社会  少くも四  少くむしろ  少くとも知  少くも相手  少く四  少くとも異  少くとも両者  少くも昭和  少くとも表面  少くも周  少くともひと  少くして政  少くとも検討  少くとも心臓  少くもそれら  少くとも貧乏  少くとも一般的  少くとも小ブルジョア  少くとも喜び  少く有形  少くともある種  少くも今日  少くとも真偽  少くとも毎月  少くとも生命  少くとも肉体  少くとも脱ぎ捨てているか  少くとも俳優  少くとも密接  少くとも党  少くして弊  少くとも秋  少くとも純粋  少くとも向  少く後世  少くとも此處  少くとも煩  少くなつ  少くとも犯人  少くともシイ  少くとも近代  少く語  少くとも客  少くとも不敬罪  少くとも平和  少くとも息子  少くとも美  少くとも少量  少くとも芭蕉  少くとも学者  少くとも延  少くともこ  少くとも最初  少くとも勇み肌  少くとも詩歌  少くとも一年  少くも七  少くも全国  少く規則  少くとも此  少く飲むやう  少く煩  少くとも第二義  少くとも保険金  少くとも当夜  少く人員  少くとも妻君  少くして事務  少くとも朝  少くとも京都  少くとも酒  少くとも今後  少くともインテリゲンチャ  少くとも論理  少くとも意識  少くとも以上  少くともアカデミズム  少くとも運動  少くとも機械論  少くとも衝動  少くともコント  少くとも初め  少くとも論争  少くとも随処  少くとも全般的  少くとも問題  少くとも真理  少くとも社会的  少くともタルド  少くとも虚言  少くとも天体  少くとも見出すの  少くして上げること  少くとも村  少く畜養  少くとも此度  少く病気  少く別格  少くとも午後一  少くもひとり  少くして而  少くも造ること  少くとも服装  少く締り  少く日頃  少くなるよう  少くとも近所  少く竿  少くとも武田  少くなってもかまわぬ  少くともラテン語  少くとも山岳  少くも雨降り  少くも諸君  少くとも自家  少くとも其  少くも思想  少くも上  少くも見物  少くも母  少くもわき眼  少くとも兼次  少くともお前  少くともギリギリ  少くとも子  少くとも発明  少く利くこと  少くも見かけ  少くも学士  少く一  少くとも數  少くとも神経  少くとも讀者  少くとも東京  少くとも大隈重信  少くとも平静  少くなり発熱  少くて維持  少くて花  少くとも死んでいるの  少くなって白雲  少くとも同等  少くとも共産主義  少くとも治安  少くとも七  少くとも早稲田  少くとも農村  少くとも非常  少くとも嘘つき  少くとも学生  少くとも宗教的  少くとも月額  少くとも中等学校  少くとも先頃  少くとも氏  少くとも学内  少くとも中国  少くとももう少し  少くとも近代化  少くとも御題目  少くとも役に立つ労働力  少くとも個人  少く顔  少くとも概念  少くとも可  少くとも御覧  少く候  少く簡単  少く簡單  少くも外形  少くともわれわれ  少くとも戸波  少くとも傍  少く瞬く間  少く健康  少くして功  少くとも公  少くとも常子  少くとも電車  少くともかれ等  少くとも一品  少くとも容姿  少くとも存在論  少くとも空間  少くとも単純  少くとも心理  少くとも最低  少くとも將來  少くとも同感  少く幻滅  少くとも盥  少くも安全  少くとも味方  少くとも慊  少くも荘重  少くも社会  少くも今  少くとも小沢  少くとも作家  少くとも僅  少くも彼女  少くして出来るだけ勝つ回数  少くとも一半  少くも幼名  少くも現在  少くも恋  少くも江戸  少くともポリネシア  少くともダイナマイト  少くとも成人  少くとも幾つ  少くとも何  少くとも他人  少くともスウプ  少くとも苗字  少くとも西洋  少くとも彼岸  少くとも此小  少くとも此処  少くとも外  少くとも其時  少く師  少くとも確  少くとも試み  少くとも理想  少くとも演劇  少くとも戯曲  少くも聖武天皇  少くも元禄  少くも関東  少くも主鷹司  少くも骨  少くて暮し  少くとも子孫  少くも星  少くとも鴈治郎  少くとも教育  少くとも結論  少く懐古  少くとも重大  少くとも傍観者  少くとも明年  少くとも最後  少くとも理屈  少くとも例  少くとも方法  少くとも普通に  少くも貿易  少くも昼  少くとも死後  少くとも仮死  少くとも兩樣  少くとも薄田  少くも七百  少くとも与里  少くとも轡  少くもわたし  少くともお鈴  少くも世人  少くも原因  少くとも秀子  少くとも国家  少くも国法  少くとも部落民  少くともある論者  少くとも徳川  少くとも喋  少くとも共産党  少くとも支那  少くするという努力  少くなると扇形  少くなると六角  少く角柱  少くも此家  少くも灑脱  少くとも現今  少くしてという風  少くとも此後  少くとも越前国  少くも縁  少く開く時  少く為  少くとも金  少くとも文芸  少くとも消極的  少くとも第一義  少くとも作者  少く食  少くとも隣組  少くとも営利  少くとも明治時代  少くとも形式  少くとも原作  少くとも新劇  少くとも熱中  少くも片々  少くとも浩  少くとも仏教  少くとも考古  少くとも嫁  少くも彼  少くとも要之助  少くも口  少くも紫波  少く比較  少くも疑を挟む余地  少く過去  少くとも万有  少くもたしかに  少くとも心  少くとも梅毒  少くとも書物  少くも商人  少くとも愛情  少くとも昨夜  少くとも目前  少くとも識者  少くとも中道  少くとも午後  少くとも寺  少くとも活字  少くもウェートレス  少くなると云  少くとも數學  少く市内  少くとも創世記  少くとも生涯  少くとも民衆  少くとも女人  少くとも発見  少くとも影響  少くとも諸君  少くとも成すに足ること  少くとも詩的表現  少くとも容易  少くともフランス語  少くとも映画  少くてすむの  少くとも四つ  少く日  少くとも演出  少くとも女優  少くとも抱えておく必要  少くして一  少くとも区長  少くとも奥秩父  少くして得る所  少くも心  少くて百  少くも話  少くさ  少くても三つ  少くとも第一流  少くとも当面  少くとも雪子  少くとも都民  少くとも痴川  少くも結果  少くも不都合  少くもこれ  少くなってる現在  少くとも欧  少くとも議論  少くちゃ見当  少くも有史時代  少くも佐伯  少くとも直接  少くもここ  少くとももの  少くとも粋  少くとも敵  少くとも酒場  少くて光線  少くとも幾何  少くとも嘲る声  少くとも赤  少くとも温泉  少くとも洋画  少くとも時間  少くも憎むこと  少くとも吉岡  少くとも態度  少くとも昼食  少く食い止める平生  少くなって来ている今日  少くとも精神  少くとも一端  少くとも絶交  少くともぬた  少くとも視覺  少くとも生物学  少くとも家内  少くするといふ意味  少くする設備  少く後  少くあまつさえ  少くとも保吉  少くなっているん  少くとも原因  少くとも藤  少く箸  少くとも年  少く笑み  少くとも死骸  少くとも和紙  少くも方言  少く記載  少くても利潤  少くも土  少くとも少年  少くとも伸子  少くとも主義  少くも曼陀羅  少くとも安  少くも渠  少くも彼我  少くも後年  少くとも藤井  少くとも恋愛  少くも資本主義  少くする筈  少くとも大胆  少くともかかる理不尽  少くとも死  少くとも憎悪  少くとも事なき  少くとも智  少くとも芥川龍之介  少くとも一大  少くも前者  少くとも五六  少くして民権  少くとも俊成  少くも右  少くも定家  少くとも直観  少くも日本人  少くする方法  少くとも人権  少く清  少くとも五ヵ年計画  少くとも盛衰  少くとも鳥獣  少くとも発句  少くとも今夜  少くとも発表  少くも畿内  少くとも未来  少くとも利休  少くなったか  少くともおれ  少くとも沈むといふ事  少くとも平安朝  少くとも方言  少くとも勉強  少くとも3  少くなって都合  少く困難  少くとも橙色  少くなって了  少くも真面目  少くとも稲  少く相手  少く書くよう  少く書くこと  少くとも寒い  少くとも出来  少くとも法隆寺  少くとも汽車  少くとも裸  少くとも衣食  少く悲観  少くてトラック  少くとも昨今  少くとも半年  少くも大衆  少くとも収入  少く見ても八  少く二  少くとも田舎  少くとも野趣  少くとも格段  少くとも勝敗  少く効果  少くも東洋  少く文学的  少くとも会話  少くとも知識  少くも次  少くも文学  少くも一半  少くとも個  少くとも学校  少くとも心情  少くとも子供  少く額  少くとも軽薄  少くとも数学  少くとも母  少くとも廢嫡  少くとも愛嬌  少くても味  少くとも子路  少くとも俳諧  少くとも志  少くとも芥川  少くともこの世  少くとも長田幹彦  少くとも山の手  少くとも清潔  少くとも銭  少くとも独特  少くとも作品  少くとも文章  少くとも新  少くとも合理的  少くとも食  少くとも声価  少くとも色  少くとも人類  少くとも分る表現  少くとも行為  少く必然的  少くとも快楽  少くとも科  少くとも哲  少くとも泰子  少くとも中学校  少くとも希  少くとも仏蘭西革命  少くも父  少くとも父  少くとも机  少くとも微笑  少くとも言語  少くとも必要  少くとも地理  少くともそちら  少くとも天候  少くとも恢復  少くとも基本  少くともうち  少くとも良人  少くともイタリー  少くてそれ  少くも表面  少くも日本  少くとも見た目  少くも明治  少くとも絵  少くなったりする街路  少くとも事件  少くともここいら  少くとも想像力  少くとも桜  少くとも咲  少くとも中学  少くとも全員  少くともペン  少くとも勇  少くともなりそう  少くとも唯物論  少くとも論証  少くとも清少納言  少くとも悟性  少くともある目的  少くとも生前  少くとも命  少くとも来年  少くとも平気  少く骨  少くて便益  少くとも隋  少くも志向  少くも歴史的  少くも理想  少くも帝紀  少くも名義  少くも後世  少くも京都  少くも古代  少くとも正直  少く見つもって六  少くとも歴史  少くとも国防  少くなること  少くとも蚤  少くも法廷  少くも父母  少くとも此変  少くも目的  少くとも幕  少くともいくたりかの俳優  少くとも減少  少くとも外面  少くともいくら  少くとも善  少くとも各人  少くとも将来  少くとも不可視  少くとも人口過剰  少くとも貧民  少く害  少くとも竜  少くて鷹揚  少くするが利  少く身動き  少くとも当時  少くとも結果  少くとも性格  少くとも靜  少くとも感傷  少くも官  少くも動機  少くもドイツ  少くとも佳作  少くとも彼奴  少くとも新聞  少く絶望  少く使うこと  少くも昼間  少くも平塚  少くとも十分  少くも夏  少くとも私自  少くも都人士  少くて數回  少くとも偉大  少くて数  少くともルパン  少くするとか云うわけ  少くなってしまうの  



前後の言葉をピックアップ
すくなき  少き  少なき  すくなく  スクナク  少なく  少くっ  少なくっ  少なくとも  すくなくとも


動詞をランダムでピックアップ
あゆみよる握り潰そ纏わっ買い入れんいのれる講じさからっ類しかかえ込み逃れよ踏みこみ棲まなきあかし導くくすべほごすいらいほめそやさつれもどそひきこま
形容詞をランダムでピックアップ
だだっ広くてれくさかっ聡きさくし珍しくっ露けけれ目出度く未練がましき金臭い無けりゃ毒々しき目敏く嬉しけりゃおぼしいなさけぶかく愉しけれ物珍しい