「寝」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寝[動詞]
私達はさて、大方寝  チボリへ行っても寝  女が、寝  病気で寝  蒲団に寝  顔つきで、寝  礼子ちゃんは寝  鼾で寝  ゆんべは寝  浴衣の寝  冷かに寝  床へ這入って寝  私の寝  わけで、寝  九月廿五日こづいて苦しくて寝  九月廿六日よく寝  ぱらつて路傍に寝  悔んだり、寝  むしやくしやして寝  やつてきた、とても起きあがれないので寝  銭がなく、寝  枕を並べて寝  夜も寝  殆んど寝  強ゐて書けば、降つたり晴れたり、寝  いつしよに寝  心持ちに寝  まくら元に飾って、ぐっすり寝  今に寝  寝台に寝  方で寝  十時に寝  籐椅子に寝  昨夜は寝  夜はよく寝  つた、よう寝  ためか、寝  さをよろこびながら寝  外なく、寝  うちから寝た、寝た、寝  処に寝  ちやに寝  安らかに寝  終日終夜、寝  二人いつしよに寝  四月十三日春にそむいて寝  ぱらつて戻つて、そして寝  ひとりで寝  夜は早く寝  莚をしいて寝  ように寝  あおむけに寝  兵隊はやはり寝  山頭火もよく寝  ひとりしづかに寝  ふたりいつしよに寝  三人が寝  小倉の寝  酔ふた、そして寝た、寝  七時まで寝  んで寝  私一人で飲んで食べて、そして寝  なか酔うて寝  寝床をのべて寝  気永日永に寝  今夜はすこし寝  風が吹きだした病めば寝  なつたが寝  感心、すぐ寝  四人で飲んだり食べたり、寝  五月十四日寝た、寝  豚も寝  昨夜はよう寝  庵で寝  いつのまにやら寝  蝶はもう寝  やつと寝  病みて寝  やうだ、寝  夕方まで寝  そこらへごろりと寝  思つた、そしてすぐ寝  鮨を食べて戻つて、すぐ寝  つておとなしく寝  高鼾で寝  日さまのぞくとすやすや寝  毎日どこかで寝  十一時に寝  今でも寝  蒲団を掛けてもらって、寝  向に寝  座敷にひっくりかえって寝  蒲団を並べて寝  砂浜に寝  婆さんがひとり寝  風呂へはいって、すぐに寝  家へ帰り、すぐに寝  何も無いので、寝  夜は寝  もっと安心して、らくらくと寝  中途でよして寝  お母さんは寝  のだが、暑くて寝  兄さんは、まだ寝  家へ帰って寝  祖母が寝  母が寝  私が寝  犬の寝  後からフワリと寝  加減にして早く来て寝  其事ばかりを考えながら、急いで寝  伯母はすでに寝  町はもう寝  夜の目も寝  夕飯も食べずに寝  新三郎が寝  風を入れないでは寝  紙帳を吊って寝  部屋へ帰って寝  今夜は熱くて寝  中旬頃からどっと寝  染め、寝  正体なく御寝  家へ帰り、小さくなって寝  事ばかり寝  怪我をする、寝  仰向けにして寝  伴藏は寝  独りで寝  みね、もう寝  人が寝  為に寝  國は只寝  臥床に帰って寝  毒ですよ、お寝  今夜客間に寝  中二階に寝  前後も知らずお寝みになる、又召上がらねば少しもお寝  中二階へ寝  者は、寝  アイタアイタヽヽヽと寝  これ馬鹿何を寝  廊下を通る寝  幽霊と寝  能く寝  物音を聞き附け、寝  者も早く寝  奥ももう寝  みね、まだ寝  女の寝  夜着をかむり、寝  晩は寝  只今よく寝  家内が寝  やめにして寝  ゆつくり寝  六日寝てゐた、寝  気分をおさへて寝  宿直室に寝  側に寝  米を買うて戻つて、炊いて食べて寝  行つたが見つからない、すぐ引返して寝  まともに、寝  寝床に寝  君の寝  燈火がなくては寝  上に寝  ものが寝  人に寝  皺だらけになった寝  午後、寝  私はすぐ寝  好意で、たらふく飲んで食べて、そして寝  日が暮れると寝  夜が長くなる、とかく寝  杉青葉をくすべて寝  夜が長かつた、とかく寝  読物を読んで、のんびりと寝  つた、それでもおとなしく戻つて来てすぐ寝  ヒッソリと寝  中原君と共に寝  怏々として起きたり寝  女が来て寝  朝三時ごろまで寝  ぶらんこに飽き、寝  花のごとく美しく寝  ダンスと、寝  ここに寝  疝気とで寝  山口が、寝  床ずれがひどくなって寝  梶井はあおのけに寝  そこへ寝  田虫を浮かべて寝  彼の寝  桃色の寝  拡った寝  ように、寝  ナポレオンは寝  ルイザは引き裂かれた寝  音のたぬしも寝  美濃は寝  顫えながら寝  狼は寝  鼻をおしつけて寝  者は寝  仰向けに寝  花に寝  飯を食うとそれなり寝  奥に寝  間は、寝  わしが寝  足を洗って、寝  二時間そうやって寝  三千夫少年の寝  ロンドン市民は、寝  人々の寝  籐の寝  ようになって寝  部屋に寝  人々も、寝  晩などは遂に寝  子どもが寝  一刻も落ち着いて寝  四匹の寝  まま十日ほど寝  なかで、おそらくはまずい寝  上にのうのうと寝  ベッドに寝  家で寝  ベッドに埋まって寝  抵抗も示さずに寝  それぞれ自分の寝  いつまで森ン中で寝  夜おそく、寝  おとなたちの寝  そのままぐっすり寝  竹中工務店に寝  怪鳥の寝  中でぐっすり寝  ゆっくりお寝  清逸は寝  ものと始めて寝  何事も知らぬげに寝  昔気質だから、どうも寝  しようがないので、いっそ寝ようかと思ったが、どうも寝  朝遅くまで寝  室にはいったが寝  から、温くして寝  澄子とは、寝  あなたはもう寝  ざわめきが起ってきて、寝  一日くらい寝  心地がしたので、寝  ばさんの寝  羅は寝  榻を並べて寝  にこにこほほえみながら寝  鎧扉をしめて寝  思索に思い入りながらすぐ寝  慧鶴は折角、寝  夜に寝  ものの寝  私は立っても、坐っても、寝  一週間も寝  朝、寝  一間どころに寝  一緒に寝  スヤスヤと寝  夫が寝  部屋に這入ると、寝  三畳に寝  八畳で寝  わたしとても寝  舟を乗りだして、寝  人間になって、元寝  横に寝  宝石商が寝  室へいって寝  部屋へ帰ってお寝  みなも早く寝  胸ははだけて、寝  まくらもとに置いて寝  首だけだして寝  オソヨさんと抱きあって寝  青年に寝  これは寝  弟の寝  迫つて、仰に寝  主人は寝  一晩ゆっくりと寝  者も寝  僕はよく寝  自分も寝  私は寝  このごろ病床のつれづれに寝  葉の寝  洋傘を寝  頃彼女の寝  もう少し枕をたかくしたら寝  廊下の寝  夢を見つづけて、寝  初夢を見ようと思って寝  枕を高うして寝  ことを考えて寝  傍に寝  一しょに寝  中に、寝  モルヒネで寝  つたから、寝  風邪をひいて寝  夜もおちおち寝  中風で寝  文吉が寝  美津子は寝  割部屋に寝  彼女と寝  ソファで寝  静かに寝  病床に寝  みんな早く寝  僕はそろそろ寝  摩擦られながら、うとうとと寝  ッ母さんの寝  食事もせずに寝  なかにはいって寝  絹さんが寝  私はいつも寝  間に寝  砂丘のかげに寝  おれの寝  下にむけて寝  手足をのばして寝  大の字になって、のびのびと寝  彼はぐっすりと寝  熱を出して寝  芸者と寝  水辺でゴロゴロと寝  一種の寝  満足して寝  座敷へ上がり込んで寝  下痢を起こして寝  モデルに寝  腸カタルを起こして寝  今晩はぜひとも寝  布団などへはかつて寝  どこへ寝  中でよく寝  たしかにいいけれども、寝  大学士は寝  いびきまでして寝  顎をうでに載せ、ぽっかりぽっかり寝  夢も見ずに寝  夜、寝  酒でも呑んで寝  前に寝  座敷へ寝  歯を病んで寝  脊を向けて寝  目を盗んでは、寝  九時頃には寝  蚊取り線香をつけて寝  ように淋しい寝  朝の寝  風呂明日にして寝  たい子さん帰えられなければ寝  たいさんは抱きあって寝  襖があくと、寝  朝早く来て寝  帯をひっぱって寝  月もまだ寝  船員室でお寝  恥かしいので、寝  男は寝  自動車に寝  一ツ蚊帳には寝  裾にさしあって寝  ベニと寝  日本語に関しては寝  鼻毛抜きつつ寝  せいかあるいは寝  一人で寝  安二郎が言ってもなかなか寝  秀英塾に寝  明りが寝  さきに寝  安心して寝  先に寝  疲れですっかり寝  のか、寝  何しろ今日は寝  こッちへ来て寝  市は寝  真から帯紐をといて、寝  連れ様は、たいそうよくお寝  草の寝  花に埋まって寝  二階で寝  縒らせ、不寝  奥に隠れ、長々と寝  惜しげもなく寝  屋根裏に寝  寝室でまるまる寝  彼がまだ寝  死屍みたいに寝  二日三晩も寝  一度目を覚ましたが、また寝  夜はおそくまでお寝  それからずっと寝  確に寝  これを聞くと、寝  それは寝  ようなので、寝  事をしていて、どっと寝  床を並べて寝  部屋で寝  夜は睡らずに寝  寝台を並べて寝  寝台で寝  細君はまだ寝  押昇って、煩って、どっと寝  二人とも、とやについて、どっと寝  朝まで寝  ごろんごろん寝  若い人が、ずかずか入って、寝  うつむけにまた寝  床をのべさして寝  昨日から女の寝  おれは何と寝  彼はその寝  やうがない、しばらく寝  肋膜を患って寝  毎晩ナースチャが寝  小母さんはまだこれから寝  ようになって、寝  引寄せて寝  右枕になって寝  鳥が寝  夜が寝  襟のかかった寝  依子は寝  母親と寝  茶を飲んで、すぐに寝  幾代が寝  左右に寝  うちに、ガッカリして寝  中に寝  ぢつと寝  肱枕して寝  戸を閉めて寝  戸を閉めて、寝  日一日中頭痛がするといって寝  それから男の寝  夫から寝台へ寝  夜半人の寝  後、早く寝  他愛なく寝  湯にも入らずにすぐ寝  床にごろりと寝  いびきで寝  音に寝  猛烈な寝  大の字に寝  何も考えないで直ぐ寝  塚原が寝  帰つて午迄寝  左枕にして寝  此方にして寝  斯うして寝  誰にことわつて、寝  室に寝  夫婦が寝  夫婦の寝  赤ん坊の寝  京子は並んで寝  宿の寝  堯は寝  堯を抱いて寝  苦しみもしないで寝  左に寝  右に寝  蒲団を敷かして寝  ようにじっと寝  顔をして寝  芳子が寝  静に寝  芳子は寝  いびきをかいて寝  キーイキーイと寝  大の字になって寝  あまがえるは、寝  折からメノコ一人来り居りしが、いつしか寝  かげなどうら淋しく、寝  つて、もう寝  隣の部屋に寝  木枕をして寝  幾夜か寝  歌を読むと寝  姿勢で寝  手に触れし寝  砂漠に寝  刺櫛床に敷き寝  吸はして寝  私もう直ぐ寝  下に寝  お産をして寝  母さんが寝  私もう寝  花木が寝  傍へ寝  寝台の寝  枕に寝  ままに起きたり寝  箱枕に寝  酒ばかり飲んで、寝  時は、寝  うちへ帰って寝  うちに帰って寝  妻は寝  これまで寝  夜もろくろく寝  肉を食って寝  脚をかがめて寝  つて、のうのう寝  祖母の寝  蒲団かぶつて寝  今夜は寝  今しがた窓際から引込んで寝  乞食が寝  時子の寝  繁吉は、丁度寝  秋になれば、本当に寝  朝子を寝  時子を寝  今二階に寝  目は、ほれぼれと、寝  お十夜頭巾を、寝  髪の毛が寝  ゴロと仰むけに寝  のも、あんまり寝  上に、寝  直ぐに寝  手に持って寝  庇をつまんで寝  そばでよく寝  帽子を持って寝  のを忘れて寝  時にはよく寝  おかあさんとが寝  せいか、寝  大の字にでも寝  殺風景で、寝  芝原に寝  つては、醒めても寝  合ひ、寝  間に還りて寝  家に帰りて寝  面前に、寝  園と寝  按摩さんにもんでもらつて寝  化け物屋敷に寝  夜は疲れてぐっすり寝  母の寝  初五郎と、とくとが寝  長太郎が寝  いちが寝  ねえさん、まだ寝  初五郎とは知らずに寝  お前は寝  不安になって寝  飯が済むとすぐ寝  部屋へ持って行ってひとり寝  男と寝  無理して行って来て、また寝  心持に寝  なに、寝  詩人は寝  蚊帳を釣って寝  しろ向に、長く伸びて寝  うつむけに寝  一人すやすやと寝  部屋へ下がって寝  帽子をかぶって、寝  字は寝  江戸へ帰って寝  周馬も寝  帯と寝  安閑と寝  ふところで寝  からだを伸ばして寝  彼女の寝  なかに寝  そのままで三日も寝  わたしが寝  鳩尾を辷り退いて、寝  その時まで自分が寝  ずり下る寝  形に見えるにつけても、寝  先生が寝  中に、寝て、寝  親船に寝  女が寝  深夜人の寝  から私の寝  くちゃくちゃになった寝  屹度、寝  給仕も寝  わたしの寝  彼はお寝  病妻が寝  音は寝  人の寝  しまえ、寝  あたしはもう寝  女中たちも寝  今晩はもう寝  後に寝  僕は寝  彫刻のこんだ寝  椅子を並べて寝  部屋へかえって、おそらく寝  からまた寝  百五号船室でお寝  船室で寝  男はまだ寝  百五号船室に寝  僕の寝  上床に寝  鉢巻をして寝  そこに寝  美をあらわして、その寝  昼ごろまで寝  決心して、その寝  てつつましく掻い寝  二階に寝  ところで寝  あなたの寝  ここへ来ていながら、とたんに寝  うちに寝  みんな、夜っぴて寝  ここで寝  ちょっとでも寝  風呂場で寝  はずよ、もう寝  子供部屋で寝  引ッかぶって寝  なにをしてくれと頼むでもない、のほほんと寝  中間部屋で寝  うちで寝  一処に寝  男を寝  扱帯は、平にあやまりましたが、寝  母屋に寝  離座敷に寝たには寝  山伏でも寝  目、寝  引被いで寝  そこへ、と思って寝  憚るにしても、黙って寝  長襦袢の寝  ぐたりと仰向けに寝  手を置いて寝  看病疲れにすやすやと寝  腹ばいになって寝  うつ伏せに寝  若い警官は、あおのけに寝  気ままに寝  中間部屋に寝  若い猟人が寝  木の下で、寝  そばで寝  子が寝  甥は寝  熱をだして寝  気寂しくって寝  三爺の寝  子は寝  んで早く寝  藤波さん、寝  千代の寝  野に寝  静かにして寝  船頭めら、くらい酔って寝  帰りなどによく寝  小夜の寝  枕屏風を引きまわして寝  うえに寝  老人で寝  女房を寝  土蔵へ寝  床を敷かせて寝  スリと寝  尻をむけ、酔いつぶれて寝  面をして寝  ア、寝  中で寝  影もなく痩せほそって寝  とたん、寝  米が寝  白羽二重の寝  純白の寝  窓を閉めて寝  手の窪みで寝  日向に寝  やうに寝  時間だ、寝  昼でも、寝  今晩はすぐに寝  から俊夫君の寝  熱病で寝  練絹の寝  うから、早く寝  鏡をよせて、寝  先にお寝  音と、不寝  耳ざわりで寝  綱は寝  交代で寝  船待にしては長過ぎるし、多少寝  他愛なくもたれあって寝  小屋に寝  上へ寝  ものを出さずには寝  足を長くして寝  酔つてやがて寝  足やらを入れて寝  ままで、寝  ままで寝  突込んで寝  貴族は、寝  直角に寝  響きと、寝  飯は寝  子供の寝  一所に寝  隣室に寝  毛布にくるまって寝  佐渡は寝  隅に寝  私は、わざと寝  蒲団をひかせ、すぐに寝  子供を産んで寝  児を抱いて寝  寒い晩、寝  ここには寝  そばに寝  枕をならべて寝  力で、まず寝  宿へ帰って寝  物も食べずに寝  外で寝  いっしょに寝  耳は、寝  風に寝  嘉吉も、そうそう寝  やうに、とぼけて寝  帰つて平気で寝  ムルタックの寝  手をとって寝  みなが寝  足が寝  下にあてて寝  何かあてて寝  眼八は寝  そちは少しも寝  人は、寝  安住して寝  ように捻れて寝  喫わずに寝  二人が寝  蕎麦粉を仕入れておいて、いつの間にか寝  使用法について寝  風邪を引いて寝  から、すぐ寝たが、なかなか寝  座敷に寝  夕べは寝  何も見ないでぐっすり寝  読をしてすぐ寝  楽に寝ないと寝  から、寝  勢よく倒れないと寝  時は少々落ち付いたがなかなか寝  本来なら寝  静粛に寝  疲れが出て、ついうとうと寝  一晩ぐらい寝  生き物を殺さなくっちゃ寝  から、ええ寝  一本竪に寝  様子じゃ寝  一週間ばかり寝  不順に極ってるから、寝  腹這いになって、寝  耶蘇の寝  方はそのまま寝  リウマチで、寝  心配はいらないの、寝  帯をといて寝  縁側に仰むけに寝  刀を抱いて、寝  本望はとげたにしても寝  時には早く寝  一つ寝台に寝  皆、おとなしく、早く寝  学生服に着かえ、寝  鼠色の寝  病院の寝  たしかに人が寝  たしかに僕の隣りに寝  昨夜はよくお寝  午すぎも寝  今度は寝  体を縮めて寝  ところに寝  食はれて寝  現在借りてはゐるが暫く寝  所に寝  藁ん中に寝  中へ寝  旦那は寝  向うむきに寝  着のみ着のままで寝  橋の下に寝  ホテルで寝  子供同士頭顱を並べて寝  調子で、細い寝  ところから、寝  単衣の寝  白地の寝  安火に寝  時二階に寝  なかに、寝  鳥は寝  正ちゃんもお寝  仮りて着て寝  大欠をしながら寝  一緒に抱かれて寝  枕を移しては、寝  座敷へ入って寝  幸さんも寝  病人は寝  叔父の寝  病人の寝  今ようやく寝  蒲団に包まって、まだ寝  事務員が、寝  蒲団や寝  二階にまだ寝  奥座敷に寝  顔に寝  紡績織りの寝  蒲団を被って寝  そこにお寝  娘が始終寝  宵から奥で寝  奥で寝  今まで寝  から奥へ引っ込んで寝  主が寝  枝に隠れて寝  ドユ・シヤイユウは寝  己を見ると直ぐに寝  おなかをこわして寝  さっきの寝  フッツリとやめてしまって、うっとりと寝  手をついて、ウン、と寝  ごろんと寝  こんな晩は早く寝  俯伏しに寝  一間に寝  良人は、寝  それが寝  弁才坊は寝  隣部屋に寝  月光に照らされ、寝  父の寝  ままお寝  室に共に寝  毎にべとべとになった寝  風邪をひいて、寝  娑婆を、拝んで置けとの思いやり、寝  蚊帳に寝  松太郎の寝  下駄を穿いたが、その寝  ことができて、まずまあ、お寝  袋にしたってだな、そんなふうに寝  十人近くも寝  足元に寝  ように縮めて寝  疲れに寝  隣に寝  隣へ寝  ようになってすぐ寝  嚊が寝  冠って寝  アノ様に能う寝  日本人は寝  一ぺん一緒に寝  あたしは寝  間で寝  大阪駅で寝  どこへでもええで寝  我慢もしよが、どんと寝  岩の寝  嬰児を抱いて寝  吉川はゆうゆうと寝  門際に寝  これもまた寝  心地で、お寝  儘も少し寝  通り見廻ってやろう、どうもそうしないと寝  僕はもう寝  奥さまはよくお寝  画板の寝  さそうに寝  夢心地で揺り未だ寝  可愛いお宝ちゃんお寝  お嬢様もっとお寝  従僕の寝  従僕三人の寝  向う岸では寝  彼女は寝  祖父江出羽守、寝  ほうはすっかり寝  毎日、寝  千浪の寝  下へ入って寝  姿に憑かれ、寝  くにか寝  ば程もなく寝  中で仰向きに寝  廊下を押切って、まだ寝  父親さえ早く寝  父親は寝  大丈夫でございます、どうか寝  胴の間に寝  体が悪いので寝  それはもう、寝  三井君は寝  小さな建物に寝  イワンの寝  我が家に寝  二時間ムダに考えるよりも、寝  人間が寝  場所に小さくなって寝  露にうたれて寝  何もせずに寝  お前に寝  通しに寝  心を痛めて寝  門は寝  間煩らって、寝  稲さんが寝  時はきっと寝  鍵を握って寝  家人たちには、寝  乙姫は、寝  がたが、寝  乙姫が寝  辻堂に寝  迚も寝  ようにブラブラと寝  前後不覚に寝  仮の寝  午過ぎまで寝  貰ひたい、寝  口をあいて寝  スリと、寝  汗にまみれて寝  動作と共に、ガッカリとただ寝  大の字なりに倒れてしまふが、寝  間うつらうつらとして寝  夜になっても寝  女はもうお寝  屏風越しに寝  チタを寝  からよ、寝  雷様の寝  二三時間、寝  中へ入って寝  顔の寝  老人が寝  上向けに寝  真ン中に寝  晩から暑気あたりで寝  同様、あさ寝  高いびきで寝  昼から夜までぐっすりと寝  上にじっとうずくまって、寝  がたが見えぬと思ったらわずらって寝  軒下へでも寝  おまえも寝  藁をかぶって寝  興奮して、寝  大いびきで寝  二人暮しでもう寝  姿を寝  大隅君は、もう寝  蒲団着て寝  私は、寝  おかあさんが寝  ポチがまるまって寝  格好で寝  身の上を案じ、寝  木炭納屋で寝  足を投げだして寝  文字焼きで、あはあは笑ったりして、早く寝  昼まで寝  姉に、寝  留置場の寝  あと眼がさめ、どうしても寝  なあに、寝  女は寝  平生から極めて用心深くて、寝  もっとも寝  起しに行ってみたらグーグー寝  抱っこして寝  チャントここに寝  人が夜通し寝  窓際の寝  異様に笑いながら寝  轟氏は寝  バスにつかつて、寝  みんな大抵寝  有て来たのよ、最早お寝  源ちゃん最早お寝  まさかに寝  其処で寝  中へでも寝  人と寝  通つたのが、寝  横ざまに寝  下において、ごろりと寝  どこに寝  天寿を、寝  下に、丸くなって寝  陣へこっそり帰って寝  刻にも近いのに、まだお寝  昨夜、よほどお寝  水の上に寝  寝室で寝  向きになって寝  うえに長く寝  世間が寝  空家へ、寝  翌朝、まだ寝  足をむけて寝  スポンジの寝  ためしに寝  おかげで寝  から、もう寝  中央に進み入ると、寝  らに寝  お久美は黙って、また寝  やつ、ぐっすり寝  基督孩児が寝  気がなくなり、寝  感じに沈んで寝  私は大きく寝  彼女は、寝  もっとも、もう寝  彼女は、いつも寝  頭から布団をかぶって寝  二十分も寝  チエ子さんが寝  体温計を抜くと寝  タオルの寝  単衣物に、寝  椅子に寝  横臥椅子に寝  蒼になってお寝  二三度呟くと、又ぐったり寝  半ば習慣的に寝  何だか勿体なくなって寝  裸で寝  一つ蚊帳に寝  意志の悪い寝  今日まで不寝  何もしずに早く寝  十一時まで寝  十二時半まで寝  裸体で寝  昨夜はよく寝  爺いさん、なぜ寝  枕にして寝  機嫌がなおった、寝  朝起きてそうして寝  九時まで寝  パジャマで寝  鼾をかいて寝  小姓の寝  水も汲んでくれずに寝  向こう側に寝  彼女が寄り添って寝  側へ寝  上にあがって寝  榻に寝  孫は寝  藪蔭で啼いている寝  金がたんとあって、寝  三体の寝  ひとりひとり彼等の寝  三人の寝  こが寝  四畳半に寝  区ぎりがつけにくい、寝  ことが出来ない、寝  翌日から風邪をひいて寝  夜一人で寝  天井を睨んで寝  二月も寝  マルセーユからベニスあたりまで寝  ドアを閉めながら、では、お寝  ように扱って、寝  それに寝  書生部屋へ帰って寝  らしったようでしたが、もう寝  から先生のお寝  あたし二人ともよく寝  私はまた寝  あたりが寝  頭から夜具をひっかぶって寝  今晩は、もう寝  枕に就くというとかゆくて寝  エリスはまだ寝  ことを寝  親子三人が寝  太郎はしかたなしに又寝  云ひぬ寝  子のおもひ寝  人を撓まず寝  小牛まろぶも寝  日ふたたびは寝  濁流おつる夜の音をおそれて寝  上草に寝  むために花に寝  君がまた寝  六助に寝  室へ帰って寝  往って寝  彼は、寝  祖母はすやすや寝  自分が寝  目マルは寝  から初めは寝  夜の寝  大の字なりに寝  勝手に寝るがよい、寝  臥伏せに寝  者が寝  弟ヴィクトルが寝  昼は寝  林氏、寝  枕もとへ置いて寝  枕もとにたばねて寝  髪の毛を寝  軒下で寝  お先へ寝  煙草ばかり吹かして寝  きもちにききいっていたい赤い寝  半分は寝  晩飯を済して寝  ブツブツ云ひながら寝  晩になるまでは寝  頭は寝  襤褸と寝  長椅子に寝  スリッパを穿き、ゆったりした寝  亭主の寝  娘が、のびのびと寝  今夜僕が寝  の何のって、こうして寝  正体なしに寝  そうかな、寝  影が寝  麓に寝  傍らに寝  納戸に寝  寝言などが、ふと寝  気分が悪いといって、少し遅くまで寝  のに寝  作の隠れて寝  ぐでぐでに疲れた若い人達も、もう寝  聞つけると、寝  部屋へ入ると、急いで寝  とらは、寝  脱っぱなしで寝  子供を寝  リボンをかけてやったり、寝  ゆうは寝  衆の寝  主人の寝  人到頭寝  冬まで寝  目をして寝  資本が寝  夜夫婦が寝  気を配ったりしたが、寝  中形のくしゃくしゃになった寝  島がじっと寝  顔して寝  応接間とも寝  ごろごろしながら寝  寐も寝  安火を入れて寝  新吉に寝  戸を鎖して寝  新吉は寝  お国はまだ寝  入口に寝  大の字になって、しばらく寝  何日も寝  ものですから、そこでぐっすり寝  中の間で寝  寝床にいて、寝  大入道の寝  風をして寝  後ろでくくりつけて寝  横にして寝  草花を眺めながら寝  墓ひらけて既に寝  地面に寝  ため病床に寝  私は、すこし寝  方に寝  だれか、寝  勇気を出して、その寝  ところにもぐりこんで、寝  千二君が寝  空間は、寝  引取って、寝  おねがいして、しばらく、寝  うちに、つかれが出て、ぐっすり寝  起居を共にし、寝  孫権もまだ寝  町に寝  外套を敷いて寝  宿で寝  権右衛門と並んで寝  腰が抜けたと寝  彼はひとり寝  爺はもう寝  具合が悪いとか言って、寝  地べたに寝  前へ寝  みんな寝ちまえ、寝  着して寝  ベンチで寝  薔薇色の寝  父はそのまま寝  側室へ寝  夜などもよく寝  物静かに寝  お前はもう寝  落着いて寝  室になんか寝  彼女が寝  八人は寝  健康を悪くして寝  常陸介と寝ん、寝  上で寝  うめはもう寝  附添夫は寝  家に寝  家から帰ってきて寝  王が寝  ウウ山の神はもう寝  袷一ツに包まれたる寝  天鵞絨に包まれて、寝  二人の寝  枕を外して寝  彼を見ると寝  周瑜はもう寝  底に、仰向きになって寝  ホウタイが取れないで寝  俊子が寝  俊子の寝  リクが寝  眼をさまし、寝  方を向いて寝  あすこに寝  皆の寝  室へ入って寝  季和は寝  酔つて帰つて来て寝  横になって寝  一緒に寝たには寝  断食して、寝  そのままぐっすりと寝  いずれも薄ぎたない寝  ものだと思ったくらいによく寝  ことと思って、図々しく寝  木部は寝  余も寝  まま新橋まで寝  他行衣に寝  貞ちゃんが寝  中ばかりにいてすわり疲れ寝  窮屈に寝  上に伸ばして、寝  中から取り出して寝  船客の寝  西洋絹の寝  船に寝  洋風の白い寝  横向きに寝  葉子は寝  岡もまだ寝  わが家に寝  一声、やにわに寝  路に寝  海へ捨てて寝  怪我をして寝  無言で寝  ストッキングもぬいでしまうと寝  少年時代から病弱で、寝  のが何よりだったが、寝  パンパンなみだと言いきって、寝  電燈消して、早く寝  高熱を発して寝  太平楽な寝  妃殿下は寝  事務室に寝  須磨子も寝  先生もお寝  から、お寝  ように大人しく寝  からずっとお寝  年上で、夜通し寝  どこで寝  意気ごみ方を考えると、寝  書斎に寝  お召の寝  瑠美子が寝  翌日になると、寝  から少しお寝  ころに疲れて寝  方で、もう寝  私も寝  下宿へ行って寝  そうに話しながら寝  気を許して寝  時、寝  加減が悪くて寝  さ起きなくっても宜いわ、寝  ぐうッと寝  泣菫氏は最早よく寝  ゆつくりと寝  毎晩二人で寝  なかにでも寝  今夜は早く寝て、寝  ブレシントンの長い寝  ベットには寝  一つになって寝  親爺と寝  夜もろくに寝  エリック方に寝  酒類もつぎこんでいようし、寝  誰も寝  楽に寝  番人も寝  ちの山なりと、寝  ままじっと寝  子供たちが寝  布団を敷いて寝  主税は寝  花簪を買って下されたり、抱いて寝  こよいは寝  金鼓のひびきが寝  眼も寝  慾張を云わねえで早く来て寝  旦那お寝  展べて寝ましたが、寝ても寝  己が寝  床をとって寝  夜は更けて寝  先へ寝  いつでも寝られると思ふと、さう急いで寝  とこで寝  九時間は寝  鈴子はんとお寝  音がして寝  宵にしばらく寝  お茶で食べた食べた、そしてすぐ寝た寝  帰つてすぐ寝  起床、寝  やすらかに寝  帰つて夢もなく寝  つて早く寝  上ではや寝  俺が寝  彼が寝  腸カタルを起して寝  けさの寝  さっきまで寝  彼は寝  物が寝  赤ん坊が寝  子供は寝  さきへ寝  二人でかずいて寝  三郎は寝  籠堂に寝  格子に寝  はくちょうが寝  向うを向いて寝  お母さんと一緒に寝  私と寝  さいうちから抱いて寝  抱って寝  私に抱かって寝  梅はんと寝  女を抱いては寝  身を潜めて寝  ア此方へお這入りなさい、未だ寝  貴方がたもお寝  中へ這入って寝ろと云うので、拠ろなく這入って寝  事を云って寝  夜部屋に這入って寝  空鼾を掻いて寝  おやまも寝  おやまの寝  ころりと寝  助は寝  山に寝  地蔵堂観音堂などに寝  彼の名高い寝  先刻己が寝  目も寝  繼さん脊中合せに寝  脊中合に成って寝  男でも、寝  修行者が寝  から倉地が寝  愛ねえさんはよくお寝  あとはよく寝  床を敷いて寝  湯豆腐でもやって寝  以来二人が離れて寝  離れ離れに寝  妹たちが寝  愛子がまだ目ざめていて、寝  除夜の鐘を聞くまでは寝  すきか、寝  倉地は寝  人々が寝  倉地の寝  熱に浮かされもせずに寝  のに気がつくと、寝  日はそのまま寝  心持ちで寝  ようによく寝  はりで寝  一人では寝  一つ室に寝  のちかくに寝  騒ぎに、寝  げんはぐっすり寝  夜を寝  知らん顔をして寝  俺もよく寝  煙草盆を引きよせて、寝  げんは寝  独りかも寝  昨夜、寝  ベッドへ帰って寝  家の寝  主婦はもう寝  胴の間に円くなって寝  のは寝  のを、寝  顔ばかり出して寝  勘作が寝  頃から病弱で、よく寝込みましたが、寝  形で寝  シシマイ、と書いて寝  膝枕で寝  ごはんも食べずに寝  知らん振りをして寝  二階に上って、寝  若い処女と寝  向にごろりと寝  塩水を作らせて飲み、黙って寝  舅が寝  母とが寝  時刻まで寝  喬は寝  チイ嬢を抱いて寝  一しよに寝  宿に帰ってすぐに寝  布団に寝  二人宛枕違ひに寝  権八と寝  足を伸べて寝  岩田が長く寝  夜も然うして寝  ものうき寝  下にして寝  ぢっとして寝  婆さんの寝  夜は遅く寝  母親が寝  自分の寝  共もう寝  三角に釣って寝  床に就いて寝  今、寝  横に並んで寝  みんなもう寝  昨夜からよく寝  三四郎は眠くなって寝  上に細長く寝  運動場に寝  昨夜よく寝  所へ寝  下宿へ帰って、すぐ寝  枕元へ置いて寝  ほうが寝  夜中からぐっすり寝  茶の間に長くなって寝  向こうをむいて寝  すうすう寝  病気が直っても、寝  まま、逆らわずに、寝  のか、それともちょいと寝  窓を開けて寝  何だか自分が寝  内で寝  片時も想わずにはおらぬ、寝  処へ寝  顔が、寝  そのまま仰向けに、どたりと寝  切が懸っていた、と寝  別に気にもならずに寝  ままよ、寝  星が見えて、寝  それっきり目が冴えて寝  ちょっとは寝  まんまで寝  女中ともう寝  小児も寝  廊下へ寝  手に集め寝  米の寝  上向に寝  本を読みながら寝  春恥しからぬ寝  君が寝  誰が寝  持ち主が寝  一平と寝  から頭から布団をかぶって寝  錠をおろして寝  一平が寝  親父抱いて寝  女子ば抱いて寝  漁夫の寝  皆、寝  音でどうしても寝  漁夫達は寝  彼等は寝  空罐を寝  脚気で、何時も寝  心持そうに寝  扉を閉じて寝  室に帰って寝  風にして寝  私に黙ってお寝  通りに寝  西向きに寝  靴を穿いて寝  草原に寝  そのままにして寝  一人寂しく寝  枕を高くして寝  庄平の寝  荷を解き、また寝  伏床に寝  手に握り、寝  電灯を消して再び寝  一晩中考えて寝  猫の寝  わしと寝  元日には寝  後に、寝  耳を仮さずに寝  八畳に寝  これも寝  上隣に寝  云つてこれから寝  まり閑静過ぎて寝  出立出来ようかと、寝  蚊帳で揉まれて寝  時、うとうと寝  息を立てて、寝  何も知らずに寝  夜子供らが寝  すそなどに寝  室をとなり合せて、寝  方は、寝  痕跡は、寝  女は立っても寝  ひとりで、寝  決心をして寝  夜ふけの寝  ワーリカが寝  自分は寝  これで寝  ようにぐっすり寝  天井を眺めて寝  毎日毎日温和しく寝  中にじっと寝  母はやさしく、寝  のであったが、寝  遊戯を踊ったりして寝  座敷牢に寝  双生児の寝  貴女は寝  それで立ち上れなくて、いつも寝  心臓病で寝  体にて、寝  酒田は寝  六時半、寝  つた位であるが、やがて寝  一風呂浴びてきて、寝  替り番子に抱いて寝  むつて寝  今夜は早く寝  部屋へ寝  から怪しいと気がつきはじめたが、寝  上衣が吊るされているので怪しいと思いはじめ、寝  彼により添って寝  別に床をとって、寝  板の間に寝  男が寝  オ、寝  爺さんの寝  やうにして寝  兄さんがお寝  足をいれて寝  居続に寝  突臥して寝  塩梅が悪いし、寝  六日七日得も寝  晩から煎餅蒲団一枚ずつ抱えて寝  可うごすかい、さあ寝  灯は消して寝  二人抱ッこをして寝  家へは寝  夜籠りをして寝  嫁が寝  十一月の寝  下に敷いて寝  余りよく寝  家へ戻って楽々と寝  人家はもう寝  夢を見ながら寝  日食つて、飲んで、寝  神経衰弱で寝  それを掛けて寝  ゆっくりと寝  足を向けて寝  ことをしてねえで、早く寝  お前さんこそ寝  信一が起き上って、寝  んだ、寝  ために、寝  ゴロンと寝  横ッチョに寝  ウジャウジャと寝  音が寝  映画など見に行くより寝  うそよ、寝  惡くて寝  十一時ごろ二階へ寝  召使たちが寝  召使たちを寝  ジーキルで寝  子供が寝  あなたは寝  それぐらい寝  翌朝おそくまで寝  ベッドへ寝  一日も人間らしい寝  十畳間に寝  二三日前から風邪をひいて寝  上へあおのけに寝  中にあおのけに寝  ひとりで超然と寝  軍艦で寝  どこかへ寝  夢の中でぐっすり寝  ベッドにあおのけに寝  北枕に寝  母は未だ寝  言ふなら寝  鶏アなほ早い寝  天道さま罰あてる寝  お嬢さまばかり寝  花暈被てお寝れお寝  婆さんは寝  娘さん、寝  真夜中ぐっすり寝  家じゅうが寝  うちに眠くなって、ついに寝  夜がふけて、寝  音たてて寝  目がさめたが、あんまり寝  あとで、ついまた寝  妹は、夜っぴてまた寝  膏ぎった汗臭い臥床に寝  ちゃんと自宅に寝  二人は寝  女中さんなどは無論寝  つて、決してお寝  例を挙げると、起きもせず、寝  清さんは寝  ひとの子をやき殺しちゃあ寝  母は寝  髪に寝  暗然影を抱いて寝  小屋がけをして寝  嬰ン坊は、寝  袖子の寝  それを寝  持病で寝  皆な寝  三吉は寝  隣近所でも最早寝  雪は白い寝  雪は寝  熟と寝  雪が寝  炉辺に寝  三吉は眠がって、いくら寝ても寝  種は寝  ように附いて寝  房ちゃんを抱いて寝  繁の寝  私はただ坐ったり寝  病気でどっと寝  ひとり座敷に寝  上に載せて寝  安心してまたすやすや寝  ちんぴら、早く寝  彼は食べて寝  邪魔だから寝  からなかったが、寝  番兵は寝  わたくし共の寝  欠伸をして寝  ひつそりと寝  今時分安心して寝  囚人が寝  ワシリはもう寝  から蒲団を被って寝  疱瘡で寝  馬、寝  夜更けて寝  背中に当てて寝  臨終の寝  身はゆるに寝  私を抱いて寝  私が抱いて寝  さい時分懐に抱いて寝  親と心得、有り難く思い、寝  間に入れて寝  向へ歩いて往かれ、寝  枕にして、仰向きに寝  おもしろいと思って聞いていたがいつしか寝  房は寝  母は汚れた寝  俺は寝  姪の寝  復た寝  温順しく寝  半日でも黙って寝  習慣に成っちゃって、どうしても寝  家でも寝  了って眠られないと言って、白い寝  三吉が寝  母親さん、すこし寝  母に言いながら、寝  遊び疲れて早く寝  二晩も寝  方へ寝  髭も剃らず、寝  娘、と順に考えて、寝ても寝  三吉、すこし寝  皆な行って寝  我慢が仕切れなく成ったと見え、白い寝  正太さんはよく寝  衣かたしき独りかも寝  貴方達は知らずに寝  いずれもよく寝  雪は知らずに寝  皆なよく寝  家々で寝  子供も寝  中にまで寝  叔父さんが寝  旅に来て寝  種も寝  お仙は寝  碌に寝  子供等が寝  いくらかでも寝  正太は寝  毎晩地べたで寝  テントを張って寝  ベッドで、寝  木の葉を敷いて寝  隅っこに引っ込んでしまい、寝  空をながめながら寝  ため、酔いつぶれて、寝  ままゴロリとばかりに寝  ゴロリと寝  よれよれに寝  中に吐いていたけれど、寝  次の間に寝  二階へ上ってお寝  お前達も寝  子供はまだよく寝  しんとして寝  事も少ないが、病んで寝  浜は口惜しくて口惜しくて、寝  疲れで寝  ようです、それとも夜通し寝  大阪商人の寝  亭主とが寝  かい夫婦の寝  居間に寝  まさかまだ寝  坊は寝  乳房がよく寝  半月あまりも寝  ことまでが、はっきりと思い返され、寝  乳房と、ちょうど抱いて寝  用意で寝  詮方なく、よく寝  仏だといいますが、寝  店立てをくったんで、寝  火の粉も知らずに寝  内も、寝  夜ひる寝  台所も、やはり寝  角が寝  無事に寝  さきまで寝  芹沢らが寝  だらしない寝  ツカツカと進んでその寝  梅は寝  栄と寝  梅との寝  姉の寝  陶然として寝  千穂子たちは寝  まつが寝  いつでも寝  晩は、どうも寝  邸内に寝  うちにまたぐっすり寝  関節がことごとくいたんで、寝  部屋でお寝  方もお寝  何しろ私が寝  伸子の寝  伸子は寝  佃が来て、寝  隣近所、寝  宿屋でも、もう寝  中で、寝  年よりらしく呟きながら、また寝  下まで引きあげて寝  世の中が変ってしまうまで寝  伸子は、寝  寝室に寝  ジッと寝  折角ひとが寝  しまつて皆な寝  つて傍に寝  火の見横町に長らく寝  浪士らは寝  ことも出来ずに、別れて寝  行手に寝  志郎とが寝  着物を着せられて寝  子どもの寝  わたしたちの寝  間の山節を聞いて、酔うて寝  こっちでも寝  どこか寝  余計に寝  女でも引張りあげて、抱いて寝  そのままゴロリと寝  逆に寝  海軍毛布を被って寝  のが寝  彼女を抱いて寝  上向きに寝  晩だ、寝  中気で寝  神秘境に寝  鳥居から右に寝  おかしいけれど、あの寝  真中へ寝  七兵衛も寝  下へ寝  ここへ寝  身はひとり寝  医者様が寝  帯を解いて寝  二晩は寝  十時頃に寝  十時半に寝  家政婦の寝  部屋へ入り、ぐっすり寝  君は屡々寝  母親に寝  だんだん人が寝  母親も寝  自分一人が寝  気持よく寝  いつでもすやすやと寝  間はたとえ寝たか寝  上に丸くなって寝  方を眺めては寝  肺が悪くて寝  二人がお寝  分際をも顧みず、寝  半年間、寝  私はすぐに寝  ままごろりと寝  夜具を被って寝  ことが、寝  ここへ倒れて寝  人は寝  何だかごみごみごてごてして寝  ひとり波音につつまれて食べて寝  銭六銭だった、よく食べよく寝  風呂に入って、ぐったり寝  山で寝  労れて、酔うて、ぐっすり寝  犬にほえられて寝  寝床を敷いて寝  先を突っ込んで寝  方は、そこで、急いで寝  こ帯をかけ、寝  知らない男が寝  婆様は寝  私を抱いてお寝  婿様とがお寝  目を細くして寝  布製の寝  先刻警官の睡った寝  横になると、直ぐに寝  一枚敷いて寝  叫び、吠え、漁り、あるいは寝  犬が寝  上へ仰向きに寝  市五郎が寝  高瀬はよく寝  草庵なんぞに寝  軍医達は寝  宵に寝  西病棟に寝  本館に寝  しづまつてゐて、寝  眼をあけて、よく寝  おだやかに寝  人も寝  それなりに、寝  夜具がはねのけられて、寝  十右衛門は寝  もっともっと長く寝  著物もなしに、寝  それで寝  丸田は寝  客が軈て寝  帰つてもう寝  彼も直ぐ寝  昂奮してどうしても寝  ひとり二階に寝  彼等が寝  布団にくるまって寝  かしわにくるまって寝  ものに寝  光浮浪者柴田一家が住み、食い、寝  ブカブカして、歩くにも、寝  中にもぐり込んで寝  ボンヤリと寝  女となら寝  姿に寝  侍女たちを寝  著物もなしに寝  若人が寝  一隅に寝  兵馬は寝  気をつけて寝  兵馬の寝  のは、抱いて寝  侍が寝  下へ来て寝  のは、よく寝  真中に寝  槍を、やっぱり寝  大道に寝  から、もうお寝  ここへお寝  君はこう言って、また寝  蒲団をかけ直してやろうとして、思わずその寝  能登守は起き上って寝  筒袖羽織を被せられて寝  物音は、寝  涙と寝  一人ふるえながら寝  電気を消して寝  度なく出て寝  不思議に思いながら寝  唯三度しか男と寝  枕を持ち来らしめ、寝  おでん屋が寝  時分には寝  晩方一風呂入ったところが、暑くて寝  幸内の寝  うちに、寝  お松、まだ寝  特別によく寝  男はよく寝  まりよく寝  屋敷に寝  沢子が寝  あんたに抱かれて寝  てゐないで、早く寝  恵ちやん、まだ寝  どなた、もう寝  あんたまだ寝  家人の寝  中にいつしか寝  気持で寝  もんだで、つい寝  水指を取るべく起きて寝  心も疲れているから、もう寝  のだから、寝  森の寝  間、寝  頬に寝  今夜お前達が寝  私と同じくらいまで寝  戸をしめて寝  かた、ああして寝  乱雑になって居り、寝  帆村は、寝  駐在所に寝  夜着をすっぽり被って長々と寝  上に長々と寝  糸子が寝  ロハ台に寝  通りわたくしに寝  如何に冴えて、寝  てい夜おそく寝  己と並んで寝  此方向きに寝  どんなって、寝  新一の寝  媽さんと並んで寝  だらしなく寝  滝の寝  肘枕をして寝  くりかえって寝  腹這いになって寝  茶の間へ寝  奥へ寝  別れ別れに寝  おいらの寝  茶の間で寝  間へ寝  挙動もせずに寝  体を捉えて貰ってやっと寝  間病気で寝  むっつりとやたら飲みをしては、酔っ払って寝  道庵先生の寝  模様を、いつも寝  女中部屋の寝  ようだが、無暗に吠えねえで悠々と寝  ソロソロと寝  鬱憤を晴らしてやろうと、寝  方でも寝  二年越し、寝  夫人、寝  二年間、こうして寝  気持がして、寝  別荘で寝  車中で寝  伊東で寝  四月頃までも、寝  二人に逢いに行こうと寝  二人が待ち切っているだろうと思うと、寝  前になるかも知れませんが、こうして寝  耳について寝  何処かで寝  其所へ寝  鼾をかいて、寝  世を、寝  まさかに、そんな、寝  手が付けられぬに、寝  たまたまここで寝  事、寝  旦那に一味して、寝  宵一夜は、まんじりと、寝  知らぬ顔して寝  酔はせて、寝  小使室から出されては寝  いま自分の寝  病気になって寝  夜も眠られず、さすがに寝  算盤を置いてみなければ寝  帳面を記しておかねば寝  うちは早く寝  朝もまた寝  首をうずめて寝  蔭に寝  のではなく、やはりよく寝  知らないくらいによく寝  場合によく寝  米友が寝  ままに寝  左枕になって寝  其は寝  宿屋に寝  ヒドイ風邪を引いて寝  青森県に寝  半日を寝  わたしは寝  平気で寝  温泉場は大抵寝  はるまでじっとうごかず寝  ぐこつちに背を向けて寝  六時半頃に寝  夜遅く帰つてすぐお寝  光に照らされた寝  づしたり、寝  兼常博士が、寝  中央に、寝  鍵が寝  病人が寝  着物を寝  蒲団をかぶって寝  家へ帰ると、つい寝  掛こそ着ていないけれども、寝  恥かしい寝  あちらを向いて寝  上から、寝  木賃宿の寝  鯨が寝  主人が、どたりと寝  傍で寝  直吉は、その寝  継母の寝  平日は寝  奉公人の寝  涙はその寝  夜になって寝  ままにして寝  此処に寝  其処へ寝  屹と寝  叔母ももうとうに寝  蒲団を引き出して寝  しかたなしに諦めて寝  気もちになって寝  水平に寝  鶏小屋で寝  延べようで寝  横向きになって寝  枕頭に置いて寝  気楽に寝  脚気に罹って寝  食事を取らないでじつと寝  手足を伸ばして寝  防空服装を解いて寝  気分が悪いと言って寝  助の寝  癒って寝  一日を寝  中へもぐり込んで寝  はじめ、寝  呻って寝  前で締め殺してくれ、こうして寝  梓さんがしきりに寝  のを忘れちゃって寝  ように少しずつ寝  ようになって来たので、寝  寝袋をとり出して、さっさと寝  ところへ行って寝  蒲団をかけて寝  一走り往ってくるから、寝  いっしょに寝ると云うから、寝  頭痛がするといって寝  海風にでも吹かれたら、すこしさっぱりするかも知れないと思って、寝  ベットオさんが、寝  間のくたびれが出たと見えて、いくら寝ても寝  このごろはなんとなく寝  寒々と寝  傍らにそんな寝  それぞれお先へ寝  昨夜何時頃に寝  それを吹き鳴らして楽しもうとしたが、それではせっかく寝  一週間ばかり休んで寝  弁公が止めたので、また寝  熊本は、寝  ように、小さくなって、寝  熱があって寝  楽屋で寝  んを出して寝  黒川の寝  黒川団長の寝  若い男女が、寝  おなりなすって、寝  最前に寝  なかで呼んでは寝  雀の寝  眼を泣き腫らして寝  蒼になって寝  カッカと、ともして寝  芳さんを抱いて寝  中へ入込んで、寝  朝から晩まで、寝  間帯を解きて寝  病気で、どっと寝  それから小舎に帰って寝  云ひながら、寝  酔過して寝  予が寝  テモ暖かに寝  戸を閉めないで寝  気持に寝  家で、寝  ざめや、寝  肺病で寝  次の間にはもう寝  下着を着て寝  釣りっぱなしで寝  夜、どうしても寝  しょさんが寝  袖の下に寝  馬に寝  一時二時に寝  夜中には、寝  ものを寝  草原にごろりと寝  島村も早く寝  飯を食いたい、寝  死体と寝  乳して寝  下で寝  無理から肺を犯されて寝  流感で寝  時は、いつも寝  さいぜん親爺が寝  そのまま、うとうとといど寝  傷が一層痛んで寝  座を立って寝  表現もなく寝  お腹が悪いと言って寝  のでしょう、寝  どてらを被って寝  主膳は寝  二日二晩も寝  予の寝  鍵を締めて、寝  鍵をかつて寝  白粉焼けのした、寝  大地に寝  板敷に寝  二時間ばかり寝  蚊で殺された病んで寝  落葉しいて寝  虱はまだゐないらしい、寝  いふ訳で、よく飲んでよく食べてよく寝  財政難もあるけれど、飲まないでも寝  のである、それでもよく寝  支那さんいつしよに寝  二時頃まで寝  極楽気分で寝  げられて寝  枯草に寝  酒壺洞君は寝  虱もいつしよに寝  別にして寝  ことにして寝  時に食べ、寝  鶏が鳴きだすまで寝なかつた、寝  一人で占めて、寝  こまつて寝  食つて、そして抱いて寝  音を聞くともなく聞きながら寝  過現未を越えて寝  三時がうつても寝  曇后晴、読んだり歩いたり考へたり、そして飲んだり食べたり寝  時も寝  二三日前からの寝  発熱頭痛、まだ寝  湯にいつたり、話したり寝  行乞で食べて飲んで寝  古蹟、寝  つて、ごろりと寝  寝床で寝  二三杯ひつかけて寝  それをこらへて寝  ことが出来ないから、暮れると直ぐ寝た、寝  ぐつたりと疲れてゐた、帰るなり寝  蚊帳なしで寝  罪とを求めたまふな、しばらく寝  私がいふ、どうしても寝  からとなく、早く寝  今朝はすこし寝  緑平老とならんで寝  七月廿三日昨夜も寝  一杯ひつかけて寝  ぼけで寝  よう寝た、何もかも忘れて寝  いふ訳で寝  蚊帳もつらずに寝  私もおとなしく寝  蚊帳をつらないで寝  ちゃんとした寝  頭からスッポリとかぶって寝  以前はすぐ寝  妹と我と寝  小家の寝  皮に寝  邪気も無う、ようお寝  読書に倦めば寝ころび、食べては寝  おれ、寝  叔父はいつもそうして寝  ままお酒を飲んで寝  今そこに寝  それから一時間ほど寝  俺はほんとによく寝  榻をともにして寝  夜着にくるまって寝  お父さんが寝  いるかいないかを見て、寝  公子は内寝  三晩も寝  足を飛ばして寝  浅間しい寝  支度するまで、寝  部屋にでも寝  ベッドで寝  ストールをかけて寝  部屋をのぞいてみると、寝  みなテントに寝  んですから、お寝  ちゃんと毛布をかけて寝  夜中は寝  気味で寝  如く枕を並べて寝  風采をしているが、寝  蒲団のしたにしいてお寝  二タ夜は寝  女と寝  枕として、寝  ム、だいぶ寝  つかの間でも、寝  辺も、寝  臭気を抱いて寝  高氏は、寝  さいぜんから、ようお寝  のです、寝  ゆえ、寝  房にもどって寝  夜は、寝  鞠まろびに寝  安全に寝  孤高で、寝  葉かげに寝  たしかに人の寝  大理石彫りの寝  ゆうべも、よう寝  身に引き締めて抱いて寝  自分をいたわりながら、どうかじっと寝  そのままに寝  今晩は帰って寝  あそこに寝  草に寝  寝床を敷いてもらって、寝  むきに寝  浪人が寝  三五兵衛の寝  餌香川が広まり、まだ寝  乳児を抱いて寝  とおりな寝  もとの寝  庫裡へもどって、寝  から後も寝  妙達の寝  蓆をしいて寝  これでもない、と寝  玉太郎が寝  恐竜夫人が寝  下宿で寝  人間の子が寝  秋風をききながら寝  一緒に寝ようといえば寝  夜具蒲団を用いないで寝  銀様の寝  眼が醒めませんでしたのよ、ずいぶんよく寝  御免を蒙って寝  心持で寝  ところへおいて、さて、これから寝  頭からかぶって寝  三日ほど寝  給仕君煩さいので、寝  太宰、寝  部屋を薄暗くして寝  衝立へ掛けて寝  かわいい顔して寝  元気よく寝  年中そこへ寝  炉ばたへ寝  毎晩お寝  これを用いてお寝  毎晩ここへ来なければ寝  他に寝  晩も寝  中には寝  二時間も寝  風邪で寝  数右衛門を羨しく思って寝  わたくしたちは寝  正午すぎまで寝  わたくしたちはもう寝  良吉さんもすぐに寝  宵は寝  熱臭く寝  雀と寝  夜具をかぶって寝  屈託なく酔って寝  ほうこそ、ちと寝  雀も寝  身体が利きませんで、寝  精が出るじゃねえか、いいかげんにしなよ、いいかげんにして寝  一ぺえ飲んで寝  体になって、寝  若い女が寝  可愛い由松だれと寝  だれと寝  お父さんと寝  ように、寝たといな寝  清十郎と寝  心をきめて寝  身動きもしないで寝  の、寝  代り、寝  んだから、寝  寝床へもぐり込んで寝  まま寝るだけ寝かしておけ、寝るだけ寝  女はまだよく寝  ように、充分寝るだけ寝  畑へ持ち出して、寝  横で寝  首ばかりが寝  花妻なれや、紐解かず寝  花妻でないから、紐解かずに寝  あれ寝たという寝  吉坊が又寝  みんな、もう寝  爪先を立て、寝  近くいる不寝  早や寝  ゆうべも寝  野陣へひきとって、寝  藤さんは、寝  高氏は寝  子供よりも早く寝  室に、寝  うつむきに寝  みんな小屋にこもって寝  私たちはまだ寝  氷嚢をあてながらも寝  貴方が寝  茂之助が寝  松五郎が寝  鼾を掻いて居りますが、少しも寝  グルリと寝  己がトロリと寝  茂之助が、寝  抜身を提げて這入ると、未だ寝  口惜くって、寝  此処へ入らっしゃいまし、寝  お酒を飲んで寝  達磨茶屋で疲れて寝  りゅうの寝  同人の寝  何うで寝  些とも寝  介抱をなすって寝  俯向きになって寝  右側へ寝  室で寝  何か、寝  正体もなく寝  二週間ほど寝  女中も寝  葉を綴りて寝  上にも寝  母はまだ寝  雨戸から、驚き、且つ寝  引上げて寝  正月を、寝  麓の寝  と腹ン這いとが並んで、寝  適当に加わって、寝  夕飯も済み、これから寝  先生、もう寝  主人に先立って寝  米友の寝  道庵の寝  道庵が、寝  気分で、寝  癪にさわったら寝  繁さん、もう寝  予は寝  皆ブツブツ云い云い帰って寝  こともないが、寝  孫の寝  梶が寝  それから自分も寝  今日は寝るだけ寝  体のふるえは、寝  度胸を据えて寝  誰も好んで寝  雪の寝  お嬢さん、よくお寝  頂上で寝  長屋じゅうまだ寝  どさくさに寝  者の寝  辰が寝  夜もおろおろ寝  踵に寝  こたつに入って寝  こたつにあたって寝  大戸がらがらと明れば、寝  表へかけつけ、そこで寝  腹へもぐりこんで寝  飼い犬が寝  伯爵夫人はお寝  仰向けにごろりと寝  圧えながら寝  まま、すやすや寝  ここにこうして寝  木の下に寝  京子の寝  空寝か、本寝  昨夜、早く寝  大切に寝  しろ向きに寝  よそで寝  木賃に寝  がきを寝  時刻をのばしても、充分お寝  何も考えずに寝  薪を掴んで来て、寝  安静にして寝  蒲鉾小舎に寝  モウ横に寝  大惣は寝  そいつが寝  柏のかげに寝  仰向けになって寝  前にいられなくなって、なんとか言って寝  おとよはさすがに寝  おれはよんべちっとも寝  話などしないで寝  お前さんとは寝  五ツ六ツひつぱたいて、くるりと振向いて寝  みたいで、寝  一緒ぢや寝  物置で寝  梅干でもはりつけて寝  果報は寝  胸をはだけると、寝  私は、そろそろ寝  先生、お寝  一塊にもつれ合って、じっとりと寝  客が、寝  いま偶と寝  女たちが疲れて寝  一杯になって寝  白山へドーンと響くと、寝  上にのびのびと寝  小野牧師は、寝  帰つて来、すでに寝  いすで寝  とき雨谷君は寝  ところ腰がいたくて、ずっと寝  屑かなんかをふとんにして寝  とき、寝  上皇のお寝  どこの寝  夜すがら、お寝  だんだんからだがきかなくなって、もう寝  白猫が寝  匪賊達が寝  室にはいると、すぐに寝  朝は遅くまで寝  うち私共は寝  周平は遅く迄寝  井上さん、まだ寝  隆吉が寝  空気枕で寝  隆吉の寝  隆吉とが寝  ゆうべもおちおち寝  隅で寝  すみっこで、よく寝  馬ととも寝  南向きに寝  五日前から宿に寝  たかにして寝  一同が揃って寝  金椎もよく寝  卓子に向き直り、寝  丑三時だ、寝  以て、寝  駒井自身も寝  お言伝を頼んで、寝  人は全く寝  見えなかったから、寝  おやじはまだ寝  充分に寝  服は寝  それから二人が寝  上へ長く寝  寝台に倒れてぐっすり寝  無造作で、暑くて寝  十両で売ったと思えば寝  土手で寝  から一度も寝  蝶は寝  ぶらぶら病いで寝  正体も無しに寝  不思議に思って、寝  多吉は寝  一人は寝  となりに寝  六畳に寝  相部屋で寝  室へ寝  上には寝  から、よこせといえばやらないとは言えないが、せっかくあたためて寝  その後十日ほども寝  半日は寝  文字春は寝  兵衛の寝  真っ黒にそそり立って、寝  うえで寝  親分が寝  腕をかかえて寝  佐々木道誉の寝  腰糧を食うてよく寝  彼は寝つつも寝  名代部屋に寝  物置に寝  物置へはいって寝  クルリと寝  姿が、まだ寝  皆さんはもうお寝  ゆうべから碌々に寝  紋作の寝  残念ながらおとなしく寝  時に寝  清水山に夜通し寝  今夜こんなに寝  旦那も寝  確かに寝  店を閉めて寝  お国は寝  仇めいた寝  お国はもう寝  こいつは寝  山伏寺だ、というよりも寝  昨晩、寝  際に、こんなによく寝  別々に寝  宇津木兵馬の寝  黒崎君が寝  昨晩よく寝  釣床に寝  今も寝  晩はともかくも寝  親方は寝  岩蔵が寝  床をならべて寝  両側に寝  年造が疲れて寝  幸斎は一旦酔って寝  一つ部屋に寝  家に帰ったが、どうしても寝  翌朝まだ寝  宿に寝  二畳敷御殿に寝  九人は寝  底に寝  二人は、寝  男だけに、なんだか寝  金蔵はまったく動かれないで寝  年寄りですから、寝  老婆が寝  いつかも寝  俊ひとりで寝  わたくしはもう寝  店に寝  ものか寝  与惣次が寝  夜具を着て寝  次郎兵衛店に寝  彼方詰には寝  距てた寝  鎧扉を下してひっそり寝  小僧の寝  畔、なるほど、寝  宿に行き着いて、寝  それぞれ夜着に包まって寝  藤吉は寝  泥に寝  俺らあ寝  通り路に寝  三日は寝  真ん中の寝  であるから、寝  勝さんもやはり寝  おまえの寝  のでは無いかと、寝  きょう一日も寝  寺はもう寝  晩は黙って寝  留吉は寝  正体もなしに寝  小屋へはいって寝  縁先に、寝  ゆふべの寝  露にそぼぬれた寝  今夜ここに寝  お客様が寝  恩暇で寝  影なんぞは更に見えないで、寝  飄々として寝  要路を兼ねた寝  うちに、この寝  七里の渡し、寝  今晩は寝  ような寝  みんなだらしのない寝  磔刑柱が寝  鳴動をしたのみならず、寝  今、ほとんど寝  望みでしたら、やっぱり寝  三日ぐらい寝  つもりで寝  間、飲まず食わず寝  二ヵ月ほど寝  ふところへ帰って寝  陣中で寝  百日お寝  蚊帳を釣らずに寝  婆娑ついて、寝  文字は寝  何にしてもなかなか寝  相中に寝  昨夕はよく寝  回国して、寝  私なら寝  気にして寝  詩を作って寝  子供を産んで、寝  所で寝  市ちゃんと三人で寝  ネルの寝  綿ネルらしい寝  通路に寝  ことせたら、寝  早苗は振り解こうともせず、まるで、寝  横着をきめて遊んで寝  者が、寝  近江の国境、寝  まん中からはね返して、もう寝  中に入って寂しく寝  懐にして寝  ようで、寝  方が、寝  中から見ては寝  私も存じながら、寝  時分までぐっすり寝  ようでもあり、寝  貴下、寝  心が冴えて寝  肩まで捲れた寝  一目も寝  苦みに疲れてか、まあ、すやすやとよく寝  方から寝  廓中は寝  向う鉢巻で寝  ことを云って寝  帰つて、寝  清七殿ひどくしょげかえって、さっさと寝  摩擦して、次に寝  毛布をかぶって寝  背を向けて寝  上にごろりと寝  寿女が寝  そのまま板の間に寝  一晩も寝たいくらい寝  幾度か寝  父は寝  床に寝  毎日あおむけになって寝  兄は依然として、長々と寝  私はもう寝  夜中とはいうけれども、寝  一休み、ゆっくりと寝  駒井は寝  公休日や寝  運は寝  大の字形に寝  ごろっと、寝  女中などはまだ寝  振りをして寝  定雄はしばらく寝  さに泣いてみたり、寝  肺炎になって寝  なつて来るから、寝  儂は寝  今しがたお寝  きんも寝  山の上に寝  一カ月も寝  支那側に寝  肋骨を折って、寝  鹿の子は、少し寝  瓦へ寝  ごとなって寝  問はず、寝  それからその寝  女つと寝  蝉は寝  紛れに寝  編下げにして寝  二人ともよく寝  店ももう仕舞って寝  何も云わずに寝  クラリモンドは、寝  岩蔭に寝  通帳をいじくっていたが、やがて寝  上靴を穿いて、寝  中井さんは、もう、寝  舌を病んで寝  蚊帳にはいって寝  支那間の寝  ところで、じっと寝  眼をつぶって寝  二階へ行って、寝  お母さまは、こうして寝  顔をしてふらふら帰って来て、寝  病気をして寝  祖母と寝  それを嗅ぎつけて、どんなに起すまいとしても、寝  食事や寝  やうに並んでゐたが、もう多く寝  女中が寝  門を締めて寝  まま床を取らして寝  小舎に寝  家に帰って寝  一所にくるまって寝  獣が寝  数か月も寝  クリストフは寝  山田の寝  山田春雄の寝  恰好をして寝  春雄の寝  重湯を食べて寝  行きあたりばったりに酔っては寝、寝  ところ嫌わず飲んでは寝、寝  どこへお寝  ところへお寝  むの寝  あちらで寝  ここでお寝  一ぺん君公を抱いて寝  女を抱いて寝  男に抱かれて寝  通り、寝  こっちへ寝  お雪ちゃんの寝  お医者さんがすやすやと寝  はざまにうずくまって、丸くなって寝  ゆうべから彼は寝  今夜も寝  うちにお寝  官兵衛も、まだ寝  何でも、お寝  久左衛門、寝  宿所ではお寝  鼾をかいてお寝  馬も、寝  枕として寝  屋敷へ戻って寝  其処に寝  一ページを寝  考えを苦々しく嘲りながら、また寝  子供らが寝  病気が少しよくなり、寝  窓近く椅子を寄せて寝  からあんたはもう寝  母はもう寝  億劫だった、が、寝  中はあついので寝  羚羊の寝  今夜はぐっすりとよく寝  むきに坐つていて、寝  静かな寝  胸が苦しくなつたら、もう、寝  ヴェランダの寝  それからお寝  無理に寝  犬などがまっ先に寝  血の気の少ない寝  小娘の寝  空中で歩いたり踊ったり寝  彼は少しも寝  あなたはお寝  何、寝  しゃるに寝  青天井で寝  十日ばかり寝  しろにして寝  彼作者が寝  処で寝  ほんとうに未だ寝  顔をかくして寝  斎藤さんを寝  居間へ帰って寝  信清さんが寝  一時間ほど寝  処女の寝  頃、寝  草を敷き寝  日が暮れて間もなく寝  そこへもぐり込んで寝  二月もしたら寝  間でございますが、御寝  人達はいつも寝  うかうかと、寝  右手に寝  梶は、寝  父様はまだ寝  かっかっと熱いので、寝  病に罹って寝  小夜子が寝  心地で寝  いつか其まんまで寝  寝床に連れて行きましたが、寝  上にじかに寝  蒲団を敷いて寝  自身で寝  衣に着替えて、寝  先生は寝  十時半頃家に帰って寝  知らないで、寝  知らないで寝  洋服を脱いで寝  二度目に寝  祝杯をあげて、帰って寝  風呂にはいり、そして寝  頭からむしろをかぶって寝  から一緒に寝  気味がわるくて寝  肺炎で寝  時からよく寝  事を、寝  病室に帰って来て寝  近くに寝  さに駆られて、寝  男爵未亡人の寝  魅惑そのものの寝  習慣通り、寝  早く電燈を消してお寝  何て寝  骨節の痛んで寝  どら、寝  ッぽり潜り込んで寝  せいか、どうも寝  別室へ寝  用心が厳しくて、寝  寒かあ寝  野郎は、寝  据膳を食って、あったかく寝  そのまま机にもたれて寝  のか、或いは寝  後は寝  ごとを言って、寝  話をはじめるならば、寝  面を蔽うて寝  一晩無事に寝  一室に寝  音が、パタリパタリと寝  手を振りながら寝  男の寝  早めに寝  晩から一生懸命に心して寝  深海松の深めて思へどさ寝  玉藻なす靡き吾が寝  肺を患って寝  それ自身少し寝  一そみんなの寝  ところで仰向きに寝  げな寝  枕もせずに寝  ダヴィードィチ、もう寝  長ながと寝  熱はなかつたが、寝  線香をたいて寝  扉を閉め切り、そして寝  午までも寝  クリストフの寝  アパートで寝  妾の寝  紀州の寝  客の寝  玄鶴の寝  とこへ寝  ユキちやん、もう寝  両手で、寝  元気をつけ合つて、さうして寝  お話とは違いまして、年頃寝  のを、不寝  権式を以て寝  所在のない寝  一風呂浴びると共に寝  蒲団を着て寝  お互い元気をつけ合って、そうして寝  ツて寝  うから早くお寝  東京に寝  先きに寝  伯母は未だ寝  うに早くお寝  貴女こそ早くお寝  仕舞はんぢや寝  方が早く寝  ちりお寝  先生は未だお寝  日常お寝  風も寝  得も寝  二人はまだ寝  鬢を吹かせ、寝  花などが寝  二人ながら既に寝  澄江が寝  陣十郎が寝  裾に寝  ふうになって寝  うち若宮ももうお寝  ここへ来てお寝  私はもう疲れていて寝  随行者たちももう寝  お客様はお寝  室でお寝  ほうへ行って寝  辺で寝  家従たちを早く寝  気がかりに思いながら寝  源氏一人はあさましくて寝  上敷をひろげて寝  皆はいって寝  そこへはいって寝  話をしながら寝  女房が寝  中へ入れて寝  源氏は寝  安心をして寝  姿で寝  横へ寝  源氏は憎みながらも寝  夕顔が寝  夜上に掛けて寝  まま仰向きに寝  ユサリともせず寝  床に相並んで寝  ジャンナン夫人はしみじみとその寝  かわいそうに、寝  控え室に寝  いい加減に寝  院へ帰って泣き寝  こともできずにお寝  ご存じなしに、もうお寝  上へお寝  ことはなくて身じろぎしながら寝  独り笑みをしながら又寝  時刻だのに、寝  夜着類を取りにやって寝  源氏が教えると、悲しがって泣き寝  源氏は又寝  物思いをしながら寝  宿直所で寝  だれももう寝  発熱して寝  手足を延ばして寝  首をたれて寝  心を定めかねて、寝  ぼんやりとさせて、寝  悲しみに沈んでお寝  魂ぞいとど悲しき寝  足などを撫でさせながら寝  局へ来て寝  平生は早くお寝  皆が寝  所々に寝  ピムキンはもう寝  便所が寝  思いをして寝  あおむけにごろりと寝  だって、寝  源氏はすぐにも寝  向こうを向いて寝  院に寝  まり食べずに早く寝  遠慮されて、みじろぎながら寝  それからしばらく寝  己れも寝  爛酔して寝  みんなして寝  好きだし、ひどい骨折りをせずに寝  枕を並べてお寝  乳を飲んでお寝  上が寝  白衣一枚で寝  二人ともに、これから寝  それが、寝  ところまで寝  あそこへ寝  まともに寝  ッテクレタカラ、寝  無精によくねる、いくら寝  玉鬘は寝  ふうな寝  昨夜気にかけながら寝  気分が悪くてお寝  様に寝  あら垣や守れどもいでてわが寝  其方へお寝  主婦の寝  帰つて今迄寝  それ飲んで寝  なつて寝  半分開けて寝  噫、寝  さへも、寝  神社に寝  看護婦が、寝  所にどうして寝  橋の下にでも寝  時には、その寝  室から脱け出して、寝  娘とは寝  夜はお寝  ひまをぬすんで寝  負て寝  絵具を貰って、寝  むる時、寝  一人横に寝  火燵に寝  病に寝  朝夕枕もとに置いて寝  入口から自分の寝  宅へ帰って寝  そばへ寝  楽器は押しやって寝  ふうで寝  一人お寝  何心もなく寝  同室にお寝  一人甲板に寝  院はお寝  ふうに寝  宮のお寝  今日も寝  だれも寝  はずであるなどと思いやりながら寝  若君が寝  若君は夜通しむずかって寝  冷静に見せて寝  話などをしてしばらく寝  ようでもなく泣き寝  錠をかけてお寝  幾人も寝  ようにしてお寝  里春の寝  檐下に寝  毎晩ここで寝  疲労して寝  香を寝  寮に来ていて、寝  ままごろんと寝  隣へ寄り添って寝  姫君の寝  尋ばかり隔てて寝  自身は離れて寝  皆早く寝  帳台に寝  外をながめつつ寝  ふうをして寝  屹度忍んで寝  誰と寝  何時まで寝  娘子供とも寝  何れへ寝  左に離れて寝  八重さんももう寝  郷里で着て寝  家で着て寝  一言いつて、またころりと寝  クリストフはまた寝  首が痛み、長くは寝  翌翌日からは寝  表情で寝  だれもゆるりと寝  居間でお寝  ことを知りつつ寝  君は寝  翌朝もゆるりと寝  運を寝  裸体になって寝  素裸になって、寝  朝おそくまで寝  若君も寝  皆奥様なども寝  ころになれば、寝  一晩、寝  戸を叩くと、まだ寝  誰かが寝  気になって、では、お寝  はい、寝  一人が寝  あなた、寝  下あり、寝  ほうへはいって寝  ほうで寝  私が来たと言って、寝  遠くへさがって寝  ほうへおはいりになりお寝みになったが、お寝  帳台へはいってお寝  手紙ばかりを寝  言葉を寝  ようにお寝  乳母が寝  煩悶を深くして寝  浮舟は寝  近くへ来て、寝  姫君は寝  行へを寝  さば一夜は寝  物思いに寝  前にごろりと寝  人を寝  人々は寝  尼女房が寝  皆一所で寝  ぢや、ぼやぼやしとると、寝  練兵場で寝  のを忘れて、寝  私、かうして寝  勝手に寝  砂丘に寝  ロクに寝  所は全然なくて、寝  吾が寝  ぢや、眠くなつたら、聞きながら寝  蒲団にはいったら、寝  銭は、のうなってしまうがの、早よ寝  俥夫は寝  そこはまだ寝  種となって寝  騒ぎ、憎し、寝  吾妹子が寝  庭に寝  船室へ帰ってグーグー寝  一人も寝  ブラウンはもう寝  体が悪くて寝  暢気に寝  女房を貰うにしても、さしあたり寝  内から二階へ上って寝  頭からかぶつて、寝  ゆうべ遅く寝  多代子さんは寝  二年ごし寝  通りじきに寝  多賀さんとともに寝  あそこで寝  ようにして寝  寝床ん中に寝  棚寝床に寝  水夫部屋に寝  周りに酔っ払って寝  水夫らを撃ち殺したり、寝  姿勢で、赤い寝  例の寝  僕がこうして寝  姿勢をしながら寝  下で酔って寝  場所に寝  骸骨の寝  スモレット船長が寝  りこくりと寝  上手に寝  杖を持ち出して寝  こともあれば、よく寝  自由が利かず寝  首を縮めて寝  布団を被って寝  ように痛むので寝  気を腐らして寝  終戦後は、寝  酒席にひっくりかえって寝  タタミへ寝  外へ出ると、生寝  三吾は寝  一晩抱いて寝  何度も寝  おいでになって、お寝  こ草をなつかしみ寝  船中で、寝  岸に寝  婉な寝  しずかな寝  無邪気な寝  日、寝  与里はもう本当に寝  膝もとに寝  男女はまだ寝  与里が寝  藤の寝  庭へ寝  庭で寝  番小屋に寝  そのまま窓をしめて寝  サアが寝  娼婦と寝  仰向けにすると、寝  縁台にごろんと寝  私がまだ寝  のを、たのしみにして、寝  落付いて寝  隣に並んで寝  もっと横に寝  吉良が寝  さが、寝  午近くまでも寝  おとするよき寝  皷と寝  んは泣きづかれにつかれてよく寝  婆やと寝  血をにじませて寝  三人若い学生が寝  吉岡は仰向きに寝  今日は休んで寝  おなかが痛いって寝  からみこんで、寝  陶は起って寝  畦のへりに寝  原因で、寝  からね、寝  浴室へ這入ると、寝  そこらで寝  参木の寝  あたしここでこうして寝  いっぺん黙って寝  ひと仕事しないと寝  奥へ行って、寝みな、寝  奥でお寝  グウグウ卓にもたれて寝  四日も、寝  浅井は、寝  細君は、寝  蒲団を被いて寝  階下に寝  寝室でまだ寝  夜一つに寝  病室に寝  枕もとに置いて寝  む国を思ひ寝  夜七夜も寝  感興もなく寝  昼頃迄は寝  此間も寝  何処へ寝  阪で、寝  つては、緩くり寝  自分は驚いて、慌てて、寝  まま、寝  一室に這入って、寝  石が丸く寝  中へ潜って寝  平ったく寝  夜は重なりあひて寝  夜から病気になって寝  伊留満も寝  時に、まだ寝  良助が寝  上にすぐごろりと寝  上に托した寝  所へいって寝  庚娘に寝  それがとても寝  りっぱな寝  人たちがのこらず寝  それから王女の寝  一生けんめいにげて、やっと寝  ゆっくり床に休んで寝  かくやすらけく寝  帰つて来て寝  蚊帳も吊らないで寝  蒲団なしでは寝  さ、早く寝  前で寝  腰掛に寝  ぐつすり昼寝した、寝たいだけ寝  旅は寝  羽目に凭れた寝  汽車で寝  もの碌に寝  加減にして寝  森本を寝  工場で働き続け、寝  甲板の寝  耳についてなかなか寝  昼食後に少し寝  昨夜電扇が止まって暑くて寝  五時半ごろまで寝  ためぶらぶら病を引き起し、寝  一つ布団に寝  圭一とが寝  僕が起きてもまだ寝  布団を敷かしてのびのびと寝  お母様に寝  衰弱がはなはだしく、果ては寝  慢性になって居る故寝  壁際に寝  いつものように弟の寝  中を、まだ寝  卵を抱いて寝  西洋寝台は長く寝  前には大きな寝  一度はこの寝  べらぼうに大きな寝  信託へまいり、寝  執事は寝  気がして、寝  酒に酔えばすぐに寝  寝所に寝  寒中でも寝  二三日は寝  俺はも少し寝  ためにも少し寝  二三日、ほんとに寝  挨拶に行こうとすれば、寝  晩も、寝  順造は寝  おじさんが寝  楚熊渠子夜行きて寝  南方先生裸で寝  蒲団を引っかぶって寝  妹が寝  掃除して、寝  シセロ説に寝  宿屋に帰ってグーグー寝  足を投げ出して寝  豚を捕まえて召し上って、寝  別々になって寝  三人共グーグー寝  今までグーグー寝  俯臥に寝  宮下丸は寝  魚達も寝  首を転じて寝  宿主夫婦の寝  身を縮めて寝  うちに眠くなって寝  鼠を画きたりとあって、不寝  頃に至っては不寝  末までも不寝  夫の寝  つて、ひとり寝  伏見が寝  往来をふさいで寝  女大臣は寝  ごろごろと寝  三日も寝  窓からも寝  許可を受けて寝  劉万戸がまだ寝  近所に寝  世間の寝  一隊を引きつれて寝  まわりに寝  わが輩も、寝  女に寝  彼女から亭主を寝  老いの寝  腰が痛いとか何とか言って寝  事を話しながら寝  斜めに寝  金が寝  野山に寝  部屋には寝  扁桃腺を脹らして寝  私が時々寝  なかへ入って寝  銀子が寝  ものだったが、寝  手足を縮めて寝  半ば知覚を失い、寝  癖に、寝  心地にて早く寝  悪寒を覚え、早く寝  薬を服して、早く寝  八端の寝  奥へ通られて、すぐお寝  龍造寺主計の寝  遠慮せずに早く帰ってお寝  磯五の寝  夜中に、寝  日本一太郎とならんで寝  夕餉を終りて直に寝  後忽然悪寒を覚え寝  葡萄酒を傾けて寝  窗を開いて寝  キユイラツソオ一盞を傾けて寝  キユイラツソオ一盞を傾け、寝  恰度重明が寝  御前さまは未だお寝  女ひとりの寝  飯を食って、寝  何か寝  からお前先へ寝  容易に寝  金銭、寝  婆やはいつも早く寝  尾野さんはもうお寝  お前ももう寝  方に縮こまって寝  主人に取次ぎますと、ではもう寝  啓介がじっと寝  姉さんに抱かれなければ寝  栄もまだ寝  栄ちやんが時々寝  水でもつて寝  煎餅布団にくるまって寝  玉汗が寝  湯に入って、寝  何か、それでも寝  夜は抱いて寝  お産で到底寝  息子を寝  犬かが寝  ように円くなって寝  左枕に寝  ことを忘れて寝  牛乳屋が寝  ぎんにあてがわれた寝  儲けにもならず、寝  上にたび寝  頭にしいて寝  金博士の寝  フラットへ寝  風邪ひきかげんだと寝  モミつぶなんぞ抱いて寝  だって私は寝  寝所で寝  ため地に寝  のも知らずに寝  事だけはよく寝  訳がないと、寝  床を敷いてもらって、これから寝  帳場はもう寝  水沢さんの寝  女中部屋に寝  上には、寝  風呂へもはいらずに寝  炬燵を離れずに寝  夜眼が醒めて寝  あお向けに寝  活溌に寝  神経衰弱に陥って寝  二人とも寝  一番先に寝  昨夜ドコに寝  台所に寝  お前達が寝  通り筋に寝  から一時間ばかりで寝  十時ぐらいに寝  ことで、直ぐに寝  ソンナに早く寝  養母さんが持って、寝  夜具に寝  枕を抱えて寝  一家が寝  空から明け初めて、寝  九月一ぱいは寝  三日でも、寝  沙利置場に寝  何時比から寝  上なんかに寝  夜明まで寝  伸をして、寝  ぐうぐう鼾声をかいて寝  毛布はよく寝  声を出したが、寝  保養に寝  南京虫でも応えないほど疲れ切ったんで、始めて寝  親切はありがたいが、緩くり寝  南京虫がいても寝  引っ張り出して寝  暖たかにして楽々寝  からぐっすり寝  金さんは相変らず平たくなって寝  上海、寝  路傍に倒れて寝  厠に寝  二階に泊って寝  朝飯をも食わずに寝  旅を寝  往来で寝  目をさますと、寝  石室に寝  まま夕食も食わずに疲れて寝  青天井に寝  不安でしたがよく寝  七時頃まで寝  目が覚めてよく寝  ルックザックを干して寝  火鉢を入れて寝  兎が寝  蓙を冠せて寝  うえ皆よく寝  初め二階に寝  一晩小さくなって寝  ために寝  夫人の寝  かお早くお寝  娘に構わずに寝  後には寝  息を殺して寝  三間ばかり隔てて寝  法師はもう、寝  急に寝  手に縋っただけで、寝  キリストと抱かれて寝  ですよ。今夜にも、寝  ことをお言いなさい、どうせ寝  薄色の寝  みんな早めに寝  気分が悪くって寝  真個は、寝  爾時は寝  小さな山形に寝  浜へ上って、寝  枕を列べて寝  毎日磯に寝  炬燵に寝  炬燵をつくってもらって寝  たしかに、寝  智恵子は寝  午前五時の寝  昭和二四・一〇案内三畳あれば寝  とき/″\、どうかすると寝  二三日風邪をひいたといって寝  こっちは寝  臥床に寝  まり不便さに抱いて寝  ッて、片寝  酔ひつぶれて寝  顔を押し当てて寝  ちゃんと布団を着て寝  それから一緒に寝  寂然として寝  不便さに抱いて寝  伊達巻ばかり、寝  蚊帳で寝  誰か人が寝  彼方此方に寝  感冒で寝  あちらに寝  通りの寝  金と寝  聖書でも読んで寝  大隅の寝  震動に驚いて寝  ナニ僕の寝  ズボンには、寝  寝室を与えられて寝  日かげへ寝  宿屋の寝  みなおとなしく寝  馬たちはまだ寝  馬が寝  まろく寝  かも人の寝  ようにやつれて寝  ソファに黙って寝  晩ひとり二階で寝  襞をとった寝  のをやめて、寝  ベッキイはいつの間にか寝  ものですから、決して厚かましく寝  夜中まで寝  セエラは、寝  中で、ともすると、寝  のは、寝  誰かは、寝  セエラは寝  肱掛椅子や、寝  の子の寝  そうな寝  座褥が乗っていて、寝  セエラが疲れはててぐっすり寝  セエラが寝  足が重く、いくども寝  雨漏りが寝  彼は疲れ切ってしばらく寝  海底に寝  場に寝  事実は寝  留置場ではそろそろ寝  ように仰向きに寝  宿に来て寝  物として寝  キミちゃん、まだ寝  二時頃まで、ちょいと寝  首折れ寝  中に起きて見つ寝  半身を横たえて寝  身動きもならずじっと寝  宅で寝  とぐろを巻いて悠然と寝  中で、起きて見つ寝  一枚を寝  ふだん遊んで寝  足下も寝  あれを広くひろげて寝  三時間ばかり寝  半分以上も寝  黒衣を、寝  廊下に寝  魚は酔って寝  あなたがお寝  肺病でお寝  町中が寝  お喋りを終ったら寝  長椅子にして寝  授業中にすぐ寝  ぶんだけ早く寝  老人になってくると、寝  風呂に入って寝  夜王侍御が早く寝  榻に同寝  うまいものを食って、寝  さまに寝  枕に響いて眠られないので、一旦寝  孟宗藪に寝  裸でも寝  襦袢で寝  左門はもはや寝  都度と寝  上にながながと寝  入院患者は寝  朦朧と寝  にゆえか寝  妻の寝  十時すぎにもう寝  膝をのばして寝  己は帰って寝  悪口ばかり言いながら、寝  数枝は寝  へたロココ風の寝  夕方になると、だしぬけに寝  俺夜っぴて寝  風邪気だとてすぐ寝  どんなんかつとに寝  シッカリと包んで、寝  夜がら夜っぴて寝  師匠夫婦は寝  足を向けては寝  べったらに寝  燻み返って寝  足も向けては寝  足向けては寝  お前たちは寝  疲れで早く寝  気になれず寝  まま一緒に寝  からでさえまた寝  身体が悪くて寝  一風呂お浴びになってお寝  彼はもう寝  夕暮まで寝  光が寝  離室で寝  から下って寝  安楽椅子によりかかって寝  これをかぶって寝  気ままに、食ったり寝  父が寝  こたつにもぐり込んで、寝  時君等はまだ寝  寝台へ寝  公園に寝  当主は、寝  三四人も寝  汽車ん中で寝  父は黙ってじっと寝  ただ一人きりでじっと寝  跫音が、寝  きのうは、じっと寝  私が行ったら、本当に寝  今自分の寝  からもうお寝  ものは、寝  状態で寝  エリザベートが寝  私はぐっすりと寝  ようですよ。朝からさっそく飲んでましたがね、ようやく寝  写真を押し隠し、起きもされず寝  わたしも寝  風邪はじいと寝  十日と寝  家に居ましたが、もう寝  当夜ベッドに寝  窓外にしのびより、寝  船で寝  細帯しどけなき寝  顔で寝  頭を埋めてくるっと寝  んも寝  すつかり寝  誰だか思ひつかないで寝  姉さんの寝  いやだと仰しゃって、さっさと寝  らで寝  さかえ屋へ上がっていやしたが、面白く騒いで寝  日にゃ、早く寝  のらしく、またおとなしく寝  から、さっさっと寝  あたし、抱いて寝  刀を抱いて寝  毎晩抱いて寝  棚床に寝  姉妹たちの寝  日向で寝  ひだ家で寝  人達のまだ寝  少年たちが寝  熱七度三分、早く帰って寝  部屋へ入る、せまくなり寝  這ひに寝  橋本啓一が寝  分は済んで、のんびりと寝  十二時半迄寝  音がして、寝  上下へ動き、寝  垂布をひらいて、寝  異国風の寝  ここの寝  自身に寝  勢で、それでもぐっすり疲れて寝  明保野で寝  居間に帰りて寝  窮屈な寝  白貂の寝  病気で、寝  父親に抱かれて寝  納戸で寝  お父さんに抱かれて寝  ようで、仰向きに寝  保姆タミノが寝  顔にさしこむので、まぶしくて寝  祠に寝  修道僧たちが寝  紙帳を釣って寝  中に釣って寝  俺はまだ寝  部屋へ早く寝  地へ寝  彼はしばらく寝  宿を乞いましたので、早速お泊めいたしましたが、お寝  浦が寝  上に敷き、寝  夏は寝  女を待つに寝  大事そうに抱いて寝  五郎蔵一家の寝  安らかに、長々と寝  妾、寝  仮寝台にこさえさして寝  粉のちるがいとしく寝  っぱなしで寝  親友が寝  両側の雑然たる寝  蒲団をきっちりと引きつけて、そうして、近々と向き合って寝  一つに寝  昨夜だって誰ひとり寝  姑を寝  足を痛めて、いまだに寝  みんなの寝  早目に寝  一同早く寝  片すみに寝  ふたりの寝  僕が寝  ように、ごろりと寝  客間の寝  児が寝  眼を病んで寝  山野に寝  隅っこに寝  仲間外れになって寝  お婆さんに化けて寝  しろに寝  たしかに衾を被て寝  彼は早く起き、遅く寝  巌窟に寝  帷を垂れて寝  張は寝  から、それでよろしければお寝  ハンモックに揺られて、よく寝  兵士は疲れてぐっすり寝  一晩ぐっすり寝  夜通し燈火をつけて、寝  宿へ戻って寝  ゆうべ紅茶に浮かされて寝  ゆうべは早く寝  あなた一人でお寝  妻と同寝  ガレージは寝  人々はすぐ寝  それをとろうとすると、半寝  範囲を、寝  私はただ寝  事を考えようと思って寝  ことを思いながら寝  月風かよふ寝  枕につい寝  瓜畑で寝  三四人交替に不寝  何を寝  時代のどの寝  彼をこうして不寝  高倉祐吉が寝  ネクタイを結び直し、寝  人物は、よくお寝  げにお寝  方はというと、寝  今もってぐっすりとお寝  ひとつ朝飯の来るまで少し寝  皇帝におかれてはよくお寝  お前さん昨夜何時ごろに寝  事より、ウロウロせずに早く寝  二人で寝  山木と寝  格恰で寝  鮪がついたほどに寝  様子で寝  真似をして寝  そとへ運び出し、あまりまごつきもせず寝  下着るいや、寝  いやで寝  翌日一日じゅう腹が痛いと言って寝  あたりの寝  電燈を消して寝  小さな電球をつけて寝  白無垢を着せられてる寝  皆で寝  十時比になって寝  花園に寝  みだらな寝  介と寝  爺は、寝  のは、全く抱いて寝  着物を着て寝  一日一ぱいふんぞりかえって寝  中にふかふかと埋って寝  狩人が寝  私はどんなに寝  お前は、寝  間に入って寝  十五分ばかり寝  彼はまだ寝  ばあやはもう寝  身を置いて寝ても、寝  棒縞の寝  弾反されて寝  若さんが寝  ままで置いて寝  着物を脱げ、そして寝  浴衣や、寝  寝台にふとんをしいて寝  大変不思議に思いながら寝  びとの寝  相撲を寝  それをしみじみ寝  撞木に寝  あなたもお寝  二つ床を並べて寝  そうですけれど、そんなに寝  十時頃彼女は、寝  毎晩抱いてお寝  からユックリと寝  楽しみにしてお寝  方をして寝  飲食店は寝  のが、寝  いつまでもここに寝  気持ちで寝  露に寝  此所で寝  患者用の寝  顎をのせて長々と寝  のを、そして寝  にゆつたりした寝  加減が悪いと称して寝  神経痛が起つて寝  敬二は、寝  敬二は寝  身体を、縮めて寝  酔ひつぶれ寝  遊女も寝  腹を立てて、寝  裸になって寝  本部に寝  少年は、もう寝  部屋にかえって寝  大丈夫ですよ。くたびれて寝  久しぶりによく寝  私達も寝  モルヒネが強すぎて寝  自分はこれから寝  穏かに寝  中に長くなって寝  ポッケットから招待状を出して寝  返事をしてくれと頼んで、本当に寝  肉汁を飲んで寝  頭を乗せて寝  なぞをして寝  室に帰ってまた寝  気になり寝  ものか、帰って寝  旅泊に寝  枕とまきて、寝  如く枕して、寝  おかずに寝  仆れて寝  壁ぎわの寝床に寝  両親の寝  石松が寝  枕にして、並んで寝  指を寝  目をぱちくりして寝  帰つて来たら、もう寝  昨夜着て寝  今夜あんたすこし寝  主人が寝  行つて見ると、寝  男とは寝  幾年月、寝  横んなって寝  蚊にさされつつ寝  ほしさに来て寝  城址に寝  昔揺籃に寝  夜もい寝  晩祠で寝  彼方へ行って寝  ただ一人で寝  手を通し、嗄れた寝  渡船夫が寝  埃をかぶつて寝  何万年と寝  中お寝  人間が、寝  昨夜夜通し寝  お姉様、お寝  少女が寝  知らぬ顔をして寝  片手で寝  立ち姿や、寝  四隅から迸って、寝  さを凌いで寝  とろとろ火に突っ込んで、寝  二日ほど寝  リュウマチスで寝  女部屋に寝  幾の寝  ベッドに長々と寝  中風病で寝  入口近く一団となって寝  七つの小さな寝  一つの寝  七ばんめの寝  ぶんの寝  わしの寝  小人たちが寝  白雪姫をおこさないで、寝  小人の寝  ひとりでさつさと寝  お酒を飲まずに寝  病身だつたので、寝  叔母に抱かれて寝  縁側に寝  床を延べて寝  六畳で寝  ため、寝  塊まって寝  崖から自分達の寝  それまで全くよく寝  うちに、もう寝  楽で寝  晩にまた寝  ためか、じっと寝  から先へ寝  床を延べていつものごとく寝  米はまだすやすや寝  米は依然として寝  昨夕までは寝  米は依然としてすうすう寝  一枚頭から引被って寝  十一時半頃飯を食って寝  あなた今夜敷いて寝  すべてを寝  答をしてまた寝  話を切り上げて寝  方が好く寝  のも寝  足を延ばして寝  朝から晩まで寝  一夜を寝  疲れた四肢を思う存分伸ばして、ぐっすり寝  あとに割り込んで寝  ところに気がつき、寝  夜半鐘が寝  小僧が寝  餅搗き中はしみじみ寝  はいといいながら寝  一晩、抱いて寝  鍬を片づけて寝  毎晩人が寝  泥棒たちは寝  時の寝  舌打ちをして寝  のか、どうして寝  かぜを引くなよ、寝  支配人が寝  足を入れて、寝  何年間肺病で寝  其中に寝  かい、よく寝  皆な疲れて居たので直ぐ寝  雲の上に寝  酒を飲んで、寝  娼婦と共に寝  寝巻姿で寝  大の字になり寝  十畳に寝  私は諦めて寝  行火を抱いて寝  化身でも、寝  さへ、寝  一時に寝  ここへ来て寝  顔を向けて寝  のはいいけど、寝  背中を向けて寝  此処へもう、寝  背中に聴きながら、寝  柔術指南所はもう寝  から、大抵寝  昼寝して寝  奥に入って、寝  処に入って寝  家屋に寝  何だねえ、寝  後月から腰が立たねえで寝  玄関に寝  邦之助の寝  袋とも語らず、黙々として立ち、歩き、座し、寝  人声が寝  守人が寝  手が、寝  小鳥が寝  幼児を寝  目をさまして寝  食事をするか、どんな寝  頭を抱えて寝  頭を支えて寝  ナタリイ、もう寝  お酒も頂いたし、ではひと寝  六郎が寝  日も寝  同様に寝  夜彼は寝  蚊帳がなければ寝  綺麗な寝  三人一ツ座敷へ寝  振りで寝  世間は既に寝  恋人と寝  本を読んだり寝  一日中、寝  それはとても寝  籐で組んだ寝  事をして寝  カアテンを開けると、寝  少時わたしの寝  人形の寝  がいなや寝  朝から気分が悪くて寝  今ごろ煖炉の寝  四分の三は寝  主に寝  家畜小屋に凭れたりして寝  子ぢや、寝  近く、寝  老婢は寝  カテリーナは寝  郎党たちが寝  婆やはもう寝  顔が覗いてをり、そして寝  一同は寝  寝床にして寝  番小舎で寝  ように言って、寝  ペチカの寝  往来に寝  老婆は寝  娘は寝  静かにお寝  衆、さあ、もう寝  貴様も寝  午になっても寝  屋根棟へ寝  熊が寝  肉屋は寝  町はずれの寝  犬について、よちよちと寝  われを待ちかね寝  午ちかくまで寝  伊勢屋源兵衛の寝  枕で寝  のではなく、寝  正夫の寝  ことができるだろう、その寝  教室に住みこんで、寝  支度されている寝  だって村ではけっして寝  あなたが寝  自分だけで寝  不十分な寝  自分たちも寝  気にもなれず、かといって寝  なかでまずいくらい長く寝  たんすと寝  おかみは寝  小使室に寝  昨夜役場に寝  父母の寝  一つ蒲団にくるまって寝  宿直室にさびしく寝  寺に帰って寝  時分までゆっくりと寝  暑い家に寝  妹女郎と寝  一室に籠って寝  九時に寝  小畑は寝  涙が寝  影を見ながら寝  裁縫を休んで寝  中にはいって寝  汗が寝  母親の寝  伸び夜の寝  自分を追うて来たかと思うと寝  新子は、まだ寝  お前が帰るまでは寝  十一時近くまで、寝  新子と、仰のけに寝  牛が寝  羽根蒲団で寝  フトンを引きずり出して寝  ペタンコになって寝  地下道に寝  病気が、ひどくなって、どっと寝  笑い声が聞えるので、ひょいと見ると、寝  たくさん見ながら寝  から下等室で寝  引っかけたままで寝  扇を抱いて寝  行灯を消して寝  音が、寝  中に入って寝  僕達は、寝  ミツキイの寝  眼を寝  夕方近くまで寝  お前だれかと寝  納屋に寝  足萎え和尚の寝  通り一人奥に寝  今は威張って寝  上人船へお寝  ゆうべお寝  さっきから御酒に酔って寝  鞘に納めて寝  泣きながら布団をかぶつて寝  八公は遅くまで寝  物もないし、寝  甲吉が寝  者はもう寝  私は、すぐに寝  宿屋で寝  朝帰って来る、寝  伯母さんがまだ寝  嚊をかいて寝  毛布を被って寝  嫌になって寝  奥様も寝  仕事枕にぐっすり寝  御飯も食べずに寝  昨日まで寝  友達の寝  嫁の寝  芳一は寝  旅先で寝  心算か知らんがえらくまあ寝  八時までゆっくりと寝  どこで、寝  ワラをかぶって寝  うつむいて寝  彼は黙って寝  右端に寝  十時比から寝  具合いを悪くして寝  限つて、到底まだ寝  あらわな寝  ッて、寝  吉里の寝  なにもう寝  今かうして、寝  われとわが寝  知らない中に、寝  韮粥を食べて寝  薪小屋には寝  木剣を抱いて寝  派手な寝  下に仰向いて寝  アアよく寝  一人でお寝  武蔵に寝  そなたも寝  藁ぶとんをかぶって寝  家では寝  うちに早く寝  百二十五歳までも寝  食はずに寝  只鳩だけは寝  私達二人は寝  夕食後から寝  それまで寝  小さな絵本をもらって寝  体で、たいていはまずぐっすりと寝  小屋に集まって寝  気に病んで久しく寝  イワンに寝  イワンが寝  浅み、浮き寝  事なく寝  初めはおとなしく寝  宵からぐっすり寝  ツ切、で、寝  今ね、寝  蹲踞んでいながら寝  方へ来て寝  それなりに寝  一晩、如何しても寝  宿直室へ寝  燈して寝  弥作爺さんが寝  俊三が寝  真っ暗で見えないが、よく寝  お前、寝  何処に寝  今何処に寝  離室に寝  次郎たちはもう寝  民が寝  次郎は、寝  からも、じっと寝  我慢にも寝  ごとに、はっとして寝  それが有るとすれば食ったり寝  二人位は寝  ぐあいであの石が寝  札びらを切って寝  藤次も寝  奥で、ひっそりと寝  その男は、寝  着がえがないか、なければ、寝  戸を締めて寝  寄席に行かないと寝  何を書いたら好かろうかと、寝  己は寝  家々がまだ寝  手でものせて寝  二階へ寝  混って寝  いつのまにかぐっすりと気持ちよく寝  そのまま黙って寝  私は起きて寝  坊やの寝  んだけれど、お寝、お寝  ッて寝  それまでは寝  いしが、寝  もの与えて、寝  風にも堪えじと見えたまうが、寝  火箸横に寝  む、もう寝  稲ちゃんと一所に寝  縦横に寝  親も寝  部分が寝  みんながすっかり寝  義夫さん、寝  てゐなさい、寝  配給があるまでは寝  細君が寝  浴衣地の寝  人生を寝  枕を置いて寝  蒲団をまくられても寝  その間、寝  カフェへ帰って寝  女給はもう寝  春江の寝  身体は無く寝  壁ぎわに寝  位置に寝  一つ蒲団に抱き合って寝  今朝の寝  人なみに寝  肌寒いので寝  氏素姓なりを、寝  戸をあけるともう寝  三日と寝  脚をかかえて寝  体じゅうを焼いて、寝  足をかかえて寝  七郎がどうしても着ないので、寝  藁を敷いて寝  子供たちはもう寝  芳がいつ寝  二階に寝たけりゃあ、寝  恭一は寝  今度は、寝  何時に寝  みんなよりも早く寝  ほんとうに九時まえに寝  鶴が寝  寒い夜でもなかったので、寝  夜東京の宿屋で寝  此処へ寝  吹管へ詰めまして、寝  ことをいって寝  隣で寝  艦長、お寝  杉田二等水兵の寝  そこにじっと寝  別におどろきもせず寝  気持になってぐっすり寝  少女の寝  今夜はもうお寝  そうもないので、一応出て行こうと思って寝  夢を抱いて、寝  小次郎の寝  近頃は寝  所へ来て寝  宵から店で寝  上に、長々と寝  上で、寝  中にもぐって寝  藁小屋に寝  ゆうべは、よう寝  つるゆめにか、寝  一夜、わが寝  さ、寝  サアサア寝ましょう寝  モウ今夜家にゃ寝  紺の寝  紺婆の寝  虚心平気で寝  まま再び寝  許へ帰り、寝  室へお寝  茲へ寝  四階に寝  後一週間も寝  心配で最う寝  二時間余も寝  甚蔵の寝  アノ馬車に寝  為前後も知らず寝  秀子の寝  余が未だ寝  合点が行かぬ、或いは寝  余の寝  白痴が寝  床が外れて、寝  余が寝  イヤ寝聴きして居たので有ろう、寝  錦の寝  小屋あ建って、住んで、寝  旅に持ち歩いている寝  土に寝  軒端に寝  若僧が寝  戦々兢々として、寝  病院に寝  お前の寝  握り飯を平らげて寝  二匹が長々と寝  ボーイが寝  布団を敷いて、すぐに寝  僕はも少し寝  暖かい床に、長々と寝  老人はやつれて寝  桃を寝  明日に延して寝  慰め、寝るにも寝  ベットに寝  藁をしていて寝  ように只寝  晩子供等が寝  帳場奥から、寝  乳母を寝  二人きりになって寝  二人きりで寝  毎日抱いて寝  顔に当て、寝  ばばちゃは、寝  谷底に寝  皆んな、ごたごたに寝  そうに寝  葉子の寝  後向きの寝  下を覗きみると、寝  ウンと寝  身体は、寝  息子達が寝  三四日も寝  べり枕に寝  しずかに寝  知らない、寝  黒姫山の寝  私はどうもこの寝  目が冴えて寝  それなりにお寝  畝に寝  此奴、寝ん寝  途端に、隣りに寝  雨かと思って寝  心持が悪いから寝るよと言って寝  アジトに寝  転々として歩いたので、こういう寝  一度も寝  最初から朝まで寝  私は少しは寝  彼女は早く寝  朝十時頃まで寝  二時三時まで寝  うつ伏せになって寝  日が暮れるとすぐ寝  からだ工合が悪いと言って寝  毎夜傍に寝  想いで寝  興奮して寝  始めは寝  勘太郎は寝  濡手拭をあてて寝  泊つた、歩いて飲んで寝  帰つておとなしく寝  駅に寝  端に寝  姉の、寝  やすらかにぐっすり寝  言種だが、とにかくだ、寝  脚が、寝  裳を曳いて寝  しろから柳の寝  風邪ぎみで、寝  風邪心地で寝  工事場で、寝  涎れをたらして、寝  一角の寝  ひとり顔に、寝  深更まで御寝  剋まで御寝  事は、さめても寝  目を塞いで寝  襲ねて、寝  お客様ももう御寝  どこが痛むというでもなく、寝  紫縮緬の附いた寝  了って、さあ寝  女と見えて、寝  縁側から庭へ寝  途端に、寝  灯も点いて、寝  ポールトン君に寝  背中で寝  御飯も食べずに飢えて寝  気息までも、寝  部屋に戻って寝  紺足袋と、寝  外に出して寝  手に握って寝  いつもの寝床に寝  一本を、寝  床を取らせて寝  慾ばりだつたら、寝  裸で始終寝  約束を寝  先刻ひと寝入りで寝  秋草の寝  あなたはまだ寝  顔を見合わせていると、ぐっすり寝  空林庵の寝  神の語りて寝  一同座敷にて寝  婿と寝  厩舎に行きて寝  これにつきて寝  中に入りて寝  顔に乗せて、長々と寝  爺様、寝  いつのまにかたって、もう寝  私だって、寝  店にでも寝  上にふんぞりかえって寝  中に長々と寝  見知らぬ女と寝  中で、ゆっくりと寝  眼について寝  老人がいて、寝  塩湯に寝  中央に仰向きに寝  糊の寝  心臓脚気で寝  心待ちに寝  朝日に映る寝  ッ響がして、よう寝  薄も寝  今夜よく寝  私は早く寝  殆ど、寝  衣子と寝  俺も寝  蓆をかけて寝  五分間ほど寝  目は、寝  女は一度寝  美くしい寝  ブカブカの寝  食ふて寝  なかへ寝  折竹が寝  彼もまた寝  発病以来、寝  健康には戻れないかもしれないが、だが寝  夜食をすますと、寝  セルゲイが寝  スカートだけになって寝  足もぐっすり寝  手もぐっすり寝  カテリーナ・リヴォーヴナは寝  駄目、寝  姿をかくすと、寝  ソネートカが寝  襖をあけて、もう寝  戸締りをして寝  頭は冴えて寝  かたわらに寝  蒲団ひかせて、のんびり寝  馬小屋さ寝  おやつを食べているし、眠くはあるし、早く帰って寝  つて、着く早々寝  涙とにつかれつくして、寝  失つて、寝  ランプを消して寝  から稍ともすれば寝  払つて田甫道なんかに寝  シッカリと抱いて寝  お爺さんと寝  ほうは寝  おらはあ寝  兄さん先に寝  二方に寝  ことはないけれども、もうお寝  フトンをかぶって寝  ッかぶって寝  小間物屋をひろげて寝  カギをかけて、お寝  芳男さんが来て、寝  不平をならべたてながら、寝  洗わずとびだしてきたらしく、寝  みんなと寝  背中合せに寝  落葉の寝  女はもう寝  みんなまだ寝  それから竹造も寝  酒も飲まずに寝  隅ですぐ寝  から、早く寝  人々は坐ったり寝  彼も忘れてぐっすりと寝  暁を寝  かげで、敷いて寝  不思議がり、寝  妻籠で寝  民も眠りがたいかして、寝  おれは寝  甚八がさて寝  ッかぶっておそくまで寝  以来、寝  地にいては寝  至りで、寝  参つて大いびきで寝  何物かが寝  あなたも寝  部屋にも寝  誰かの寝  目がさめていては勝てないと知って寝  カモ七が寝  寒いときには、こうして寝  老翁の寝  翁の寝  苦しまぎれに寝  五六人固まって寝  疲れ果て別室で寝  器をささげて寝  疑問を残して寝  戸をあけられてしまってもまだ寝  風気だとかで寝  伯父の寝  指先で、寝  伯父が寝  枕どもに埋まって、ちょこんと小さく寝  瀬音を寝  自然に寝  イビキをかいて寝  オカネは寝  粂はどうかすると寝  下女の寝  朝ばかりはぐっすり寝  汚れし寝  日など寝  二時に寝  押入から蒲団を引出し、寝  蒔が寝  帳場に寝  蒲団に覗いて乱れ、寝  軍治も寝  ただちに寝床をしかせて寝  一人ずつ、その寝  仲間はね、寝  波田の寝  疲れたからだを、寝  ボーイ長の寝  負傷して寝  蓆を敷いて寝  上段の寝  ポケットに入れて、寝  一方である、その寝  何時頃に寝  珪次に勧めてみようかと思い定めて寝  腹這ひに寝  テープがもう、寝  三時間も寝  娘が寝  時や寝  ごとをするので、長く寝  酒屋は寝  ッぱなしてあって今まで寝  一風変った寝  時間に寝  それから間もなく寝  先生は最早お寝  ことが出来ず、寝  老人は言放って寝  様子を寝  刻限まで寝  その後は、寝  われわれは寝  われわれが寝  月二十八日夜、寝  とき夜半、なお再び寝  傍人にその寝  辱上に寝  人あり、その寝  地も、寝  眼をして寝  夜寒の寝  姉とならんで寝  ひねもすごろごろと寝  芋虫みたいに寝  ほんとうに芋虫のごとく寝  真昼間に寝  業腹で寝  花莚にくるまって寝  ようじで寝  気をつけて見ると、どうも寝  蔵は、おちおち寝  婆の寝  二時まで寝  日曜日の寝  章三の寝  姿を見せながら寝  勝手にしやあがれと寝  化け物屋敷へ寝  之を寝  それだからと云って、寝  こいつはもう寝  時孝太郎は寝  所謂サロンの寝  彼はまたぐたりと寝  知者は寝  水を一杯飲んで寝  夜は暖まり過ぎて寝  うちをあけずに寝  病気労れで寝  春雨が降るのに、寝  とき、眠ったって寝  五千石主と寝  一刻千金もなんのその、ひとり寝  ひざ小僧抱きかかえて寝  毎晩てまえがしっかり抱いて寝  夜中にその抱いて寝  頃ではよく寝  寂然と寝  丞は、未だ寝  雨ふりて寝  道連れ小平が寝  佐吉が寝  毎晩、寝  まくらを並べて寝  ですよ。まくらを並べて寝  昨夜待ち明した寝  モウお寝  彼様して寝  平生宿直室に寝  から座を脱して寝  帰つてお寝  夜夜中人が寝  利代が寝  びょうぶから、着て寝  うえも寝  市之助はすぐに寝  鴻の巣で寝  うちぐっすり寝  朝寝万両の寝  きりと寝  のにくるまりながら、ひとり寝  今ごろまでも寝  ひとり者がおつに気どって寝  日の上がるまでも寝  毎晩毎晩何を着て寝  御慶、寝  下女などの寝  つて姉に抱かれて寝  はん、寝  はん、そこで寝  妾が寝  文伯母さんは寝  ゆつくりお寝  子供でも生んで寝  両親と共に寝  えな、もう寝  暖かにして寝  やつて寝  患者ばかりが寝  上に縮まつて寝  はんも、早うお寝  灯影を抱いて、ひとり寝  鼻をつままれた寝  ドロップスをどっさり頬張りながら寝  八丁堀へ帰って寝  土竜馬は寝  うそではないくらい、寝  そこで寝  お下がりを入れて寝  みっちゃんお寝  兎でも寝  母様と寝  家は寝  牝豚はやはり寝  隆ちやん見たいに寝  てゐるので、つい寝  喰べずに寝  夜具を敷いて寝  人に頼まれて寝  一刻替わりに寝  花が咲くとて寝  こんな晩には寝  虫が黒く伸びて寝  のがたのしみになったほどですが、あるいは寝  のですが、まだ寝  朝寝坊や寝  意気高らかに乗りこんできて、寝  床に就いたので、その寝  お前もまだ寝  明はちらりと寝  菜穂子は寝  菜穂子の寝  一週間ほども寝  渠が寝  冠り、寝  ぼんやり坐ったり、寝  半年おれは、ぐっすり寝  ため夜だけは寝  寝室に入って寝  夜だけ寝  腹痛で寝  妻はもう寝  そうだが、寝  隣室で寝  二つ造って貰って寝  一枚だけはねて寝  位牌は、こうして寝  エヴァンス技師は寝  勝手にしやがれとばかり、寝  耳に宿して寝  ように伝わって来て、寝  船室に寝  食事をしたり、坐ったり、寝  僕はまだ寝  一匹丸のみにして寝  学長の寝  梅津君が寝  トタンをかむって寝  者もくっついて寝  重傷で寝  蚊帳を吊って寝  うすい配給毛布を被って寝  医者が来て、あたたかくして寝  一緒に抱いて寝  たしかに妻の寝  二人とも落ちついて寝  昨夜抱いて寝  幸いに寝  部屋へ這入って寝  しかしその寝  吐気がなくなりさえすれば、依然として、おとなしく寝  供はよく寝  音に包まって寝  我ら二人の寝  岩地に寝  僕がまだ寝  独りぽっちで寝  山ほど有っても、寝  言葉になって、気まずく寝  布団を引っぱり合って寝  夏から始終寝  夜着を被けて寝  おしおの家に寝  お供に立とうと、寝  氷枕をして仰向きに寝  大鳥様へ寝  下宿に寝  添乳しているおきせの寝  シッカリ抱き合って寝  骸骨になって寝  青絹の寝  薄青い寝  東作が寝  厳重にして早く寝  ユックリと一杯飲んで寝  絶頂に登って寝  年になるまで寝  戸締りをしないで寝  部屋に酔って寝  マリイ夫人の寝  姿は酔払って寝  なんであわてふためいて寝  一同あわてて寝  思いで、うれしくてたまらず、寝  態でころりと寝  自分はやはり寝  たいぎがって、寝  女房に寝  お正月か、と寝  借金取りに少しずつばらまいてやって、無くなったら寝  あちら向きに寝  書附けを差出し、寝  巻になって寝  ひやひやしますので寝  うちは寝  二階へ上がって来て、寝  一疋になって寝  右隣に寝  お金の寝  頭を衝き合せて寝  わたし脱いで寝  蝶さんがまだ寝  ちゃんと来て寝  これを吸わねば寝  気分が悪いといって寝  夕飯等も済んで寝  蒲団を借りて寝  旅人が沢山寝  不寝番が、直に寝  それを御不寝  気の毒ではあったが、終に寝  者が、既に寝  痛みを忍びながら寝  風景を眺めるよりも寝  吸ひて寝  暮七夕を寝  ベットに長くなって寝  女たちの寝  助が寝  妻が寝  こんどは、寝  鉛筆とを、そなえて寝  女房の寝  女は、もう寝  町人たちは寝  かいベッドに寝  晩はよく寝  夢を見て寝  ヒマにあかして読んだり寝  身動きもせずに、寝  言葉を掛けましたが、もう寝  夫人が寝  場で寝  こともあり、寝  藁をかぶつて寝  榎樹に来て鳴けば寝  はんまで寝  わいが寝  今晩ははよ寝  から夜になるまで少し寝  草へ寝  お許しをいただいて、寝  正面の寝  眠い、寝  解剖台に寝  肘掛椅子と寝  テーブルを隔て、寝  菊丸も、まだ寝  何んとなく寝  賓客達も寝  湯に入って寝  時は寝  仕方がないので寝  喧ましゅうて寝  真似をしてしばらく寝  かげへ寝  腹がまた寝  蒲団ひいて寝  私は、少し寝  十時までも寝  師匠よりは早く寝  たらに寝  五時間ぐらゐぢや、歩かないで寝  私が、単に、その寝  わずかに奥田のこの寝  様に云って、寝  秋の寝  安火に入れて、寝  自分で起きて取って来て、また寝  私は仰けに寝  ッ、入ってお寝  君も寝  自分は起きていて、まだ寝  公園をぬけて、寝  吉蔵もうお寝  君が眠けりゃあ寝  加減が悪いとかで寝  僕此二三日風邪を引いて寝  つて、早く寝  重病で寝  おめざめでしたか、あんまりよくお寝  男よりも遅く寝  うえにながながと寝  のなら帰ってお寝  なかでお寝  政府はいささか寝  下へ行って寝  四五人横に寝  千吉の寝  船尾で寝  男、寝  手足を延ばしては寝  すきで寝ていたくても寝  由、寝  私でさえ寝  枕許において寝  おかゆたべて、寝  涼しい夜は少しは寝  身毒の再寝  それぢや、まだ寝  脳貧血で寝  むるべく皆の寝  相談して寝  話は寝  今日まで寝  落葉をかけて寝  二つあてて寝  喘息持ちでずいぶん永く寝  人よりはすくなく寝  佐藤君にすまないと思い、しばらく寝  ところを練って寝  中国人の寝  みんながまだ寝  綿入の寝  一体横に寝  十二時頃書き終りて、今や寝  母親とは寝  上、寝  ますお寝  誰とでも寝  涙を飲んで、寝  枕につくと、ぐっすりと寝  夜も抱いて寝  懐で寝  さっき太郎が寝  彼等の寝  一つが、寝ながらむくむく動いて、ちょうど寝  マイダスの寝  彼等は仲よくならんで寝  酒場にいたので、ひどく疲れており、ほとんど寝  ことは忘れて、寝  目を閉じて寝  袋に這入って寝  風邪気だといって寝  十日計りも寝  足が痛んで寝  三時間だけ寝  みんなが寝  陽が高く昇るまで寝  詩人シヤナアンが寝  腕に寝  夜半の寝  無心に寝  媛の寝  白たへの寝  終つて彼は、寝  露が降りたよ、もう、お寝  酒呑童子の寝  雨戸しめて本当に寝  幾度も寝  用がなければすぐ寝  午近くまで寝  スツチヨンスツチヨンスツチヨンチヨン寝にやせ寝  ささ寝にやせ寝  羽根布団にもぐり込んで寝  洪次郎が寝  なりに寝  夢も見ずにすぐ寝  明日にして寝  上蒲団をかぶって寝  昨夜蚊にせめられて寝  恥かしいので寝  万年床に寝  ひとも寝  母ちゃんとこへ寝  はじに寝  からお先に寝  私達は寝  から来てまだ寝  女とも寝  私はなまぐさく寝  小説を寝  女達は、寝  二階へ行って寝  工夫をして寝  夫婦者が寝  二人で仲よく寝  何時までも抱きあって寝  おれはとろりと、寝  気もちそうに、寝  女は、寝  縁へ寝  薄蒲団に寝  島が寝  中に交じって寝  性もなく寝  分け前を渡して、寝  子どもたちは、もう寝  今夜また、寝  愚老は寝  中風で、いつも寝  所へ、寝  自身番小屋に寝  こと、寝たいだけ寝  しかたなしに寝  中へ入って、寝  長襦袢をきて寝  持病が起つて寝  挿むやうにして寝  台所とに寝  奥さんは寝  何しろ傍に寝  上に仰向きに寝  今よく寝  便とも寝  別室で寝  私はまだ寝  用でもない、ただもう寝  生憎加減が悪くて寝  くに日を暮せしに、やがて寝  そのままあやまつて寝  今年は来ない寝  ひだお寝  水は寝  筵を敷いて寝  九郎右衛門が寝  病気になれば寝  神妙に寝  誰か寝  膝行し寝  写山楼でも寝  裸のままで仰向けに寝  ゆうべから、ちっとも寝  となり座敷もほとんど同時に寝  可哀そうによく寝  ひとりはどっと寝  今迄寝  こんな晩は寝  一晩も寝  蛇が寝  蛇がだらんとのびて寝  勇ちゃんが寝  さに震えながら、寝  わたくしはどうも寝  主知らぬかと驚く寝  広島で寝  御飯もたべずに寝  朝御飯になっても起きずに寝  五郎さんはまだ寝  あんたの寝  ちやつてよ、あんな寝  何時までも寝  主人がグーグーとお寝  山陽が寝  汝の寝  塗篭へ入って寝  いつになく寝  それがすむと、早々寝  総監は寝  目に会っては寝  蒲団にくるまって寝  動坂氏は、寝  動坂氏の寝  卓上電話を設けて、寝  いま相州屋に寝  ーいかと寝  それから私は寝  丹誠凝らして、定めし冷えて寒かろうにお寝  浪ははや寝  火も小さくなって寒うなった、もうもう寝  いつか知らず寝  心なるに、何もかも知らいでたわいなく寝  床にはいって寝  晩ギンはちっとも寝  牛小屋へいつて見ますと、寝  安置して寝  先へお寝  どこでも早く寝  引被って寝  二分して寝  其葉を寝  枕をして寝  わたくしの寝  病気は重いといっても、ずっと寝  添ひ寝  草生ひて、寝  雨には寝  かい布団へ寝  容子で寝  クレマンが寝  ドーブレクの寝  アシルは寝  文鳥を抱いて寝  獅子は寝  のです、しかしこの寝  内一人の寝  寝床を敷き放しにして、寝  書斎人には、寝  女三の宮の寝  こに寝  たんになって寝  一部屋に寝  隣の部屋に帰って、丸く寝  階上に寝  白浪に寝  大文字家で寝  先へ帰って寝  ぼくの寝  ヘソに当ててむなしく寝  みんなよく寝  しづかに寝  上にのせて寝  女房と一杯飲んで寝  奇妙にあがって、お寝  三度目をさまし、またすぐ寝  山田が、寝  二人楽に寝  音とは寝  農家は寝  床をとってもらって寝  百姓は起きあがらずに寝  それは困ったね、じゃすこし寝  頭をやって寝  月夜に寝  床を取って寝  マリの寝  十日ほども寝  路傍に寝  朝寒ければゆっくりと寝たいだけ寝  はじめ傍に寝  夜汽車に寝  窓下に寝  もちっと知らずと寝  我知らずつり込まれてしまって、寝  上に、しばしば寝  沼で、寝  なかで寝  番西瓜畑で寝  んをひっかぶって寝  母屋はもうひっそり寝  牛は起きていても寝  これでは寝  巣に寝  おれが寝  李も寝  お座敷にお寝  通りにお寝  お母様がお寝  ふところに抱かれて寝  中にちぢこまって、夜通し寝  熱が出て寝  顔を、さらに青くして寝  わきに寝  水鳥はもう寝  女中の寝  枕もとに並べて置いて寝  末は何時の間にか寝  三人とも寝  兄を見守りながら寝  わたくしはいよいよ怖くなって寝  から庭へころげ落ちたとみえて、寝  ほかの寝  ゆうべろくろく寝  加減が悪くて、寝  あいだは寝  ひとつ部屋に寝  晩はそのまま寝  横田君はこう言いおいて出て行きましたが、とても寝  方面からきたんですよ。線路に寝  屍体は寝  三日蒲団をかぶって寝  朝までぐっすり寝  当分しずかに寝  元気だから寝  云ひながら、また寝  浦島は寝  鼾を掻いて寝  蒲団を引いて寝  やうであるが、しかし、寝  絹布団を掛けて寝  会話を寝  俯伏して寝  姐さんがまだ寝  から、そうして寝  キャンヴァス張りの寝  床に就いたくらいだが、こうして寝  私達にとって、寝  部屋を探し当てて寝  から扉を閉めて寝  書類は、なるべく寝  今晩中屋根に寝  重石を一杯載せて、もうすつかり寝  宿屋に帰って寝  中にもぐり込んで、寝  傍に寝かせてやると、おとなしく寝  猫が寝  水鳥が寝  勢いで寝  伊代は寝  これはお寝  母上、お寝  中を覗きこみながら、寝  酒をあおって寝  妹は寝  まり効果はないかもしれないが、それでも寝  病に罹って、寝  気もつかずに寝  文句は寝  影を眺めては、寝  余は寝  着いたか着かないか分らないくらいに考えて寝  趣向は寝  状態は、寝  中に長く寝  一頁を寝  不充分ながら寝  障子さえ明けておけば、寝  空を見て寝  苦しみをしてまで寝  寄宿舎に寝  時に起きて寝  帯い解いて寝  お母さんはああやって寝  何度か寝  自分じゃよく寝  姉さんはもう寝  艇庫には、もう、寝  眼をつむり、寝  気分がよくなって、寝  横にわざと、ごろりと寝  から帰って寝  奴は早く寝  夜中に寝  真中に上向けに寝  影にして寝  紙を破きすててはまた寝  晩早く寝  こちらを向いて寝  温泉場も大抵寝  毎晩二三時頃まで寝  貴女、その寝  貴女の寝  枢をおろして寝  今一度左右の寝  のも忘れて寝  二人いっしょに寝  辰さんが早くにやって来て、早く寝  辰さんは呟いて、寝  隙間にはいり、ぐっすり寝  座敷の寝  次から次へ、寝  老人夫婦の寝  姨さん、もう寝  左側に寝  ピストルを抱いて寝  ソファに寝  それを釣って寝  妾、どのくらい寝  俎に寝  温泉宿などで寝  とき夫は寝  嫁さんは寝  海坊主が、かさなり合って寝  浜と寝  冷いとも寒いとも思わないで寝  何時も寝  是古の寝  俤窶れて、寝  李花が寝  引掛けた寝  帆村荘六は、寝  帆村はやっぱり寝  伯父は寝  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
寝から目がさめて  寝の字もおっしゃらないなぞてえ  寝を出て  寝がえり者を出さないという  寝へ入って  寝をして  寝をした  寝へ入ったが  寝へ入った  寝をする  寝でもしてゐる  寝がえりにさせていた  寝を先立たに  寝がえりと聞えて来た  寝の足らぬ  寝がえりを余ほど忌々しく思っていたとみえて  寝がおを見るや  寝もやらず  寝と洒落こんでいる  寝をしていた  寝がての歌は彼れに聞きませ  寝にねた  寝がえりをうった  寝をしているらしく  寝しています  寝を寝る  

~ 寝[名詞]1
猫がひる寝から  一人の寝が  小脇にそい寝を  間ひる寝を  幾たびもの寝が  佐々木道誉の寝が  勝次郎の寝が  妹の寝が  碌ろく寝も  盗人のひる寝と  飼ひぬ寝がての  さそうにひる寝  

~ 寝[名詞]2
苦しい寝  深寝  

複合名詞
独寝  寝巻き  寝ン  つて雑居寝  寝入り  一寝入り  寝覚  寝ざめ雪  寝衣姿  寝ざめ  寝様  



前後の言葉をピックアップ
ヌー・シカゴ  寝小屋    寝れ  寝ん  寝物語    寝せる  根差し  寝つか


動詞をランダムでピックアップ
捲し立てる味わい分け合っ落し入れる肖るたわむれる見上ぐる則する書き損じるきりかえつまっ戻る煽て取り立てる吹出し褒めちぎり踏み躙っ生きぬくのぞきこみ
形容詞をランダムでピックアップ
うまくちょろまましい細かっ緩かろまめまめし羨かっにぶい難い煙たくとてつもなく華々しくくろからしちくどくさくし女々しゅう分別らしきずるう馬鹿らしゅうあたら