「寄り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寄り[動詞]
火に寄り  チヨツと寄り  泉に寄り  手さぐりに寄り  旦那に寄り  書店に寄り  文具店に寄り  寝台へ寄り  方へ寄り  学校に寄り  躪り寄り  店に寄り  胸へぐんぐん寄り  和氣あいあいとして寄り  六人も寄り  ものが寄り  二階に寄り  傍らに寄り  傍に寄り  ぴたつと汗臭い人間が寄り  顔をして来ましたが、とうとう泣き出してかけ寄り  泥壁に寄り  學校へ寄り  家に寄り  貧乏人の寄り  そばへ寄り  蛙が寄り  家へも寄り  宅へ寄り  衣掛れり、寄り  ように寄り  無数に寄り  島に寄り  字に寄り  ところへ寄り  人が寄り  げがこわくて、たれも寄り  其位置上部に寄り  氷にも寄り  彼に寄り  んなどとは、思ひも寄り  台所口へ寄り  饅頭を買いに寄り  鎌を提げましたなり、ちょこちょこと寄り  側には寄り  襖へ寄り  側へ寄り  所に寄り  袖十あまり円く寄り  窓に馳せ寄り  根もとに寄り  駕へ寄り  気で、ジリジリと寄り  まわりへ寄り  乙女は寄り  ほとりに進み寄り  ほんとうに思いも寄り  のだが、ほんとに寄り  位ひなら家へお寄り  餌に寄り  ほうへ進み寄り  女には寄り  皺が寄り  やうに寄り  店さきにも寄り  社へも寄り  者が寄り  処に寄り  二三歩それに寄り  三間まで寄り  聖慶寺に寄り  塾へ寄り  凌雲閣へのろうが、到底寄り  店へ寄り  ヨロピン酒場へ寄り  円形に寄り  神の寄り  上手に寄り  家へ寄り  方へは寄り  ここへ寄り  声たてられしに、つと駈寄り  妻子打ち寄り  洒掃し、とにかくに寄り  傍へ寄り  袖に寄り  覘い寄り  日よけのかげに寄り  子供が寄り  すゝみ寄り  そのまま一気に寄り  患者たちが寄り  香したひて寄り  欄干に寄り  村へ寄り  竹下が寄り  手合いが寄り  馳け寄り  身體を寄り  板壁に寄り  河畔へひたひたと寄り  負傷兵が寄り  浜に寄り  横臥椅子にぴったり寄り  蔭に寄り  大船に寄り  魚が寄り  わが身にちかく、ひたと寄り  みなみな打ち寄り  時、その暗く寄り  周りに寄り  兵にさえぎられて寄り  歌の寄り  年が寄り  傍へも寄り  君に寄り  序があつたら、お寄り  傍へずいと寄り  なかった親類たちが寄り  下へ寄り  長平に寄り  そこに寄り  征伐だにも思ひも寄り  家へは寄り  魚も寄り  近くへ寄り  どこへも寄り  香に寄り  もっとこちらへお寄り  是に寄り  方へ駈け寄り  闇となりけるに、おそろしやと寄り  世話人達は寄り  七等と寄り  杭に寄り  ぐつと身近に寄り  朋輩たちも寄り  上野駅附近に寄り  部屋に寄り  左側に寄り  タカ子が寄り  左側へ寄り  右側へ寄り  本屋へ寄り  傍へつと寄り  処にお寄り  私に云い寄り  枕もとに寄り  男と寄り  眉根に寄り  折に寄り  横に寄り  軒下へこっそりとしのび寄り  側に寄り  男が寄り  傍へ駈け寄り  バラツク飮食店に寄り  バラック飲食店に寄り  げに寄り  芳枝さんに寄り  まま、益々寄り  そばへも寄り  お出でなさらうとは、思ひも寄り  茶屋へ寄り  殆ど家には寄り  群り寄り  幹に駈け寄り  前後も出来るだけ寄り  家へお寄り  枕許に寄り  虫拳で寄り  夫人が寄り  右手に寄り  そばに寄り  二つ三つの店先に寄り  何心なく寄り  先生方が寄り  木山に寄り  友だちだけ寄り  軒に寄り  左側にピタリと寄り  お里とが寄り  両方から手真似をして段々寄り  側へに寄り  皆が寄り  村人が寄り  道傍へ寄り  宝石屋へまず寄り  宝石屋へ寄り  手が利いているだけに危なくって寄り  そばへ走せ寄り  眉がまた少しく寄り  額の、時々寄り  眉は少しく寄り  眉が、ちらと寄り  長州からあべこべに寄り  町人衆ばかりが寄り  デスクに寄り  あちらへ寄り  傍若無人に寄り  一緒に寄り  背にして、寄り  前例だけが寄り  ままに進み寄り  背後に寄り  手を振りながら、駈け寄り  誰も寄り  みんなが寄り  これらが寄り  二人は寄り  小皺が寄り  変人が寄り  思いも寄り  二三歩進み寄り  ほうへ寄り  群が寄り  すゝめるのであつたが、つい寄り  東屋氏に寄り  貧民どもが寄り  京都へ寄り  身震いしながら、少しく居寄り  婿なども寄り  こちらへお寄り  それに寄り  坊主は寄り  父も寄り  母も寄り  人の寄り  山荘などに寄り  港へ寄り  客座敷へ寄り  中へ寄り  御前に進み寄り  糞議員共が寄り  容易に寄り  一樹のまえに寄り  ものめずらに、寄り  イボギンヌが駈け寄り  余燼とはいえ、寄り  ちゃんといっしょに寄り  風陰に寄り  のを聞きつけると、直ぐに寄り  龕に寄り  右へ寄り  尼も寄り  足下にも寄り  衝と寄り  ものは寄り  しろに、ぴたりと寄り  みな一つに寄り  側へも寄り  いずれも寄り  夫に寄り  二十人ほどが寄り  圧迫されて、寄り  親御たちが寄り  ものを寄り  人間が寄り  兵が追っても追っても、すぐ寄り  みんな一緒に寄り  奴らが寄り  火事場へは寄り  教え子が寄り  場合に寄り  小伊勢に寄り  見物人が寄り  正成は寄り  販ぎ女などが、すぐ寄り  一陣に寄り  念仏講に寄り  言ひ寄り  高山へ寄り  マドロス氏が寄り  窓際に寄り  雲助は寄り  後に寄り  奴どもが寄り  三本横筋が寄り  三打ち寄り  者たちが寄り  幾本も寄り  串本港に寄り  雌花に寄り  ときつと寄り  拒否せず、かえってぴったり寄り  狂喜して駈け寄り  ちょっと私宅へ寄り  冬子に寄り  者の寄り  井筒に寄り  コブコブが寄り  庄屋たちが寄り  ためにたがいに寄り  若者はずかずかと寄り  肩に寄り  膝行り寄り  下に寄り  矢張其様事を仰つしやらうとは思ひも寄り  別荘へ、お寄り  乾兒五六人、ムラムラと寄り  そばにつめ寄り  挨拶に寄り  右に寄り  後ろに寄り  確かな寄り  横へ寄り  肩を寄り  笛に寄り  ます家を、お通り過ぎにならず、お寄り  墓に居寄り  こんど、また、寄り  我妹子が来ては寄り  進器に寄り  トテモ物騒で寄り  方面には全然寄り  正太はかけ寄り  鈴が駈け去り駈け寄り  以前にしばしば寄り  声で寄り  路傍に寄り  さに寄り  つて窓際に寄り  何時もの壁際へ寄り  上つて窓に寄り  何処へ寄り  青年とピッタリ寄り  八ヶ岳へ寄り  時にお寄り  テーブルに寄り  一たび二本傳次に寄り  二本に寄り  闇伝いに寄り  視線を注ぎながら、進み寄り  士人の寄り  午から学校へ寄り  やうにして寄り  片方へ寄り  千代は走寄り  砂丘に寄り  身体を寄り  障子に寄り  酒場へ寄り  ところまで寄り  片隅に寄り  者ども寄り  豚吉は驚いて駈け寄り  ひとつ所に寄り  欄に寄り  ふちへかけ寄り  駒ちゃんが、ぴったり寄り  人は、寄り  遊びに寄り  どこかに寄り  鳥渡買物に寄り  買物に寄り  朝夕慕い寄り  茶屋に寄り  一室へ寄り  左側へぴったり寄り  許に寄り  名古屋へ寄り  掻巻刎ねのけて立ちて、進み寄り  這ひ寄り  其処に寄り  みんなが行って寄り  そばへ飛び寄り  一日机に寄り  旦那、ちょいとお寄り  帰りがけにお寄り  左に寄り  実家へ寄り  傍に居寄り  かたわらに居寄り  童飛ぶごとくに馳せ寄り  パッパッパと進み寄り  方に進み寄り  足もとにも寄り  まわりに寄り  一文字にぞ寄り  加藤へ寄り  玄関に寄り  ちよいとお寄り  檐近く進み寄り  一應手前どもへお寄り  留雄に寄り  名古屋松竹座へ寄り  旬報へ寄り  日本劇場へ寄り  病院へ寄り  オリンピックへ寄り  ルパンへ寄り  マルヤへ寄り  ビクターへ寄り  スエヒロへ寄り  松喜へ寄り  見舞に寄り  とこへ寄り  楽屋へ寄り  ニューグランドへ寄り  タカザワへ寄り  竹川旅館へ寄り  理髪へ寄り  名物食堂へ寄り  笑の王国へ寄り  それからクラブへ寄り  竹川へ寄り  今朝へ寄り  書記が寄り  椅子に寄り  裸男に寄り  時ようやく這い寄り  真一文字に寄り  初めよりして構いつけられぬが、なお気に入らず進み寄り  ために寄り  それから郷里に寄り  何かに寄り  微粒子が寄り  人々が寄り  一筋右に寄り  怒りければ、寄り  変へただけで寄り  房一に寄り  教員に寄り  露にぬれておもたく寄り  海から神の寄り  神の国から神が寄り  花に寄り  四十人も寄り  手摺に寄り  煙草恵めと寄り  一歩進み寄り  北端から稍東に寄り  銀之助に寄り  親爺達が寄り  其処へ寄り  三人が寄り  親戚故旧が寄り  道づれとなり、離れ、寄り  男はぴったりと寄り  次第次第に進み寄り  帰りに寄り  窓下へ寄り  ひとりに寄り  立ちも寄り  岸辺に寄り  炉に居寄り  一塊りに寄り  がやがやと寄り  村の寄り  横皺が寄り  屋敷に寄り  かたよりに寄り  片方に寄り  正夫がそっと寄り  もう一度雌に寄り  禅坊主だけ寄り  四五人も寄り  者近く寄り  娘に云い寄り  通人連が寄り  もう少しこちらへ寄り  僕に寄り  勇気を振い起して見ても、寄り  背中まで寄り  因子が寄り  りりと寄り  枝に寄り  出し口に寄り  本田にも寄り  そばへは寄り  皆其処に寄り  みなが寄り  小池に寄り  時はお寄り  浪を泳ぎ寄り  縁に寄り  近くは寄り  アずつとお寄り  わたくしは走せ寄り  一時預けにすると、寄り  しろにしのび寄り  気に寄り  諛ひ寄り  下に進み寄り  漂ひ寄り  私が寄り  匐い寄り  枝はすっと駈け寄り  人たちが寄り  女たちが寄り  岸に寄り  時三者あひ寄り  納所坊主が寄り  芝居好きで、時々に寄り  経験が寄り  一つ所に寄り  方に寄り  四十、年が寄り  身を寄り  妾とこへもお寄り  ドヤドヤと寄り  足もとへも寄り  のを寄り  ズイと寄り  侶は互に寄り  先方から車を止めて寄り  傍に駈寄り  波打際に浮き寄り  数が寄り  同人が寄り  城寨に駈け寄り  人魚はじめて流れ寄り  家あり、寄り  部分品が寄り  ばらばらと寄り  お客は寄り  長崎などへも寄り  親戚故旧打ち寄り  押丁ら打ち寄り  親戚ども打ち寄り  帝国ホテルに寄り  一塊、寄り  浅倉屋へ寄り  暇乞に寄り  枕元に進み寄り  棚下に寄りそいて寄り  ここへは寄り  根方へ寄り  何か、寄り  側に進み寄り  それを聞いて寄り  障子へ寄り  美術館に寄り  くじらが寄り  湊へ寄り  海岸に寄り  小さな場所に寄り  風を仰いで寄り  常世浪に乗りて寄り  足元へも寄り  魂の寄り  時代に、寄り  御子に寄り  冬季に寄り  処へ寄り  わらわ、打ち寄り  友人が寄り  室へ寄り  手を取らぬばかり寄り  二人は互に寄り  町ハンゴへ寄り  匍ひ寄り  われに寄り  文藝春秋へ寄り  しわが寄り  能はず、寄り  源吉に寄り  方へ進み寄り  もっとこっちへ寄り  

名詞

寄り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
寄りしてみた  寄り上っていたという  寄りあがっていたとありましたが  寄り集まっている  寄りしないでせう  寄り集まって小声で囁き合った  寄り集まってくる  寄り進んできた  寄りといつたら  寄りより鳩首凝議しておるとの  寄りになりましたろう  寄りの一手にぶちこんできた  寄りの一手で出てくる  寄りとはいえ  寄り下されい  寄りそっていたという  寄りそってくるし  寄りて見物す  寄りになりませんか  寄りする気になって  寄り集まって評議した  寄りもしないし  寄りより話し合っていたが  寄りなすって雨宿りをせられては  寄り集って来ては  寄りもしず  寄り集まってできた  寄りになったから  寄りなすつて下さい  寄りはしまいで  寄りを攻める  寄りはしないかと  寄り集ると火の手の工合だの逃路の相談などをせずにいられなかった  寄りながら云った  寄りになって  寄りになったら  寄りの坐る  寄りになる  寄り集って来た  寄りあつまりながらなかなか頭脳のいいことをやるので  寄りしていろいろの画を見せて  寄りになります  寄り集まってはささやき合い  寄り申そうと思っていた  寄りそっている  寄りが悪くなった  寄りがあるからな  寄りでひよつと  寄りに特有な気の廻し  寄り申すところがありますから  寄りになるとおっしゃったから  寄りがあり  寄りあつまって馬鹿話に夜をふかすばかりか  寄りあつまる所へ努めて  寄りといったら寄っても  寄り集まって金色の魚の話をした  寄り集まって粗製拡声器の美しからぬ騒音に聞きほれている  寄り着かれた  寄り申してくる  寄り集まった大勢の野次馬が加わって  寄りそいになった  寄り軽く頭を撫った  寄り集っていた  寄りして来ましたの  寄りでもした  寄り集まったときに心ゆくばかりに  寄り集まって来た  寄りするって言っといてくれ給え  寄りになった  寄りしたのはほかでもありませんが  寄りになったという  寄りになりましたか  寄りかぬる  寄りくださいます御好意を拝見いたしましても  寄りになりましたら  寄りにならなかった  寄りになり  寄り集った人波の呟きから  寄りになったが  寄りさせようと  寄りするのを妨げられる  寄りたまひぬ  寄りなどして  寄りになりました  寄り集まって食い尽した  寄りなさりませ  寄りを知り  寄り附かうとしない  寄りながらシオシオと頭を下げた  寄りがあって  寄りになっていらっしゃる  寄りそって歩いたが  寄り集まった眼球がみんな私たちを仰向いている  寄り集って拵らえている  寄りの動きも知つて居るし  寄りはしませんから  寄りなされたが  寄りたかるテュロたちの一人一人に突っかかって行く  寄りそって進む  寄りらしく同じことをいつまでもくどくど繰りかへし話すと  

~ 寄り[名詞]1
みんなは寄り  ひとの寄り  山と寄り  各地から寄り  手を取りあい寄り  何事も考えずに寄りの  三根山が寄りの  一手でみがきあげた寄りとは  ように寄り  急に寄り  ものは寄り  言ひ寄りも  夫婦で寄りより  自然に寄り  こちらへ寄りは  鯉の寄りが  先生をきらって寄り  宅へ寄りは  腕椅子にもたれ寄りながら  公衆の寄り  連中の寄り  朝から寄り  日済の寄りの  低みをえらんで寄り  常連の寄りが  町内の寄りで  腕をくむばかり寄り  脂肪の寄りが  諸人の寄り  人々は寄り  其方へ寄りや  用事を忘れて立ち止まり寄り  後から寄り  方へ進み寄り  だれかうかがい寄りでも  娘っ子の寄り  そうに寄り  言ひ寄り  側へ寄りなど  阻止しようと寄りより  心は寄り  つて魚の寄りを  腰ぬけの寄りじゃ  眉をひそめて寄り  前に駈け寄りながら  断崖絶壁の寄り  そばに走り寄り  何度か寄り  下で寄り  己らの寄り  近在から寄り  魚の寄りの  

~ 寄り[名詞]2
近々と寄り  

複合名詞
寄り集つて  西練兵場寄り  床の間寄り  寄り合  丸の内寄り  西寄り  寄り威力  下手寄り  土橋寄り  かい寄り  東寄り  ロッジ寄り  歩寄り  お立ち寄り  寄り添つて  坂の下寄り  男坂寄り  思い寄り  艫寄り  橋場寄り  其似寄り  亀井戸寄り  上野寄り  病舎寄り  寄り添つて森  如く寄り添  デジタル寄り  寄りざま  信濃寄り  北寄り  上寄り  道寄り  御立寄り  左岸寄り  仲見世寄り  柱寄り  寄り集り  寄り場  あっち寄りこっち寄り  右手寄り  寄り身  土蔵寄り  海辺寄り  伊豆山寄り  海岸寄り  寄り申  橋寄り  一つ西寄り  羽寄り添  南寄り  玄関寄り  駅寄り  桜田門寄り  まま表口寄り  寄り集り者  美濃寄り  川岸寄り  山寄り  走り寄り二人  岸寄り  大学病院寄り  左手浦賀寄り  千駄崎寄り  河原寄り  崖寄り  長谷寄り  深川寄り  田圃寄り  寄り勝手  寄り足踏み  寄り集まり  北国寄り  一人寄り二人集まり  ぴつたりと寄り添つて  窓寄り  扉寄り  同好寄りつどつて運座  寄りつけ  寄り眼  一杯寄り集  前寄り  一番前寄り  船尾寄り  寄りどころ  親父橋寄り  寄り合世帯  公園寄り  四五人寄り  欄干寄り  天王橋寄り  東本願寺寄り  門跡寄り  二重橋寄り  山手寄り  つて寄りつけるこつちや  みな寄り  寄り身捨て身  走り寄り  偏寄り  寄りツキ  寄りあい  二人寄り三人  左手寄り  利根川寄り  西南稍未寄り  フットライト寄り  東浦寄り  寄り届書  代り立代り寄り  寄り下  床寄り  本土寄り  石見沿岸寄り  海寄り  三人打寄り  ひがし寄り北谷  外寄り  浜寄り  藤沢寄り  中央左手寄り  持寄り  何所一つ道寄り  うしろ東寄り  寄り合つて  東国寄り  横寄り  湖寄り  頼寄り  尾張町寄り  路寄り  広小路寄り  川寄り  右舷寄り前方  芝寄り  堤寄り  柳橋寄り  本所寄り  三人寄り  摺寄り  親類縁者一同寄り  寄り合つた蓮  ぴつたり寄り添つて  寄り神  お茶の水寄り  磯合寄り  テームス川寄り  正門寄り  膝行寄り  右手寄り四本目  葉寄り  左手小路寄り  寄り具  寄り木  端寄り  戸袋寄り  大隅寄り  霜寄り  一人寄り二人  シベリヤ寄り  河岸寄り  大勢寄り  一真寺寄り  横網寄り  城寄り  柳原寄り  寄り集つたの  日本橋寄り  寄り給  三ツ岳寄り  手寄り  共寄り給  玉藻なす寄り  北方寄り  ぴつたり寄り添  立ち寄り  安東寄り  縁側寄り  ジフ寄り  寄り浪  人寄り  伏見屋寄り  弁天寄り  心寄り  玄性寺寄り  親類うち寄り  誰ひとり寄りつき  大音寺前寄り  山脈寄り  観念寄り  印象寄り  東海岸寄り  中国寄り  舞台上手寄り  一同寄り  一度お立ち寄り  寄り鯨  停車場寄り  東南寄り  みな寄り集つて  スイス寄り  両国広小路寄り表通り  両国寄り  下田寄り  山の手寄り  港寄り  寄り血刀  寄り集まつ  寄り度  玉座寄り  目白寄り  板塀寄り  支柱前方線路寄り  南寄り東  寄り所  八郎潟寄り  左舷寄り  右舷寄り  奥寄り  馴寄り水  裾寄り  法師岳寄り  近く寄り  太平洋寄り  日本海寄り  正面右手寄り  舞台右手寄り  平野村寄り  旭ヶ丘寄り  上諏訪寄り  寄り声  差寄り  つて応接間寄り  正面寄り  日比谷公園寄り  者寄り集い水  寄り合ひだ  熊野浦寄り  寒寄り  重役打寄り評議  ズット北寄り  泡寄り  寄り來ざらめ  まひ寄り  山岳寄り  奥州寄り  



前後の言葉をピックアップ
寄りかから  依り  縁り  拠り  より  ヨリ  与里  縒り  寄りかか  由り


動詞をランダムでピックアップ
うながすうごめい語り合うさすり揚がっ届き標すしゃくう貧し涙す貪り潤っしめるゆれ鈍りすくま吹き出さしさり欺か一旗揚げれ
形容詞をランダムでピックアップ
難きすばやややこしく切なしおそくっ薄暗惜しかっ淋しゅうかるがるしくあかぐろくおしき細かき目覚ましかっ生臭あぢきなくさうなしばかくさい痛きすさまじかっあらかっ