「安」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 安[形容詞]
あんまり安  世に安  安っぽい安  むろん安  ことに安  自ら安  初めて安  である安  どうしても安  若い安  少し安  いつも安  ない安  さも安  ちっと安  本当に安  たぶん安  つつがなく安  今や安  唯安  何ぞ安  どんなに安  低い安  だって安  やや安  冷たい安  余り安  一見安  とある安  なぜ安  比較的安  小さく安  少々安  わるい安  うす汚い安  静安  もちろん安  すこし安  決して安  弱い安  ですよ。安  なく安  新しい安  きわめて安  おのずから安  未だ安  どうして安  多少安  から安  なんだか安  もう少し安  位安  貧しい安  仮令安  下層社会安  何だか安  我々安  

~ 安[形容詞]
それこそ安  小成に安  清貧に安  居に安  ことには安  私は安  倹素に安  生活費の安  縁は安  百円でも安  上に安  頽廃に安  生活に安  何か安  人間は安  人も安  概念に安  獲得を安  系列的分類そのものに安  関係に安  諸君らは安  心を安  風習に安  値が安  心が安  意を安  気も安  ファッショ的勢力は安  誰が安  殻に安  先祖の安  さに安  之に安  給料の安  常習に安  力に安  此生活に安  方便に安  人民を安  宸襟を安  こころを安  無事に安  民を安  船賃も安  それが安  境界に安  功に安  ときには安  万民は安  変化に安  九泉に安  癖に安  主人が安  住民は安  功として安  虚名なんかに安  気が安  つたといふほど安  分に安  何といふ安  好意を安  教師も安  これを安  此際僕の安  妹の安  彼女は安  自分らの安  我々が安  自分は安  そのままに安  魂を安  世界に安  そこに安  心は安  心の安  何しろ二十五銭じゃ安  事が安  定めに安  境遇に安  今度は安  設備が安  傲慢に安  小乗に安  きものの安  孤独に安  境遇にも安  人情に安  亭を安  設備の安  身体の安  万年筆は安  絶望に安  ここに安  此優遇に安  安逸に安  功利的道徳をも安  良民は安  自負に安  心臓を安  外国煙草からおのが安  外國煙草からおのが安  人生に安  病人は安  今日の安  職業に安  米の安  野菜の安  私として安  木賃二十五銭は安  五銭は安  ただ生を安  自己満足に安  当り前の安  塩の安  淡々なりとも安  船上山へ安  わたくしは安  気持が安  通知状か安  玄機は安  友と安  ツてまでも安  懐ろに安  芝居が安  一枚三文とは安  あとを安  尊氏はいぜん心の安  一日も安  所信に安  無の安  つて無の安  確信に安  料金も安  偏狭に安  關係に安  極度に安  其奴が安  床上に安  高禄に安  窮乏に安  物価の安  人民は安  値段の安  富貴に安  のに安  伝六親方の安  生を安  他に安  彼女の安  思想とに安  地位に安  地位の安  五十銭は安  運命に安  値段が安  間の安  指揮に安  一族を安  俺は安  編み賃四百円は安  これでも安  われも安  経師屋の安  事に安  信念に安  何となく心に安  成果に安  誇りにも安  ホールドに安  邊力をぞ安  それに安  現実に安  地位には安  兎に角小成に安  区分に安  宿命に安  敢て安  席の安  通信の安  割合物価も安  自己を安  後ろに安  お前は安  最上のものとして安  余輩の安  馬場の安  先は安  あすこが安  これに安  意外に安  ことに安  もっとも安  方のは安  生命財産の安  陋習に安  非難をも安  自己に安  住宅の安  どこに安  高踏に安  だいこんは安  直吉は安  調和にこそ安  肩が安  貧に安  財産の安  ことを安  宿は安  園囿に安  私に安  彼は安  伝統に安  肉體を安  肉体を安  雪の安  

[形容詞]
安香水  安ん  安げ  安さ  安料理  安もの  安ッポ  安贅沢  安飲食店  安けき地  安ウイスキー  安二郎  安けく眠り  安時  安まら  安菓子  安日  安のん  安浪人  安お召  安旅籠  安歌舞伎  安酒場  安人形  安ホテル  安南人  安焼酎  安すぎるよう  安すぎるの  安過ぎるっていうん  安過ぎるん  安すぎるとの腹  安サラリーマン  安奉線  安からん  安過ぎるの  安惣菜  安市城  安茶屋  安煙草  安醤油  安長屋  安下宿  安葡萄  安ぞ井上  安御家人  安そう  安宗  安でき目玉  安駕籠  安イカ  安アパート  安縮緬  安けく暮され申  安過ぎるというの  安すぎると云  安泊  安兵  安借家  安みてぐら  安曾根  安洋食  安宝石  安から  安藤阪  安グリル  安得烈  安まって安心  安過ぎると思  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
安は志津達姉妹の色白で美しいのを自慢した  安は勝気者だったが子供が無かったので隣村の大屋から姪を連れて来た  安も目をつぶってゐた  安は満足な顔をした  安も顛倒した  安がぽっくりと死んで行った  安の影のやうに生きてゐた  安は口癖のやうにそれを云ってゐた  安の死んだ  安の國くにのまほ  安固な土台に立っていると  安固なものにするのに  安からしめ  安からし  安がまた来た  安が来たって  安が帰った  安のところからでもいい  安んじさせなかつた  安は出かけていって  安もそれには駭いたが  安はしかたなしに耕して  安息む暇がないうちにも弟を小学校に出し  安まった心持で居るに  安からしめるにある  安かな寝息を思わせるとは云え  安という物馴れた  安も仕事の手を休めて  安のんな生活から云々と云う  安かな眠に入つて了ふ  安に声を出して読ませた  安は面会に出てきた  安だけが面会に出掛けて行った  安は長い間その人から色々と話をきいていた  安が書いた  安は来ない  安の電報を受取って  安は急に渋って  安の顔をみて  安もへんだと思ったか  安は白足袋の爪先をきっちりと揃え  安を車に残して  安は大袈裟に首をひねって  安はニコニコ笑いながら  安は滋子のそばへいざり  安の顔を見かえしながら  安はうなずいて  安に見られたという  安と向きあって  安は茶碗を手に持った  安は天井を見あげる  安かな手足を横たえた  安寝し  安は連れて来た  安に手を引かれて  安は埋めた  安も埋めようとは試みなかった  安が来たので  安賣りをすると  安にこそ興を見れ  安を求めざる  安はすなわち安なりといえども  安なかおをして  安を偸んでわずかに頭を休めた  安は裕福でない小商人へ縁づいたが  安ぞ井上伯の入閣中止の結果ならざるを知ら  安を謀ら  安かりし心にはかに騒ぐ  安からぬけふ  安ずること能はざる時に当りて  安受け合ひして来たのであらうとは  安からしめたという  安は又からかふ  安の方へ行く  安の肩を叩く  安といふ女を連れて  安を使つて或日の晝餉の仕事休みに裏庭へ連れ込んだ  安はおすがと  安を使つておすがを呼び出す  安は用のある振で  安が折角やきもきしても  安は少しきまり  安は真面目になってうなずいた  安の阿  安という女が重箱に忍ばせて  安という女と駈け  安というんだろうと思う  安という娘を貰って  安と姉妹のように育てていたが  安という娘は死ぬ  安という娘の回向をしていた  安の影が付きまとっている  安の成仏を祈り  安の亡霊がたしかに自分と道連れになって来た  安の祟りが  安の幽霊と道連れになった  安の亡霊が影のように付きまとっている  安の死霊の恨みを解く  安という女の執念はいろいろの祟りをなして  安という貰い娘をむごく追い出した  安の一件をくわしく話した  安の幽霊らしい若い娘と道連れになった  安のことをもう一度訊きただした  安の幽霊一件を同心らの前ではまだ発表しなかった  安をむごたらしく追い出して  安と同い年で死んだので  安の死霊を種にして  安の幽霊に化けた  安受け合いに受け合ってしまった  安のような職人とは違って  安の口から更に不思議なことを聞かされた  安は頭から衾を引っかぶって  安に注意する  安も云った  安に聞きただすと  安がそう云っていましたっけ  安を得つ  安んじさせる  安という女が突然発狂したとでも思う  安は店の奥を睨みながら怒鳴った  安を取押えて  安という気違いじみた  安もさすがに追って来なかった  安に似た  安という女が四郎兵衛を悩ました  安という女はそれを怨んでいて  安という小綺麗な女がいる  安という女を写生したいという  安の幸か不幸か判らなかったが  安にむかって  安を口説き落させようと考えた  安を説き伏せて  安に渡された  安はなんと思ったか  安はどうしても承知しない  安は肯かない  安は喜多屋から突然に姿を消した  安に手古摺った  安に執殺された  安が喜多屋を立去った  安の消息は知れなかった  安のかたき討はさざえのつぶてで済んだ  安は相変らず  安は金を貰いに来た  安の叔母が藤沢にいるとは聞いてもいましたが  安もここまでは付いて来ないだろうと  安はどうした  安の裸体画をかいた  安固幸福にする  安からしめる  安まっていった  安固にしようとした  安固にする  安固にもし  安じるべきであるに拘らず  安かなる  安の隣りにいた  安固ならしむる  安固とを得んとする  安ぽい直ぐ欄の倒れる  安受け合いを後悔した  安とかいう女と取りちがえていらっしゃる  安などとおっしゃると  安だからお安だというのに  安とやらだとおっしゃる  安からしむべし  安からざるを覚えし  安あがりだと考へて  安易きはまる優越は微塵に砕けて飛び散  安かありません  安のやつ苦しがって  安から江を渡って  安にすぐ来る  安と肩をならべて  安がいない  安はやにわに文次の腕を取って  安がいった  安の手で難なく蓋が持ち上がった  安から受け取って  安を促してあとずさりし  安は上半身を前へかがめて  安を従がえて  安とならんで  安へ向かって  安は蒼白になって  安がよく知っている  安に鋭い一瞥をくれた  安は頭をかいて  安の眼にふれた  安は守人のあとをつけて  安に守人をまかせて  安をみつめた  安をめがけて打ちおろそうとした  安もそのままにして  安がこっちから見ているとも知らずに  安をにらんで  安がいるから  安はとん  安賣りするばかりである  安受け合いをした  安慮奉  安慮可レ被レ遣  安つぽい態度をして  安まった気持の深さとがいかにも工合よく調和していて  安は治郎作の聲を聞くと  安はただ笑つてゐるより  安といふ戀女房を得てから  安に盃を獻したけれど  安は相變らず笑つて受けなかつた  安あがりかも知れんと  安からざらしめ  安の河天の安の河原天の八十平瓮天の八衢天の八重多那雲天一根天比登都柱天若日子天降  安の直近つ淡海の安の國の造道反の大神力士千座の置戸道敷の大神知多の臣千鉤千千都久和比賣の命千千速比賣の命千鳥血沼の池血沼の海血沼の別智奴の王千入千葉ち  安固ならせる  安寝しなさぬ  安受け合いをして置きながら  安を得るより  安に寢てゐた  

~ 安[名詞]1
國うら安の  現実で安  地位を安  業を安から  精神を安から  身を安から  何んで安が  養子を貰うなら安の  人を安ん  生に安から  筆の安かな  貸し車をしている安という  キャフェと安  居を安から  自分が安の  熊本にて安か  パリニツクという安の  下に安かな  流石の安も  植木屋の安が  清五郎と安が  バラック立の安  豫言の安  音はうら安にこそ  静を買い安を  安心したらしい安  生活の安を  姑息の安を  雲泥の安  内閣一日の安を  君を思へば安  網うつは安から  朝夕を安  それを安  民を安から  アリァリァ安か安か  七は安  石屋の安の  鷦鷯一枝の安を  良心を安ん  生活を安  物価を安から  心は安  眠りぞ安  市を安  自由と安  自分の安  一生を安から  先生と安の  心を安  心をも安から  座の安から  人の安  ロマンチックぢや安  一字を安から  文次は安と  はずの安が  文次は安の  文次と安は  文次と安が  文次が安に  文次も安も  文次と安の  不思議そうに安を  守人も安も  低頭を安  寄稿の安  有つたお安の  宿より安  魂を安から  斑駒天の安の  #天の安の  淡海の安の  生命を安  一心の安を  九十年前は承安の  精神を安  室で安に  

~ 安[名詞]2
まもなく安  いと安  そう安  一層安  かえって安  もう安  ない安  なく安  ずっと安  その安  とても安  いとも安  とお安  どうして安  すぐ安  とにかく安  なかなか安  じろりと安  猶安  

複合名詞
安香水  一寸安  心安  安ら  易安  安様  知足安分  安六君  安兵衞さん  龜藏安受合  安分知足  後世安樂  安売  とり安  徳安爆撃同乗記  徳安爆撃行  安靖  安州城南  レ安明主日  こと安  東安市場  てる安  一人きり安火  興安  興安嶺  一九四二年五月延安  王安石  安まり  孟安仁  時孟安仁  安照  安蓮導源  樋口苦安  果安・人  さ安けさ  安さん  安さんたち  静安  安さん夫婦  安酒  安二郎  毎晩安二郎  安店  劉安  十二伯耆安綱  埴安  聖人安レ死  而希レ安レ死  有二安流一  安流  生涯安身  学者安身  兄安日  安日  安やす  安民楽土  兼安  女髪兼安  右近三郎兼安  髪兼安  妖刃女髪兼安  建安元年  安慶  建安二年  安民  馬鹿安  小津安二郎  安渓遊地さん  安渓さん  建安四年春三月詔  建安四年六月  建安  建安四年  建安五年十月  建安六年  建安七年  建安九年  建安十年  建安十二年  諒安  とき諒安  諒安自身  いつか諒安  丁度諒安  建安八年  建安十三年  安林  富強安民  安養  建安十三年十一月  建安十三年冬十一月二十一日  とき安車蒲輪  建安十四年  建安十五年  建安十八年  建安十八年春二月呉侯孫権書  得安  とき建安十九年十一月  建安二十一年五月  魚安  むしろ安時計  此心安  建安二十四年  建安二十五年  安漢将軍糜竺  建安二十六年  植安  守自ら安ぜん  偏安的  巾掴的平和論ニ安ンズルヲ得ベキ  安薬  南安  偏安  安筆  巾幗的平和論ニ安ンズルヲ得ベキ  十分ニ安意シタル所  孔安國  孔安國注  尚書孔安國鄭玄注  安寿  永享文安  安泊り  安火  安公  安君  安栄旅館  みな安南人  安靜  安ずし  五割安  却つて安靜  只安ら  巡査飯田栄安氏  右田因幡統安  加藤安太夫  丞粕谷十郎倉富利秋板垣七之助東郷八右ヱ門黒田清兵衞澁澤隆榮高橋門次澁谷安右ヱ門眞鍋武利楠次郎正幸清浦善次郎平田東右ヱ門野村惣三郎中田清次郎安田作右ヱ門岡崎藤助井上次郎淺野長義松井藏  なほ安  最近安二郎  安死術  安南王  前夜安南王  安南  安南独立党  日安鉱業  東京麹町区内山下町帝国ホテル内安南帝国皇帝宗竜王宛  ところ安南  安亀事安井亀二郎  安亀  夏時分安亀  安南国皇帝宗竜王  安亀一味十名  安南皇帝宗竜王それ自身  安亀一派  休安  室町時代文安  心安だて  幸讚岐國安益郡之時軍王見山作歌霞  安寿津志王  悲劇安鎮清姫日高川  かん安売  安政三  武蔵住安重  村安  値安興行  蔡節齋松裏安亭松作門  二十九日安南沖  価安  対外為替安  割り安  かく安  安寿丸  ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学  王安石也  蘇我果安  安重根  興安駅  興安嶺隧道  興安嶺トンネル殺人事件  興安嶺殺人事件  興安嶺隧道殺人事件  安有二富強  日本部支那部安南部  建安十九年  二偏安一  寢不レ安レ席  當下劉安聞二豫州牧至一  是非安市城  王安石ら  佛領安南  安目  怠惰安佚  孔安國傳  安樹兄  ー安ウ  安意  長谷川卯兵衛安備  安石  謝安石ヲ用ヒヨ  如く安樂  安衆房  安名  安名失望  一二安名  報二任安一書一篇  益州刺史任安  報二任安一書  米価安  禅ニ安ンジテ毒竜ヲ制ス  原安民氏  延安府  から安  安綱  値安芝居  蝙蝠安  高橋安二郎君  平行安  一見安長屋  自ら安むぜざるものゝ  謝安  宿屋安けし我が家  縁日安売全集予想  縁日安売  野田安さん  加治源太左衛門安綱どの  濟國安民  鋸安  安後楽  亀安  小間物屋亀安  亀安自慢  安婆さん  安さん婆さん  武蔵知安氏  安らけさ  竜安石  ラ謀ランレ安  偸ミレ安  安武之功居ルレ  安武之家モ  邸吏到レバ則チ安武也  いふ安  諸事安  安期生  安祥  天安鞍  安まりそう  安かな心  安ちゃん  拳々安  ア安  アリァリァ安  十円安けり  安さん一人  當時安樂  夜一夜安氣  みんな安更紗  候安縮緬  安餅屋  みな極楽安養  安旅籠  王安石以前  三文安  値安  治国安民  如く安ら  即日安  繭安  天安  この間鳥安  鳥安  先だって鳥安  安針町  安針町裏店  自ら安ずる処  泰安さん  泰安  国高安  帯安  帯安あたり  文安  末吉安恭さん  なんざ安でき  安構え  父栗山利安  利安  此時利安  利安等  大音安太夫  父利安  薩摩藩士前田善安  安ひとり  安煙草  安富之綱  安油  室町時代文安元年  一晩安  文安三年十二月二十一日条  安養世界  ぐるころ安成子  安成子  安永二  備後國安那郡  越前直安  精神安慰法  安名尊  五升安  安二年  十分安靜  同時王安石  安院淨譽清頓信士  舅潘安仁外甥  子爵曾禰安輔氏  住人安東又太郎季長云々  文安二年  安政二  ため安政三  安政六  徳安攻撃部隊  孫寿安  代用安絵具  ちい蝙蝠安  便安  永久安棲  安都玉村  一家安  料金安  御門小安殿  末吉安恭氏来示  北島壽安  銀安  安いとこ  釈道安  安兵衞  安兵衞夫婦  琉球学者末吉安恭さん  寛永元年五月安南船長崎  寛永元年五月安南国  はくづれた安摩  眞境名安興君  勇將攀安知  それゆえ安火  安十郎  必竟長人安民  結局安國  所謂孔安國  泰安門  春彦源左金吾頼家下田五郎景安金窪兵衛尉行親修禅寺  春彦源左金吾頼家下田五郎景安金窪兵衞尉行親修禪寺  隨分安  丹左衛門尉基安  基安  農安  天安河原  惜む年少安  能くも安  屋根安  つて安ん  安麻呂  フヲ安ミ  チョビ安  チョビ安さん  以前チョビ安  チョビ安兄ちゃん  チョビ安ともども  安辺  萬安楼  嵯峨寿安  奇矯児寿安老人  安料  時安さん  幸い安さん  ただ安さん  米利安  ただ安  只安らけさ  伯耆安綱  安麻呂執筆  安士桃山時代  安嘉  安寿その他  安殿  安殿皇子  埴安池  岩倉城主織田信安等  其目安  菊安  思つて安ん  安祥以来  寺島良安  北畠秋安  秋安  秋安太刀  秋安一見  秋安様  松永安左衛門  一気安  国境安別  君安  建安郡  晋安  鄭安恭  呂安老  瑞安  帰安  帰安県  山麓蘆安村  仁安二年  延安  安寿姫出生  安寿姫  安寿厨子王津軽人説  安寿厨子王  私たち安寿厨子王  安生寺垣内  安生寺縁起  御免安  雑株安  王安石時代  佳安  安もの買  仁安二年十二月九日条  時建安  安お前一つ  安能久事二筆研間一乎  下層社会安飲食店  安祥旗本  わたくし安萬侶  朝臣安萬侶一  美食安佚  朝臣安萬侶大野  宿禰安  河安萬侶  仙人安期生  胡国人安如宝  安知二天子尊一  安生  古川殿安生殿  むじなどもが安  国幣中社安仁神社  安仁神社  延安政府側  宴安  暹羅安南  安養浄土  仁安三年  校長兼安光次郎  安貴王秋  安貴王  



前後の言葉をピックアップ
野洲  野洲川  やす    やす  安さ  安上がり  安上り  安明  泰明


動詞をランダムでピックアップ
憎ま容れんだまっ溶けだすさわぎだすわびよ為さるたすけだすしずれる接いなだれこみ借受ける飛び付い噴けつかま行き詰ら浮きたた遣り過し果しさまたげ
形容詞をランダムでピックアップ
おもくるしむつまじたのし堅し欲しくっ憎々しくにくかっ居たたまらない慕わしく図図しい程よいこよない末頼もしい羨ましからけたたましかしましい片腹痛忌わしい良し