「孤」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
孤り静かな印度の縁覚を目のあたりに見る  孤り人間の群やらはれて解くに  孤を滅ぼして  孤の面に似ている  孤おふでなどの  孤り遠ざかって  孤坐している  孤をかきながら  孤りの村へ遁走したので  孤の少女の額にあらはに見る  孤り胸を満す寂寥に堪えかねて書いた  孤つなるは  孤を奉じて  孤を託すぞと  孤を大事と思わば  孤を守る  孤を託す  孤に対して七千円を分割し  孤り残された  孤りで病院で死んで行く  孤つ家であると覚悟して  孤り辿りゆく  孤りの閨を守り通した  孤り高く浄しという  孤にておはしますとも  孤坐していた  孤りで起居している  孤疑し逡巡し  孤し児で暮しに困った  孤し児の娘を連れて  孤を擁して  孤の煢然たる影をも納めて  孤りの己れに爽やかな悦びを感じてゐた  孤りで辿る  孤りでゐる  孤にして  孤りでいる  孤り立てるは  孤り奔せぬ  孤り住む  孤り空しくわれは咲きにほふと  孤り立つを  孤坐した時の自分のこころもちを思いかえした  孤りで行って  孤りぼっち  孤坐つてたことが有る  孤坐して王次回が疑  孤りでゐたがる  孤りで高い所にいるといった誇の  孤より衆へ通じ  孤座している  孤をめぐりて  孤なるにあたりて消し  孤ならず必ず隣あり  孤の寂寥をいかに楽しむか  

~ 孤[名詞]1
眞晝を孤  かくて孤  太閤の遺孤を  真昼を孤  旧臣の遺孤  人々から孤  一室に孤  書斎に孤  両足で孤を  首を振りながら孤  徳は孤  玄徳の遺孤を  蜀の孤を  辺が遺孤を  われ先帝より孤を  未亡人や遺孤に対して  松崎大尉の遺孤  人つひに孤  間から見える孤  運命を決する孤  すゝきをかきわけかきわけ孤  留守居をして孤  今こそ孤にて  なかに孤  赤坂城は孤  娘は孤  やうに孤  かしこに孤  伯母の孤  國に孤  われこそは孤  方に孤  土地へ孤  ボンヤリして孤  下に孤  千々岩安彦は孤  あはれなる孤  村にあわれなる孤  流れは孤より  中に孤  大なる孤を  猫八の孤  

~ 孤[名詞]2
まことに孤  まるで孤  この孤  つねに孤  やがて孤  その孤  我が孤  一歩々々孤  なく孤  たった孤  何となく孤  いつも孤  そういう孤  

複合名詞
孤忠  孤寒  孤愁  孤寒抄  六句集孤寒抄出版  孤萍  孤囚  孤寂  孤獨  山口孤劍  山口孤劍君  同志山口孤劍君  孤兒  鐘孤棹宿楓橋  山窗宿鳥驚楓橋孤泊處曾聽到船聲  江上孤峰蔽二緑蘿一  孤峰  孤身苦闘  孤屋  タッタ一ツ孤光燈  孤家  孤蓬雨  孤巌  孤峭  慢性孤獨病  孤ぼつ  孤衾如水已三年  孤兒院  孤山  寂々タル孤鶯ハ杏園ニ啼キ  孤樹  孤雲野鶴  水抱巌洲松孑立雲竜石窟仏孤栖とい  孤駅  孤煙  孤掌  孤禽  孤子  孤獨氣  孤窮  足下不死孤  孤獨地獄  孤徽殿  孤鶴  徳孤  父ナキ兒童ガ孤兒ト同一ナル權利  孤兒院ニ收容セザル所以ハ  保護者ナキ孤兒ハ國家  多く孤獨  つて孤獨  孤英雄  孤巌頭  駒草孤  孤館  独善孤調  孤驛既  孤身  孤鞍衝雨  深夜孤  孤座  孤居  三宅孤軒君  われら自ら孤寂  登江中孤嶼  孤篷泊處雨蕭蕭  深夜孤燈  孤燈沈  孤座紙  ひとり孤境  孤獨生活  孤兒院設立  孤墳  孤飛蝶  却つて孤獨  紫野大徳寺孤蓬庵  鰥寡孤獨  身死魂孤骨  孤業  孤秀頼君  孤棲  孤節紅葉山人  清節孤痩  孤光  連日孤  孤燈燃客夢  孤寂そのもの  一孤邱  單純孤獨  勢力孤弱  一孤峰  政治的孤兒  孤帝  蟇田素藤南面孤  孤燈  男湯孤  孤貧  清悦孤貧頌  一そう孤愁  孤松氏等  孤松氏宅  孤松氏  孤松氏尽力  龍顏一笑認ム二孤忠  身死シテ魂孤ニ骨収メラレズ  孤風  孤鼠  孤線  孤身漂零  独学孤陋  孤格子  単身孤往  零丁孤苦  孤芳  孤芳ひとり  孤牝  孤壘  孤女院  孤ひとり  孤峯  空中孤月輪江畔何人  孤衾襟  孤蝶子  孤傲  山中孤家  狷介孤嶂  孤窶  孤身飄然  一鉢千家飯孤身幾度秋不空  孤身幾度  孤女  光含院孤峯心了居士  法名光含院孤峰心了居士とい  殆ど孤獨  乍ら孤  孤飛  六尺孤安在  小堀孤蓬庵  燈下孤  孤猿  昨日孤家  孤踏夫人  日孤踏夫人  山林孤棲  孤松  孤山沖  孤洲  孤棲生活  孤獨ぢ  汝孤  強孤形  孤形  孤丘  二椀孤悶  孤篷庵  半夜孤  孤獨的  独孤暹  孤愁空遶夢  孤峯頂上孤松色  孤光燈  孤輪車  孤蓬庵  孤衣孤劍  孤獨者  孤獨幽棲  孤笈飄然  小泉孤松  孤月輪  苦心孤忠  孤峰頂上  夜孤燈  切迫塞つた孤獨  會つて孤獨  孤獨そのもの  ん孤帳  孤友  孤机  孤父  孤父経盛  孤行  孤杯  孤衣孤剣  孤行独歩  孤そのもの  



前後の言葉をピックアップ
ゲーンスボロー  ゲー・ペー・ウ  ゲー・ペー・ウー  ゲー・リュサク  ゲー・ルーサック          


動詞をランダムでピックアップ
効け歩い恵まれよ兆し庇いひっこさ書き込むふりかかりさぼらころがらさしのべきずいいぶるおもいやりとりあつかわ取り縋る雪が捉えよ手間取っいだけ
形容詞をランダムでピックアップ
疑わしゅうひくくっいみき広くっあぶなむつまじゅう囂しくあじきないかるい福々しく塩っぱかっ恐ろしくわざとらしく幅広し無かろいやし心許なし見よき温くっながけれ