「媚び」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 媚び[動詞]
世間に媚び  貧乏に媚び  自分に媚び  他人にも媚び  女優かも知れない、媚び  顔をして媚び  糸さんの媚び  体全体で媚び  私は媚び  盛んに媚び  邪霊悪神に媚び  此が媚び  のは、媚び  艶きと媚び  順平は媚び  花は媚び  赤井の媚び  人に媚び  桃花雨中に媚び  塵気を脱して世に媚び  大衆に媚び  風に媚び  マタ・アリは、媚び  選挙民に媚び  讃称とか、媚び  眼に、やわらかい媚び  顔に媚び  王朗が見っともない媚び  ひそかに媚び  曹操に媚び  神に媚び  彼自身に媚び  敵将に媚び  センチメンタリズムに媚び  なかった愛嬌で媚び  上官に媚び  人の媚び  魏王に媚び  目を迎え慣れた媚び  上目に媚び  賦して媚び  権勢に媚び  権者に媚び  ことばかり言って媚び  魂が媚び  肉体自体が媚び  男であり、媚び  醜悪だけを感じたが、媚び  素子に媚び  限りの媚び  自分が持っていると思うほどの媚び  虚栄心に媚び  農民の媚び  皮肉とも、媚び  ゃあにゃあじゃれついて、媚び  實に媚び  間俗家に媚び  民衆に媚び  時流に媚び  自分も拵えてみたいからと媚び  権門に媚び  手柄顔と、媚び  母親がした媚び  流俗に媚び  長老に媚び  衆に媚び  賑やかさが、暖かく、明るく、媚び  それに媚び  眼に媚び  彼は、媚び  家門に媚び  関東へ媚び  朝廷に媚び  敬虔に媚び  余興や媚び  復一の望んでいたよりも、媚び  調子だけに媚び  献上物をたずさえて、媚び  張本人足利殿へ媚び  鼻息に媚び  涙に媚び  どこからそうした媚び  ような媚び  ものは媚び  趣味に媚び  官能に媚び  もっと愛想のよい寧ろ媚び  自尊心に媚び  様子や卑しい媚び  感動した媚び  罪悪とに媚び  アントアネットへしきりに媚び  肌に媚び  下劣さに媚び  夫万吉郎に媚び  人から賞賛され媚び  お客に媚び  感情に媚び  勝利を媚び  ジャーナリズムに媚び  気分に媚び  策略とか媚び  当路に媚び  ものに媚び  封建性に媚び  令色、媚び  影なんかはなくて、媚び  自然に媚び  却つて可憐に媚び  心にもない媚び  父に媚び  眼で媚び  利休は媚び  所は殊更媚び  若年増の媚び  みだらな媚び  女の見せる媚び  私に媚び  心を媚び  上眼使いに媚び  洋風に媚び  じゃじゃ馬は甘やかしと媚び  けが怠け者に媚び  先生ひとりに媚び  押勝に媚び  道鏡に媚び  権威に媚び  権に媚び  誰にも媚び  心に媚び  木村に媚び  眼尻が下り、媚び  思想に媚び  腐心して媚び  ひだなどにみる媚び  何物かに媚び  方から献身して媚び  ほうへ媚び  多数に媚び  自己に媚び  白蛇に媚び  馴馴しく話し掛けて来たり、媚び  つて、媚び  権力に媚び  判官に媚び  観客に媚び  邪神に媚び  人は媚び  平家に媚び  それには極く軽い媚び  らいもせず、にこりと媚び  



前後の言葉をピックアップ
コヒメユリ  小兵  小昼  コヒルガオ  小尾  媚びよ  媚びれ  こび    小比叡


動詞をランダムでピックアップ
想っ偽る取り出すうずくまっ言い換えるうしなっ取壊そこんがらから取出しくださらぶっ飛ばす下りる掻きむしら数えれ吹き付けしまんきそっ幽しあばれだし巡り会っ
形容詞をランダムでピックアップ
よしな悩ましいおぼし気味が悪う暑き鈍かっ残惜し強うわるけれまっしろいか細きまずい美々しく安かれ鋭し賢し心もとなかっ手軽い気味悪う