「奉」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 奉[動詞]
供へ奉  先生のあの奉  議を奉  賤上下おのおのその奉  とくにはあらず、奉  主君に奉  粹な奉  舞了つて濱主の奏し奉  二首と共に奏し奉  参詣の奉  時居合はせた奉  あたりに居つた奉  程の奉  親子を囲んだ奉  肩を並べた奉  国の奉  やうに佇んでゐる奉  前に居並んだ奉  詔を奉  淵邊某が弑し奉  佛に奉  主君と奉  報告書を奉  材能伎芸を以て奉  おいらんを奉  礼拝する奉  其所置可レ有レ之奉  上御書入奉  淑芳と申しまして、かつて奉  これは奉  もとは奉  棺桶があって、それに故奉  女は奉  故の奉  神を奉  祁尼に奉  奮闘ありがたく奉  淡島明神と崇め奉  維久令與義盛、奉  三日由利中八郎維久、奉  鑒其志給、可奉  賛同し奉  言上し奉  現人神と仰ぎ奉  神意を奉  神意の奉  襲ひ奉  渦中に引き入れ奉  遠島に遷し奉  迎へ奉  護良親王を弑し奉  花山院に幽し奉  乞ひ奉  親政に背き奉  皇室に対し奉  表を奉  朝廷に奉  趣旨を奉  明詔ヲ奉  奮励のほど奉  其後ハ御物遠奉  レ成、奉  無事なるべしと奉  天皇ヲ奉  附帶セル社會革命説ヲ奉  階級鬪爭説ヲ奉  哉、奉  字は奉  變ほめ奉  之には、奉  大松と、奉  書面を奉  書取を以て奉  恐悦至極に奉  付恐れ乍ら持たせ奉  候御事に奉  一条を奉  第三条を奉  仕合に奉  幸甚至極に奉  三四人、奉  小本家へ奉  諸国から宮廷へ奉  目下が持つて来て奉  材木を奉  八処女を奉  娘を奉  伏眼して奉  御多忙と奉  事と奉  邪魔仕り、奉  所を奉  ものと奉  レ有レ之と奉  成候テ可然奉  養育し奉  重畳難レ有仕合に奉  レ有仕合に奉  奥書仕奉  たび大正天皇の奉  清衡朝臣の奉  二常奉  輔け奉  巴蜀以南に奉  一紙半銭の奉  心のわかる奉  前に奉  御陵に奉  造つて、奉  帝に奉  随身し奉  帝に背き奉  読誦し奉  陀羅尼を誦し奉  声高に誦し奉  力にすがり奉  義姉の奉  中では奉  みかどをお迎えし奉  二度見奉  ニハ、捕ヘ奉  名を奉  これへ来て、奉  至尊にたいし奉  まめやかな奉  安逸と奉  殿に奉  諸君に奉  賢覽に奉  殘念至極に奉  哉と奉  伏見御香宮に奉  長谷川鄰完の奉  のは、その奉  算額の奉  依代に奉  秋山われはつかへ奉  是を奉  冥加至極に奉  弟子等奉  建武中元二年に奉  順礼に奉  ために大奉  ために、大奉  清栄、奉奉  事承り及びあり難く奉  そのものとして奉  名産蚫を奉  勘定奉行松平美濃守殿へ奉  夷どもの打ち囲み奉  續けて、奉  面倒なるべくとは奉  下置厚き奉  來冥加至極難有仕合に奉  下置、厚き奉  皇道を思ひ奉  奉仕ヘ奉  時に奉  征東大総督に奉  蟒蛇を奉  蒋介石も奉  杯を奉  命を奉  満が奉  使ひが奉  觴を捧げ奉  天子の奉  ように、各々奉  経津主神を奉  幣を奉  今度は安奉  道中つつがなく安奉  神自身と見なし奉  ことを奉  度、何卒御漏し奉  心を奉  木偏に奉  尊称を奉  祖母樣を奉  レ遊二御座一、奉  筈と奉  此事に奉  叛逆し奉  輪王寺宮に奉  凱旋を奉  祠にも奉  数へ奉  女房大明神と崇め奉  レ有次第に奉  内と奉  レ下千万忝き次第に奉  静謐恐悦至極と奉  レ申と奉  の程奉  機嫌宜奉  安慮奉  大成ハなりがたくと奉  中と奉  節御送奉  レ下候よふ奉  薩屋鋪ニ所置仕度、何卒よろしく奉  ニあるべく奉  レ成二御座一、奉  レ成や奉  レ遣奉  多用ニ候べしと奉  尋申べきかと奉  レ遣よふ奉  聞つくし、誠におもしろく奉  候と奉  レ申かと奉  見合可レ然と奉  キ事と奉  草々、奉  レ然かと奉  如くと奉  申さんと奉  此者に御つかはし奉  発可レ仕奉  争て奉  御事と奉  見聞記を奉  方々に対し奉  守護し奉  旦行村の奉  付、奉  秋祭爾奉  田の神にする奉  厚意を奉  勧進、奉  退官納地を奉  志都宮尓忌静米仕奉  知遇に奉  此と奉  家に奉  書面をもって奉  右伏して奉  詮議くだされたく、改めて奉  関所役人つつしんで、ご奉  レ申行当り、奉  哉に奉  天才を崇め奉  私たちが生きながらへて奉  世の中、奉  上はほを奉  此ヲ奉  生産品を奉  建忠校尉梯携等、奉  絶仕奉  神祇に奉  天ツ神に奉  大御神に奉  辱く奉  人民ヤソ教を奉  秋の奉  竝べて奉  当家に奉  跡を奉  我国に多かった奉  珍宝を奉  米の奉  声をかけると、もしや奉  我々の奉  作品と呼んでゐるが奉  立申趣大慶に奉  それらの奉  それにこたへ奉  明治四十一年寅季秋の奉  



前後の言葉をピックアップ
建前  タテマエ  建て増し  建増し  立町  立松  たてまつっ  奉ら  たてまつら  奉り


動詞をランダムでピックアップ
書き取り寄せ掛けしげっよみかけるえばれみあげ押しわけるならせるすっ招き入れる添わせよ使え思い悩んきづかい降り注ぎしみ渡らデモる辷り込ま解き放ち落着き払っ
形容詞をランダムでピックアップ
恐ろしけれぎょうぎょうしい憎らしゅう芳しからうこの上なききまずく物憂しなつかしかろ紅き苦しかれしげい宜しけれ早けりゃ手ごわくつまんなく賢かっおほけなくたどたどしい毒々しき