「夜明け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

夜明け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
夜明けの風が吹きだした  夜明けの虫声はしみじみとした  夜明けに初めての空襲があって  夜明けにたしかにホトヽギスが啼いた  夜明けに見えた  夜明けと見ていた  夜明けの晩などというありうべからざるはぐらかしの  夜明けの三時までさまざまの議論をいたしましたが  夜明け近くまで冷してやった  夜明けの光が漂っていた  夜明けが来て  夜明けとともに戻って来た  夜明けになればの  夜明けを待って  夜明けが危険かも知れない  夜明けの前に手ぎわよく片づけられていた  夜明けよりも薔薇色になって起ち上がりました  夜明けまで眠った  夜明けになれば凪ぎるであろう  夜明けには間がありましょうか  夜明けの近いのを知った  夜明けまへに死んでしまひました  夜明けにや高野で鐘が鳴るはぐれ  夜明けの海には星一つお山の上にも星一つ夜明けのお星はもう見えぬ  夜明けにや夜明けの明け烏カホオホ啼くから  夜明けちかくまでかかって  夜明けちかくまでかかつてひとつの短篇をまとめる  夜明けにこの河岸へ出かけて見ると  夜明けにこの河岸へ出かけてみると  夜明けへ移る  夜明けが割れ裂け  夜明けまでには間がある  夜明けと同時に発見して  夜明けを待ちかねた  夜明けを待って開けても  夜明けの光とともに掻き消えてしまうらしい  夜明けぬるかな御胸にと心はおきぬ  夜明けにはだいぶ間がある  夜明けにはまだ途方もないしきっと雲が薄くなって  夜明けという夜明けを知っていると言っても  夜明けかと思うくらいであった  夜明けに敵へ攻めかかろうとしている  夜明けとなって  夜明けたれど外にも出でず  夜明けを待とうかとも思いました  夜明けを待たうかとも思ひました  夜明け近くまでうとうとと眠った  夜明け近い気配を齎らしてきた  夜明けを期して  夜明けになってしまう  夜明けまでのうちに見えなくなる  夜明けを眺めた  夜明けを待った  夜明けを期待する  夜明け近くまで語り合った  夜明けまでつづいていた  夜明けまで熱心に介抱したが  夜明けと共に地球をはなれて  夜明けを待つ  夜明けに間もないらしいころになつて寝床へもぐりこんだ  夜明け近くまで話していたが  夜明けに三郎がいってみた  夜明けまでも続いた  夜明けのポンコツの知らせを受けて  夜明け近くまで睡れなかった  夜明けまで過ごし  夜明けの祈り  夜明けまで続いた  夜明けになって  夜明けを待たず  夜明けの光がほのぼのと射してきました  夜明けが近づかうとしてゐる  夜明けに近いことを推定する  夜明けが近づいたと  夜明けまで起きてゐても  夜明けを見た  夜明けまで祈ってやる  夜明けに間のあった  夜明けに眼が覚めた  夜明けとなれば  夜明けらしい楢の葉の鳴る  夜明けが僕の瞼の上に直接落ちてくる  夜明けの冷んやりした  夜明けがある  夜明けがた僕をつつんでくれた  夜明けを待つて  夜明けに近いかも知れない  夜明けかも知れないという  夜明けまでにかたづくでしょう  夜明けになるじゃないか  夜明けまで思いつづけていても  夜明けになりや  夜明けまでの長い時間をどうしている  夜明けて道士の許に到り  夜明けまでに何枚でも壊してやると  夜明けにはやくいかないと  夜明けまではただ雑談に時を過して  夜明けを報ずる  夜明けまで降りつづいたが  夜明けが近いやうな空気の薄さが感じられます  夜明けまで興奮し続けた  夜明けが来るまで  夜明けをむかえた  夜明けである文芸復興が語られる  夜明けからの薄暗さがそのまま残っていた  夜明け近くまで夢現の境に彷徨する  夜明けの光が森の上に拡がって  夜明けの靄の中に非常汽笛を鳴らし始めた  夜明けまで考へ  夜明けまで見張っていた  夜明けの微光とともに開いて  夜明けまでがたがたと歯の根も合わずに震えていたが  夜明けから降りだしたらしい  夜明けに近いと思う  夜明けになりました  夜明けに至るなれ  夜明けのような青い景色になった  夜明けだか夕暮だか分らないけれど  夜明けのけはいがして  夜明けに出て行った  夜明けに一番早く眼をさます  夜明けの空気など吸っていられなかったでしょう  夜明けの時間をよほど過ぎていたが  夜明けまえの予告はちがわなかった  夜明けまで雪が降った  夜明けを知らせた  夜明けにはしっかり気を張っていなければならなかった  夜明けといっても  夜明け近くまで騒いで  夜明けの寒気が彼の全身を感覚のない石のようにかたまらせていた  夜明けまでいるという  夜明けて後ちも  夜明け近くまで話した  夜明けの鶏がうたふまで眠らなかつた  夜明けに間もない時ですから東の空は白み渡っていました  夜明けの水くめば  夜明けのランプまたたく  夜明けの月がある  夜明けの水をくむ  夜明けらしいのですぐ起きる  夜明けに起きるなり  夜明けまで打って  夜明けに修繕はできあがったが  夜明けにはだいぶまがある  夜明けまで議論をつづけて  夜明けまでかかるなんぞは  夜明けまでに江戸へ入る  夜明けの明るくなる  夜明けをあと三十分にひかえて  夜明けのうすあかりはいつまでもよどんでいた  夜明けの闇が冷たく漂い  夜明けの夢をかきみだしたくなかった  夜明けの静かな凪ぎの  夜明けの遅い秋の朝を自分の責任のように恐縮した  夜明けの模様を見る  夜明けの来る  夜明けとともにはいって行った  夜明けの近いことが感ぜられる  夜明けとともに吹き消している  夜明けをまって  夜明けまでまとう  夜明けまでのうちに殺された  夜明けの明りとも違う  夜明けの四時になると  夜明けのきりぎりすをうたっているが  夜明けに急襲した  夜明けのけはいがあった  夜明けて船へ宮を移してさえしまえば  夜明けの景色だけは深く身に沁みて  夜明けに江戸へ参ります  夜明けをおもわせるが  夜明けには間があった  夜明けの鶏が東天紅と刻を告げている  夜明けの肌寒いのを覚えると  夜明けは肌寒くさへ感じた  夜明けまでぐつすりと熟睡した  夜明けの明星のひかり  夜明けのつかのまに失われていた  夜明けへかけては  夜明けまでかかるかも知れない  夜明けが来ている  夜明けの霧かそれとも妾のしのびなき  夜明けまでつづく  夜明けに行ってみたら  夜明けが待ち遠しいことさえある  夜明けになって帰って来ました  夜明けの一時を眠っていた  夜明けの擾音が伝わってきた  夜明けを告げる  夜明けもついそこまでは白みかけている  夜明けを待とうとしたが  夜明け近くまで皆におつき合ひ下され  夜明けではあったものの  夜明けになるかも知れない  夜明けの近いことを知った  夜明けも待ちかねて  夜明けまで置けば凍え死んでしまいはせぬかとの  夜明けが近くなって来た  夜明けまで間があるまい  夜明け迄に一ぺん宿へ引っ返し  夜明けは来る  夜明けにしかもどらない  夜明けの月の光にその目は一層凄惨な影を宿していた  夜明けから母の熱がさめて  夜明けて訊ねると  夜明けになると  夜明けの町へ駈け出した  夜明けをまつ  夜明けまでには何とかして  夜明けの光の中に捜していた  夜明けでござんす  夜明け迄に幾度か眼が覚めた  夜明けを偲ばせた  夜明けに手をとりあって  夜明けの幕が上る  夜明けの湿った  夜明けの光りは  夜明けを待つには  夜明けを待てば  夜明けと共に挟み撃ちにかける  夜明けにこの道を揺られて来た  夜明けの家路を辿り  夜明けも知らずに語り合った  夜明けとなった  夜明けにいっしょにした  夜明けにお迎えに来るが  夜明けの風景だと思った  夜明けに近い時刻の明るい月光が外にあって  夜明けの帰りに道を窺わせたりしても  夜明けにお迎えに参ると申して帰りましてございます  夜明けに京を立って出かけた  夜明けの空は十二分に霞んで  夜明けのおもしろい空の色でもいっし  夜明けに後悔された  夜明けの時刻に南殿へおいでになった  夜明けを告げに生まれて来た  夜明けにいて  夜明けの空をながめて  夜明けにする  夜明けになった  夜明けとかに書いては  夜明けに近江の宿を立って  夜明けにだれもおそばに人がいず  夜明けのような極く  夜明けを告げた  夜明けに尚侍は自邸へ帰る  夜明けの帰りなどをあそばされなかった  夜明けに南の町へ行く  夜明けに絶息された  夜明けまでおいでになった  夜明けの光でよく見えない  夜明けのことを院は思い出して  夜明けに部屋へさがって行く  夜明けに隙見した  夜明けが思い出されるから  夜明けのことと思い比べられた  夜明けのことに堪えられぬ  夜明けの風を避ける  夜明けの空のよさを思って  夜明けに近くなっていた  夜明けに二条の院の夫人は男児を生んだ  夜明け近くなってから  夜明けに急いで出て行った  夜明け近くまでなってから寝んだ  夜明けにお帰りになれば  夜明けに帰った  夜明けでも御用には私らが宇治にいる  夜明けまで続けた  夜明けまでに元の世界へもどれるわ  夜明けはある  夜明け迄続いた  夜明けの色が漂う  夜明けに逸早く起きて  夜明けを待とう  夜明けにはなお間がある  夜明けまでここは通れん  夜明けを待ち兼ねて  夜明けにやっと前の椿山に帰りつき  夜明けて見れば  夜明けの五時頃にはもう上陸が出  夜明けも早々に起きて  夜明けの五時十分発の白河行きに乗り込みました  夜明けの二時頃からやうやく眠れる  夜明けの浜へ見に  夜明けの冷めた  夜明けに出かけていった  夜明けにはまだ大分間があった  夜明けのように白々しくなった  夜明けの山のみどりがながれこむ  夜明けに間もありません  夜明けもまぢかになった  夜明けのかなり接近して  夜明けにおきて  夜明けに聞こえる  夜明けの光りが射込む  夜明けと共に忍びこんで来る  夜明けまで消えつ  夜明けに私を乗せて行く  夜明けが来た  夜明けまで仕事をしている  夜明け迄押えて  夜明けの鐘をききては帰りぬ  夜明けまで坐っていた  夜明けにひらく  夜明けの五時を期して  夜明けの光のなかであたりを見廻した  夜明けからどしゃ降りであることは知っていたが  夜明けと見えて  夜明けのセーヌの川岸が現われる  夜明け近くなって  夜明けへかけて  夜明けまで私をいじめる  夜明けと間違えた  夜明けまで持つか  夜明けは涼しくなったと  夜明けの静寂をやぶる  夜明けまえにライオンの咆吼を聴いた  夜明けてのち里に帰るとか  夜明け近くまで行われたが  夜明けに起きて  夜明けに目のさめる  夜明けまで道中に立ちて考え  夜明けまでお店にでも寝てるが  夜明けを待ちながら  夜明けの風は途切れ途切れて  夜明けになって帰って  夜明けて手あらひ  夜明けまでやる  夜明けになつて見ると  夜明けに村の家へ庖丁を持ってはいった  夜明けまでも知らん顔をして  夜明けと云う  夜明けが来れば  夜明けになるだらう  夜明けまでに向うへ行かなくちゃ  夜明けまでに向ふへ行かなく  夜明けに宿を出た  夜明けに近くなった  夜明けが近づく  夜明けからちゃんと起きている  

~ 夜明け[名詞]1
夢をみた夜明けの  今朝の夜明けに  そこには夜明けが  現場に夜明けとともに  誰もいない夜明けの  あしたの夜明けが  五月の夜明けよりも  星のうごきに夜明けの  りや夜が明ける夜明けにや  夜が明ける夜明けの  夜が明ける夜明けにや  いまは夜明け  夏の夜明けに  夜更けから夜明けへ  富士赤らかに夜明け  一年中の夜明けという  頃の夜明け  秋の夜明けの  山路をとって夜明けに  ような夜明け  翌日の夜明けを  夜なかから夜明けまでの  屋上からの夜明けを  世界の夜明けを  私と夜明け  彼は夜明けまで  新月号は夜明けと共に  單四嫂子が夜明けを  梅雨時の夜明け  興奮してしまって夜明け  部屋で夜明けまで  カムサツカの夜明けは  騒ぎは夜明けまで  夜が夜明けに  官兵衛は夜明けを  千八百七十三年五月一日の夜明けの  終へても夜明けまで  のか夜明け  ぽかりと夜明けに  汽車のひびきも夜明け  ここでは夜明けが  隙間から夜明けの  透明な夜明けが  爽かな夜明け  仄かな夜明けの  海紫に夜明け  ことなら夜明けまで  中に夜明けまでの  お婆さんは夜明けまで  先斗町に夜明けが  近代の夜明け  廊下には夜明けからの  ために夜明けの  波が夜明けに  地球が夜明けに  地球が夜明け  地球の夜明け  月が出て夜明けの  夜半か夜明け  ほのかな夜明け  武蔵が夜明けに  にわとりが夜明けを  あしたの夜明けには  寝殿へ忍んできて夜明けまで  乞いたるが夜明けて  ところで夜明け  昨夜も夜明けの  風は夜明けの  風がある夜明けの  七月二日眼がさめたら夜明け  樹明君は夜明けに  今日の夜明けの  姿で夜明けを  引上げるに夜明けまで  今から出りゃ夜明けまでに  鍋焼饂飩も夜明けに  夏は夜明けの  日の夜明け  ひき緊る夜明けの  方だけ夜明けを  ままで夜明けまで  前夜から夜明けまでの  きりぎりすは夜明けの  芭蕉など夜明けの  隅田川の夜明けの  なかに夜明けの  かくて夜明けまでには  宵から夜明けまで  人命が夜明けの  民主の夜明けが  真珠か夜明けの  日没から夜明けまで  私が夜明けに  人間界の夜明けも  それは夜明け  それに夜明けにも  仕方ない夜明け迄に  自然の夜明けは  身は夜明けが  裏口から夜明けの  ようにして夜明けを  標柱を夜明けの  けさの夜明け  駅路の夜明けを  明日の夜明けに  それが夜明けの  ほんとうの夜明けの  備えを立てて夜明けを  音を殺して夜明けを  昂奮して夜明けの  日の夜明けに  身にしむ夜明けの  男の夜明けの  雪の夜明けに  中宮は夜明けの  晩秋の夜明けに  ままで夜明けに  気のする夜明けとかに  常陸介は夜明けに  静かな夜明けに  冬の夜明けの  夫人は夜明けに  ふうで夜明けまで  葬送の夜明けの  十五日の夜明けの  霧の夜明けに  霧の夜明けが  隙見をした夜明けの  艶な夜明けに  のを待とうと思い夜明けに  夜中でも夜明けでも  決心までもして夜明けまで  始まり翌日の夜明けまでの  拡声機は夜明け  痛みは寝ると夜明け迄  照明が変って夜明けの  春の夜明けには  私も夜明けの  今日の夜明けから  伯父は夜明けに  日の夜明けの  私は夜明けまで  黄昏と夜明けの  やうに夜明けに  山里の夜明けに  心に夜明けと共に  水汲み夜明けの  かくて夜明けが  夫婦で夜明け迄  上野に夜明けの  中で夜明けを  熱帶の夜明けに  朝は夜明けから  雨が夜明けから  それが夜明けへ  あなたは夜明けまで  月の光りを夜明けと  ほんとうに夜明け  一番で夜明けに  二十九日は夜明けに  それに夜明けに  行を夜明けまで  私は夜明けと  やつと夜明けに  森林の夜明けは  

~ 夜明け[名詞]2
もう夜明け  その夜明け  たしかに夜明け  むしろ夜明け  この夜明け  もはや夜明け  美しい夜明け  まだ夜明け  まるで夜明け  ほの暗い夜明け  青白い夜明け  白い夜明け  もうすぐ夜明け  早く夜明け  素より夜明け  ちょうど夜明け  そろそろ夜明け  あの夜明け  やがて夜明け  待ち遠しい夜明け  ついに夜明け  なく夜明け  間もなく夜明け  これから夜明け  ない夜明け  其の夜明け  既に夜明け  湿っぽい夜明け  ある夜明け  寂しい夜明け  遠い夜明け  久しく夜明け  寒い夜明け  きっと夜明け  うすぐらい夜明け  時には夜明け  ちらちら夜明け  薄暗い夜明け  丁度夜明け  まず夜明け  はじめて夜明け  じっと夜明け  赤い夜明け  やっと夜明け  次第に夜明け  

複合名詞
夜明け方  夜明け前  夜明け頃女  夜明け頃  夜明けごろ登志子  夜明けざる  夜明け烏カホカホ  星一つ夜明け  夜明け時代  何程夜明け  夜明けごろ  夜明け早々  毎日夜明け前  のち夜明け  時夜明け  翌日夜明け頃  夜明け星  夜明けごろ爆撃  あくる日夜明け  あした夜明け  夜明け近く  夜明け烏  夜明け間近  夜明けがた  まま夜明け  夜明け方小舟  夜明け後  むとしき夜明け  夜明け時分  夜明け時  夜明けごろ死体  一番夜明け  夜明け交代  夜明け道  きり夜明け  くせ夜明け  夜明けごろ彼  明日夜明け  毎朝夜明け前  夜明け雲  夜明け鐘  ひとすじ夜明け  夜明け空  夜明け前後  中夜明け  毎日夜明け  通りツイ夜明け方  夜明けごろ西空  濁り夜明け  



前後の言葉をピックアップ
夜明かし  夜明し  ヨアキム  ヨアキムソン  夜明  夜遊び  ヨアヒム  夜嵐  夜歩き  ょあん


動詞をランダムでピックアップ
見つけりゃ書きなぐる嫁い撃ち殺し勝誇りしめ切らとどめはりきろけずれる紛お攀じ登ろ剥さきえうせ支払え真似まきつか潜む玩べ買い与え有ん
形容詞をランダムでピックアップ
なかれ心苦しく生ぬるたどたどしゅうふるくさむずかしゅうしがなしがたあしけれのろかっ円い汚らわしい淋しくじじむさく涙ぐましく思いがけなかっ悲しからむずかしかっえがたい面映ゆかろ