「変ず」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 変ず[動詞]
折紙古今に変ず  多少によりて変ず  世と共に変ず  見解また時によりて変ず  もの皆色を変ず  熱度を変ず  痴豚に変ず  これを変ず  黄金幻境に変ず  容易に変ず  これ妖蛇婦人に変ず  別に顔色も変ず  雄に変ず  舞踏に変ず  従ひて変ず  声調また激しく変ず  色に変ず  旨に変ず  掛引を変ず  鍛錬一たび成れば終に変ず  風俗人情は遠からずして全く変ず  即時職業的ガイドに変ず  



前後の言葉をピックアップ
ヘンスホー  貶する  偏する  偏すれ  ヘンスー  偏頭痛  変ずる  べんする  変ずれ  偏せ


動詞をランダムでピックアップ
担ぎ差繰見据える扮す取留めたちのぼる読み切れる合えよ寝かしつけつくねん押し詰まっ飛かかろ当てんもぐりこもかけあっ折畳み高め狙われるおしのけ載せる
形容詞をランダムでピックアップ
きづかわしばばっちいやさしくみにくかっほしかろ物珍しく貴からだだっ広くっここちよくしおからかっ畏れ多く心強かろならびなくやむなしうとい素ばやくいまいましかっ賢き楽しゅうあわから