「地」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
地についた  地に薄紅のぼやけた  地の文に書いてあるから  地も金と金剛石をちりばめた  地に伏して  地を這はざるを得なかつた  地の郡名を筑摩郡といふから  地を脱し得て  地にしける  地にありては  地を作り  地縛り草が万遍なくはびこって  地に坐る  地に叩き着けて  地に落ちて燃え上る  地で春雨かなにか三味線を掻きならし  地に参り  地しばり草の咲きつづく  地についていない  地につかない  地にも行われん  地を匍う鳥になった  地から湧く  地の安らけき  地の下界にやらはれて  地の下にわれは住はむ  地にしきぬ  地に捧げ  地に横はり  地にすえた  地から去らしめてくれたまえ  地を去る  地になっている  地とその時代が深くきざまれる  地との広大無辺な間隙を一ぱいにふるわす  地を去ってから  地をすってくる  地にすべりこみ  地を選んで  地の底に沈んで行く  地に立つ  地に触れざる  地にある  地を占むる者にして  地をモッケする  地にも春を感じる  地としてメムフィスの名で長い間知られ  地を独逸勢力の東漸から独立させたい  地において再会せるは  地にありて  地に隠棲せる  地に入らんとする  地ともなり  地に来て  地と称す  地において懐古の詩を賦す  地はみなほろび去った  地に光輝あらしめ  地にて見ると思へば  地に一大巨人棲居したる遺  地をひきずる  地も人もあた  地に落ちて  地に墜ちる  地に落ちて朽ちた  地に落ちる  地はため息して  地におちて  地に銀糸の縫をした  地の胸から出る  地の新聞は彼の風采と講演ぶりを次のように伝えている  地の底から聞こえてくる  地へ到着する  地をはなれたいと思うにいたった  地に何か魚の絵を置いた  地に落ちると  地を這うて  地に宮城師範學校といふを創立し  地や陸を意味すると  地でかの著明な大著を刊行した  地がいかに地の利に富むかという  地に下ろしました  地にすりつけても  地に廃る  地からもり上って来る  地にお住ひと聞いて  地に印して  地に沈むかと疑われるばかりの  地の底に響いた  地の震いはひどく小さくなっていた  地の上がゆらゆらとした  地が震うて来た  地は脈を打つ  地は時どき揺れた  地を換えてしまって  地についたり  地に附いたりする  地にもパンが半きれ  地の上に散つた  地の定めも忘れ  地の霊が好奇心を起して  地の霊を呼び醒さうなんて  地を踏む  地の底へまでも徹る  地がすっかりまいってますからねえ  地の底に滅入りこむ  地や柄は婆やにはよく見えなかったが  地にも頼む  地だんだを踏んだ  地に白菊くずしの  地をかすませたりして  地にひれふして  地と及びそのうちに存する  地を灼かんとするは  地に落ちても  地たるべきものと宣言した  地にすむ  地だんだ踏んで泣いた  地の底へずりこむ  地に満てよ  地に満つるほど人類が殖えても  地が出  地にて蠻賊と戰ひた  地に吹きつけたり  地は目の前に畠となる  地を失ひてうれへ  地を捨て  地のふるひ  地に居れば  地をしめて造らず  地をしめ  地を訪う  地の上に積もって  地に垂れて  地にあらんか  地において自分は教師というよりも  地はみるみる水びたしになって  地へ参りました  地に落ちてころがった  地に敷こうとしている  地に仆れた  地に立っている  地へ現われて  地へ来させてしまった  地に回教を密修している  地へ出て来た  地へ集めたと云った  地を這う  地の文に追い込んであった  地で相まみえる  地に臨まれる  地に再び舞い戻って  地とその業務にかえる  地があるといふ  地の札を立てたり  地をお見出しになりました  地に定住する  地に近い温際から地気が昇って行って  地は東南に足らず  地へ着くと  地に落ちている  地を崇めて  地へ渡った  地につけて  地に生を受くる  地にいたけれども訪ね来る  地の北の庵室に寄宿している  地へ居を定められた  地に棲息せし  地に住せし  地のアイヌも一樣に知れる  地に存在する  地に於けるも  地に移り  地に移りし  地のアイヌはコロボツクルの男子は裸体なりし  地のアイヌはコロボツクルの女子がアイヌに近寄る  地は比較的近き頃迄石器時代人民の棲息地なりしと  地には大部落存せしならん  地を穿ち  地に落ちたる  地は有らざるに  地に追ひ込まれ  地より更に北方に追ひ遣られたるなら  地に於て起こりし  地に於ける  地をじっと心ゆく  地に小屋住まいをしている  地で子を産まぬ  地の底へ沈む  地を定むるを得ずして  地にてはできる  地に病気ばかりしていますけれど  地では心に味わう  地に来た  地に来るならば  地に立って  地から挙げ  地に頭を摺りつけた  地につくくらい  地に喚べば  地をいとひて  地に伏した  地の凹みに  地を踏まざるに歩めるか  地に埋めたるに  地を抽き出でし巌とばかり立てる  地を鳴らす  地は黒に近き紺を敷く  地を掠り  地を払ってゆく  地をふむ  地をうつ  地にひいて  地の中からでも出て来た  地を殊更ら寒く暗いものにしていた  地に落ちた  地との間にあって  地も一つになった  地を這っている  地に這う  地の揺れる  地を嗣ぐ  地を不信者の手より奪還して  地を望み  地に臨り給う  地の洞と穴とに周流いたり  地の所有者となる  地に敷きて  地に明るい表情の婦人車掌の姿が描かれた  地に白い文字で抜いた  地に椰子の樹が何本も高く描いてあって  地が有つたからであるかも知れない  地につくと共に  地につける  地ではあり  地に降つて  地は断じていけない  地があらば  地はそのままにして  地でやり  地に降って  地の下へ崩れて  地に落ちず  地の悪くなつたリフレエ服を着て  地をふまない  地へ腰をつくと  地へ立った  地を払った  地を訪れ  地にさげて持ちながら  地を叩き  地を打ち  地についていはんに  地に座れ  地を倶に踏む  地に降って出来た  地がある  地に白の水玉が染め抜かれてあった  地から何百里を隔て  地に捨てて  地に匍匐している  地にして  地の札を立てた  地では凌雲閣の裏手から公園の北側千束町の路地に在った  地で意外な人を見た  地が市内に合併し  地へ還る  地にも一人しかない忰に先だたれましては  地だんだを踏むばかりでした  地に下して  地の底へひきこまれる  地へ移されて  地に描かれてゐるので  地に落し  地に倒れて  地には蟻のいとなみを  地の胸の乳房のかをり蘇門答剌の香も及ばじ  地に死したり  地の肩の上に滑り落ちる  地につかないで  地に這って  地をすって行く  地辷りを防がなければならないし  地の下に運んでゆきましたよ  地の底に堆んでおいた  地の底深く下の方へとトンネルを掘る  地は耕されず  地の中に住んで  地の下に住んで  地を結びつける  地へ真直に拡がつた  地の上に這つてゐないで  地にまで降つて  地に止まつてゐる  地の底から押し出す  地の底まで降りて行く  地の果てで止まつてゐる  地の上にかぶさつてゐる  地の上を円く歩き廻る  地の上を歩き廻る  地の方に向いてゐる  地の上にゐて  地にはつてゐる  地で美しい形になつてゐる  地の下から出かけて来て  地の中にある  地の中で小さな瘤を作る  地の下から鈍い深みのある  地の中へ追ひやられる  地の下から轟き出した  地が震ひ出して  地が裂けながら持ちあがると  地が又落ちると  地の震ふたびに毀れる  地の底へ底へと下りて行くと  地の底に穴を掘  地辷りでいくらか埋ま  地の下から汲み出される  地の下で大砲を撃つてゐる  地が震へる  地の中には強い熱があると  地の下にある  地の下の炉と距てられてゐる  地は恐ろしい口のやうに裂けて  地が揺れて  地の下でお母さまと一緒にお父さまの幸福を祈っております  地にひざまずくだけの  地に倒れた  地に着いたと  地に行くと  地と空と人の胸とに滲透する  地でボーアに会って帰って来た  地から材料を得る  地と次第に相近づけり  地に下りて  地にたれて  地の若い貴公子や十法官からも華ばなしい結婚の申し込みがありましたが  地の上に眼をしっかりと据えて歩かなければなりません  地について文科をよけて法科へ行く  地の底のような処で水の音が聞えていた  地に埋没し  地に横たはつて居る  地の上に這っていたという  地の言葉で出来るというだけで  地をおおう  地のなかに埋めた  地から必然的に一神教が生れた  地の上を細目に見ていると  地の船岸には荷主や見送り人の提灯がい  地の草原をぶらぶら歩き廻っている  地の果てへ走りだした  地の闇はひとつの廻り燈籠になった  地につかぬ  地の闇に怪しい編笠の侍が出没して  地へ駆けつけて  地の空気を察していると  地は風當りの強いため一向積もらない  地に着いた  地なる甲州を添え  地に通じたるを以て  地を踏んだ  地を払つてなし正に国亡びて  地を踏まんとの  地を思ひつづけをり  地はとにかく読書にも創作にも不適当なるぶるじよ  地に白の横縞とホーセイとローマ字がやっぱり白で出た  地は既にほんのりと白くなつてゐた  地を這ふ  地を鎖し  地へ引きあげると  地で或る重大な悪事を犯している  地でその西北は石見の国と界している  地にカキツバタが一面に野生し  地だんだをふんだ  地の底へ潜った  地に二心を持って  地に着かぬ  地の下などにいる  地の上にわびしくまわっていました  地とが大声をあげて  地の誰やかれが  地の下にて踊る  地へ吐き  地に同行して  地を測るには  地との間を蠕ひまはる  地も混沌の灰色に巻き込んで  地に割拠すると  地におちた  地を走る  地に落ちるか  地を探した  地で終っている  地に哭けり  地の底から引き出して来る  地も今では私の自由になる  地を離れまい  地へ国を立てていた  地に垂れ下がっている  地につけ牛のような肩を前のめりに出して踊る  地に倒れると  地にとどまり  地にしみこみ  地に集合してゐました  地を刻んで  地を探って  地を征服す  地に低くたれていた  地の名産たるタマナ樹で豪勢な舞踊台を作らせ  地に滞在中したしく之を目撃した  地をさまよわなかったらしい  地の肌からは湯気が立ち上る  地を破つて  地にとまる  地に墜ちたり  地に据えられた  地に据えられてあり  地へ行くが  地を払いて尽きたり  地も聴け  地から湧いたか  地から湧いたといおうか  地と覚悟して  地をつくりて  地に堕すまいとする  地にも頼みとするは  地の悪くなつた手袋に嵌め込んである  地には相違なくっても暑いには極ってる  地の淑女にして  地を離れた  地に満つ  地を歩す  地から放逐せんと  地に就ける  地に折つて談話を哀願した  地を失う  地を得た  地を掃らつて去らうとしてゐる  地をさへ想見せしめる  地であるといふことになる  地の出来値を一基とするともいふ  地に新しい居住地を見出す  地に住んだ  地としても知られてゐる  地を旅しつ  地に遊ぶとある  地を見たらばとも  地として知られてゐる  地として古歌にも殘つてゐる  地の上に獣のごとく這った  地の凸凹する  地は禁猟の域で自然と鳥が繁殖し  地で奇妙なバクテリアに取  地に掘り  地に敷く  地にうつる  地に落つる  地に映つてゐる  地に映る  地に借  地に住みついて  地を見入つてゐる  地へ向けて  地の下に埋められてゐるよ  地と伝へられてゐる  地へ散歩にでかけた  地の下を掘って見た  地に接しようとすると  地を舐めて引きずられるばかりで  地に身を伏せるかの  地を攫んで走っていた  地に滋く  地に伏して嘆いても  地を攫んで走  地に打ちつけてあやまった  地に志波城を築きました  地が一番北の端にあるが  地を視察しまして  地に五村あり  地へ出かける  地を出ると  地へ着けないで  地に祀られてから  地の色といひ  地を払っているに  地へ足がつくと  地の底へもぐりでもした  地の下の穴の中に入る  地に降りました  地におちたやぶ  地に落ちました  地をならして居る  地を突いて  地に浮模樣を染め出した  地に着かんとして  地を視て廻った  地が鳴った  地へ急いだ  地を引揚げましょう  地を噛んでも伏すべきである  地へ行きついてみると  地になっているとみえて  地を鳴り響かせて降りしきる  地に伏して泣きじゃくっていた  地の底へ沈まうも知れずと  地に襟のうつむき伏す  地に生れさせた  地に降った  地を兵で埋めてみせん  地だんだ踏んだが  地だんだを踏んだり  地に降りたかと疑われた  地だんだ踏んで  地に満つる民心の怨みも意としない  地へ去ってしまった  地から湧いた  地に脱ぎ捨て  地を掠めんと  地に墜ちた  地には青砂をしき  地へ転げながら  地を平定してから  地を観れば  地に及んだ  地に都し  地を離れて  地にその本寺を置いた  地に入る  地に暴威を振ひながら  地たる鎌倉を奪還せんとして  地から陶工を連れて  地に墜ちるばかりである  地を払つたであらうか  地に布いたと言う  地には忘れ  地に描いて来た  地には城郭も宮殿も備わっています  地へお遷し  地を立った  地に立つとも  地を守りきれない  地で討死した  地を失って  地も失って  地を平定いたしましたら  地をゆるがし  地をさだめて  地を這い  地から老母とその一族をむかえてきた  地を平等に分け合おうではありませんか  地をさがした  地を打って倒れてしまった  地が直に山や岡であることは要せぬ  地から起り  地の上へ崩れ伏した  地にひれ伏して  地を踏み鳴らす  地を辷べる  地を打った  地から湧き出た  地に刺された  地を放れると  地に垂れた  地にあまねくして  地に財をたくはふる  地をふんでから  地よい風が青葉を渡る  地にまでねせて云いました  地のそこから湧き上って来る  地にしみ入る  地へ送ってやる  地を震わし  地におとどめ願います  地に拝伏している  地の底を掘って  地を通らねばなりません  地まで引揚げて  地に滅ぼしているではないか  地にめぐまれていたし  地は安らかに思えるか  地に据えられ  地を立ち給え  地を捲いて  地に立つしかありますまい  地にまみれさせても  地に降り  地にみちている  地を埋めた  地に面し  地の下を掘りすすんで  地に仆れて  地をあわせ定めておかなければ  地も永久に治まるまい  地とされている  地がよほど気に入ったとみえて  地だんだを踏み  地に集まっておる  地に倒れぬ  地に白とむらさきの陣立ててこし  地の塩となり得た迄の  地でフランスの紳士たちに見せている  地とこれに盈てる  地の上を這ってる  地に残る  地を占めた  地は六郡の衆を兼ね  地へ落ちていた  地に集まると  地になげうって  地に酒郡あり  地を求めなければならなかった  地の田を耕すが  地も空も晦くなるばかりだった  地を駆って  地に入るとも  地に仆れていた  地に額をすりつけた  地を通過しながら  地に捨て去る  地に支店を持つ  地の果ての幕張メッセで開かれた  地の上に舞うてきて  地であつたに違ひない  地はつめたくなり  地におちてひろがる  地を去つた  地にバタバタと切仆された  地へ坐った  地も中原に似て  地に捨てよ  地へ近づいて来る  地へひざまずいた  地だんだ踏みながら  地に落ちてきた  地に拝伏し  地は一寸もありません  地に生じ  地には故人の嫡子や女などもいるし  地へ陣を敷き  地の上に産まれてから  地の上に伸びたばかりの  地ついた少ない髪を小さくまるめた  地を思ひ出す  地であるからそれほど突飛な話ではないかも知れない  地か空か知らず  地のものは地へと大自然の声が囁く  地から舞い上る  地として名高い此の湖畔で楽しいくつろぎをしてから  地におとすと  地へひざまずき  地へ昏絶された  地を離れかけた  地に落ちてしまった  地に面をおおい  地のみを踏める  地に反って  地を買って  地の果まで駈けだし  地の底の世にもなりはせずや  地も透いたが  地の底深く陥窪んだ  地の底へでも姿を消して  地で行ってみたい  地へ落ち込んだ  地に伏せた  地に投げすて  地の人が山採りのその実を売っている  地だんだ踏んで叫んだが  地はさして遠くありません  地の山川ことごとく呉旗呉兵と化している  地をくぐり  地を割いて  地は紅の泉をなした  地にすりつけていた  地を限る  地を卜して  地を埋  地にすりつけた  地に饐えるであろう  地も玄徳へもどしてやり  地が危なく見えてきたので  地だんだ踏んでいうと  地に唾した  地を退いて消え失せ  地をやき  地の上に残っていますよ  地に委し  地が彼等には適処と見えて  地固るの  地固るという  地に起りしが  地に送り  地に永く留まって  地に於いて  地についている  地について転ずる  地に墮ち  地に伏して鳴る  地にみてよ  地を丸出しにして  地の底からでも出て来た  地に落ちて来る  地に平伏してしまった  地を沸らせた  地に退いて  地をとって戦っておる  地を抑えて  地をふるわせた  地を占め  地に残っていた  地をうごいてはならぬ  地を変えてみたりしない  地を出発したといって参りました  地に墜ちて  地に墜ちていたとはいえない  地を占める  地を掻き始めるので  地では一寸した  地と一面な水が蒼く澄むで  地に釘づけに  地まで赤くして  地には蘆を生じ  地に至る  地に緑草の繁茂するを見たり  地に比すれば  地に住して  地に進み  地を検し  地を默つて見てゐる  地の底まで徹る  地へ赴く  地に吐いてると思ってやがる  地の下へおはいりなら  地の下へ入れてもらいたい  地の叫びをきくに至らない  地へ着くまでに  地から旅用の足しぐらいは  地になったり  地に到り  地も優に指揮に任すべく  地にかかはる  地の真景に接せざるも  地はかくのごとく形勝を占め  地に遊びたるは  地は勢ひ  地に見るあたはざりき  地は筑紫のはてにありて  地に遊びて  地に落ちない  地に於て其一端を露はすなり  地に来りて  地に僅に造化が包裡する  地がおびたゞしく震動したといふ  地へ旅行して来た  地から離した  地から足を離している  地の眞に日本の一部と認められ  地を騒がし  地から離して  地に大きく金糸の縫い取りで暁雨傘を描き出した  地に達する  地へ潜ったか  地の透き透きになった  地の濡色も乾きゆくを  地に手をつきて  地踏まずのハッキリしている  地踏まずの凹んだ  地に生える  地を支配している  地に最もふさわしい名と考える  地も私もうら  地が三尺ばかり掘  地の医師が咽喉部の解剖に立会つて驚いたといふ  地にも見られないといった  地に最初の草の種が芽を出すと  地が大陸と分離した  地を相する  地の緑に赤や代赭の唐草をおいた  地についていると言っても  地に墜ちたとか言って  地のごりごりした  地の色にも首を傾けながらも  地をひいている  地に収め埋  地に墓を造って  地に予め一大穴を鑿ち  地に蔵めるのでなくして  地へ急行したと言う  地のドイツ密偵部員に内報されている  地に殺され  地を隠すほどに  地がなんだかぶつぶつしている  地がすいて見えるほどに  地の上をはって  地にすりつけて  地が消える  地が尽きて  地の文が隨所にある  地の文を書く  地の文との緊密な組み合はせを企ててゐる  地の小さな稲荷さんの小舎の中にいる  地へ落ちた  地に落とし  地が陥没して  地が裂け  地も震うた  地を賜ひ  地につくばった  地を這いながら  地に倒れていた  地に坐り  地に落ちていて  地へ仆れた  地に坐っていた  地に腹這い呼吸を呑んでいた  地にくぐったか  地にまで達していた  地へ下り立ち  地に入る探  地を得なかつた  地に堕ちて居る  地につき始めれば  地を指し示して取り直しをもとめる  地に残して消え去っている  地についているだけの  地をけって飛びだす  地と考えた  地の底からジーンと靜まりかへつてゐた  地の情勢に應じて色々の形で實行に移されなければならない  地を持つてゐない  地に配しておいたほどだから  地に立てた  地にすりつける  地をふるわすとどろきにまじって  地を匍ふ  地に大きくなる  地に残っている  地の下を流れて行く  地に立ててから  地に狩をした  地にさして行った  地に陣取って  地にさして行ったと伝えております  地を二本杉と呼んでおりました  地に立てたともいっております  地にさしたといっております  地に御降りなされた  地を通って  地へ埋めて行かれたので  地まで持って来た  地から湧き出した  地に足のうらを触れてゐられ  地の中へ込んでしまつた  地の上へ帰る  地の上に轉がして見たり  地を堅く踏まれた  地をさす  地に上られた  地に立ちて  地もほどなく尽きて  地はするどき白金なるに  地に落ちてる  地は占めている  地へ来るまでに  地に向って進んでいく  地に航空隊の練習場を設けかかった  地と感じられる  地をはらい  地にひれ伏していながらも  地となったが  地があるから  地に求めた  地の下に沈んで  地の上へ投げる  地の底へ刻み込む  地につきませんや  地にかかった  地へ遁げて来たんでさ  地へお見えなさいましたが  地で家中が寄ったが  地に着くと  地とを自分の心で触ってみた  地には真黒い大地の膚から青い麦の芽がひょろひょろと出ていた  地は領主大友宗麟の洗禮に拍車をかけられて  地の底四五尺の処から響いて来る  地の底で鉦を叩いて居る  地の下に死んで居る  地の中にめり込み  地の裁判所における刑事裁判の忠実な筆記が連載されている  地でもあった  地を求めて  地に小屋住まいをする  地にあって  地を今に弓矢町と呼んでいる  地の長吏に渉りをつけなければならぬ  地があって  地に滞在する  地の肉食の風に習い  地には限りがあって  地の文との関係に創作動機の別殊な動きを感じて  地で投獄せられた  地に托する  地に偃す  地の富源を開発する  地に人馬陥り  地にしきて坐す  地に据わっていた  地へ叩きつける  地で行っている  地の底まで続いていて  地を以て遇せられたけれども  地を忘れてはならない  地へ転げ落ちた  地からもそれぞれ万遍なく湧いて来る  地にて劇の結末を變更して演ぜられ  地の文も一緒に語る  地ではあり得ない  地とした  地に残つてゐる  地にした  地の中に白い円を置いて  地の上ではみにくいものにしているという  地の上の世界では見られない  地の上の人間にあるでしょうか  地を云う  地の人々と直接話はしなかつたけれども  地に居を移して  地においでの由聞知りしと言ふ  地の状況を語る  地におち  地を示さず  地に遊びし  地を卑しむこと  地に移民を送りて  地を求め  地は日光の当つた緑色のつもりで造った  地までも普く及んで居るけれど  地に砕かれ  地を掘って埋めたりしていた  地が揺れている  地の少し窪みのある  地に行って  地の塩とならないにしても  地にレイスの附いた  地もいっしょに崩れ落ちたかと思う  地の上につっ伏しました  地の上に落ちて  地に長らく居りますと  地に落ちて燃え上り  地の面を眺めてゐる  地にしみた  地を弾かせ  地は浅草寺支院のありし  地へ倒れたではございませんか  地に倒れている  地へ遣わした  地へすわると  地にへばりつき  地へ行き  地の底へでも潜った  地の上に落ちてしまった  地に府を開くに当り  地を占めている  地の底で地虫が鳴く  地を舐める  地を掘る  地に突いてゐた  地とに一杯漲っている  地とにのしかかってくる  地とが渾沌たる一体のうちに融け合って  地の匂いを充分に嗅がなければ  地から産れた  地に来て思ひ出し  地馴しらしい優柔性を感じさせるばかりで  地のはてにある  地の果てにある  地が動きだした  地の底からきこえて  地の底から拔け出た  地から生え  地を蹈まずして白頭の豕をことなりとする  地に横れる  地を渡る  地の底から抜け出でた  地から生え抜いた  地の露のひそめき  地に一揆が起って  地に達したという  地を納め奉るが  地を上納する  地を材略武勇の足らぬ  地を貰ったから  地に踏みしかって  地へ踏込む  地へ臨んで  地の底へ滅入り込む  地の底を吹き荒れる  地につかず  地においた  地鳴が聞える  地の上に堕ちて  地の下からのように底深く伝わってきた  地と中間にある  地へ微かな細長い凹みが出来ている  地から生えた  地に住む  地に印する  地もなく冷瓏虚無の真中に一人立つ  地から伝つて来た  地が主張せられてゐたかも知れません  地へ来たが  地の底で思い出し思い出し鳴く  地の底から生気を盛返させて  地が所々引釣る  地がやや薄く透けてみえ  地を取決めたり  地の底から重く遠くうなって来る  地とに跨る  地に浮動し  地に流れる  地の中から花が咲きました  地の底へでも入っていたい  地に定着せしめなかった  地に在住してるので  地ながら俳句界の牛耳を取る  地の下へとじこめられてしまいました  地の下へとじこめられた  地の下で死んでしまわなきゃならない  地の下へとじこめてしまった  地を見出し得るだろうか  地の下で話している  地から持ち上げられました  地につきました  地の上へたおれました  地にうずめ  地の上へおろすと  地に住んでいる  地と認めて  地の底へ降りて行く  地の底へ行き着いたかと思う  地の上に下りてゐて  地に修禅するにしても  地に遷ることができず  地がもと唱門部落であったことを忘れた  地の名称を伝えた  地に移った  地に移住して  地がただちに東北高御門の唱門師住所なる  地に続いている  地には後世唱門師の居た  地が本来不浄とみなされた  地になっていた  地を利用した  地の唱門師に縁があり  地に移ると  地に陰陽師の旧家たる中尾氏があってみれば  地の塚を吉備塚といい出し  地に居て  地について尋ねてみるに  地に渡り  地に住み着いていた  地に住んで  地でチッキを提出した  地に届かない  地の上に眼を注いで  地を望んでは  地も怨みず  地にはつかずと知るべし  地を汚さずという  地につき  地に遣はすといふ  地で支那人と組んで  地の中に埋け込んだと  地の底に浸  地に沁み込む  地にもならせたまえ  地の主でいらっしゃいます  地に行きて  地は都といひてもよかるべし  地に成長して  地より直に軒に至るかと思はれ  地に其読者を得て居た  地の中から六ヶ所ほど撰定して呉れた  地を踏まないで  地に打ち込んで  地の下にそして天にいるのよ  地を選び  地を打つ  地を経て入った  地を異にし  地の山窟に安倍の残党を退治せられた  地に下して来た  地を打って祝う  地という雷電松の伝説もある  地にいけてある  地の上に垂れていた  地の中へ全く葬られてしまった  地へ伏した  地の底へ落ち込んだ  地にガイマス王という国王があった  地に蓆して  地の上へ出て  地の上へ出る  地の中へ吸い込まれた  地にうろうろしている  地に落ちぬ  地との間を上ったり下りたりする  地の底へ静かに何処までもと運ばれて行く  地に耕作する  地を包み  地の中に沈んで行って仕舞い  地に大きな乱菊を出した  地の袢衿があったので  地に白で十字架と日月とをあしらった  地に簡単に白で模様を抜くだけなら  地だんだを踏んで  地を払って降りおろして来るかと思われた  地に堕ちても構わぬ  地にも唐もろこしを栽えてあって  地を徘徊して  地に生れ  地に葬られていく  地から離れられぬのみならず  地から離れる  地に即し  地にもつかず  地の官民への紹介状を貰って来て  地の活動写真館のアトラクションで見た  地との間で広い畑の真ン中に二人が話をしている  地に額ずいて礼拝をしながら  地にちなんだ  地をかぎ  地に帰せんとす  地に来れる  地よりは湧き出でけ  地に限られている  地に到達すべく  地に避くる  地に伏せられてをりました  地を過る  地で縛られている  地ごもる  地をのろう  地のなかから裂けてでて  地を見出した  地を売り払って  地に息を吐く  地に曳摺る  地に置き  地を占めに  地は三ッ堀に属し  地の卑湿にして  地を舐めて走り  地へ栽えて生長させた  地へ植えこむ  地を相して  地で始めて  地に限らなかつた  地にみつ  地に限らなかった  地を説く  地を見たり  地は既に過たり  地なりしを以てなるべし  地に多く存するをも併せ  地をいふ  地に当りて  地の娼婦を材料として描いた  地の役所に戻る  地に永住する  地を立去つたといふ  地を割って  地を奧深く導く  地に著けてゐる  地を覆うた  地に叩きつけられけむ  地を立去ったという  地をぎゅっと握り締めたりして  地は地球の地と書くの  地につけんばかりに吹きなびいて  地の底から掘り起こされた  地に落とした  地にいってくれさえすれば  地をかきながら  地を掃ひ  地に赴き  地の栄たれ  地に据えて  地を限って  地の底を掘りながら  地辷りに起因するとかいう  地辷りなら地辷りが  地辷りを生じたかを考えてみる  地の波はその辺で赤土まじりの  地の底から涌いて来た  地に落していた  地から直接に身体へ伝わる言い  地を踏んだが  地といはれてゐる  地を踏んでいる  地に住みついたぞ  地にあこがれは空に冬すぎ春来て暮す  地にひれ伏しながら  地脹れをしている  地に青や赤の七宝がおいてあり  地の気象を調査する  地辷り等がある  地の上のことを忘れはてたり  地にまき  地にしみ込んで  地を掩ふの  地に人間あるを知らざりき  地にこぼれ  地を攻略して  地に白く屋号をぬいて  地の上に降りてきました  地を踏まなかった  地にはいなかった  地を仰し  地にはらばってしまった  地の文を使ふ  地の上が恋しくなりはじめた  地についていなかった  地の文が必要がなくては表わせないと云った  地の文と両方持ちよらなければ出来  地の文とが一つになって  地の文がないと云う  地の文見たいに  地の文になると  地の文が全くない戯曲と云う  地の文と会話とを一緒くたにした  地の文と云うある  地の文のないせいだと云えるだろう  地の文がある  地の文の助けをかりれば  地の文以上に厄介な気がする  地の文と会話とを一緒にして  地の文が加った  地の文とを一緒にして  地なるゆへに産生といふと作れり  地を目ざして  地近くまで入つて行く  地が膿んで  地の下に穩かに眠つてゐるのであらう  地にも替へ  地を去るに忍びざりき  地だんだ踏んで泣き叫ぶ  地にもぐり込みたい  地を震わせて  地につき或いは大衆的日常常識にまで主体化される  地につきインテリ自身の日常常識にまで主体化されて来ている  地のさだめかという  地なくして  地の底百尺以上の深い所へ掘り込んで作ってある  地の底に生き残った  地の底に避難の室を作った  地の底に殆んど生き埋め同様となって生きている  地で行っているだけの  地へ立ち帰る  地というような大きな記念碑が立っていた  地で心中していた  地の上を照らしています  地にくぐる  地に住みし  地をば吾が家にて有ちし  地に突いて  地が弱っている  地だけとは限らない  地の至る  地は真珠の産地にして  地は赤質にして  地にたてて  地なりという  地は霜雪を見ざるほどなり  地をたずねるに  地と野蛮の地を問題にしようか  地をこえて  地に入って  地に質せば  地の光明臺の如くにもはるかなる南風のほ  地に塗るかかる  地の上に畫いてゐてくれたら  地となつた市ヶ谷の家は何となく淋しく見えた  地につけた  地とレンラクして  地に移したという  地を神霊の地として朝廷に捧げた  地に蘇民将来という兄弟があった  地が他にもある  地に住みついている  地この海に住みついている  地へ落してしまう  地がやや開けて来たと思うと  地におろしてある  地などへ来れるか分らんと思うと  地において花馬車競技があるというにより  地におろし  地へ帰って  地が裂けようとも  地がござる  地へくるまで  地にいただけで  地の勢をなして  地を以てすれば  地にはあらざりき  地を隠していました  地があり  地へと志した  地に住している  地の信徒と生前にレンラクがあった  地をふんだ  地の底に喰い入って往く  地の震いは小さくなって来た  地の震えは後から後からとやって来た  地の震いは二時間おきぐらいにやって来た  地を掘りかえした  地に遊んでいた  地の上に下りた  地に投げ付けた  地まで下げて  地があるばかりか  地がヒダ一の宮の水無神社であるという  地と深いツナガリがある  地で見る  地になんとなくユカリあり  地をさがさせたが  地を平定した  地で祭った  地はどういう土地ガラであるかというと  地に古京がある  地へ天ツ船でのりこんだ  地を探しての  地であるといふ  地の塩たるべき計画性ある  地をもとめて  地に無数にあった  地を探し  地をもとめた  地に土着しつつも  地へ土着するには  地であり誰が古くから住んでいたかという  地から移動して  地にまで定着した  地で百姓をしながら  地をどうにかきめる  地を潜る  地の声と天の響きとが和して  地を穿っていた  地の理を按じるに  地へ捨てられた  地を知れば  地に生れたる  地の糧であらうか  地を貪り  地へしゃがむと  地へ来ては  地だんだ踏んで泣き出し  地に落ちたり  地の底からのような慟哭が湧きあがって来て  地にあった  地に垂れている  地も決して見紛う  地を相し得て  地を選ばないで  地に平家を新築して移った  地とを繋ぎ合せる  地の景色風俗を写し  地を得て  地へ流謫した  地をえらんだ  地の層の間に複雑にからみ合っているあり  地の質をえらばなくてはならぬ  地の上に積もっていました  地に着きますと  地を引揚げる  地で出来ると  地で出  地へゴム印を押した  地へすてて踏みにじり  地へ膝をついて  地へ着いた  地の名主に願ひ  地に満ちていた  地を摺るかと思うほど  地の歴史に能く記してある  地にたおれた  地にも居るであらうか  地に付く  地に付いて居る  地をかぎ歩く  地に滯在して居つた  地に曳きはへし  地とがぽーっと胸を打ち開いて  地の御生でないということは美しい御言葉で知れました  地で一美婦を見た  地で契った  地の下にもぐりこませるには  地の上に打ちたおす  地の上にし  地の上にくっつける  地を見つめた  地を凝視ていると  地をその上に置こうと  地に往来して  地の価値を知っているので  地にがっしりと腰を据えたるが  地となっている  地に曳いていた  地へしゃがみ込んで  地へはいり込んでしまうほど  地を開墾しておる  地を睨んで  地へ顔をこすりつけられている  地を離れてから  地を去った  地を這ったか  地に伏して叫んだ  地の理はよく分らなかったが  地にいたり  地に墜ちてしまふではないか  地となつたので上陸する  地にぼんやり菊の花を浮出さした  地に一面に漲っていた  地に鼠色の格子がはいってる  地の人のことは非常に誇大して考えられた  地に水論の修羅の巷の流れた  地に落した  地の上にまいてみるという  地の間に煤煙の雲がうずを巻いていた  地の底へはいって行くという  地に楽しく歌う  地を動かず  地の上へ垂れ下っている  地についてはどう思うな  地の上で遊んでいる  地なきにいたれば  地に低く居て  地のやうに思つた昔の京都の殿上人の抱いてゐた  地は私にはあまりに遠國すぎる  地へ向けて吐き出す  地を掘  地を踏むでゐるからと  地はし  地にあつて湯宿を営む  地には立ちたれ  地は震  地を堰つて茨が白い花を開いて居る  地にうづく  地の歔欷ふけつつ  地へ舞いおりる  地で行った  地で行く  地を相するという  地に着かず  地に美事な巻毛になって居て  地を得べし  地へ足は着かう  地を以て方となせり  地を割かしめて  地を割くを  地を貪れば  地を領し  地の処女に如是の躾もある  地を新に言問ヶ岡と称して  地にさえ既に蒹葭蘆荻を見る  地を捜めて散歩した  地となり  地に終った  地は霜柱白銀のごとくきらめく  地の文を謡ふに連れて  地はところどころはげていて  地からわいたか  地につけて止り  地の底へ降りる  地を中心にして  地まで喧伝された  地に産する  地に金銀や朱色の糸で刺繍した  地を弾き出すと  地の涯から涯へつながる  地の人々には解らないさうだ  地の仕事をも請け合う  地に転地保養をしておりますが  地に觸れて  地とのつなぎをへだて  地の底から涼しく吹いて  地の上に映つた  地から引離さうと  地を撲つ  地の底まで感じられる  地にも星の息にも人の上にも感じられる  地の上に下ろして立たした  地の底を流れる  地に屆く  地の間に濛々と湧き起り晴れた  地は整然とへだてられてしまふ  地辷りして  地を躍って  地に舞った  地へ参る  地に下るの  地に下る  地に斃された  地の彫刻の大家の一人であるマクネエル氏の賞讃する  地見といふ職業もある  地は川棚に限らない  地へ来たか  地には佳気があって  地の名ある  地を震わす  地はだが見えなくなる  地のちがいがある  地はそんなに焼けてもいなかったのに  地に留まる  地を潤おして流れる  地に残っているとの  地には露がある  地に向い  地に竜神和泉守という豪族が住んでいた  地の上にも水が滲む  地へ落ちて来た  地を突き貫く  地へ着く  地を引きあげて  地の底の暗闇の中に働いていた  地の地すべりに関する史料を捜索して  地に印してゐる  地の底から来る  地の底にある  地の上と水の上とに落ちる  地に塗れた  地を捨てて  地にてなし能わずんば  地に行くという  地を羨み  地を揺るがした  地にとり落してしまひました  地においてうけたまわりたい  地に見える  地に殺到あるべし  地へ落ち  地へまいりましたなれど  地に敷き  地なりしならん  地の理を聞いてみましょう  地へお移りになったという  地から塩が湧いて出て  地に御遷座ありしという  地の伝説だけに残っている  地へ着いたならば  地の薄くなった  地へ倒れた  地へ敷くと  地へ敷いている  地の上へ一列の家影を引いて  地の中へ潜った  地へ向けてひっ下げたが  地へ出て  地へ曳いて見える  地があったが  地へ落として  地の理と条件をそなえていても  地の中へとびこむ  地に居住しています  地に落つるという  地の北にあった  地に潜ったか  地で亡くなられた  地にいる  地へやって来て  地にみちておる  地に照らし出している  地には人影があった  地でもありません  地に変りましょう  地知る天狗知る  地だんだ踏んだ  地に土着された  地にいた  地の猿若町に最後まで踏み留まりし  地の領主たることは事理の明かなる  地のうえに高くひびいているばかりであった  地を嗅ぎはじめました  地を嗅ぎ嗅ぎ  地を嗅ぎながら  地で芸人から商人に転業した  地の警官に捕縛せられ  地の商社に入りて  地に窮死せる  地に立った  地へ芝山内を突ッ走って  地で安穏に生涯を終らせる  地を追い立てられて  地に参った  地に捻じ向けた  地に着したとしても  地より立ち戻るべきか  地の底を割ってみせた  地の底をふるわせて  地を得たいと思う  地を得るや  地を旅立った  地で受けた  地に向っては  地が発見された  地の居民を糾合して  地となるか  地の折目をのばして  地を自分の手で捜しあて  地に帰りとうございます  地の雪には棘があり  地に潜まなければ  地の上まで反射して来て  地に乗りこんだ  地に来なければ  地ではあったが  地は熊笹に占有されて  地に足のうらをつけて歩く  地をむきだそうと  地の勢いはあちらとこちらに区分され  地のあるじとなった  地であるという昔の観念が頭のなかに残っていた  地の原始林にはいった  地には起死回生の想いがこもっていた  地に敷きつめた  地の記憶を思い浮べた  地に府をひらく  地に残されて  地にいてくれたなら  地に千五百万円の金をもって  地に赤く円を染め抜いた  地を衛るあたわず  地と申す  地の空と樹と草との清新さを描きだす  地に辿り着くという  地のけじめも消えていた  地があった  地のなかからも来る  地から萌える  地に長逗留して  地に近づく  地の人には旅費を支弁するから  地はいくらもつかない  地へ移住し  地へ移ってきたが  地を動くならば  地はだを見せている  地に住みつかせて  地だけは臣下に与えず  地の米を江戸へ売って儲けていた  地にいては寝た  地をはなれる  地にも居ないではないか  地を見つけだしている  地でどの家にも歌女を養っている  地を逃げ延びる  地に置きたい  地に住みついてしまった  地へ住みついた  地でジッコンを重ねた  地に居る  地に落ちついているという  地から人や設備が得られるでしょうか  地の上は二人ばかりを載せている  地へ上って  地に落つるというほどの  地を払ってしまいました  地に逗留している  地に杖をひき  地へ落ちて消えました  地に使はれるのみで  地に逃げ住んだ  地の長幡部神社が神大根王を祀るという  地に墜ちかけている  地の下の方にはもう小さなタケノコが生えはじめてますよ  地の理を吟味して  地につけて坐りこみ  地はちつとも汚れてゐなかつた  地の底でも見える  地へ出るまで  地にねじ伏せた  地だんだを踏みつつ  地にのびた  地にひざまずきかけると  地の奉仕もおえたので  地に恵もうぞ  地におく  地を引きずるばかりにして  地だんだを踏んでいた  地にまみれながらも  地にひざまずいていた  地を爛らしていたではないか  地も踏まずに  地に黒い太い竪縞のある  地に着く  地に手を突いて  地に転がる  地の理を見ると  地で一緒になった  地になって  地へ参って遊んでばかり居ります  地もメリンスらしいじゃありませんか  地に模様があります  地の司法制度を研究して  地に固定せずに  地に行き  地へ行かれた  地に溢れて  地へ膝を折って  地へ下って来た  地へ投げ出される  地を選んだ  地へ足を踏み入れた  地にくぐろう  地があればこそ  地の上へ浮き上れなければ  地にそれをながめた  地に落ちて消えた  地からしんしん揺り動く  地までさんざと濡れしとる  地から底から沁み光る  地が上にある  地に送つた  地の上に黒い蔭をつくりました  地に突き立て  地へ滅入りこみ  地に嗚咽をこらえている  地といって  地に匍伏した  地の冷えに耐えていた  地で黒髪をおろして  地と選んだが  地にえがき出されていた  地に鳥影が映るほど  地の肌へじかに咽んで  地に伏せていた  地に集まったからでもあろう  地は天然の美景に富むが  地と見込をつけた  地を浅田という人が三十円で買った  地に野心のある  地の旧家であるところの家庭に彼方此方招かれて  地に与えた  地どりの上等だけで取り揃える  地の特産を大切にし  地における我が移民の活動に見ても  地を見立てて  地となった  地であることを信じ  地へお出でになり  地に伏したか  地の理に従って流るべき  地の表面へそういう結果をもたらすに過ぎない  地にひざまずき  地の昔話に犬神の伝説ありて  地に落とし置きたり  地にたおさしめたり  地に埋めて腐らせても  地の底からゆりうごかして  地の精霊の無邪気と悪戯っ  地の精霊でなくって何うしてあんな悪ふざけと無遠慮とが出来る  地から生れた  地へお移し申すによって  地を明示せぬ  地に屈まる  地から腰を擡げ出した  地へ片膝をついて見せたものの  地に住んでいた  地にまみれた  地へ振り捨てられ  地でいきました  地でいく  地に縁故のある  地の文明の一端をかじって帰った  地の書物の買入れを頼み  地が掘れる  地を訪れるであろう  地に下ろされましたけれど  地にすっかりオレーフル油を指ですりつけて  地に敷いては  地に敷いていた  地にも鳥が啼き  地にしいた  地から根生えた  地にもあきた  地へ置くと  地を掘っても探し出し  地へ潜った  地へ参った  地に曳きずつてゐる  地に曳きずっている  地に散在し  地の婦人を想像するに  地にすれすれにして  地を打っている  地につかないほどになっていた  地の力を見まわして  地だんだを見せながら言っている  地の物はしずかな焔になっていた  地でととのえおけとの  地でもあり  地に用意されていた  地へ着いたとの  地にかかって  地をお立出で願わしゅう存じます  地の底へ沈みこ  地が哭いた  地を抱いた  地にも身の置き  地に伏しつつ  地にこすれる  地の底のどぶの  地になにか埋めていた  地に埋めている  地にかきの種子をまいた  地を胴突くと  地を求むべく  地を這いまわる  地の虫が死ぬという  地といひ  地を離れたる  地の模様を知らせてよこした  地が今でもまだ姉の家に残っているが  地に生れおちて  地に動くは  地ぬらさじと心して葬りにけむ  地の下の暗きに吾子はかくれたり  地に香を留めて  地に見て  地に迷ふ  地のままの言葉にしても  地に行つて散歩した  地で過すやも知れないから  地を出発とう  地は天下反覆の人物に縁がある  地とえらんだ  地をつつむ  地を這っているだけの  地にあってうごけぬ  地の物を枯葉のごとく宙へ奪い去ってゆくと  地に楯を敷かせ  地の小高い場所になるな  地の岩戸を開いて  地に生まれた  地をたたいて  地の厚い布はできても  地のよくつんだ  地の透く  地へ出店を出してしまうからで  地でもある  地が今化して  地を転じて  地に化する  地を拓いて  地に隠れ  地に響く  地に金蒔絵で丸にいの  地を見れば  地を払って  地のいずれへか預けて  地を踏ませぬなど  地を拠点にとって敵の行方を探す  地に着いて  地として昔から神聖視され  地に定住した  地を踏めども  地も濛々として見定め  地なる悪魔を踏みに  地にすれたりする  地に飛んでも  地に地所を買って移って来た  地もないほど人々が参詣した  地に印した  地に氷という字を白く抜いた  地から消えた  地へつけた  地を濡らしている  地に仆れている  地に画きつくした  地から剥がす  地に戻して  地潜っている  地に侵入していた  地その地の百姓が役として勤めた  地は幕府領ではあるが  地に限る  地へ旅行する  地に立ったので  地は鍋島家の末家邸であったかと記憶する  地に存在している  地は引揚げた  地の先輩で久しく交っていたから  地にも同郷人の福富恭礼氏が居たので  地に繪島の研究者があり  地を見に  地とが狎れ  地の色にして  地に在つた為と言はれぬとすれば  地に入つて行く  地に敷いておりましたが  地へおいでになり  地に滞在しておられましても  地の庵室へかくれたりして  地をご出立なさいました  地に届くまで繁った  地に坐って考え込み  地を想像していらっしゃった  地に鋪いてある  地をつつんでゐる  地に転んで  地なる善人に平和あれ  地から離れて  地に近く降りて  地にひるがへし  地を踏みしめて行くだけが  地へ下り立つと  地を払ってしまった  地へつれて来られた  地をかえてしまいました  地を指して  地の信徒に大きな感動をひきおこした  地に尚華やかに語り伝へられる  地しばりをレーキでがりがり掻いてとる  地に比べては  地を見出せない  地なしと鼻うごめかして  地かためをする  地がためをする  地の病院勤務を命ぜられ  地を這ふが  地に定めた  地を抽きて  地よりも湧かねど  地には秋の声はなくてただ春の音がある  地を銃猟禁制地に許可を得し  地に落ちたので  地へかかり  地の陸奥守顕家へたいしても  地へくだって来ていた  地にあれば  地を与えてやろう  地にのこす  地をふんでいた  地に降りた  地にもい  地ほどの相違がある  地ともいえない  地に隠栖を致しましてな  地を往来し  地に伏してしまいました  地にうっ  地の上からふわふわと舞いあがっていくらしい  地を這っているものの  地に伏していた  地とに引き裂かずには措かない  地に釘づけされた  地に敷いて  地へ手を突き込む  地をうらやみ  地の上へひしゃげて居りました  地には小笹がしげっている  地から帯の桃色がういて居る  地の底に居る  地の中に出来る  地の中に出来るからこそ  地を石坂家の邸は占めていた  地の底へ降りて行きなさい  地の底へ降りて行きました  地を尋ねて  地の下へ飛込んでしまいます  地へ突っ込む  地における同郷仲間ともしっくりいかないで  地にへばりつく  地の底に建ちて  地に建てる  地を吹流されて  地を見てからも  地を去らしめた  地を掘りて  地へ下がって来ても  地も気をそろえて  地だといふ風に考へてゐる  地に倒した  地に楮麻を植ゑた大和民族の言葉から借り  地に花を散らした  地に幾つもの事が重なつて居る  地の底で呻っとったってさ  地にぬかずいた  地に平伏して  地にぶっ坐っている  地は吉い  地で参陣ある  地をふんだばかりの出ばなにおいて  地に過去十年余の業績と人柄を称えられていた  地で亡んでしまっている  地に捨てられてゆく  地を持たず  地を去って  地にかくれてしまった  地をかえりみて  地へかくしてしまった  地にかなり散在している  地では昔から新年にウドンを食っていた  地に黒漆でからすの  地なく顔が赤くなったり  地のいちばん低い家の高さに相当する  地からも沸き上がる  地にいて  地の上に積もると  地に向って  地の中から出て来た  地に来る  地を蔽っていた  地に立て終るまでは  地と想像する  地もここにおいて他にないというほどの  地となったので  地に移すべく  地を公園に編入し  地をさして漕いで来て  地とを前にして  地の下に居るわ  地の下から伝わってくる  地にありといえども  地に立つべからざるなり  地には近所の男の児が独楽をまわしていた  地の上ではやはり不思議の出来事が止まなかった  地の上にたおれました  地はありますまい  地に隠棲したと聞いている  地を馳け鳴らしていた  地を踏ませぬほどな  地を翔けてくる  地を蹴  地へ坐って  地につかえて  地鳴のような音がゴーッと響いて来る  地を曝させては  地につけて聞き澄ましていると  地の隅に居  地に捨てようとしたが  地を払って来た  地にはまったくこういう不思議の家筋の者があって  地を出はずれる  地に宛てていたが  地へ落ちない  地の底からでも聞える  地に近づいて来た  地の方へ押しやられて行った  地の薄く透いて見える  地の中へ頭からめりこむ  地を割つて  地にあつて湯宿を營むことを  地に見るだけにも  地に赴いた  地に降りてきたかの  地へ小さくして  地を踏み  地に育ってから  地に生れて  地の桃色が褪せてしまって  地は早くから西洋人との交渉があったから  地に伝わった  地をして  地に下し  地に陣を取り  地に堂宇を建てて  地を埋め  地と見える  地に突き通る  地に横たわり  地の虫どものなかに朽ち果てよ  地を掘って  地のそばを通っている  地の中の穴から急に現われたりした  地を掃いて  地には青い草が萠えてゐる  地に催さるるという  地を通過していない  地を物色して  地とも思われないね  地にはおすまいになっていらっしゃらない  地のように思われてなりません  地が山間の僻陬にありながら  地の理を研究していない  地を踏みに来た  地ではありませんでした  地へ立寄りをした  地で鉢合せでもしてしまった  地で自分が養成した  地を低くながめやったが  地から湧いて来た  地の理がよくわからねえ  地のあやまり  地に足をとどめた  地に根が生えた  地にももぐれるし  地にもぐらして  地にもう女がいないとすれば  地のちと窪んだ  地が要ろう  地をお謡いなさる  地に坐った  地に落ちていた  地もないほどにたくさんの樹木が植え込んであるので  地の理を見定め聞き覚えた  地が何というても  地に於て剣術の手ほどきをした  地にいるか  地で学問剣術をやった  地にいるかって  地へ幽閉を蒙っているというほどでなくても  地の者共には相手になる  地を想わせて  地にでもい  地は存外緊っていますからねと  地の色ッポサを相手に楽屋の方へお酒をのみに通うという  地の文と同じ地位を占めている  地の文の中にとけこみ  地の文の中でさえ力を失ってくる  地の文の中にとけこんで  地の文か或は地の文の中にとけこんだ  地の上の敷き  地は睡る  地へ叩き落されていた  地へ坐っていた  地へ手をついてしまった  地に俯っ伏している  地を得られない  地へ着き  地が良いか悪いか色が褪めるか褪めないかと  地を得ない  地で言う  地が性に合うで  地の白き汁と青き奇観が火焔の中にながれ入る  地の上へ卸して  地にはじめての大兵乱が勃発いたしました  地は勲功の族に当てられず  地の下に堕されて  地に陥れる  地に陥ります  地の中へ播けば  地を嫌ひて  地に墜ちつつある  地との間に立体的桶をつくり  地が教うるにあらず  地の胸を撫探し  地なんぞは見もしないで死んじ  地に居るが  地に執着しておらねばならぬ  地をできるだけ早く立去りたい  地に師とすべき  地で飛脚を頼むかするより  地のやや広きところへぬけ出したから  地へ追いやって置いた  地を一歩離れて  地にまで落した  地の下から聞えた  地の土になる  地を立ってしまいました  地をでも占めさせて置いていただく  地に来るべき  地の底へむけてほった  地を供与せられ  地だけは銅貨をダラなどといっているが  地におちて死なずば  地にその至情を吐く  地に本拠を定めて  地だと思った  地を得られた  地に匍い  地に消滅していて  地に附く  地に拠って  地に行われ  地に二年あまりいたが  地へ白で大きな模様の出て居る  地の底から美しい体を現わして来る  地の魚はないがマグロが少々あるからといふので  地で三木清氏と会って  地を耕作する  地の底の遠い遠い所から透きとおる  地の底の暗黒にスッカリ慣れ切って  地にも懸け  地に投げて  地になびく  地は闌けまさる  地の底へ何層樓のアパートメントでも建てた  地となったからとて  地に波及する  地を掃うようになったが  地だといっている  地を割いてくれとの  地において病歿した  地とはいうものの  地の底へ何層楼のアパートメントでも建てた  地の上に落ちた  地とが未だ互いに分れていなかった  地を作る  地が生れて出た  地が生じ  地と原始水あるいは大洋との分離であったと考えられている  地が大洋から漁獲されたと考えている  地を覆う  地に密着して押しつけられていたので  地と呼ぶ  地に星辰が散布される  地とを創造した  地が置かれた  地の成り出でし  地を生じ  地の領土の裾なるタルタロスの闇も生じぬ  地は最初に己が姿にかたどりて  地を覆い  地は耕作を待たずして  地と蒼穹とは分たれ  地を呑み尽くし  地にも同じく五つの帯の環を巡らしぬ  地の縁辺を腕で抱えるとある  地が球形でなくて円板の形をしていると考えていた  地は球状をなす  地にあるごとき  地の土の中にエーテルの取り残されし  地の方に眼をこそ向くれ  地の君にて汝は在す  地の国々を汝は生み  地とを造った  地はこれの対象として造られた  地を造り  地が出現するであろう  地は労耕せ  地が形成され  地の未生以前に存在した  地が崩壊するかも知れない  地の周囲を回っているとした  地に堕ちて  地に生れた  地を蔽う  地であるという考えをもっていたら  地の上へ突倒された  地を出発するかを聞いた  地で越させて  地へ無事に足を踏み込んだ  地へ避難した  地を選ぶ  地に入り込み  地が震い  地がブルブルと震え  地は時を劃して  地には熱湯が湧き出してからに  地の裂けて  地が描かれている  地にも青い草が戦いでいる  地を這っていて  地がだいぶ剥げかかっているぜ  地を掘り返しても  地を辷った  地に這うか  地の女好きにこの探索の心が手伝って  地に女ありと考えなければならない  地を踏むひびき  地を叩く  地は木槌山まで出向いて来たについては  地へ八百駒の提灯を置いておいた  地へ垂れて  地に印しているばかりである  地の上に坐ってしまった  地は闇にとざされていた  地へ斃れた  地に斃れた  地に転がった  地の奇妙な顔が身上になっているので  地の教坊に留めき  地ををさへ切れぬ  地は宮川の上流に瀕した  地に定住して  地において生活の道を求むべく流れて来た  地をつぶしてさ  地とにみなぎり満ちる  地からともなくわき起こる  地の上にはいない  地の中に引きこまれて行く  地の上を領していた  地になびかして  地が凍っている  地にあらざれば  地に潜んでゐる  地の一隅を睥睨する  地の一隅を睥睨して  地に来て見れば  地で暮す  地にわたくしをとめてくれないので  地見商売のような未練たっぷりのケチケチした  地から持ち込まれた  地の理を実地に調べようとして  地に跼つて  地に根をすえてしまった  地を躍る  地だんだ踏んで頑張っていた  地は笛と締太鼓に銅拍が加わった  地の文を朗読して  地にまかれて  地から舞い上がった  地に降りて  地を耕す  地へもどって来る  地の上に立っている  地の底からでも聴えて来る  地の底から聞えて来る  地と思えばこそ  地を抽いて  地の相交わる  地の上へ落ちた  地に赤い斑点のある  地に投弓という風流人があるからたずねてみよと  地でないことはわかっているが  地へ来て見ると  地は曾遊の馴染があって  地で大工に心ある  地を発船し  地に漂着し  地をヴァイリマと呼んだ  地鳴のように聞えて来る  地には珍しい寒さが始まった  地を踏めまいと  地に包囲した  地に隠退している  地の生活の齎した  地にそれを蒔かれた  地に骨を埋めようとしている  地と指定して置いた  地が崩れ  地の上へ着ける  地の底へ響く  地に瓜の躍るに  地にも許さぬ  地の底に棲む  地へ行く  地で朝鮮人であることを意識する  地を与える  地へ来ると  地に面を二つ三つ縫取りした  地に木居の若鷹を刺繍した  地が何か計画に不足を感じている  地の話があって  地の理を説明し  地とで対峙している  地に悪い奴があって  地へ来て  地だんだを踏んでゐてはならない  地に委する  地に在りしぞならば  地からつき立った  地に長く印している  地を卵色の琺瑯で焼き付けて  地につけながら  地の顔にして  地を耕し  地を献上したという  地と称して  地では男神であり  地が明光寺の後の峯にあって  地の一本の枯草もなく掃き清めたかと思う  地に注連を繞らし飯酒を供えて  地に埋めたが  地を乞い受けたなどという  地に限らず  地を乞う  地に倒れる  地の底にでも落ちた  地と空と融け  地にかえって重荷を感じた  地から満ち溢れた  地を払って行く  地に居らるる  地であるここに建設する  地の豪族を示す  地ゆるぎのする  地へ引き移る  地に印せられて  地へもぐりでもしたかの  地の中へ没落してしまった  地の下にはまだ人間がいる  地のなかに棲んでいまして  地の底で陰にこもる  地に咲く  地を照してゐる  地に投げつけ  地に伏してわめきました  地を離れる  地に撒いてある  地におとして歩く  地にもぐったか  地の中へもぐっていた  地へ行きついた  地に踊らして  地かへ運び去ろうとしていた  地の底で働いている  地に膝を突いた  地に領伏しながら  地とでは場所が違う  地を立とうという  地の木地師の娘に迷うて  地へも潜れず  地とし  地に於て食いとめようとして  地に着いている  地から出立させていただく  地の理を知らねえ  地まで一気に山腹を走り下った  地だけは完全に脱出すると  地なく舟を改めるには及ばぬと  地でいって  地を揺がしていた  地に紺の碁盤目のある  地に紺の碁盤目の著物を白い肌につけた  地の底へ濠水を吸い込んでおるに  地にひれ伏しました  地に来ていながら  地との音楽が復帰していた  地を去ったかを  地の墓地に葬られた  地にいない  地にいたら  地に脱したいという  地へ行つて御覧になり  地をけって  地が透けてみえる  地に校舍を建て  地から追放された  地にあらす  地にあらされは  地を廣くし其國の富を増さ  地をはしる  地をふまんとは  地の下に徹って  地が揺れる  地へ推して出られる  地が見たてられて  地とするは  地として黒鳥毛を垂した  地をゆるがせて  地を指で掻き  地から八十尺も上の辺に奇妙な大時計が嵌って居て  地の田舎新聞社に行き  地へ来た  地の下深くへ入って居ると見え  地の下へ埋って  地に附かぬ  地へ逃れる  地に逃れさせる  地へ来たか知らん  地を兵燹から助け  地から掃く  地にひざまずいて  地で五千石の知行を与えよう  地の理に晦く  地の底から足首を掴まれて引き込まれる  地とに一杯拡がっていって  地をふりかへる  地に関した  地の底から湧きかえる  地たる三面繞らすに河流を以てし  地より誘拐せられて  地に着けて  地を這ふようにして飛ぶ  地に動いて  地に吸われたが  地に居城があったと  地に生活している  地に降る  地に会した  地に放逐させる  地を斬り従えて  地に會した  地に黒い針葉樹の裾模様を着た  地が少許の岩片と白い砂利を敷き均してある  地の底から大砲でも放った  地に室堂があって  地に紫を刷いた  地となっていた  地との貿易を営み  地の人々のすゝめに誘はれて  地の上にますます積もって  地に薄紅の莟が大きな雫のごとくはっきり見えた  地にも落ちて来ぬ  地を透かせて見せる  地を払子のごとくに擦って  地にもタッタ一人の妹に心配をかけるばかりでなく  地の底のようにシンカンと寝静まっている  地を持つ  地を開発して  地の詞として語り  地の見える  地にとどき  地に映っていて  地の上へおちて  地をもつ  地の上にあらわれてきました  地のなかにいました  地のなかにはいっていた  地で同旅団の新発田の歩兵十六聯隊と分れて  地は東北に師団を置きて  地に貰って  地があろうぞ  地の上に黙  地の子我が物と思はない  地を耘ってる  地から根こぎにされる  地を踏まんとは  地に上陸作戦を敢行する  地のないように店をたてならべる  地を離れます  地の幾分を占め  地の特色を現したる  地に千鳥が啼かずとも  地に山吹が咲かずとも  地を知らざれば  地の大概を知りたる  地の上へ手を伸ばした  地に来たが  地へ諸共に膝を折敷いて  地へ伝法に屈んだ  地の工合で蹈むと崩れる  地の上へ黒い線が流るるごとく  地の下に漲るがごとき  地ん中へ顔を埋めて  地を放れて  地の神を祭るの  地の神に捧げた  地に敷くばかり  地では赤線ひとつあっても  地に下ろして  地に来てから  地に二人は来ました  地は下にと決っている  地の昔の君主から出た  地で得てる  地にあらずと思ふに  地に堕ち  地の世話をしておった  地に流れ出して  地におった  地をゆるがして起った  地に放置する  地に村右衛門が立籠ったので  地に再来せしめるに  地に生きながらえている  地とうすはきいませと  地がないんでしよう  地をはう  地に尊形の石塔を建て  地を占めて  地を中心に八方に漲らしていた  地にまで其の余光を分った  地に棲んでいると  地に出没して  地へは落ちない  地へ向って来た  地を打って歌い  地の角までこの舟を漕ぎかける  地に草木がある  地の理を知らねえから  地は転じて  地の理を見て置く  地に潜入して  地につく  地を踏ませまいという  地では果報負けがすると見えていつきません  地はその後長く城主の手を離れて  地に長谷久兵衛という鬼代官がいる  地の役人がした  地の不利に恵まれるという  地に曳くばかり  地を去りて  地に落ち  地しろをせ  地にも博士一人を力としいたりしに計らずも  地と擦れ擦れに進みながら  地に止って  地に付いているかいないか  地に達す  地が見え出すと  地を知って  地に落ちるだけだ  地に響き渡る  地には花が咲くだろう  地と呼ばれているものの  地を這って  地に戻って来て見れば  地に挿して置けば  地に舞い戻って来た  地にめった無性に打たれた  地が赤味を帯んでいる  地に片手を棹さし  地に王侯たらんかということになったら  地の下で出喰わした  地の上へ押し倒された  地とに緑はうまる  地を蹴る  地に先住民族がながく取り遺されるという  地に夷人と呼ばれた  地にまで普及せず  地を踏査した  地を匐ってる  地にも靡くにこそ  地に玉砕す  地には菊花の芳香あり  地は紅の筵を敷き  地にはやすきかみにはみ  地にも頼る  地に散在する  地に成さしめ  地には光があり  地を掘り始めた  地に稀なり  地は堅く氷れり  地の底にて響くがごとし  地に置きて走りゆきぬ  地まで一杯に拡がって  地と思い定めて帰った  地からも出て来ますわな  地に数週間逃げ込みたかった  地に身を置く  地には向いてゐません  地でないということはありません  地は長良山の一角で高層を成しているだけに  地に向いているけれども  地へ引っ越す  地に居りし  地たることを見るべし  地なるに重きを置きたれども  地に有楽館というのがあって  地にうんと肥料を注いで来るべき  地にひきずる  地にもわびました  地で畑をたがやしていた  地とが私のまごころを照覧ましますでございましょう  地を占領すべし  地を離るるがごとき不謹慎を犯す  地の郡役所で受けた  地に越した  地を払ってしまったけれども  地に閑山先生が隠棲している  地の上に生活する  地の底にまで潜り込み  地へ下すと  地に仆れてい  地へ参られましたが  地に膝突き抱き  地に突き体を支えたが  地に落ちて燃える  地へやって来た  地へひざまずくと  地を蹴り  地に坐わり  地へベタベタと坐ったと  地から出て貰おう  地にて御面会いたす  地から立ち去った  地へ来  地鳴に似て  地に進出し  地に生まれれば  地に墜ちてしまった  地も水に浸って  地に散っていた  地をする  地の濃い所に霞んだ  地に黒羅紗の襟のついた  地と定めて置いた  地を掃い  地の占領を解く  地に擬している  地へ移った  地の底までも通る  地には昔から夥しく樹木があった  地さえ大抵は不明となった  地には少しも人工が加わっていない  地は一面に雑草を以て蔽われていて  地となる  地を立ち去らうとした  地のきめの  地から草鞋をはいて  地を求めていた  地で力を回復した  地において神は燃ゆる  地に止まった  地でやきもきいたしますまい  地ではあなたのなさる  地から書き合う  地敷きの織物が四十枚敷かれ  地と感ぜられた  地とも異なり  地たる木曾谷と福島の関所とを護らせた  地から常磐橋内へ引き移ったばかりで  地における女人結界の場処も廃止された  地の文の上に浮動して  地の上に吸い込まれる  地にも恥ぢざれば  地にはじめて起こり  地に滞在せし  地に起こり  地の霊を集め  地にも生ずる  地より砂を取りきたり  地の底に埋もれた  地に倒れました  地を出立して  地の妖怪を御報道に及びたいと思います  地に行啓あり  地に弾く  地に移るかも知れません  地を得たと謂いつべきです  地がその颱風の眼になる  地が殺気を含んでいるだけで  地の揚屋では帯刀のまま席に通る  地へ足を入れた  地はその鼎沸の中心に置かれても  地に曳いている  地に上り得られる  地へ落着いてみると  地にてなす  地は豆州にして  地よりコックリの報道を得たるは  地の流行の実況を捜索して  地のもの英語を解せずして  地からわいた  地に着いていない  地についたと思うと  地がなくて付け腰だけが一つあった  地を選定して  地に散らせれば  地に散らしつ  地につかなかつた  地の支店長になれる  地でとった  地へ落して行く  地に落されたら  地を這ひまして帰ります  地を透く  地に圧し曲げる  地に墜ちました  地の底から持ち上げて  地にばらの実をとりに行きました  地との因縁が悲しくばかり思われてなりません  地の上へころげ  地に据ゑて片側につたやと書き  地も悉く火に包まれて  地に落ちてゆく  地はだがでている  地を賜はる  地へお埋めした  地まで汗に濡れる  地に引く  地へ打坐ってでもいるかぐらい  地へ摺れて下ってさ  地へ引摺る  地に伏せてしまった  地に投げすてる  地に踊りの輪を描いて踊っている  地に用なければ同行者を促して  地は人の出入多くして  地をもって  地は実に毛人の域として認められていた  地を領した  地を俘囚の手に委する  地を国司支配の下に移すには至らず  地を伝領し  地に願成就院の営作を始め  地が当時兵乱の巷となる  地を給せらるなどと書いてはあるが  地には鎌倉の勢力もいまだ十分に及ぶ能わず  地に落ちて行きました  地に泥んで  地の娘たちとの子孫で繁昌してゐた  地の娘たちは天上の恋人たちの朝日にひかる  地に僵れてゐた  地をなして置く  地をかぞうる  地には高山あり  地に来たりて  地にあり  地にとどめて  地で憐れな死に様をした  地である石川の里に住まはせてゐた  地の文と曲人の白との差別のつかぬ  地へ抑え付けていた  地にも届き  地に働く  地を棄て  地を警備する  地と定めてゐる  地に通過し  地で繁栄する  地に井桁を白く抜いた  地を後にした  地へ肉食妻帯の門徒坊さんを入れる  地に砂の数ほど有るにしましてからが  地に船がかりをした  地として残されている  地が恋しくなった  地にとどまって  地には未開の処女性があって  地というとも  地を離れなければならない  地から薩長が湧いて来た  地だとも思っていないよ  地の表面を被わんばかり  地におろしてゐる  地に泰平を出さんが  地の高まりというものは何と心を昂揚さす  地に拓務を図ったのに  地に蔓った  地であつたことは人の知る  地はひろいからどんな大力の人がいるかもしれない  地をはってしのびよっていた  地の文でいろいろ余裕をもつ  地の文で必要ならばいくらでも詳しく書ける  地の文だと文章が下手でもほかの見どころで魅力を感じる  地で芝居をするといふ  地でゆく  地へつけて  地を下にする  地にアルモウー城を建てたという  地に四里四方刀斧入らざる  地へ下りたので  地にも倒れつべし  地に置き得ず  地を知り  地を下る  地の底から響いてきた  地に封ぜられた  地との間を海辺へと走り  地の軸は絶え  地に割拠せる  地がかつて夷の住所たりし  地にかつて蝦夷が住みたりとの  地に入りて去る  地で蛇来るを  地より毒烟上りて  地に押し  地に画き  地を荒らした  地には必ず多少あって  地に播くと  地に落ちてしまって  地を本陣とした  地の景色も眼に泛ぶが  地のようにだんだん鎌倉時代に戻っている  地である人が一の駒を瓦師に遣った  地へ駈け行き  地に穴掘り  地へ遠国より古くかかる  地に多く鉄砂を産する  地を行き  地でも衰えずと  地で草木少しも生ぜず  地の婦女威儀を重んずる  地の古記を引いて  地からその種が絶えるまで採って  地に触れしめず  地へ生み落さるれば  地に落さ  地を一呑みにし  地に博物館があるというので  地へ下り直立して歩む  地を歩まば  地の答波樹林に還り  地にシャマンとウォーウォーと二種の手長猴雑居し  地に抛つと  地全く乾けば  地にはその像に逢わずに  地の所有権は猴にあるごとく認めた  地に入りてせしごとき  地に三万石を領して  地だんだふんだ  地へ落した  地にしゃがみこみ  地へ俯ツ伏した  地を見ない  地へ泣き  地へ出征して  地を掘ると  地をならし  地へ二通出します  地は到底明治時代の想像に及ぶべくもあらず  地に天然の趣味を欠ぎたるを恨み  地を称して  地の名妓仇国と心中したる  地に發祥したが  地へ堕すを  地を旅する  地に棲み  地を明神として祀り今鹿島と号すと  地に触るるに及んだ  地と定め  地から生れたる  地を犬の名に基づいて  地を踏むを止めた  地たりとあって  地へ石一つ位建てても  地について泥に成るは  地へ上れば  地に墜ち  地に落してもらった  地に築かれたる  地に至って見ると  地があるが  地に飛び下り  地にひれふし  地の住民怪しからず  地に僑居し  地に委ねた  地に伏し  地があったので  地に落して  地の中から吐き出る  地を探  地が分らなくては釣れっ  地に低く生え立った  地と称せらるる  地に釣り  地にも唯一度頴才新誌と云ふのに  地或は野など言ふ  地へ伏せる  地に落ちて来た  地へ落ちて  地へはいっても  地に敷いている  地を偃うように首を垂れて  地に根下ろして  地のうへ二尺君は寵の子よわき子は天さす  地なる醜草いもうとの  地にひとり泉は涸れて  地この空恋は残るに  地にさすらはす  地を争うという  地へ移動させて  地に葬った  地に結廬して  地に招待し  地を蹂躪した  地にはいる  地を照らし  地を弾いている  地を弾いて  地に降りると  地に出稼ぎに行く  地は黒じゆすで  地を荒らす  地を洗つて毒を落し  地が廣い  地から離しますと  地とに迷ひゐる  地にかけりのこんの  地の青草はその慰藉にあらじかし  地に染みて  地に印している  地の文に融け合う  地の文の中に入れて  地の若い学生の中に交じって  地に生かして  地に踞りたる  地に着かざるまで  地を利用して  地の祇園祭で樽神輿を舁いだ  地で七十年ぶりという珍しい獅子舞が演ぜられていた  地に山男がいます  地に住し  地によって倒れる  地に置けるに  地にしき置けるに  地が透けて見える  地の荒れた  地がめっきりすけて来た  地の中へ埋められた  地もあります  地とを指しながら  地の言葉が主でいく  地の人々は病める  地もまたいつ帰り来て見ん  地と一つになりし  地の底を流るる  地にありとも  地に薄く茶糸で七宝繋ぎを織り出した  地を揺る  地かも知れぬ  地に蹈み入る  地でないことは略ぼ  地は痩せて  地の上を匍うているに過ぎなかったが  地をそぞろ歩いた  地との間を蠕ひめ  地や色彩や柄のことばかり気にしていた  地が均され  地をひいて浚ったりしていた  地に倒れたが  地に捨て  地がしめつた  地に至り  地で再び甦らす  地へ派遣されたと聞き  地にすりつけていった  地にすりつけて泣きながらいった  地の底へもぐりこむ  地の色も見えないほど  地を見せずに  地であったとはいえ  地で上演した  地になってしまうらしい  地を神楽坂に次ぐ  地との静けさを呼吸した  地に本営を置いた  地に引入れて  地であることが察せられるであろうと思う  地ゆるぎが足裏をくすぐったく揺すった  地に棉産を得るとせば  地も轟然たる唸りを挙げてゐた  地にみちて  地に堕ちてしまった  地を払う  地の下に陥  地とに委ねて  地の上に住む  地と解る  地を囲うて  地の上に落ちていました  地につけて見る  地へと漂泊をはじめた  地における切支丹迫害の歴史を読んで  地も凡てが深い夜の中に在った  地から栄養分を吸収し  地の中にもぐり込んでしまつた  地を掘つたり  地に下りた  地にも懸替の  地に着くまでの  地の見えぬほど  地を隠す  地の上に感じ  地に植ゑたり青紫蘇のいまださかりをいつしかに冷やし  地はしめり  地に起り  地もしいんとする  地を覆うてゐる  地の中がどんな具合で搖れる  地の底の何處からか湧いて  地に生えてゐる  地に俯し  地を揺がせて倒れる  地まで行く  地にさえ着けば  地といっても  地に落として  地にも満ちていた  地の上にまろばして  地に黒く映っている  地に伏していると  地を通り過ぎて  地に位するが  地の底の唄ひ  地の底で聞えるといふだけで  地に唾をして  地の上に長剣を立て  地に吸収される  地を突いてから  地が透いて  地に歌たりし  地にあれ愛にわが足る  地に唐草模様のある  地についてる  地に帰臥せられ  地も高に数えられて  地にも諸士の邸宅が割り宛てられていた  地で焼く  地だも余さざりき  地の碩儒に就きて  地の事ども訊問せられ  地の有名なる料理亭に招待せられ  地へ渡航する  地についてこっちの顔を見た  地を塗潰す  地の下に犬鶏の鳴く  地を耕やし  地を去り  地の底へ引込まれると申しますより  地と数種の芳葩とあるが  地に唐草模様のついた  地にすがぬいのある  地に一平の漫画が色ずりになっていた  地へ落ちついた  地のお駒ちゃんにかえっていた  地うなりのようにお高を包んだ  地が逆になって  地に憬れて  地をとどろかして  地へ切れこんだ  地をはなれて  地を易えれば  地は蒔き刈りとるに適した  地にとどくまでに  地におちたとか  地にひき  地に埋  地の底の迷園のような道を描いて見せたりしました  地へダイヤモンドのピンがささった  地と称せざるを得ない  地を購ふ  地も角筈十二社境内の如く俗化する  地を存するは  地ありと聞き赴き見る  地を検察す  地にて誰知らぬ  地に在っては  地の脊髄である真理をあらはし  地をふんで  地に落ちたよ  地にはあらざる  地より出る  地に月の反射を受けた  地にもタッタ一つの心頼みにして  地に完全に下りる  地だんだを踏んでいると  地に敷いた  地に置いて  地より三尺ほど上げて  地を選んで棲める  地に滴らんとし  地につけたる  地に關する  地を含めるに見  地にとどまっている  地が開けて  地を撼かしてやってきたので  地の底へ抜け出して行く  地に摺りつけても  地へ落ちる  地の底ではよもやそんな話も出まいと思って  地には数多の工場の煙筒が黒い煙を漲らしていた  地も脚の下に陥る  地に来ているので  地の底にこの身を沈め  地の上の世界とはちがった  地を踏むと  地の底から響いてくる  地の底へ落ちこんで  地のはてというものに対する恐怖を神聖なものとして守っていた  地にふしてかなしむ  地に見  地にも殘つて居りませぬ  地の上へ流れる  地に両手をついて  地の上まで落ちる  地へこすりつけて  地を貫く  地に手をついて  地の底からもがき出て助かった  地の上まで落るのか分らぬ  地との間に一人の母と一人の子とがその刹那に忽如として現われ出た  地は凍っていました  地にも掛替の  地に揺れ  地は低く凹凸を持ち  地に墜ちず  地は掘れて  地と倒れしが  地に喜び  地にとどろく  地の底より湧きいづる  地をわかちて  地の宙を漂ひ  地をさして  地で致し方ない程の郷愁にかられると  地が見え  地は泥湿  地とのみは限らぬ  地に国した  地に住する  地を服し  地を平らげた  地を併す  地の方言には今日でもまだ存している  地であることを知れば  地に棲んだと  地を被うて居る  地の底に引き込み  地を転えしより  地をかぎて行けり  地しか与えられず  地に黒の葵の紋三つ附けた  地を与えたが  地に拠つて富強の術を行ひ  地の何れに発祥した  地なる都との間における事件を述べるに止めずして  地に残り  地で聞く  地も冥く  地に伏せて  地なぞは君の記憶にも親しいものがあろうと思う  地を鋤く  地を引くほどの  地をもう一度見る  地へ下る  地に響いて  地に映って見えた  地には黄色を増して来た  地に館を立て  地の下に在る  地におなじいろの  地へ来年来るやら  地に踏みとどまろうとする  地極世界の沈黙と憂鬱とがある  地で演ずるには  地に人が住んでいるなら  地を去るとか  地は大陸つづきでなく  地の上をはうている  地に漂着して  地が大陸につづいているなら  地がはなれ  地をほり  地をかき  地が固まる  地をはなれた  地にふし  地に鼻をつけて  地へもって来て  地にすわりて  地の下の窖に連れて行って  地に侵入し  地に鎮座した  地もいんいん  地に移植出来得べき  地に擲って  地鳴が聞えて来た  地をぬいている  地の底から昇騰する  地より湧き  地の上には歴史が他の人々によって生活されている  地は一面に誇らしい黄金色の稲穂の波をうねらせている  地に湧きたっていた  地が高くなるにつれて狭まった  地に根を下した  地に現わさしめ  地に潜む  地に馬あり  地を這い渡る  地の地埋  地を探り得て  地へとせきたてる  地につくほど  地におとすまい  地に紅葉をちらした  地に小さな緋のある  地に大きく牡丹を染め出した  地に着かない  地に立戻  地に至りし  地の名より人の名の起れる  地の名の起れる  地の底へ巧みに作られた  地が砂を敷いてあるので  地の底から呼んでいる  地に落ちれば  地に届き  地で少々生えていた  地を歩いた  地で見た  地に好んで  地を吉原と呼んでいたが  地に写らなかった  地に小さい家を建ててやって  地の上に落ちている  地に曝し  地に基づき名づけた  地に落ちるから  地にも多く生じており  地に栽えると  地に播いておくと  地であったことが想像せられる  地に発見された  地に影を映射して  地の理をよく思うと  地から王ヘロデの迫害を遁れて  地に行けと命じ  地に金糸で刺繍をした  地との間を七色に包む  地は地の色を草は草自身の色をとり戻す  地との一切のものを知り  地の奥を想う  地辷りやくねくやを  地として最も好みしは  地は絶えず予の若き其頃の胸裡を去来して  地ぞ早やに輝やけあんずよ花着け  地を貫いて立っているにすぎなかった  地であり今日も尚東京と東西相並ぶ  地であった女性の世界へ次第に進出して来た  地に下り立った  地を往く  地に翼をおろして  地を蹴れ  地を踏まず  地から生へたる如くで  地に挿し込まれて  地に置いてあった  地に佇み  地へ寝た  地に敷かれている  地に敷きながら  地へ腹這った  地を摺って進み  地へ下り  地に溜り  地の下から聞こえるであろうぞ  地に突き  地に咲いた  地に向いて呟いた  地へ向って走る  地に多くの知己を得た  地に過ごすに至った  地にも属せず  地と空とが妙にいつもより美しく見える  地にすれすれに流れたり縺れ飛んだりしていた  地に印していました  地におちざるを祝す  地には大きい湖があって  地に仆した  地に積む  地に積もって  地を距る数尺の空を踏みながら  地でも適合しない  地に墜ちたという  地に投げ付けたりする  地の下をほり返してみると  地に堕ちたかと思ふと  地にたおれると  地に投げつけると  地を掻きむしった  地に筋を引いて  地として知られ  地になげうつ  地を傷めない  地にひき伏せ  地の底を搖すぶる  地の治安は美事に確保されている  地の上に時を蔑みする  地だんだをふまないばかりにせき立てて  地の脈動を自身の体のなかにもっているという  地が確保されても  地には嵐が吹き止んで  地に金モールを附けた  地には木の葉一枚動かず  地を見られようとは思わなかった  地の底へ吸い込まれる  地を這いずった  地は見えない  地辷りも露われてくる  地の見えぬまで粘りつく  地に留まり  地に移って来た  地の臭を帯びぬ  地だといつて  地と云う  地だんだを踏んでいる  地の上に落としているが  地ばれのした  地くぼ  地も見えない  地があらわれているともいえる  地鳴を交えて  地は濡れて  地にぞ落ちたる  地ににじむ  地にしたり  地でもあると云うので  地を破って  地の豪族の石碑にして  地の砂の如く天下に充満しているではないか  地の上空にたなびく  地のインバネスを被って  地に選んだ  地に歸つていただきたいと  地に咲きあふれ  地に恥ぢず仰  地について侍女が手を離した  地だんだふむやら  地にもあの人をあなたに与えたがらない  地辷りが起って  地まで真赤にし  地辷りがあったと見え  地にも住めない  地を曳くばかりで  地を掻きながら  地に到達してゐないのであらうか  地に認めなければならぬ  地にありと  地に定著して  地なればとて安寿姫を祭る  地と共に一個国を成し  地だつたと伝へられてゐる  地となつてゐた  地に落合ひて  地に認めると  地に薄みどりの縞のある  地の天狗伝説と相啓発して  地に土着していた  地を領していた  地に仆れ  地の先住民と妥協して  地の地主神すなわち先住民の現れと見るべき  地の底で鵞鳥が縮め殺される  地の底にでも吸いこまれる  地は丸太町と寺町との交叉点を南に下り  地の底までもと思ったのに  地であるから自分の田畑を逃げて  地を志した  地とに啓示せられる  地に波の白線を大きくうねらした  地の底を見透そうとするかの  地の底に張る  地に象る  地をすべる  地にもたった一組の夜着を女にとられて  地の底とは思われない  地にくさった  地の上に横になってありましたが  地に並ぶ  地を一陣の迅き  地にひいていた  地に坐  地の底からでも湧き出したかの  地とその海峡とを込めた  地の震動に関した  地にか求む  地に死にぬ  地のホテルへ来てくれる  地につくかつかぬ  地を踏みませんから  地に投げる  地に赤と紫のお化粧を凝らす  地に住はうとはしなかつた  地をはたいた  地に捨てて行った  地の中の水が湧き出し走り出す  地にかくれて  地を附ける  地の下の大鯰が地震を起すなどといふ  地に赤い花模様を出して塗りあげた  地を開墾したり  地を遍歴した  地で暮した  地へ侵入して  地についてゐるでも  地に埋めて  地とを見守り  地に平伏した  地に植ゑつけられてゐた  地の上にや綺麗な娘がゐる  地に招聘し得べき  地に輸送せられた  地に出て  地の上に影を宿して  地で見聞きし  地をば美しい世界と為す  地とはたのしみ  地を這っていた  地ゆるぎと  地が裂けるといふ  地を突き  地かたまると縁起を祝います  地の冷えが感じられます  地を発った  地では夢にもきく  地を一歩ふみしめた  地へふしても  地へ伏し  地を開かすべしと  地によこたわりました  地にもかけがえなしと思って  地がすけてみえて  地で石がものを言ったという  地で暴民に囲まれた  地を治める  地で暴民に襲われた  地は霜どけでけぶっていた  地だんだをふみたい  地に水色の井桁を散らした  地に摺って  地へ吐く  地の姉の家へやって来た  地を曳いている  地へ垂れ下る  地は馬の産で名があり  地にし  地で陶器を作れよと  地に旅する  地となってしまいました  地に絞  地かと考えられます  地として古い物語を有ち  地だという  地にしてしまう  地の果か地獄のような気がする  地がゆれている  地辷りの危険でもある  地がゆれる  地がずずっと陥ちはじめた  地を究めておりますので  地につけ動けなくなってしまった  地がいかなるところか分るだろう  地辷りもあって  地へいちばん先に踏み入った  地はたとえ  地の緯度をいい次いで経度をいおうとした  地へルチアノ一味が食指を動かしているというについては  地に懸崖あり  地に貝塚のある  地に口をつけて呼んでみても  地に棄てしを見て  地の上に雨の余波ある  地をば綺麗に掃いたり  地に褄を着けず  地の上叩いて  地にて興行せ  地に来りしにも  地の上に円き筵敷きつ  地をあてがわれて  地に投げつけて  地に投げたと思った  地に打ち砕くだろう  地がすけて見えてゐた  地の中にあるの  地を粧ふ  地に露結び水ながる  地のはてに光と暗を布き替てこ  地の柔かい深さを感じさせ  地がきれたのに  地なりと云う  地とが初めてわかれた  地にこもる  地にぬかずき  地にぬかずく  地につけ拝んだ  地とは楽しみ  地と称すべきでは  地となさんとの  地は時を追うて  地は永久に殺す  地に数百万エーカーの緑林を見るにいたる  地の農業は一変しました  地に張りて襲いくる  地を征服する  地との間に於ける  地までは来ない  地の雑誌に出ている  地より身軽なひるがへり  地に置いた  地にをさ  地はこれをうけて  地にむかひ  地に蹲まるにいたるごとく  地の笞なりし  地に臥せる  地にいたるも消えざるをみ  地を踏ましめし  地にもたせたり  地にまた禍ひの  地そのためにひらけしは  地あるを見  地にわしり  地に張られし  地に寫せども  地にありしに  地にひかれ  地の極にまで及べり  地に商人たりし  地に倒さん  地に伸ぶ  地の子等勝利をえし  地に見るにいたれるも  地に見る  地にて一大環状をなすが  地の寺院の式に臨める  地を染む  地を指し  地に掘れる  地には常に新しき血汐のぬくみあり  地を指す  地は主にアレクサンドレア及びエヂプトを指す  地をロベールの手より奪はんとして軍敗れ  地を距る四里なりし  地に倒れ  地と思はるるは  地を掘り  地は雅びて感じますし  地を択んだ  地との間に向って  地をなめずる  地は殆ど枚挙に遑あらず  地へ垂れ  地の上へ潰された  地に眼を押し付けて駈けるので  地に立てる  地あるをみし  地は手と足の助けを求めき  地の方に距れるに  地に吸はれざる  地に抑められ  地を擦りていふ  地を治めし  地を過ぎて  地のまことの消息をしらば請ふ  地に臨める  地に屈ましむ  地に伏せるを見き  地を見るのみ  地にむかひてか  地に導く  地をのみ見るや  地に沈ましむ  地に伏す  地にかくる  地の經驗を船に載す  地のおのづか  地はいたる  地にまた互ひに寄せて  地よりたちのぼりて  地に低るべきにあらざりき  地をわけゆけば  地の上に坐し  地ひらくがごときをおぼえ  地につかじ  地に赴ける  地に草を生ぜしめ  地を過ぐるを得  地に善人なければなり  地に伏せるあり  地をうち  地に伏しゐて  地に赴けるも  地の寺院に僧官たりし  地を離れず  地に走るごとく  地より橄欖を生ぜしめ  地に降れる  地とのようなものだったと思います  地を租借せられ  地ばかりは亡ぼされなくして  地を打ち固める  地がまるで見えなくしてしまう  地へ大賭博に来て居る  地まはりに多い非人部落の一つなる  地はすっかり雪が覆って  地を去らんとする  地へ行くには  地に着くとも  地に一生涯を送ることなるべし  地に伏せたる  地を死助という  地に常います  地には西洋人あまた来住してありき  地に小屋を掛けて  地への四間道路を幹線にして  地の底へ沈んで行く  地にやつて来たらうと思ふ  地と詞との区別が出来て来て  地の文から分離して  地に謳ふ  地の叙事詩が語られる  地を奪うて住み  地に置かれて居た  地の色の隣にあるから  地をもつて  地の表面の突出は山と名づけられて  地に培はれる  地を愛し  地に何ものかをとどめ  地を去  地に分散住居する  地を卜し  地に流れ込む  地に陣屋を設くるに際し  地に存する  地にあったとも言われている  地が入用とあって  地を点定し  地を居  地を年二十一石の年貢で天部村から租借し  地が近く大駅を経て  地に住もうと思っても  地に依然として一つの部落を成しているが  地を有せず  地に共同の産小屋を設けて  地に居ったり  地に読む  地を易ふれば  地の好い着物は今まで縫った  地を去ろうと  地へ送り運ぶ  地の下は底の巖に堅く燒き固まらして  地においでになります  地の下の石根に宮柱を壯大に立て  地を相寄せて  地に向はしむれば  地は震ひ  地を卷く  地にてピエートロに從へる  地に若干の勵みを  地に死ぬるを悲しむ  地を奪はるともその他の地をばわが歌の爲に失ふ  地にては烟る  地より足を離す  地にくだるごとく  地に向はしむ  地の禍ひとなれるをいふ  地に倒さんとするごとき  地に隱遁して  地の急坂多く耕作の利なきをいひ  地のサルタンを改宗せしめん  地の大僧正となり  地を過ぐるが故にダンテの時代にてはその水の流る  地に死あるによりて  地にては迷ひまた誤りの爲に暗む  地を視るをえざればなり  地を一望の下に視たる  地に屬する  地に住める  地に葬らる  地を視るに要する  地得ぬ玉作土佐の國富足る  地が鳥獣や魚を産する  地に注ぐと  地いきれが火焔のやうに立ちのぼる  地をもとめるかの  地で発生し  地に新植民地を創設し得る  地を想定する  地をたびたび訪れるにつれて  地の上を歩いている  地からむくむくと湧きあがって来た  地を択ばせ  地に堕ちている  地におちても  地におちはしない  地に浮かんだ  地の下からおもむろに萌え出て来る  地に堕ちた  地を払っている  地を今の湿地に変えた  地に浮き出ている  地から出た  地を見いだした  地から柔らかく光り  地に映ったら  地に映つたら  地がねが出て  地の下に残る  地で悠々と辞典を編纂しているという  地の上を流れる  地に同姓子弟を分封して  地に移轉して  地は中原を占めて  地は島夷に屬して  地をひく  地をひき  地を離れ  地を継ぐ  地に神秘が流るるを  地に湧く  地の上がすつかり  地を払うて  地に宿りて  地ではないと思ふ  地と天とを形どりて  地を割き  地で頗る要害の隘路で京軍を支えんとしたが  地の底から通ふ  地の底の闇に生れた  地を裂き  地の政治経済教育の有様より物産に至るまで  地に倒れたる  地の回転と共に回転し  地は吾等に与ふべき  地の面に一点の緑も見へなかつたのに  地からハジけ出て居る  地を潤ほして  地は吾等に生活を与ふべく  地は吾等自身であることを忘れてはならぬ  地は吾等に生活を与へるばかりで  地の星の如く光り輝いて居る  地を耕やして食う  地と共に生きるの  地の与ふる  地に依りてのみ  地によりてのみ  地を耕すは  地の教育を受くるに  地の養育を受くるに  地の芸術に参与する  地の恩沢を正しく充分に享受すると  地をヨリ善く耕す  地に着き  地は静かに自ら回転しつ  地は彼等に平和と衣食住とを供するであろう  地のオーケストラの一部奏に過ぎない  地のレボリユシヨンと共鳴する  地の回転運動の為に振り落される  地は吾等に産業を与へる  地との部分が出来て  地と全く異なる  地より最多数すなわち六名の大逆徒を出し  地に何の由緒なき無格社金毘羅社というを  地第一の豪農すら農稼に人を傭うに  地の目標となる  地を失えるなり  地に黙った  地の豪族の血を見た  地に低くたれて  地へ散り敷く  地で纐纈を見た  地は気随気儘に通る  地に押し付け  地の底眼掛け  地の底から聞こえて来た  地へ帰り  地に跪坐いて泣く  地の上へ仰向けに寝た  地とを溺らせていた  地に満ち満ちき  地に滿ち  地に滿ちぬ  地の底なしの明るみを湛えた  地から発散する  地を踏んだでも  地の景色を見たでも  地の景色を見る  地に這ふ  地の文章を読んでいた  地の文章を読む  地になつたであらうと思ふ  地と直通してゐる  地を払うた  地に墜ちてしまいますよ  地を替えて  地の水と天の光とを結んで  地を占めて居る  地に入つて病を得  地に遊んで  地の氣は子に始まる  地は五を以て制を爲す  地に地の氣あり  地に傳へられざりし  地の底を歩いてゐる  地の果てのような場所まで来ると  地から生え抜き日本離れのした  地の上へ落ちついたらしかった  地に満ち  地を埋める  地となって  地にひろげられた  地がたまたま田園なりし  地に於て著しい相違があったとは云え  地の形の刷り巻ひらきみれば  地はとし子が居住に接せり  地は四面めぐらすに  地に建碑の擧あり  地はつゆ草の花のいろなるを  地を這って行くと  地の果てにずッとあとしざりしだした  地の上は紙一重の夜の前ぶれ人間は呻きながら眠っている  地を支配する  地へ生え抜いた  地に肚這った  地の上へ落ちていたが  地にも二つとない既成の尊貴な恋愛を即時に破棄される  地を織っていた  地というわけかも知れない  地に投げ捨て  地につきて  地の靡く  地の底から言っている  地を受けた  地は富山であり  地を自分からいい遺していた  地と聞くからに  地としてあるなど  地を思い出せない  地で崩ぜられた  地を見  地を守るべく  地と名づける  地でしゃべる  地でいった  地の人は単に四穴のみを知り  地をもたげ  地は韮をもて  地の新たにわだつみの浪の中より緑りとなつて立昇るを見る  地を取り卷く  地をも畳みこんで  地に繋がり  地の上に転んだり  地に灰色の線のある  地へ参り  地は出来ている  地に隠し奉る  地に隠れ給い  地に赤錆のついた  地を平らして  地を見ていた  地に投げすてて踏みにじった  地を見詰めながら  地の上にかかっていた  地にひざまずいて押し戴いた  地の柳橋へ行って  地とを透し見た  地をおとずれる  

~ 地[名詞]1
娘だと地の  空も地も  悪魔は地に  徒は止むなく地を  はかの地の  狂瀾の地を  暮梢を辞して地に  将来公立図書館設置の地を  岩を割き地を  首を地に  提灯は地に  長唄の地で  此の地に  炎天の地  秋がきた地  天と地との  虫が地の  足が地について  足が地に  纏ひたる地の  鉛もて地に  青木立葉なみふるひて地に  自らを地に  寂寞として地に  発祥の地に  尻がはずれて地に  あたりは地の  防禦の地に  攻者の地に  防者の地に  球の地に  枢要の地を  むるにもっとも適せる地  私は地を  天にも地にも  古代エジプト王朝発祥の地として  莫斯科以東の地を  マラッカ海峡咽喉の地に  妙高の地に  それぞれ中核の地とも  釈尊成道の地に  法輪を転ぜられたる地と  天外万里の地に  山河の地は  旅遊の地  極東の地に  天も地も  ゆかりの地  ように地に  天覆地  鼎は地に  葉の地に  天と地の  石が地に  薄紫の地に  空気は地の  必争の地  彼の地の  何物か地を  アメリカへ渡ってかの地で  金魚のはいっているおけを地に  永住の地を  額を地に  武士道は地に  何かが地から  くつきりと地に  音が地の  格闘騒ぎで地の  足は地を  着物の地や  枝頭を離れて地に  青の地に  硝子の地を  びっくりして地に  天と地と  首は地に  王城の地  煙も地を  寝台もろとも地の  不毛の地が  のほを地に  曾遊の地を  蒼天の地に  汝を見るあたわざるの地に  どこか地の  侍女が地に  彼の地に  飛騨の地へ  飛騨の地に  かたっぱしから地の  立錐の地  禊ぎに適した地に  南満の地に  祖先の地と  自由な地が  安住の地を  喉頸の地に  目的の地へ  蜻蛉が凍えて地に  法然上人往生の地  彼の地へ  欲界の散地に  閑の地に  北海道の地に  何れの地の  日本の地に  何れの地に  北海道の地は  條件を充たす地には  棒を以て地を  際射損じて地に  鳥の地に  黒曜石を産する地は  北海道の地より  十勝の地に  空閑の地に  日本の地で  陶の地の  衆人居住の地を  勾欄に用いた地  杖を地から  あごが地に  沓の地を  ヒラと地を  江戸の地を  影を地に  声は地の  空の地を  かさっと地に  空と地との  ように地  未開の地に  様な地の  のらとして地に  彼と共に地を  時に地を  山と地の  却て地の  山の地  塵も留めず地に  空色の地に  オレンジ色の地に  ブルーの地に  祕密傳授の如き地が  学術的に地に  足を地に  曾遊の地では  故郷の地は  明治神宮あたりの地が  従来の地は  彼の地で  砂一粒ずつ地の  容易に地に  空から地の  江戸の地へ  カラリと地に  刀で地を  戦乱の地を  方を地に  さらにて地を  中央東京の地について  兜をぬいで地に  神靈の地  それが地に  真紅な地に  江戸の地から  松風に恵まれている地に  笠掛絡を地に  古来名勝の地に  意外の地で  郡部の地が  抱れんとて地へ  それを見つめながら地  荷物を地に  はつきりと地に  悦びも地を  間の地に  彼女は地に  ひもまじる地の  受持の地に  はりと地の  私は地に  処を固めて地  蟻がいそいで地の  神様が地の  暗紅色の地に  先から地の  天と地を  天から地へ  雲は地の  なり遠方の地にまで  終ひには地の  空は地の  自分も廻りながら地の  それが地の  色をした地で  きのこは地の  あたりの地の  木は地の  梢が地を  人間が地の  井戸の地の  殻だけで地の  波を動かしてゐる地の  地震で地が  足を踏みはずして地に  中から流れ出て地と  近頃かの地で  どこまでも地の  大空と地と  時を地に  いつでも地の  遥か下の地の  上に向けてがつくりと地に  語学は地の  不毛の地  景勝の地  ユダヤの地から  ズンズン流れてゆく地の  闇を抱えた埋地の  灯を見出して埋地の  十万坪あまりの埋地の  体が地に  中から埋地の  海岸一帶の地は  脚のしつかりと地に  要害無双の地  河内の地に  巴里の地を  仏蘭西の地を  藍の地に  なほ天と地は  轟と地を  京坂の地へ  同国西北隅の地で  面積の地に  遊の地に  浴衣の地の  天と地とが  鼠色の地の  数間の地を  浙東の地に  安全な地を  天に叫べり地に  霊魂を地の  足もとの地の  果実をつけて地に  もんどり打って地に  うちは地に  血が流れて地に  大阪の地へ  影に地を  此の地を  人は地の  るいるいと地に  欧羅巴の地を  即死して地に  駕籠が地に  天から降ったか地から  畢生安心の地と  身の地を  信用を地に  ここの地の  不浄な地を  趣は地に  膝を地に  安息の地を  影は地を  潤満腹の地を  枢要の地  豊かな地に  終つて安住の地に  北丹鐵道乘換の地と  海水浴場の地としても  墳墓の地を  終焉の地として  人麿終焉の地として  墳墓の地では  音は地の  屋台骨は地の  松崎は地の  響が地を  樺の地に  竿を地に  今度は地に  影が地に  侍も地に  暗黒の地の  伝説の地と  伝説の地へ  尾端が地に  凧は地を  凧は地に  手で地を  白露は地に  天に躍り地に  紫波郡の地に  蝦夷の地へ  其家の持ち地で  一歩木津の地を  尾を地へ  やうに地に  網になって地に  植木屋が地を  ステツキに地を  闇の地に  先が地に  悪疫の地を  ずしずしと地が  潁川の地へ  盤な地に  野が落ちて地の  姦雄を地に  河南の地を  忽として地に  洛陽の地を  揚州の地へ  豊富な地  鎧を地に  公の地を  山紫水明の地  東南橿原の地を  辺鄙の地に  安住の地  政権の地を  山林の地に  東国辺要の地  京洛の地に  覇業の地  威令が地に  彼の地から  威信は地に  京洛の地を  勢力は地を  黄金を地に  洛陽の地には  天子建業の地でも  山東の地は  轍を地に  土性の地  南陽の地を  不利な地に  その後長沙の地を  曲阿の地で  祖先の地を  丹陽の地も  要害の地  十間の地を  江東の地を  金鼓は地を  埋葬の地を  曲阿の地から  草廬の地を  傍なる地が  気のする地  用ゐられた地  言ふ地から  言ふ地が  発音する地が  上を狂い廻って地に  頂では地を  格子を撫でて地に  胸は地に  ように地を  蒼ざめた額は地に  剣は地に  みなは地に  びとうがちてぬすむ所の地に  東京の地を  言葉は地の  気持が地の  自分は地に  徐州の地を  江亭という地まで  肥沃な地に  彼を誇らせたほどな地  完敗の地に  脳を地に  鴻は地に  輩が地に  旗鼓は地を  烏巣そのものの地は  許攸は地に  江漢の地に  遼東の地を  冀東の地も  遠征の地  夷狄の地と  冀州城の地が  儘に地に  進歩的文化の地の  かぼちゃは地の  北支の地を  みな彼の地に  重要な地  安らかな地を  主君の地は  殺陣は地を  曹軍が地に  未開の地で  さに耐えず落ちてしまった地は  ひかりは地に  ベタベタと地へ  鉞を地に  柴桑の地へ  楽毅は地に  臣の得る地は  孔明を地に  そこの地には  天王寺の地へ  頭の地  作者曾有の地  男より退きて地か  ものは地へと  優勝の地として  血をもって奪った地では  逍遥津の地を  ヘロヘロと地に  人々は地に  夜具風呂敷の地を  みんなハダシで地の  ツイ探偵小説を地で  体を地に  テーブルの地の  どこかの地の  帽子を地に  音が地を  上庸の地は  彼は地  関羽に地を  一部の地を  遠隔の地に  繁陽の地を  らーと地に  階下の地に  節義は地に  荊州の地も  一日呉の地が  周泰が地  横を向いて地に  殿軍の地を  笛の地へ  遠近の地に  殻片から離れて地に  海辺附近の地が  雨降って地  一種未開の地  支那山東の地に  薩南の地に  米等の地に  我儕エジプトの地に  車輪が地に  車輪は地について  滑つて石は地に  枯草が鳴る地に  人間をはらめるおんみ生めよふえよ地に  むかしの地を  威勢は地に  女は地に  火炎天をこがし地を  要害の地に  不敗の地を  緊要の地を  列柳城という地が  有利の地を  先祖からの地を  南鄭の地は  用うる地に  彼の地を  江東海南の地を  頭の地を  足は地に  頭の地まで  近傍の地には  平坦の地に  都会の地に  便利の地に  活溌の地に  伏古の地を  着物の地を  アイビキの地へ  ツバは地に  兄さんが地の  私も地の  真の地の  三韓の地も  松浦の地に  以上の地に  山間の地は  景勝の地に  相の地が  足を地から  奧州の地の  九州の地を  濃紫の地に  ことと地に  姿は地へ  頭の地の  頭の地も  尻を地に  帝国極北の地に  いずれの地にも  不毛の地に  日本の地が  小豆色した地の  型にも地の  踊りの地を  時は地に  朝夕日の隠れぬ地に  局限の地に  本来の地を  影が地の  藍の地が  どこで地が  意味の掴めない地の  晦澁な地の  方言と地の  前のあき地の  束で払って地に  栄誉を地に  近江の地が  焔を地に  京都の地も  遠江の地が  二町四方の地を  言葉に連れて地に  枝が地に  税は地へ  ままで地に  天に昇ったか地に  それが地にまで  亜流が地へ  人跡未到の地に  安立の地を  社会の地に  木の根があると地を  膝が地について  両足が地に  いつでも地を  発祥の地  名所の地に  布教の地と  街は地の  實現の地を  自己實現の地  三叉に結び付けて地に  体躯を地に  東京の地に  もとの地に  杖を地に  箸を地に  杉箸を地に  多賀神社の地に  稲荷神社の地を  遠くかの地より  友だちに別れて地の  傳へて地に  子供たちに地を  類型の地と  移動して住みついた地を  綴喜の地に  恆に地に  卑湿の地も  景勝の地は  此の地へ  カナンの地に  エールシャイアのある地に  彼の地における  宣下せられた地と  文化は地を  繁華の地と  気と地の  京都の地に  声さえ地の  日傘を地の  外神田に地を  のが地の  足も地に  あれから埋地に  そこの埋地へ  脚の地に  空と地とを  豐後の地は  ハラリと地に  胸に浮んで地の  先祖の地でも  同国余部郷本より地  幽棲の地を  便宜の地に  会流の地に  ヒジヤという地が  住居の地には  物語歌と地の  膚寸の地に  人跡未到の地の  水田沼沢の地に  葉を地に  天を地へ  滝つぼは地の  大笹に地を  往昔化外の地を以て  小田原の地は  人間墳墓の地を  絨氈は地が  彼の地にて  台辞も地の  発祥の地では  霊を祀る地と  なほアフリカの地に  雲母を地に  麻の地に  東の地を  隱れ住むには適せし地  戰後かの地の  日月は地に  所在の地を  川向の地を  辺陲不毛の地に  邊陲の地までも  理想を地に  キムリイ人の地に  アルバンの地  眼は地に  桃色の地に  天知る地  はしげに地の  しずかに地に  細君に地を  男の地に  一斉に地の  形勝の地を  空と地とに  天と地とに  丹後の地に  詞の地を  敬語の地  枝に返らず地に  舞ふて地に  河東の地を  性の地より  葛西大崎の地に  顕栄の地に  攻略蚕食した地を  侵掠の地を  家の地を  干戈弓鉄砲の地へ  不知案内の地へ  ドドドと地の  弓矢を外して地に  頭は地の  平な地へ  巨巌を刻んで地から  クララとは地に  さを地に  足を乗する地も  麻績王流竄の地が  日本の地へ  照りが地の  埋立て地で  頭顱の地が  海は地の  空に地に  千丈もある地の  跣足で地  辺陬の地に  僻在の地ながら  まっ暗な地の  自分が地の  私は地から  象を地に  私を地の  北米の地に  将来有望の地と  蹄で地を  寂静の地に  指定以外の地に  涅槃寂浄の地に  もと一町内の地  今の地に  南隅場末の地に  空閑の地を  川上の地に  もと産小屋の地に  産小屋の地に  一定の地に  西頬一町の地に  物寂びた地  ために地に  六里余り無人の地  一帯の地を  構の地  足も地には  不幸にして地の  重みで地に  安住の地へかへ  縁まで地の  不毛の地の  自然天然に地の  光が地に  天になるごとく地にも  交通不便なる地に  覇府ありし地は  怒田村の地で  人口稠密の地に  障子は地より  北海道の思ひもかけぬ地に  一区一万五千坪の地の  北海道の地を  材木を地に  寂寞の地を  藁ボテの地を  都会の地を  沢という地に  三児を地に  繁茂の地が  藁鉄砲を以て地を  記念の地という  ものが地に  紋太夫は生きながら地の  土人が地に  国ガイマスの地に  首が地へ  光の射す地の  影は地に  東北のやせた地に  まんまズーッと地の  褪紅色の地に  永住の地  どさくさまぎれで地に  権威が地に  家のあき地にも  庭のあき地を  ものは地に  人は地から  何一つとして地から  日輪が地に  名勝の地に  犬が地を  ガソリンマッチは地に  天よりは降りけん地よりは  一帯の地に  目的の地に  山海の地に  根本思想は地を  紅絹のきれ地で  幹が地に  土に投げ出されましたが地に  隠元豆も地  昔の地を  浅草区一帯の地の  円熟して地に  烈風が地を  同館内の地へ  適当なる地へ  熱海でしかるべき地を  三瀦の地で  岡の地に  自然は地に  新らしき地を  先の地は  卑湿の地  前栽畑ありし地  川沿の地に  傍へる地を  卑湿の地に  川筋繁華の地に  吹弾歌舞の地として  月島下流の地も  国内屈指の地  われらとて地の  先端を地に  地球の地と  枝先を地に  葉子は地の  巴蜀の地に  純潔何時までも地の  行頭を地に  場末の地を  真暗な地の  断層における地  地辷りなら地  起伏する地の  彼は地から  地震學發祥の地と  足が地を  きずなは地に  反逆心は地に  足が地  銀の地に  語り出でたき地の  具体的に云えば地  土焦げたる地に  頭の地に  諸子先づ三尺の地を  東洋の地に  近隣数郡の地を  大空をまわりながら地の  収穫の地  小説に於ける地の  会話と地の  ように地の  小説の地の  今度は地の  作者の地の  生給ふ地  蝦夷の地  唐の地から  子供が地  ドドーンと地を  具体化され地につき  一段階具体化され地につき  為に地の  彼等は地の  生活を地で  伊東の地へ  休憩の地という  絶勝の地で  糸川の地を  七八年振りの地で  かすかに地の  あたりの地をば  竪に地に  位に地が  故郷の地だけとは  南半球の地の  南半球の地は  白人種を見ざりし地なりと  沿海の地は  景勝の地を  文化の地と  熱帯の地を  珊瑚礁の地に  場内立錐の地  南極の地は  俯して地に  拂ひては地に  形をもつて地の  臨終の地と  遠隔の地と  伊勢の地に  五十鈴川上の地を  護符をはりだしている地が  視線を地へ  ように積んで地に  飛騨の地などへ  行李を地に  天が落ちて来ようとも地が  大阪の地に  安土の地は  太田道灌築城の地が  細道の地  インネンの地かと  鮎川の地に  長蛇捲地の  住すべきの地には  雪が地を  飛鳥の地が  アスカの地へと  蘇我氏の地  蕃殖の地は  浦上の地を  内に地の  処に地を  カリフォルニア州サン・マリノ町であき地に  指の地に  自分を地から  一羽飛んで来て地の  虫を掴んで地に  頭を地まで  姿はしていても地に  天孫降臨の地が  穂高神社の地が  ヒダの地と  遷都の地を  敗退の地が  ヒダの地を  ヒダの地で  ヒダの地に  ヒダの地へ  静寂の地が  小野小町の住んでゐた地  熱海にとって地の  土着の地を  縁故の地  遠隔な地から  日本の地にまで  各々の地で  目的の地を  天を知り地を  人は地に  あれは地の  気永に地を  膝を折って地へ  奈良の地へ  ここの地を  御輿の地を  受難の地も  奥のあき地に  仙台の地を  山谷嶮峻の地を  天と地とを  東南の地に  遠隔の地へ  片足で地を  雪が地の  裂れ地で  光は地に  相沢が地に  京都以外の地にも  端は地に  操女松茸や地を  今宵露に湿った地に  裾ながに地に  北境庚宗の地で  庚宗の地で  巡査を地の  子どもを地の  雪の積もった地の  夢中で往きつ返りつ地を  足を止めて地を  安心立命の地を  裂れ地の  紫が地と  片腕が地へ  朧な地に  荒蕪の地を  枝から離れて地へ  何尺の地を  武蔵は地に  わたしに地の  戰亂の地と  お納戸色の地に  天に地に  焦茶の地に  遠隔の地の  貴女が地に  光をはなれて地の  鎌倉の地を  端が地の  無心に地の  腰を折って地に  九州の地は  目的の地  空と地へ  下に地を  男子禁制の地  子こそ地には  處には地を  饑ゑ疲れ鉛になやむ地の  づれなる坂のあき地に  さに地の  鳩が地へ  芝居を地で  慎重に地を  人達が地を  艱難の地に  安心の地を  村の地へ  古は地を以て  雅遊の地では  長命寺門前の地を  沮洳の地にさえ  蘆荻の繁った地を  工場の地と  抒情的な地の  エナメルの地は  天からふったか地から  太股を地に  唐草の地  蔓などで地は  王城の地を  京畿の地まで  利根川流域の地に  緑色の地に  生誕の地といふだけ  お袋さんが地を  體が地の  湘南の地に  風は地の  兒は歩む地の  頂天から地の  草原で地の  天から地に  遠くへ離れ無いで地に  上り天と地は  ことは地に  雨となって地に  東京には地  庵居の地は  気品のある地  王城の地には  京の地を  此の地の  頭を下げて地に  修験者の地を  もうこの地を  謙信居城の地の  遠く奧州の地に  蔭を地に  渦を巻いて地の  祖先墳墓の地を  仕官懸命の地を  足音が地を  大弓を地にとり  領の地  足利の地  足利の地において  死者は地に  ポトンと地へ  一区斜面の地  毛布を地に  牧すべき地なり  名所旧蹟に満ちたる地  誰が切ったか地に  グーッとのめると地へ  膝を地へ  紋也が地へ  ダラリと地へ  影が地へ  人間が地に  棒を地へ  もんどり打って地へ  卵色の地の  有利な地の  甲府の地に  威信が地に  一つは地の  沼津の地に  天に駆けたか地に  修羅の地に  雲と地の  便利な地  人々は地  要の地  無税の地の  怪力は地を  のちブラジルの地に  浅草六区の地に  白金の地へ  所期の地に  海岸の地を  トウベツの地を  陸前の地を  東蝦夷の地に  サッポロの地が  ユウフツの地に  永住の地と  肥沃の地に対する  母の地に  トウベツの地  照りかえしは地の  目的の地では  底にある地を  化外の地  化外の地の  霧が地に  トウベツの地には  トウベツの地の  蝦夷の地に  先祖の地を  トウベツの地と  トウベツとかいう地に  トウベツの地は  空と地の  トウベツの地が  白の地は  塩竈の地に  塩竈の地を  邪の地で  安全の地に  かた伊東の地に  王城の地へ  名誉が地に  信望は地を  現代欧米式ダンスの地に  出身の地とは  字二ノ宮の地に  バッタリと地に  威光も地に  安住の地では  うちで地の  腹を地に  白毛の生えそろつた地は  連中と来たら地の  安心な地へ  身を地に  ような地  姿を揃えて地に  雨を地に  辺で地  火を噴き地を  ような地に  左膝が地に  寺箱を地に  すそが地に  うつ伏せに地に  ここで地の  上方の地で  鳥や地に  地べたに近づけて地の  メリンスの地に  初め播磨国志相郡岩鍋の地に  昨年かの地に  先般かの地へ  寄するの地  輿は地へ  房州洲崎の地を  甲府の地へ  安住の地が  未墾の地に  槍を地に  地神の地の  天地の地の  のは地の  宿営の地と  高徳は地に  いつまでも地の  橋頭堡の地と  僻陬の地の  花柳明暗の地に  日本の地は  十五円の地を  新宿一帯の地に  上等の地  優良な地  勢力範囲以外の地を  満堂立錐の地も  将来有望の地  声が地に  潮流は地の  老人の地に  縦横に切りて地に  胸をついて地に  気の地に  ガーッと地の  元気とに充ちた地の  べつな地へ  配所の地を  岩松と申す地に  恩賞の地の  膝折って地に  容子で地から  急に地へ  どこの地の  洛内の地を  被衣は脱げて地に  手玉に取られて地へ  八さん熊さんと地で  一段上の地に  天へ昇ったか地へ  空にも地にも  のか地へ  時は地の  観世様を地の  時も地に  狭隘の地に  神社附近の地に  顔を地に  色や地の  財源の地でも  ただ中を地に  靴の地に  襄陽の地に  一羽のからすが地に  と腹を地に  同名の地が  潤いを求めて地を  三尺下の地の  納凉の地と  自然に地を  今しも地を  肩にしてあき地へ  老人の織ったふとん地が  おれは地に  風吹きて地に  ぐ水にすら地  柔肌凍る地の  花片のしめれる地に  花を地に  花野の地に  谷村にたのんでいる地の  前のあき地に  旗上げの地と  乱打が地を  祖先の地  ここより地の  天上の地を  それよりも地の  ほかの地へ  一門滅亡の地でも  不浄の地を  浄福の地に  四町四方の地を  五十町四方の地を  飛行し地に  玳瑁の地に  故郷の地では  意気は地を  盛んな地  日本の地を  浅間の地に  伝説的発祥の地として  東方一帯の地に  形勝の地  ローマ発祥の地  胴が地に  高下駄が地を  弾道を描いて地に  三田ヶ谷という地は  頭を地に  立錐の地も  頒つべき地も  財富で地に  身を地から  眼を地に  円囲内に地  フランスの地に  雨が地を  畳を地に  父母の居る地へ  孤立無援の地に  空と地とが  果しなき地と  麥畑を地の  丹生といふ地に  丹生なる地が  塞外の地に  竹崎の地へ  博多の地に  麻という地の  福岡の地を  大樹が地に  石材すら地に  異郷の地を  静けさが地を  二人は地に  哀さうに王は地に  たれを地に  これよりは地を  男は地へ  権威は地に  ここでは地を  布教すべき地  伊太利亜の地を  伊太利亜の地に  畦いっぱいの地  他の地に  赤本は見ざるの地  陰影を地に  へたちは地を  寸ばかり地を  九十九里一帯の地には  長めな地  郷党の地  所公領の地を  竿頭から地に  どこかで地  都が地に  天と地ほどの  形勝の地とも  武州の地を  それは地を  眼をとじて地に  着物の地から  ポという地に  其れが地の  天井から地の  綱を通して地の  切尖を地へ  これは地が  わが家は地の  里距れたる地へ  星を連れて地へ  粹な地  姿を地に  靜岡灣一帶の地に  緑の地に  同一の地に  鉱石が地の  黄旗が地に  尊氏は引く地を  自害の地は  山間の地に  山間の地へ  吉祥の地  朱漆で塗った地に  信用が地に  空からも地からも  井桁模様の染め出された地の  白砂青松の地に  道を地に  墓墳の地と  墓墳の地も  肩摩轂撃の地と  勝概の地  園外の地に  谷中一帯の地を  閑静の地  商業の地  正反対の地に  卑屈の地に  物は地を  大兵をふせぎ得る地は  所の地を  一歩も地を  兵庫の地の  前面から地を  者は地へ  片手を地に  祖国の地を  耳を地に  火除け地の  火除け地に  思想が地を  彼の地には  埋立て地を  作業の地に  間は地へ  天は荒れても地は  空が地に  無理にあき地の  実が地に  陣中慰問使としてかの地に  華厳法相四海平和が地に  直義は地  軍鼓と地の  条件の地に  筑紫の地を  一制度が地に  島原天草の地には  寸尺の地も  占拠の地に  聖旗も地に  長崎大浦の地に  不毛の地と  足もとの地に  智心があき地へ  一つが地の  頭が地の  名古屋の地を  最寄りの地を  要害の地とも  先祖の地  墳墓の地の  先祖の地は  伊那の地が  甲州の地を  万事了ったかと地を  月に地を  源三郎の地  冬は地に  その間に地の  高山の地へ  がちの地  あこがれの地  変貌して地の  木剣を地へ  十郎は地へ  肛門が弛んで地へ  反物の地が  身立命の地を  お鍋を地の  鎌倉の地に  没収の地は  白雪山に満ち地に  悪魔が地の  一勢に地に  不幸の地に  自ら不幸の地に  竹篦で地を  米粒を地の  繁華の地を  下等の地にを  一生涯安住の地なんぞは  下等の地に  人間離れの地へ  白骨の地を  杖を地にまで  声が地の  足あとほどの地をでも  現在の地  そうな地に  ポロッと地へ  理想的な地  一番端の地に  周囲の地に  上流の地に  赤な地へ  四十エーカー以下の地を  今では地の  鑵を地に  市中の地の  征夷将軍牙営の地と  日本に地を  方があき地  住した地  北方の地を  守護不入の地とは  体は地の  中から地を  天が地が  それが地と  民族は地が  円板状の地を  以前は地に  下には地と  のが地と  青色の地に  中に地が  かくて地の  もとに地は  質量より作られて地は  配偶アムフィトリートが地の  オヴィドは地が  一般に地は  下なる地の  固体の地は  緑で覆われた地が  天と地が  これらが地の  権勢が地に  くせ探険のもくてき地は  瘴癘の地  吉野朝を地で  彼は地の  菩薩捨身の地  未踏の地  平湯の地を  平湯の地に  ように地が  清浄の地が  鉢の地が  上は地を  影が地を  天を翔けるか地に  藍色の地に  門内西南の地に  張出し埋地は  指先の地へ  前のめりに地に  米倉の地  両国の地に  頭の地をを  久求という地の  住居の地を  炊煙を地に  それは地に  心平さんが地の  尾張の地に  尾州清洲の地に  織田信長勃興の地  関ヶ原合戦の地の  稍暫し地に  芝の地に  亀は地を  巴峡の地に  発行部委員が地の  光に欺かれて地から  彼は地を  籠は地を  そうな地の  足を着くるに地  湯壺は地の  眼と地の  無人の地では  適当な地を  黒の地に  ロシアの地に  音が地  此の地には  サモアの地を  東方ラウリイの地に  息子は地に  サモアの地に  埋骨の地と  天窓が地へ  他の地へ  自由の地を  紫の地に  何かの地に  糸錦の地に  北近江の地に  西美濃の地が  北近江の地の  銀様に地の  空と地とで  隣の地に  地面に地  姿が地から  鼻面を地に  顔を洗って地の  ズドンと地に  附近の地を  京都の地へも  童子出生の地と  岩石の地が  十坪ばかりの地の  附近の地に  霊山の地を  響を立てて地に  自分の持ち地に  天から地から  美風良俗が地を  有縁の地  袋蜘蛛は地の  爆音と地  笏を地に  文化的貧民などは地を  茶色の地に  窓は地を  仔が地に  視線を地に  天にもぐったか地に  日の目の当たらない地の  狂言を地に  スクルージは地に  前の地に  舞台と地とでは  ぱさりとそのぞうりの間から地に  ほかに地を  薬園の地と  中京の地に  長浜の地から  城下の地  湖岸の地と  長浜の地まで  いろはがるたを地で  声が地を  水色の地に  月かげが地に  評判は地に  癇癪まぎれに地  東郊鳴瀧の地に  幕府直轄の地  長崎といふ地に  長崎の地から  應接の地に  外國應接之地に  其國の地を  涙のみくちなはのごとく地を  終焉の地と  他郷の地を  割目が地の  標山以外の地へ  協ひさうな地が  在の地と  籠を地として  広やかな地の  髪の地を  死骸と為って地の  無事の地へ  無事の地に  中国の地を  悪弊とを地から  突角の地でも  官兵衛は地に  周防の地で  途中蹠は地に  名誉も地に  運命の地  彼方の地を  頭の地が  曾遊の地に  谷中村の地  麦蒔を為したる地  郷閭の地より  腮を地に  雲は地を  黄昏の地に  ミノの地に  雪の降らぬ地に  温暖の地に  衛の地  戚の地迄  外十里の地に  遼東一帯の地を  四坪許りの地が  額ほどの地に  墨の地に  富有の地  豊かな地と  要衝の地  黒髪の地に  山の地を  病院中は地の  わり以外に地を  舞の地の  いままで地の  人を呑まぬ地が  裸の地を  故郷の地から  父祖累代墳墓の地を  一か所もあき地の  餘り地の  店前の地へ  瀑布あって地の  着物を地に  巌は地を  鬣の地に  此の地で  彼の地では  繁昌の地で  かじ棒を地に  づさへられてこの南の地に  中のあき地に  カナーンの地や  蹈べき地に  これらの地が  放牧葬送の地  放牧葬送の地の  石原の地に  南京極の地から  雲院の地に  名を有した地は  部落の地が  のか地から  喊声は地を  雄飛の地を  不遇の地に  眼抜きの地に  どよめきが地を  中へ入れられた地にも  感じのする地  實際に突きあたりの地では  平城一円の地を  辺陬の地にまで  叫びを立てて地に  部分だけが切って落されて地に  帝京の地に  長浜の地へ  民が地を  あいつは地の  京大阪の地を  長浜の地は  からだは地を  江州人は地の  不祥時と地の  大半故国の地を  此の地は  今度は地と  柔い地を  果実は地に  湘南の地と  幹が地を  切枝を地に  紫褐色の地に  繞り照らされて地に  主事は地に  まわりの地を  モグラが地の  僻陬の地に  西南薩隅の地に  僻陬の地にまで  水にも地にも  立錐の地が  御国を地の  聖旨を地に  砦へ来て地を  舷燈を地に  天から地まで  頭の地からも  静寂の地に  故郷の地に  いずれの地に  無人の地に  占據せし地  三潴御井の地にあたる  瀕せる地  當れる地  佐世の地に  舟行必由の地  津として知れわたりたる地  八坂倶楽部の地に  あごを地に  駕籠は地を  百坪ばかりの地を  日本の地の  吾等は地を  澄江を地へ  水が地に  男が地に  ドッと地に  抜身を地に  息切れがして地に  ッとばかりに地に  背後の地へ  名古屋の地へ  陣十郎は地に  云ふ地  険要の地  キュウシュウの地に  色気と共に地を  柿色の地に  隠棲の地と  隠栖の地に  陰影の地に  東京の地には  所在の地さえ  開した地  不用の地  香の放つなる知らぬ地の  銀山平の地と  朝鮮紙の地の  東京の地から  一角の地を  偶然海岸のある地に  士道は地に  好適の地と  豊饒な地とも  東山道中要害の地  馬場先の地から  神社仏閣の地における  動作自体が地の  芝は地に  青芝は地に  出羽の地も  神仏の地より  花房の地に  頭をかかえて地に  踏歌の地に  京都の地が  京の地へ  王城の地は  ブラ下がって地に  本来ビタの地に  地主ヘ地  袴の地が  山荘として地を  花橘を地に  音も立てずに地を  疵つけて地に  黄なる地の  名声が地に  曾遊の地  自分を地の  空碗が地の  行燈を地に  出しか地より  冬木立ちのあき地に  どこの地は  奥羽の地を  奥羽の地は  岩手諸郡の地を  六郡の地を  伊豆北条の地に  以北の地が  某々の地を  奥郡の地には  脚が地に  天使らと地の  朝が来ても地の  高等の地を  ヤソ教隆盛の地をかぞ  カンタベリーの地に  様な地で  出の地  嘉十郎を地へ  篠は地へ  墳墓の地と  海外万里の地に  茄子紺の地に  闘争の地を  相手方の地の  安定の地を  安定の地として  上野の地が  未開の地には  未開野蛮の地と  安居の地を  根を地に  のだ地に  安房の地に  麓の地に  将門拠有の地で  蔓草が地を  小説は地の  俳優が地で  片足を地へ  上にし地を  不毛荒廢の地に  巨勢という地に  頸から離れて地へ  すなはち地にも  蜈蚣蛇あるの地を  夷の地  これらの地に  滅され地に  上に地を  これは地より  それを地に  尾で地を  蛇を地に  蛇のある地には  最後の地  貴重な地  米を地に  足の地に  生彩は地を  天幕外遠隔の地へ  小刀で地に  アルサスのある地の  ところを受け抱いて地に  りつ狂いつ地を  時のみ地へ  一度でも地を  帽を地に  十月に入りて地  言おわりて地  異教の地に  越前丹生の地に  茶碗を地へ  ぐわッと地へ  三国志の地へ  サルトルが地を  下に地が  空を飛び舞いて地へ  物棲むてふ地を  月も見えぬ地に  安住の地と  予かの地に  これを埋めた地を  蛇を殺し地に  厭物を埋めた地を  これ修業の地  行する地  幸村最後の地へ  真田幸村戦死の地  裾が地について  南風劇き地に  沙漠礁磽の地を  の外他に比すべき地  一株を地に  六滴を地に  ナキシアの地に  恰好の地が  窓を開いて地に  田辺の地に  樟葉という地  鼠が地を  ような地が  鉢を地に  カリブ人最初天より地に  此樣な地を  異臭ある地に  幽邃の地  吹筒を地へ  矢は地に  二つに折れて地に  九州の地へ  四つ足を屈めて地を  自分で地に  まなざしや地のうへ  祝へ地  星よびて地に  水と地を  瞬間に地に  ひとり古都の地に  往昔泰西の地に  自由都市鎌倉の地に  諏訪の地を  下諏訪の地に  江戸の地には  一人は地を  遠く熱帯の地に  關東の地を  雨が降りますると地を  平坦で地が  みそらにあがり地に  花も地に  科白が地の  ベルリン留学中かの地の  五百尺の地の  立派にして地に  沼垂の地へ  国頭の地を  六カ月以上一定の地に  ものは地によって  葉をとりて地に  つて重ねて地に  中心とする地の  言ふ地も  軍夫となりてかの地に  空と地と  血は地の  仏教は地を  処で地を  人跡未到の地かも  未知の地に  絶勝の地  山は禿げ地は  最初は地の  思い出の地を  勢力は地に  日々に地が  清元が地  銀子が地を  ばたりと地に  ペルシャ扇を地に  根幹を地に  招きに応じてかの地に  石の地を  薩南の地  浜子の地で  まま永住の地に  ドズッという地  先々の地に  子供たちは地に  仁義道徳は地に  四坪ばかり地を  死骸になって地の  斑点が地に  安全の地では  安住の地へと  安全な地では  順気が地の  後にかの地における  力で地から  頃は地の  スポリと地の  自分から地を  茫然として地に  枝を離れて地に  重みをしつかりと地の  子のひたひがほどの地に  樹木の地に  所領の地  天に仰ぎ地に  ふたつにおって地に  九州の地まで  九州の地にさえ  王城の地と  斜めに地に  女の童を地の  掩って地に  蘭陵といふ地の  絶遠の地に  耳を当て地の  街の地の  ベッと地に  汚物は地に  トントンと地を  眼百千は地に  黄ろな地に  仙北の地に  営田の地  籠城の地  一帯の地の  城内三千石の地も  三千石の地にも  一定の地で  会場立錐の地  出生の地の  柄を返して地について  彩色で地を  向うへ越した地の  生活は地を  仰向けに地を  此十歩の地と  深紅色の地に  い藤紫の地に  灰色の地が  水戸の地へ  静かに地を  道義が地に  球根を地に  繻子の地へ  小国寡民の地と  表装用きれ地を  此の地も  幽邃の地を  此の地にて  つては地の  アフリカの地を  勢力も地に  要害の地には  二つになって地に  手から放れて地に  鍬は地を  松林の地に  両手で地に  足尖で地に  こっちはじれて地  仲柱へ地より  清淨の地を  休息の地と  将に地に  それは地の  特性は地に  楚の地を  果てから地の  近郊の地が  魂が地の  今更に地の  やうに地の  奇景の地  枯草が地に  根もとの地の  針でもあれと地へ  木かげの地に  そこの地は  月光が地に  悔し涙に地は  天に喜び地に  礑と地に  酒を傾け地に  そは地の  適当の地で  適当の地  故郷の地を  安住の地は  名の地が  大和の地は  東表日出の地に  西域月氏の地を  朝鮮日域の地を  倭の地を  僻の地の  散文の地の  口語でない地の  乾に対する地  倭の地に  霊を地の  浪子が病みて地を  光を地に  煙を噴き地を  渥美郡牟呂村千石の地しか  一丈八尺の地に  沓掛村三千貫の地を  備後守信秀沃饒の地に  其国四通の地に  里離れた地における  天子の地と  其三つの地の  元の地  適当な地に  信用も地に  巻を地に  傾斜の地なぞは  ように地へ  静かに地へ  トントンと地に  灰色な地には  白川の地に  天や地や  坤の地の  海辺の地の  あちらの地  お伽噺を地で  音して地に  一面に地の  木の下にきて地を  雨が降って地が  かごが地を  気のすむまで地から  半頃の地を  城の地の  北山城の地に  温度の違う地に  是を地に  絶好の地  日本では地について  熱気が地より  庭園の地に  可能を地に  一そこの地を  忿激に燃えて地が  昔ベルリン留学中かの地の  未到の地を  未踏の地へと  さも地や  侍が地に  信頼を地に  柿渋色の地に  緋鹿の子の地に  憧憬の地  異邦の地で  先づ先づ生れ故郷の地に  ゆかりある地  名より地の  岩は地の  セットの地が  黄熟し烈臭を帯びて地に  東京付近の地で  野外の地を  安房の地で  流れに沿うた地に  海浜に沿った地の  間に見る地  三津の地に  遊廓のあった地を  影も地に  近所のあき地に  死骸を地に  これが地に  渡来した地に  涕涙下って地に  珠芽ができて地に  まわりの地にも  これを地に  いずれかの地  足許の地に  あとで地の  ズーンと地  イスラエルの地から  イスラエルの地に  真赤な地に  地は地の  草に被われた地の  現実の地  網の地の  敵国の地では  散歩の地として  これらの地は  花着け地ぞ  黒とのきれ地  王朝の地  未開拓の地  真面目な地に  遅々として地を  義太夫の地に  俯向けに地に  彼は地へ  背を低めて地へ  影法師を地に  下の地の  裾を地に  中から地に  抜き身を地へ  両手を地に  二つに折れて地へ  澄子は気がつかず地で  数条のはらわたがぶら下って地に  ボストンの地に  属せず地にも  東京市の地と  文運の地に  幾たびか地に  錫という地には  三人を地に  得物を取り落して地に  彼は地に  赤児は地を  飢饉の地でも  腰帯をはずして地に  ツと地に  力が尽きて地に  蛇を掴んで地に  爪で地を  物が地に  これには驚いて地に  矢を地に  読書の地として  絵筆を地に  猴は叫んで地に  心は地に  未開辺僻の地  衣を剥がせて地に  越後の地に  大なる地の  満蒙の地が  濶な地を  風に折れて地を  落葉で地は  足は地から  赭色をした地  安全な地に  窈窕として地の  山上不便の地に  各地に地  山崩れとか地  院崩御の地  シルクハットの地と  ちりと地に  影を地の  片目を地に  吐息もて地にぞ  液出て地に  豊沃の地に  形勝の地でも  芽が地を  最期の地の  永住の地に  祖先の地に  祖先の地へ  祖業發祥の地へ  地峡に地  氣で地を  トラを演じない地は  テーブル掛の地も  麓の地  ひとり東北の地に  奥州の地に  松前の地に  安寿姫出生の地  福島諸県の地と共に  頃陸奥津軽郡の地を  無役の地  守護不入の地と  氷はりたる地  形勝の地に  横井を刺した地は  府藩県不可達の地は  国司不入の地  パスセリスの地の  眼をすえて地の  根を地の  力がなくなって地に  カラが地に  拳銃を地に  力が無くなって地に  一か月ほど地の  芸妓連は地に  突端の地と  微妙な地の  時にかの地には  如何の地にか  郷里の地を  何処かの地に  花があると見えて地を  縞の地に  踊の地を  馳り地を  不毛の地を  欧米の地を  異端の地で  ウクライナの地へ  下を地に  お前の照らす地の  構外のあき地に  大路小路の地の  郷里以外の地で  一瞬天も地も  地と地に  やうに地を  力を込めて地に  故里の地を  此の地では  ニて地へ  何の地迄も  是が地を  肉ばかりで地に  魏楡の地で  夾谷の地に  匡の地で  蒲の地を  国民の地に  自然話題を地に  鼠色の地に  胴を地に  富士見稲荷鎮守の地に  相馬の地は  麻布を地に  温泉の地  それらの地に  工業の地と  鉄釉の地に  発祥の地かと  天孫降臨の地として  人類発祥の地  ため不毛の地に  足もとの地が  目前一帯の地が  面形を地につけ  垂れ雲が地を  伝説の地  無主の地へ  無主の地という  無主の地は  垂るれば地に  茲の地に  後世海岸から離れた地に  イリ一帯の地に  イリの地を  肥沃の地を  疆の地  核ばかりになりしを地に  未開の地を  Sollenを地に  なかにも地の  露に地を  月照り風そよぎ地に  はてより地の  陣山河はつらぬ地の  人々は地の  夜具は地が  妻は地なりと  力と地に  尊敬するに地に  頭を地につけ  富饒の地と  沃饒の地と  強欲をもってするも地は  はかの地に  植林成功後のかの地の  花やかに地より  不朽の地を  一一七目は地に  墓ありて地に  二一仰きて地に  上に落ち地に  部下に地を  體を地に  目を地に  前にて地  不毛無人の地  むるもの汝等の地にわ  杙にて地に  頽れて地に  力によりて地に  ソルダーノの地に  ペネストリーノを地に  加はりたらば地の  喪神して地に  一帶の地にて  四九行よりは地の  多くの地を  血滴りて地を  東方一帶の地を  從ひ地は  #一・一一四不朽の地と  逆さにして地に  イタリア東北一帶の地を  ソルダンの地は  ギリシア人此等の地を  重要の地  アンタイオスが地に  神聖清淨の地と  区域の地は  奔潮天と地との  物の地を  衣の地は  体が地の  魔も地の  斑な地に  皮を剥いただけで地に  下なる地は  邊の地を  ためにかの地に  ソルデルロ指にて地を  流れいづる地を  悲しみの地を  らせんとて地に  重荷彼等を地に  トスカーナの地を  多くの地に  てこの地の  蹠を地に  九六水より地より  眞の地の  間の地  天の地を  パードヴァ人の地を  法官となりてかの地に  南の地にて  光熱によりて地に  榮光をのみ求めて地に  者今は恐れずしてかの地を  敗徳の地を  淨むる魂の俯きて地に  踵に地を  塵は地なり  獅子の地に  天より地に  從順なる地の  裸の地の  墳墓の地  もの天と地との  自然と地に  要害の地を  大乗相応の地  神聖視せられて居る地が  ものと信じて居る地  たまの地が  奈良の地  叙事部は地の  明らかに地の  草が地に  褄も地に  繁華の地  片方を地に  外の地にては  海岸の地には  屋敷の地に  蓮台野という地  自然に地の  三人称に傾いた地の  可なり離れた地に  毛の地の  地をもつて地を  新たなる地に  任意の地に  多く三都の地に  六条河原の地に  稲荷町の地に  高瀬川付近に地を  当時給せられた地は  妙法院領三畝三歩の地を  天部領小稲荷の地を  定住の地を  村外れの地に  生活上便宜の地を  山間僻陬の地に  林泉幽邃の地に  義貞が地を  三坪ほど地を  山水明媚の地  サナの地に  爲に地は  中の選ばれし地にて  徳をもて地に  天に生きんとて地に  最愛の地を  その他の地をば  心も地にては  これに登らんとて地より  性に背きて地に  土にして地に  人を地に  餘波エジプトに及びてかの地の  帝業を地に  死によりて地は  東方の地の  空氣と地の  光を受けて光れど地にては  ウラヌスと地の  中古かの地に  アダムは地に  使徒ピエートロかの地に  夜往く地  二君安心立命の地  略二君立脚の地を  和して地に  土から地  ぱは安住の地を  山上の地を  偉大性は地に  黒漆の地に  頭が地に  一面に地を  自由さえも地を  飛鳥の地は  高燥な地を  暗色の地の  観照は地を  適応する地を  褐の地から  清雅高燥の地で  ものといえば地の  肅の地に  江南の地を  省の地  支那本部の地に  南粤の地までも  北朝は地は  南朝は地は  鎖は地を  鎖が地を  飄々として地を  風も地  空から地に  姉さまは地に  今度も地の  関東は地  僻遠の地の  一遊せし地  泊舟の地  この世の地と  二三省の地を  茶わんの地は  水沢の地で  海岸の地の  言ふ地の  拝し地に  風に吹かれて地を  吾等は地の  吾等は地から  生活は地より  昨夕まで地の  一面に地から  マルゲリトは地の  謙遜なる地の  人間は地と共に  吾等は地に  而して地を  却て地を  ヨリ多くの地を  吾等が地に  是れ地の  産業とは地に  ことを止めて地に  会話と地との  従来の地と  新宮の地より  研究の地を  雪に撓んで地に  甲州の地は  無間地獄の地の  陰影が地に  俯向せに地に  人の訪わない地の  雀が地に  コロリと地へ  滿ち地に  盈尺の地を  人格は地の  四足で地に  日向の地に  繁殖との地を  沮洳の地に  地に地の  何処やら地から  上か地の  太陽は地を  最後の地と  暫留の地が  篇中の地は  萱野の地に  須原の地に  袱紗の地は  光で地を  落日が見える地の  下界は地と  パレスチイナでの地を  背後ざまに地に  錦繍の地を  安住の地という  力余っておいよは地に  像を地に  正吉は地に  袖形に地の  配所の地は  社会の地  どこぞの地でも  所でない地は  紅白二つの地  死所と称する地は  巴が落ちのびた地は  有縁の地を  ここ父祖の地と  平家発祥の地として  比肩しうる地を  軍団が置かれていた地  特殊条件の地の  反省するに適する地  終焉の地という  天然な地を  文句を地で  登場人物を地の  平らなる地を  天をも地をも  盡したる地  辭せざるまでに思ひこがれたる地  弟子の地では  人跡未到の地  風光明媚の地へ  僻遠の地に  横のあき地に  僅かに地を  足もとの地を  枝を折って地に  闇が地の  老人は地に  

~ 地[名詞]2
まことに地  なき地  悪い地  白く地  あつく地  聖なる地  この地  その地  高く地  さては地  まるで地  青い地  かの地  今にも地  まったく地  激しく地  あの地  むなしき地  だんだん地  或地  共に地  深く地  ぽとりと地  遠い地  新しき地  著しく地  堅い地  同じ地  深地  時々地  新しい地  深い地  いつも地  同時に地  よく地  突然地  正しく地  ひくく地  あらゆる地  ぱっと地  まだ地  冷たい地  二つながら地  なぜ地  其の地  すでに地  薄い地  多い地  堂々地  いつしか地  果たして地  なおさら地  ない地  なく地  再び地  遠く地  まず地  なにしろ地  思わず地  ふたたび地  やっと地  忽ち地  黄色い地  薄く地  恐らく地  どすんと地  そのまま地  全く地  必ずしも地  高き地  まだしも地  もう地  白い地  やがて地  重く地  ことごとく地  ちょうど地  名高い地  低く地  赤い地  とうとう地  せっせと地  はじめて地  吾が地  大きな地  うと地  どうしても地  ごろりと地  やはり地  無い地  よき地  いつのまにか地  厚い地  黒い地  ほんとに地  恨めしき地  とんと地  うつくしき地  良き地  つらつら地  とたんに地  熱い地  明るい地  太く地  じっと地  なにか地  まさに地  ほとんど地  ゆるく地  難い地  しきりに地  等しき地  はやく地  きたならしい地  どの地  とつぜん地  忽然と地  そっくり地  すがすがしく地  長く地  ひょいと地  小さい地  なにやら地  黒く地  すぐ地  恰も地  いよいよ地  もっぱら地  ふかい地  初めて地  しかして地  低い地  あまねく地  軽く地  ベッタリ地  荒涼たる地  同じく地  暗い地  深き地  徐々に地  空しく地  さながら地  かえって地  だいぶ地  余程地  いきなり地  はたと地  わが地  なんとなく地  漸く地  次第に地  どうも地  寒い地  多く地  明るく地  広い地  柔らかい地  徒に地  予め地  往々地  多き地  あまねき地  こんな地  やすき地  決して地  たちまち地  ついに地  ようやく地  なるべく地  よく地  なんだか地  更に地  程よく地  強く地  颯と地  く地  うっとり地  すっかり地  悪く地  細く地  ぐんぐん地  いまだ地  常に地  我が地  黒き地  淡き地  すさまじい地  だんぜん地  思うさま地  濃く地  どんなに地  忽ちに地  軈て地  赤く地  うすい地  またもや地  必ず地  いっそう地  青く地  かたく地  熱き地  たえず地  互に地  未だ地  見よ地  もちろん地  ある地  ながく地  正しく地  全然地  単に地  たとえ地  善く地  近地  固地  短く地  もし地  

複合名詞
居留地女  地輪水輪  避暑地  地圖  高原地帶  本籍地  発源地  出生地  明き地  つて敵地  遊覧地  変形地  得狂瀾地  駐在地人口  中心地  屋敷地  養蚕地  都会地  俗地  処女地  地つき  遊園地  地橙孫居  住宅地  埋め立て地  目的地  地爐  意久地  地駄太  埋立地  敵地  植民地  戦災地  枢要地六百余坪  候補地  地炉  楽園地  地橙孫君徃訪  天蒼々地茫々  部分的植民地化  植民地分割  植民地的真似  りや地極  地利  地赤道  東西南北地互為中  遠来成道地  十五年前旧遊地  工業地  地都会  地海岸  地橙孫君  地橙孫居徃訪  實地  松前蝦夷地  彼地風雨  彼地  外人居留地  植林地  発祥地  嫌ひで相當意地  植民地朝鮮  植民地在住  地びたへうづくまつて  繻子地  地びたにすわつたまゝで  とく地  立脚地  出身地  新興生産中心地  住地  觀天喜地  其土地  時地  花柳地型  別荘地  震源地  流行地  一地  地びたにおとしました  地びた  ラシャ地  一つ一つ地  林中空地  移住地  荒蕪地  人傑地霊  植民地諸君  被害地  居留地  今日其土地  被害地人民  渡良瀬川沿岸地  町村共有地  鉱毒地一帯  鉱毒地  鉱毒地視察  地もぐり  只今鉱毒地  本件犯罪地  十月六日鉱毒地出張  鉱毒地婦人救済会  劇甚地  植民地北海道  離宮予定地  官有地  北蝦夷地  蝦夷地  地車  爆心地  鑛毒地  沙漠地  一大沙漠地  卷レ地黒風來二海角一  和合地  づればまた地われ  工場地  横路地  合羽占地茸  かっぱ占地茸  一本占地茸  地響  投錨地  原地人  原地人たち  存在地  地言  所有地  人口密集地  観光地  保養地  高級保養地  保養地計画  保養地どころ  地動計  寄港地  植民地帰り  地霊  所有地管理  二業地  地體  紫地五郎丸  居住地  売地  避寒地  地塗り  因地  地体  植民地的  何地  遺物包含地  寒地  寒地人民  棲息地  好き地  發見地  實地調査  某地貫籍  鮮かに地  境内地発掘  衆人新寺地  勾欄地  温泉地  地三  地摺  紅地金襴  地火  楽天地  淵源地  地響一つ  地隙  住居地  地殼  さうに地鞴  学童疎開地  集団疎開地  つて目的地  公園地  堂島開地  日除地  支配地  充分地  耕作地  紫地  仏地  日本植民地  火山灰地  水源地  未開地  会合地  花柳地  共有地  蜆かな地  地北支那  戦血地  色地  火除地  不毛地  衛戌地  単身敵地  敵陣地  客演地  植民地政策  此土地  地某家  埋葬地  縣盆地  いく地  砂礫地  水源地ヴィクトリア湖  九地  木坂満地  ほとり地  地瓦  鼠地  地揚  許可地外  此路地  殖民地  枯木立枯葉みな地  開墾地  いくら地  熱帯地  蟻塚殖民地  白麻地  上陸地  思つて地  丘陵地  ちやうど地  みんな地  実習地  芝地  地久  地ハ薄  はなし地  デンマーク移住地  集合地  沼沢地  カタブンデイ植民地  城地  地唸り  某地  紫紺地  植民地視  植民地化  被害地人民出京紛擾  コヽなん被害地人民  所謂被害地區域  洋服地  洋服地店  滞在地  地水火風  地何處  向う地  地柄縞柄  掛地  楽地  開港地  斜地  信託地  天変地災  天変地  城地没収  巾地  藪地  新任地  地間  公有地  阪地  南地  とりの地  地臥  中心地コロール島  地皮  野営地  占領地  闇地  寸地  低湿地  此敷地  旅心地  地藏崎  商業地  地點  楽地也  印地打  物心地  地下ざま  徒歩発足地  徒歩出発地  到着地  出発地  縮地  伸地  地券  蝦夷地経営東北守備  浴衣地  解纜地  地變  つて地  年地  彼地此地  揺籃地  地公将軍  一敗地  狩猟地  藩地  原籍地  本籍地静岡県磐田郡見付町  縮緬地  半襟地  激流地  欺キ地  朱地錦  公地公民  一敗地  敗地  ひとり敵地  目的地別  五体投地礼  被爆地  遠隔地  平坦地  南地心中  氷山雪地  群星地  黄色地  植民地通い  郊外住宅地  發祥地  廟地  歓天喜地愉快  イギリス植民地  一中心地  一度地  流刑地  禄地  脳地  糧地  北地  電脳遊園地  新興高級住宅地  阿寒地帶  霜地  乾地  地並び  上越線岩本駅地先  銚子地先  地藏さん  租借地  植民地風景  其空地  生気地  身心地  重要地  民ハ強クシテ地ハ険  しめつた地  地奈多  露出地  ら地  午前六時五十分野営地出発  南沢別荘地  冷地農業  花びら地  征地  二西川一鳳雛墜レ地臥龍昇レ天一得一失天数如然  養子関平が征地  当時濠洲殖民地  源泉地仏蘭西パリー  地蟲  此天地  地水師  龍涙地  天文地利  底地  赭ちゃけた耕作地  羅紗地  芭蕉布地  砂子地  駐屯地出先軍部  植民地根性丸出し  駐屯地  鬘下地  植民地ゆき  みな金座地内  隣接地  地ざかいに心法寺  地かた  地かた二十五六里  地狂言  御名地  地ざかいへ  中国地  植民地体制  絶地  重地  地仙  万地  鼓地  未墾地開墾願  未墾地  地藏眉  希望地  且当地  沙地  牛十頭馬九十五頭畑地開墾四町牧草地二十町  家屋敷所有地  樂天地  地種  家屋敷所有地全体売払つて  みな敵地  今日向地  向地通い  向地  焦茶地  三日地  窯業地  ざる遊覧地  暴力ヨリ安全ニ其土地  所有地ガ私有地限度  徴集地  住宅地ト  勤勉ナル農夫ハ借用地  都市ト限リテ町村住宅地  都市地價  騰貴スル理由ハ農業地  國有地タルベキ土地  國有地  廣漠タル未墾地アリ  植民地ニ  亞佛利加植民地  屬邦タリ英領亞佛利加ガ植民地タルニ對シテ  植民地タルベカラズ  單ナル地圖上  誕生地ナルヲ以テ  ニ青島ニ租借地  地動  サテン地  山岳地  地貌  地史上唯一  地心  断層地  棲息セシ地ニ家屋  存在スル地ヨリ  遺物散布地  遺物散布地トハ地上ニ遺物  遺物包含地トハ地下ニ遺物  地ニ移リ來リシヤ  地ニ於テ爭ヒヲ生ジ  地ニ  地ニ存スル竪穴  地ニ於テ絶滅セシカ  分譲住宅地  分譲地  地ぐるみ  地團駄  焙烙地藏樣  焙烙地藏  地藏樣  陽地  搖つて地  指定地  小銃製造地  地史的意義  相地  泥炭地  銀鼠地  他地  地息  天変地妖相  地並み  みな地並み  植民地行き  植民地大衆  地大  地動き  植民地獲得時代  名産地  威力地  コールテン地  地みち  地極  植民地住民  生産地  倫理的立脚地  此立脚地  植民地的収奪  石炭生産地  農業用トラクター生産地  越後地  新潟県刈羽郡中通村曽地  早地峯山  巻機権現刈羽郡中通村曽地  つて地霊  地霊自身  裸地  植民地問題  流刑地生活調査  安住地  地毎  宮廷直轄地以外  冬営地  墺軍陣地  会戦地集結  皆殖民地戦争  殖民地戦争  錯雑地  中間地  培養地  地先  其実地  遊園地側  ライン遊園地  乗船地  植民地あたり  納戸地  薄紫地  濃緑地  地御料牧場  白茶地  矛地  鋒地  額地  夢地  木陰地  木綿地  コイ茶色地  居地  隔離地  採集地  至極地  保養地ボーンマス  ブ地  募集地  天変地妖  それぞれ野営地  野営地見学  ピオニェール野営地  野営地じゅう  植民地守備隊  青苔地  労働植民地  文化住宅地  レ地矣  ただ地  植民地経営  出立地  開墾地風  上流地  水源地附近  海水浴場地  壁地  くせ地  藍地  植民地人  瞬間地  ヨーロッパ植民地  地一帶  畠地  其境地  其位地  蒲地某  千日前楽天地  許可地  三地  布教地  寄留地  地線  地赤  地並  時地炉  四国地  日向地  旗二郎地  江の島遊園地  最近地下層  地畔  銀箔地  地踏鞴  萌黄地  菜園滿地  皆対岸地  もと名負地  實地應用批評  其見地  修行地  地續  地生  地武士  地侍  地侍共  一揆叛乱地  叛乱地  敵地大崎領  地ビルマ  猟地近く  尤も地  谷津遊園地  赤茶地  雷電神社地先  佐波郡地先  川田村地先  芝根村地先  岩鼻村地先  碑地先  森新田地先  利根郡川田村岩本地先  崖地  地鞴  持地  高原地  下谷花柳地  其御地  斜面地  天災地變  痩意地  地裂山摧  地数万町歩ニ  地ト人トヲ把テ如此キノ悲境ニ  村海岸埋立遊園地建設事業  遊園地通り  寒地農業  英領植民地  殆ど地  彼地唱門師多く住  地祭  根源地  如二地下人一  小作地  御朱印地  宿泊地  予定地  尽天地これ俳句  おら地言  此天地間  風あれども地  クボ地  三国地志二十六  水地  露営地  国際的避暑地  地ぢ  いつか白茶地  ロンギ地  明治座予定地  健康地  衣服地  究竟地  地まわり連  金梨子地  義経上陸地  地霧  たて地  霜氣天地  乙地  災害地  地守  単身彼地  沮洳地  喰意地  疎開地  開拓地  地鉄  子野見丸地くみ美奈子  丸地  蛇地  教育地  地志  須賀町地先  歓楽郷兼保養地  地云つた一声  観光目的地  つて避暑地  鬼怒川水電水源地工事  三摩地  外人植民地  立ち植民地  地一帯  地先あたり  一大瀦水地  東福田町地先  の地  安宅町地先  兜町地先  明石町居留地  中心地波高島  地さ  マングローブ地帶  上流竄地  浅黄地  盲目地  ちようど地  配流地  上倉地  紬地  要塞地  倉地  士族地  地塊  世界地圖  常習地  いさの地動  震原地  震災地  村落地  旗頭UX3鯛地秀夫  鯛地秀夫  鯛地  はて地  閑天地  地泥  彼地有名  茶色地  上結婚地  飢餓地  凶作地  飢饉地  空襲地  居住地本郷千駄木町付近  巡業地先  一路目的地三條  巡業地  興行地點  北海道地圖  殖民地化  つた地  言つて地團太  きく地藏さま  地藏堂  震害地  地特有  浅葱地  公園地内  地蹈鞴  一見地  行つた宿泊地  地藏尊  文人画境地  虎ノ門公園地内  所領地  植民地賃銀  所有地測量部付測量師  主催地  高原避暑地  密会地  芸道地  日本占領地  濕つた地  模型地圖  染分け地  地びたばつかり  王子地先  一番世地  前記原籍地  芝浦海岸埋立地  舶来地外套  故郷地  南米植民地  繋纜地  地冬期  南アフリカ全部英国植民地  金無垢地  市場候補地  Americansteamer出港地  天神地祗  生国居住地  史地  坂地  遊楽地  地駄婆駄  翌日目的地  工場地帶  地杭  一候補地  集散地  鼓声地  住宅地附近  地龍子行脚  地龍子  地學教會  バクハツ中心地  地維  一段坂地  伝通院地内  自生地  休憩地  地ごと  負傷地  マサニコノ地二都ヲツクラムト欲スカ  着陸地  一歩一歩敵地  公演地  むかし居留地  色地模様  関東諸地  百地三太夫  此見地  地模様の  結局目的地  突ッぱって地  遊覽地  寄留地簡閲点呼参会願  明白地  霜降セル地脊広一着見積代金二円  発生地  地牢  地政方面  地橙孫陽  産馬地  地大根  セル地  遊山地  ポール遊園地  レ地  地普通  源平以後地  夕かな地車の  沿革地圖  新築地  新築地劇団  富掃レ地矣  屍纔倒レ地  涕泣伏レ地  文化的殖民地  地南瓜  なんぢ地  石段づたいに芝地  テューリンゲン森林地帶  地聲  地摺り  神地  地節四年  死骸埋葬地  來墓地  草地  官地  地海  まんま地びた  横路地伝い  因地以求  地割  とき地  地われ  處女地  租借地内  うめ立て地なぞ  火災地  人地  威信地  炭坑地特有  地梨  地雪  花崗岩地  子ら遊園地  あれ地  英洲殖民地時代  乗地  生活地  旧藩地  中津藩地士農商  藩地外  田舎藩地  旧藩地一般  余波近く旧藩地  繁昌地中心点  地処  士地ゆえ  知行地  享楽地  特産地  新開的遊園地  南地北陽  写生地  キレ地  景勝地ホテル  温泉遊覧地  みんな開拓地  住民地  素鼠地  まま地  一縮一縮地  妙心寺地内  茶地  選挙地  足袋地  仰天動地  地帶  安全地帶  山嶽地帶  暗黒中心地  焼地  折つて地  ねずみ地  一大窯業地  つて鼠地  居留地かぎり通用  湿気地  三號墓地  一大工業中心地  地下げ  相地術  地もの  ところどころ地  植民地根性  名産地石垣島  絶対地  復興局案國立劇場設立地  地則  地久庵  地幅  頭巾地  青煙地  一埋立地  居留地三号  お前居留地三号  地人たち  地語  はじめロップ島原地人  戦乱地  梨子地塗り  梨子地  堅地  泥地  砥粉地  桐粉地  拝領地  稲荷地内  仏法地  気地  清遊地  修学旅行地  取引地  遊蕩地  地橙孫さん  河内水源地散歩  河内水源地  水源地風景  禁猟地  地割小屋掛け  境内静地院  興業地  誕生地  四ヶ所候補地  賃貸借地料  嶋地  酒造地  根元地  一興行地  地玉子  徐かに地  地照  放牧地  こと開墾地  河原地  肥狗ハ天ニ傲ツテ吼エ痩人ハ地ニ  ヤ地ニ  地鎮柱  地閣  辟寒地  地めん  徒刑地  宿営地  地燗  寂地  地侍風  地だらけ  地附近  蝦夷地支配  支配地授受  沿岸地  換え地出願  西蝦夷地  蝦夷地改め北海道  町地  米作地  トウベツノ地一帯  付け地  家禄城地  蝦夷地開拓  仙台藩伊達邦夷貸付地  蝦夷地渡り  膏ぎった処女地  地ナルヲ以テ  地ヨリ開拓ニ長ズル者  支配地請願  地コトゴトク  地ニミタスベシ  伊達邦夷支配地  原地農場  安倍地伯  地伯  地伯はじめ信徒  弟地伯  直轄地  門前紅葉地  通り梨子地  紫地錦  一流地  入会地  稍意地  地着きのごろ  植ゑた遊歩地  遊歩地  銀延べ地  鞘ごと抜き地  三度地  河岸地  分譲地の  泰平郷分譲地全体  水源地つて  別荘地経営  別荘地そのもの  一水源地  夏季保健地  一種植民地的  夏季保健静養地実費提供  沖積地  なんぼ地税  瓦斯地  友禅モスリン地片側  毛繻子地  友禅モスリン地  友禅モスリン地別封  桃色地  モスリン地及黒色毛繻子  氏名年齢職業住所本籍出生地  高層湿原地  地ずれ  アフリカ植民地政策  獲得地  脱出地  植民地化そう  植民地政策の  鉄地  毎日毎晩居留地  居留地十四番館  責任地區  地區  地區選出  居留地外国商館  居留地外人  ガンコウ地  支店候補地  繁栄地  発展地  地鯛  地水  フラノ地  道義地  着物地  去年都会地  いちど地  樺色地  地頸  心光地  白襟花色地  植民地インテリ同志  上陸予定地  地一杯  丁度地  ダイアモンド鉱地  鉱地  地びたをころげ  地頸部  演習地  植民地的ハイカラー  怒り地  数地  地模様  工業地區  歌舞酒地  拜領地  拜借地返上  われ地  あき地  手ぬぐい地  垂尾地  地びたをはいまわったがついにみつからなかった  川原地  一地界  地的条件  ゅうで地  ため一敗地  地價  根原地  地焼  多く地  卑湿地  地関東諸家  没収地  地奪回  地揺れ  餘程地  藩地松山  藩地の  夏藩地  藩地生活  藩地等  我藩地  上藩地  藩地全般  邸地  県地  その後地  地此  クリーム地  七流住宅地  地女  地犬サ  地犬  レモン地  地入れ  植民地博覧会  楽天地横  地史  やうしんかい地ふう  該当地不詳  出産地  開墾地検察EOS  植民地労働  植民地的労働賃金  生誕地  漆地  地輪峠水輪峠空輪峠  まこと地輪  地靄  泉地  国立公園候補地  旭川植民地風  殖民地風  原爆地  屋根地  銃猟禁制地  拠地  本営地  宿命地  敵地上陸  地くら  活地  尽天地  勝軍地藏  子育地藏  滿地  一小地  子供遊園地  織物地  激戦地  此戒厳地  上総国行徳地先  地腹  温泉ニ到着ス病気コノ地  つた地圖  地歴  地藏さま  寒冷地  温暖地  かな別荘地  したたか地  九州地下水  飼育地  替り地  植民地風  絵掛地  雑草地  地びたにころげ  分封地  四区六小区中ノ地ニ属ス  莫約根津ト称スル地藩ハ東西二丁ニ充タズ  地タルヲモツテ  地ニ転ジ  上野公園地丘陵  地弾きが歌女代  野蛮地  英領アフリカ植民地  一大遊園地  供給地  古代植民地  苑地  採取地  小倉地  地がら  地唐臼  地火炉ついで  地火炉  門前地  すべて百姓地  百姓地  地ダンダ  ト乗地  森林地帶  工藝地  杜子美玉露凋傷楓樹林巫山巫峽氣蕭森江間波浪兼レ天涌塞上風雲接レ地陰叢菊兩開他日涙孤舟一繋  地切  みな待ちびさしげに地  前衛地  浴衣地一反  赴任地  割拠地  地白  地白紋登りはしご  地白紋  名地  剣侠下地  所有地内  鴨猟地  コノ地  ひとり目的地  投身地  植民地版  御陵伝説地  代官地  六号埋立地  地音銹びつく鑵  減地  減地移封  地鋭利  旅地  豊足乾地普洽  三角地  木蘭地  独り植民地  対踵地  此處彼處露地  地朝鮮  地焼き  国植民地  地嶽谷  草原地  限地的  越中某地ドコドコグサ  地堺  其社地  炭坑地  劇場地  二三日前遊園地  うに地  凶作地帶ゆゑ  日本地歴学会  付属地行政警察権  資本投下地  鉄付属地  原地  風水害地  冷害地  熱帯乾燥地  其耕地  地借り  着船地  地びたが  地3  地心全体  不健康地  現住地  根賀地さん  根賀地  根賀地囃  根賀地研究員  根賀地君  菩薩究竟地ニモ尽ク知ルコト能ワズ  投地礼拝  行先地  白露地  面地  海岸地  発信地  一人地  坤為レ地  滝なす地流れ  バッタリ地  地均轆轤  地びたへおちないうちに  さん地  芝浦埋立地  地搗  人家地  閑々地  ひとつ地  ぱのあき地  地由来文化  地藏菩薩  遠足地  地磐  地体どこ  植民地常識  温帯地  植民地総督  むる玉川遊園地  開墾地方面  寄港地ごと  差配地  九州某地  地麁くし  樹林地  山人生息地  所謂泥炭地  開墾地一帯  地竹  おなじ地竹  地伝  大ノリ地  三ツ地  地拍子  居住地薬院附近  地拍子天狗  新開住宅地  買地  療養地  利用地  鞍状地  地もと  モダーン植民地風  回天動地  地びたにおいてやりました  地ことば  此大地  金襴地  避難地  特種地  終焉地  采地  想像地帶  地謠  征服地  耕耘地  地ニ労セズ  日本地圖海外  日本北部地圖  ロシヤ製北部日本地圖  ロシヤ製日本地圖  すべて植民地視  前年碇泊地  地處等  粘土地二片  粘土地  び地  牧草地  此窪地  地体夏  農業植民地  先だって一敗地  私地私民  半永久的定住地  中形浴衣地  葉染浴衣地  浴衣地等々  横はるの地  地段駄  旱魃地  時地腹  如く地團駄  殖民地博覧会  殖民地訛  殖民地官省  野営地出発  露営地付近  露営地出発  野営地帰着  夜営地出発  野営地附近  猟地  さっき地  地びたにつけて  地黒  除地  本地  地びたにつくといっしょに  込地  身体全体地  荊棘地  かぎり地  桜痴福地先生  天災地妖  地ぐちシヤレ  二ツ三ツ地  地鎮  新設地  遊覽地本位  五日町地先  碇泊地  該事件発生地  出身地コラッサン  役田地並  危険地  積雪地  北方植民地  地腫  地内  地びたにぺったりひざをついたままうやうやしく  おん地  甲地乙地  六月地長  はし地  景勝地  蕃殖地  源泉地  通り地  商工地  浅草地内  植民地砲兵  植民地軍  地鎮式  地涌  背地  場地  荒蕪地一帶  夷地  避暑地気分  麦種地  半年彼地  ウール地  手ざはりのウール地  沿岸ニ殖民地  彼等ハコノ地ニ殖民  ヤ殖民地  地ニ来リ  秘教地  擬定地  上陸地點  姑地  植民地同様  養生地  通り植民地  地鶏  士地  肌地  屋敷地辺り  地武蔵  埋没地  除地衆  本来地水火  原住地  一梃地  枯葉みな地  大地小地  函館開港地  構浜居留地  開港地警衛  居留地保護  居留地工事  式紙地  地走り踊  地芸  深山地  平野地  爆心地付近  濶歩埋葬地  地券調べ  すべて官有地  皆官有地  版地民籍  従来木曾谷山地  修業地  徳川支配地  民有地  屋敷地二畝六歩  清浄地  鞍地河岸  所持地  陸軍演習地  私娼地系統  一昨日煉瓦地  皇皇上天照臨下土集地  二条新地  ソレカラ地面ウチノ地  彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラ  地廻リノ  地たる  色地縞柄  霜降り地  かに地  いつか地  出港地  地藏橋  槐花滿地  彼地処  植民地人民  如く地  牧場地  庶栽培地  地下水  皆無地  扨実地  地板  避暑地なぞ  遠く地  信夫毛地摺千端也  夷之地  じん地  しき地  寺領地  地藏  此平地  自作地  特定地  小学校隣接地  廃地  稍隔つた地  印地打ち  地六  熟地  良地  翻つて地  沃壌地  移民地  ば地  此北地  地界  もと地  年来地  留むるにたちまち地  地竜海竜  保養地ダーヴォス  往時上帝地  飛鳥地  熱地  品地別命肥長比売  品地別命  植民地所有者  植民地委員会  青森地方飢饉地  地天泰  難地  現住地田辺町  北方寒地  住地近辺  地体城中  インド諸地  地それ折  森林地  遊覧候補地  穴地  ガチマラ西岸熱地  地山茶  地處  の地有  寛政度蝦夷島上地之等  數輩彼地  及彼地  此島地  地食物  それ以前開港地  アントニウス尊者荒寥地  混淆地  地府  根本地  地崩れ  脚地  居留地内  居留地以外  外人避暑地  居留地制  鉱毒地視察禁止  地蹈鞴ふん  都心地  東夷南蛮北狄西戎西夷八荒天地乾坤  蘭人居留地  炭焼き地  むまで地  君地  遊覽地也  蒲団地  バク記念地  砂利地  其被害地  被害地十餘萬  其内納税地  其田地  縣鑛毒地  此田地  水害地  地價金  用水地  地價低下  地價低落  被害地今日  此被害地  鑛毒被害地  当時彼地  此理想地  北米寒地  場合なぞ地圧  美地  甲州地内猿橋  相州地内  地床  體内地  地發掘  明治四十一年仲島渡地  大阪南地  地噺  楽天地時代  いっぺん南地花月  大阪楽天地  地柄  濁水暫時地  植民地思想  四時五十分将監峠野営地着  袴地  三業地  懇地  許可地以外  妖怪地  一方地  享楽地的気分  一大中心地  地びたにぽたりぽたり  一番植民地ずれ  地ニ来ラシメタ  奴隷的植民地トシヨウトシテイルノダ  委任統治地  最高地  地びたに手  二人共地びた  声地  希望峰植民地  粘土地桐  木蔭地  避寒地ポオ  玉筍地  未踏地  地びたにすわつて  高原地はやりよう  意苦地  地びたでどうなつたのか  ため地  日本地圖世界地圖  實地此處  避暑避寒地  實地宣傳  舊墓地内  落合遊園地  所謂避暑地  飛騨地  希臘内地  フニ便リヨキ地ト思ハルレバ  トアル地  地ナレバ  其故地  木の葉地  三町村入会地  段地  地大部  近く賊地  ため阪地  地妖  地券面  静寂地  郊外分譲地  小品的野営地  地足  植民地時代  渡り紅地広東縞  深更地大  深更地  初更入浴中地  銀座通煉瓦地五十年祭  減地減禄  苗地  遊廓新設地  鉱毒被害地  被害地免租  鉱毒地人民  被害地民  彼等被害地人民  彼等被害地民  レース地  カーテン地  レ地風來枯葉  地也  測量地  これ地  地理的地點  實地觀測  終局地  じい地響  地びたにたおれて  畦地  本所地先  地体何  地体並  午前六時露営地  午前四時半露営地  雪崩発生地  いふ地響  地囃子  地苔  唯地女  鉱泉地バーデンヴァイラー  地ト顛落  植民地農業労働者  重工業生産地  植民地関係  生産中心地  甲州地  武州地  秩父地  上州地  信州地  勉強地  異常気象地  製造地  重要地位地  天父地母  地母  農耕地  中流地  寄集地  地霊克服  言つた地  謫流地  邸宅地  囚人半月地  毛織地  定住地  礫地  芝原水源地  地水帥  地山謙  ひだ地  万国地暦  地團太  ぎ地  石和町地先  隠居地  精神凶作地  探検地  地布  今夜対局地  対局地  植物保護拝借地  参百四十六町歩事業制限地  中央地  植民地兵  休息地  牧地  休息地マトロック  天変地妖引き  商業地以外  來田地  個人所有地  陥没地  地盛  ロケ地  境内地  地菌  茶名産地宇治  斜面崖地  随地  白ら地  芦地  右地  海辺地  向陽地  羽織地  植民地情景  創作地郷里金沢市千日町雨宝院とい  勝景地  廻転地  地印度  すり地  地續きだ  英領植民地英語  向ヶ丘遊園地  かく地  運命地  小児遊園地  農園地  アメリカ植民地  冬季社交植民地  植民地美人  違つた地響  黄地  植民地兵営  植民地民族  植民地成金  列強植民地政策  植民地中国売笑婦  植民地発見熱  植民地搾取  植民地インド  裾地  公地公道  地ゲデラ  體彼地  植民地的思想統制  地貌学的  古生層地  野宮地  灰色地  崩壊地  段丘地  桑園地  年々豊作地  崩落地  栽培地  漆器製造地  沿岸沖積地  植民地的享楽気分  繪掛地  鉄付属地内  いかさま地  文学的未開地  植民地利潤  換え地  化物丁場開墾地落上  開墾地落上白髪  血地  祖先地  舊藩地  はと地霊  植民地政策華やか  海岸彼地此地  地臭そのもの  白浴衣地  地區的等差  未開拓地  山村地帶  舊城地  地百姓  訓む地  中庭地白ウシテ樹ニ鴉棲ム  麻地  円地  幽棲地  隠棲地  言つて征地  紺色ポリヴィア地  あげく国有地  湧出地  火山地帶  空色地  いま地  地長崎  三陸災害地  京阪地  占地茸  皿地  築地居留地  すべて地  国有地  彼地此所  地窖  遊廓地帶  地盛り  鼠色地  衣地  其御地ニ  一立脚地  占拠地  別地  住宅地組合  地者  機業地  地機  皆襖地  襖地  夜具地  座蒲団地  地玉  地出来  地塗  植民地膨脹期  三未踏地  熱地性精神病研究  ドド発見地  夜営地  発見地  奥熱地  まま陥没地  繁殖地  九十九江源地  九十九江源地  魔境未踏地  歓楽地  閑寂地  車輪一度地  地之  狹イ地帶ニ火  書信ニハ地圖ニ矢  極寒地  何地行き  幕府直轄地同様  光地  戰勝地  ところ地  星地  響地  莊嚴地  地籟天籟身  土畑鉱山従業員居住地  其余地  墺地利  地の  地風  むる地  治むる地  いまなほ地  一二地  地ケリドリ  地氣消  いまなほ地心  こと地  九六地  從つて地狹  治むる地云々とい  地嶽  詞地  六〇黄地  一地點  管轄地  管轄地内  地乾き汚水處  四二地  せり地  時西方地果  上半金地  地病  犯罪地  地三四・二八以下  地中央  地氣  町並地  不敗地  島津公分譲地  交錯地  地圖上  漂着地  植民地的搾取  ユダヤ殖民地  衣地何  利子持地  地泰天  炭坑地風景  炭坑地風景二句  うち地  三三地  者地  三地占者等  彼等みな地  地一切  地今  地カセンティーノ  地パレスティナ  地フランス王家  變異すべて地氣  地二〇・一二七參照  これ地氣  地歴程  貧地  進駐地  つて地靈  地靈  世界的遊楽地  フランス遊覧地気質  贅沢地  フランス遊楽地  早地峰  地大昔  住宅予定地  住宅地分割  潜きの地  治外法権地  地史学者  寄航地  結局發生地  究極地  地そのものそれ  地性  小屋地  小屋地南  此境地  風景地  地川  農作地  所有地解放  地以外  海岸地帶  地殆ど法王  地特殊  二七人地  地日出前  黄金地  宇比地邇  地びたにおとして  地びたへつばきをはきました  地びたへつけようとして  占有地  小作地管理人  植民地諸国  地びたにおしつけたまま  笑ひさざめいてゐた地  ヴァージニア植民地  イタリア植民地  植民地利益  地久面  陰陽地鎮曲  居留地撤廃以前  陸車埋葬地  雜司ヶ谷埋葬地  占領地教育問題  地火風水  攘夷拓地  流域地  下流地  魯西亞普魯士墺地利  処女地VirginSoil  いや地体  貯水地  北海道其他開墾地  ひとり地ずれ  其発源地  発足地  漂著地  岩本地先  間庭地先  後閑地先  群青地  退官納地  伊知地正治  湯衣地  地独り吾等  地独り真  漢地  有税地多く  小学校地  富士ハ湖地高燥  植民地生れ  地型  遊園地みたい  天落ち地欠  オーストラリア原地人  原地人斥候  地人  原地人軍  原地人兵  地人軍  児童植民地  植民地作家  これら植民地  地紀  地水風火  東海道岩淵地先  越後国南魚沼郡浦佐村地先  厚木地先あたり  小出町地先  小作地以外  植民地独立  秋田県地先  秋田地先  爆心地上野町  ラジウム温泉地  爆心地松山町  武家地  鑛毒鑛毒地被害民  御影地  地藏寺  多摩川水源地  しん地  地一円  配所地  被災地  開地  電源地  行楽地  結庵地  地ぐち調  開港地横浜  交渉地  特別待遇地  文化財地蹟  電源地若松  山丘地  主戦地  宮本武蔵生誕地  地ざむらい  勢力地  紀念地  此時地  職業地  東京地圖  散歩地  煉瓦地  地體上方  偶然東京地圖  神崎向こう地  地紀行  占地  千本占地  小倉占地  一本占地  丘地  



前後の言葉をピックアップ
  治まら  治まり            血だるま  治五郎


動詞をランダムでピックアップ
みまもっ咲きほこる躍りかかりつくりあげるいきあたっ陥れる飛乗なくせよくいあらためおっぱじめるはねあがらつかまえれおそいかかるさきだち突き抜きぬきだす流れ込ん持ち出し引き当て呷る
形容詞をランダムでピックアップ
甘酸っぱい真黒き安かっ根深い快かっ篤うかぼそく疑わしゅう黒っぽいさかし濃くっ深くっ間遠くはがゆ鬱陶しく明いうすらさむい耐難く