「四方」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

四方[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
四方に伝わった  四方に配るならば  四方の村立つ  四方に心を配りて参り  四方を汽車に取りかこまれながら  四方は照渡り  四方に奔走して  四方から起こった  四方から飛んできた  四方からのぞきこんで  四方を圧倒し  四方に城門ありて  四方へ波のように動いている  四方の海とほき  四方の山々を見あげる  四方に充ちわた  四方に海がある  四方から迫って来て  四方に発展して  四方の壁はどんな材料で作ってある  四方の壁をグレ  四方から数を増していく  四方の壁が自分には自由に歩ける  四方の壁に沿って引かれてあるし  四方へゆれている  四方から押さえつけられた  四方から自分の身辺に迫ってくる  四方に走った  四方へ広がって  四方へ髪を垂れた  四方へ向かって  四方から子供たちが牛をひいて集まって来る  四方から集まって来た  四方の眺望開けたり  四方にひろがっている  四方の山々を眺め  四方の壁には棚があったが  四方を見た  四方を囲まれていた  四方へ眼を配った  四方を森林に囲まれているので  四方から湧き起こった  四方へ流れていった  四方いづれより行くも  四方からじっと隙を窺っている  四方に聳立した  四方へ馳せた  四方を睨め廻した  四方へピリピリと鳴り響くと  四方ほどな何か字の書いてある  四方から盃が差出された  四方を見渡す  四方がひらけて  四方からのぞいてゐる  四方からフランスに殺到して来る  四方に向ひ  四方に流  四方へ流れ落ちる  四方を仰ぐと  四方の旅籠のお客様がみな手拭をブラ下げて  四方に密集している  四方は全き  四方を睥睨している  四方に散  四方に柴を立てて  四方に枝の伸びた  四方に散りました  四方からドッと押し寄せてきました  四方の風はゴウゴウと吹き  四方の衝立に仕切られて  四方の涯から吹きよせていました  四方の涯は花にかくれて  四方を見廻しました  四方を見張らす  四方を見張らすと  四方へ拡がる  四方から取り巻いてゐる  四方に切れてゐます  四方へ地下植物の拡がる  四方に出た  四方から来る  四方に運ばれて  四方の壁があちらこちらへと揺れ出した  四方を圧した  四方にさし伸べて  四方を俯瞰している  四方へ目をやっている  四方に受け  四方から咲き下す  四方に薪を集めて  四方から小鳥がそれを聞きつけ集まってきて  四方へ開いて消える  四方を見渡すに  四方の物まったく見えずなりしかば  四方は真暗と云うにはあらねども  四方を見まわせしが  四方に分かれ  四方へ一度に出て行った  四方へ散って行く  四方の板壁には規則正しく三つずつの銃眼が造られてあるし  四方を石で畳み上げた  四方へ注意を向け踊る  四方から押し寄せて来る  四方から集まって来て  四方を取り巻かれ  四方へ別れたが  四方へ散ってしまい  四方から現われた  四方へ眼を配ったが  四方に燿かしたることあり  四方に別れて  四方に散じて行く  四方が急に賑やかになった  四方に小歇みなく  四方から押しよせ  四方を見下せば  四方に霊域をかぎつたと思はれる  四方の壁に架けられていた  四方に万国旗を飾る  四方に聳ゆる群山は呼べば応えんばかり  四方に起り  四方を立て  四方に見える  四方の景色を見ながら  四方から一度に取り立てに来た  四方へ投げて  四方へぺこぺこおじぎをし始めた  四方に段々を拵えて  四方に広がって往く  四方に逃げながら  四方に激しい煽りを吹き上げたかと思ふと  四方に求め  四方の門を固くして  四方を見張っていたが  四方はもはや完全に火星人の大群で包囲されていた  四方の情景はあいかわらず  四方を取囲んでおいて  四方へ鳴りひびいた  四方には火の手が上がっている  四方を見廻させる  四方を定める  四方へ陰々とこだまを返してゐた  四方の山を見まわしていると  四方に柱を立て  四方を守っていた  四方から焼打ちをうけて  四方を開いて  四方に満ちた  四方に吐き散らしながら  四方へ散ってゆくかの  四方を見渡すと  四方に備えてい給え  四方に数十人の剣士力者を忍ばせておいた  四方を眺めさせる  四方はもうすっかりと暮れていた  四方から波がしらと共に追ってくる  四方から賢士剣客の集まって来る  四方へ逃げかけた  四方の暴賊はみな私権を張り  四方には通へ前追ふ  四方の海さへ音を挙げる  四方を黒木の深林に囲まれた  四方閉め切ったその部屋のどこにも風の通う  四方に仁政を示し  四方の学者もかなわなかったという  四方の景色を賞美していると言った  四方の壁にかかっている  四方に乱れ飛ぶ  四方の巨木から乱離として鈎のついた  四方から石が飛び  四方の呉軍が何事か騒ぎ出したので  四方から襲いかかって  四方から包まれている  四方にひろい濠をめぐらして  四方を取巻いてしまった  四方からまくれあがって来て  四方からヒシヒシとお堂をとりつめている  四方から蠣殻町一円を蟻のはいでる  四方へ草の蔓のやうにのびてゆく  四方から飛びついて  四方から取り  四方からかこい  四方から袋のようにかこまれている  四方からかこまれた  四方をめぐる  四方の櫓から矢石は雨のごとく寄手の上に降ってきた  四方の森林や民家は炎々たる焔と化し  四方から喊声が起った  四方を睥睨し  四方に延びて行って  四方の壁は古新聞で貼って  四方に拡散する  四方開け放しの小屋があった  四方を取り巻いてる  四方はすつかり  四方はシンとしていた  四方を壓する  四方へ艶めかしい  四方を氣にしながら  四方をキヨトキヨト見  四方を廻りながら  四方よりベルリンに集まれる  四方へ浮き出して  四方を見回すと  四方をぐるりと見回した  四方からドッと切り込んだ  四方を取り巻いてい  四方を鎧い  四方の壁のあちこちに書き散らしてある  四方を見廻した  四方に燿かすも決して偶然にあらず  四方に令し  四方を見廻っていた  四方へ配った  四方を木々に囲まれながら  四方へ散った  四方を忙しく見廻したが  四方に走らして探さしたが  四方を拝んで  四方を拝むぐらいだから  四方から半畳がとんで  四方が懸崖絶壁になっていて  四方の眺めを記録したりする  四方を眺めた  四方から集ってきた  四方に拡げて  四方に水をかけた  四方の雨も霧と微々たる雫とはしきりに私の旅情をそそつた  四方を鏡で張り詰めた  四方に散るとしようではないか  四方から聞こえていた  四方の棚の上下の寝床から身体を乗り出して  四方にジャジャやりながら  四方に炎の燃えている  四方の戸をしっかりと閉め切って  四方に湧起る  四方の往還は物資を運ぶ  四方に反撥は起り  四方に枝を出し  四方を眺めました  四方の地平線に低く沈んで  四方に並べてある  四方の壁にかけつらねてあって  四方に通っている  四方から飛んできて  四方に飛び散り  四方の山辺を見渡せば  四方へ廻して  四方を取りまいた  四方に散乱しており  四方をはるばると眺めやると  四方の話などをしました  四方が暗くなつてし  四方が暗くなってしまった  四方の壁一パイに並んでいる  四方へ乱れ飛んだ  四方へ見張った  四方をながめると  四方から寄せてきた  四方から囲われて  四方の窓が一斉に開いて  四方へ走っている  四方の壁を見廻しながら  四方から詰めよって  四方から廃屋の方へ詰め寄って行く  四方の風景が白つぽく淀んでゐる  四方へ丸形に拡つて居る  四方へ垂れた  四方へ放射した  四方にひびきわたって  四方を蚕食しつつ  四方から出て来た  四方を震駭して  四方の蛙が鳴く  四方にありました  四方から集ってくる  四方を走つた  四方に火のはぜる  四方の窓から自由に外をながめていた  四方が見渡される  四方から遠巻きに取り囲んで  四方開け放しの日本家屋の中に住むだろう  四方へ拡が  四方の壁を黒板にして  四方送って下すった  四方の山が沈み  四方から己の頭の上へ倒れ掛  四方へ枝をひろげてゐた  四方の空を繞る頃となりました  四方へ散っていく  四方から起ってきた  四方に客遊していた  四方に糸を引いている  四方に電報をかけました  四方の壁を高く積み上げていた  四方に割拠して  四方にある  四方を石で畳上げた  四方に広げる  四方とも塞がれていて  四方からのぞきこむので  四方を見わたすと  四方とざされ  四方の壁にあちこちランプをさしつけた  四方の壁があるばかりだった  四方閉ざされ  四方から其薪へ火をつける  四方に散々に散っている  四方で騒がしくひっきりなしに聞こえていたが  四方から返って来た  四方に飛散する  四方をかこまれて  四方を取り巻いた  四方は荒壁で馬の出入りに少しばかりをあけて  四方を山にとりかこまれ  四方に放散する  四方にとんだ  四方はかがやく  四方の街が見透せて  四方を馳せ廻る  四方の壁と云わず  四方へ大ランプの灯の光を投げている  四方へひろがって行った  四方の山々にとっぷりと霧がかかって  四方には何の物影も動かず  四方のどこからも見えない  四方へちらけようとしましたが  四方から栃のだんごを囲んで集まりました  四方を山に囲まれていて  四方とも低い陸地に囲まれた  四方へはねました  四方を取り巻いていました  四方へ走る  四方の壁から集まり近づこうとひしめいている  四方に押しのけられて  四方に放射して  四方にさげた  四方から彼の方へ吹きよせてきて  四方から崩れる  四方の金主は渠を争いて  四方から押しつつ  四方が明るくなって  四方の模様は更に分らなかった  四方を見廻しても  四方から荷箱同様の板を釘づけにされている  四方を包んだ  四方から墓ばかりに取り囲まれているであろう  四方に転じる  四方に火がまわった  四方をとり  四方の空のさまを見めぐらす  四方のさま全く変りて  四方へ数百片延び尽して  四方に起る  四方から湧き起ると  四方の壁は印度更紗模様を浮かした  四方の果てまではれわたり  四方を憚って笑い声を立てなかった  四方に立ち込んでいる  四方へ片づいて  四方を見渡しても  四方に手を伸ばし  四方から早口に聲がとんで  四方の小道からただならぬ人馬の喚声が湧き  四方を見ると  四方を見ますと  四方から幾人となく来た  四方ぐらいのカブトのようなのが出来てるだけです  四方から杯が集ってきた  四方にベールを垂らし  四方を塞いでいる  四方に分散して  四方の建具がぐわらぐわらと一度に鳴りを立てて暴れた  四方へ投げた  四方に起ると  四方の隅々だけを残して  四方より花吹き入れて  四方には何の声もしない  四方にはドッシリした  四方へ垂れ  四方より吹く  四方に使ひし  四方から抛りつける  四方は天井の高い壁で囲つてある  四方へ延びていた  四方の景色を見て  四方に聳ゆる  四方からキャラコさんをみつめはじめる  四方に飛騰する見る  四方から小次郎をつつみ  四方へ散らばせると  四方も揃って  四方の角を飾って  四方の木立が吼えた  四方は開け放たれ  四方へ引張つた  四方を見回した  四方の景色を眺めていた  四方へ引張った  四方の山々から切出いて  四方がアパートだの気違いだの仕立屋などの二階屋でとりかこまれていたので  四方から忽ち二十人ぐらいの老幼男女が駆け集ってきた  四方の景色から起ッている  四方に充ちわたった  四方から太刀川におどりかかった  四方へちらばった  四方が明るくなる  四方に配る  四方に撒きちらかされた  四方に飛び跳ねた  四方に人もおらぬといった  四方を見晴らす  四方を見晴らすと  四方は真暗になった  四方の風景の佳いのに気も代って  四方を拭き廻す  四方には宿屋が軒を並べている  四方に立ちこめて  四方を見はらせた  四方の海を見はる  四方に帆布をさげて  四方に引っぱって  四方を見はっていた  四方に山が重なって  四方から漕ぎ寄せた  四方の山にはまっ白に雪が光り  四方が凡て釘付になって  四方から取囲むと  四方を見れば  四方を見廻したが  四方にあった  四方から囲んで見る  四方を見る  四方を見まわして立っている  四方を見たが  四方へ散って見張る  四方から火を掛けろ  四方が騒がしくなって  四方の露路から現われいで  四方へまわっているかもしれない  四方へまわらなくとも  四方へ眼をやったが  四方に受けて  四方にはうす紫の帳がたれこめて居りました  四方の見えない  四方から喝采が起る  四方に笑声が起った  四方の山は桶を立てた  四方になだれた  四方開いてゐて  四方の壁に棚が吊ってあって  四方の闇へ向って  四方には明るく窓が切ってあります  四方が薄暗くなりました  四方を見廻して  四方の山から雲が捲いて来て  四方へ出張候形勢に相成り  四方を展望する  四方へとびちった  四方が山に囲まれた  四方厚い壁や樫の木の厳重な格子戸にかこまれた  四方を囲む  四方を見廻している  四方にちぎれて  四方へ傘状にとび散った  四方が塗りこめられていて  四方をかこまれ  四方の山々に射放す  四方へ張っておいて  四方へ眼を光らし合った  四方へ援けを呼んでいた  四方へ大きく呼んだ  四方からわらわらと部下の捕  四方から湧いて来た  四方を見るが出るにも入るにも  四方からワッと来て  四方が白けてなりません  四方へ飛びました  四方に飛んだ  四方を見ても  四方に配っている  四方へ遠のいてしまうた  四方から鉄壁で押えつけられる  四方へ溢れ出しました  四方はいっぱいに雲と霧がとりまいて  四方をながめる  四方に離散する  四方に雲があって  四方を見廻すと  四方に配して  四方より手をかくると  四方に恐ろしい眼付を投げて  四方に消えぬ  四方から水を浴びていた  四方の海洋からきた  四方から廊下が出ていて  四方をうかがっている  四方へ飛ぶ  四方のさまとを見まわしたが  四方をキョロキョロ見廻しました  四方の浪人の目標となって  四方を攻略する  四方を盗み見ましたけれど  四方を見  四方を見れども  四方からゴーデルヴィルの町へと集まって来た  四方は薄絹に包まれた  四方にかけて一面に月見草の花が咲き連なっている  四方の兇徒を討ち  四方に廻りましょう  四方から蒸し  四方から葺きあげて  四方葺きでなく  四方を見廻したけれども  四方に繞らした大きな中庭があり  四方を嶮しい  四方へ逃げ出したという  四方を見廻す  四方の人に見せて  四方から犬にとり巻かれて  四方から犬をほしがりました  四方の夜の鬼神をまねき  四方を暗くして  四方の隅々までジロリジロリと見廻しました  四方を駈け  四方にくらく一ぺんすっかり破産した  四方に騰り  四方に横行した  四方へ漂うて行く  四方から山といふ巨人に見下されてゐるといふ  四方へ反響して  四方を幾度も見廻して  四方に乱れたり  四方を飾る  四方の山へひらみ附いてゐる  四方へ伸びた  四方に水が散っている  四方に窓のある  四方へ出る  四方が急に微暗くなって  四方から囲んでいる  四方からいろんな人が集つて来る  四方に及んだという  四方の混濁というものの  四方がパッと明るくなるほどに  四方の壁に氣づかひながら  四方に建物があつて中に廣い  四方には戸があるが  四方を檢したに  四方の青白い天末までいちめんはられた  四方からやかましく饒舌り立てた  四方の壁とより外には何にも無いようなガランとした  四方の壁に数百本の蝋燭がともり  四方へ流れ落ちて  四方の眺望は悉く眼下に横わっているが  四方の面とに実に美しい油絵が描かれていた  四方に電話を掛けさせ  四方の壁も天井もまつ  四方から迫ってきた  四方に枝を伸していった  四方から囲んでいた  四方の官軍がふたたび起ち上がる  四方には注連を張りまわして  四方を見まわした  四方の名称を聞いてもわかる  四方から物凄いほどに唸って来た  四方に蜂起する  四方の壁間にとりつけられた  四方の枚がはずれた  四方に投げ散らされている  四方を観望して居たが  四方に四郎時貞を求め探した  四方から一升徳利を通帳という不思議な通力で取寄せたからで  四方の石がきにはこけが  四方になげちらしました  四方を見返した  四方をグルグル廻らせられたほどに  四方の人の慌てふためいている  四方へ上り口をつけて  四方へ石段をつけますと  四方に窓がありました  四方にすだける  四方を海と掘割で囲まれた  四方の山を眺めた  四方の山から流れて来る  四方に輝きて  四方へ石油を滴らしておくと  四方にひろがつてゐる  四方を御拝なされるや  四方からよく中る  四方から包んで  四方へ拡げて  四方から風呂敷で包む  四方に離れ  四方を経営し  四方へ散り乱れたけれども  四方にはまだ四疋の毒蛇がいて  四方を霧が罩めてゐたせゐか  四方を深い木立に距てられた  四方から声が懸った  四方へ拡がってゆく  四方に向かって  四方に拡散したとすれば  四方から私どもをとり囲みました  四方から飛びかかって  四方へ飛び散りました  四方に廻らしていた  四方から金をはふり始めました  四方から雷のやうな拍手喝采が起りました  四方に向かって高まり  四方に求めさせた  四方に遠ざかって行く  四方の盤上に載せた  四方に電話をかけさせた  四方に張られてあるので  四方から起る  四方を鹿の子まだらに埋めるほどになっている  四方の腰がグタグタに砕けると  四方に岩の覆ひ重なり  四方に振向け  四方の壁から聞えている  四方の壁から嘆きの声が聞えて来ても  四方に向かって逃げ出した  四方に散っていた  四方を不思議そうに見廻したが  四方に林を取り  四方に眼を配っていたが  四方に廻縁のある  四方を囲んだ  四方から吹き起こる  四方から僕の舟に乗込んで来た  四方取放しの  四方を見廻すには見廻したけれども  四方へ行き  四方から集まっていた  四方へあふれていた  四方へのして  四方はただ雲の海かと怪しまれる  四方へ散れば  四方を見廻わす  四方の扉からも僅かしか光がさしこんでこない  四方の壁に四仏浄土を描いた  四方から雪を吹きつけられているので  四方へ大なる蜘蛛のごとく脚を拡げて  四方をおごそかにとり巻いていた  四方へ逃げ散った  四方におちる  四方から楠の茂みを目指して飛んで来た  四方に逃げました  四方の足から食われて行って  四方からこれを責めたりした  四方から包むで  四方に垂りつつかき光りと  四方とも黒い油紙で包み上げた  四方を高い建物で劃られて  四方へ散  四方に錐で空気ぬきの穴を拵えて  四方に立っていた  四方の空地と樹木と消防の尽力とがそうさせた  四方の空地は浅草の観音より帝大の構内が広くとも狭かろうはずはありません  四方を遮られた  四方のながめが  四方からその跡を埋めに流れ寄る  四方から飛びつかれ  四方の壁にも天井にも生々した  四方を見廻しながら  四方を見廻したけれど  四方を撫で廻した  四方が全く暮れてしまったと言っても  四方には一つづつの小さな窓があつて時とすると  四方から雷鳴を呼ぶ  四方同嘱の客に檄すと  四方が四方とも廊下に成って居る  四方のうち一方だけは何時の頃直した  四方へ廻って居る  四方の太柱でさえ風化して  四方の明暗に浸透してゆく  四方に蹌踉し  四方の入口からは寒風が遠慮なく吹き込んできた  四方からこれを圧している  四方の空気からも熱を伝えるから  四方から放つ  四方が開けているので  四方に目を配りながら  四方から霧が捲いて来たので  四方から松明の光をさしつけて眺めました  四方に開けていた  四方を看まわした  四方より取囲み  四方から二人を取りかこむ  四方から集って来た  四方にぱっと散って行く  四方からばったり暮れた  四方の壁も天井も床も銀のように輝いていて  四方へずらりと居流れて  四方の雪景色が一眼に見渡せます  四方の景色を見渡させながら  四方に立ち並んで  四方から毎日送ってくる  四方から湧き上がってきた  四方へ鮮血が飛び散つた  四方を丸く明けて避ける  四方へ黒い布を引いて漲る  四方へ行く  四方より集り  四方を注意深く見廻すと  四方から押しつけられて  四方から寄せてきて  四方から王子へ呼びかけてきました  四方にめぐらされている  四方の空気を驚かすまい  四方を遊説して  四方の陸と島とを弁別してから  四方の物の影が多くなっていた  四方から雪崩のごとく押しよせて  四方を大きな壁で囲まれた  四方閉ざされた  四方から自分自身を焼きつくし  四方から空虚が侵入してくるからだ  四方へ広がった  四方ふさがってる  四方を閉ざされてしまった  四方からわたしのところへやつてきて  四方に伝播する  四方の山々はますます高く見える  四方まで御控へめさる  四方へ散りました  四方が封じられています  四方から押し寄せて  四方に開き  四方の露地や小路に駆け込み  四方に展けてい  四方に翔けている  四方の剣客に畏敬されている  四方を睨み廻した  四方から箱の中のそういう顔を照らして浮き出させているだけに  四方から襲いかかったばかりか  四方からおっとり囲み  四方に厳重に巡らし  四方を征伐して  四方から鉄砲が発射された  四方から監視されてる  四方に広がり  四方の士に求められけるに  四方の地平をきはめず  四方の侮りが競う  四方の風の音を聞いていると  四方ふさがれた  四方に足場が立てられてる  四方に入り乱れてる  四方から風の吹き込む締まりの  四方を囲まれ  四方を廃墟と化した  四方の桟敷に輝き渡る  四方をきっと見廻  四方の帷を皆上げて  四方へ並べてみた  四方に薫じつ  四方を見るに  四方の柱にはれば  四方より入りくる  四方がなんだか面白くなってきました  四方が森閑とした  四方にパッと散るかと見えてという  四方を眺める  四方の戸をしめきってこもっておられる  四方から迫っている  四方から押し寄せた  四方の街路へ拡がっていった  四方の露路から溢れて来ると  四方から彼を包んで  四方から騒音が窓辺に襲来してくる  四方に散り失せてしまう  四方から流れよって来ていた  四方には竹矢来を結って  四方に開け放し  四方には蔓延せぬけれど  四方が道になって  四方の湖の水が奔るように流れだして  四方より集まりて  四方へ響渡ったのみで  四方へ散らばる  四方の平静が破れる  四方に気をつけて見たが  四方に放たしめたるは  四方を他の部屋で包まれており  四方から鉄の鎖でかたくつながれている  四方へ散つた  四方を取囲んでゐる  四方には景色の好い丘陵がある  四方の崖の土は石灰色をして  四方の戸を阿  四方にたぎる  四方をさがしてみたけれども  四方に分散お前もまことに摺古木野郎だ高を差出し  四方に起りつつあるが  四方の城壁はががんとして大きく白堊岩よりも銅の鏡板よりも堅い光つたものにしたい  四方へ延びてるし  四方へ開いてる  四方に伸して  四方を展望していると思うと  四方をとざされている  四方に散った  四方に乱れて  四方に放った  四方とも壁に小銃射撃が出来る  四方へ配りながら  四方の箱に収まる  四方より敵に囲まれて  四方から眺めうる  四方を鎮す  四方を払った  四方の壁の表をし  四方に散り  四方に散じて  四方に交を結びました  四方から入会を申込む  四方から聞こえて来たが  四方にはホンモノの数百尺の飛瀑も落下している  四方へ飛火した  四方に白雲を静めて  四方を見まわせば  四方へ走らせました  四方から戻ってきました  四方から何時ともなく湧き出して  四方の景色を見渡しながら  四方へ逃げ散る  四方より得たる  四方の大観をほしいままにしたりしていたが  四方は漫漫たる水で南北の方角も解らなかった  四方へ放射している  四方の風景にながめ入った  四方に響き  四方を圧し  四方から攻撃したので  四方から思う存分嘲った  四方の剣客と手合せをし  四方の薄暗さと冷気が身にこたえる  四方を見渡しますと  四方の壁に響けて鳴っていた  四方に窪地を持つて  四方の遠望を樂しむ  四方の山河を統ぶるに似た  四方の遠望が利く  四方をば柔かな雜木林がとり  四方の空に鳴り渡る  四方の山野を見る  四方から群がって来た  四方からだんだんに圧迫される  四方に幣をささげて  四方のすだれを垂れて  四方を本箱とおもちゃでかこまれた  四方の山々を通抜ける  四方に派遣せられけるが  四方には麗な陽があった  四方の海の水の底をもかつき見てまし  四方を眺むれば  四方の壁が柱と同じようにやっぱり真黒い塗料でぬりこめられているから  四方に鋪道が拡っていた  四方に配つて見ると  四方へ闊達に開けた  四方の壁は打ちこわされ  四方にお触  四方を眺めて  四方に頭を向けながら  四方に揚る  四方の英才俊髦一時に崛起して  四方にとび散りながら  四方からのぞきこむ  四方に眼を配りながら  四方へ因縁を植え弘めて行く  四方に聳つ高櫓楼の恐ろしさ宛がら天魔の怒りて立てる如く  四方から火を放ちます  四方へ燃え拡がって  四方から参詣人が集まって来て  四方に散ったんで  四方が足音と人声でざわついて来た  四方の山を見廻した  四方の禿山を罩め尽した  四方を高い山々で取囲まれていて  四方へばつと逃まどふ  四方を隈なくうかがい始めました  四方の門を閉め切つて  四方へ出かけ  四方の空を占めて  四方の峰々冬寂びにけり  四方がよく見渡せた  四方の門にまた黄色の土牛を立て  四方を望みしが  四方は二尺くらいずつの間を置いた  四方の真白に塗った  四方の豪族に対抗して  四方に張ろうとして来た  四方の壁を三十分ぐらいにらんで居る  四方にひろがったと思うと  四方に訪問記者を走らせて  四方から采女を押しつつ  四方はすべて厚い壁で囲まれていた  四方の壁にひびいて  四方の壁にちると  四方暗らさでふさがれた  四方より攻寄する  四方より攻め寄する  四方の壁に造りつけたる  四方に張りめぐらした  四方から作りあげてゆく  四方に並んでおりましたので  四方を展望した  四方にちり  四方にひろがり  四方をつった  四方を見おろした  四方からの非難攻撃に遭わねばならぬ  四方を取かこんで  四方を撫でまわしてみましたが  四方に飛んで  四方から水をかいだしたが  四方の壁を真黒に塗って  四方の障子はスツカリ取り払はれ  四方を田に囲まれた  四方に眼をくばり  四方に並べられてあり  四方はもう真夜中のやうにひつそりしてゐた  四方の静けさを増してゐた  四方の山々いよいよ近づくを見るのみ  四方の人々の参り来て  四方に拡がり  四方の学徒その学風を望んで  四方から雲集した  四方に蔓こり  四方を眺望して  四方に垂れている  四方に展かれた  四方に突き出で  四方の山を眺めながら  四方を見まわし  四方の景色を眺めたら  四方からかいて  四方はとりかこまれ  四方の氷の扉ひらかれいつ  四方の壁に沸き立っている  四方の赤良が狂歌によんだ  四方から来ない  四方へ開いた  四方から押し寄せて行く  四方へ散り  四方の壁も寝台の足もその他の装飾も全部紫色を以て塗られてあった  四方に斉整した  四方とまた一面に大書してあった  四方から包み  四方に板を当てる  四方を取りまわして  四方には車道が通じていて  四方から集まって  四方の壁にも衛兵の像が描いてあって  四方に伝わって  四方へ散乱した  四方を遍歴したが  四方へ離散して  四方へ流浪して行く  四方に積んだ  四方を多神教の異教徒等にとりまかれた  四方に座を占めた  四方から土をかけて塗り固めて  四方を照らした  四方を巡回して  四方からテープや切紙を投げかける  四方へ散乱してしまって  四方に雲が湧き  四方を守る  四方の山や谷を残る  四方が真暗になった  四方の国々の王宮へ即座に出発させました  四方の窓をすっかりと締め切って  四方に追い散らして  四方の窓を明け放して  四方をグルリと見まわしましたが  四方には何も見えず  四方は皆緑色になってしまって  四方の壁にシンカンと並んでいた  四方の切れた  四方は壮大な円形劇場のように開展する  四方の同情者から懇切な見舞を受けた  四方へ逃げ散りました  四方を囲まれながら  四方から彼をとり囲んだ  四方へ散って  四方に氣をくばり  四方からこの墓の威厳を害している  四方を銀色に光る  四方に滿ち  四方へ延び拡がって居る  四方を見まわしながら  四方から殺到してきていなかったら  四方へたれたり  四方からばらばら集まってくる  四方にこもれ  四方から押えつけている  四方程の頭痛膏が張つてありました  四方にこだまし  四方を見渡して  四方を紙で張った  四方の壁は丸太で組み上げて  四方の暗黒を十重二十重に囲んで  四方をとりまかれて古っ  四方に及ぶを避ける  四方にあるだけ  四方に山とつまれた  四方が真黒に焦げた  四方から反響となつて跳ね返つて来る  四方へ跳ねあげてゐる  四方の壁の上部には樫板の棚がずつと吊りわたしてある  四方から起つた  四方にはなたれる  四方からのびてきた  四方の壁には硝子戸棚が立ち並んで  四方の壁という壁には金文字の書籍雑誌が幾段にもぎっしりとつまっていた  四方の山は錦を着飾ってだ  四方が山ですから何処を見ても  四方之人ほしがり  四方の浪人らがたずねてきて  四方とも広々とした  四方より輝やき集まる  四方に並べし  四方に広がりました  四方には桟敷が出来ていて  四方に一か所ずつあって  四方の山の白くなれるを見て  四方へ投げられている  四方に分れていて  四方から聞えて来る  四方から監視されている  四方から私に話しかけ  四方の山から反響し  四方に植えられている  四方へちつて  四方をグルリとばかりに取り巻いた  四方の襖を開け放し  四方を囲んでいる  四方に一の大なる廣場ありて  四方より引く  四方に關東八州を見渡す  四方へ作り  四方に火炎ほとばしりて  四方を締め切って坐り込んでいなければならなかった  四方を憚って小声で呼んだ  四方の景色を見て過ぎた  四方に射  四方より闇を逐ひ  四方に流れ  四方の海皆同胞と思ふ  四方に積みながら  四方に現われております  四方は森閑として居る  四方の山々の中に最も秀でたるを  四方に浮き出して  四方から私の方を覗き込んでき  四方に一つ宛懸ける  四方を顧望してゐた  四方から追ってきたが  四方が静になった  四方の聖徒達をして  四方より注ぎ入る  四方よりかの寺院に詣できといふ  四方で迷惑したに  四方へ流れ下る  四方に巡幸した  四方に馳せ  四方を見廻  四方から川へ落ち込んで  四方の壁には大きな水草の中からふき出てゐる  四方に流離顛沛させて  四方に追散して  四方へ耕作の手が延ばされました  四方に投げつけ  四方に手廻しして  四方から山ほど集り  四方に手をまわして  四方をながめながら  四方に散乱し  四方に基地も持つてゐる  四方に敗れ  四方は灌木や茨の壁で隙間もなく囲まれている  四方へ散る  四方を照らし  四方へ彷徨い  四方つ海皇孫領らす  四方つ国皇孫領らす  四方つ國皇孫領らす  四方の張紙は狐色に古びてはゐたが  四方に見おろす  四方及び中央に五色を配した  四方から取り囲んだ  四方から取囲んでいる  四方に走ったが  四方の壁をいろどりしが  四方をジロジロ見廻  四方をキョロキョロ見廻わした  四方へバラバラに散ったと見え  四方へ飛んで行く  四方に飛散し  四方に聞ゆる  四方を眺めながら  四方に浮いてる  四方の景色も好か  四方が急に眞ツ暗になると  四方からドッと踏み込んで来た  四方に発射し  四方の視野が神戸をそっくり展望させているからだ  四方から馳せ参じ  四方に四窟を構えた  四方の開豁なる眺望が得られる  四方の山々を見渡しても  四方へ一度に逃げて行った  四方へ散乱する  四方へ逃げのいた  四方から覗き込む  四方の眺望を遮られた  四方に広がって  四方に懸けた  四方の風に飛ばしてしまった  四方の風に飛ばして  

~ 四方[名詞]1
眼を四方に  習いなので四方の  僕は四方を  声が四方から  つぶてが四方から  巍々としてそびえて四方を  昔しは四方の  ワッワッと四方へ  私には四方の  ように四方に  彼方に四方に  盗賊が四方から  郊外は四方に  がらんとした四方の  すじが四方の  緩やかに四方へ  震動で四方から  子どもの四方へ  それらは四方へ  女が四方から  満々として四方に  高原に立ちて四方の  茅野雄は四方を  端から四方へ  眸を四方へ  ところへ四方から  上へ来て四方を  闇ながら四方が  二階が四方から  それより四方に  のは四方へ  辺へ来て四方を  立上って四方に  部屋の四方の  下の四方の  彼は始めて四方を  そこへ乗って四方を  顔を出して四方を  其処から四方へ  地球を四方から  かな緑色で四方に  菌糸は四方に  ものは四方に  雲は四方に  沈黙が四方を  枝を四方に  大軍を四方に  籠めて四方から  中空を蔽うて四方から  まん中へかたまって四方へ  檣にもたれて四方を  燈火は消えて四方は  甲板上に立って四方を  眼に四方を  彼らは四方に  幾組かに組を分け四方へ  ちりぢりに四方へ  中央所に四方を  私は四方へ  めが四方から  人猿は四方から  山々に四方を  森の四方から  名誉を四方に  ちりぢりに四方に  家の四方に  物音が四方から  細流に四方の  声は四方に  濃霧は四方を  山々も四方に  呑気に四方の  それが四方から  銭四文を四方へ  波紋が四方に  下におりて四方に  部屋の四方に  士を四方に  何里という四方の  艇の四方は  エフ瓦斯をとおして四方の  寨の四方には  私に四方を  城壁の四方は  竹籔をとほして四方へ  臭気が四方に  血を四方に  腐肉を捜し求めに四方へ  Windowsから四方を  音こそ四方には  山野に遊んで四方の  写真額が四方の  破片が四方に  うちに四方の  サナトリウムを四方から  外は四方は  いずれも四方に  グルリと四方を  畳が四方から  そこから四方へ  雷門前の四方から  鯨幕で四方から  関所で四方から  廊下に四方から  世界の四方を  無視して四方に  屋根だけふいてある四方  平次は四方を  離屋の四方を  かってに四方へ  縁が四方を  木立が四方を  余光を四方に  眼を四方へ  武士たちは四方へ  人を四方に  パンパン街でも四方を  ところにまで四方から  山の四方が  望遠鏡を据えつけて四方の  やうに四方から  索めて四方に  皆は四方の  小便を四方に  体の四方に  もとより四方に  霧となって四方に  暁に四方の  晩位に四方へ  上野の四方を  寝床の四方に  海の四方を  急に四方が  光が四方へ  室から四方を  感じが四方から  建物で四方から  道が四方へ  ギロギロと四方の  一同は四方から  ようにして四方から  字相応に四方へ  森の四方に  戦をして四方を  一戦は四方を  大木が四方に  ように四方から  音が四方を  私達の四方が  自由に四方が  それを四方から  まつて四方へ  三方か四方  壁が四方から  ように吐き出されてきて四方へ  響きが四方から  外に四方に  河野さんなどと四方に  小山が四方に  真中へ盛り上げて四方に  猿が四方から  石壁に四方  監房の四方の  庭の四方には  そこには四方の  頭を出して四方を  彼は四方  国の四方の  穏坊は四方から  林の四方で  立ち上がり木精が四方から  石畳であり四方の  朦朧と四方は  安達太良山などに四方を  太陽が四方に  急報が四方に  建物の四方を  切り拓かれた四方へ  身を伏せて四方の  一寸見には四方とも  そうだった四方の  酒が四方へ  群衆が四方を  さうだつた四方の  伊東から四方へ  街を離れて四方へ  葉子を目がけて四方の  穴から四方に  白いきれを四方に  人が四方から  体を四方から  露骨に四方から  苦みながら四方を  山が四方を  空の四方に  一挙に四方に  湯槽の四方を  後は四方の  中心から四方へ  声が四方に  気に四方を  演技場の四方から  広場の四方の  地に立って四方を  丘から四方を  国内の四方から  ちょと四方を  箱をのせて四方に  自分の四方を  野の四方へ  家は四方の  たるは四方より  日差しで四方には  ように四方へ  使命を奉じて四方に  きりで四方は  枝が四方へ  ひだイエスは四方の  部屋の四方を  焔煙の四方に  評判が四方に  部下を四方へ  花が四方の  返事をするまえに四方を  畑の四方から  雲が切れて四方が  苦力達によって四方に  曠野を四方に  其所へ乗って四方を  横丁だが四方も  懐紙で四方を  濛気が四方に  方へ四方に  応援船が四方から  米友は四方を  こだまは四方に  ギョロつかせて四方を  友吉は四方を  火が四方へ  それから四方へ  それらを四方に  ランプがついて四方には  人の見えない四方の  寂然と四方  アズマヤにたたずんで四方を  室内の四方へ  それなりに四方を  火光になって四方へ  居室そのものが四方  国の四方を  提灯を突き出して四方を  傷口は四方に  下方へ流れずに四方へ  物置の四方が  芝生で四方を  中で四方の  縄をはずれて四方に  縄をつけて四方へ  そこを四方から  部屋へ帰っても四方が  何か四方を  捕手が四方へ  捕方が四方に  人だかりが四方へ  瞋らして四方を  一途を辿り四方に  戸外に出でて四方を  十二支を四方に  室の四方に  隣家は四方から  世界の四方の  部屋は四方  檄は四方へ  顔と四方の  手を離して四方を  天険によって四方を  心で四方を  匂も四方を  げに四方を  百姓は四方から  葉末におりて四方は  足もとから四方にかけて  街の四方に  んに四方から  形も四方  酔眼朦朧として四方を  柱列を四方に  唐松村は四方を  気急わしく四方を  ように振って四方を  恥らいを四方の  青火をくだし四方の  余暇には四方を  いま山山は四方に  のろしは四方に  盗賊が四方に  なつて四方へ  響きは四方へ  緑が四方を  風に吹かれて四方の  枝葉が四方へ  なかから四方を  幾本も四方へ  都会へは四方から  房の四方の  宮殿には四方に  建物の四方には  堂の四方を  天頂から四方の  キリスト救世主寺院の四方の  上面と四方の  僕は四方の  ソファが四方から  座敷の四方には  立佇まって四方を  囲炉裏の四方の  藪蚊が四方から  見物人に四方を  家具は打ちこわされ四方に  角店の四方から  江戸の四方を  あっけに取られている四方の  世間ですれば四方を  国は四方が  杖はになへども四方に  枝川町一丁目は四方を  真中に立って四方を  電灯は四方に  庭の四方へ  火を四方から  林檎を四方から  真中へ置いて四方から  小身より起りて四方を  日は四方を  同様に四方に  分子が四方に  矢庭に四方から  戞然と四方へ  牆を四方に  知識を四方に  点から四方に  給仕を呼んで四方に  巣が四方に  原の四方を  石の四方の  頭を四方に  溜息が四方の  多四郎は四方を  眼をあけて四方を  邸の四方に  狂風が四方から  敵は四方から  左へも四方へ  ことも忘れて四方を  揺かして四方より  ものが四方へ  僧があけ放してくれた四方の  彼の四方を  声をたてながら四方へ  小鳥は四方から  みんなちりぢり四方に  音で四方から  樣に四方から  雨雲の四方に  柱が四方に  御覧になると四方の  蚊帳に四方を  急に四方の  動物どもに四方から  盃を噛みながら四方を  座敷の四方を  塔の四方には  窓から四方を  地平の四方から  室の四方が  クルリと四方へ  山が四方から  河原に立って四方を  其時俄に四方から  葉を四方に  眺望は四方に  室の四方を  急に起って四方より  雑魚のごとく四方に  連中が四方へ  ような四方の  停車場の四方に  フランスの四方から  地平線の四方から  下は四方を  息をさえぎられ四方から  風が四方から  広野の四方に  姿勢を以て四方の  ここなら四方に  女は四方を  湖水の四方の  月は傾いて四方の  ものとなって四方へ  クリストフは四方を  ように四方が  家ねずみ野ねずみも四方から  紙壁を四方に  野良が四方に  小鳥が四方に  土塀を四方に  盛に四方を  葉が四方に  声を聞かんと四方の  君を置きて四方の  一つ家の四方の  橄欖樹に覆われた四方の  スタンドで四方を  二キロに及ぶ四方を  様子を見て四方を  帳台の四方の  彼は四方へ  かをりを四方に  四方が四方  暴徒となって四方の  群衆は四方の  空気が四方から  多くは四方に  刑場の四方には  硝子窓が四方に  庵の四方に  左程四方には  それと共に四方の  新聞記者は四方より  空を劈いて四方へ  園の四方に  光輝を四方に  眼を躍らせて四方を  手足を四方から  耕作地を区切る四方の  隊が四方へ  廊下が四方を  減つた摺鉢形の四方の  きょろきょろと四方を  不服で四方に  いふ家か解らないが四方の  道路も四方へ  東亜海の四方へ  腕を四方に  其刹那高楼の四方から  雲霧に四方を  光線を四方に  以て四方を  輿の四方を  ホールの四方に  月日には四方に  邸の四方から  火事は四方へ  天際の四方に  磯辺に立って四方を  召使たちを四方へ  前に立って四方を  雲が四方から  野鳥も四方へ  今日までに四方より  穴をのぞき込んだり四方の  軌道が四方へ  兵を割いて四方から  従来武者修業とは四方の  一時に四方の  上に立って四方を  中庭の四方の  車はおらんかなと四方を  尾根から見下す四方の  眼を開いて四方の  頂上からは四方の  窪地の四方をば  獨り聳えて四方の  音響が四方の  壇の四方に  都の四方を  村の四方の  時四道將軍を四方に  空地の四方を  さが四方から  障害となる四方の  子供達は四方の  声名の四方に  客が四方から  根つこを四方に  意志を以て四方へ  塚ほどに積みあげて四方から  火は四方へ  ベンチの四方が  坑の四方へ  木に登って四方を  土地は四方を  同盟の四方へ  艦の四方を  室の四方は  始めとし四方の  勢を四方に  朝起きたら四方の  旭光新聞などは四方に  声も四方の  はりは四方とも  ここは四方の  紙を四方に  茶の間の四方に  洞穴の四方の  かさのごとく四方に  かごの四方を  机の四方を  牢屋の四方を  散弾は四方に  アカマ池の四方から  広間の四方の  三人控えて四方に  座敷の四方に  狗というを四方の  茎枝を分って四方に  緑葉が四方に  距があって四方に  物干しに上って四方の  家を四方から  寺領の四方は  山なれ四方の  声が四方の  天井も四方の  トントンと四方に  幌飾りが四方を  噂が四方に  人びとも四方へ  驢馬に乗って四方を  人民は四方へ  アジマン族が四方の  それは四方を  炬燵の四方に  ひかりは四方を  手燭の光りで四方を  供を四方に  病中は知ると知らざるとを通じて四方の  子供たちは四方へ  犬とに四方を  大急ぎで四方へ  ガラスの四方を  汐は四方に  処から四方へ  しずくが四方へ  子供が四方から  くもや四方に  机の四方が  夜が四方から  雷鳴が四方に  上に四方を  こで四方を  山蟻が驚いて四方に  手を掛けて四方に  累の四方に  壁が四方に  机の四方に  轟ろきわたつて四方から  飛沫を四方へ  眼で四方を  目は四方に  たけなはとなりまして四方の  彼は四方を  顔をして四方を  盆地の四方に  ひかりが四方へ  路地の四方から  目で四方から  呼吸をして四方から  音が四方の  岩の四方に  頭は四方へ  屋敷の四方から  屋敷の四方を  後にも四方より  身は四方  ものを四方より  塚を四方へ  私は四方を  気もちで四方の  晝を四方に  林の四方に  本を四方に  努力が四方に  蓮台野の四方は  厠殿の四方に  そこから四方を  彼女等は四方から  水の四方より  人々これを見んとて四方より  屋根の四方へ  頻繁に四方に  みずから奮って四方に  濁水が四方から  勢で四方に  人民を四方に  與へて四方に  聚落から四方へ  物を四方に  産衣が四方から  囁きは四方に  糸子は四方を  後年勝頼が四方に  仄かに四方へ  時には四方は  石竹色に四方を  部屋の四方は  田居を四方に  天の四方  そこへ四方の  二人を四方から  療養所を四方から  斥候は四方に  いふ紙を求めて四方の  眼では四方を  伝令が四方へ  火花は四方に  自分は四方を  それに四方の  人々は四方から  旗も四方に  牢人者が四方から  ここに四方に  今は四方の  顔が四方から  瓦屋根に四方の  波が四方に  やうに見えて四方に  塵を四方の  水音や四方の  

~ 四方[名詞]2
忽ち四方  まるで四方  頻りに四方  次第に四方  かっと四方  一寸四方  もう四方  ない四方  とうに四方  たちまち四方  わるく四方  こう四方  再び四方  なく四方  しばらく四方  すでに四方  暗に四方  日に日に四方  浅い四方  素早く四方  まず四方  重々しく四方  おびただしい四方  すぐ四方  とうとう四方  ずっと四方  やはり四方  ぱっと四方  すっかり四方  恐らく四方  なき四方  幸い四方  大抵四方  たえず四方  何しろ四方  にわかに四方  突然四方  まだ四方  その四方  悠然と四方  いよいよ四方  美しく四方  ちょうど四方  更に四方  暫く四方  きょろりと四方  最早四方  大きく四方  遠慮なく四方  だんだん四方  あの四方  低く四方  無い四方  間もなく四方  忽ちに四方  暗い四方  続々四方  さびしき四方  特に四方  ふっと四方  絶えず四方  高く四方  しだいに四方  ぐるっと四方  一層四方  深く四方  悲しく四方  折しも四方  やがて四方  きょろきょろ四方  一応四方  はや四方  早速四方  またもや四方  

複合名詞
丈夫四方志  四方咲  一メートル四方  一尺四方  十五間四方  白雲四方  僅か一メートル四方  天地四方  香四方  四方海  夜四方  上下四方  四方板塀  四方板  三尺四方  二メートル四方  一寸四方  四方グルリ  二十間四方  四方森林  五メートル四方  六七里四方  二寸三寸四方  五分四方  二間半四方  四方ヲミマワシテ  わき腹一寸四方  脇腹一寸四方  二寸四方  二間四方  四方一面深紅  四方梅彦  天の邪鬼四方  四半里四方  四方手  三寸四方  四方一束  十里四方  四町四方  四方板壁  三町四方  三町四方  二万四千七百九十四方里  四方濛々  三間四方  四方真暗  四尺四方ぐらゐな四角  一里四方  五寸四方  四方翠紗  四方九十里  三四町四方一面  四方八面  二尺四方  悪疫四方  一キロメートル四方  ゅうっと四方  四方ニ使シテ君命  三方四方  四間四方  茂森町三町四方  三分四方  四方みな  国威四方  則令四方俾祭地震神  一間四方  音羽十町四方  四方一樣  四尺四方  一里四方平原  暫らく四方  四方開けっぱなし  二町四方  何キロ四方  一丈四方  十里四方  一町四方  半間四方  十数町四方  十町四方  四五十間四方  十間四方  一端何町四方  何町四方  九尺四方  二三寸四方  四方一帶  四方太  四方太君  四方太先生  一尺四方以上  四間四方  四方策応  上下四方前後左右  四方木屋  三方四方  四方壁  四方見通し  毒流四方ニ氾濫シ毒  四方の  四町四方  四方吹きさらし  三百フィート四方  八ピエ四方  四方切石  九インチ四方  四方闇黒  東西南北四方  何里四方小丘  六里四方  ぱつと四方  一丁四方  三丁四方  みんな四方  何町四方つて囲つて  一尺四方許  廣さ十里四方  羽檄四方  一里四方以内  一哩四方  幾百間四方  五里四方  十尺四方  四方行き詰まり  黒雲四方  八万七千八百八十四方マイル  地積二十六万一千五百三十四方マイル  霊香四方  四方造り  四里四方  四方太氏  四方張  力限り四方  上つて四方  天子四方  海道四方  四方火  やけ四方火  二里四方  二十八町四方  碑石三四方  三里四方  四里四方一軒  五六間四方  十四五間四方  十メートル四方  思つて四方  つて四方  四方なだらか  一寸四方一円位  四方硝子  四方十字  十里四方万世無税  四方菰張り  周囲一尺四方  五分四方くら  四方縁  五町四方  三方四方慶  四方転び  四方便利  四米四方  二米四方  前後左右四方上下  八丁四方  日四方  今度ハ四方輿ナリ  数十里四方  三間四方  二間四方許  ザット一丈四方  六十間四方  二三町四方  五町四方見当  五十町四方  十八フィート四方  四方一帯  一隊分二離シ四方ニ一  繞つて四方  四面四方  四方どこ  何里四方  八方四方尊敬  江戸四里四方  四方行止まり  近所二丁四方  四丁四方  数里四方  ここ十里四方  四方窓  四坪四方  四方倶下  二里四方  凡八町四方  五十里四方  三方四方埓  一箇所一間四方  四方皆  四方唯  四方千里  六町四方  一丈六尺四方  百メートル四方  四方何両  小枝四方  四方太闇汁  百里四方  常連十四方  五カ町内二丁四方  十里四方三里四方  五寸四方くら  四方ころびになつた四脚  只管四方  四方硝子張  その他四方  二・五米四方  四方許  通り四方  四方見晴  一丁四方  附近二十碼四方  あたり四方  四方四面  京橋四方蔵  四方四隅  四インチ四方  数町四方  其三尺四方  四方様方  四方硝子張り  三方四方波風  四方経営  遠近四方  とき四方  四里四方刀斧  三百里四方どこ  和泉町四方  群雄四方  四方ヤイタ  位四方  まま四方  聲四方ニ喧傳セルハ實ニ此時ニアリトス蓋シ偶然  時四方  十數里四方  四方野  二尺四方ぐらゐの  あたり五メートル四方  顕四方揚  六尺四方  三センチ四方  先一間四方  五尺四方  法令四方  四方寒山  二尺四方くら  三百メートル四方  皇威四方  半哩四方  一室二尺四方  四十間四方  上下四方ていねい  四寸四方  二三尺四方  四方いくら  二十尺四方  窟上下四方すべて滑らか  上四方  四方木田鶴子  四方木田鶴子さん  凡そ二十間四方  四方玻璃窓  敵大勢四方  二吋四方  城下十里四方お構い  ピユーピユー四方  凡そ二尺四方  最前四方  五間四方  幾里四方  二町四方  あたり四里四方  五尺五寸四方  百ヤード四方  はまつた三尺四方  即刻四方  溪四方  二一われ四方  これ四方  二七罪人等四方  石橋四方  報四方  四方五六里内外  三尺四方以内  太祖成吉思汗以來四方  一四一四方  喊聲四方  聲四方  宮人達四方  数百リイグ四方  國威四方  三方四方みな  万づ四方  萬づ四方  ざわざわ四方  四方五十里  四方雨戸  四方四十八間  三十間四方  四方数マイル  



前後の言葉をピックアップ
予科  余暇  予覚  ヨカスタ  ヨカステ  四方八方  四方太  良かっ  佳かっ  よかっ


動詞をランダムでピックアップ
呼ば買い込ん愛そちりばめこみくすべる混ざり撚っ伺っ折り重なっつよまっ持ち替える張り飛ばし見回す刈入れるたのむまじり隔てんくらさぬん
形容詞をランダムでピックアップ
ばばっちい愛くるしかっ罪深し険しく惜しからねたいがたき蒸し暑く口惜しゅう白くっ旨けれ心もとな懶う手堅う脂っこくったらし暗い似合しい用心深き塩辛く