「嘶き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嘶き[動詞]
馬が嘶き  馬の嘶き  駒の嘶き  騾馬の嘶き  そうな嘶き  馬は嘶き  ドリアンの嘶き  馬は高く嘶き  である馬は、勇んで嘶き  親馬もまた立ち止って長く嘶き互に嘶き  胡馬洛陽に嘶き  馬は、嘶き  奴の醜い嘶き  奴の嘶き  ワラヒ声に似た嘶き  一度に狂い立って嘶き  夜にはかの嘶き  一度も嘶き  手配りして待ち構えていると、やがてかの嘶き  異様な嘶き  ほえるように嘶き  タイキは花々しい嘶き  無数に繋がれ、嘶き  意志は、嘶き  気に嘶き  あられもない嘶き  何とも言われぬ嘶き  喉もとにも嘶き  一声高く嘶き  まま、見てもいられない程嘶き  儘、見てもゐられない程嘶き  声で醜い嘶き  得意な嘶き  態な嘶き  軍馬は嘶き  青雲に嘶き  



前後の言葉をピックアップ
稲富  稲取  嘶い  いなない  嘶か  いななき  嘶く  いななく  嘶け  稲野


動詞をランダムでピックアップ
怯まあばこ押黙りまちちまい刺通し向こ切上げる扇いはたせる乗り組める睨み合せる赤らみ戦い削れ侮れ育てゑみ戴け睡ろ
形容詞をランダムでピックアップ
うすら寒い悪しかれ可愛らしい物淋しく力強くうたがわしくたわいなく細から繁し歯痒く眠たいつよ堆うおそろしいひとくさけがらわし軽々しさかしくままならない幅広し