「嘶い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嘶い[動詞]
蒙古馬が嘶い  首を高くあげながら、嘶い  んと嘶い  ように嘶い  群が嘶い  ように高く嘶い  たびか高く嘶い  騾馬はまたもや続けて嘶い  気もちのいいくらい高く嘶い  馬が嘶い  彼等は吠えたり嘶い  馬重きに堪へず、嘶い  ように激しく高く嘶い  鼻をつけて嘶い  鼻翼をふくらませて、ふうん、と嘶い  顔を見返して嘶い  道草を食ったり、また嘶い  下に嘶い  馬が狂って嘶い  一度に嘶い  ひと声高く嘶い  一度に狂い嘶い  一声高く嘶い  樹に結えられて嘶い  幾度か嘶い  さっき馬が嘶い  刻馬の嘶い  頭が嘶い  羊が嘶い  匹馬風に嘶い  気配いを受けて、高く嘶い  ヒーンと嘶い  



前後の言葉をピックアップ
稲妻  稲妻形  稲積  稲富  稲取  いなない  嘶か  嘶き  いななき  嘶く


動詞をランダムでピックアップ
引きかえす伝えれ静めるつめよるからかっ択ぼなげいれるねぎらいふくまれふきならすみれ飛び込むおとなわ見え透き細るけぶりさらい野次っ食い違ったえよ
形容詞をランダムでピックアップ
野太い貧しけれ懐かしくっ粘強妬ましい聞苦しゅうか弱き淋しき苦にがしあぶらっこいあさましい善かれ堆い勘定高くっ甘かろいさましいはやけりゃ呪わしきあどけなかっ痛々しけれ