「嗅ぎつけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嗅ぎつけ[動詞]
のを嗅ぎつけ  ところで嗅ぎつけ  金を嗅ぎつけ  それをまあどうして嗅ぎつけ  明子をどうして嗅ぎつけ  者は嗅ぎつけ  命令を嗅ぎつけ  初対面なのに鋭く嗅ぎつけ  計算を直ぐ嗅ぎつけ  荷抜屋仲間を嗅ぎつけ  侍が嗅ぎつけ  蜂須賀に嗅ぎつけ  密事を嗅ぎつけ  キミ子は嗅ぎつけ  犬が嗅ぎつけ  ことを嗅ぎつけ  爺のそのそ嗅ぎつけ  事を嗅ぎつけ  仁右衛門夫婦の嗅ぎつけ  臭ひを嗅ぎつけ  餌ものを嗅ぎつけ  警官が嗅ぎつけ  最初に嗅ぎつけ  さを嗅ぎつけ  本質を嗅ぎつけ  ボードレエルを嗅ぎつけ  ドストイェフスキイを嗅ぎつけ  詩を嗅ぎつけ  文学を嗅ぎつけ  獲物を嗅ぎつけ  わけでないが、嗅ぎつけ  狼にでも嗅ぎつけ  秘密場所を嗅ぎつけ  清水が嗅ぎつけ  犯罪を嗅ぎつけ  関係までは嗅ぎつけ  鼻に嗅ぎつけ  ニュウスを嗅ぎつけ  どこで嗅ぎつけ  ことでも嗅ぎつけ  何を嗅ぎつけ  兵糧輸送を嗅ぎつけ  勘で嗅ぎつけ  それと嗅ぎつけ  女が嗅ぎつけ  一件を嗅ぎつけ  何か嗅ぎつけ  千鶴に嗅ぎつけ  ことを、嗅ぎつけ  出来事を嗅ぎつけ  それを嗅ぎつけ  においを嗅ぎつけ  ことを、遠く離れて、嗅ぎつけ  二三日中に嗅ぎつけ  死を嗅ぎつけ  においをふと嗅ぎつけ  座入りがかなっても、やがてすぐ嗅ぎつけ  先を嗅ぎつけ  猜疑し、また嗅ぎつけ  あたりを嗅ぎ嗅ぎつけ  匂いを嗅ぎつけ  臭いを嗅ぎつけ  何処からか嗅ぎつけ  りき、嗅ぎつけ  白石市郎右衛門が嗅ぎつけ  役人に嗅ぎつけ  ッ、とうとう嗅ぎつけ  わたしならきっと嗅ぎつけ  悪童連が嗅ぎつけ  のだが、いつの間にか嗅ぎつけ  秘密を嗅ぎつけ  スパイが、嗅ぎつけ  弁信法師に嗅ぎつけ  猟犬に嗅ぎつけ  岩倉村だ、やがて嗅ぎつけ  私立探偵がそうと嗅ぎつけ  女を嗅ぎつけ  戦闘を嗅ぎつけ  必要を嗅ぎつけ  敏感でとりわけ早く嗅ぎつけ  女房が嗅ぎつけ  敵わない、すぐ嗅ぎつけ  赤新聞もあったろうに、嗅ぎつけられもせず、よし嗅ぎつけ  畜生とまで嗅ぎつけ  青木に嗅ぎつけ  どこから、どうして嗅ぎつけ  香を嗅ぎつけ  計画を嗅ぎつけ  うちに嗅ぎつけ  影を嗅ぎつけ  足跡を嗅ぎつけ  事件を嗅ぎつけ  一人も嗅ぎつけ  臭いものを嗅ぎつけ  大将だと嗅ぎつけ  さを、嗅ぎつけ  お玉が嗅ぎつけ  敏感に嗅ぎつけ  変嘘を嗅ぎつけ  血を嗅ぎつけ  自分を嗅ぎつけ  犯罪性を嗅ぎつけ  方向を嗅ぎつけ  危く敵国スパイに嗅ぎつけ  誰にも嗅ぎつけ  からね、きっと嗅ぎつけ  匂が嗅ぎつけ  女中でも必ず嗅ぎつけ  略世間でも嗅ぎつけ  まわりに嗅ぎつけ  宝剣を嗅ぎつけ  自殺を嗅ぎつけ  莫迦に嗅ぎつけ  うちに、嗅ぎつけ  処、嗅ぎつけ  



前後の言葉をピックアップ
かぎだせる  嗅ぎ出そ  かぎっ  限っ  かぎつけ  嗅ぎつけよ  嗅ぎ付け  かぎつけよ  かきつける  嗅ぎつける


動詞をランダムでピックアップ
現せいたにくがる屯するねむらせ滲む散らせてなれはねよ生かせよ磨かちぎら誘い合わぬいこん成そ呼び覚まさくりぬい置けん託する
形容詞をランダムでピックアップ
極まりない姦しく細長く怪く生っちろいよかっ眩し口惜しけれ瑞々しく気遣わしく聞きづら痛いなまぐさき多かれ目ばやくながく荒っぽい見易う素早すばらしかっ