「嗄れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嗄れ[動詞]
身ゆゑ声が嗄れ  中から、嗄れ  声が嗄れ  声はしだいにうわ嗄れ  奇妙に嗄れ  余韻のない嗄れ  歌声は嗄れ  怪に嗄れ  老人は、全くききなれない嗄れ  声は怪しくうら嗄れ  どこかで嗄れ  まま、嗄れ  儘、嗄れ  自分の嗄れ  肱を突いて嗄れ  喉の嗄れ  ヒイヒイといふ嗄れ  語尾が嗄れ  声まで嗄れ  声は、少し嗄れ  声がすこし嗄れ  調子の嗄れ  彼は嗄れ  口に、嗄れ  ような嗄れ  ふみ江は嗄れ  方を見ながら、すこし嗄れ  病人のすこし嗄れ  前よりも嗄れ  声もすこし嗄れ  彼女はすこし嗄れ  声は嗄れ  ことは出来、嗄れ  客には、思ひもつかぬ嗄れ  梢の嗄れ  声も嗄れ  顛倒させながら、嗄れ  松女が、嗄れ  声が泣き嗄れ  ことですが、そう云えばなんとなく、嗄れ  如くに嗄れ  聲が嗄れ  その男は嗄れ  客は、嗄れ  神秘的な、薄嗄れ  一所から、嗄れ  呼売人が嗄れ  見物人を呼び集める嗄れ  パンテレイモンの嗄れ  平伏致しましたが、やがて嗄れ  拍子に少し嗄れ  さうな嗄れ  芳衛さんが、嗄れ  さびしをり整ひたり、面白し面白しと、しは嗄れ  暴君は、嗄れ  喉がつぶれて嗄れ  絶叫もしくは、嗄れ  許し物を嗄れ  大池は嗄れ  電気をつけようと嗄れ  百姓の嗄れ  妙に嗄れ  声の嗄れ  三人は、やあ、と嗄れ  赤児は、もう泣き嗄れ  声はもう嗄れ  久住の、すこし嗄れ  地蟲の嗄れ  小女たちの嗄れ  坂口は嗄れ  意味も持っていない、嗄れ  笑顔を見、嗄れ  ような、嗄れ  村人たちが呟くであらう嗄れ  犬の嗄れ  時計の嗄れ  鶏が嗄れ  聲は嗄れ  歩きぶり、嗄れ  者が嗄れ  彼の嗄れ  中に嗄れ  呼吸音の交じってる嗄れ  革命歌を嗄れ  それは嗄れ  文句をそなえた嗄れ  ときのやや嗄れ  ように嗄れ  身体、嗄れ  とき、かわき嗄れ  さへ照りつける嗄れ  好きなのだから仕様がないという嗄れ  れいの嗄れ  樣がないといふ嗄れ  赤児が、嗄れ  女はすこし嗄れ  唇から、嗄れ  不思議な嗄れ  河野老人の嗄れ  主婦さんが嗄れ  乙彦は嗄れ  やうで、少ししや嗄れ  チビはしや嗄れ  錆のある、少し嗄れ  武士は、少し嗄れ  恐怖とで、嗄れ  人影が動き、嗄れ  例の、嗄れ  誰か、嗄れ  息を詰らせ、嗄れ  声は次第に狂おしく嗄れ  言葉尻は嗄れ  笑子は嗄れ  耳に嗄れ  手を通し、嗄れ  お婆さんは、低い嗄れ  校長も嗄れ  鐘が嗄れ  鬼気を帯びた嗄れ  肩を揺すつて、嗄れ  静かにだがひどく嗄れ  奇怪に嗄れ  來て、嗄れ  聲も嗄れ  足どりでつかつかとはいって来ながら、なにか嗄れ  顫はせて、嗄れ  それを見るとやや嗄れ  私に嗄れ  歌を長き嗄れ  声は少し嗄れ  聲も暑きが故に嗄れ  船長が嗄れ  朝日を吸い吸い嗄れ  尻ごみしないでかかって来い、と嗄れ  いやいや一割あげるぞ、と嗄れ  流石にてれくさく、嗄れ  専斎も嗄れ  江戸前に渋く嗄れ  惨めにも嗄れ  小坂部にも無論にそう信じられたので、かれは嗄れ  ため声が嗄れ  ため聲が嗄れ  から、嗄れ  



前後の言葉をピックアップ
しゃがみこむ  しゃがみこん  しゃがむ  しゃがめ  しゃがも  しゃがれ  嗄れよ  嗄れる  しゃがれる  砂岩


動詞をランダムでピックアップ
抜き読みとらすえれ徹り迫っゆき着き麾いおし黙りもがく縛する焦がさ賣れる済まさ休らう抉らたてこま張り詰め銘ずる突っぱれうけとれ
形容詞をランダムでピックアップ
みにくうねむた精しい思わしから長たらしき清すがしい大人し福々し賑わしこよなき遠けれ物悲しゅう見づらいこげくさい安っぽい畏れ多かろねつ小汚蒼白きかたはらいたし