「喪」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
喪に服していたが  喪にあひ  喪に塗りつぶされた  喪に服して  喪の感じにこめられて  喪の感じのしめやかさを損じる  喪はれてゐた  喪つたものもありませう  喪に服した  喪に服している  喪へば斯に人を喪ふ  喪へば斯に物を喪ふ  喪にいるがごとくなるも  喪に服せねばならなくなり  喪のために山に籠られたぎり  喪はふかく秘せられているが  喪あがりだといふ風に説いて来たが  喪なる称呼を以てすべき  喪にこもって  喪に乗じて  喪も発しない  喪を発し  喪が発せられ  喪の冬はすぎて  喪にかかわる  喪のおすみになるまで  喪を弔うという  喪を弔うと称し  喪を弔うの  喪を守るもののごとく  喪を守る  喪を発して  喪は発せられ  喪に服さん  喪を発せん  喪にも会し給わず  喪に籠った  喪もまだ明けたばかりなのに  喪があけますと  喪につけ入って  喪にあるを衝いて  喪してただふるえていた  喪している  喪に服して居るのであらう  喪に包まれた  喪の穢れに触れてはならぬのみで  喪なつてし  喪の発表は当分見合せとかたく  喪を告げぬとは  喪の旗が出ていて  喪の旗を除いた  喪のあった  喪に似た  喪が忍びこんでくる  喪はれて行く  喪を知らさず  喪くしてゐる  喪はざれど  喪にこもった  喪つていたし  喪ふ場合もある  喪に對する  喪に居つて  喪を勤めず  喪に服す  喪が濟んでからでなければ別家する  喪が濟んだならば無論別家しても  喪に逢うて  喪を聞いても  喪である斬  喪を勤め終つてから後ならば他に再婚しても  喪に服する  喪を三年間十分に勤めなければならぬなどいふ  喪に服し  喪を匿して急いで  喪に居る  喪に十分服しなかつたりすると  喪が濟めば當然差支ありません  喪に服します  喪を勤めて  喪を発せずに秘めてある  喪が令されていたからである  喪然として電車に乗り  喪に服してはおりません  喪のあけるまで  喪にこもつてゐた  喪ふが故に此の点よりいへば  喪ふが故に此の點よりいへば  喪に閉じ  喪が私たちにあたへた結婚前のこの長びく  喪に会していた  喪と洩れ聞いて  喪は遺  喪は秘されていたろうに  喪を布告した  喪を発しない  喪でも明けたらと思っておりますと  喪に籠りまして  喪の服に鳥毛を飾り  喪ひてその一週忌も過ぎける  喪を発しましたが  喪の悲しみにもかかわらず  喪の悲しみを晴らしてやる  喪の悲しみのうちに浸り込んでいた  喪に沈んでる  喪にこもっていた  喪に籠っている  喪の悲しみを紛らす  喪に包まれてる  喪もすでに発表されたが  喪のために引退された  喪のために職をお辞しになった  喪の済んで  喪との陰気な歌があった  喪の悲しみのおりに絶望から生ずる  喪の家として御簾に代えて  喪を弔ふ  喪の家になっている  喪の色に包まれている  喪の袴の鮮明な色をした  喪の姿などをあらわに御覧になろうとなさいました  喪の期が過ぎて  喪の間にまたひときわ立ちまさった  喪に薄鈍色の喪服を着けている  喪の家へそのまま忌の明けるまで籠っている  喪の色のも作らなかった  喪にこもっている  喪のために六条院においでになる  喪の家から離れず  喪の礼装を解かずにがんばり通した  喪を為さば  喪然して了った  喪におりますから困ります  喪のために離縁なさる  喪のリボンで巻きました  喪のリボンをどけました  喪にいる  喪を隠している  喪を隠しているというから  喪のためちんちくりんの黒い服に着かえなければいけない  喪くした時でもこれほど落胆すまいと思うほどに弱り込んでいた  喪くなった  喪ふとの報あり  喪を発したる  喪の礼を行った  喪を秘して  喪に服せる  喪に服していて  喪つてゆく  喪けて死人のようになってしまった  喪ふと同時にその美しき良心をも失つてゐる  喪の間は火の気を絶やす  喪へるを自識せざる  喪に籠る  喪はれて居る  喪に服せない  喪がある  喪を秘したが  

~ 喪[名詞]1
一年あまりも喪に  陰に喪  家君の喪に  気を喪  半年の喪に  空気は喪の  不幸つづきの喪の  こへか喪  父母のいづれかを喪  妻を喪  五十日の喪に  己を喪へば  人を喪  人を喪へば  物を喪  生涯父母の喪に  身を喪  左京頭の喪の  蕾の巻いた尖りは喪  孫権は喪に  人の喪に  良人の喪も  父の喪を  袁紹の喪が  母公の喪の  劉表の喪を  家にて喪を  曹操は喪を  蜀中に喪は  父君の喪に  父君の喪にも  父の喪も  自陣の喪に  血も去喪  風のごとく去喪  風土の喪に  集りでも喪に  きり氣を喪  密葬して喪の  物に喪の  母の喪に  毛は喪の  門口には喪の  門を開けて喪の  祖母の喪の  新たに喪の  ものの喪が  日毎に喪  何人にも喪を  分子を喪  勇気を喪は  うちも喪に  息子を喪  父を喪  生命を喪  父母の喪を  親の喪に  親の喪は  #母の喪は  父の喪に  孝昭帝の喪を  三年間は喪に  三年の喪が  親の喪が  父母の喪に  支那には喪が  夫の喪を  三年の喪  三年の喪を  中では喪に  親の喪を  只三年の喪に  對する喪は  三年の喪に  矢張り心では喪に  齊衰三年の喪に  爲めに喪に  一年の喪を  三年父母の喪を  さが喪  諒闇の喪が  之を喪  殆ど生命を喪は  つて其初心を喪  良心を喪  先代貞氏の喪  先主の喪に  父母の喪が  四十九日は喪に  父貞氏の喪に  尊氏が喪に  天皇のみまかられた喪の  先帝の喪と  吉野の喪は  ことの喪を  孝高夫人櫛橋氏の喪も  巣を喪  皆彼らの喪に  何かの喪に  友の喪に  祖母の喪は  井伊大老の喪も  父帝の喪の  父宮の喪の  大宮の喪に  新たな喪の  恋と喪との  大なる喪の  際に喪の  近親の喪を  所が喪の  萱草色の喪の  叔父の喪に  家であったから喪の  宮の喪の  手帳なども見喪  青春を包んだ喪の  氷嚢を当てながらも喪の  百姓考妣を喪  噫天予を喪  復讎と喪の  子爵家では喪を  父の喪の  児供を喪  綾部致軒愛児を喪  背子の喪を  時代性を喪  ものを喪は  母を喪  催し物に喪が  父の喪は  所天の喪に  いま二重の喪に  場を喪  ところを喪  田園を喪  日本式の喪で  霊性を喪  支那の喪の  意味は喪  発表誌を喪  我れを喪  宮廷に喪が  

~ 喪[名詞]2
その喪  早く喪  何で喪  さながら喪  深く喪  なにか喪  この喪  まだ喪  多く喪  そのまま喪  別段喪  つつしんで喪  未だ喪  またまた喪  古い喪  しつこく喪  寂しい喪  たいした喪  深い喪  黒い喪  改めて喪  暫く喪  

複合名詞
喪つて  喪つて仕方  喪イマシタノデ  喪胆  喪旗  喪レ己斯喪レ人  喪レ人斯喪レ物  喪葬令  喪つてしまつたの  喪葬  結局喪葬  仮り喪  喪葬行事  喪事  国中喪  喪室  一たん喪色  帰二正道一勿レ喪二九泉一  喪つて以来稍  葬喪令  喪むら  死喪則爲レ  つて喪  喪つた人間  日々喪狗  失喪  山東省喪礼  喪屋  喪山  喪山近辺  多欲喪身  噫天喪レ予  天喪レ予  民戸喪亡  喪禮  居二父母喪一  父母喪一  喪制  喪期  三年喪  喪大記參看  喪一而嫁娶者徒三年  居二父母喪一生レ子  喪期中  從つて喪期  二父母喪一生レ子者  二父母喪一  及聞二夫喪一  聞二夫喪一  心喪三年  喪三年  居二父母喪一生レ子云々  死後三ヶ年經つて喪  心喪  喪出母  発喪  玩物喪志  喪儀  喪つた婚約者  喪つた  むかし我命喪  喪布  喪つた悲しみ  喪者  喪鐘  除喪  損喪  国語婚喪等  喪ウテ  喪祭  喪さん  喪さざらん  喪せり  喪帽  喪装  経喪髪  竜喪レ  喪さざる  喪衣  喪はず  波布理曾能喪  司喪船百枝槻百師木伊呂辨ももしき  子百八十神喪屋喪山  喪亂  冠婚喪祭  喪春帖  



前後の言葉をピックアップ
メー・トリー              モアッタガ  モアナ・ホテル  モアビヌベシ


動詞をランダムでピックアップ
暇ど引き締めよ照ろ辞めいぶす見馴れる離しゃ萎える憐れむ提げよわずらう譲り受ける追払っ詠めるくやむ騰がっ下ろそ見せ付ける開け放つとまっ
形容詞をランダムでピックアップ
感慨深香しい物がたい寝ぐるしかっみにくしいけ図々しく貧しく由々しくつよかっっぽからかびくさい胸ぐるししろき泥くさ淋しかっくろかっ精しい重々しい