「咳き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 咳き[動詞]
である、咳き  彼が咳き  夜分寝ずに咳き  秘書の咳き  患者たちは咳き  日々一層激しく咳き  樣な咳き  發作を起して咳き  七は咳き  老婆が咳き  諾し、打咳き  古河君は咳き  背中を丸めて咳き  手を当てて打咳き  冷かに流れこんで来なかつたなら、漸咳き  なかったなら、漸咳き  姉はまた咳き  劇しく咳き  急に聞き馴れない、烈しい咳き  咎を見て咳き  戀を知り、咳き  ようになって咳き  主人は勿体らしく咳き  



前後の言葉をピックアップ
せがん  セガンチニ  セガンチニイ  セガンテイニ  堰き    積も    堰の上  


動詞をランダムでピックアップ
孕め言いまくる連れこみつきやぶり立直れみせかためろさぐりあて引き揚げせんじつめかっきりうっちゃらかさ慰み憂ういきみてんふりあお聞きつけよ延べれはみ出さ
形容詞をランダムでピックアップ
久しく明るけれ凛々しくもの凄くっぽかっ縁どおい眩いはれがましい小ざかし羨かっ切なかろ広くっ正し恥しくっみじか姦しきうずたか硬い遅き