「咎める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 咎める[動詞]
玉虫は見咎める  ひとくちに咎める  一人が、咎める  必しも咎める  弦四郎は咎める  忠実、こりゃ咎める  つてモリエールを咎める  自分に咎める  俺を咎める  気が咎める  それから優しく咎める  姿を怪しんで、咎める  私が咎める  誰も咎める  それを咎める  留守番を引き受けながら、咎める  悪いことを咎める  気の咎める  無作法さも咎める  世を渡るに咎める  門はないし、通り抜けられても、咎める  本能なんだから、深く咎める  お前さんが咎める  董卓が咎める  本店を咎める  於て必ずしも咎める  無礼を咎める  自ら良心に咎める  貴様でもあるまいに、なんで咎める  柄を、咎める  庸三は咎める  良心に咎める  きくというより、むしろ咎める  彼女たちを咎める  人が咎める  のを咎める  今さら人を咎める  ことだけ咎める  夫が咎める  役人が咎める  頭髪を咎める  良心が咎める  声で咎める  佃は咎める  佃は、案外そうな、咎める  別に深く咎める  此方を見たが、一寸咎める  自分自身を咎める  男たちは、咎める  男たちは咎める  物言ひを咎める  莞爾として、敢えて咎める  巡査が咎める  不敬を咎める  角がこう言って咎める  面色で咎める  こと、咎める  石子は咎める  石子の咎める  静子は黙って、咎める  むげに咎める  無用心を咎める  せん子をも咎める  気に咎める  方をするといつて咎める  よは咎める  何者かを咎める  何だか気が咎める  別に誰も咎める  素人を咎める  快速力を咎める  からべつに咎める  出来心とあれば、深く咎める  虚ろな、咎める  匆とあれば深く咎める  事を咎める  乱倫没徳を咎める  私はいくらか咎める  はずはないと咎める  誰が咎める  笑ひませぬ、咎める  から、咎める  自分を咎める  のでないならば、咎める  言葉つきで、咎める  声が、咎める  目も咎める  氣が咎める  それはさのみ咎める  誰とて咎める  残酷を咎める  心を咎める  ヤミ屋を憎み咎める  本心に咎める  根拠で咎める  から深く咎める  匆を咎める  急に咎める  他人を咎める  女は咎める  セエラを咎める  何の咎める  軽率を咎める  過ちを、咎める  かよはい者を咎める  私はすでに咎める  恋を咎める  男を咎める  文子を咎める  過ちを咎める  心が咎める  卓一を咎める  ことを咎める  秀次に云いかけたが、咎める  用ひたとて、咎める  表向きに咎める  過失を咎める  周はおどろいて咎める  不用意を咎める  笠をぶっつけ、驚いて、しかし咎める  彼は咎める  阿賀妻は咎める  にべもなく咎める  そうに、咎める  行いを咎める  自分を見咎める  妻を咎める  無礼をせられても咎める  敵が咎める  あなたは咎める  私は咎める  人を咎める  誰一人これを知って怪しみ咎める  ちょっと気が咎める  小太郎を咎める  不合理を咎める  嘘を咎める  一つ心に咎める  声は咎める  何だか左程咎める  気を咎める  耳許で叱り咎める  意志がないと云って咎める  わが身を咎める  ような咎める  フィオーナが思わず口走って、咎める  私を咎める  それとして咎める  彼女もまた幾らか咎める  主義から、咎める  甚内が咎める  何か咎める  であるから、咎める  違法だと咎める  手落ちは咎める  犯罪を咎める  言ふと咎める  此を咎める  浮浪人を咎める  誰も見咎める  不快に思いながら咎める  門内から、すぐに咎める  巡査が見咎める  気も咎める  是も咎める  何となく氣が咎める  



前後の言葉をピックアップ
咎めだて  咎め立て  とがめよ  咎めりゃ  とがめる  とがら  尖ら  とがらし  尖らし  とがらす


動詞をランダムでピックアップ
しこめ湿んおいろ造り出そ行きあたら塗れ浮き出ししゃくえかきいれ引き取り気圧される蓄えよながめ死にそこなっすくっつきあげれ摩ら差し置くつづけろ思い詰めれ
形容詞をランダムでピックアップ
たのもし幼う煩しおもおもしい面白いおぐらく温かきふさわしきいやらしい並びなきむず痒いいたたまらなくもどかしくうれしゅうすばしこいわるう男らしけれ待ち遠しさむし