「和」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
和が定るという意味に用いられていました,  和が二直角になるという,  和が發作に何が影響するのであらう,  和が成立して,  和が二直角だという判断は分析的には出て来ない,  和が大きくなる,  和が二直角に等しというには,  和が媾ぜられてから,  和が少しも上らなかつた,  和が何よりも重大であるがその実現は礼の共働をまたねばならぬ,  和がした,  和が児をひどく可愛がる,  和が死んだ,  和が媾ぜられた,  和がすべて等しくなる,  和があった,  

~ 和[名詞]1
それに和  行燈の光りとに和  果は和  ラヂオ体操に和  無関係に和が  これに和  内角の和が  響に和  正方形の和に  幾何学的の和  醋に和  陰々と和  大衆これに和  要も和  天地人の和を  鹽に和  酒を和  動揺めきに和  上杉景勝と和  将軍と和を  曹操と和  総計の和から  音と和  人の和を  兄弟の和を  曹操に降って和を  人の和の  曹操と和を  表を以て和を  浮説に和  之を和と  一緒に和  条件で和を  來るだけ和かな  空と和  言語を以て和  英国と和  落しめて言うのに和  雨に和  そうに和  のは和け  悴は和け  三との和は  僞つて石國王に和を  作に和  個々の和に  夏が和  長湫一戦後の和が  声に和  無限項の和としての  此に和  一般の和  土の和  明らかに和  石灰に和  秀吉と和を  鐘に和  敵に対して和を  心が和  相手に和  四徳二調の和なりと  響きとが和  之を和  被告一同之に和  俗に和  澁六先生之に和  加算たる和が  私に和  人と和  二数字の和で  四数字の和が  1との和の  二數字の和で  四數字の和が  歌に和  着物に和かい  高らかに和  口々に和  笑ひ出したのに和  心を和かに  代りに和  編輯長以下新聞社員一同これに和  万歳に和  経に和  一同声を和  念願に和  鼻は和かい  義助も和  八雲琴に和  尊氏と和  享楽に和  こちらから和を  一国の和が  永劫へかけての和と  内角の和は  外角の和は  問いの和に  極に至りて始めて和を  速に和  人の和に  君子は和  真の和では  サイン波の和の  上に立った和を以て  老婦に和  柳沢に和  彦兵衛に和  勘次も和  人心の和という  文様としての和を  響きと和  角の和が  間の和が  声を和  数の和を  面積の和に  春光が和かに  人夫の和を  夫に和  提議に和  蕨に和  四十五六とも見えて和  聲を出して和  大声を出して和  のか承和の  音に和  和歌の和の  彼らに和  縞物の和  滋野貞主の和  力で和かに  胡麻滓を和ぜて  松風に和  谷村は和か  賦に和  用は和を  気持を和が  月琴に和  会員楽器に和  王女の和への  熱悶苦吟に和  人との和  色と和  一座は和かな  殿の和  煙に和  広島節に和  寂寞に和  北条氏とも和  二十歳あまりの和  鼾に和  魚は和が  塚田が和  之に和  陣の和が  姿に対して和  互殺の和と  対角線上の和が  人の和が  人との和を  づ共作の和に  精神の和を  個人の和と  積の和を  平均時間数を乗じたものの和を  デンマークは和を  なかに和  瀕し和を  らに和を  糠袋に和  流れとに和  神と和  サンニタ人と和を  軍隊と和を  道別之に和  衆に和  ユスティニアヌスと和を  これと和  酒に和  一同それに和  ことむけ和  櫓声に和  關係の和でも  顔いろを和  春風の和  邊の和の  二との和は  胸も和に  御前を退て和  

~ 和[名詞]2
少し和  その和  先ず和  いっせいに和  遠慮なく和  遂に和  この和  なおも和  つい和  なく和  おのずから和  ひたすら和  一向に和  やさしい和  早く和  大きい和  あの和  なき和  そんな和  常に和  只和  

複合名詞
趙季和  雷同附和  青和栲  和順  樹明君和  春日和  二月十二日春日和  和十二年正月十日  政和宣和頃  和事専門  式例和曾我  隠岐和一  和洲郡山柳沢権太夫  臨海君順和君  和氣あいあい  和二述  和孔密州五絶  和事師  中日和  和魂  和かき香り  和蘭陀カルタ  和蘭陀加留多  文学博士和辻哲郎  戸田盛和  和かな空気  和かな風景  もの和  和舟  十寸見和十  和十  紫表紙和綴  和蘭屋敷  和安田定三作今日  和君裸  享和元年  夫唱婦和  和辻哲郎EOS  和蘭陀げんげ  和寇  和奴  和寇襲来  和寇以上  和ら  和鞍  和蘭あたり  和州  和氣靄  和流  和蘭  和蘭領  蘭和対訳  和女  和譯  和蘭人  和らかなり  女性的和暢  荒魂和魂雙  和蘭船  享和年間  和蘭陀パイプ  あたり和  享和  和欧文混植  和がり  沖和  和穆  浮川和宣社長  浮川和宣少年  和欧文混植時  和聲  一和同族  つた和蘭陀  和蘭政府確  東ハ孫権ト和ス  家臣董和  董和  和洽  和主  和主一個  佐太郎和主  和中  和暢  和辻哲郎教授  和辻教授  和辻氏  和辻哲郎  和辻博士  和辻哲郎博士  和辻哲学  和辻博士自身  和辻思想  和辻的方法  和辻的観念  和辻式  和辻博士位い  和辻哲郎氏  清朗和順  東大倫理学教授和辻哲郎博士  和辻倫理学  東大教授和辻哲郎博士  独り和辻氏  点和辻氏  和辻式倫理学  和蘭陀  二回和蘭  和蘭呉絽  和六年  万和  舟和  太和五年  魏ト連和シ  和らかい光  郷党和  和貝さん  和蘭渡り  和犬  和戰  和蕾  和蕾君来庵  和蕾君  和蕾さん  和蘭文典前後訳鍵二冊  和土  享和二年十一月  總和  四十七和  和辻君  和ぐる  物和  和辻さん  単独和  和交  和らかな電燈  和美人  和蘭風  和辻君  一時和レ雨  和帝  古典的和弦  春風和順  和綴  殿暦康和五年十一月十五日  和らかな日  和學先生  夫婦相和  享和二年  釜和原  和朝  季和  間季和  之乾者蜜和塗  和蘭語  和綴り  確か和辻氏  万事物和ら  和弦  物和ら  公武一和顕然  朝幕一和  風和  付享和三亥年  無類和  享和三年  和一郎  和一郎さん  大変琴瑟相和  黒ごま和  和煦  和らん  雲和  享和二戌年御内達  和爭  和蘭ハーレム  林和靖  鄭和  和蘭派  和骨爛  水銀和  和蕃公主  當時和蕃公主  和蘭陀船  合二和  及與和者上  諧調和  和肌  和らかき名  胸和ぐる心地す  和らかき踵  和手懸  あな和魂  和ぎむ  和唐内  琴瑟相和  和綴本  享和二年三月十一日  始め隠岐和一  和辻  和多屋  和らかい人  登和さん  登和  和殿  和かな海  和藤内  附和  安場保和  和御前  和殿御自身  さい和殿  和事  御用達和右衛門  和さ  和蘭芝居  和法  国石和  和蘭陀船模様  和曲  細川和氏  一家細川和氏  和氏  和蕾居往訪  無水君和蕾君  和蘭ライデン  家臣細川和氏  和氏たち  鐵砲和  鉄砲和  和文調  和氏ら  和氏宛て  和蘭皿  和蘭公使  和蘭式  和強学堂  和奴和奴王  七十余年前和蘭  和蘭版地図  その他和蘭  和蘭版万国地図  一仇敵和蘭  和氏さま  衆和  君臣一和  和蘭製  和蘭寺院楽  和蘭館  和蘭陀人  和蘭陀館  和蘭陀の  和蘭陀靴  結局以レ和爲レ  和蘭進献  和蘭獅子頭  享和元年彼  ヲ湯中ニ和スト云フ  和論  付和論派  公武一和  豪傑知事安場保和  和辻君等  和蘭屋敷内  和蘭藥草  和蘭医師高野長英  細川和氏ら  かな和  和仏英女学校  和買  よう和女  登和嬢  登和嬢気  和女たち  登和嬢側  登和小声  登和さん昨日  登和さん失礼  宋人和卿  陳和卿  和卿  宋人和卿唐船  登和嬢送り  登和嬢窃  重々和女  登和嬢俄  登和嬢自ら  登和嬢一  登和嬢一つ一つ択  登和嬢微笑  登和嬢熱心  和顔愛語  和顔  以レ和為レ貴  和辻哲郎君  坊城和長  冷泉為和等  和幣三本  和比野  岸和  和蘭陀毛織  和吟  和らかさ  和蘭商館  和蘭通詞  和蘭人フアン・デン・ベルグ氏  和蘭文法書  和歐活字製作略傳  蘭和辭書  和蘭等  和蘭貿易  その他和蘭甲比丹  和蘭甲比丹  和蘭文書  和蘭通詞ら  文化己巳來航和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語  旁和蘭陀佛蘭西  和蘭歴史  和蘭商館長ヅーフ  和蘭艦隊  和蘭東印度會社  和蘭艦隊打倒後  和蘭政府  和蘭國旗  和蘭傭船  和蘭商館さ  和蘭商館長  和蘭國王  開國勸告使節和蘭  和蘭文典セインタキシス  とき和蘭人  和蘭人フラウレンス・ヤンコ・コステル  和蘭人インデルモウル  和蘭地理圖譜  和蘭海鏡書  和蘭本草和解  和佛蘭對譯  和蘭印刷文字  唐和蘭人  和蘭使節  弘化元年和蘭  和蘭文典文章篇  安政四年和蘭  和蘭書  総て和女  宗和  一時和雨  和画  享和雑記  和蘭通市  和蘭一州  和九年十月  和妙  次男池内和昌  池内和昌  和昌さん  和昌君  和蘭画幾何学的遠近法  和蘭陀十七世紀  享和二年板  和蘭陀画  和蘭陀銅板画  和蘭画  当初和蘭陀山水画  和蘭Leyden  和蘭陀風  享和元年板  享和二年板役者此手嘉志波  享和三年板俳優相貌鏡  享和三年板  酢和  和元年  和出來  本来和蘭  ぴーヨリ逃レテ和蘭  和蘭ニ  和蘭人ト為サザルベカラズ  三名ハ先発隊トナリテ和蘭  逃レテ和蘭  徐和  備前和氣郡  和蘭陀眼鏡  和蘭陀語  いま和蘭陀  和魂荒魂  和酒好み  大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ  和ボクヲシタ  和蘭流  和かな調子  來元和年中引續  享和二年壬戌十二月六日  和蘭焼  和三盆  和郎等  和女等  和女等三人  和げた  和寇戦法  和二年陸奥国司  和六年九月  和達清夫  一和  教和雍寛洪  苦和尚之語  和州郡山  和會  和氏連城  牧使権和  和林  琴瑟和調  伽和羅  享和元年辛酉  和淵神社  和方  享和二年壬戌  和東坡  和哥山  和計伊加豆知  ほか和清  和名倉山  和術  山口和  中村和氏  和かな梶布  和漉  和三郎  英文和譯  得何和  独和辞書  和太  和太さん  倭女王卑彌呼與二狗奴國男王卑彌弓呼一素不レ和  和吉備  林和氏  和武  ゅうて和武  快晴和暖昨日  和蘭もの  林和君  和仲  和叔  和絃  今和主  皆これ和主  後和殿  和殿們  和感  和加布都努志命  和加  和薬使  和魂二種  和洋行燈  和女郎  和邇氏  露和  和丹両家  中野和高筆  仏和女学校  本因坊薫和  人和  和歌子  和歌子さん  和蘭客屋  和蘭模様  もやし和  花和幸一  和州芳野高野山野州日光山殊ニ  和多都美能於伎都奈波能里久流等伎登  和兒様  和リンゴ  和蘭芹  優和  和唱  和蘭ユウトラクト  すべて和蘭領ジャヴァ  太和  宣和年中  宣和年間  宣和  和製品  宋人陳和卿  和蘭訛  和蘭陀自  和蘭陀人尿  昔宗和  宗和再生  和妻  康和  完全和絃  和絃6  女性和順  大関和七郎  和主達  和達さん  尤和蘭コンシユル横浜ニ於  其頃和蘭舶中国海  是和蘭  和蘭曰ク毛  上下一和兵勢  脇田和筆  和独  和むなきじゃくりと  む和蘭  和蘭陀伝来  和文字  所謂和  章和元年  和蘭陀薄荷  詩聖等相和  喀喇和林  和魂洋才主義  和繻子  神人相和  天相和  初め相和  享和二年四月  享和四年  慶長以来享和以前  和辻氏ら  晴和  九和げら  青和幣  宮生剥伊許婆夜和氣  沙和氣  麻和迦  宿禰伊耶本和氣  天皇伊耶本和氣  伊耶本和氣  帶日子淤斯呂和氣  縣主建豐波豆羅和氣  賦登麻和訶比  牟智和氣  命品夜和氣  神和訶奴氣  和訶羅河  和那美  水門鰐和邇吉師丸邇坂丸邇  和御門  天竺朱和等雑体書五十帖  和堂  和阿戸留樓  心和  和熟  ただ物和  和彩  醇和  和融  和三助  和喜次郎  和桃次  和三次郎  本来公武一和攘夷決行  暢和  出島和蘭屋敷  和阪  和年間  和蘭陀型  和蘭陀箪笥  リテ和  宣和画院系  風和ら  和韻  和らかき輝き  和十二年  和かな  



前後の言葉をピックアップ
ゎっとなった  ゎっとなり  ゎりんの      和泉屋  輪ゴム  輪袈裟  和が  和太郎


動詞をランダムでピックアップ
晴れわたるつま先立っ流し込んこのん追詰め游い請け出さ陣どり堰け繰り下げる敬え綴らきたれにごしはまれとりあわつけ狙わにくまれ組みたてよ思い上がる
形容詞をランダムでピックアップ
いまわしい苦苦しい物淋しき怖きすご無きゃ花々しきわろき気忙しかっ暑苦しかっ寒々しく数多かっいきぐるし宜しほの暗乳臭うならびな夥しく遠慮なく