「呼」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
呼りんが鳴った  呼になって  呼返して相川へ養子にやる  呼覚すかのような音がした  呼立てられて  呼うで来い  呼ばるべき関係に当りますので  呼ばるべき御国の知識人の声を聞かせてやりたい  呼止められて  呼しているが  呼かへしては呉れざりし  呼うで来いと云った  呼かけてくれた  呼っている  呼覚される  呼上げられた  呼立てする  呼ばったべす  呼売りは天保の末から始まった  呼売りなどが出来なかった  呼売りはこの正午で中止にしようという申しあわせ  呼売りしたら  呼はつて歩行いた  呼合っている  呼止めて見舞の言葉を云つて呉れたりした  呼を以てしても  呼なすって下さい  呼はつて居りました  呼起してしまった  呼立てるのも失礼だと思いますから  呼覚ますのでせう  呼懸ける神社神道を想はしめる  呼なせいやしたか  呼き出した  呼賣をして  呼覚されて  呼になった  呼苦しい眠りから覚めた  呼をしてから  呼申さないで済む  呼申しはいたしません  呼起すに足る  呼起そうとした  呼でいる  呼ばるべき種類のものを指す  呼で大空を仰いだでしょう  呼止めておいて  呼ばるべき文学に属するだろう  呼止めるのを忘れて  呼に来て  呼止めてやめさした  呼わりつつ去ゆけり  呼ばって来い  呼棄てにする  呼起され  呼返された  呼ばるべき種類のものに限られていた  呼上げて通る  呼起して残飯を大鍋へ叩き込んで  呼起されたかを  呼留められて  呼留めながら叔母は悠々とした  呼ばるべきはおそらくこの人かと私は心ひそかにさう  呼して其非を鳴  呼留める言葉まで考えておく  呼止められた  呼返して其穴に追入れんとするに  呼棄てにしていたので  呼申したよサアしつかりして  呼ばるべきものを生み出すにある  呼して柁師を警醒せざるを得んや  呼棄てにされたので  呼棄てにするは  呼棄てにしかねはせぬ  呼棄てにされて  呼交わしてそのまま曳出す  呼いよせられた  呼醒まされて  呼わりますると  呼起すべき道にあらず  呼馴れし旧都の古城門を取  呼で評議員席に起立したるは  呼だすのを聞くと  呼また都を逃れ  呼起されて  呼留められ  呼起した大動機になってる  呼起されている  呼で新聞屋新聞屋といふ  呼する声が次第に遠くなる  呼集めて来ました  呼つれて表へ驅け出す  呼かくる  呼立てられるに  呼迎えられる  呼うで来にゃ  呼の今音はhuなれば  呼は正しくkoと響かし  呼は卑彌呼と同じく狗奴國王の實名にあらずして  呼は何年に即位し  呼かけるなつかしみのある  呼もせずすくんで暮す  呼で真の小説となすにたらんや  呼起すべき術を知らぬ  呼売りの声がする  呼賣りの聲がする  呼止めて打明けるであろうか  呼置きたる此家の店番にして  呼で呉れ  呼わりながら門巷を過るが  呼立てる声も揚げられず  呼交す人声も早や聞えず  呼分けるなんて油断のならぬ  呼立ていたしまして  呼ぶちゅう無茶な実験をなさっている  呼はるので始めて  呼うで来いと云うたよ  呼止めたって上る  呼懸けられたれば  呼起せる  呼起さんことを願へり  呼したのに国ポケント突立っていて  呼で石盤に記さしめ  呼起す力とする  呼はりて息絶えたり  呼ばるべきものの要素を多分に含んでゐて  呼醒された  呼売りして歩いている  呼止める人がある  

~ 呼[名詞]1
お前を呼  室から呼  先へ呼  自分を呼  二階へ呼  カイザーから呼  そこに呼  何人ぞ呼  記憶を呼  街頭に叱呼  紳士と呼  愛人と呼  同志と呼  過去を呼  巡査に呼  円タクを呼  わたくしを呼  大声叱呼  心易げに呼  番人を呼  春浪なりと呼  母を呼  知里さんと呼  奇蹟とも呼  耳元で呼  奥を覗き込んで呼って  寐入ったものの呼  佐々刑事を呼  西丸へ呼  会社で呼  鮨の呼  ひとかわを呼  前をも呼は  瓦版の呼  渾名を呼  母娘を呼  後ろから呼  私と呼  私を呼  大声叱呼を以て  ように呼  賤民と呼  大声で呼は  結核菌を呼  ここで呼  知識階級に呼  次の間に向って呼  八分位静かに呼  膏藥の呼  今ので呼  まもりにと呼  叔父を呼  空よと呼  妻を呼  謙作は呼  人を呼  興味を呼  気持を呼  連想を呼  下婢を呼  雪が呼  妥協と呼  征服と呼  遥に呼  友を呼で  友と呼  芸術と呼  探険談と呼  声で呼  名を呼で  詩と呼  主人夫婦を呼  男が呼に  母は呼  口々に呼は  何を呼  高倉は呼  お蔦を呼  花道へ飛出して来る呼  声で呼は  君と呼  淑女と呼  時ならず呼  記憶に呼  処世術とも呼  メシと呼  急に呼  賄を呼  書生を呼  理由によって呼  卵売りに出会ったので呼  叔母に呼  父とも呼  たるを呼  豆腐屋を呼  空車を呼  カクストン氏に呼  さりげなく呼は  節廻しで呼  笑声を呼  場面を呼  爺どのを呼  犬を呼  なんかを呼  名を呼  視覚的結合音と呼  それを呼  君をも呼  怯れず呼  滝さんといって呼  車夫は呼  悪夢から呼  高らかに呼  詩人を呼  見附と呼  スタディと呼  二人共源助に呼  演劇と呼  背後より呼  苦悶を呼  珠運七と呼  岩沼卿と呼  小間物屋も呼  方で呼  巡査が呼  大声で呼  一人高らかに呼  確に呼  命の呼は  色彩とから呼  新聞記者を呼で  子供たちを呼  俥を呼  風引かうぞと呼  彼等を呼  上に呼  千鶴を呼  時雄は呼  家号を呼  空想を呼  シュティルと呼  妾を呼  泉下より呼  行商の呼  目科が呼  一寸と呼で  馬車を呼  嘉蔵も呼  遠近に呼  通りに呼  上へ呼  思慕と呼  女房は呼  ふから頭をあげて呼  往って呼  先生と呼  黒門前で呼  善と呼  闘争と呼  魂を呼  銜も呼も  算用数字を呼で  心に呼  歴史篇とも呼  市場と呼  敵と呼  聲に呼は  聲に呼  大声に呼  小声に呼  ファルスと呼  信仰とに呼  頭に乗せて呼  ラガーに呼  

~ 呼[名詞]2
慌ただしく呼  ちゃんと呼  大きく呼  わざわざ呼  よく呼  単に呼  ぐっと呼  その呼  いと呼  やがて呼  彌呼  

複合名詞
なん呼做  呼入  呼捨  呼起し  呼方  呼倫湖  呼かけ  と絶呼  シク呼ビカケルモノニ限リアア  オレタチニ呼ビカケルノカ息マザル  呼びかへすのは  呼應  呼氣  詩仙堂天子呼來不渉川  呼びかけてゐるのであるからさうして  呼聲  呼笛  呼息  三呼  呼びずてにしなければならないようなものが  呼びはじめたではございませんか  呼びかへすなるひとつ星  呼びかけあんなにもいくども  呼びしてわざざわざ  ト呼ビ捨テラレルモ  馬鹿呼わり  呼びつゞけながら  呼びかくるさまなど画  呼びつゞけた  呼ブレ訓ニ  呼立  馬鹿野郎呼はり  呼びあげるわけあひ  呼びあげるわけあい  呼びよせずとものことと不快  呼ばった  医者さア呼ばら  呼びかへす  呼びとめられもせず  一呼  呼わる声  呼號  内外呼應  呼びつづけているのではないかしらん  大声一呼  呼立て  呼売り  亡國タルベキ内外呼應  口ヨリ民族自決主義ト呼バルルニ至リテ空想化シ滑稽化シタルナリ  呼號何  陸軍ト東西呼應シテ一擧露國  呼フ  呼ブニ種々  以テ呼ブ可シ  ざま呼笛  呼びしてすみませんと  呼びとめるとしていとも間抜ケ野郎  呼覺  呼上げ祝儀  呼息時  呼息状態  まま呼  博士呼わり  呼売人  呼売  呼びずてにする事  猿秀呼  呼びかけずにしまつた千恵  呼びになったんじゃないとさ  魂呼い  魂呼  呼びかたなのであつた  呼むだの  呼びやおへんのどしたら  呼びつゞけてゐる  呼びつゞけてゐる聲  呼びたいつていふのは  呼びはせざつたか  呼びあひ  呼リン一つ  恋愛呼ばり  呼二  呼レ客勧二乗車一  呼びごゑは  相応呼  みな呼びかはして入り  呼はん  宛轉叫呼  呼びでごさいますよ  呼べり  呼びたまふ  山呼拝舞  連レ袂歌呼  歌呼  呼留たる  呼留  戦呼  呼今  呼びにいつた  呼慣わし  呼びかけるのはよかつた  挺刀一呼  呼びにかかつた  呼ブモアリ  敵呼わり  呼込み  呼びつけたのだといふことがすぐにわかつた  呼びやうがねえだから  ト呼ビ  でれすけ呼わり  間男呼わり  号呼  厳粛呼ばり  呼びおうてここにむらがり  呼二跡  呼びまへう  誤解呼はり  ヤハリ呼高  呼忠臣楠  呼稱  呼びかはす聲  ハ局ト呼ブ者  呼びさうなけはひがあるので  呼びつゞけるのを利用  呼筒  呼びこみの声  呼びよせたものであつた  呼びさませばなお始末  呼棄  呼びまゐらす  呼留め  呼びかくる人  呼言葉  呼迎  種不信小名呼墨蘭  呼びずてにして  呼びずてにするから  欲呼漁艇分  呼来  呼これ  呼びたてまするでござりましょう  呼びにやらしたのでござります  呼びたてすることはござりませぬが  呼ンダレド  呼ベド叫ベド人  呼びたていたしましてあいすみませぬ  呼びはこれでござりまするな  魯人使節布恬廷呼寄候  屋舖エ呼寄  呼びにいったのはあなたですか  呼びもどすことを  呼はり  呼特ハン競走  呼格  一面呼格  普通呼格  呼びつゞけるということだけで  呼ンダノデアリマス  呼びかけをするのであつた  人呼ン  倭國女王卑彌呼  卑彌呼  曰二卑彌呼一  三國志の所謂卑彌呼  自ら卑彌呼  呼國  呼邑國  其時卑彌呼以  卑彌弓呼素  呼素  女王卑彌呼  倭女王卑彌呼考  卑彌呼時代  イグナート・イグナートウィッチ呼  呼びにおよこしになったのですもの  呼びにやってもすぐの  呼びにおやりになると  呼候共伺公  呼候共  呼びになってよくおかわいがりになった  呼バレテ行ッタガ  兄ガ呼ビニヨコシタカラ行ッタラ  親父ガ隠宅カラ呼ビニ来タカラ行ッタラ  檻ノソバヘ呼ン  呼ビニヤッテ  呼ン  呼ンデオレノ住居  地主ガ呼ン  世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ  呼ビ出シテ  呼ビニヨコシタ  呼寄セテ  男谷カラ呼ビニヨコシタカラ  晩ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ  呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ  呼びとめるとかれは  烏呼能別二  呼びにおつかわしになった  呼びあつたりしてゐた  呼びおこしたのであつた  呼びとめなすつたかな  呼びやしてやよつて  愚呼愚吸  明皇呼爲半仙戯  此稱呼  呼立つる  呼ばった人  呼ブ也  呼びもどしていたところでもあった  呼びぬいておるわ  呼びつづけたりしておった  おい呼売  瀧口呼  呼びにいつたんだけれど  母呼びたまえり  号呼涕泗  乞食呼はり  立て呼  女郎呼はり  呼聲しば  土俗呼  狂呼暴言殆ど常感  馬鹿呼ばり  マチ呼バレ  呼掛  呼びもどされてくるやうだつた  呼びにやるとやっと一度位  呼びたまふこそうれしけれあやめ  呼むでゐるしやがれ声  柳陰呼渡図一幀  泥棒呼わり  呼びあつてゐる  呼びにくいおもひがした  卑彌呼女王  卑彌呼及其居城邪馬臺等  卑彌呼問題  殆ど女王卑彌呼  殆ど卑彌呼  男王卑彌弓呼トアルニ由リテ  卑彌呼及狗奴國  卑彌弓呼  卑彌呼者神功皇后  卑彌呼ハ  比味呼  倭女王卑彌呼與二狗奴國男王卑彌弓呼一素不レ和  同文卑彌呼  曰はく卑彌弓呼ハ  卑彌呼ニ弓ノ一字  卑彌弓呼ハモト卑呼  呼トアリケンヲ  下ノ呼  呼ハ彦御子ニテ  男王卑彌弓呼  倭女王卑彌呼及其嗣者壹與  往昔卑彌呼  卑彌呼死  卑彌呼及壹與  卑彌呼壹與等ガ  倭女王卑彌呼  神社呼はり  呼韓耶単于  君呼わり  呼びたまふや今  呼びつづけてしまふのだつた  爭つて呼びとめては買  呼止め  呼びせにゃならないし  呼びつゞける必要  呼びな  ニサヽユリト呼ブ五月茎梢ニ花  ルユリネト呼ブ  ハ河原タデト呼ミナ馬蓼ナリ  今江南ニテ呼ン  ニ一種高野ノマンネングサト呼者アリ苔  本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也  呼びごえ  忠義呼わり  墮落呼はり  堕落呼はり  模倣呼はり  虚偽呼  呼びあげることになつた  他人呼  呼びとめるいとまがなかった  呼びごゑのごと  呼びごゑが  呼立つるこ  呼わる者  場合呼稱そのもの  呼びかくること穩當  呼びかけないではゐられなくなりさうだ  呼びとむる二タ声三声  追っかけ呼びとむる二タ声三声  呼びかはす声  呼むだ  呼息逼  狂呼  呼ブ  呼びよせてはみたけれども  



前後の言葉をピックアップ
ゲー・リュサク  ゲー・ルーサック                


動詞をランダムでピックアップ
怪しま合せりゃ律す預け入れる誹っ生き延びよ守れ取抑える見きわめつきまとお組みつくへせる捩じ切れ盛り枯らさあがき起と下立つおどりかかろぬぐわ
形容詞をランダムでピックアップ
憎きあったかい暗かろ悩ましくっふとけれくすぐったかったのしけれ痛々しけれ手びろいことごとしいまたとなきつらかれ似つかわしき蒼白くっきよし花花しいまぶしくうら若けれ手がるちっちゃ