「向う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 向う[動詞]
机に向う  盤面に向う  芸術に向う  北に向う  吟味に向う  快方に向う  若い女が遂に向う  背中を曲げながら、とつとつと向う  筏が向う  面と向う  天野源右衛門三十騎計りで馳せ向う  腹癒やさんずと向う  題材に向う  ステーションに向う  月に向う  あたりまでかぶって、向う  欅があり、向う  煙突は向う  私はいきなり向う  さに向う  母に向う  書物に向う  鏡に向う  鎖金帳底に向う  人民が向う  下に向う  職業に向う  親に向う  食卓に向う  方へ向う  精霊に向う  席で向う  嫌よと向う  胃に向う  モティフが向う  風景は向う  画面に向う  自然に向う  品物は向う  捕縄は向う  竹むらのすぐ向う  ここから江戸へ向う  所から、向う  木魂返しに向う  今度は向う  もんが向う  ここから門のすぐ向う  丘の向う  出刃庖丁の向う  先で向う  一緒に向う  山脈へ向う  福日が向う  姫様と向う  私が内々向う  父が向う  膳に向う  人生に向う  九州へ向う  堀の向う  牛田方面へ向う  軍に向う  変化で向う  仕事に向う  古川橋へ向う  高揚期に向う  それが頻りに向う  つれが向う  から、しばらくたって、ずうっと向う  意気組が向う  系譜的作品に向う  金精峠に向う  奥さんで、どうにか向う  近代社会建設に向う  様がすぐ向う  長廊下の向う  落刻に向う  夢が裏返ったごとく、くるりと向う  注意して向う  部落づたいに龍巻村へ向う  男が向う  垣根の向う  信濃川の向う  青田があって、向う  植ゑた青田があつて、向う  冬に向う  方に振り向う  女性に向う  使臣たちは遥か向う  一丁ほど向う  陽気に向う  これこれと、向う  沓脱を、向う  鷲羽に向う  昨日温泉から直接槍に向う  発展に向う  方角へ向う  もっとも向う  それが向う  事実がばれると、すぐに向う  挑戦は向う  道路の向う  お願いをしてみたいと向う  ことは向う  此日も向う  浅草公園に向う  それ自身に向う  つて、向う  会津へ向う  仰向けから向う  杖一歩、かえって向う  癖に向う  知らないが、とにかく向う  つまりは向う  こっちで向う  ところへ、ちょうど向う  向う河岸へ渡んな、向う  手傷をしばらせていると、突然、すぐ向う  南方に向う  眼の向う  子供心の向う  増幅器の向う  帆村は向う  丸官と向う  三十七歳迄に向う  そこへ向う  その後へ向う  柳島へ向う  跡を向う  画板に向う  裏手に当る向う  砂糖は向う  未開地に向う  又一札幌に向う  余儀小屋に向う  眼胞に向う  我牧塲に向う  愛冠に向う  札幌に向う  予に向う  釧路支庁長に向う  道路に向う  藻岩村に向う  露国に向う  世上に向う  釧路に向う  カスピ海に向う  猿は向う  針路に向う  一方に向う  顔は向う  君に向う  大次郎で、向う  処は、向う  社会事象に向う  のと、寒いのに、向う  花嫁御寮に向う  討手に向う  つた老婆が向う  遙か向う  明治に向う  反撥から創造へ向う  川の向う  場所は向う  崩壊に向う  蔭に、向う  自分はどう向う  運が向う  青龍刀の向う  如来の向う  砂丘の向う  外に立つと、直ぐ向う  引鉄を振りしめると、すぐ向う  西方に向う  一八〇七年アルレンスタインに向う  混乱に向う  表門に向う  裏門に向う  山崎はすぐ向う  返報に向う  飯台に向う  窓で、向う  前面へ向う  局部に向う  客観的態度で向う  作に向う  著作に向う  はずみに向う  芸術とに向う  あっちの向う  生家から橋一つ越えた、すぐ向う  妄想に向う  心理状態をもって向う  アリゾナ州フォニックスへ向う  夕暮に向う  まつ直に向う  山岳地方へ向う  村が向う  総領息子に向う  覗き眼鏡にでも向う  お前にも向う  三人で向う  かきねのずうっと向う  方面へ馳せ向う  長沙へ向う  それに向う  それは、向う  向う側からなお少し向う  小女が向う  庸三のすぐ向う  近くまで来ると、そっと向う  平岡は向う  儀そうに向う  膝のすこし向う  自ら西平関へ向う  長安へ向う  出で向う  おめでたい事で時々向う  出張になりましても、つい向う  トタンに向う  アジアに向う  ことで向う  木ごしに向う  人に見つけられずに、向う  ミンダナオ島に向う  吹ッかけでは向う  自律的とに向う  外に向う  御門のすぐ向う  その間から斜向に向う  堆肥の向う  台に向う  夏に向う  しかも向う  何度も向う  廊下は向う  クルリと向う  扉が向う  意地でも、向う  誰かが向う  ように向う  壁に向う  ブーンと向う  興味だけで向う  うねりうねって、向う  のずうっと向う  帯とを見せながら向う  何にも向う  猫捨坂へ向う  焼け跡へ向う  うつすらと向う  金箔つきの悪党にや向う  方へ伝って行くと、向う  坂を上って、こう、透しますと、向う  天下に向う  ことが向う  要を向う  取次にも向う  月を向う  向うの、まだまだずっと向う  正月は向う  急を知って馳せ向う  方に向う  それで向う  スタンドの向う  玩具に向う  例の向う  出放題を並べていると、時々向う  私が行かないでも、きっと向う  らせると、すぐ向う  何か話し掛けたいと思いましたが、どうもあんまり向う  とき俄かに向う  それを向う  郷里へ向う  生れ故郷へ向う  東インドに向う  久保君は向う  相手に向う  剣を取って向う  乗物に向う  浜は向う  数を尽して向う  かい、向う  貰い度いと、寧ろ向う  魚が向う  左に曲ろうとすると、ふいと向う  善光寺へ向う  のに向う  天に向う  川を隔てた直ぐ向う  渡り子供が向う  時にはにっこり向う  討手が向う  敵に向う  役人が向う  山の手に向う  カーテンの向う  人畜の向う  桑名から宮へ向う  テーブルの向う  何物かに向う  それに向って、直ぐに向う  紙に向う  発頭人に向う  左へ向う  廊下の向う  我胸中人に向う  十町も向う  円戯場では向う  人間に向う  花屋になければ向う  何でも、と向う  橋の向う  あれが向う  斜めに横切り、どうやら向う  条痕は、なにか向う  尾を捲いて向う  大和に来向う  眼は向う  鏡へ向う  私が向う  シェルブールへ向う  風情は、見向う  視線の向う  方面に向う  世間に向う  から、さては向う  臨検に向う  太平洋に向う  シナに向う  中へ向う  時分に向う  得物を取って立ち向う  三町ほど向う  彼は向う  住吉署に向う  伝令と見えて、向う  蠅男に向う  彼はやはり向う  こちらに向う  小浜は、向う  偶には向う  ものが、スグ向う  亭主は向う  大野木村へ向う  二人同士は向う  汽車が向う  今まで、すぐ向う  ことを考えていると、すぐ向う  あいつが向う  弓矢を以て向う  供饌に向う  沿海州に向う  方は向う  中庭の向う  如くに向う  停車場近く、向う  時、向う  荷車が向う  大通りに向う  飛火をして向う  それから漸次快気に向う  途端に向う  百姓の向う  前を通れば、必ず向う  奉行自身に召捕りに向う  男に向う  少年は、向う  こんどは向う  額椽の向う  ヴェニス窓が向う  上で、向う  狐を向う  小山の向う  中を向う  後ろに向う  泥棒はあわてて、向う  ぐさんの家は向う  気がつくと遥か向う  滝床の向う  ホテルへ向う  イデヤに向う  観照に向う  進出に向う  光はずつと向う  ときに、ずっと向う  一度も向う  莫連に向う  真面に向う  流しへ這入ろうとして、ふと向う  芸術化に向う  人に向う  強敵に向う  盤に向う  うちに向う  気に向う  王妃などは、向う  ところへ、向う  男だから、向う  具体的問題とに向う  桟敷へ向う  何でも向う  渡しを越えて向う  窓に向う  発掘に向う  取扱いを向う  響きを向う  意外にも向う  本格的に立ち向う  生活に向う  暮から来年へ向う  戦場へ立ち向う  高野へ向う  ほかに向う  米友とは向う  窓の向う  上野が向う  時殺されていても、やっぱり向う  味方に馳せ向う  無益に立ち向う  鼻の向う  赤坂へ向う  違ひが、向う  景色に向う  私が悪いか向う  から汽車は決して向う  蒙古襲来の防ぎに駈け向う  差しこんで、ずっと向う  ことに向う  火に向う  胡人月に向う  そこからか、またはもつと向う  汽車は決して向う  国民は向う  向うは向う  同年四月三日日光に向う  どれも向う  此處からはずつと向う  通りに向う  敵に立ち向う  通訳が向う  ところへ思いがけなく向う  事で向う  今知れてみると向う  同情しているけれど、向う  野尻湖に向う  玉蜀黍が植えられてあったりしていて、その少し向う  東に向う  ゅう、なんだか向う  曲り角で、向う  それから先は向う  あべこべに向う  女中共は笑いながら向う  竹内が向う  あいつの家は向う  ここを出て向う  日になって向う  わしらには向う  水にも残っているらしく、向う  東海道筋へ向う  たしかに下へ向う  西だ、遥か向う  視線のじっと向う  角さんに向う  無尽鳥にも向う  一自由国に向う  ほうへ行こうとすると、果して向う  隅田川を隔てて向う  食物に向う  ところと向う  之に向う  何に向う  足で向う  裾をはだけて向う  舌打ちをしながら、向う  のか、それとも向う  太宰府へ向う  ッすぐ向う  おばさんが向う  加賀へ向う  手が向う  会ふと向う  地蔵松原の向う  両手を向う  夏から秋口へ向う  壁のすぐ向う  作戦に当るなど、向う  和泉へ向う  写真師と同じく、向う  停車場に向う  故郷へ向う  上杉征伐に向う  ひところは深く思いまた向う  機嫌で向う  から包んだ、向う  御身に向う  回復に向う  笑い声が向う  まま、すぐ向う  扉の向う  クロムウェル街に向う  それより少し向う  麦酒の向う  溝川のすぐ向う  竹やぶを向う  一つへだてたすぐ向う  刃を迎えて向う  顔を向う  暖気に向う  娘を、しかも向う  向うが向う  宿舎へ向う  全部を与えるとともに、また向う  日本本土に向う  此処から鐘釣温泉へ向う  谷の向う  下から呼んでいた、向う  下りに向う  隅で、向う  さつきから一緒にいても、別段向う  看護婦が向う  自分も向う  今では向う  直接彼に向う  こちらから愛してるのでついには向う  戦場へ向う  何ものかに向う  様に、向う  とき又向う  碁盤に向う  私達は互に向う  青空の向う  内を見なさいますとね、向う  門の、すぐ向う  土耳古人は向う  それからまた向う  大男が向う  光景を向う  半町ほど向う  山手へ向う  ラエーフスキイは向う  手をひいて、向う  場所が、すぐ向う  視線があうと、向う  日本の向う  大軍に向う  源泉に立ち向う  ぢや、向う  兵隊さんが向う  金なんぞは向う  戦地に向う  ラックに向う  こっちでも向う  平ヶ岳に向う  上に向う  一町も向う  外廓に向う  門に向う  炉辺の向う  矢面には向う  餉台に向う  死骸が向う  門前近くで向う  のが向う  一巻と落ち合って、向う  位牌に向う  筒抜けに向う  僧院に向う  上野から青森に向う  軍隊は向う  越前勢の向う  真槍で立ち向う  自分に向う  クリーバーが向う  別途に向う  女に向う  築山の向う  大股に向う  赤木は向う  庭の向う  危険思想などは向う  国府津よりも向う  生活そのものに向う  作品に向う  文学に向う  ものに向う  大国に向う  南海に向う  道を向う  強敵と立ち向う  手拭で向う  女性に立ち向う  昔領主戦場に向う  暮に向う  餅に向う  烏が向う  蠍星が向う  事柄にでも向う  父は向う  婦人が向う  佐々木が向う  見た目をうつすと、向う  高台に向う  方が向う  岩石に向う  自転車をふむ、勢いあまってひっくらかえって向う  路地のすぐ向う  のは好いが、向う  両家は向う  用向きで向う  否や一齋に向う  上高地温泉に向う  なかったが、時々は向う  それが一度向う  たまに向う  夕飯を向う  食膳に向う  経験に向う  まともに向う  お客に向う  娯楽に向う  人間以上のものに向う  どてらが向う  これは向う  煙が向う  今から考えると、全く向う  態度ががらりと変って、かえって向う  日比谷へ向う  荒川岳へ向う  北岳に向う  横岳へ向う  頂上に向う  ところを越すとすぐ向う  午前六時剣ヶ峰へ向う  道の向う  鎌首を垂れて、向う  横須賀から東京に向う  死地に向う  敵前へ向う  一時に向う  空に向う  夕空に向う  テクテクと歩いてゆくと向う  社会主義建設へ向う  部屋のすぐ向う  壁の向う  車道を横切って、向う  廊下に向う  パンコックに向う  事態が必ず向う  中で向う  原稿紙に向う  貴方に向う  現実に向う  上へ向う  福は向う  下男が向う  肌寒い方へ向う  度に向う  階段の向う  來ると、向う  突切つてすぐ向う  方は振向う  羽織を着て、向う  円に向う  六へ向って、順に引返すと、また向う  タミノに向う  方向に向う  娘が向う  君夫妻を向う  イワンはぽかんと向う  発展的統一に向う  詩へ向う  再建に向う  問題に向う  晋安に攻め向う  冒険に向う  紅玉島へ向う  戦場に向う  化け物は向う  目的地に立ち向う  労苦に立ち向う  炉の向う  ッ直ぐ向う  絹に向う  内面に向う  短歌に向う  長歌に向う  我ながら向う  唐檜の向う  それより向う  調子で向う  硝子のすぐ向う  ですよ。鏡に向う  ものは、随分向う  衝立の向う  ポストの向う  貴方がたに向う  差配人が向う  私が遠のくと向う  音が向う  中に向う  そんなら、なぜ向う  跫音も、向う  二頭以上なら向う  肚さへきまつてゐれば、たとへ向う  云へば、向う  境遇に向う  なかから、ふと向う  姐様もあれば、向う  水に向う  のが、向う  土地開発に向う  ロンドンへ向う  ケエプ・タウンに向う  國境を越えたすぐ向う  真中にして居並ぶと、やがて向う  都合に向う  上を進んで行きますと、間もなく向う  南に走りますと、暫くして向う  羅生門に向う  鰍沢に向う  茶屋へ向う  甲府へ向う  ものに立ち向う  丸の内方面へ向う  消息を、かえって向う  今夜も向う  納屋で、あの向う  すべてずつと向う  遙かに向う  病院とは向う  背筋を見せて、向う  ときキッコは向う  豹吉は向う  手拭を向う  それは向う  本に向う  年々いくらと極めて、向う  真ん向う  平気に向う  時刻には向う  貴方ならば貸しても好いと、向う  山がまた向う  島に向う  活動へ向う  のと、向う  それがすぐ向う  窕子は向う  影はすぐ向う  佛間に向う  吉に向う  堤防で、なかなか向う  山へ向う  点に向う  窓のすぐ向う  とき私は向う  蓼科、その向う  違ひに向う  橋を渡って向う  人間を見ても、決して向う  マダムは向う  つて云つても、向う  法隆寺に向う  これに立ち向う  山に向う  茣蓙をしいて向う  牢人へ向う  痰が向う  がむしゃらの向う  南米へ向う  堰をこえて向う  神田に向う  竹丸とは向う  桑名へ向う  井戸へ向う  ベルモンテが立ち向う  日は向う  恢復に向う  蕎麦に向う  返事は向う  牛もずいぶん弱ったろうと思われるが、それでもどうにかこうにか向う  写真館と隣合う、向う  旅宿と向う  病気に向う  階級闘争に立ち向う  欠伸に向う  今夜は向う  急に向う  案内で、つい向う  戦術は向う  梢まで昇ると、向う  電車道を、向う  影が向う  梯子段で向う  そのままにして向う  尻を見せ、向う  画架に向う  屠殺者に向う  若い女が向う  上層に向う  身体に向う  小田島の向う  高台の向う  洋傘を向う  三日後魔境へ向う  丘のさらに向う  時は向う  途中に、ふと向う  残念ながら向う  かたに向う  区役所へと向う  白布の向う  近代に向う  積美船即宝船が来り向う  それから北海道へ向う  井戸のすぐ向う  五ツの向う  奴、向う  枠に向う  内に向う  けが、向う  とき、入れちがいに向う  腹部に向う  要求の向う  子爵が向う  こっちへ、向う  婦を、直ぐ向う  材料に向う  此方に向う  のは向う  さうに光つてゐれば、向う  辺からずつと向う  窓からと向う  魔女が向う  大道に落ちあうすぐ向う  そこに向う  今日は向う  三里ほど向う  練馬方面へ向う  端に向う  様子で、向う  信州に向う  村で向う  邸宅へ向う  海中に投げ出されて、ふと見るとすこし向う  完全へと向う  結合に向う  増加に向う  六階から下をみおろすと、向う  完成へと向う  作物に向う  全快に向う  山西方面に向う  死ぬるも向う  うちには、向う  妙に向う  男めかけにしてもらって、あわよくば向う  直ちに南に向う  何しろ戦場に向う  面にひたと向う  畫板に向う  やうに向う  ピアノに向う  緒を向う  マニラへ向う  駿河台に向う  牛が向う  大西が向う  私には向う  足自らそこに向う  無事に向う  東京に向う  感動なしに向う  領域に向う  現実へ向う  一日机に向う  生活へ向う  職長に向う  ほうに向う  時、くるりと向う  歴史的素材へ向う  うちに、向う  部屋の向う  向うには向う  船でないと、とても向う  これに向う  南に向う  庭に向う  時勢に向う  往来を向う  一派に向う  私の向う  茶餉台に向う  制帽をとうとう向う  襖を開けて向う  私は、また向う  結果始めは向う  事件について、突然向う  のかとかえって向う  熟地に向う  衰退に向う  丸髷に結って、向う  強制手段で向う  どこに向う  支配権力に向う  海の向う  仕事は、向う  三国峠に向う  列車に乗って塩山に向う  工合に向う  構やしないさ、向う  河の向う  話中で暫く待たされたけれど、やがて向う  位置に立て直したが、やがて向う  社会へ向う  事業に向う  異性に向う  先生に向う  雪童子は向う  長岡へ向う  夜学へ向う  彼は遥か向う  彼奴の向う  お寺はすぐ向う  人が向う  橋をわたり、そしてそのすぐ向う  画作に向う  添寝をして向う  チャンスが向う  方角の、ずつと向う  形も見えなく只向う  彼女の向う  ことは、とかく向う  頃です、向う  懊惱をくり返しながら、向う  ものは、向う  奥は向う  街道に向う  出合い頭に向う  パリに向う  絶壁に向う  山国谷に向う  テニス・コートの向う  廊下に出ると、ちょうど向う  堤けい、向う  福助頭に向う  中音でそそりながら、くるりと向う  足を向う  御旅所にと向う  眼を向う  時、丁度向う  寂かに立ち向う  

名詞

向う[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
向うへ押して見たが  向うに見える  向うの留り木の真中あたりに具合よく落ちた  向うの草原の眞ん中にしやれた  向うの天幕張りのアイスクリーム屋の中に飛び込んで行きます  向うへ吹け  向うより那須の家来弥藤二は松明をふり照らしていず  向うは知れた  向うより那須の家来弥藤二は松明を持ちて  向うから馬を曳いて来た  向うにも妹の子供が二人遺されてゐたので  向うの母親はさう云って  向うからヨボヨボと歩いて来る  向うへ行ってしまいました  向うには証拠の手紙があり  向うのお嬢がぞっこん君に惚れ込んだ  向うの親父さまにでも知れた  向うを見ると  向うが曲って来れば  向うでも来月初旬に婚礼を致す  向うでは草履取でさえ欲しがる  向うに一寸幅の鉄板があろうとも  向うの方へやって置け  向うは二男の勢なれば  向うの渡し口の所からなんだか人が二人ばかり段々こっちの方へ来る  向うの方へ気を付けろ  向うは往来が三叉になっておりまして  向うの方へ目をつけている  向うでしらをきった  向うに鉄門があろうとも  向うに白き幟に人相墨色白翁堂勇齋とあるを見て  向うへ突切る  向うを見ますと  向うから歩いてきた  向うから凄さまじい勢で妹が駈けつけて来た  向うの砂原に着いた  向うの木立が燃えだしたが逃げた  向うの約百米ばかり離れた  向うから来やしない  向うへ乗りかえる  向うでは問題にしていないかも知れぬが  向うに落ちついた  向うでお書きになった  向うでは僕なんかを全然問題にしていないかも知れません  向うのお芳ちゃんを呼んで来る  向うから順礼の親子が来る  向うの椅子に掛けさせて  向うの方を見ると  向うの気の済むまで居て来ますよ  向うまで連れて行ってやりますけれどね  向うを省線が走つてゐる  向うは熱海で勉強して  向うに三人の料理人がいて  向うへ頭をひっこめようとはしない  向うへ出てきましたので  向うの岸に上り  向うから睦じそうに百合子と吉川がやって来る  向うが少しでも同意したら  向うで手紙を出した  向うに尻尾はンンンと化して  向うへ行つてしまふ  向うは総門の左側の角になって  向うには墓地の続きになった  向うには砲兵工廠の一つの建物に赤い火の這いかかっている  向うに乗物がありますから  向うへ移動して下さるべきである  向うと思うが  向うに見ゆる  向うの端からこっちの果まで響く  向うにおきなおした  向うに帰った  向うに立っている  向うの男は云った  向うでそれだけの好意を見せてくれた  向うの奴の脳天から打ち下した  向うの物音が気になって  向うに坐らせた  向うの黄色な野原を走って行く  向うの木の上の二人もしょんぼりと頭を垂れて  向うの木の二人の男はもういくら星あかりにすかして見ても居ない  向うの姿見にうつった  向うからふらふらやって来た  向うのばけもの  向うには大きな崖のくらいある  向うで叫んでいます  向うの番地を書いてやるから  向うの向うの黒い家をめがけて飛び出しました  向うの世界になるべく顔を出さぬ  向うの荒物屋に行きました  向うの電信柱の下で立った  向うの電信ばしらの下のやつを縛れ  向うへ走って行きました  向うの青く光る  向うの方へ曲り  向うの方へ追い払った  向うではサンムトリが第三回の爆発をやっています  向うの方に倒れて行く  向うのサンムトリに届いた  向うの笹藪に投げたりして  向うに見えた  向うに映って  向うを眺めると  向うからきっとなって来た  向うに廻してでなくては  向うで納得する  向うでも待つてるらしいんでね  向うの方で風が山の頂を通っている  向うの岩にのぼると  向うの谷をしげしげ見つめている  向うへ沈んで見えなくなってしまい  向うの竹山から春風に乗って  向うに住んでいる  向うの山に白い花がさいてゐたぞ  向うを見る  向うから自発的に買いに来る  向うの隅へ弾く  向うに浮ぶ腐った  向うで涛がぼとぼと鳴るばかり  向うの泥の浜の上にその足跡の持ち主の途方もない途方もない雷竜氏がいやに細長い頸をのばし  向うの鼠いろの  向うに一つの窓があった  向うの隅に立った  向うに仄白いものが浮んできて  向うの峯で啼く  向うに流るる  向うに数万の電気を点して  向うで勝手にきめて  向うを張った  向うの返事を聞きません  向うにもよく分った  向うへ相談に行った  向うだってそう急にはきめかねるでしょうよ  向うの身になっても考えてやりませんではね  向うで嫌だと云えば  向うの返事を齎してきた  向うの要求を尋ねると  向うに居る  向うの室で何をしてる  向うの室に敏子の姿を見かけた  向うの言葉を待った  向うの室で兼子や依子の笑い声がしていた  向うに駈けて行こうとした  向うを向いた  向うの室を走り廻っていた  向うまで見渡せるだけで  向うを見返した  向うの谷のようになった  向うの茄子畠を見ていたら  向うへいきかけますと  向うに消え残っている  向うの黒い影はグングン大きくなって  向うの機も薄暗い左の横腹を見せつつ  向うの機も真似をするかの  向うの機もユラユラと前に傾いたが  向うから誰か一人ポツポツと歩いて来た  向うの壁へピシャリと擲げつけた  向うにはっきりと呉娑娑宇山がうずくまっている  向うにあかあかと燃える  向うの方へ行って  向うの辻へ消えてしまった  向うでは聞き咎めた  向うで断わった  向うへ突っ放した  向うからお綱の声がした  向うの畳へ手をのばした  向うの垣根越しにヒョイと見ると  向うでびっくりしない  向うは何も気がつかずに静まり返っておりまする  向うの空地へも忍んで  向うから声をかける  向うでそれを緒口にして  向うの瓦小屋から歩みだした  向うへ張っていた  向うの堤に立って  向うの向うの寒い茫々とした  向うに大きな波のしぶきが飛んでいる  向うの因の島へ帰えってしまった  向うにポツンとした  向うからはずかしそうに顔を出しました  向うの岸にのぼりました  向うへ行かないと  向うの方はみな引きあげて行きました  向うの芝生の一角へ顏を向けながら  向うで寫眞機をい  向うの長屋で休むといい  向うを向いていましてね  向うのもう大かた花の無くなった  向うから先刻の生徒がそう呶鳴った  向うの横丁へも流れて行かず  向うも会いたいと思っている  向うに模糊たる人ざわめきを照してゐる  向うから人を棄てようとしている  向うの雲の峰の上を通る  向うの木の下で云った  向うの河原へ泳ぎだした  向うに見えて居る  向うのテエブルに肘をついて  向うの態度や口ぶりから推して  向うの気色を窺いながら  向うの言動との間にある  向うのテエブルにいた  向うで居眠りをしている  向うの崖だって仙台様お堀割の昔から誰も足踏をした  向うの森の中の方で音楽がきこえる  向うの端にある  向うの声を待っていた  向うをコジ開けて  向うでそしらぬ  向うにいる  向うへ通った  向うで急いていた  向うへ走って行った  向うの二人は立っていた  向うへ行ってしまった  向うの空地でヒーッという悲鳴を揚げた  向うの田楽屋で飲んでいた  向うの森へ連れ込んで行こうとする  向うへ引きずられて行く  向うへゆく  向うもこっちもなるたけ世間から忍んでいたい  向うでハッとふりかえると  向うへ駈けだしていった  向うへ大股で行った  向うへ着いて働く  向うへ寄った  向うで気取ってしまうから  向うに立ち止まった  向うへ避けて  向うに据えてある  向うは霧が深いことがわかつたので  向うを頤で指し  向うに見せて  向うの円い燈が明るく点るだろう  向うに俥屋の提灯の火が見えた  向うに芳子は寝た  向うには周圍が皆燒山で只一つ芝も燒けず  向うにも石を積んで  向うに敏子を招じていた  向うへ遠ざかる  向うにこの僕の心に合わせて  向うだって知っているに決っている  向うにお母さんがついているじゃないか  向うが少しでもいやな顔をしたり  向うからも振りかえった  向うの草むらへ飛びついた  向うへまできて  向うへは返すな  向うを睨んだ  向うへ投げてやった  向うで知らなくっても  向うに目付屋敷が見えた  向うの役宅の庭へ廻って行った  向うの樹蔭へ行ってから  向うでだいぶ待つ  向うの高札の前にあんな様子をして立ちすくんでいたか  向うの松の大木へ引きずり寄せられ  向うの草原にもがいている  向うの海が孔雀石いろと  向うにはとど松の黒い緑がきれいに綴られて  向うから鉛いろの  向うの雀の子でも落す  向うを裸馬が何匹も曳かれて通る  向うに明るい往来が見える  向うもそれと知って  向うに日が没したと  向うの塀にゆき着いた  向うにはいろいろの色彩をした  向うの河岸と橋の上に大勢人が集まって  向うに消えた  向うを児玉的外が息子の初男を連れて通る  向うから電話をかけて  向うの卓子にいた  向うの家の窓から声量のゆたかな若やいだ  向うの足を踏み  向うからずつと左まで低く連つてゐる  向うのにくう村の談議所と言ふお  向うでする呻き  向うの膝を突きながら  向うで見なして  向うの川縁に立っている  向うから来る  向うに菜の花がみえ  向うの茶店で聞きましたが  向うに置く  向うで眺めている  向うの土手にゴロついていた  向うの絵馬堂で待っていねえ  向うの百姓家で道をきき  向うへ逃げだしてゆく  向うを見て  向うへ帰ると  向うに止まって  向うから四国屋の船に乗りこんだ  向うで探している  向うに暗い笹藪がある  向うを過ぎてゆく  向うの浜倉から少し離れた  向うに立った  向うに聞いた  向うにうずくまった  向うへ当って  向うへ駆けだした  向うの闇で声がする  向うの壁がはっきりとわかってきて  向うの様子を見て来てあげますから  向うをむきながら  向うに牛のような男を坐らした  向うへどうしても置きたかった  向うへ行ってしまうと  向うへパタパタと行ってしまった  向うへ搬んでいってしまう  向うへ持っていった  向うから歩いて来る  向うから突然四五人の詰襟服の男が現われ  向うの隅こっちの隅でそれぞれ勝手なことをやっている  向うの病棟へ廻る  向うの道をドンドン南へとってゆくと  向うの模様を都合よく語ったりしたが  向うも目をつけた  向うへ行きゃ  向うへ着いた  向うへどなると  向うから一跨ぎして  向うの動じ  向うを見た  向うに立ったので  向うの呼吸が感じられた  向うの灌木の間をかき分けて  向うで成人しております  向うへ這ってゆく  向うも足を止め  向うもありますけれど  向うへ向けた  向うの長土間へ通ずる  向うの灯は届かぬ  向うの壁に附着けた  向うへ飛んで行く  向うから遣って来た  向うが今朝登って来た  向うの河添いをゆく  向うもいちはやく怪しいと知って  向うの酒井家蔵用人本田頼母の屋敷に注意していた  向うへ抜けだそうとすると  向うを見ようともせず  向うへ這いずってゆく  向うの茫々たる大洋まで支配してゐた  向うに隠れたり  向うの街や広場を歩いていた  向うの角を曲って  向うの通りに飛ぶ  向うをながめていた  向うに浮いて行って  向うを向いたが  向うから金子くれい  向うの襖をすらりと開けると  向うをむいた  向うが抵抗するかも知れないと  向うの子供たちとを見較べた  向うの広場に落ちております  向うへ突き倒し  向うの飛行機など唯一機といえども  向うへ行こう  向うへ泊って来る  向うの部屋へ帰って行った  向うへ隠れてしまった  向うに煙っている  向うへ行くらしいと云う  向うは真の闇になつてゐる  向うへ隠れる  向うへ倒してやった  向うで部屋へ持って来て  向うでも何とか云い出すに  向うは一度で済む  向うから狸が来た  向うへ馳けだした  向うの云い  向うをひとかどの人間と見立てて  向うの生垣まで飛んで行き  向うだから化物が寄り合ってる  向うに人影が見え出した  向うからはいって来た  向うの方で漢学のお爺さんが歯のない口を歪めて  向うでうまく言い抜けられる  向うから逆捩を食わして来る  向うの非が挙がらない  向うのやるなり  向うはますます増長するばかり  向うの筆法を用いて捕まえられないで  向うの方で急にわっと云う  向うに山嵐の大きな身体が生徒の間に挟まりながら  向うの方で鼻を拭いている  向うの急所を抑える  向うから来て  向うへやると  向うへ行って  向うの岸からある  向うは三疊ほどの疊敷になつてゐる  向うに消えていた  向うまで行ったら締めた  向うに陽が落ちて  向うにまだある  向うの家の奴なんぞと一しょに裳着の祝をしてやろうよ  向うでもそれに気がついたらしく  向うに見えて居るも  向うに入ると  向うの橋の上を通る  向うには遠く鷄の聲を聞く  向うの竹藪のあたりはいくらか變つてゐますが  向うの信号所からいつも放して遊ばせる  向うからは黒い着物に白いきれをかぶった  向うの人たちがじき顔の見える  向うから誰か来るなあ  向うでかげろうにぎらぎらゆれている  向うの路へはいって行きました  向うに行っていました  向うの一そう烈しいかげろうの中でピカッと白くひかる  向うの黒い草むらのなかに小さな円いぼんぼりのような白いつめくさの花があっちにもこっちにもならび  向うの方はまるで不思議な縞物のやうに幾条にも縞になった  向うの声はやみました  向うに小さな樺の木が二本あるだろう  向うの卓にひとり坐って  向うを向いてしまいました  向うへ中腰で細くなる  向うで言った  向うに水木由子が芝生に腰を下して  向うに小ぢんまりとした  向うへ逃げ出しましたが  向うへ押しすすんで行くではありませんか  向うでくすくす笑い出していた  向うの格子を開けた  向うの方へ往った  向うの寝室には見えません  向うからよろよろとやって来た  向うの岸に着き  向うの山の頂の巖に上り  向うの瓦屋根へフッと飛ぶ  向うへ桜山を見せて掛けて置くと  向うに森が見えて  向うに立ち並んだ  向うにばかばやしを聞き  向うに二階建の商店が何軒も軒を並べている  向うの質屋の店は安田銀行に変っている  向うに莫迦囃しを聞き  向うに二階建の商店が何軒も軒を並べてゐる  向うの質屋の店は安田銀行に変つてゐる  向うから来た  向うをはる  向うまで往ったら  向うの山かげに消えて行く  向うの細殿を小供の足音でかけて来る  向うにやらせた  向うにある  向うをさぐりつづけた  向うがつぶれた  向うに掛けて  向うを向いて  向うに古い棗の木の下に建ててある  向うの方へ行くと  向うには大勢二本差しがくっ付いている  向うの部屋になっている  向うへついたので  向うの部屋から鏡を使って  向うの町角に消えていた  向うのこんもりと茂った  向うの寝台へ寝かしてから見せたがね  向うの北向きの一番左側の窓から這入って来た  向うの窓を轟氏の手で開けさせて這入って来たのに  向うはホンの些とばかりの金を出してくれただけだ  向うの低い木の方へ移った  向うへ飛んで行きました  向うの為に悪いようなことをしない  向うを見ようとしている  向うの方に行ってしまった  向うの方から白い犬が尻尾を振りながら飛んで来た  向うの方から急いで来る  向うの草の中を走つた  向うの要人の身辺を警戒しろ  向うへいってしまった  向うから歩いて来た  向うに威厳のある  向うで聽かれ  向うの村の杉並まで見渡せる  向うの山までのこんなに小っぽけな景色をみると  向うの橋の方へ行く  向うを覗かずにはいられない  向うの窓の戸が閉ってるか  向うの家の娘に違いありません  向うの家へ行ってききましたが  向うの窓からも皆がこちらを見ています  向うに続いた  向うに着くまで  向うの消息通が僕に聞かせた  向うに行って考えさせられた  向うに何か見えます  向うに見えているという  向うからあなたの後を追っかけて  向うでわたしが若い時分どんな大胆な人でもひそひそ声で話す  向うへ向き  向うにきらきら光る  向うへ行ってしまったかの  向うの方の空が一面に真赤になってるじゃないか  向うへ靡いて  向うの首から声が出る  向うの草山を見つめながら  向うの草山へぶつかった  向うにまわして  向うに笹藪がある  向うで極めている  向うの我とこちらの我とが無茶苦茶に衝突もしなかった  向うには摩周の劔のやうな頂上が雲の中へ隱れてゐる  向うの全財産を一度に手へ入れる  向うで吠えてゐる  向うの垣根の端にひょっこり百姓男が現われた  向うの方にいる  向うに坐って  向うの山が雲の中に隠れてしまう  向うへ出て  向うへ出這入りする  向うに火の見の柱がある  向うの方の窓の釘に懸けて  向うの方でぶりきを叩いてゐる  向うへ行つて了ふ  向うに人の通り路を避けて立つて  向うの黒い中にもある  向うの流れの方に歩いて行く  向うに後姿を見せて  向うを顎で指す  向うではえらい奴と一緒になつたと思つてゐるだらう  向うへとわたつて  向うに歪子山といふ不思議な形をした  向うの一室に案内されたらし  向うを向いたなり  向うに見出した  向うもわたしをちよいと見た  向うの廊下からちらとこちらを覗いた  向うに尾根らしいものが木の間から見られた  向うから挨拶でもされなければ  向うに焼餅屋の提灯が見えて来た  向うの下座敷では義太夫の三味線がきこえた  向うに聳立っている  向うの連山の高さと競った  向うは底なき絶壁になっていて  向うの山の頂にやっている  向うでも見つけた  向うから多勢の気配が曲って来て  向うに泉水の見える  向うに廻して逃げまわっている  向うにぽっちり人影が見えて来たが  向うから来かかった  向うの連中に大声を揚げた  向うからも大声が返って来て  向うから見つからない  向うからやっているので  向うへ廻して  向うへ行ってくれ  向うから湯づけの  向うから湯づけをすする  向うへ引かれて  向うまで辷らしたが  向うの物に實物以上に強い色を與へてゐるであらう  向うの町へ売りに行きました  向うへ行った  向うに長火鉢の側に坐った  向うの硝子店をじろりと見やりながら  向うの生墻の間から抑えつけられていた  向うへいったら  向うの山の背に入って  向うの下の病棟が何んとなく騒々しくなり出した  向うの森を越して  向うの雑木山の影の中にすっかりはいってしまう  向うの山の背にいくつか雲の動かずにいる  向うにお文庫の屋根が見える  向うのぬかり  向うの土手のあたりで駕籠から転げだすから  向うへ消える  向うの竿先をにらみ始める  向うの竿の先が一点になって  向うへ回して  向うの方ではまるで泣いたばかりの  向うまで行く  向うが空いちまった  向うへ行く  向うへ移って行って  向うの三角旗や何かぱたぱた云ってます  向うへ行かなくちゃいけないから  向うの島へ行く  向うの海へ出る  向うへ行っていて  向うの方は灰のようなけむりの  向うの隙き次第出掛けるだろう  向うから丁度反対にやって来るねえ  向うが一人のこともある  向うが答えるだろう  向うのひのきのかきねの方へ行っていました  向うの峠を目懸けて  向うへ投げかけた  向うから顔を出した  向うの方で大きな響がしはじめました  向うから潮さんが帰ってきちゃったわ  向うへ抜ける  向うに何か見つけ  向うへ行ってしまう  向うには棕櫚が何本もそよいでいる  向うにかすかに浮んで来る  向うに並んだ  向うに人かげが幾つも動いている  向うへ歩いて行く  向うに立っていた  向うには男女が何人も動いている  向うに見えている  向うへ登って行ったが  向うにのんびり構えて  向うから微笑みかけてくれるし  向うの人たちにこちらの知っている  向うへ流れて  向うへ飛んで  向うへ突いた  向うまでつづき  向うをむいてしまった  向うの国を望んだ  向うから車の轍が聞えて  向うの部屋で襤褸布団に裹まっている  向うを張って  向うにないものもある  向うにないものは何であるかというに  向うから空桶を担いで来る  向うに茵を三枚畳ねて敷いて  向うが見えない  向うから人が来て  向うに離れ  向うがすうっと駒込の方の山手に続き  向うに見えるは  向うへ眼を付けさせて  向うへ行ってしまったが  向うに見えなく  向うの本家へ外してしまう  向うからじろじろ見て笑っていた  向うの柳の蔭に人影が夢のように動いて  向うも心配しているだろうに  向うの広い通りには淡い濛靄がかかって  向うの家の埃ふかい廂間から動いて来た  向うの子供を呼び込んで  向うの家とを往復した  向うの写真屋へ行った  向うのある  向うで出る  向うに抛って  向うの木のかげから出て来る  向うの家の王九媽が道端の縁台に腰掛けて  向うの平地へ驀地に走る  向うの包と取違えた  向うに坐って居る  向うへ知れるから黙っていな  向うも急ぐとみえて  向うは急ぐから  向うから来てくれと云い  向うの岡にかくれて  向うがふくれ  向うも愕いた  向うから覗いて  向うへ逃げて行く  向うの森の下で見てゐた  向うの東のそらをみつめて  向うの長椅子へどっかりとからだをおろして  向うで云っていました  向うを向いて居り  向うを向いてゐる  向うへ渡ると  向うでもさう  向うで覚えてる  向うへ行けば  向うをむいて  向うで待っているが  向うの国境内へ逃げて行って  向うへ行ってから  向うから汽車の来る  向うに行ってしまう  向うにずらりと並んだ  向うにかかげた  向うは太平洋てえ世界一の大きな海で何千里というもの人が住まねえ  向うの空が明るくなつて来た  向うへ吹き落しながら読む  向うに押し遣って  向うでも種々に考えて見るので  向うの窓を見ると  向うの端へ歩いた  向うから害心を挟んできた  向うからぐんぐん描き込んだといふ  向うから進んで  向うでダンダンと発狂に近付いて来る  向うからこちらの様子を伺っていた  向うを眺める  向うから叫んだ  向うを見ろ  向うの廢園にはもう躑躅が咲き出した  向うの躑躅園を見ながら  向うから光子が来る  向うへ行きます  向うで驚きますよ  向うの溝へ切倒され  向うを向いて寝てしまいます  向うには二人の孫があるので  向うが惚れていても  向うの方でぶうーと云う  向うへ巡礼が来るなと思いましたけれども  向うが此方へ来れば  向うへ行きますると  向うは泥坊を生捕るくれ  向うは泥坊を取って押える  向うの柱に当って砕け  向うに侍が二人立って見ているが  向うで宴会を開いて  向うから声をかけた  向うに在る  向うでも永く離したがらないので  向うに茶を飲んでいるという  向うが二人だとすると  向うの標本を眺めている  向うから言葉をかけて  向うへ飛んで行った  向うの方が上手なのかもしれないから  向うへ廻しての  向うの銀座の新しい煉瓦の街に比べて  向うに入って行く  向うにいい人がいた  向うへ押して  向うに廻して行なった  向うは百人ばかり押しよせてきて  向うの畑地を眺める  向うに着いてから  向うの机の上に黒百合の花束がのつてゐるでせう  向うの合流点の明るく広い水面を去来し  向うになる  向うの空の濡れた  向うへ足を伸して  向うに折曲って  向うの寝台の上に胸を開けて  向うへまわして  向うへ吹いちゃあ  向うへならべて  向うへ坐った  向うへ抜けようとする  向うの仕舞屋の屋根に眺めて  向うの嘉吉さんの所の婆さんが気が狂れて  向うへ突出した  向うに右手に青い山が空を限っていた  向うに瓦斯会社の建物が見られた  向うの小使部屋にふと彼の眼は注がれた  向うの扉を開くと隣りの  向うから汽車が来る  向うの手にかかって死ぬくらいなら  向うの端で編み  向うで見ている  向うの好意にもたれか  向うにその気がある  向うがどう出るかだ  向うに廻した  向うから誰か来る  向うへ行つてし  向うで我々と同じく制服を着た  向うの女の人を本位にして  向うでもだんだん馴れ馴れしくして来る  向うはそのつもりでゐなく  向うの世の中へ行ってやる  向うから来てすれちがったが  向うに見ているから  向うの果である雑木山の上に横たわっていた  向うの崖に亭々と聳える  向うから千里百里の思をして  向うに一村藁屋が並んでいる  向うへ長く縦に見取って  向うではなんにもならん  向うへ行つたら行つたでい  向うのこみ入った  向うにかくれた  向うから僕の家にやって来た  向うがわにまわります  向うの一族でも憤慨する  向うでは私にお気づきにならないらしかった  向うにまだ車体の一部を覗かせながら  向うの雑木林の上方がうっすらと明るくなりだした  向うの小山の上に捲き  向うの村道から一台の自動車が光りながら走って来た  向うの雑木林の上にひらめく  向うの亭の木蔦のからんだ  向うの雑木林の間からこれまではぼんやりとしか見えなかった  向うに浮べながら  向うもこちらもそういう気持を意識せずに  向うの白く乾いた  向うまで行き過ぎてから  向うに浅間の鮮やかな山肌をのぞかせながら  向うでも私のような女を見て  向うを代表して  向うの画家にはなはだ珍重されているし  向うに反物屋がありました  向うの反物屋へ嫁に行った  向うから挑戦して来るので  向うは畠になっていて  向うの畠を為切った  向うにぼんやり立ってる  向うを限っている  向うへ渡らうとすると  向うの軒先に吊した  向うには座蒲団が二枚重ねてある  向う前晩になった  向うで知り  向うへスタスタ歩いていった  向うの話を盗聴できるというので  向うの方で秘密送話器を切ってしまいました  向うに廻わし是だけ苦しめたら  向うに廻して  向うの所番地をお書とめになって下さい  向うの胸へ突こんだ  向うの村に行く  向うで黙っていたら止した  向うには不意にみどりと青の火焔が見えた  向うには小さい星どもの舞踏が見えた  向うに夜霧を堰き止めていた  向うのポプラの樹が行儀よく立並んだ  向うへ行ったら  向うが二人前ならこっちも二人前と云いてえが  向うからあっしに手を振って見せましたが  向うを向いて行っちまった  向うの方へ行きますと  向うの壁一パイに篏め込んで在る  向うの寄木細工の板壁の隅に小さな虫喰い  向うの部屋を覗かせられました  向うの部屋の状態がアンマリ非道いんで  向うは棒立ちになった  向うの方からこっちへ近づいてくる  向うからお面もつけずに  向うが見えず  向うに薪をこなして居るは  向うに杣だか何だか居る  向うを屹と見ますると  向うへ遣り  向うに橋が見える  向うに駒下駄の音がして  向うの戸田能登守様のお屋敷へ持って  向うで金を渡さね  向うへ往きて  向うへ行かうとすると  向うで子供を引取りたがってる  向うの男も迷いがさめて  向うの人を本当に愛していたら  向うに樅の木立ちにかこまれた  向うまで並び続いている  向うに月見窓がある  向うも立ち止まって  向うの籐椅子のクッションに埋まっている  向うへ着いてから  向うへ進んで行かなければならない  向うの低いところにいる  向うの寝室の長椅子に並んで坐っていた  向うで薄陽が照っている  向うの出よう  向うの思う  向うから扉が開いて入って来た  向うに直立した  向うに廻して闘う  向うで手を出す  向うへ押し  向うに廻して戦う  向うへ出掛けて行って  向うの言い分もとっくりと聞いて  向うにも充分方策があるでしょうが  向うの長い地平線は一種夢幻なる光暈に包まれ  向うからひどく蒼い顔をして  向うが土蔵の壁になる  向うに備前橋を眺める  向うに三畳の小間がつづく  向うの方へ続いている  向うへ乗り込み  向うだって俺の専売権を侵害している  向うへ長い廊下が延び  向うの人物が身を翻して  向うでも起った  向うを眺めやるなれば  向うの家の二階の窓と向ひ  向うの二階の窓を見ると  向うの窓の前へ立つて  向うへ立って行った  向うを見ていた  向うのコンクリートの三階建の校舎は生徒の群でざわざわしてゐる  向うに知らんとて  向うへ隔てて  向うへ廻して取組もうというには  向うは出羽奥羽の脊梁山脉に限られ  向うに宮沢とやらん申す  向うの峰を見て  向うで納まると  向うへかかれば  向うを知らず  向うの気持を推量して  向うの隅でまたとんと調子を取った  向うへ行こうとすると  向うを限っていた  向うの室にはいってみると  向うの室を覗きにいった  向うでもすぐにやはりコツコツとそれに応じた  向うの思わく  向うの眼のさめる  向うの雑房にいたんだがね  向うの炊事場へ走って行って  向うで来なくっても  向うではとうとう風一つ引かずに出て来た  向うが先にやつたからだと云ふかもしれぬが  向うの遠山もドルエリと答える  向うの仏蘭西窓の下側にコビリついている  向うの木立ちを離れた  向うに眺められる  向うの河岸に海苔があります  向うの方を凝視して居る  向うの山に積った  向うへ渡つてしまひました  向うにはなれているから  向うの地下室の古板囲いを眺めていた  向うへ渡って  向うへいきますよ  向うへいって  向うの椿の下に料理番が立って  向うの扉を開けると  向うから影が映した  向うに槐の大きいのが枯れて立ちます  向うのことは何にも分らんという  向うのことは何にも分らない  向うのことは何にも分らないで  向うの白けた  向うで人に憐を乞う  向うが冷淡な事をしはすまいかと恐れた  向うから白衣の兵隊さんが歩いていらっしゃいました  向うからくる  向うの山は暗くなる  向うの山は明るくなって  向うの青いそらのなかを一羽の鵠がとんで行きます  向うを見るなり  向うの塩煎餅屋の店頭に孫を膝に載せて坐っている  向うの稲村の影から招いている  向うの刈田の中をいかにも奇妙な腰付で網の中程を握って走っている  向うの半ば傾いた  向うの壊れ  向うから僕にさよならをする  向うにもきつと  向うの不氣味な暗闇の中をぢつと見つめてゐる  向うの催促にはいっさい取り合わない  向うでも好意だけで私に酬いたら  向うの杜に進む  向うに青々とした  向うに高い御殿が立っている  向うに僅かに京橋辺の灯が見えた  向うの隅の所に一人の婦人と校服を著た青年とがいた  向うの方を見てゐた  向うへ帰ってゆく  向うに陣をしいている  向うへ知らせて遣らうと  向うへ飛び込んで行きました  向うは只一度打つた  向うはしかと防ぐ  向うはやつと銃剣の尖で防いでゐる  向うに立つてゐる  向うが危なくなつてゐます  向うへ渡つた兵隊と海の上で出  向うの遠い山のずつと先から火が一つ瞬きをしてゐる  向うに高だかと聳えてゐる  向うの土手の下には荷馬車が一台止まつてゐた  向うにかすかにかがやいた  向うの蓄音機から流れて来る  向うを雁が行くだろう  向うから昇って来た  向うの角を曲ろうとして  向うまでお連れになりました  向うを向き  向うに婆さんが坐っていた  向うに坐っていた  向う濃いしおりが現れた  向うへ放れたと思うと  向うの飯屋へ食いに行って  向うでも戸を開ける  向うの気の違った  向うへ廻った  向うへ一所に立とうとすると  向うに立てた  向うへ顔出しをする  向うの硝子戸を取りまわした  向うから附いておいでなすった  向うへ上って  向うを張れるから  向うの木立へかけて  向うはぴたりと口を噤んでしまった  向うに坐ってから  向うに戻ってきて坐った  向うから群衆を押し分けて  向うを動いていた  向うの甲板にいる  向うの舳は余の眼を掠めて過ぎ去りつつ  向うで暮した  向うの端まで眺めて見ると  向うに連なる  向うの山が見える  向うの支那人も何か云う  向うの家になる  向うの方に支那人の影が二人見えたが  向うの方に長くなっている  向うは広い河原になる  向うはまだ土堤を下りきらないので  向うの方に橋本始め連中が床几に腰をかけて  向うの手荷物を停車場へ運び出す  向うから眼の中へ飛び込んでくる  向うに細長い石碑が立っていた  向うに煙突の頭が二カ所ほど微かに見える  向うに残す  向うに残留させる  向うから持って来た  向うでも迷惑がっている  向うの人を殺したりしている  向うが日本を包囲してしまってだな  向うは武器以上の根強い経済封鎖なんかという方法で此方の首をしめて来た  向うだともいえる  向うの本土には行ってないね  向うの人をドンドン殺しています  向うに立つ  向うに立って  向うにいられて  向うへ行って聞こう  向うでは私の来る  向うへ近づいて行く  向うの船でも気がついて  向うの船に乗り移りました  向うへ行ってしまえ  向うの方に行っていましたし  向うへ越す  向うの言う  向うからやって来た  向うの島へ渡ろうと思い  向うに小さな島が一つ見えてきて  向うに帆の影が一つ見えてきました  向うへ走り去ろうとしていた  向うの丸葉柳の下へ集って  向うに飛んだ  向う通るアキョンドねぶつはれ  向うは暗闇で星が輝いてゐる  向うから人の来る  向うの方に見えてゐた乾いた  向うの谿間から聞こえる  向うに淡路島の横ふ  向うの方には曼珠沙華も真赤になっている  向うを指さす  向うに黒ぐろと和んでいた  向うで点火された  向うへ消えた  向うに並べてある  向うに垂らしてゐる  向うの眼をきつく伏せ  向うの松林で狐が啼きますよ  向うへ姿を消した  向うではこっちを急に見つけた  向うへいった  向うへ投げこみ  向うの軒灯の下に転がる  向うからパタパタと一人の女が近づいてきた  向うの唐紙の更紗模様をボンヤリ見詰めて  向うの家の板塀へ何か打っつけた  向うの曲り角から今自分の立って居る  向う受け本位の芸術となるからである  向うに木がある  向うを指して  向うへいってくれ  向うへいきましょうが  向うに立ち去った  向うの通りに消えた  向うをみると  向うでは好い鳥ござんなれと  向うで半ば體を起した  向うへ靡いた  向うで半ば体を起した  向うの岸は見えない  向うのお浜や隣のお仙等が大騒ぎして見にゆくというに  向うのお浜等までかれこれ噂をする  向うの山を一つ越して  向うでもいくらかいや気になり  向うにつき出した  向うの方が透いて見える  向うの一疋はそこで得意になって  向うをむいていた  向うで好意から取計って下さる  向うへ引込んでしまった  向うの物置きの  向うへおどり越えて  向うでは料理やに上って  向うの空に向って  向うの向うの蜜柑の木がゆらいでゐる  向うに暮れがたの丹沢山がほのかな赤みを薄い薄い藤紫の空の霞に香気そのもののやうに一連に波立てて  向うの山で鳴る  向うへ行ってしまったよ  向うからこう云い出した  向うに据わって  向うに据わった  向うに敷く  向うに胡坐を掻くと  向うの池一面に茂っている  向うから芸者が来た  向うでドクトルになれば  向うでは着られない  向うで世帯を持った  向うを通る  向うから頼み出させるに  向うに寒そうな樹が立っている  向うに反響を起した  向うへ置き去りにして来た  向うで荷物を積み込む  向うの方で余興か何か始まっている  向うは元より気が付かずに過ぎ去った  向うからこう云った  向うから小さい火の玉があらわれて  向うへ越した  向うにも自己同様の念が萌していると判じた  向うへ弾いた  向うへ渡り  向うの意を迎える  向うの魂が遠慮なく此方へ流れ込んで来るから  向うから来たり  向うへ突き抜けて  向うの顔も見ず  向うを行く  向うから襲われないとも限らない  向うに席を占めた  向うに徹する  向うへ刎ねた  向うにまがってしまった  向うに眼を漂わせていた  向うからも鉄砲の音が聞こえてくる  向うを向いていたが  向うにいた  向うへ続いて  向うの道を歩いていたわよ  向うへ駆けだしてネ  向うの白く光った  向うを見て居ると  向うの船渠の方へ出掛けて行った  向うから呼びには  向うから先刻の夾竹桃の家の女が歩いて来た  向うから陽に灼けた  向うへも調査には出掛ける  向うは何一つしゃべらない  向うに廻したからである  向うに眺めては  向うに佇んでいたり  向うが半狂人になるほどのぼせきってるか  向うまで女中に送って来て貰う  向うへはいってしまってから  向うの方に小諸町の一部が望まれた  向うの方が焼けていたで  向うの方から一人の男を連れて来た  向うもまた私の避けた  向うから大股で歩いて来る  向うに消えてしまった  向うに大きな舞踊の場が拡がっている  向うに姉夫婦の屍骸が横わって居る  向うから酔払いの声が聞える  向うから人影が現れた  向うの角を曲ると  向うへ来給え  向うで誰かが怒鳴る  向うの森でまた一せいに啼く  向うが我慢する  向うはもう疾くに考えてあったらしく  向うでもていねいにあいさつをしていた  向うでもボンタンをくりかえして  向うの居間がなんとなく取り散らされた  向うの星空の下からはまだ鳴りやまぬ  向うの本通りへ乗り換える  向うの通りへ斜めに向って走って行った  向うの部屋のほうを見ながら  向うより半七の妹おくめが先に立っていず  向うへ引取られれば  向うより半七は着物を着かえて  向うに行くと  向うの間からきこえて来てゐる  向うに置いてある  向うに見えてゐる  向うをやっつけてやったよ  向うにむけてしまった  向うで又云いました  向うでしんとしています  向うの丘をまわって見えなくなったが  向うの四十雀をだまって見ていた  向うの方へ行ってしまいました  向うに勉強なさいと  向うの考へ  向うに正しく受容れられる  向うには通じない  向うの水などは何だか風のように見えた  向うの景色だの見て来る  向うのことを聞いた  向うにアメリカがほんとうにある  向うを見たら  向うにもう北海道が見える  向うもなるべく穏かに帰る  向うの聞きたがる  向うの望む  向うの突当りにある  向うだって今となりゃ  向うがわざわざこっちへ出掛けて来  向うでは貴方を知ってるといいますが  向うの手にありますから  向うでも急ぐ  向うももう参上りませんといい放った  向うには土手が又一つあり  向うの肩へ打ちこんだと云うじゃありませんか  向うの森の方から静かに吹いてきた  向うの方にかすかな灯りが点いている  向うに黒い物が見えるだろう  向うに建物が見え始めた  向うでは内海の名を知つてゐた  向うから言ひ出す  向うの松林の間から此方へ走  向うの物かげに呉葉が立つてゐて  向うに明るく闇に見えてゐる  向うの西の對にゐて  向うに見えなくなる  向うの北野の小松原の中に住みたいといふ  向うに今生れたばかりの  向うに微かになつて行くのにじ  向うではさびしとはきかず  向うの相手の如何だと思ふ  向うを出た  向うに鰻を獲る  向うの廊下に五六人の人だちの氣勢のする  向うの草むらの中へとかくれて  向うでそれと氣のついた  向うに行かせて  向うから歌の話を持ち出すといふ  向うから緋の僧衣を着た  向うからも進んで出て  向うは先にわたつて  向うでさうでなければ  向うから重さうに粗朶を負うて  向うの方へと行つて崖の上見たいな  向うに筧から清水のちよろちよろと落ちてゐる  向うは少しの場所が畠になつてゐて  向うに町などがあるなどと聞いたが  向うに歩いて行く  向うに行つてゐて  向うへと走  向うには眞面目な顏をして  向うからも見  向うにこんもり茂ってる  向うにぽつりぽつりと真白な花の咲いてる  向うでも僕に好感を持ってる  向うに云わせると  向うの駅で下りると  向うへ着ける  向うの曲り角に見えなくなってしまった  向うも四五歩遠ざかってゆく  向うでもじっと僕の方を見ている  向うでも同じように四五歩退ってしまう  向うも立止るし  向うで答えた  向うの山越せや  向うまで行かうかや  向うへ行き着けるだ  向うに行かうと  向うの山裾の深林の中で鳴いてゐた  向うや此方でわるいことをした  向うの山脈の中から出て  向うで出  向うの暗号が全く解けない  向うにぐんぐん流れゆく  向うに坐り  向うの人のものになってしまう  向うの者の怪我であると云う  向うの椅子に坐らせました  向うは二軒長屋になっていて  向うの彫金師の細君のいもうと  向うのおばさんがいらっしって  向うの家のなかからどっと若い娘たちの笑いくずれる  向うの草の中をごそごそ云わせて近づいてくる  向うをむいていて下さい  向うへ逃げ去った  向うの家に貰ひに  向うにしてみれば  向うの女給たちに呼びかけた  向うで折れべき  向うの机を占領している  向うの足を見ると  向うで万歳と云う  向うの岸に往かんとし  向うの真中あたりに来て  向うから走って来た  向うの隅に真鍮張りの大トランクがあって  向うに鷹が来ている  向うをむいて立っている  向うの門の処まで来てみた  向うへ消えたと思うと  向うの丘の薄陽の中に浮びあがって見える  向うには柳のこんもりと茂った  向うへ下りると  向うに白骨温泉の家屋が目に這入って来た  向うへ寝返りを打ったと思うと  向うへ沈もうとしている  向うに見えなくなるまで見送ってから  向うはのぞかれはしない  向うは無事でもこつちは  向うにごたごたが起った  向うの小さい床の間を見入っていた  向うにばかり氣をとられて  向うの端にいる  向うに通じない  向うへ到着して  向うから夫婦者らしい二人が歩いて来る  向うの霞の中に見える  向うの車がすれちがう  向うの車がサンキューと云ってすれちがうかと  向うも後退して  向うに飛鳥の地があって  向うの宿へつかなければいけない  向うの崖をごらんなさい  向うの崖に黒い岩が縦に突き出ているでしょう  向うの杉のついている  向うの河原は可成広いし滝までずうっと続いている  向うの河原のを動かそう  向うに黒いみちがある  向うの岸の方にうつろう  向うにも一つ滝があるらしい  向うの崖は明るいし声はよく出ない  向うだけは土が落ちた  向うの方にたくさんの人が動いていた  向うの方へ往っていた  向うにゐる  向うの御用屋敷内の御薬園で出来た  向うの雑木林をぬけようとしていると  向うの方にうつると  向うを飛ぶ  向うへとんでいった  向うからひょっくり顔を出した  向うのお腹をふとらせるか  向うで喋ってくれるぞ  向うに聞かれちまった  向うに明るい灯が輝いている  向うの人家からぱっとさす  向うが悪いんだと昂然と云い張る  向うから道を譲って  向うの町にも彼の噂は伝わっていた  向うを向いてしまった  向うに見えるでせう  向うの岸に上陸した  向うから見れば  向うの品ものがそのままこっちへ渡るというだけの  向うの家の婆さんが下敷になっている  向うに焼けのこりの  向うから赤錆びた  向うから頻りに槇氏に対って頷く  向うから馬も来るよ  向うから呼んでくれた  向うから発する  向うへ飛び退き  向うの隅から城太郎が異議をいって膨れる  向うから突き開ける  向うを張って見るか  向うの端から取ってよ  向うで患った  向うでも止めました  向うの四ツ角に立ている  向うに鉄道馬車が一台こちらを向いて休んでいる  向うの杵の音に又おどろかされると云う  向うの方へ遠のいていった  向うの野原もなんにも見えず退くつな  向うの方へ行きました  向うの岸に泳ぎ渡す  向うの辻の柳も射ない  向うへ抜けて  向うへ越すと  向うの百日紅の樹の下に立っている  向うは知らぬ  向うに真暗な納戸へ逃げて  向うの谷で劃られるが  向うに次の部屋へいく  向うへ歩みだした  向うの方へ歩いていった  向うに町角が見えた  向うにポツンと二階建らしい倉庫のようなものが立っているが  向うに火の消えた  向うの辻を透かしてみた  向うの街の灯が微かに射しているので  向うには一斗以上も入り  向うでしきりに謝っているらしい  向うは躍  向うに廻し  向うの山脈を薄桃色に染めている  向うのはしから茜さんがひどくまっすぐな姿勢でこちらへちかづいて来た  向うの傾斜の上の方に僅かに木小屋が一軒残った  向うの町つづきに  向うのまがりかどから  向うに白湯気をあげている  向うに見合せて  向うまで逃げ出してゆく  向うへ押しやられて  向うの気持はわかるけど  向うへ連れてゆきますから  向うからピジャマを着た  向うまで駆けて行って  向うに小川が見え出した  向うの奥さんの私行を吹聴して歩かうとするかも知れない  向うを眺めた  向うには薬研なりに石垣の崩れた  向うに繋いで  向うの料亭からは賑かな絃歌のさざめきが  向うがわはもうまっ赤にもえ上るという  向うから火の子がふりかぶさって来るという  向うの岸にひなんしていた  向うの家の仁に顔を合わさしまへん  向うに化粧室らしいものが見える  向うに消えてゆく  向うの隅にある  向うから一人の麗人が静かに歩いてくる  向うの方へ逃げていくな  向うに行く  向うに人家が見える  向うに彼の予期しない  向うから声をかけられた  向うで呶鳴る  向うの池谷邸に入っていった  向うの壁に向いた  向うの相客に助けを求めようとしたが  向うへ聞える  向うは男子の恥る  向うの山の格好を見て言いあてる  向うの藪には赤い椿が咲いて  向うの大百姓の家のお嫁さんが生姜を堰でせっせと洗っていた  向うの欄間にかけてある  向うの方へ御旅行になった  向うにいましたの  向うに農場があって  向うで伊太利領のトリエステまでいって  向うにも池があって  向うの方へ走らせて  向うでも私の姿を認めた  向うでも私の手紙を見て  向うに入ってしまいました  向うに赤松の丘を眺める  向うはもう坦々たる村道になっている  向うにお墓がある  向うへおいでになる  向うの言葉でお話しなさいますから  向うの松林の上を動くとも  向うへ渡ってからも  向うへ素早く渡って見せた  向うへ着くか着かないのに  向うへ帰ってしまいました  向うの汽車はすぐ近くになりました  向うの汽車もとまりました  向うの汽車からも火夫が一人おりてきます  向うの男になぐりかかりました  向うの男の姿がきえて  向うでもとまって  向うへ行こうとした  向うへいっては  向うから除雪車が来る  向うから顔を出す  向うではカフェのテラスに人がまばらに腰かけて  向うからやって来る  向うの室から何か云いかけた  向うの室にいた  向うから自分達の生活を透し見られてはすまいか  向うへすたすたやってゆく  向うは変な顔で見返すし  向うでは素知らぬ顔で通りすぎてしまう  向うでも会釈を返した  向うでは笑いながら答えた  向うから先を越されて  向うからこう云われた  向うから私へ云った  向うへ落ちた  向うに渡ると  向うへ出  向うの階段の下では手拭を冠つて尻端折つて箒を持つた  向うには名を知らぬ  向うの横の方が茶の間になって居て  向うの向うを眺めてゐる  向うへ入る  向うを指し  向うを見込み  向うに見とれ居る  向うにもう一つ隠れ座敷があって  向うのはずれは高い草の崖になって  向うへ戻りました  向うを歩いていましたし  向うから覆面の野西がタッタ一人でスタスタと小急ぎに近付いて来  向うを向いて仕舞った  向うのブランコへ飛乗ると  向うのブランコへ飛移る  向うの話し声は手にとる  向うでドンをやっていたら  向うの腹が見え透いているじゃありませんか  向うの本桟橋の突端に横付けしている  向うの話し  向うの薬棚から取出した  向うでもこちらを見て  向うの土手のところに山羊の一群が居り  向うの柳のかげに隠れたりする  向うの流の方には釣してゐる  向うの空にはけろりとした  向うは二たび一つの高原を形成してゐる  向うへかくれて  向うを通るとみえて  向うの鋪道に友人が立っていた  向うから休ませられたり  向うが海になっている  向うは気がついていない  向うに遠く離れて  向うでは胸がどきどきした  向うをむいてしまう  向うに取り残された  向うに毛抜き屋があった  向うに名代の紅梅焼きがありました  向うに竹屋の渡し船があって  向うから頼みに来た  向うへ立って  向うの通りに竹葉館という興業ものの常設館が建って  向うへ廻ると  向うでも張る  向うは決して出て来ない  向うへ吹いて行く  向うへ投げ出す  向う隣りの桃代の家へ駆けだしていった  向うの行燈に仰向けに倒れかかって  向うでも変だと思ったらしいが  向うから人が来る  向うから挨拶をします  向うの樹の根に身震いして立っているが  向うが苦しがれば  向うの室の床柱を背負って  向うを見渡したけれど  向うから自動車が一台やって来た  向うの同業者へ呼びかけた  向うへは着かないだろうね  向うの左曲りのカーブを教える  向うへ浴びせかけた  向うの松山を眺めながら  向うにいて見給え  向うへ来て  向うを歩く  向うのテエブルの上に林檎やバナナを盛った  向うにあった  向うの松林へ歩いて行った  向うのロッビイの隅には亜米利加人らしい女が一人何か本を読みつづけた  向うには親子らしい男女が二人坐っていた  向うから断髪にした  向うには外国人が四五人テエブルを囲んで話していた  向うの窓硝子は斑らに外気に曇った  向うに海のある  向うに一面に灰色に曇っていた  向うへ横に切って  向うの二階で拭き掃除をしていた  向うを滑る  向うではこっちに気がつかぬらしい  向うも眼を光らして見送る  向うが漕ぎやめるまで  向うでは相変らずの  向うの汽船発着場へ行くと  向うが五秒早くたって  向うはもうへたばったぞ  向うの方から歌声がするので  向うにゐて見  向うのテエブルの上に林檎やバナナを盛つたのを見た  向うの松林へ歩いて  向うのロツビイの隅には亜米利加人らしい女が一人何か本を読みつづけてゐた  向うには親子らしい男女が二人坐  向うには外国人が四五人テエブルを囲んで話してゐた  向うの窓硝子は斑らに外気に曇つた上に小さい風景を現してゐた  向うに一面に灰色に曇つてゐた  向うに残紅をとどめていた  向うに光つてゐる  向うからそう出られちゃあ  向うから行き違って  向うから妙な行列が来る  向うの席に有名な某音楽家の家族連れがいる  向うの双子山の麓のところで山を崩して  向うに擴がつてゐる  向うから一塊りになつてぞろぞろやつてくる  向うのお母さんばかりがその気になつてゐて  向うへ僕を連れていってくれない  向うはいつでも霧がかかっていた  向うの彼女を知る  向うへ消えて行く  向うで何をしてるの  向うの彼女を知ろうとする  向うで僻んでいるの  向うの靄の中に消えてしまった  向うの空に光っている  向うへ行ったとて  向うの闇の間から返事をして  向うへ張り出した  向うの人も病気で悩んでいる  向うでも聞きてえ  向うへ行こうとする  向うの山に密生してゐる  向うの方をまだ馬車が來はすまいかと  向うへ走った  向うを向いてゐ  向うに行燈が置いてある  向うで捨てぬ  向うへ廻って  向うへ飛び越えて行けば  向うの岸をしばらく眺めている  向うが逃げて行く  向うへも手が廻っている  向うから神尾の名を呼ぶ  向うを向いている  向うに知合いの宿屋があるから  向うが折入って  向うが往生してしまうんで  向うに働かして  向うで折入って来るから  向うの話ばかり聞いていても  向うでは知ってるだろう  向うの方へ連れて行かれた  向うは土地馴染のある  向うの岸へ合図をしろ  向うの遠い所から人が来ます  向うの山の手の一粒に見える  向うの山の上の方に目をやって  向うに六角の家が見えました  向うの白いかげもかすかな美くしい  向うの山はボーとかすんで居ます  向うの山のかげに吸い込まれて  向うには高い火の見櫓が立っています  向うはちっとも気がつかないで  向うでは笑い物にされる  向うから因縁をつけて来たという  向うはちょっと調戯っただけの  向うにひろがった  向うはするりと横へ抜けると  向うに杉や松の茂った  向うに二軒の茅屋が見える  向うへツツと飛び越して  向うもマンザラな挨拶はすめえから  向うからやって参ります  向うへ越えて  向うの蔭をば極めて水のゆたかな狩野川が流れてゐるが  向うの方を暫らく見込んでいた  向うではわかりません  向うで一人殺られた  向うの方へ反らせます  向うを向いててくれないか  向うは松と椎と楓とで暗くじめじめと繁つてゐた  向うの開き放した  向うに丸い芝地が見えた  向うは赤星ジュリアを尋ねていった  向うで手を洗った  向うにフラフラ動いていた  向うを怪人物が裸身の矢走千鳥を乗せた  向うの畠の中に自動車の屋根のようなものが見えるので行ってみました  向うでは僕一人が会うという  向うへふらふらと歩いていった  向うに渡った  向うから電話を掛けてくれる  向うがはたして誠意をもって話してくれている  向うの誠意を哀求する  向うの腹を確かめて  向うのところを委しく訊ねると  向うの逢阪山の峰つづきにあたる  向うの山裾の小山の字まで探ねて  向うへ向うへとどこまでも歩いて行った  向うに渡っていった  向うに渡って  向うへ行ってしまったから  向うは畑になってる  向うから開いて  向うを見込んでおります  向うの女と結婚して  向うの官に近い土地は日毎に変っていた  向うから先手をうって  向うに吹きだまりをつくっていた  向うへ寢返りをした  向うに島の中心をなす  向うの楠の大木が今にもちぎれ  向うにあって  向うに起る  向うの暗がりへ行ったり  向うの榛の木の林から猟犬の駈け下りてくる  向うへなげられた  向うのお座敷で飲みなんし  向うにモジモジとして坐っています  向うの木蔭から蛇の目の傘が一つ出て来ました  向うの水車小屋の方へおいでになりはしませんか  向うへケシ飛ばされて起き上れない  向うに同情が向く  向うがわるいと思っている  向うに台所や湯殿がある  向うへ商用に往復致しておるでしょう  向うで忙がしかった  向うの長い道路をのぞき込んだ  向うから戸川さんがやって来る  向うに母屋が見える  向うを見れば  向うのアパートの前にある  向うはゆつくり  向うへ下って行き  向うからは群集がそろそろ首をもたげて  向うへ渡らねえ  向うを廻って  向うで道を変えたかな  向うが見えないので  向うに廻す  向うが弱過ぎる  向うへ行っちまう  向うから役人みた  向うも身分があらっしゃるから  向うに黒く見える  向うへ行って附ける  向うは見えねえ  向うの屋敷道に小さく提灯の火影が現われ  向うへ逃げました  向うはどう出るにした  向うにまはして  向うへ引越したい  向うがいやだつて云つたらどうなさるの  向うの事務所の人には何もいはずに来ました  向うの要求は具体的になつて来ましたが  向うから狸を受取りに来る  向うで人夫を入れ  向うでまたいろんなわからない  向うでちよつとやりかけた  向うでなんか面白いことおありにな  向うが向うなら  向うの不潔な野心を黙許して  向うはすぐ台所の板の間で炉が切ってあって  向うで起きた  向うの端へ松五郎を寝かして  向うの床の中へ這入るとか  向うの端へ松五郎が寝まして  向うへポンと飛んで  向うの座敷へ参って居るか  向うへ挨拶なら此方へも挨拶だけ来て貰わねえばなんねえ  向うへ来て居る  向うは柔しい  向うへ往く  向うの野郎逆蜻蛉を打って落ちたので  向うでも打擲した  向うを張りまするので  向うの離座敷で暴れ廻る  向うで打つから  向うへまた下駄を穿いて往くと  向うの方から怪しい人影が見えた  向うに先に感づかれると困るよ  向うが隠す  向うの信頼に乗じて  向うに大山が見えて  向うの岸へ渡いた  向うの岸の砂にさいた  向うに来ると  向うにまわしての  向うには洗濯屋の物干が  向うへ通しておいてくんな  向うへ送れば  向うへ打倒れた  向うへ歩んで行きながら  向うの板留まで歩いて行きました  向うが切り込んで  向うだから萬事におくれてゐるだらうと考へた  向うはとうに氣がついて  向うの房内をすかして見て  向うはまつ  向うに生垣があって  向うの柱へ貼り並べられました  向うの崖道を七兵衛と共に歩いて行った  向うを張ろうという  向うの林に柿の木が見えましょう  向うの家の娘も歌留多の集りで遅くなって  向うへ女が一人行く  向うの微かに遠い処に赤い煉瓦がある  向うの高い山の上に白いものが見える  向うに着いてから明ける  向うの海岸に卸しておく  向うに廻しての  向うを見ろよ  向うから無提灯で来た  向うの船と出  向うにポツンポツンとついている  向うの船に渡つて見たら  向うの隅とこつ  向うの土間で坊やを相手に豆をむいている  向うの部屋にさしている  向うから声があった  向うから声がして  向うへ姿を隠した  向うの垣根の下に露を含んで  向うの岸へ着いた  向うでは類は友の中間同志が一塊となッて話を始めた  向うの薄暗い木の下に非常に生えている  向うの叢を一心に見て  向うの方を尋ねて見ましょう  向うかも知れぬ  向うを見渡すと  向うへ延びて  向うはわたしに気づかなかった  向うでこっちを征服してくれる  向うへ投げた  向うへ行ってしまい  向うもやはり無言のままわたしを見つめた  向うの下絵によって写したと  向うへ持って行けば  向うから人がやって来るぜ  向うにして  向うのいう  向うは眼が見えない  向うへは通さぬ  向うへ寄っていな  向うの方の材木を伐って売り払い  向うから自動車が狭い路にも係らず  向うは一遍で降参をしてしまいます  向うの云う  向うの家の中に人が大勢立って  向うへ着かない  向うへ坐らせて  向うの岸さへ定かならず  向うへ逃げていきました  向うの窓の方に寄せて置いてある  向うの空を眺めて居る  向うからただ一人歩み来る  向うへ抜け  向うの横へ曲って  向うへ渡って行った  向うた不断の潮流がある  向うの別な椅子にもう一人よその人がいる  向うにもあるよ  向うの廊下から妻の母が急いで来た  向うはあんな立派な西洋館に住んでゐる  向うに外の明るみが見え出しました  向うのテイブルの上の踊の女の人を見つめてゐました  向うへ行きたけりゃ  向うの食物に嗜味を執拗にされた  向うに廻して荒れていなければ  向うにありますよ  向うの村へ渡って  向うから落ちて  向うへと渡す  向うには佐渡の山々が淡く浮いている  向うに青く見えているかの  向うに飾ってあったが  向うには三階建の赤煉瓦にかすかな苔の生えた  向うの岸へ駈け上がりかけている  向うは日野春と富士見の二つの停車場のなかほどでおわる  向うのはしに三人の男が恐しい  向うへ差出し  向うの廣間に置いた  向うの広間に置いた  向うに下りて  向うの突当りの  向うの岸に着く  向うへ歩いて行きました  向うの眼はまるで黄金いろでした  向うの黒塗りの時間表を見ながら云いました  向うにわかる  向うを銀の円鏡のようになって走り  向うの端になって居ります  向うから一人の黒い小倉服を着た  向うでは少しびっくりしたらしかったので  向うで終業のベルが鳴りましたので  向うへ彼は消えて行った  向うには庭のアカシヤが枝を伸して居る  向うに現れました  向うから私が十両借りた  向うの村の医者ン所へ行ったら  向うには何でも適中るという  向うの方には朝鮮人も起きて  向うに連った  向うに坐ると  向うの監獄だのはいつの間にかどこかへ消え失せていた  向うでも歌っていてよ  向うの人きっと怒ったのよ  向うの山でも唱歌を歌いましたよ  向うでも誰だって言いましてよ  向うの山へ響くと  向うでも馬鹿野郎って言いましたよ  向うでもやさしい事を返してくる  向うの興居島に達する  向うに富士のうしろ姿を眺めた  向うの隅でかけてる  向うにはいっていった  向うにいろんな瓶の並んでる  向うに引込んで  向うへ遠のきました  向うの窓には白い顔の群が消えてしまっている  向うの建物の窓に誰もいない  向うを指し示して  向うに着いても  向うから来てゐる  向うの此の屋敷町が直角に曲る  向うの凶作地にあなたが働いて居る  向うに廻しながら  向うの窓から覗いて見たが  向うにかくれている  向うに一つの洞穴があって  向うに宵闇の迫る  向うへつきぬけた  向うに持っている  向うは地勢が次第に低くなっている  向うの草原に落下した  向うにすべり出そうとしました  向うにぼんやりと山と山の上にかすんで見える  向うへ飛び込んだ  向うの橋詰までくると  向うでも少し気まずくなった  向うで心をなおしてくんねば  向うでも懇望したくらいだから  向うが身上がえいというので  向うで言うにゃの  向うは判りきってる  向うも出る  向うの方からこっちを見たら  向うへくれる  向うの家の軒を指して  向うへ逃げ出した  向うには極めてエロチックな形相をした  向うの方から農夫らしい風をした  向うへ消えて  向うのふす  向うはこっちを向いて  向うに眠ってる  向うには一層深い霧が淀んでい  向うにもまたいた  向うに居た  向うへ行くと  向うの庇の下に動いている  向うにけたたましく何か爆ぜる  向うの方にほうりつけて見たり  向うの森を見て居る  向うを一杯にして置くので  向うで幽かな人聲がした  向うへ着くまでに  向うへ消えてしまう  向うのひ  向うの橋へ行く  向うにぼんやり見える  向うの席に居た  向うへまわって行って  向うへめぐり  向うへ行きました  向うの席に座ったばかりの  向うの方の窓を見ると  向うの席の燈台看守がいつか黄金と紅でうつくしくいろどられた  向うの青い森の中の三角標はすっかり汽車の正面に来ました  向うにさめざめと光りながら  向うの方へ飛んで行く  向うの窓のそとを見つめていました  向うとこっちの岸に星のかたちとつるはしを書いた  向うに三つの三角標がちょうどさそりの腕のようにこっちに五つの三角標がさそりの尾やかぎのようにならんでいる  向うの窓を見ながら叫んでいました  向うの出口の方へ歩き出しました  向うの河岸に二本の電信ばしらが丁度両方から腕を組んだ  向うの窓ぎわの卓に就いた  向うの卓で薔薇色の娘がそう甘える  向うまで引いていた  向うまで引いている  向うでもこっちの事をそれと同じように考えているかも知れない  向うへ離れる  向うの水と空と接した  向うの襖の下へピグミーが現われました  向うの降り口を鍵の手に廻り  向うで云ひ出すだらうと  向うにぼんやり見えてゐる  向うの席に坐つたばかりの  向うへ行つてしまひました  向うの青い森の中の三角標はすつかり  向うにまるでけむりの  向うの席の姉がひとりごとのやうにこつちを見ながら  向うの窓のそとを見つめてゐました  向うの窓を見ながら叫んでゐました  向うの河岸に二本の電信ばしらが丁度兩方から腕を組んだ  向うから青じろいのろしがまるでひるまの  向うに見えなくな  向うにそびえている  向うをさびしく渡った  向うに落ちて  向うにまっ白な湖を見た  向うに音なく湛える  向うを向きました  向うの鶯いろの  向うの断崖に沿うた  向うは向う  向うへ続いている  向うへいけ  向うから都合悪いといって来たからって  向うへ流れて行った  向うに廻して立つ  向うを張らせ  向うの室から聞えて来る  向うの方に置いた  向うの路地に飛ぶ  向うの窓へ呼びかけた  向うの部屋の普通の電燈が消えた  向うに稲妻型に裂けた  向うの尾根の裏側にあたるだろうから  向うの好意だと推察するならば  向うの誤りだと推察出来ない  向うに仄かな明るみが見えていた  向うを信頼すべきである  向うの室の客の話声も途絶えていた  向うの店に行って働く  向うに到着の葉書が一本来た  向うの室で眠っていた  向うの室に保子と隆吉とが寝てるという  向うの好意に甘える  向うの問いに構わず尋ねた  向うの好意から出た  向うへ行くので  向うから先を越された  向うへ座を立って行った  向うに黙っている  向うの人が喜んでいた  向うから貨物自動車がやってきて  向うの室にはいった  向うの室から出て  向うの室にはいると  向うの室に知らない  向うがそのつもりならこちらは反対に出てやれという  向うに来てる  向うの室へちらと目配せをした  向うへ横切った  向うにぽっと明るい広辻の見える  向うの隅に立って  向うの灌木や芝地になだれ落ちてる  向うの襖を開いた  向うにお清が眠っていた  向うの端からお清の顔が覗き出していた  向うの長椅子に半身を横たえた  向うへ引き取られれば  向うから鮭をさげて来る  向うに引き揚げられている  向うは向うで  向うを遮っていた  向うで声をかけた  向うから撮る  向うに仕事をしていらっしゃる  向うへ担いでいけ  向うへ行って訊いて来ますから  向うが寂しいところで若い奉公人などは辛抱する  向うじゃあ忘れずに  向うも大自慢だから喜んで見せるでしょう  向うでそう云うなら  向うじゃあどんなに恩に被ても  向うで男が出来てしまった  向うに廻わして禅学の弊害を説教する  向うの獄舎へ提灯が近付いて  向うの獄舎から出て来て  向うから笊を前後に荷いだ  向うへ降りたが  向うの禅宗寺へ逃込みますと  向うの酒屋で一杯やろうか  向うで太鼓をば敲きよる  向うから祟る  向うではこっちの顔を見知っていて  向うで何か羨ましいとか小癪にさわるとか思って  向うでは別に祟るというほどの  向うに荒神様が付いている  向うから渡ってくる  向うには畑を隔てた  向うの田圃路に狐火のような提灯の影が一つぼんやりと浮き出した  向うの丘へのぼって行った  向うへ渡そうとする  向うから受け取ったか  向うでは気がつかないらしく  向うから彼の少し皺めている  向うでもじろじろ視る  向うが廻って来る  向うの方から炬火が一つやってくる  向うの本には依れない  向うから頻りに乗り気になって  向うから一分の金をわたくしの手に握らせてくれました  向うでも引っかついで行ってしまった  向うでもその呼吸を呑み込んでいるので  向うから返事をくれたか  向うの堤に着いて  向うの街燈の下を抜けて  向うの警察から直ぐにやって来た  向うの根拠地を出漁したと云う  向うへ飛び退いて行った  向うの奴に贋金を掴ませられ  向うに誰かが存在している  向うに列んで居りまするは  向うが見えませんから  向うから頼んで来たくらいですから  向うに二重の腹があるなら  向うでいま会いたがらない  向うのはしまでわたりきると  向うから熟柿が覗けば  向うから二人の男が来る  向うでは十両出せと云う  向うへ動き  向うの空地へ映ったが  向ううつむけに沈んで行く  向うへ坐るか坐らないに  向うを御覧になると  向うの下の方に見える  向うで錨を下ろした  向うに泊つてゐなくてはならなかつた  向うへ着くや  向うに着いて  向うから吹く  向うへは聞えない  向うの大きな砦には誰が住んでおる  向うへ下った  向うから顔を見せた  向うの飛行機が飛んでいた  向うへ馳せ出した  向うの谷かげに消えてしまった  向うの雪の上へおりて行った  向うには偉大な灰色の海が鋼鉄のような青白い光りを持っている  向うの河岸縁を赭く染めているだけだ  向うに当って  向うを張る  向うから推輓する  向うの岸へのたりついて  向うの谷間にある  向うはたかのしれた  向うは拍子抜けがしてしまい  向うの方に膝を突きながら  向うに私が来て坐っている  向うに静かにして坐っている  向うは人を騙さにゃ  向うに座を占めながら  向うの人にも深い義理がかかって  向うの人間にどれだけの恩義を被ているか  向うからは変らず  向うに廻しているくらいなら  向うではよく知っていると思われて  向うに徹しなければならぬ  向うではその心でなくても言々句々縦横無尽に私の肺腑を刺した  向うに見て  向うを向く  向うに腰を掛けた  向うまでは吹くまいが  向うに坐らせて  向うを張らせる  向うを張らせるには  向うに一人ありと信じ  向うに何があるかという  向うに愛がある  向うでも何だか気が置けて  向うで云う  向うの窓側に据えてある  向うでも窮屈を感ずる  向うからも来た  向うを塀が縁と平行に塞いでいるから  向うに坐った  向うの話だけに耳を借す  向うの堀の方へ進んで行く  向うの部屋から顔を見せている  向うの見繕いに任せて  向うへ取って  向うを汽車が素通りにして行く  向うの親との間にその下心なきにあらずで  向うの人がどんなに悦ぶでしょう  向うの心を惹きたい  向うで差上げよう  向うの家の屋根にとまつて居て  向うの家の屋根に沢山集つて騒いで居た  向うの屋根へとび  向うの屋根を見上げながら  向うの方で立ち止つて  向うの家の茅屋根から水蒸気が立ち上つて  向うへ着かなかった  向うへ乗物を舁いてゆく  向うで何をするか知れ  向うの方はモー出来ている  向うで御飯を食べずに帰って来ます  向うの岸へ流れ寄る  向うの通りからガランガランとやかましくベルをならしながら  向うから声を掛けた  向うから寄る  向うの爆撃機が八千メートルとか九千メートルとかの高度でそっと飛んでくれば  向うの街角にした  向うの角を入ると  向うの辻に消えた  向うへは渡られませんよ  向うの対手より土間の足許を俯向いて視つつ  向うの席に就いた  向うの峰の日脚を仰向いて  向うへ連れて行く  向うにかうして  向うへ押しやると  向うからいわれるまでも  向うの小柴のひばりさんにでもあげる  向うへ抜けると  向うを尅殺せねば  向うの肝癪が募るばかりである  向うへ越して  向うより勢いよく馳せ来る  向うも大抵お友達気取りで来る  向うの川原から来て  向うへ突きやり  向うも驚か  向うに大きなお料理屋があるでしょう  向うにまだじっと坐っている  向うの山へ千松がと来るだろう  向うへ引張っていった  向うに廻しては  向うの放送室で呼んでいる  向うは何しろ軍需品工場ということだからこっちから無理に頼む  向うからやって来ますぞ  向うにはまた隣村の同類が啼いている  向うに働いて居る  向うの葡萄園の方からしぼりの  向うの偉い人達を呼んで  向うを見送っていた  向うは人通りもほとんど途絶えた  向うの蓆壁にかけられて  向うを透かして見ますと  向うには牛小屋があるらしい  向うの御爺さんを覗いているに  向うの方から同じような飛行機が来て  向うへかけだしてゆくと  向うに見えます  向うの灌木の中から背の高い若い外国婦人が乳母車を押しながら  向うでは私のことに気づかないらしかった  向うの方に霧のために見えたり隠れたりしている赤茶けた  向うの川で見た  向うの小さな木橋を渡り  向うの小高い水車の道に面している  向うまで氾濫していた  向うに聳えていた  向うへ行っての  向うが自分の我儘に屈服したとは  向うに大きな帆が見える  向うに廻しても  向うへ投げ出した  向うへ突っぱしってポーッと笛を鳴らすという  向うへ駈けて行った  向うから先に言葉をかけた  向うの線路に出ていたが  向うに投げ出されている  向うに花房って家がありますね  向うで長談義に痺れを切らしたとしか思えねえじゃねえか  向うに葬式彦兵衛の顔を見つけると  向うの木の下でお新さんの屍骸を見つけ  向うで涙ぐんで  向うがぽうっと赤らんでいる  向うに赤城から築土八幡につづく  向うの方に帰ってゆく  向うに私を坐らせて  向うからついぞ訪ねて来た  向うで二つの黒い影が固まり合って動いている  向うへかき消えてしまいました  向うの家の戸口へいって  向うに旧知の八面山がその城壁のやうな姿をあらはして来た  向うの唐紙をあけると  向うの座敷のほうにごろごろしております  向うへ行けという  向うから口を入れた  向う隣りの部屋に寝んでいた  向うの海を見てゐた  向うでおきる  向うの方へブラブラしちゃ  向うのきしにさしかかれば  向うの山には古塚がある  向うに廻さねばならぬという  向うに廻そうなどとは  向うから買うべき  向うへ盛んに売り出す  向うから持って来て  向うの鉄砲だってこっちの人間を殺せる  向うへ向けて  向うの国を亡ぼし  向うへ行っても  向うの方が山陰道になる  向うを向いてる  向うは祖父をよく知っていた  向うを辱しめてやろうと  向うで何か動いてる  向うからはいって来ようとしてる  向うで人々が動き回っていた  向うの暗い部屋から顔だけ出すと  向うへ逃げて行くわ  向うから二人走  向うに隠れてし  向うで言ふ  向うの室に弟たちの忍び笑いが聞えた  向うの顔を見てやった  向うにすわってる  向うで聞かぬ  向うに隣りの  向うが脈の走っている  向うを指している  向うはすぐ大海原でどどんどどんと大きな濤が人の世を威嚇しに来る  向うの山へ登らぬ  向うへ飛び下りた  向うに白壁の一構が見える  向うの床几には二人かけている  向うでもって  向うのこんもりした  向うの金堂や塔などが立ち並んで  向うに雷の村が見えてきました  向うに白く赫いている  向うがわの座席に変わった  向うの山に白い花がさいていたぞ  向うの藁屋根の下からは七面鳥の啼き  向うの馭者が問うと  向うの橇とすれちがおうとする  向うの馭者が何かはげしく自分の馬を叱したので  向うの橇はすっぽりと幌を下ろしてはいるものの  向うの上国の檀那親方を祝き廻る  向うの岸についてしまって  向うの一方の庭木立を潜って  向うを走る  向うの岸へ舟を渡して行って  向うの岸にも船頭小屋があり  向うの小屋に何をしている  向うの岸を見つめていたが  向うに泊っている  向うで勝手に来る  向うをのぞくと  向うから陽が出た  向うの山に三度ばかり浪の調べを通わすほどに  向うへのめって  向うへ通る  向うから声をかけたっけ  向うへは誰も通抜けた  向うの小沢に蛇が立って  向うの隣りの  向うに見てゐる  向うを愛してると  向うを理解できる  向うがすぐれてる  向うには夕靄に浸った  向うをきまり  向うの女に聞かせたくなった  向うの様子を知らない  向うの窓の方へ両腕を差出した  向うの人を傷つけたと思う  向うの人にますます同情を集めさせ  向うの家の窓を見ない  向う向いたまままた眠った  向うが先に着いて  向うは溝になっていて  向うの人もなかなか熟れた  向うの岩に大小二つの滝がかかっておりましょう  向うを張らせておどかしたが  向うに池のある  向うへ逃げて行ってしまった  向うの浅瀬に佇んだ  向うからながらみ  向うに元の家の取り払われた  向うから白い服を着た  向うの杉の森の上あたりで姿は見えなくなってしまいました  向うの方へゆかれましたが  向うに机のようなものが転がっていて  向うはたいへん落付いています  向うの森の方へ行って見えなくなりました  向うの電話口から聞えました  向うに傾きかけた  向うの左手の扉を指しました  向うへ出てゆきました  向うに妙な場所があります  向うへ駈け出していって  向うに火が見えるぞ  向うへジリジリと押しかえしてゆきます  向うが開いているでしょう  向うの山との谷を見ると  向うの方がまたがさがさいうので  向うに踞って  向うの細工場に立ちもせず  向うに望んだかも知れない  向うの谷に暗い淋しい池があって  向うの見通される  向うまで往っていた  向うの崎を越すと  向うでは前から私だと知つてゐたらしく  向うの連中と一緒になつてゐて  向うの野はらにぶつかる  向うが開きますまいなどと  向うへ進まれぬ  向うの幕の間から先生の片眼がチラリと見えました  向うへ伸ばして  向うの山が崩れた  向うの方で頻りに水の時の話をしてゐるのよ  向うに浮び出させる  向うから笑いながら  向うから追つかけて来る  向うがやるという  向うの林を墨絵のようにぼかしはじめていた  向うに烟を吐く  向うがこっちよりも強い虫を持って来ればかなわない  向うの町角を曲る  向うの坂の下に小さく豆粒のように見えます  向うへ押されてゆきます  向うへ歩いていきました  向うに一棟の倉庫が見えます  向うの欄干の辺にゐた  向うに腰掛けている  向うに御座います  向うから例の恰服の好い紳士がこちらへやって来る  向うに越ゆるは  向うで人の声がしきりにガヤガヤとしだしている  向うへ下るにしても  向うの屏風の中へ寝た  向うを可愛ゆく思って  向うの方へすくう  向うから何十匹とも知れぬ  向うの岸の野菊の中から頭を出す  向うに翠の濃い山が見えて  向うへ走りゆく  向うから来るは  向うの座敷にいっている  向うでもこちらを認めたと思われて  向うからそんな不足をいうので  向うに通わぬであろう  向うの河原の芝生が真青に萌え出でて  向うへ入った  向うの隅に長火鉢だの茶棚などを置いてある  向うの左手の一間の床の間にはちょっとした軸を掛けて  向うの口髭にさわりました  向うの角にも二人立つてゐる  向うの軒下から一人スーツと出て来た  向うの角から取壊しにかかるから  向うを向いて寝てゐた  向うの端から取壊しにかかる  向うが平気で随って居る  向うの榎木の蔭で貴女の出て来る  向うの請求に応じますの  向うの片隅に小さくなって  向うの樹の下に燈りを持って居る  向うの方へ傾いて居る  向うへ駆けていた  向うの峰へ取りつく  向うの船まで届かない  向うに微かに灯を見せている  向うに洞穴の口が一つ見える  向うを目の上に手をやって眺めはじめる  向うの洞穴へ登って行く  向うに行ったら  向うを注意してながめました  向うでも立ちどまってしまいました  向うには勿論花で飾られた  向うの異教徒席や異派席とプログラムとを比較しながら  向うのあの連中がやる  向うではよこすと  向うを見て云いました  向うには懇意な人々がいるから  向うに行って  向うから誘いの葉書を寄した  向うには幅一尺ばかりの溝があって  向うへ行ったり来たりした  向うを渡してある  向うの高い橋の上をゆるゆると通って行った  向うの言葉に答える  向うに立ってる  向うへ歩き出してしまった  向うに立ってた  向うを差し示す  向うも簡短な返事をしてくれた  向うに電車が走って来た  向うの方に腰掛けてしまった  向うの人も大抵は短かい返事をした  向うへ歩き出した  向うへ歩いて行った  向うを歩き廻っていたが  向うの柱の影に立ってる  向うの石垣を背景にして  向うの家もよく存じない  向うで私達の素振りを窺っていたが  向うの小屋から出て来た  向うの奥さんらしい声はへどもどしながら  向うへ廻れと  向うの麦畑のなかに一本の梨の木が真白に花をつけていた  向うの青空を遠見で五彩の花車が通る  向うに微に見える  向うの方まで続いている  向うには小高い岩の丘があって  向うへとぼとぼと行く  向うは秘書とタイピストとを使って  向うの岩角に足を懸けた  向うに廻ると  向うを見上げると  向うの岩蔭に雪白の翼をちらと覗かす  向うの夕焼けのした  向うの丘の方を見ていた  向うへとんだ  向うの方に出かけて行きだした  向うへ行きかけた  向うの土手の上に落ちた  向うも区別のつきかねるくらい似寄った  向うへ押されて行く  向うから劇しく  向うの岡へ足を向けたが  向うの隅で急にヴァイオリンを擦る  向うの書棚へ行って  向うの壁際にはモウ一つ鉄の寝台があって  向うの窓の磨硝子から沁み込む  向うの棚の端まで行ったが  向うの廊下のマットに飛び乗って行った  向うは一面に仄白く光っているばかりで  向うにブラ下がっている  向うの二等病室づきの  向うにもある  向うに長ながと足を伸ばした  向うの杉の枝に座って  向うの学校に通って  向うを風につれて  向うの白い高い塔の一番下の処の入り口が開いて  向うがヤイヤイ言ってくるし  向うでまたそう言って頼んだ  向うの部屋で日本の新聞へ送る  向うの通りを行く  向うへ遠ざかった  向うの霞む  向うへ越すだろうと思うと  向うを伺い  向うのあの荒物屋で聞いて  向うを向いてしまったので  向うが見えなくなった  向うも身の上が極まった  向うでなぐられた  向うから七八人の者が駆けながら  向うを見やった  向うの暗闇のうちに消えてしまった  向うへ膨れあがる  向うへ通ると  向うに煙筒の煙がなびいています  向うも此方を見て  向うを見ずにはゐられなくなる  向うも負けない  向うへかけぬけます  向うの葵の花壇から悪魔が小さな蛙にばけて  向うを射抜け  向うのテーブルでさっきまで議論に熱狂していた  向うへ逃げてゆく  向うの方から大きな声で披露をした  向うのラチェットさんに買って貰ってるばかりなんで  向うから鼠の籠をぶら下げて  向うでいつも縮こま  向うの橋のところまで歩いて行く  向うの岩だらけの波打際まで続いているので  向うの波打際まで降りて行った  向うに目指す  向うについております  向うに町のいらかがきらきらと春の日光を受けてかがやいている  向うを発って来ると  向うでも気づいて  向うに廻して言い争う  向うの方で立ち止まって  向うの方から大勢の群集が不規則な縦隊を作って進んで来る  向うの土手の上には何か椎らしい木が一本斜めに枝を伸ばしていた  向うへ抛  向うの方へ行ってしまった  向うへ聞えたのに  向うへ行くで  向うからどこか見覚えのある  向うがなんと云つても引つ  向うから追い落した  向うの岸からこちらの岸へ到着しました  向うから着いた  向うへ渡ろうとする  向うに小高い岸があって  向うの座敷を見込んだ  向うの座敷でも何とも言わず  向うで聞いてみたら  向うが突き当ったというけれども  向うがハタと眼を醒して  向うの座敷にまだ誰かいる  向うにはかなり広大な絹取引の会所の棟が横たわっている  向うにぬけぬけしゃがんでる  向うに座っていた  向うに美しい海が横たわってる  向うの雜誌に插繪を描いてゐる  向うでも私が外國に殘してきた  向うではこつ  向うの酒場の中から酒氣を帶びてゐるらしい若い男女の低聲で流行歌などをうたつてゐる  向うに出ようと  向うの山の麓に一個の洞穴がある  向うに進んでいると  向うに気付かれない  向うを眺めて  向うに見つけて  向うにあがっている  向うの高山の頂きから  向うに抜けた  向うへ逃げて行った  向うの方へと立ち去っていった  向うはといえば  向うから驢馬が来たとする  向うへ帰ったら  向うへ行っておいで  向うに窓をあかあかと見せている  向うから湧いて来る  向うはまだ来ておらんな  向うが低い堤防をなしていて  向うの無花果の木の低い枝につかまり  向うに聳えている  向うの松影から駆けてきた  向うへ投り出して  向うの室からじっと様子を窺っていた  向うの山間に見える  向うの机の抽斗しに仕舞っといたのよ  向うの隅にいる  向うに廻して勝つだけ  向うを見渡していると  向うに膳所の城がかすかに聳えている  向うから人が来るよ  向うへ歩み去りました  向うへ沈んでしまうと  向うへ投げ捨てた  向うで気に入らなければね  向うでい  向うから表現する  向うむくはずみにわたしの袖の上へ落ちた  向うへ行って掘り出す  向うの共立病院へ来て  向うの看護婦とこつ  向うの八つの窓にはぱつと電氣が點いた  向うからは半分桐の木蔭で見えるに  向うの窓に痩せこけた  向うの電柱の頂へ止まる  向うから幸福な二人連れが来てすれちがう  向うが張れる  向うの壁を見詰めてゐる  向うに廻して探る  向うの丘からこちらの丘へ燈火をつけない  向うで行われている  向うの方まで警戒隊が出されてあった  向うの林に薄い紫色の煙が上りだした  向うの庭の隅に移されてしも  向うの隅に毛布がある  向うに一つの地平は高く揚り  向うへ汽車は國境を越え行かんとす  向うに昔の御搗屋今の文部省に沿うて  向うでも嫌な奴だと思っている  向うにも二十坪ばかりの庭があり  向うには緩い丘の起伏がつづき  向うに緑青色の唐瓦を置いた  向うの床の一点を指している  向うは美しか唐人ですけん  向うから坊主頭を光らせながらやって来た  向うの私も疲れている  向うから突然現れた  向う向いてし  向うへ行っていよとすすめる  向うへ圧して  向うの家も焼けた  向うが破  向うの容子に耳を傾けてゐるらし  向うの陸から此方の陸へと通信する  向うでお化けに逢って  向うの丘山を越えても  向うを張り得る  向うが逃げたりしている  向うへ顔を持ってくるので  向うには大川が流れていた  向うに白い雲のうかんでいる  向うにはまた白い雲のうかんでいる  向うからきょうはお竜ちゃんが一人きりでぶらっとくる  向うが華族のお屋敷になっていた  向うでも私のことを蔭ではかわいがってくれているのに  向うも用心していた  向うで避暑に来たいと  向うへ行つてゐる  向うへ行つてガンガンやりはじめたら  向うに上陸した  向うから五郎が出て来る  向うで倒れるかも知れません  向うに何がある  向うの二人は狼狽える  向うへいってくれよ  向うから若い三人の支那人の来る  向うから霧を散らした  向うから歩行く  向うに雲の峯が立っていた  向うでも我々を見て  向うの窓口でいた  向うから取組んだ  向うの席に着くと  向うの客車から這入ってきた  向うに来た  向うからはむしろ縁遠い存在ではなかつたかと思ふ  向うで汗を拭きながら  向うに立ちあがりましたので  向うの国の話をしました  向うの家の地面なのですが家の人たちが一向かまわないで  向うに小さいながら農園を有ったりしている  向うの港に着くまでに  向うに全然姿を隠している  向うに薄光った  向うへ退却した  向うの政府の猟船が出張って来るまで  向うがからかい半分に無理強いした  向うへ出向こう出向こうと  向うへ行きますからね  向うは返事を急いででもいる  向うの人はそう言ってる  向うの話は向うの話にしておいて  向うの見えぬほど  向うに望んで  向うの隅にあり  向うへ動いていきます  向うに滑りだした  向うへ通りぬけましたからね  向うへ抜けていってしまうからだ  向うの人々は午飯を食べている  向うの現場の階段下でも素裸の男工たちが一尺五寸の横板をまたがせられていた  向うの家なり路次なりからハネバシをわたしてくる  向うの空席に腰をおろした  向うの方に煽  向うから來る一人の青年をぼんやりと見つめてゐた  向うの方に何かきらきら光る  向うの港まではこんでいって  向うの方のすすきの野原がうすく光っています  向うの畑のへりを  向うの方から豆を抜きながら  向うの方ではお母さんたちが心配そうに手をかざして  向うで立ちあがりました  向うに行ってしまおう  向うからお多賀さんの囁く  向うの高い山をこえ  向うのミズウミをこえ  向うのひろい野をこえると  向うに霧の深い山がある  向うに気配があって  向うの泉の中へとびこみました  向うの王さまの御殿へ着きました  向うの城壁にこだまを返して  向うに高く見上げられた  向うを幅二十米ほどのクリークが流れてゐる  向うから伝令がやつて来て  向うは砲艦を二艘もつてゐましてね  向うまで歩いて行きたいという  向うがそれを知っている  向うに覚られない  向うから大将とハンフォードが帰ってきて  向うでも笑っている  向うに一かたまりにかたまって見ていた  向うの小山の林の中に小さく見えます  向うを張るから  向うの妻子をこっちへ呼び寄せたいという  向うから突き当ってくる  向うの弥生町のとっつきに  向うをむき  向うにほてつてゐる  向うには灰色の浪に飛び魚か何か閃いている  向うも靄のおりている  向うに細いズボンをはいた  向うの草山の方が明るくなって  向うの山の上のお月様をのぞいて  向うの水晶の山の上に見える  向うへ押す  向うへやすやすと明いたさ  向うとに二人ずつの男女が居て  向うの空間とを同一の空間と思わせた  向うの部屋は使わなかった  向うの部屋を暗室にする  向うに達する  向うへやっと達し得ると言った  向うの船へ投げ込んで  向うへやって  向うには分らない  向うから黒い一点の影がただ一つ動いて来る  向うもそうだろうと思う  向うの東羽黒に敗れ  向うの漁村とこの村との間より往き来をせず  向うからショパンの練習曲が聞えて来る  向うに私たちの今いる  向うも相手を誤ったと思ったらしく  向うに迫っている  向うにどんな顔が現れて来ようとも  向うへ逃げち  向うの人がすっかりそれをやってくれるという  向うが海岸みたいなところになっている  向うから私に言葉をかけられた  向うがわの丘へ上がる  向うへ姿を消してしまった  向うの方にいた  向うへ走り続けていたからである  向うへのめり  向うのものだからやむを得ないという口実もありましょうが  向うの様子がもう少し知れないと  向うでは気のつく  向うでも大騒ぎをしている  向うにかかり  向うの方へ沈んで行って  向うへかくれて見えなくなりました  向うの碧いそらをめがけて  向うは暗い木立で怒鳴りや  向うの暗い木立の怒鳴りの  向うを氏神が追い  向う不見に  向うの乃蛮国をお攻めになる  向うへ着いてからは  向うにバラバラに解体された  向うから湧くが  向うの林や藁屋根の上を激しく叩いて  向うの奥を遥かに望み  向うの街へ目指して駈け抜ける  向うへ繞って行く  向うへは通じませんで  向うは誰かついて来る  向うへけ飛ばした  向うては何の語も出ず  向うに人影が見えた  向うから男女の連れが来る  向うの六畳に寝ている  向うの二階の方から聞えてくるものの  向うの隅で何やら話し合っていた  向うから隣りの  向うに投げ出していました  向うの農夫室のうしろの雪の高みの上に立てられた  向うをやめた  向うの怪しい時計を見つめました  向うへ廻ろうか  向うへ出た  向うの寄席からしきりに客を呼むでゐるしやがれ声が聞えた  向うから送ってきました  向うの岡の方をゆびさしました  向うを見てちゃいけません  向うにお久が澄しこんでる  向うがいくらこっちを侮蔑したって  向うの崖から丸見えかを知っている  向うでのたうち廻る  向うで上げる  向うへ出てしまえば  向うになつてゐる  向うの杉山に行つて見られますと  向うの田圃や磧で遊んでゐる  向うの家のお婆さんからそのことを洩れ聞いた  向うへ坐らせると  向うの女中が火種を持って来てくれなどした  向うの博士の落胤だという母子の家へ遊びに行ったり  向うの壁にかけてある  向うに山の見えないという  向うの雲の奇峯が見えてくる  向うからぽかりと浮出してくる  向うも疲れる  向うの祷  向うに隠れてしまった  向うを見ました  向うをすかす  向うのまっ赤な崖に叫びました  向うへ行って斬り捨てて来て  向うで会っちゃって  向うへ歩き出しながら  向うでなんか談判している  向うに青い山がそそり立ち  向うで懇意になった  向うを向いて歩いて行くから  向うへトボトボと歩いて行く  向うを巡廻して見たいと  向うの谷を見ると  向うの居間で聴いている  向うの窪みで  向うへ行こうとして  向うの方は底知れずの  向うへ行って遊びましょう  向うの横町へと渡り歩いている  向うのオザワとの二軒が代表的なものと見なされている  向うに同じようなカッフエを始めた  向うの人に聞えたのに  向うに立っていられた  向うの植込みの下まで透き通る  向うを向いてしまわれました  向うに青い空が在る  向うに大きい銀杏の樹が二本轟然と聳えていた  向うへ宇野という人が後に越して来た  向うには湯殿の煙筒から煙が上っていた  向うの庭石に定めていた  向うの白く浮き出した  向うの隧道の中から出て  向うの隅と此方の隅に机を成る  向うも自分を認めた  向うまで歩いてゆく  向うの優越を見る  向うへ話して下さる  向うの音がとまった  向うが打ち出した  向うの障子へ辿りついた  向うのアカシヤの植えこみに包まれた  向うへつく  向うから戦闘をいどんで来る  向うへは行けなくなった  向うが睨む  向うの人々の食った  向うの隅でも銃を取って立ちあがると  向うの舞台で観ると  向うに国府津の海が見えだすと  向うに着いた  向うの方で大勢人が寄って  向うの町の入り口まで来ると止まりました  向うの町に這入ると  向うの方に獣の絵看板を沢山に並べた  向うの屋根に飛び移りました  向うの方を指しました  向うには火がドンドン燃えて  向うから大きな声で歌う  向うからギラッとひらめいて飛んで来ました  向うへ走って行ってしまいました  向うでも私たちを恐れるかの  向うへ押しやりながら  向うに坐っていて  向うには曇った  向うの岸の汀から朴の木が存分に葉を廣げて立つて居る  向うの方をながめる  向うが暗くなって来ましたよ  向うでは少しも得をしない  向うはその太い眉をちょっと微笑する  向うの廊下の壁によりかかる  向うへ突切ろうとしていた  向うから泳いできた  向うにまるで置いた  向うの空にさ  向うに黙っているも  向うの右手の隅に八手があった  向うの柱鏡に映っていた  向うからおたかがやって来る  向うをむいて通りすぎてしまった  向うに行ってしまった  向うまで響く  向うの畦の端れに立て  向うの河岸に着く  向うは党派主義で活動しているらしく思われたからです  向うの気が進まないのに  向うの傾斜をおりて行きました  向うの県庁の人に頼んで  向うへ呼び寄せると言う  向うの歌のオーバラップはしばらくつづく  向うがどんな良い女だか知らねえが  向うの窓へ行って  向うから帰って来て  向うの五枚はあの通り消えちゃったり  向うでも船の中でもお父さんおっしゃっていたの  向うの五枚は流れに近いからあんまりやらん  向うの左官屋へ行っての  向うで待っててくれ  向うの長年打続いた  向うが払うと言って頑張れば払わせる  向うがどんなに困っていても  向うの小間物屋のせがれと席を列べて  向うへ這い上る  向うは二三十坪の茶畠でその間に梅の木が三四本見える  向うの方に表はれて  向うで困つた  向うでは見えはしないが  向うに溪が流れてゐました  向うの伊豆の連山には重い白雲が懸  向うから大きな笊を提げて  向うに町の家並の見え出したを  向うに吉原宿の町が見えてゐる  向うには伊豆が豐かに横はり  向うには靜浦牛臥沼津の千本濱がずらりと見渡されて  向うには行けないさうだ  向うに座って居らっしゃった  向うにしても  向うから何か云っているらしい  向うの中の間に寝る  向うにばかり話をさせておくといふ  向うに沈んでゆく  向うに大胡座をかいた  向うの片隅に屋根が草だらけになって  向うはすぐに養子を迎へる  向うには一軒の離屋があった  向うの馬の面とへ線を引くと  向うへ持って参って  向うの山かけて映る  向うの丘との中に箕の形になった  向うへ通じて  向うの霞の中でしょうと思いますよ  向うへ寄ったり  向うから西日をうけていた  向うへ上っていた  向うへはいろうとする  向うに杏が咲いている  向うは陰欝な冬の曇り空とする  向うの六畳の室の様子さえ分らなかった  向うに身を退った  向うに測り知られぬ  向うの室に行っています  向うに消え去ってしまうと  向うにじっと坐って  向うは霊南坂から市兵衛町につづく  向うの岸まで渡して  向うの岸には大勢の客が舟の着く  向うへむけて歩き出した  向うで信用しません  向うへ行って聞けばわかる  向うの編輯の顔で原稿を買ってもらったが  向うに婆さんと二人で暮してゐますと  向うに顔を見知られてしまって  向うの室もその前の一寸した  向うの座敷に馳けてゆきました  向うの山々の頂とをくっきりと映していた  向うへ響いて行ってしまいました  向うへ進んで行く  向うの村で宿を乞うているのに  向うの端の方から聞えて来る  向うの端からこちらまでやって来た  向うの村で受けた  向うの村に住む  向うの窓をくねくねと横切っている  向うの小さな谷川でもそうは行かないかも知れないね  向うに廻すか  向うへ飛び去りました  向うへ行ったり  向うの方に消えて行く  向うから五つ打つ  向うのアンヌの方にさし出しました  向うの腰掛には会社員らしい中年の夫婦が十歳くらいの可愛い男の子を連れて  向うでも時々こちらの顔を見る  向うへ着きました  向うから二人の役人が大急ぎで路をやって来る  向うの方へはんの木の間を歩きながら  向うの萱の中から出て来ました  向うの方へ行ってしまって  向うへ行こうとしました  向うで袖で汗を拭きながら云いました  向うへ行けない  向うの出方に応じない  向うでとうに飯をすまして  向うの扉が静かに開いたので  向うからバスが来たと思うと  向うに並んで揺れている  向うの広間の向う側までも達した  向うに港を出帆して行く  向うはこっちの男性をよく飲み込んで  向うでも待ち受けていてくれます  向うの山巒を一目に見る  向うに山が無限に重なる  向うに大きな唐銅の鼎があって  向うのお祭りは何時頃終るの  向うで鈴が鳴った  向うの山壁にこだました  向うの家に乗り込んで  向うは笑いくずれたが  向うがつんとしているので  向うのうなぎ屋へ御案内致しましょうか  向うがまだ険呑がっていりゃ  向うへ感づかれない  向うから何とか言って来るだろう  向うは焼けになり  向うがこれからのお世話は断わると言う  向うをおこらさないで  向うからほじくり出す  向うの顔は急に真面目になった  向うが真面目になったので  向うに突っ立てた  向うが泥濘へ避けてくれる  向うの宿外を見下した  向うのはずれからこっちまで突き通されてる  向うはまた歩き出すんで  向うの方へ遠く逃げのびて  向うの谷へ折れ込んでいる  向うの隅に小僧が倒れている  向うの囲炉裏を取捲いてる  向うの方にも大きな輪になって  向うでも普通の獰猛として取扱うべき  向うの隅でううんと唸り出した  向うの石垣の下にあらわれた  向うへ廻り込む  向うに熊の穴見た  向うへ通り抜けた  向うの壁を伝わって  向うの壁を見詰めていた  向うから一人の掘  向うでもこっちへ歩いて来る  向うは何にも知らないから  向うから近づいてくる  向うに塊ってるから  向うの方がぎょっとしたらしい  向うに理窟があるだろうというので怒ってみる  向うに小さなうちを見つけました  向うへ下りて見えなくなる  向うで鎌首を上げたと思うと  向うへ飛んだ  向うへ吐くわさ  向うの山へ取付く  向うの山から広河原へ下る  向うの尾根に羚羊がいる  向うを向いているし  向うに道がある  向うの山の瘤のようなところにありました  向うに扇ノ山が雄大な尾根を左右に張っていて  向うは大手を振ってやってくる  向うからも云いた  向うの所を書いて  向うの丘陵に二軒つづいた  向うの讃岐阿波の連山へ見  向うの勝手に撰り好みをさせるなんて  向うを張れる  向うむいて空を見上げたので  向うを急いで通る  向うの山にとんで  向うの空が青く晴れて  向うへ三町ほど行った  向うの調剤室までお出でを願いましょうか  向うの室にあるから取ってきましょう  向うへ行きか  向うへ去る  向うの曲り角から愉快な子供の笑い声が起って  向うの原で鹿が鳴いたとか  向うの台所の囲炉裡端でもそろ  向うに赤い屋根がチラと見えた  向うで買う  向うに行き  向うに雲を衝く  向うに見えなくなって  向うの山腹に見える  向うへ越えた  向うの方へ下りていった  向うへスタスタと歩きだした  向うへ曲り  向うへ歩け  向うへ突きとばした  向うへつれてゆかれる  向うに見えなくなってしまった  向うをジリジリと横に動いた  向うに建っていたに  向うに古城の怪塔のような本館が見えていましたのに  向うへ行ってみよう  向うで元気に返事をした  向うの方の器械がどうかした  向うの直る  向うに杉の群木にかこまれた  向うに有るか  向うの道から来る  向うから気の毒に思って呉れたら  向うにもやはり桐の木が見えた  向うでも耳をあてて待っている  向うは靴をはいて  向うでも同じようにそのノートに返事を書いて寄越したりした  向うから汽笛が聞え  向うに錆びついた  向うには兎の喜び  向うへ持出される  向うから上って来たに  向うを通るなら  向うにわずかに霞の中にその梢を見せている  向うに人となった  向うは後に両国の停車場になった  向うへ走っている  向うまで同じように二すじ並んでいるでしょう  向うに横たわった  向うへ出る  向うに青あおと煙っているばかりである  向うの白壁を指し示した  向うの橋の上に一列の汽車でも通っていたら  向うへも抜けられる  向うの工作機械をつかってなおすから  向うは白旗をかかげる  向うへいって来る  向うへいく  向うへ歩いていった  向うが動かないから  向うは砂利場を背後にひかへてゐるので  向うはじりじりと退  向うの畳の小島の上にあぐらをかいて  向うを眺めてゐた  向うの崖下まで真直に突切れる  向うには三千坪ほどの桑畠もあり  向うの石垣の上の方に向いて呼び掛ける  向うの方には数十羽の雀が飛び集ったかと思うと  向うの畠道を急ぐ  向うの岡の道を帰って行く  向うの田の中に居る  向うの田に居る  向うの水車も藁囲いされる  向うへ走って行ったかと思う  向うに待っている  向うを向いていろ  向うが見えるかい  向うの方を見つめました  向うの方の入江に子供が五六人海水浴をしていましたが  向うのみよちゃんに逢う  向うへ向うへと追い立てた  向うへ着いています  向うに事務を執っていた  向うは刑務所総代になっている  向うに顔を顕わす  向うに中学の色褪せた  向うの席に紛れている  向うの青々した  向うにピカピカと光りながら待っている  向うから私と一緒に御覧になる  向うで鳴つていた  向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて  向うの暗いところに黄金色の猫の眼が二つキラキラと光っています  向うの雲の間から真赤なお天道様がピカピカ輝きながら出て来ました  向うの端のお月様のさしている  向うの崖の途中に蔦葛につかまって  向うの方でも負けてはいない  向うがわの庭におりて  向うへ着くと  向うから箸をのばして  向うの壁に叩きつけられた  向うの昔住んでいた  向うは広々とした  向うのとんがっている  向うの絶壁を指さした  向うへ飛んでゆく  向うへ消えてしまった  向うでごうごうと爆音が起った  向うに大きな鯨が三匹ならんでいる  向うにかすかに見える  向うから三隻の怪物がやって来る  向うの方から何か黄色いものがのそ  向うを痩せこけた  向うを張ろうじゃありませんか  向うの男は愛子を一種の奪掠手段で貧しい本当の親元から結婚の許しを得たにせよ  向うから冬子が微笑みつつ迎え出た  向うには荊棘や常盤樹やポプラの垣根を廻らして  向うよりして  向うの世界が手にとる  向うに行こう  向うの輿の簾をあげて  向うの離れの窓へ落ちていく  向うの席から親戚の老人が大声で呼んだので  向うで酔った  向うの繁みの方をお蝶が見ると  向うの青くかすんだ  向うの二等車に行けよ  向うへ行くよ  向うの方が格式が上やけにくれんかも知れんでな  向うの石の突堤に取着き  向うのルーヴァンの町でお祭りがある  向うの敷藁に頭を埋めてくるっと寝てしまった  向うの方へ行ってしまう  向うの壁を見る  向うに直立して  向うに一本の杉がある  向うの書斎に寝てゐる  向うの屋根の上にゐる  向うの煙りの  向うの警察署のドアを開けては  向うではお前をどこまでも泥棒する  向うに立つて居る  向うの無花果の樹の蔭から波紋を起してゐる  向うにも洗場がある  向うの汽艇へ飛び移った  向うへ行ったよ  向うにゆく  向うへ懐中電灯をたよりに引返していった  向うへ入ってしまった  向うをむいていろ  向うをむいている  向うがうたない  向うがうってくるまで  向うへはいってしまうと  向うへ寝返りうちました  向うからも崖が迫っている  向うの端だけ客が泊ったらしい  向うが薮畳みになっていた  向うの森の祠にあるから  向うの酒店に馳せて入る  向うへ弾ね潜って出る  向うの小山から谷間へかけて  向うを指す  向うから山田邦子さんが歩いて  向うの大鏡が見える  向うへ向うへと遠のいて行き  向うの山裾に見えはじめた  向うの卓子の上へ置いて  向う通るはピカソじゃないか顔がよう似た  向うに女官部屋だけ明るく見せて  向うへ行ける  向うが隠れ  向うがバタバタとついて来た  向うの方へと曲って行く  向うから黒い影が来る  向うで病気をして  向うに置いて  向うの電柱の頂辺を眺める  向うに野幌の原始林が見えましてね  向うで騒いでいた  向うの隅っこで気勢を挙げる  向うは浴室との戸になっていて  向うへスッスと行ってしまった  向うにずり込んでしまう  向うでは運動会のおしまい頃で何か騒いでいたが  向うで何か振った  向うで歌っていたので  向うで意地わるく押しつけたという  向うの蕗林を掻き分け掻き分け見えなくなった  向うから小さな人影が来た  向うでも流石にすぐに引っ込んだが  向うにかっきりした  向うの隅っこに身をひそませていたが  向うのプラットホームに突っ立っていた  向うでもきさくに笑って見せた  向うは純日本風で挨拶したので  向うでもやってる  向うの人たちにはこちらの姿が見えなかったらしいという  向うの氣持ちに引き摺り込んでくれる  向うの方の座敷では拳を打つて居て  向うへ遠くなつて外れてし  向うの室に通して  向うへ着かなくちゃならなかった  向うではゆっくり歩いていたが  向うの砂に照りつけていました  向うの入り口から大勢の家来が手に手に宝石やお金を山盛りに盛った  向うの有様を見ると  向うでも気が付いたと見えて  向うも美留藻の姿を見付けて  向うでも動かします  向うに映っている  向うに遠く白く光る  向うから貴方が馬に乗って  向うから美留藻の脱け殻のお婆さんの着物を着て  向うの庭の枯れ木立の間から眩しい旭の光りが  向うの丘の上に在る  向うに火に柱を吹き出している  向うにこちら向きに椅子を置いて  向うに残って  向うに幽霊になって抜け出して現われている  向うの方に疾風のように駈け出しました  向うの山蔭に光っている  向うの闇の中に跼まっている  向うの窓際まで一歩一歩と近づいて来ると  向うでも停  向うの谷へ抛  向うでも挙げる  向うの山へと駈け上った  向うの崖に通ずる  向うには三坂女坂などの峠が連なって  向うにも一人前として取り扱う  向うから動くと思われる  向うの三階の屋根と吾室の障子の間にわずかばかり見える  向うの外れにいた  向うにけたたましい犬の声が起った  向うを透視する  向うの路地の角なる  向うの路地を指した  向うへ走る  向うにきらきら水銀の流るるばかり  向うがこっちへ注文してる  向うへ行ってもらいましょう  向うの黒い独乙唐檜の茂みの中から出て来ます  向うの山脈のあちこちに落ちて  向うには定めない  向うの番小屋までおいで下さい  向うの唐檜が何だかゆれて踊り出すらしい  向うのくだものの木の踊りの環をごらんなさい  向うの汽車の窓から私共を見た  向うでは一々ヘルンに案内なしにきめてしまう  向うからの手紙を読んでから怒って  向うから御免だと言はれれば  向うに見え出してゐる  向うの山並みの一つ一つの集落を指さして  向うの草原へ行こう  向うから発明してくれた  向うの山の中に在る  向うのゴーストップが青に変った  向うへ歩き出す  向うの角のサワラ百貨店の中に走り込んで行った  向うの店で又引っくり返りゃしねえか  向うにゴチック式の毒々しい色硝子を嵌め込んだ  向うでは聞こえない  向うに柔道の心得があれば  向うへついた  向うの隅から両手を組合わせて  向うのほうから父にお詫びを言って  向うには真青な空と赤い煉瓦の塀があった  向うには海の様な空の中に草の頭がそろって  向うの壁の上に重ったり離れたりして居る  向うはまたしても  向うで笑い出しますからね  向うの岸ではまだ呼びつづけている  向うを眺め  向うで何があなたを待っているかはわかりません  向うへ着いて  向うには白い花ばかりが見えています  向うの窓から覗いてる  向うの声はちがってたけれど  向うは出した  向うが探す  向うへ行つたら何とか自動車を一日貸してくれないかと頼んでおきました  向うに見えなくなり  向うへ直した  向うの身になって見れば  向うからかかって来ましたぜ  向うを眺めたと思うと  向うに夏泊岬が見え  向うのあのへんの小屋にゐた  向うの隅にかたまって  向うの女達へも呼びかけた  向うを向いて怒った  向うの竹林を透してきこえる  向うが屋根より高く穂を上げた  向うへ押しやりました  向うに停車場のあかりがきれいに見える  向うのてき  向うの松林には梟が鳴いてゐる  向うに鹿が跳ねてゐた  向うの峰へ上って見下す  向うに感じられた  向うに明りの見える  向うの方にも一つある  向うの停車場のともし  向うは金梃をもち  向うに着くまではという  向うに着いて貰えるだろうと思いましたが  向うを這っていますね  向うへ遁げて行きました  向うの樺の木の立っている  向うの草はらの方へぽんと投げ出しました  向うから狐の声が聞えて来る  向うへ歩いている  向うに小さな赤剥げの  向うの方に居た  向うの岩の重なった  向うに当たる  向うへ口を開ける  向うに足音がした  向うの室で葉子の呼ぶ  向うからとりに来てもらっても  向うの事務員の一人を叱り飛ばした  向うの事務所の前から拝見していた  向うに一人の巨漢がこっちを向いて  向うで開いた  向うまで来て居ました  向うの暗黒の中に重なり合っていた  向うから愛想よく一礼した  向うの枕元の火鉢から立ち昇る  向うの隅に固まって  向うには少しも手傷を与えず  向うに高い堤防があった  向うむいてしまう  向うの方も見え續く  向うの空を見て  向うから渡る  向うの山の根を香都良川が光って流れる  向うも石の高塀で仕切られて  向うへ行ってくれと言うが  向うへ重くなり  向うが強ければ捉まえられるよ  向うも驚いたが  向うから目潰しを投げた  向うの銅板画の一枚を見る  向うへ落ち着いてから  向うの俥が桐油を下して  向うの高い壁をぼんやり眺めていました  向うの高い山の頂を指しました  向うに聳えています  向うの高い山を指していいました  向うの山の上へ行きました  向うにはさらに高い山がつき立っていました  向うに古利根の静かな澱みがうねっているというのに  向うの方のうす青い影がお前に見えるか  向うの渓へ降りる  向うでにげてしまう  向うへころげた  向うの表通りはただ一列の明りの線となって  向うでターンして  向うは障子になっていたが  向うの人の言っている  向うから敵が来る  向うの審査員に知合があったから  向うに居ても  向うへ連れて行ってくれた  向うから暇をくれと云う  向うで冬のさびしい海景が泣いて居るではないか  向うを幽靈のやうにほ  向うにポーセがしもやけのある  向うで化猫草の穗のゆらゆらとうごいてゐて  向うにも正しい名の発音として聞える  向うへ飛んだは  向うには灰色の屋根を持った  向うが三間幅の県道なんで橋をお架けになれば  向うの手に乗っている  向うの扉から消えてしまった  向うまで続いている  向うにあるだろうがね  向うの小路へ入っていった  向うも上陸隊がでて  向うの谿へ落ちてゆく  向うさき見ずは  向う屈みに背を円くし  向うづけに屋根裏高き磔柱に縛められて  向うでも気づき  向うから来かかる  向うにちょっとした木立がありますね  向うの方にあるかもしれないわ  向うの隅からゆく  向うでも多少こちらに気のあるという  向うから声がした  向うの方に顔の小綺麗な女がちょこなんと坐っていた  向うから若い男と女とを乘せた  向うもこつちも  向うで声がした  向うの入口から三頭の騾馬が六人の男に付き添われて駆け出して来て  向うから時間と場所を云う  向うに山の見える  向うの広いコンクリの改正通りには均斉を保って  向うの屋上から青灯をたてに振っている  向うでは気がついて  向うでは最うよその子に与っている  向うではどんどん切ってしまった  向うにしたって尋ねて行ったら  向うにないかも知れない  向うのせなあが追分を歌い  向うから須山が奇妙な手の振り  向うに分っている  向うのブルジョワジーのジグザッグな戦術に適確に適応して行かなければならない  向うが全面的にやり出している  向うから須山が顔一杯にほう帯をし  向うが須山をにらんでいる  向うに横になっている  向うの空気が一所だけ濃くなって  向うに白の水干の袖を掻き合せて  向うの無電室からわたしとおなじようにとび出して来た  向うへ出て行った  向うから此方へ階子を下して  向うの方では書生がちゃんと起きて居る  向うへだらだら上りになる  向うへ連れて行かない  向うの室へ抱いてゆきましたが  向うの池の縁に立ってる  向うの家の人には何にも云ってはいけませんよ  向うには広瀬川が町の方向に流れ  向うの黄ろい草山のすそを大きな河が流れて  向うの方にも大きな河が流れて  向うの松原に田道の石碑が立つてゐる  向うの方でせうね  向うの右手の丘のすそにその大きな白い門が見え  向うの丘の観音様の灯よりも近いだけ大きく光る  向うからもこの市を見下してゐる  向うでもうまくやった  向うの植木の影からわざわざ顔をつき出して  向うをのぞいたが  向うの活版屋に這入って  向うの席でビールを飲んでいたが  向うに静まり返  向うから持って来てくれた  向うには分らないで  向うで一切経だといっている  向うの発掘によってますます認められたという  向うから破産の申請のない限りは安心して進んでいる  向うもなかなか放っておかない  向うがたまらなくなって  向うの人が平気で読める  向うでも捜している  向うの崖の上の道路へ出る  向うの方から洗濯物をしにくる  向うの客の方へ引返した  向うへ廻っていて  向うの峯より何百とも知れぬ  向うの方より丈の高き男来てすれちがいたり  向うの窓をあけて  向うでも私の方に気付いた  向うの角まで一目に見渡された  向うから女中らしい声がきこえて来た  向うの方へと持つて  向うから冷たい太陽がのぼって  向うの白い浴槽がホノ暗くのぞいている  向うには鏡の屏風が立っている  向うでは当然としてゐて  向うの小形の茂みが眼にはいると  向うの方で凸凹の地面をならして  向うで金魚売りらしい  向うへ着いていない  向うのものに取られてしまった  向うがこう変った  向うの思い通りにならないという  向うの崖を眺めました  向うの言葉を否定しました  向うの室へ呼ばれる  向うの室の前へ行って  向うが承知しません  向うの隅に行って  向うにいわせる  向うで苦笑する  向うに移してやる  向うへ呼ばれて行く  向うが内心他の人に愛の眼を注いでいるならば  向うから突進してきてくれれば  向うで何を考えているだろうと思うと  向うでもおいと返事をしました  向うの岡へ上るべく  向うで聞く  向うの小高い丘を一緒に散歩した  向うには丘が続き  向うに深い藍色に晴れ渡っていた  向うへ舞い下った  向うの笹垣を後ろに何か話しているらしかった  向うからぼんやり尾を垂れて来た  向うの麦畑を眺めて  向うの森を眺めた  向うの森ばかりを眺めていた  向うでも何かを云っている  向うへ到着すれば  向うには山毛欅の森や白樺の林が広く遠く連っていた  向うに渡る  向うで勝手について来る  向うから三人づれ位の美人が来る  向うに聳えた  向うの山の空を招きました  向うで食って来ないで  向うに行けよ  向うまで深く湛えた  向うで暖っていて下さいよ  向うの家へいきました  向うの道のまん中にまっ白な毛をさか立てて  向うの丘に傾いて  向うの山上に寺が建っている  向うが開けて  向うを見ていると  向うからブレーゲが来て  向うの森かげに曲ってしまう  向うの森のところを汽車が通って行った  向うの森の麓をゆく  向うに没している  向うの道を女が自転車で通った  向うには尖った  向うの派手な着物を着ろとか  向うの隅に腰を掛けて  向うの堤には小枝の多い円い形の木が並んで居ましたよ  向うがずうと薄お納戸色にぼけた  向うの方が水の流れて居る  向うの角に軒が張り出し  向うの子供部屋のあたりで激しく泣いている  向うの家へ落ちついても  向うの家へ行つて来ると  向うがその気なら此方だつて考へがある  向うの畑のなかに設けてある  向うへ通じて居ると  向うを疾る汽車の音が聞えて来ると  向うにちょんぼり見えていて  向うに宮川町の青楼の灯がまだ眠っていなかった  向うからやって来  向うもどうやら私の方を見ていたらしかったが  向うを思い出した  向うを限った  向うから頭をさげて頼んで来る  向うの御両人は今しがた起きた  向うは呆気にとられて  向うには女囚のつくる  向うが先へゲームになる  向うのラボラトリーへ移しましたよ  向うへかけだした  向うへいったとわかると  向うも見えない  向うを指した  向うにギリギリギリという何か小さい器械が廻っているらしい  向うの国の興信録をしらべてみましたが  向うの丘のうえに姿を現した  向うへ歩みはじめた  向うに控えて居ります  向うの町角の方が急に騒がしくなる  向うの町から徐かにやって来るらしい  向うに温室のようなものが見え出す  向うに人影が消える  向うの低い竃の上に掛けてある  向うの戸棚へ他の壜を取りに行った  向うの町角の方が急に騷がしくなる  向うの町から徐かにやつて來るらしいあんまり皆が夢中になつて見てゐるので  向うの低い竈の上に掛けてある  向うの戸棚へ他の壜を取りに  向うに毒ヶ森から出て来る  向うの方からずうっとならんでいる  向うの五本目の大きな楊の上まで行くと  向うの河原に向って  向うの三本目の楊を通る  向うへかけて行く  向うへ下り切ると  向うの醤油屋街へ働きに出ていた  向うの都合でよこしていなかった  向うへ馳せ逃げた  向うの麦畑に近い方でも誰れかが棒を振って  向うへ行っていて下さい  向うから誘われ  向うへ連れて行って  向うに浅間の鮮な山肌をのぞかせながら  向うでも一瞬彼の方を訝しそうに見つめ出した  向うでははじめから気がついていた  向うの小川から芹を摘んで来た  向うの林を透いて  向うを向いてしまうので  向うでも扉の外に立っている  向うですげなくすればするほど  向うにありありと浮いて来  向うの雑木林が何処もかしこも真白になった  向うにそれを認めると  向うにさっきから見えたり消えたりしている  向うの方から自然に飛びこんで来る  向うに監督がすわっていた  向うでは連中がまだ窓ぎわにいたが  向うには向うで  向うの隅に行ってください  向うの隅の扉に寝巻姿の紳士が立ち  向うで少女たちの声が聞えた  向うでは子供たちは今度は静かにして  向うの竹藪を背戸に持っている  向うの寒い茫漠とした  向うに薄い富士山が見えた  向うへ行きやんした  向うの島を眺めていた  向うのはじに寝ていた  向うには春の夜霧が流れていた  向うを向いていて飢えれば  向うに発射する  向うをざわざわと自動車が通る  向うは陽が射している  向うで鳴いている  向うに盆地が見え  向うの方まで点いて居り  向うの辻に閃くばかりで  向うの二人は駭きの声をあげ  向うの連中の誰かが落していった  向うの小暗い辻から隼のように敏捷な警官隊が現われてくるだろうと思われた  向うへ行っちまったから  向うへ去っていった  向うの方からお出でなすったぜ  向うを覗いた  向うは広い庭になっていた  向うの角に見える  向うで言伝りましてござんす  向うの作戦は今日に極っていますよ  向うでも気がついたと見え  向うへ遠去かっていった  向うの電話口に現われた  向うには警視総監が列席しているという  向うでワンタンを鉢にうつしていた  向うの方へソロリソロリと芋虫のように匍ってゆく  向うをはって  向うへ行きかかる  向うへ走り去る  向うに青い水が顕われた  向うを透かして視た  向うではわたくしがお金の催促にでも行ったと思ったらしく  向うの様子を見ると  向うになってしまい  向うからさえわざと三人連れてきたじゃないか  向うへ行かなくちゃ  向うでも私たちが降りないから  向うに坐っている  向うを少し行った  向うへ渡れば  向うの島に囚人がゐた  向うの汀へ這い上ったと思うと  向うの砂の上へ勢いよくどうと投げ落した  向うへ押しのけようとした  向うへ行け  向うに穴居している  向うからまた白くなった  向うの塀から垂れ下がっている  向うから馬力が近づいて来る  向うも赤面し  向うに透いて見える  向うの方から五六人か七八人位の人数でガヤガヤと話しながら  向うの山蔭に在る  向うの自分の家を包む  向うで溜息を吐く  向うの山脈の上はすでにいくらか白みかけた見おろすと  向うの大きな籠の上に白い鳥が一羽止つてゐる  向うの人になっちまう  向うに明治座の屋根を見て  向うに傾いて  向うの堤の上には柳の若芽が美しく閃いているし  向うの製造場へと頻に  向うの岸に泳ぎついて  向うへひく  向うの木の蔭から次々にとんできました  向うの木の蔭のはうをにらんでどなりました  向うの村へやつていきました  向うのしろい砂に人影の落ちる  向うの山の森の中で樹の精のむす  向うを向いていた  向うの隅に老婆の顔がげらげらと笑っていた  向うが私を厭な奴だと思う  

~ 向う[名詞]1
敵の向うに  足は向うの  射手の向うは  処へ向うの  殊には向うは  事が向うの  首を差し延べて向うを  釣手を取って向うの  中でも向うへ  家は向うに  筏が向うの  窪地を出て向うを  畑の向うの  お母さんが向うに  小女は居ないかと視廻す向うへ  雑木林の向うの  焼野を越した向うを  やうに向うへと  大蛇が向うへ  大蛇は向うの  二階家の向うは  壁の向うと  火鉢の向うに  机の向うに  主人で向うが  襖一つ距てた向うの  長火鉢の向うに  森を抜けてずうっと向うの  うずうっと向うの  博士が向うで  名刺に向うの  ホイッと向うの  人民が向うの  ものは向うの  ように向うへ  判事が向うの  煙は向うの  山の向うの  それが向うの  種を向うの  格子戸が向うに  煩いが向うに  中へ向う  世間を向うに  湖の向うに  三里ばかり行くと向うの  中を向うの  丘の向うへ  丘から向うは  竹林の向うに  云つて山崎が向うを  イーハトブさんが向うの  パチッと向うの  海面と向うに  闇の向うで  彼の掛けている向うに  時女中が向うの  気兼ねは向うにも  品物は向うの  御利益のねだんは向うで  九州帝国大学の向うを  こちらから向うへ  父が向うの  食後皆は向うの  彼は向うの  子供は向うに  通りが向うまで  依子は向うの  電車通りの向うの  トントンと向うの  うちに向うの  檻の向うから  堀の向うが  建物の向うに  海を隔てて向うに  捕縄は向うの  海の向う  中仕切の向うから  十間ばかりの向うの  七間離れた向うの  椴松帯が向うに  向うの向うの  窓の向うに  尾道の向うの  海の向うに  林の向うの  さの向うから  路易は向うの  お母さんたちが向うで  ヴェランダが向うを  世話になりきっている向うの  こちらへも向うの  道の向うに  本間さんは向うの  眼と向うの  今君が向うで  お茶の水の向うの  今日は向うを  塀の向うに  板壁の向うに  柄元まで向うへ  たみも向うで  綱は向うへ  強敵を向うへ  屏風の向うを  廊下を向うに  反抗すれば向うは  代りに向うの  田の向うには  柔い草を踏んで向うへ  墓場の向うの  墓原の向うに  通りのずつと向うの  橋は向う  流れの向うへまで  鳴門の向うへは  流れをへだてた向うの  うちから向うを  サッサと向うの  雲の向うから  強盗の向うを  谷の向うの  植込みの向うを  空の向うに  私たちが向うの  木立の向うには  垣根の向うを  斜かいになった向うの  灣の向うからずつと  行つて青野峠を越した向うの  奥様と向うで  溝の向うに  天眼鏡の向うに  それに向うは  タッタと向うへ  そこから向うを  土蔵ならびの向うに  ように向うを  植込みを隔てた向うの  苦鳴を向うに  さを向うへ  外ずして向うを  一人垣を隔てた向うへ  後姿が向うに  医師が向うへ  看守は向うへ  山を向うへ  紙風船を向うへ  室の向うの  鉤型に折れた向うの  悔みやら向うの  垣一重へだてた向うの  灯も消えれば向うの  手をかざして向うへ  二の矢をつがえて向うを  ッくと向うに  無事に向うで  峠を越しました向うの  らを向うへ  土塀の向うが  斑になびいている向うの  砲台の向うを  卓の向うの  水平線の向うへ  島々の向うの  氷塊の向うに  ヴィクトリア街の向うの  谷の向うを  ッと向うに  女が向うを  グラウンドの向うの  顔と向うの  砂糖は向うの  勘八を向うへ  戸の向うの  戸の向うへ  窓掛けの向うに  戸の向うからは  柱の向うは  足搦をかけて向うへ  月のさしている向うの  廊下を向うへ  のは向うを  箱根の向う  弁護は向うの  こっちも向うの  三間ばかり向うに  こっちで向うの  海の向うから  こんどは向うへ  島の向うの  板敷の向うは  竹藪の向うに  流れの向うに  ボタ山の向うに  袖ヶ浦の向うに  茄子畠の向うには  畑の向うで  ホーをもって急いで向うの  あちこち草をたべながら向うに  俄かに向うへ  ファゼーロが向うの  返事をしないで向うを  火鉢の向うへ  ように向うで  植込みの向うに  植込みの向うの  恰好をして向うへ  凱旋将軍の如く向うへ  障子の向うで  ように向うの  道路の向うから  渡船に乗って向うの  大川の向うに  往来の向うに  江東橋を渡った向うも  丹羽文雄の向うを  絹川の向うまで  童に云いつけて向うに  格子の向うに  葉の向うを  こんどは向うが  丸テーブルの向うに  林のずうっと向うの  つもりか向うの  亭主が向うへ  出羽は向う  姿は向うの  新聞記者には向うの  むりに向うを  汽車とやらが向うの  中を向うへ  いつか彼の向うに  如来の向うから  舞踊曲を向うで  そうな向うの  私は向うの  通りを挾んだ向うの  新宿の向うに  あっちの向うから  海の向うで  ために向うへ  そこの向うに  足音が向うへ  村の向うの  一度に向うへ  碌さんは向うの  呉を向うに  其家の向うに  一つは向うの  湖の向うには  道路の向うで  何でも向うへ  通り拔けて向うへ  盜むやうに廊下を向うへ  先つきから向うの  返事もしずに向うへ  母が向うに  花は向うの  ゆつくり向うの  許都へ向うに  此方から向うへ  廊下の向うの  俊吉が向うを  つれが向うの  谷の向うに  野の向うに  紙凧を向うの  平野を限っている向うの  乍らぼんやり眼を向うの  廊下の向うから  縁の向うに  大勢を向うに  公儀を向うに  注意して向うから  灯火の向うから  一座を向うへ  信濃川の向うから  川の向うから  小屋を出てから向うの  二里ばかり向うの  大学生の向うに  二度乗換えをして向うに  風が向うの  靄の立ちこめている向うの  中庭の向うの  村が向うの  築山をへだてて向うに  のが向うの  おれは向うの  錠口の向うへ  ようになって向うの  先と向うの  オーソリティーを向うへ  急に向うが  僕は向うへ  海から向うの  うずうっと向うへ  二人三人ずつ向うの  頂上から向うの  距てて向うへ  増幅器の向うから  廊下の向うを  こっちから向うへ  彼等の向うには  門の向うには  標札の向うに  池の向うに  コップなどの向うに  そこへ向うに  窓硝子の向うには  木々の向うに  静かに向うへ  スタンドの向うに  霧の向うまで  クルリと向うを  人通りの途絶えた向うから  町の向うの  杉戸一枚の向うに  襖の向うに  日本劇として向うの  徳藏に向うへ  野菜畠の向うには  谿の向うに  炉端を立って向うの  ところへ通っている向うの  長火鉢の向うから  池の向うの  川岸や向うの  風は向うの  家と向うの  一緒に向うの  痩せぎすな向うの  齋飯は向うで  地下室の向うに  目つきで向うを  シリンクスが向うの  精霊は向うを  お前も向うの  夕日が向うの  それから急いで向うを  竹垣の向うから  窓の向うの  楽長が向うで  それが向うを  川の向うへ  僕等も向うへ  それじゃ向うで  場所は向うの  子供山の向うに  そこから向うは  机の向うへ  うちには向うでも  泉水の向うの  雨戸の向うの  地平線の向うで  丘陵の向うから  屋根から向うを  一町ほど向うの  川を隔てた向うの  梢を通して向うの  手を引かれて向うへ  声で向うで  下男は向うの  冠って向うを  助も向うへ  谷地を渡って向うへ  間をそれて向うの  材木堀の向うに  垂れ幕の向うに  貞雄が向うの  峠の向うは  海の向うへ  津軽二十七万石を向うへ  五間も向うへ  京橋の向うの  橋をわたった向うの  坂の向うに  里ばかり向うの  欧州を向うに  垣根の向うの  窓の向うには  そこへ向うの  高台が向うに  客は向うへ  伝を向うへ  ッ鬢の尖を向うへ  方を向うへ  月を向うの  一人でも向うへ  突退けようと向うへ  人家を越して向うに  時誰やら向うから  便所の向うの  大矢シヅを向うに  浅井を向うに  木村を向うに  ものを向うに  平地の向うの  諸口さんの向うに  路の向うから  橋を向うへ  田畝の向うに  畳数を向うへ  得は向うでは  根かぶの向うが  茂みの向うに  ことで向うの  硝子の向うに  芒の向うに  西洋へ渡って向うの  荒物屋の向うに  溝の向うから  花壇の向うは  花壇の向うの  広場の向うを  千枝子は向うを  河の向うへ  壁と向うの  机の向うには  討手の向う  咳払いと共に向うへ  スタスタと向うへ  徳川を向うに  部屋の向うの  女は向うの  帆柱の向うには  火焔の向うには  何千里か向うの  幹の向うに  箱根の向うへ  卓子の向うから  手探りで向うの  花瓶の向うの  窓から向うの  電話線の向うへ  丈を越し向うが  角右衞門は気が付き向うを  金を向うへ  それを向うの  いから向うで  涯てしもなく向うまで  土壁が向うに  八畳敷の向うに  ズッと向うの  人間レコードを向うへ  裁判官達を向うに  窓ガラスの向うを  鶴子嬢と向うの  カーテンの向うで  時は向うの  政府を向うに  長火鉢の向うへ  機構を向うに  のは向うの  日比谷の向うの  露次を隔てて向うが  通りを隔てて向うに  廊下一つ隔てた向うに  執達吏を連れて向うへ  海鼠塀の向うでも  溝川の向うを  お上を向うに  おれが向うの  二人は向うへ  間を向うへ  政宗を向うへ  此の向うに  湯殿へ通う向うの  広葉は向うの  橋の向うで  庭の向うに  こっちも向うを  廊下に出て向うへ  板が向うを  立上って向うの  今まで向うの  運動場の向うの  時池の向うに  海の向うの  折から向うの  生垣の向うに  渡しを向うへ  洗面所の向うの  左翼の向うに  自然の向うを  久保君は向うから  要太郎を見ると向うの  硝子の向うから  町角の向うにも  町角の向うの  直ぐに向うの  ほら穴の向うが  用事を向うへ  みんなで向うへ  ガアドの向うの  プラツトフオオムの向うには  石塔の向うに  麦の向うに  沙漠の向うから  俄かに向うを  看護婦が向うに  寝返りをして向うを  内に向う  小店の向うの  通を向うへ  日が暮れると向うの  硝子窓の向うに  坂を向うへ  一つ間を置いた向うの  甲板に出て向うを  遠くの向うを  途端に向うの  倍以上も向うで  端から向うの  大連の向うの  往来を隔てて向うを  崖の向うは  廊下の向うが  起伏している向うに  どれかを向うに  いずれかを向うに  のは向う  それを考えてくれなかった向うの  機だって向うの  兵隊も向うの  テーブルの向うに  なんしろ向うの  両親が向うに  畳廊下の向うの  そこから向うへ  十間も向うの  木立の向うは  遙か向うから  閑古鳥は向うの  遙か向うに  半町ほど向うに  鉄扉の向うで  ガラス戸の向うへ  札の向うに  幕の向うに  金縁眼鏡の向うの  ミチ子が向うへ  二人にすすめると向うへ  黒塀の向うへ  そこへ向うから  ズーッと向うの  瓦屋根の向うに  屋根の向うに  そこを離れて向うへ  机の向うで  松の向うに  煙が向うへ  一ぱい入って向うの  例の向うの  お仙や向うの  草原の向うの  星明りに向うの  胸にまでつかって向うを  台の向うの  スタンドの向うへ  崖を向うへ  模糊とした向うの  箱火鉢の向うに  行列して向うを  遠くの向うに  心が向うに  明日は向うの  河を向うへ  爪で向うへ  この間まで向うの  それを向うへ  手紙には向うの  助は向うの  事が向うに  ツト杖を向うへ  林の向うに  島の向うに  将校等の立っている向うの  襖の向うから  二十間ほど向うに  背中を向けて向うへ  のが向うへ  ウンと引張って向うへ  窓の向うを  楠公父子を向うに  御門の向うに  お寺の向うまで  兄さんが向うへ  坊さんが向うへ  桑畠の向うの  庭の向うの  中洲の向うから  スクリーンの向うに  障子一枚の向うに  レビュー館の向うの  ア静かに向うへ  やうに向うの  ビールだけで向うが  金は向うで  隙間を越して向うの  真直に向うに  音は向うの  賽銭箱の向うに  川の向うに  あべこべに向うを  刹那顔を向うに  ガラスの向うで  ガラスの向う  みんなは向うの  眼は向うの  罪は向うに  今度は向うの  鷹が向うに  真ん向うの  土手の向うには  鉤を向うの  森の向うに  沖の向うに  遙か向うの  土を越して向うに  雨具の向うに  紫野の向うの  音の向うに  音をも向うでは  やつぱり戀は向うの  頃に向うを  山崎の向うの  窕子は向うの  男を向うに  ぢき向うの  道綱はずつと向うの  それを持つて向うの  やうに向うに  今朝から向うに  げに向うへと  畑の向うに  十町ばかり向うに  列車までには向うへ  立止ると向うも  中に向うへ  明後日は向うに  鳥が向うの  此方からも行けば向うからも  山の向うや  車窓の向うに  鍋の向うに  私が向うの  街道の向うの  卓子の向うの  茂みの向うの  塀の向うへ  バスにのると向うに  彼女は向うの  遥かの向うから  石橋の向うで  ハンカチの向うの  階段の向うに  山の向うに  部下を引っぱって向うの  水上を渡って向うへ  橋の向うには  草山の向うに  社交界を向うに  太吉が指さす向うの  丘の向うに  一つからも白んだ向うは  大阪よりも向う  書物の向うに  声あって向うに  何か向うに  気持が向うに  支倉一行が向うへ  後退して向うの  山々の向うに  夫から向うの  十一時には向うの  渉って向うへ  あれは向うだけは  場になって向うの  堤の向うは  マスコフキナ夫人は向うに  扉の向うから  あぜづたひに行く向うの  川の向う  谷間を隔てている向うが  道路を隔てて向うの  記憶は向うに  からだも向うへ  家家の向うに  洋燈の向うに  実を覗かして向うへ  しかのみならず向うの  うちから向うの  我々の向うに  ゴトゴトゴトと向うの  隧道の向うへ  山も向うの  岸から向うの  五十歩にたりぬ向うの  前を向うへ  鳥居の向うの  知つてゐるが向うは  立飲台の向うに  カウンターの向うに  三千子が向うへ  扉の向うで  劇場を向うに  煙筒の立つ向うの  空の向うまで  雲煙万里の向うに  ママを向うへ  繁みの向うから  濠の向うを  堀の向うには  馬を向うに  扉の向うに  僕が叱られますから向うへ  彼は向うから  帆村は向うを  扉一つ距てた向うに  帆村は向うの  寝台の向うに  敵に向うは  偶には向うで  眼を向うの  橋の向うは  二人同士は向うの  硝子窓の向うの  中心を取って向うへ  お山の向うへ  途中で向うへ  丘の向うから  廣場の向うの  お上さんが向うの  顔で向うへ  湯気の向うから  麦酒罎の向うに  浪の向うへ  長橋を向うに  遙かな向うには  画室の向うの  向うの向うを  足早に向うへ  延び上りて向うを  泥岩の向うの  手を離れて向うの  楽屋の向うを  聴衆を向うに  チャンと向うの  金との向うに  童子が向うの  二わかれした向うの  谿間を隔てて向うは  林の向うへ  禿山の向うを  天主堂の向うの  濠の向うは  湯気の向うに  金麩羅屋の向うに  河岸へ出ると向うに  池を飛び越えて向うへ  浅沼の向うでも  助の向うに  ポンと向うへ  真直ぐに向うへ  浜は向うの  豊の来たのに向うから  庭先を向うの  馬は向うの  橋から向うを  扉口から向うの  何も向うへ  西日の当った向うの  一人僕等の向うへ  電車線路の向うを  硝子戸の向うの  僕の向うに  電車線路の向うに  後ろに向うの  僕の向うには  僕は向うに  松林の向うに  砂山の向うに  短艇が向うを  斎藤なぞは漕いでしまってから向うの  渡しを渡って向うの  安心して向うを  橋の向うへ  橋の向うの  それを向うで  橋の向うに  坂の向うの  中庭から向うへ  梅ばやしの向うへ  君の向うを  先生は向うを  ここらあたりから向うへ  こっちでのぼせればのぼせるほど向うが  三間も隔たった向うから  お姫様が向うを  あれが向うの  両国橋を渡ると向うに  腹は換えられないから向うが  奴に担がれて向うの  湖が開かれて向うの  池の向うには  兄貴を向うに  垣根の向うに  川の向うも  河原の向うへ  勤番支配を向うに  一緒に行ってくれたら向うも  笹子峠を向うへ  竹藪の向うの  ところは向うの  築山の向うの  松山の向うで  体で向うの  池の向うは  陰で向うを  とき塔の向うに  二百メートルばかり向うの  街を向うへ  女は向うを  電車通りを向うに  道順や向うの  田圃の向うの  問い問い元気を出して向うの  街つづきを向うへ  板橋を向うに  橋を向うに  茶リネの向うを  さきには向うが  実物とを向うに  袖の下から向うを  川の向うの  母は向うを  山一つ越えた向うの  群は向うの  沼の向うが  二三間も向うへ  七分まで向うが  扉の向うが  米友一人が向うを  一人で向うを  ようにして向うの  此処から向うを  三十間も向うの  土手の向うへ  土手の向うからは  川を向うへ  村を出て向うを  泥が入って向うが  兵を向うに  フラフラッと向うへ  茶袋を向うに  確かに向うへ  債権者たちを向うに  二頭以上なら向うから  それも向うの  いふ男を向うに  それは向うの  屏風の向うで  ソレ夜中に向うの  頸へかけて向うへ  理由で向うの  小峯が向うへ  病気で参られませんと云うて向うに  事があるから向うでも  ッたって向うで  山並みの向うに  四阿の向うに  天下を向うに  残本でも向うへ  意志に反して向うが  峠の向う  鐵格子から向うの  川を隔てて向うの  並木の向うに  穴は向うに  総社六所明神を向うに  六所明神を向うに  上で向うの  燒跡の向うに  胴の間の向うの  二三日前から向うの  久保に刺された向うの  背延びをしながら向うの  彼は向うへ  船は向うの  自分は向うの  はるかに向うを  傍屋の向うへ  ものを向うへ  柄を向うに  下げ緒も向うへ  社より向うへは  邪魔になるから向うへ  膳の向うへ  茫然窓越しに向うの  坪の向うへ  方へ向う  母親がいて向うの  行つてから向うの  相手を向うに  廓内の向うから  操作に依つてこつちから向うへと  距てた向うの  すりの向うに  自分の向うの  揃へて向うへ  文が向う  自分を向うへ  魚河岸の向うを  舟は向うの  ほかに向うの  容斎の向うを  鰡八大尽の如きをさえ向うに  それを向うに  私はずうっと向うの  校長さんが向うの  これでは向うに  三教室は向うの  紙屋川の向うへ  窓硝子の向うに  芋畑の向うに  姉の向うに  芋畠の向うの  山の向うでも  唱歌を歌っていたら向うの  声が向うの  馬鹿野郎って言ったら向うでも  三津浜の向うの  諏訪湖の向うに  サチ子が向うの  スタンドの向うには  そうに向うへ  やうにして向うの  頷で向うを  一丁半も向うの  壮漢を向うに  寝台の向うの  青雲の向うに  山奥に来ると向うに  丸太を通して向うへ  森の向うは  室を向うに  線路の向うへ  心さえとりなおせば向うでは  綺麗に向うへ  十間ばかり向うへ  肩を越して向うへ  床についている向うの  水野越前守を向うに  といつたのはおすがの向うに  鬼怒川の向うの  私が向うへ  ランプの向うに  煙の向うに  これじゃ向うへ  扉の向うへ  ザネリは向うの  口笛を吹いて向うに  こんどは向うの  サファイアは向うへ  ジョバンニに渡して向うへ  燈台看守の向うの  一つ飛んで来ましたけれども滑ってずうっと向うへ  天の川の向うに  火の向うに  男の子が向うの  そっちを見ていましたら向うの  斜に向うへ  空気を向うに  穂高の向うの  テエブルの向うに  サフアイアは向うへ  ジヨバンニに渡して向うへ  燈臺看守の向うの  うつと向うへ  うつと向うに  地平線の向うから  柱の向うに  中庭の向うに  雲の向うを  山稜の向うに  はるかの向うに  三人は向うを  湖の向うの  衝立の向うへ  木田さんが向うへ  西郷を向うに  全部を向うに  意識が向うの  廊下を隔てた向うの  机の向うの  痰が向うの  榎の向うに  先は向うの  素直に向うを  隆吉は向うの  周平は向うの  定子は向うに  訳だと向うの  二人は向うの  清は向うの  階段を上って向うの  識らず向うの  これまで向うの  通りを向うへ  玉が向うに  衝立の向うで  衝立の向うに  禅宗坊主を向うに  カリフォルニヤの向う  営庭の向うの  人影が固まって向うの  ヘトヘトになって向うへ  事で向うの  方へ向うが  大通りの向うは  ッて視遣る向うは  返事は向うの  人川の向うで  綱を向うの  垣の向うから  夜更けてから向うに  旅宿と向うの  靄の向うを  大洋が向うの  一度ばかりは向うで  厭でも向うに  それは向うへ  一言も向うへは  丘を向うへ  硝子窓の向うから  今度は向うへ  ものを受取って向うへ  二里も向うの  肩をゆすりながら向うへ  林泉寺の向うを  教会の向うに  田の向うに  道庵の向うを  半ぺん坊主の向うを  天保水滸伝の向うを  今となって向うの  私を向うに  真情が向うに  ことは向うでは  松並木を向うに  女中が向うを  宇治橋の向うまでは  姿見鏡を見て向うに  虚無の向うに  保田から向うへ  これならば向うで  兄の向うに  砂を捲いて向うの  中庭を隔てた向うの  食事をすると向うの  足を向うへ  三里ばかり向うを  親と向うの  これで向うの  用があるから向うで  烏は向うの  二三羽あわてて向うの  外に立つて向うの  八十以上になる向うの  彼等も向うの  一礼して向うへ  往ってしまったら向うで  水野十郎左衛門を向うに  一面に向うへ  汽車が出ないと向うへは  枕屏風を向うへ  庭を向うへ  どこか向うの  おばさんが向うの  歯であしらって向うへ  中橋の向うに  席を立って向うへ  硝子壜の向うに  鉄塔の向うに  沈澱する向うの  軍隊を向うに  暴徒を向うに  敵艦敵機を向うに  仙二は向うに  私達が向うへ  菰だれの向うの  刃を迎えて向うから  老人が向うへ  さっきから向うの  その道の向うまで  万事は向うへ  生簀の向うに  鉄を向うに  二三間ばかり向うへ  千里も向うへ  魔物が向うへ  一町ばかり向うの  半町ばかり向うの  二十間ばかり向うに  膳の向うで  群集の向うに  森の向うが  窪地の向うに  鎧橋を向うへ  通り長火鉢の向うに  正覚橋の向うへまで  街路の向うで  空地の向うの  紅染めの向うを  人形舞台の向うに  宇之吉さんの向う  ト咄しながら向うの  武田耕雲斎を向うに  徳川家康を向うに  人を向うに  徳川内府を向うに  酒を向うへ  鉄砲は向うへ  母親が向うを  こんどは向うを  幕の向うで  ヴアロンカ川の向うの  麦畑の向うに  急に向うの  今度は向うで  彼も向うの  時に向うを  垣の向うに  谷一つ隔てて向うが  館山から向うへ  草山の向うは  橇が動きだして向うの  田圃の向うを  巌鼻の向うから  橋を渡って向うへ  黒門を向うの  これが向うの  十人ばかり向うの  勝利を向うに  自分が向うを  自分も向うを  自分より向うが  言葉を向うの  路地の向うは  日本剣聖と向うを  雨戸の向うに  そこへ向うからながら  笑い声が向うの  逆に向うへ  隧道の向うが  それよりも向うの  時分に向うを  山と向うの  中庭をへだてた向うの  長火鉢の向うの  プラットフォームの向うの  坂を下りながら向うを  囲炉裏の向うに  浜名湖の向うまで  笑ひながら向うの  上をのりこして向うの  船阪峠から向うが  鼓を打つと向うへ  橋がかりに這入ると向うの  内に向うの  処を通って向うに  丘の向うの  路を通って向うへ  路の向うに  息で向うへ  ふりかへりながら向うへ  内陣のずつと向うの  近郷には向うを  書机の向うに  莱畑の向うには  安川を向うに  峠の向うで  男は向うの  広間の向うの  町人の向うを  不意に向うの  大通を向うへ  女が向うの  振り顧って向うの  心持ちが向うに  座敷から見渡すと向うの  手が向うの  家の向うの  白木さんを向うに  乳婆ならば振り放したとて向うが  先刻から向うの  断念めて向うの  様に向うの  往来の向うへ  一歩たりと向うの  不充分で向うの  方に瞬いていた向うの  枝を張った向うに  葉に遮られた向うを  それ等の向うには  私たちは向うを  ものを向うでは  旅費と向うに  ガラス張りの向うに  線路の向うには  線路の向うを  中に浮出した向うの  彼は向うに  男はふいと向うへ  手を上げて向うを  男は向うで  線路の向うの  調子で云い迫ったので向うの  手真似で向うへ  麦畑の向うの  黒塀の向うの  三尺程跨いで向うの  下を向うに  一羽それを横切って向うの  弧を描いて向うへ  距った向うへ  柄に乗し懸って向うを  隣も向うも  横を追い越して向うへ  手探りをしないばかりに向うの  先生は立って向うの  電燈の向うの  鍵穴の向うは  山を越えて向うの  林の向うを  低地を越して向うの  飜って向うへ  上を向うへ  及腰に向うを  テーブルを越して向うが  誰かが向うで  橋の向うから  兵士等は向うへ  間に挾んで向うの  夜空の向うへ  途端に向うも  處が向うも  森幹事が向うの  峠の向うから  テーブルの向うで  僕が向うの  岩山の向うの  餅を持って向うへ  袴をはいて向うで  朝に向うを  青年検事を向うに  堂島を向うに  鶴が向うの  ゃる所はなかろうかと向うを  弓を向うへ  わしは向うへ  陸戦隊の向うを  新たに向うへ  一間隔てた向うの  土堤へ出て向うで  今でも向うの  テエブルを隔てて向うの  十町ばかり向うの  目標を向うに  煙が向うに  窓から向うを  姫は向うに  桑畑を向うに  ステッキを振りながら向うの  畠の向うはと  橋を渡った向うが  山が向うに  誰かが向うを  姉が向うの  それ等を向うに  襖の向うを  木立の向うに  森の向うへ  国を向うに  あれから向うの  木の向うには  相手は逃げて向うの  酒場のある向うの  距てた向うで  線路に添うて向うの  江の向うの  鐵路の向うへ  城門を向うに  立止って向うを  川の向うには  赤松林の向うに  三尺ばかり向うの  壁の向うの  襖の向うの  一膝下って向うへ  扉の向うの  大洋の向うの  秀吉の向うを  女が向うへ  世界を向うに  僕が向うへ  浜伝ひに向うへ  砂丘の向うを  砂丘の向うから  赤井は向うで  繁みの向うに  小山の向うから  明智勢を向うに  膳の向うに  お父さんが向うで  みんなに向うの  書棚の向うに  書棚の向うへ  話は向うの  襖の向うで  車掌は受取ったなり向うを  車掌が向うの  石川島を向うに  実験台の向うの  人影が向うへ  壁でもすうすうと向うへ  わたくしは向うに  曳舟通が向うに  浅葱になった向うの  わたしの向うの  畦の向うの  お母さんが向うへ  兄さんが向うで  南のずうっと向うの  露地の向うの  喰違い見附の向うの  蓋を向うへは  戸の向うから  スダレの向うに  筒抜けに向うの  窓からと向うの  是非今日は向うまで  実践的動向の向うに  岩倉三位を向うに  大藩を向うに  わたくしをのこして向うへ  炎の向うに  欄干の向うには  浪の向うも  豪傑の向うに  ドーアは向うへ  こっちと向うとに  こっちと向うの  硝子板の向うの  浜を伝うて向うに  真直に飛んで向うへ  鏡を向うへ  砂丘の向うに  野末の向うに  壁の向うで  庭の向うから  一里の向うに  花籠の向うに  スイと向うへ  自分をおさえて向うを  ものがあっても向うの  縁の向うへ  私から向うへ  是に向うは  原曲が向うの  枯草の向うに  髪毛の向うの  鳥は向うの  暖簾の向うを  病人に向うを  奴に限って向う  カーテンの向うに  樹樹の向うから  膳を向うへ  友達たちを向うに  廊下をへだてた向うは  水田の向うは  障子に塞がれた向うは  木戸の向うに  銅助を向うに  居間の向うの  声を聞きつけてか向うの  生垣の向うから  穀粒をしゃくって向うに  秘術を尽くして立ち向うに  線を向うへ  何十町か向うの  曲り角が向うの  闇の向うの  お前は向うで  所を向うへ  去年の向うに  鍛冶屋の向うの  子供達が向うの  大抵一日入り浸っている向うの  眼がさめると向うの  歩道の向うから  見物の向うの  此処よりも向うの  頂上の向うに  眼を放った向うの  私は向うを  奴を向うへ  私には向うの  崖に登って向うの  小山の向うが  父は向うの  兄さんは向うへ  一緒に向うへ  横町から向うの  田原さんの向うへ  答えもしないで向うを  視線を向うの  植込の向うに  處で向うも  うつすら晴れてゐたので向うまで  答へたぎりで向うへ  ところで向うの  スパイ三人を向うに  俺等が向うへ  窩棚の向うの  脚本を向うの  往来を隔てた向うの  台所の向うには  野原の向うから  野原を向うへ  石圍ひの向うには  うして向うの  足で向うへ  石囲いの向うには  つた溪流の向うの  手を止めて向うの  峰に並んだ向うの  橋を渡れば向うの  まつたわいと逃げようとしました向うから  梢の向うに  縁側の向うの  彼奴の向うを  村上は澄まして向うに  絵姿を向うの  森の向う  春子さまを向うへ  歌と向うの  精算は向うの  駅の向うの  塹壕から向うへ  四つ目垣の向うは  背後峯の向うに  問には向うで  藪の向うでは  池の向うが  築山の向うは  稻田の向うに  入江を越した向うの  花の向うには  折つて桃畑の向うに  入江を越えた向うには  海の向うには  箱根から向うには  左の向うに  運命をもって向うに  会つても向うにばかり  起伏の向うに  車井戸の向うには  装飾を向うへ  腹を向うへ  家が向うに  廊下の向うに  舟で向うの  私たちは向うの  お山の向うに  牛蒡と向うの  皆で向うの  山の向うへ  三十マイル以上も向うの  家の向うに  通りの向うの  大蛇かを向うに  東海散士の向うを  お前達は向うへ  煙突の向うへ  帳場の向うの  廊下に出て向うを  がさがさと向うの  籠を提げて向うへ  慶次郎が向うで  奸悪を向うに  ソンナ筆致を用いなければ向うへ  廊下の向うへ  食卓の向うで  扉の向うは  時に向うの  青空の向うに  青空の向うの  大空の向うに  谿間を越えて向うの  博士として向うの  夕飯を向うの  残念ながら向うは  ために向うの  先に向うは  方が向うの  道を向うの  例のごとく向うへ  横に切って向うの  平らに向うへ  一間ばかり向うに  姿勢で向うの  それが向うに  子だから向うへ  今度は向うに  嫁なら向うの  踵を上げて向うへ  呼吸を向うへ  川を渡って向うの  上を通って向うの  縦走して行くと向うの  知らぬ顔して向うを  一町くらい離れた向うの  鹿島槍あたりより向うは  高原の向うに  大手を振って進めば向うから  何か向うからも  菊池の向うを  川の向うを  ここを向うへ  あれは向うの  君江が向うへ  天然の向うへ  男と共に向うへ  二間ほど向うの  稲田の向うに  嵩張物を売払って向うで  お前さん達は向うへ  お前は向うに  身体を向うへ  丁度八百キロメートルの向うに  三倍も向うに  天井の向うに  三部屋ほど向うに  机の向うを  今まで向うに  樹の向うに  佐々は向うで  畑地を越えた向うに  往還を越えた向うが  障子の向うにも  草の生えている向うに  ラーン河の向うには  階段の向うから  おれは向うを  お前が向うを  眼をあげて向うを  大溝の向うは  すと向うへ  風呂場の向うへ  海苔粗朶の向うに  父へ向うの  甲板を向うへ  水車小屋の向うの  岩から向うの  松林の向うには  岡の向うの  鉄格子の向うに  おまえたちは向うへ  兇悪四馬剣尺を向うに  三里も向うが  大分離れた向うの  心を向うへ  自然力を向うへ  前に向うへ  喜代子は向うの  喜代子は黙って向うへ  控室の向うに  火鉢の向うから  ざわめきの向うで  田の向うの  森の向うの  大川を向うへ  塀の向うが  船が向うへ  川一ツへだてた向うに  垣根の向うは  左手で向うの  海軍を向うに  雲の向うへ  軍艦を向うに  闇の向うへ  山の向うで  波の向うに  狼岩の向うへ  裏土蔵の向うの  木林の向うを  人の向うを  芝生の向うには  肉眼では見えない向うの  庭を越えた向うの  小手をかざして向うを  お前なんか向うの  俺は向うへ  洲口を泳ぎ渡って向うの  ぼんやりと向うの  助手が向うに  度に向うの  茶湯台の向うに  地下室に向う  真先に向うの  のは向うに  大辻老は向うへ  銃口を向うに  おれが向うを  蜜柑畑の向うへ  板の間の向うが  コンと向うへ  大足に向うの  幔幕を向うへ  脚をすかして向うの  向うへ向うへと  大事そうに向うの  まま売台の向うに  舞台前景の向うに  私が遠のくと向うが  珍らしく向うの  二丁も向うに  幔幕の向うでは  通りを隔てた向うの  あまりものを向うで  庄亮は向うの  内部を透かした向うに  大船で乗替へて向うへ  終りまで向うの  舟に乗せて貰って向うへ  それが向うでは  芒野の向うには  姿見の向うへ  活動がはねるまでに向うへ  縁の向うの  顔を挙げて向うを  燈火に照らされた向うの  オヤと思いながら立ち上って向うを  姿が向うに  身体が向うに  往来を向うの  丸卓子の向うの  一間ばかり向うの  まれば向うでも  河原の向うには  曲り角の向うに  炬燵の向うに  汗を拭きながら向うの  それより向うの  事やらで向うでは  平原の向うの  奴を向うに  トタンに向うの  貴婦人が向うへ  車にゆられて向うへ  千世子は向うの  三間ほど向うへ  つてガラス窓の向うに  ガラス窓の向うに  影坊子が向うの  蛇の向うは  頭を越えて向うを  それだから向うへ  谷間の向うに  穂波の向うに  座蒲団を向うへ  襖の向うからは  青森湾の向うに  女達は向うの  光が向うに  今夜も向うの  仕事をずつと向うへ  下川の向うに  門を越した向うに  それからずつと向うの  遙かに向うの  英国を向うに  蝎ぼしが向うを  からだを向うの  霧の向うから  海の向うからの  時廊下の向うに  眼をそらして向うに  コスモスの向うの  障子の向うまで  浴衣の向うから  目を見せるかと思ひながら向うを  土手の向うは  様な向うの  妻は向うへ  一つ赤蜻蛉の飛ぶ向うの  遁げ足を向う  王子は向うの  土堤の向うに  資本家を向うへ  そこから向うの  遥かの向うで  格子の向うは  面は向うの  子供達を向うへ  指盤の向うで  部屋の向う  城の向うで  洋傘を向うの  側の向うの  手をふりながら向うの  密林の向うに  足跡が向うまで  理屈は向うに  団長が向うを  がむしゃらの向う  肩を窄めながら向う  堤防の向うが  堤防の向うの  足音は向うへ  芝庭の向うの  松林の向うで  眼鏡をのぞいて向うを  ことは向うで  のは向うが  それは向うに  戦術は向うの  几帳の向うに  切り燈台の向うの  経机の向うに  電車線路を越した向うに  あなたを向うの  庭の向うは  グラウンドの向うには  蛇田の向うの  間から向うを  カサといえば向うには  真価が向うの  うちに向うが  一切経を向うの  きゅうに向うの  笑いを残して向うの  此度は向うの  浴槽の向うには  對手として向うに  時生垣の向うで  茶を入れたからといって向うの  熱を向うに  飯時には向うへ  縁側伝いに向うへ  上を踏んで向うへ  襖を開けて向うから  ラーン河の向うの  河の向うには  砂浜の向うに  変一町ほど向うの  反対に向うへ  兄さんは黙って向うへ  晩飯は向うで  街道を越した向うの  二人で向うの  門の向うの  太陽は向うの  平野の向うを  対岸の向うの  川が向うの  ところから向うを  却て向うの  海底を抜けて向うへ  松林の向うを  一丁程向うの  手水鉢の向うの  趙一人おいて向うに  此方も向うを  富子は黙って向うへ  空地の向うには  無事に向うの  豚は向うへ  博士が向うへ  鉄板の向うに  僕は向うの  前方五千メートルの向うの  スッと向うへ  行列が向うの  私の向うに  心配そうに向うの  俄かに向うの  気がして向うの  野原をずうっと向うへ  三里ほど向うの  半分は向うの  手をかけて向うを  網目の向うに  裏畑や向うの  お金なんか向うの  扉を通して向うを  路の向うの  沈黙って向うの  橋の向うが  ペンを取って向うへ  硝子窓の向うには  列の向うを  濠の向うで  河の向う  ピカリと向うの  扮装の向うの  主は向うへ  屋根の向うが  目をあげて向うを  硝子を通して向うを  川の向うで  坂を登って向うへ  自動車は向うに  釜の向うで  弥三郎は向うへ  畑の向うを  君が気づかずにゐて向うで  猛者を向うに  烟の向うに  夜明けまでに向うへ  卓の向うに  森の向うを  タバコの煙りの向うに  もんか向うに  すき間から向うを  大抵は向うの  人のいない向うの  大岩を向うへ  井の向うの  蘆の向うには  枯木林の向うに  はるか一里ばかり向うの  はるかな向うの  編成チームを向うに  杵をならして来る向うの  吾妻橋の向うに  鳥居が見える向うの  堤の向うの  矢は向うの  讃美歌をおしえる向うを  砂丘の向うの  剣かざりの向うに  わたしは向うの  眼を閉じて向うを  

~ 向う[名詞]2
あの向う  仮令向う  なく向う  若し向う  すぐ向う  わざわざ向う  ただいま向う  その向う  ふと向う  どの向う  遥か向う  この向う  ちらっと向う  もっと向う  やっと向う  ない向う  そっと向う  遠く向う  同時に向う  又向う  何しろ向う  今に向う  とにかく向う  ずっと向う  ドンドン向う  もう少し向う  はしたなく向う  まだ向う  そのまま向う  しきりに向う  バラバラ向う  よく向う  かえって向う  もっとも向う  もう向う  ときおり向う  やがて向う  いきなり向う  直ぐ向う  何一つ向う  ぷいと向う  今や向う  やはり向う  いつも向う  一寸向う  だんだん向う  少し向う  さっさと向う  もし向う  依然として向う  たしか向う  すでに向う  殊に向う  やっぱり向う  じいっと向う  赤い向う  時々向う  悠然と向う  そのうち向う  ずぶりと向う  こう向う  なるたけ向う  これから向う  丁度向う  暗い向う  よほど向う  忽ち向う  突然向う  早く向う  黙然と向う  遠い向う  わざと向う  どうやら向う  いろいろ向う  ちょっと向う  何時しか向う  間もなく向う  あぶなく向う  どんどん向う  ひょいと向う  すっかり向う  青い向う  やや向う  サッと向う  たとい向う  しばらく向う  飽くまでも向う  難なく向う  漸く向う  案外向う  とうとう向う  其の向う  いずれ向う  余り向う  元々向う  ずんずん向う  思いがけなく向う  更に向う  益々向う  幸い向う  どうも向う  大きく向う  また向う  きっと向う  グングン向う  しげしげ向う  一度向う  すこし向う  どうして向う  いながらにして向う  わいわい向う  あまつさえ向う  さらに向う  いま一つ向う  全く向う  互に向う  すっと向う  暫く向う  ずーっと向う  ちょうど向う  どしどし向う  思わず向う  何気なく向う  もう一度向う  いよいよ向う  どんなに向う  勿論向う  じきに向う  そんなに向う  高く向う  あんなに向う  あんまり向う  まだまだ向う  たとえ向う  ともかく向う  薄暗い向う  何だか向う  早い向う  じっと向う  ぽかんと向う  はるか向う  ぐんぐん向う  するりと向う  ちゃんと向う  いつの間にか向う  早う向う  長く向う  まっすぐ向う  ときどき向う  それなり向う  

複合名詞
つた儘はるか波向う  一ツ向う  ヨボヨボ向う  其向う  濠向う  向う群集  堀向う  向う三軒両隣  一ヶ月向う  時向う  向う目  時遙向う  時遥向う  一ぺん向う  一番向う  沼向う  斜め向う  壁一重向う  向う鉢巻き  河一すじ向う  河向う  内々向う  今更向う  そり向う  向う丘  向う歯  軽気球向う  力一パイ向う  はるか向う  一重向う  通り向う  五枚向う  歯向う獣  露路向う  とき向う  向う様  大木戸向う  一つ向う  二つ三つ向う  向う柳原  道向う  向う二年間鬼子母神  フト向う  今朝向う  従つて向う  恰度三四間向う  向う河岸  五間向う  向う間  四五間向う  向う地  立向う山  立向う  庭向う  はるか向う端  向うむき  山一つ向う  大橋向う  橋向う  渡つた向う  二つ向う  向う角  ため向う一箇月間休場  十哩向う  向う勝負  折柄向う  向う向き  まんま向う  七八町向う  眞向う  三軒向う  梅さん向う  五つ六つ向う  間向う  二寸向う  二三メエトル隔つた向う  張つた向う  代り向う二十年  向う二十年  向う者  向う所  向う二年間  向う日  まま向う  ズット向う  向う山  一ばん向う  一本向う  向う先  峠向う  南向う  都度向う  向う島  ト向う  遥向う  向う製  一匹向う  向う室  いつか向う  まろびつしながら向う  向う三間  向う何年  とりことり向う  厩橋向う  代り向う  向う流  向うさま  這つて向う  斜向う  ハドソン河向う  数歩向う  溪向う  つた向う  ツイ溪向う  ツイ向う  向う五日間  手向う力  横ぎって向う  板戸一枚向う  窓向う  向う座敷  山向う  万世橋向う  片手向う  皆向う  行つて向う  向う端  向う小山  正面向う角  向う新道  向う一帯  向う邸  六間向う  裏向う  四月十一日向う  中向う  一同向う  向う恵比寿  二三間向う  向う一ヶ月間  刃向う  いま向う  直ぐ向う  向う路  ひとつ向う  向う三軒  塀向う  向う段取り  ア向う  向う数万  さっき向う  向う五カ年間  土手向う  向う両国  向う額  向う創  向う下り  坪向う  向う三日間相休み申候  向う組  池向う  言つて向う  向う日本  襖一重向う  それなり向う  向う計画  川一つ向う  引き向う  向うあたり  向う戦  向う前  向う三年  ゆうべ向う  廊下向う  向う五年間  遥か向う  今夜向う  右手向う  びっこを引き引き向う  それ向う三軒  向う支度  ソラ向う  向う座  ソレ向う  向うさん  向う十五年  向う十五ヶ年  向う処一敵  向う奴  向う長屋  はるかはるか向う  八つ頭向う  向う六時  五軒向う  先刻向う  十七里向う  向う二階  向う手  向う面  みんな向う  十八文はん向う  向う横町  向う通り  立向う性癖  こと橋向う  さま向う  モウ一つ向う  沢向う  左向う  塀一つ向う  向う一面  ズウット向う  向う正面  向う場合  ズンズン向う  岸向う  坊主坊主向う  向う熱そう  二三軒向う  二三件向う  向う二人  向う前栽  向う何十日  向う三階  曲つた向う  唯向う  六里向う  さし向う  向う風  向うしし  向う鹿  際向う一週間  向う横丁  斜め向う向き  向う一週間休講  道路一つ向う  向うかげ  向う隅  向う一年  いちばん向う  向うはじ  一二丁向う  左手向う  向う十四五町  入江向う  向う一帶  向う一隊  向う持ち  それぞれ向う  ロッティ向う  左手向う木の根一本  屹度向う  命令通り向う  万事万端向う  向う七ヵ年間  五六間向う  向うどうし  合つた向う  向う下  すじ向う  一向う  向う百年  渡つて向う  手向う  向う鏡  向う数日前  時斜向う  向う六箇月  三向う  向う道  向う一年間  此筋向う  立向う癖  立向う立場  田圃向う  向う付  一つ二つ向う  向う蔭  向うぢ  向う隣  向う眺望  向う高  谷向う  チョックラ向う  襖一つ向う  我知らず襖一つ向う  手拭ひで向う鉢巻き  町向う  向う三年間  向う町  一たい向う  向う一週間  当分向う  向うかこッちか  向う坂  向う処  向うホテル五階  すべて向う  すじ向うあたり  里隔つた峠向う  河向う三粁  霜向う  二ヶ年足らず向う  十二時ごろ向う  三百キロ向う  路地向う  海向う  向う峰  箱根一つ向う  限り向う  二三十間向う  つて向う  半纏向う  



前後の言葉をピックアップ
婿  剥ご    向こ  婿入り  向う  向日  無効  向こう  向う意気


動詞をランダムでピックアップ
突っこん盛返そ曇らし赴き名づけよ混じっ殴り込む幽し向き合い交ざりつないよそおっとびだせるひねりだし寄り縋る知らしかと埋もらおこなお
形容詞をランダムでピックアップ
恋しむごくみよいつまらなけれすく烈しくっ疑わしうら淋しき力強し遠慮なき片腹痛無くっ烈しきそこはかとなく根強かっ細長かっにぎわしい苦しくっ女々しゅう