「句」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
句を論じ  句は諧謔を弄した  句だと主張してゐた  句をつくる  句にまくり  句にも夕月や柳がくれに  句は忘れたが  句とは別な味があると思ふが  句にもならないが  句と共に句賛の三句とする  句が出来る  句には此頃の私が出てゐると思ふ  句が残るだらうか  句もうまれるといふ  句が出来すぎて困  句も出来るといふ  句がうまれる  句がはさんである  句によいところがあるならば  句と躑躅と土筆とを得た  句も生れない  句を拾ふ  句を忘れる  句を味ふこと  句もできる  句とが辛うじて私の生を支へてゐた  句を喜代志さんにあげませう  句も出来ない  句を望まない  句を作りたい  句はもう私には作れないけれど  句はまだ作れる  句を揚棄せよ  句もある  句でなければならない  句はやらずにはゐられない  句も作れなかつたら  句が二十ばかり出来た  句とが一つになつてゐる  句を離れて  句とを拾つて戻つた  句が出来て  句に遊ぶ  句を拾ふたりする  句を作る  句は逃げた  句に憑かれてゐる  句に綜合せられたれど  句を作らせる  句を吐く  句にする  句がつげなかった  句を作り得る  句は作れ  句と以後の句との間に存する  句があったと思う  句を連発して  句をはがきに書いて  句は作らなかつた  句でも作る  句の推敲をする  句を作つたりしたが  句を作らずにはゐられない  句を語る  句は出来る  句が作れる  句を作らう  句がやめられないと  句が出来たら  句を得たり  句をボンベイなる間島氏に示せるに  句を吐き  句を書かう  句を一つ拾うた  句の取捨推敲に苦しめられる  句に多少ある  句を作つたりする  句未古人霊妙の機を会せ  句に短なりしは  句があるから  句を書き  句ももう覚えてゐる  句の美を取る  句あり云ふ  句がある  句を創為すと  句に因めるに似て  句で始まる  句あるを除いては  句に最も強くアンダーラインしてあるかと見れば  句の下に引いた  句を切った  句には罪はわれを追い  句を案じている  句のどの句がいい句であるという事を知り  句があるが  句の短冊が貼してある  句をわたくしに告げた  句を挙げて置いた  句は灑脱の趣があって  句を書くなり  句を五文字ばかり置きかへて  句とするなり  句は争ふて  句あるを見れば  句が引いてある  句を作った  句すらも諳誦し得ないが  句が出来た  句の中に冬木も入っているので  句を知っている  句がいくらでも出来ます  句が一句も出来なんだことを以つて見ても  句に至りて  句を切って  句が総じてダレています  句することが出来ませんでした  句もしないで  句が作れません  句として発表するだけの  句の巧拙とか優劣とかいうこと以外にまた句材とか句法とかいうものについて御経験を示して戴きたいと思います  句を拈して来るか  句を蒐集してゐる  句も天保前後の人にしては  句を使ふ  句を作っていた  句に作られている  句を作って  句を読むと  句があった  句が出て居ると  句が浮かんだ  句新歌のうえにもやはり旧慣に捉われひんぴんとして  句が句を誘うた  句はどういう事になるか  句を読んで  句をいそがるる別れ  句がうかばず  句も出  句になつて居る  句の原語は元來足跡の義にして  句の義となりし  句より成る  句を勝れたりとす  句と呼ぶ  句は即ち何遜の  句と訳を引用し  句を短く歌ひて  句を吐き出せば  句は知っていても  句に出会った  句をくりかえしながら  句が現われて  句が抜き  句に到りて  句なりを作らせてみれば  句が気に入らなく  句を思い出した  句のみ口に浮びて  句にあるが  句はtradを頭韻とし  句から言った  句は聞いた  句は編みなおして  句を現実に自己の上に体験する  句は袂ながらに盗まれし盗まれし  句といっても  句に御座いますね  句をはばかり  句皆一気呵成的にものせざるべからず  句をつがせなかつたが  句を読み入れた  句は聊か現今の衰勢を慰むるに足り  句を成さずして  句なきを甘んずべし  句なかりしは  句を作らせた  句らしいキタナイ洒落を続けて  句や歌を書きなどしてから  句が少し気にいった  句を調べてみたら  句を冒頭に置いて  句の解釈のためにつけた  句がたくさんある  句が目についた  句を英訳する  句は忘れ  句がどんなに俺を喜ばせたかを忘れる  句であろうと思う  句であるかも知らないで  句が出なくなりました  句の面白さがある  句に次のやうなものがあります  句とをしみじみ読み味わって  句も素人並みに作る  句も作り  句或は短文に貯蔵せられてゐる  句を残して  句を列記して  句を含む  句の用いてある  句だけをとり出して  句のなかにある  句を爲すは徒に新を弄し  句あるを見るべし  句に限り字餘りを許したるなり  句との連続に意義の上に軽い渋滞を感じさせて置いた  句との列りから出した  句の間隙に興味を持つて来た  句を連ねる  句の固定した  句の形をとつて居る  句に放り出されれば  句がひとりでにできた  句が頭に浮ぶ  句のやうなものをいくつか手帳に書きためて立ちあがる  句を貰つてわかれた  句を何の事やら分らずに口ずさんでいる  句があります  句は筆を執って  句はたくさん出て来ます  句各節はまことに興味深いそれを聯結する  句を讀んだ  句を請はれて  句を請ふ  句があったか  句が鶯の句であったことだけは記憶して居る  句はこの時に出来た  句を拾う  句はその後村上霽月君にも勧めて  句甚だ珍重に存じ  句が書いてある  句を書く  句が難渋云々とある  句は私から子規居士に転送したり  句の如きはその一例であったように記憶する  句の上にあり  句としては皆振った  句へ連想の動くを止め  句には郭注に公羊傳の隱公元年の文を引て解釋して居る  句が多いやうにと念じてゐる  句を捨てて  句の貧困を恥ぢ入るばかりである  句は十年あまりの歳月を隔ててゐる  句を読みながら  句を需められる  句は劇的伝説を以て名高い雲横雪擁の一聯で有ったと伝えられて居るが  句が有ったとしても  句を作り  句は漱石と言ふ  句を惟然の作品中でも決して名句とは思つてゐない  句の中にも見えると  句を書いた  句でも必ずそれを書き留めて置く  句も載っていた  句と共に並べられた  句が認めてあった  句の認めてある  句にも敬服せぬ  句に送られて  句であっても一句でもそれを棄てるに  句でも必ずそれを草稿に書き留めておく  句を粗略にして書きとめておかない  句を切抜いて持っていた  句を削り  句のみを残せば  句を入れるも  句を書いてくれという  句を作っても  句を書いて送る  句の意味は私の知らぬ  句を見て  句を成すを思へ  句は伸びたが淀まぬ  句が出て来たので  句を懇望される  句にすれば  句で最後の句を反乱すると  句に残つて居た  句を用ゐ  句より一轉して  句の造句法には注意を要す  句に逢へば只難澁の句とのみ思ひ  句の意義を知るに止めず  句を襲用するを喜びし  句は二三あるが  句をラテン語で引用し  句にはなっていない  句を残した  句があったと思うが  句に詠じた  句がないのを気にかけてゐた  句がありますが  句にも及ばず  句は僕は口の中で繰返し  句をわかる  句で今わかっている  句めいたものをつくる  句を更えた  句を読むとすると  句はさほど私たちの都市東京にそぐは  句を按じ  句を思出しても  句ぞ御袖片取る  句を別にして  句に楼字を重ね  句と称されてゐる  句へ読み続けた  句を読み続けた  句を誦し  句を微吟したりした  句を思い出し  句がふと念頭に浮んだからである  句とう点が非常に気にかかる  句になると  句になつてゐる  句を磨く  句のかがやきとなる  句を綴る  句を半分で切って  句を切る  句から滲みでる  句をうけて  句を唱った  句をかりて  句を詠んでゐる  句とハヤシ言葉の合成した  句ばかりつづけ  句もいくつか抜いてあった  句などを好まなかった  句にするよりも  句を発見した  句は蛇笏に対する評価を一変する  句なども製造した  句の外国語訳を多数に収集紹介している  句をもらって  句がきたなく書き散らしてある  句のすがたをうずたかく見いだしたる  句は何であったか忘れてしまった  句が若かった当時の自分の幻想の中に天に沖する  句を読む  句の提供する  句をはたらかせる  句は俄然として躍動する  句にのこすが  句は別物になる  句に流行の姿を生ずる  句はあっても  句は完結しない  句と付け句と合わせて  句の継続が戒められる  句の脇の世界を持ち合わせているかいないかによる  句の点綴さるる  句を戒められた  句ばかり作ろうとする  句については小宮豊隆君が本講座において周到な研究を発表されている  句の中で単に景物を詠じた  句でありながら非常になまなましい官能的な実感のある  句にはほとんど川柳と紙一重の区別も認め  句の背後からそれを剔出して  句を集めた  句があつたのを記憶してゐる  句がひどく気に入つて  句がして見たいと  句は一つも出来た  句を読んだ  句をとって考えてみる  句によって限り無き情緒の活動を喚起される  句が錯雑している  句の感じを強調している  句を詠んだ  句はできない  句にした  句と想像してください  句に使った  句を作ってみました  句の如きは面白い句でも価値のある  句を作るという  句ができるでしょうか  句にならん  句よりはせめて一歩先に歩を進める  句ができる  句を得る  句にするが  句を作るが  句にしようという  句になるでしょう  句はどうしてもでき  句を得ようとする  句を作りました  句を立派な句だと自讃する  句であることを申し上げて  句かと覚える  句ぐらいなものだと存じます  句にするとか  句にするとかいう  句にはいかなる人の句にもこの鈍重の趣を欠いております  句を作れと言った  句といえば  句には去来のじっと案じ入った  句を引合に出します  句を想起して  句を得た  句はできた  句とも申されます  句のごときも去来がじっと海鼠の形に眺め入って  句を作るにつけても  句こそ去来が深く深く秋風の趣に案じ入った  句にちなみ  句をなすに至った  句に興味を見出す  句ももとめずともできます  句はその光景を写生した  句を書きつけ書きつけして  句にならぬ  句であったかと記憶します  句を示しまして  句になる  句はおおかた写生句だろうと思う  句になっておる  句はできませんでしたが  句よりもいい句ができる  句は自己の句として記録に残しておいてもさしつかえないと考える  句の中七字を埋める  句の欠字を埋める  句の意味は私には判らない  句は必ずしも文字の意味に拘泥せずに  句に似寄った  句は一番初めにあげた  句と同一分類に属すべき  句のうちに特に認めねばならぬ  句はどういう点に特色がありましょうか  句でありながらやはり原句には原句相当の価値がある  句にはそれだけの緊密な用意のある  句のうちにもかなりの好句はないことはありません  句の善悪はさておいて  句を口のうちで繰り返している  句を取りて  句を刻して  句の散在せるを見て  句は芭蕉これあれども  句をもって  句と対照してもって  句またまさに牡丹と艶麗を争わんとす  句を比較せんにひら  句多からずといえども  句またこれに劣らず  句のうちには時鳥柩をつかむ  句を乞はれて  句は直ちにもって  句悪句にはあらね  句の絵画的なるものは枚挙すべきにあらねど  句は行く  句なきにあらざりしも  句に自家の立脚地を定めし  句を探り出だすにあらず  句を見て知るべしといえども  句を得て  句の理想と思しきものを挙ぐれば  句はついに俳句の本尊として崇拝せらるるに至れり  句は足引の山鳥の尾のという歌の簡単なるに比すべくもあらざれど  句を作らず  句は元禄の俳句中に一種の異彩を放つのみならず  句のごときは決して芭蕉の下にあらず  句の複雑なるはその全体を通じてしかり  句は複雑なり  句の複雑なるうき我に砧打て  句にはあらねど  句の俗了し  句ばかりを見る  句などこそ古人も言えれ  句を見る  句を成し  句より胚胎し来たれるにはあらざるか  句を活動せしめ  句は堅くしまりて  句必ず四三または三四と切れたるを見る  句には夕風や水青鷺の脛を打つ  句をなし  句およぐ時よるべ  句の字は十六にして  句またこの語を用いたる  句にも狐狸を詠じたる  句はやや奇を求めて  句多く新奇なるをもって特にここに拳ぐるの要なしといえども  句の中に新奇なる材料を用いし  句に少きのみならず  句の巧妙にして  句多く理窟に堕ち  句その影響を受けしとも見えざるは  句と對照すると  句を削り去り  句がいり乱れた  句を載せて居る  句はもっと真実味のこもった  句に比しても  句の明るく享楽的なのに比し  句は作者の境遇がうみ出した  句に比較して  句が殖えてきた  句は蝶を点出して  句で之も芋のせい籠にくる  句に到ると  句は漆黒にうすれた  句は女性の美しい笑というものを取扱った  句やがてきづく  句であって時間の経過を示している  句に比して  句となる  句が沢山ある  句についてはもっと詳しく記したい  句の意は分りたり  句を咏み得る  句や歌を彫る  句にもある  句をひねろうという  句が見えた  句が何かの暗示のやうに其處に書かれてゐる  句なりにぶつかると  句のある  句が口ずさまる  句を以て起る  句に続いて  句を間を延ばしていひ  句に麦刈が立ちて  句が懸っている  句も忍藻の身に似ている  句も思いだされて  句はその切字で分離されて居り  句を葬式の詩として感心した  句を整理するばかり  句として表現したいと思ひます  句はだいぶ出来た  句はだいぶ作つたが  句として表現したに過ぎない  句は空なり  句の出来ない  句になり  句を拾つて来なさいといつて下さつた  句を評し  句もだいぶ出来た  句といふものはないともいへる  句とは一致してゐる  句とが一致してゐる  句の出来る  句があり  句があるべきである  句が彼等のいづれの  句は生れない  句ともいへる  句は出来ない  句をまとめる  句に生きるより  句は此地方の牛を表現してゐると思ふ  句を想ひだした  句ばかり出来る  句が落ちてゐる  句と彼の歌とをおもひだす  句にもならない  句を作らないではゐられなかつた  句が出来ない  句とをひらうても  句を改作して  句は一句もできなかつたが  句を作るより  句が詩情している  句を愛誦していた  句に自己の主観的評釈を附した  句を理解し  句で遅き日のつもりて遠き昔かな春雨や小磯の小貝ぬるるほど行く  句の情操する  句を枯淡な墨絵から遠くし  句の咏嘆している  句が沢山あるので  句のように思われる  句と対比して  句を見ても解る  句には長い前書が付いており  句の修辞から見れば  句を書いている  句に見られなかった  句の心境にも芭蕉風の静寂な主観が隠見している  句によって一の新しい飛躍をした  句の内容する  句の絵画的のイメージがあり  句の方が遥かに幽玄でまさっている  句の構想を大きくする  句の秀れた  句に含蓄深く使用している  句の表現的意義が存する  句の表象する  句から直ちに日本の家を聯想し  句はそれと類想して  句から感ずる  句の詩境が限定されて  句が極めて尠く  句の詩情を強めている  句のモチーヴである秋風落寞の強い詩的感銘が弱って来る  句と評されており  句に多く見る  句を作っている  句の持つ  句は蕪村俳句のモチーヴを表出した  句のイメージが表象している  句に主題されている  句があると  句を成さずに  句などといろいろにせめられ侍るも  句にて腹を医せよ  句を今一度と望みた  句に作て入集せさせ  句をリブレツトオよりもスコアアのすぐれてゐる  句の如きは両者ともに傑出したものの  句も尋常に云ひ下せば  句のことなどはとうの昔に気づいてゐた  句で忘られない  句を十四歳頃作ったという云いつたえもある  句を親友に残して  句も作った  句を切らない  句の美くしさとその筆の動とに思をうばわれて居ました  句も語らなくても  句を書き足した  句を聯ねあるいは曲を度する間にあって  句まで歌ひ  句がございまして  句が冷たく光って見えた  句はやはりこおろぎのことをうたった  句には前書がある  句を誦してゐし  句を思い  句をつづりて  句を人ごとならず口ずさんだ  句が口をついて出るほどひきつけられたので  句も忘れた  句が読みあげられると  句など作れもしなかったし  句を待つてゐたが  句は魂なり  句が光らう  句も洗ひだした  句がたくさん出来た  句は出なかつた  句をおもひださずにはゐられなかつた  句の尊さがあるといふ  句がたくさん落ちてゐた  句でなければ本当に人を動かす  句は滑稽味が多いとおっしゃる  句をすべて通覧して  句を各州に分けて認めた  句を筆太に塗沫した  句をただ句だけとしてみる  句は佳き戯曲小説と同じように打ってくる  句さえ満足に云え  句と五の句を分けた  句を選んで  句を引いて  句は日記の中にたえず書かれた  句した者がある  句ものっていた  句も作るので  句を書きつけて折り込んで行く  句を入れる  句を貰いたいといったので  句の巧いという話が出た  句の僅かばかり書き集めた  句や文章を出す  句を見せていた  句に依ると  句は知れていても  句を朗読し終るや  句が普通教育の教科書へも載る  句を書くのみでも  句を作れば  句を全紙に書きなぐって与えて置いた  句を染出した  句に対して特別な興味を感じた  句を味わう  句を味わってみるとなると  句の真意には当たらないかもしれないが  句に就てこれを説明しよう  句は我々にある  句に就て先づ我々が気付く  句を作曲するに  句のもつ  句などは知らず  句を云々する  句があるとする  句の持つてゐる  句に填め込んでいってみても  句と書と篆刻とを楽しんでいた  句はたしかになってるだろう  句を大事にしまっておいて  句が継げなかった  句の添削をたのみに行く  句を入れて行った  句を作っているので  句でも寂しい扱い方をした  句などもあって  句を口ずさんで見る  句にしても  句が私の胸に浮んで  句を作るべしと  句なぞ知十君の生涯の中でいつ  句に見つける  句の姿も涼しいと思ふ  句には深い山の中の空氣を感じさせる  句を編んだ  句を作ってやった  句だけは覚えています  句がありますか  句にある  句も続かぬ  句を作ろうと思うて  句を考えはじめた  句にならぬので  句になろうともせぬ  句にしようと思うたが出来ぬ  句ではあるが  句よりも悪いとは余り残念だからまた考えはじめた  句が落ちつかぬ  句は出来まいが  句の前に付いている  句で宗匠を驚したと  句になるね  句にはならざりしが  句を案じていたが  句を拝読した  句が一ばんいいと私は思っている  句には織り込まれてあると思う  句を盗んで  句が昔の人の句にもある  句の上に棒を引き  句にはちょっと女の感覚らしいものがあった  句にしては  句を出す  句も一緒に出してよ  句がまじりては  句にのみ力を入れて  句のしまりたる  句の用ゐ  句がちぎれ  句を思い出して  句や歌になり  句だったと思いますが  句に当たる  句を契機といたしまして  句に我が一風を興せしより  句を吐くに  句いたものがあった  句を申しました  句を賛語に擬して書いた  句か近句か知らない  句に冬来るや  句を題せよとせめ  句をくちずさむ  句にも咏まれる  句でないと気がついた  句を入れて  句に仕立てる  句をみなかき付ける  句から察すると  句にあらわれた  句にならない  句はとうていあてはまるまい  句になると思って  句を得れば  句などを口ずさんでいる  句をどこから見つけ出したか知らないが  句がつげませんでした  句とによって考えると  句を認める  句を書いてみたくなったから  句をなさず逝かれた  句をもち出し  句を示す  句を捨てず  句を取らず  句にして  句に非常に胸を打たれた  句を愛す  句によって不思議に晴れて行った  句を読み始めた  句にありますが  句があるくらいですから  句の善悪は扨措いて  句を思い浮べない  句が解しきれなかった  句をひそかに口ずさんだ  句を誦した  句と短い句とが交互になってる  句の終わりを  句にもとづいて書かれた  句に花を開いていた  句を歌いだした  句の作者を歓迎する  句もあるけれど  句を見ると  句をすぐ作った  句を書きつけたりした  句への移動の過程にのみ存する  句に付けている  句と付け句とは心像の連鎖のコントラプンクトとしてのみその存在価値を有する  句ではしずくの点滴の音がきりぎりすの声にオーバーラップし  句では戸外に荒るる騒音の中から盥に落つる  句がみごとに浮ぶ  句を知っているか  句にあるべく  句この歌の骨子にして  句を挿んで雄壮なる歌をだいなしにする  句極めて面白しと思ふに  句も月並宗匠の句も大同小異位に思はるるには  句を以て盛唐諸家の什に似たりといひし  句を以て俳句と為す  句は古俳書に見当らず  句などは俳句に多き者といふべからず  句を口吟む若山の声が聞えて止んだ  句で結んだ  句が理解出来る  句が出  句にも聞える  句を摘ま  句に続くと言うた  句を跨げると  句が修飾部の様になつてゐるので  句の間にと言ふよりも  句を後句から隔離し  句を固定させると共に  句と接続させる  句或は単語に於ける  句の方は一向頭を出してくれません  句の方はいっこう頭を出してくれません  句であったということの記憶が呼びさまされました  句の主を探し出そうと試みていると  句を通読して  句にも随分厭味と思はせ  句を舌頭に転ずるには  句を思ひ出したりした  句を訊かれて  句にあらざる  句を作りしなるべし  句を殘せるは  句に詠んでいる  句を亜いで  句が頭脳に浮んだので  句や文章の省略などになると  句に亞いで  句が頭腦に浮んだので  句を引用してくる  句を作ったので  句を選んで見た  句を選ぶ  句はいつもいくらかずつ変化しておる  句は沢山も見んので  句が下手になったなどという  句はどうかというと  句はわかって居るが  句の味は少しわかりかねる  句はまだわからない  句はよくわかって居るが  句はまだわかって居らん  句あるいは時として月並調に近い句でさえも取ってある  句はしっかりして居って  句を選み  句を誤認して  句となす  句には誤りは少ないが軟かい方の句には誤りが多いかと思われる  句については近来見る  句を刻す  句に鼻のことが言ってある  句には牡丹の趣がある  句は力は足らんけれども  句でも白雄一派の句でも仮令いくらかの美しい処はあるにしても  句をものす  句の賛あるに  句に詠むには  句に詠むべきにあらざれども  句にあらずんば  句として挙げた  句と画の中に取り入れた  句の書かれた  句が口に上った  句を録してある  句を口ずさんでいたが  句に感謝してるとでも思ってはいられませんか  句の美しさは分り  句を拾つてみる  句を口に発するに至る  句を反対に読めば  句などもたくさんあった  句を繰り返すな  句の意味を音楽化したと  句から受ける  句のところが何とも言えません  句を口に発するに至り  句を重ねて  句を書いて  句が入つてゐる  句にどこか似てゐるかとも気がついたが  句を請われる  句が切れると  句もあまたあり  句を比較して  句をあさって見た  句もかかる  句が殆ど大部分をしめている  句としてはかなりしっかりした  句も才気が見え  句はこの花を見てから  句となっている  句にはまだ一幅の絵としても描き足らぬ  句の方が遙かに花の風というものを如実にうつし出している  句として面白くも覚える  句が夜嵐や太閤様を配して  句は牡丹桜そのものの風雨にもまるる  句は近代写生の中へ交ぜても  句の清浄な人間離れした  句は作者の境涯からにじみ出た  句としては従来余りに高く評価されすぎている  句にも捨て  句も大部分をしめている  句に優るとも劣ってはいない  句から菅原継長が勧進せる  句につく  句が上につくべきを示してゐる  句の転倒する  句に過ぎぬ  句がそれを説明している  句としては名句かも知れないが  句というのがいくつも出ているが  句は人と共に滅ぶ  句は何より出  句かの語を筆したかは知るべからず  句をおもい出して  句があったじゃねえか  句で錢がないのでよう喰はんかといはれると  句だといつても  句がうかび出す  句の意をおもいだして下されば  句でも作れという  句に見えた  句をお詠みになりました  句を二ツ三ツ挙げて見よう  句の果てに身投げなぞする  句らしいものを口ずさんで聞かされたが  句が拾いだせないので  句を選みだしたという  句乃至文章だといふ感じが退化して  句も幾つか書きとめてある  句をつくった  句が賛にはいつている  句は二三句しか作らず  句にも恩を受けたる  句を咏んで死んだ  句をふらふらと得た  句も其頃作った  句を糸瓜仏に奉納する  句が英語で引用されている  句をおくって弔った  句をものしても  句を案ずるなりけり  句に窺はれる  句を据ゑる試みをして見るが  句と合わない  句を見いだし得る  句は次のように読まねばならぬ  句になってくる  句も交じっている  句をもって結んでいる  句を重複して掲げた  句と伝える  句の説明をしようと思う  句を集めたる  句は天成のデマゴオクを待たない  句も大方は覚えてゐない  句から取つたので  句にはとても好きなのがある  句も作れない  句には執しても  句に於て私の宿業を感じる  句を作つたが  句はまづいが  句は雄和尚にあげたいと思ふ  句を作りあげる  句を初めて見た  句などは出来る  句から急に言文一致になっている  句が容易に出て来ないので  句を継ぐ  句の混入する  句の上から部分的に放射する  句が確実性を失うた  句をあんじながらあるいた  句をしずかにかれはおもい案じていた  句を請はれたれば  句を木板摺にして  句を寄せて  句を書して送る  句が彼女の胸をしたたか打つた  句を書きつけたかは  句が出来ないからで  句は見せられぬ  句は出来ぬな  句はよくこの意味の説明の引合いに出される  句は父性愛の譬えとして好適の句だと思います  句は後を読まずにおきます  句には一番の富士見ところや葡萄棚といふがあり  句を切ったら  句も思わずに  句でも詰り  句を拔き出した  句の世界へすっかり身を沈めて  句の表面に現われただけの  句がそれ自身には平凡でも附句がいいと前句がぐっと活きて  句でもその奥底には色々ないいものの可能性が含まれている  句に対する同情がなければ出来ない  句に纒めよと暗示するかの  句を口ずさみながら  句を引事にしちゃ  句のような秋曇りした  句をだして  句じゃねえかと文楽さんからたしなめられ  句を題した  句を観照すると  句は忘れましたが  句が思ひ出される  句を基本としている  句の不平も云い得ずに  句さえ見れば  句があったが  句も云わせなかった  句を拔いて  句を思出す  句を入れた  句だと思うが  句に感心して  句を寄せ  句であるとまでは知らないらしく  句の捨げ遣りの  句を聴きながら  句が君の唇に浮んでくるだろう  句を吐いてみた  句を思い出させる  句の中にあると言った  句の中にプロレタリアの精神を高調する  句の表には二つの独楽丈がよまれているが  句にみる如き  句はかつてホトトギスで評された  句など夫人の若い日の面影をほうふつとさせる  句の調べの優雅さに比して  句はまた張り切って  句を練りつつ  句をいかにもほんたうらしく書いてゐる  句を見ても  句にせよ  句の中に放り込む  句に熱し  句と詩に翻弄されて  句なり詩なりに仕立上げる  句に現れる  句も自然と湧き  句に至っては  句をこじつけて  句が繰り返されて  句が二度くり返されて  句つづきがのこっている  句つづきが次第にひろく力をもってくる  句をかえて伝えられていて  句を取っているかという  句をとっている  句は新庄の風流亭で作つたことが確実だとすれば  句をいまでも忘れずにゐる  句であると思う  句が選ばれた  句を酔いに乗じて  句のこの変わった  句についてだいぶいろいろ論じ合った  句の表現する  句を鑑賞する  句でも若いころにはさっぱり興味がなくてむしろい  句は啻に寂びを得たと  句を生んだとしか思へない  句を割って見ると  句の意味がいささか明暸になった  句に出合いまして  句は一方において時間を煎じつめ  句を綴り  句のやうにいはれてゐるが  句かと思ふが  句を額にかいて  句の一つも作らうといふ  句の一つもできて  句の裏に秘められてゐて  句がうかぶ  句を送  句を理解できた  句がわからなかつた  句に就いて  句を敬遠してゐた  句を見直すと  句に愕然とした  句よくもいひ  句を書した  句が胸に浮んでし  句をいってから笑いました  句が有るが  句をつけた  句のような気がしてならなかった  句を並べたといふ疑ひがある  句もあるわ  句を書きたいと思ったけれども  句か知らないが  句が二つ三つ在るという  句を一生のうちに三つも作ったら  句の説明に堕していて  句を作るべきだ  句だとすると  句に附き過ぎる  句を作るので  句を渡されて  句に就いては書かないが  句なくして  句ではじまります  句が何処かにある  句の裏面には殘燈の下に枕を欹て  句は全然無意味な譫語に過ぎないのであらう  句の味が正當に分かる  句を生み出し得ないであらうと思はれる  句にどんなものがあるかを  句が少なくて他の景物を配合した  句を點檢しても  句がさうである  句を剽竊であるに過ぎずと評し  句と並べて見ると  句から感じる  句であらう  句には往々かう  句との取合せによつて一つの全體をなす  句は幾若葉はやし初の園の竹山桜思ふ  句が入れて  句の如く東西は全然反対の位地にあるものの如く  句を引いたのね  句を作つたり直したりしてゐる  句が抜けたほど  句を繰り返して  句の源はここにある  句に至って  句についてもっと知りたかった  句が秀逸であるというので  句を教えられた  句を組織しようと致しましても  句に現はせ  句は第二版から加わる  句が入っていたが  句を讃歌に使った  句が彼女の心に留った  句にはつとさせられます  句の趣を味わえる  句をうけてゐる  句がついてゐなければ  句が出て来る  句から独立してゆく  句に屡々遭遇する  句を体言化する  句は世に定説ありと聞けば  句を引くまでも  句とせられてゐて  句を累ぬるが如きは  句の百千萬をば連ね得はするだらうが  句を何んの事やら分らずに口ずさんでいる  句をつくらずやとて  句をふっと思い出した  句をもって結ばれている  句を色紙にかけて拝む  句を何枚も人に書いてやった  句をこう書いてあげた  句は書いてみたが  句が幾つもあるが  句を呟いた  句を残し  句をおもい出しながら  句にならな  句を遺している  句もよく思い出せない  句を同君に呈す  句に合作してしまう  句の著作権は原作者のものとする  句といえましょうかな  句が刻んであるという  句ではなく伊勢の又玄という俳人の句なる  句が載せられている  句を重ね  句を染めぬいた  句をば実に巧いものだと思返す  句をもじりて  

~ 句[名詞]1
いふ芭蕉の句を  荘厳な句  曉臺の句に  白雄の句にも  放哉坊の句とは  子がうまれたから句も  活気があるからこそ句も  子がうまれ句が  井師の句が  私の句に  随つて真実の句も  桜の句を  拾ふたが句も  短冊に書かれた句  今日も句  酒と句とが  やうな句も  やうな句  自信のある句が  真実の句  横着者は出る句も  明日の句は  今日の句は  昨日の句  うの私の句を  生活からにじみでた句  叙述は句では  生活の句  雪の句が  人と句とが  水を浴びたり句を  味ひつつ句を  私に句を  つぎの句が  ような句を  ような句は  大患以前の句と  二三の句の  先生の句が  奇抜な句を  私の句は  自分をあるじとする句  本を読んだり句を  食はずでも句を  妻を語り句を  食はずで句を  食はずでも句は  私の句を  んじて句を  左の句を  独り旅との句を  空へ句を  銃後の句を  一茶の句に  瓦礫みたいな句  酒を飲んだり句を  酒と句とは  紅葉の句  云ふ句が  自作の句を  欧公の句に  曲といふ句で  これらの句の  言ふ句の  読誦大乗の句が  途中に句を  壁に刻み残せる句には  筆をかみ句を  犀星先生の句  芭蕉の句の  追悼の句の  境の句  辞世の句を  香の句は  等の句が  他人の句を  題を置きて句と  元禄頃の句に  沾峩などいふ句は  遊客などいふ句  旧作の句  人という句を  冬亭の句の  百千の句を  ソレ程意気込んで居た句が  彼は句を  自分は出句も  それを句として  詩や句に  しずかに句を  自分が句に  器用な句を  此の句が  次の句が  幼稚な句では  句が句を  恋の句を  野糞の句を  叙景の句は  一茶の句で  蕪村の句で  蚊帳の句を  コスモスに句を  舊藩士日高誠實時に句  あとの句が  而して句の  無益の句より  益ある句を  傾向の句と  子規居士の句は  これ等の句は  一の句を  所謂翁の句  翁の句としては  嵐雪の句は  哥の句を  啓示的な句が  重要な句が  篇中の句に  絵なり句なりを  通り終りの句が  蕪村の句を  友人の句のみ  シエイクスピアの句に  あれを句に  放哉の句は  雛の句は  不平がある句と  故人の句に  四の句  後の句を  其角の句を  数行の句は  草場船山の句  桃青翁松島に遊びて句を  松島に遊びて句  二人で句や  生活に疲れているという句が  アイロニーという句を  有名な句が  sakintoloveという句  そうな句  二つの句  詩篇の句が  一茶の句  放浪時代の句  彼の句が  彼の句と  一茶の句を  何とも後の句が  そこに句の  芭蕉の句に  文と句とを  歌も句も  其角嵐雪の句を  釣瓶とりの句も  井師の句の  字餘りの句を  四母音ある句に  語と句との  補ふ句の  腰の句  論語の句が  私は句の  浪漫的な句は  浪漫的な句が  客観的態度から出た句  これ等の句を  人より句を  簡末に句  燈刻近藤博士來りて句を  一番最初に書いてあった句が  諸君の句の  漱石氏の句の  人々の句の  自分の句の  花などという句は  #時に出来た句  神仙体の句は  三人の句を  短冊に句を  私の句が  手許に受取った句は  蜜柑哉という句の  露月を知らんとするは句の  規則に合った句が  規則に合った句は  一つの句としては  漱石氏の句は  団十郎の句へ  鮓を取出すという句が  曁不及也の句には  やうな句が  最後の句を  詩の句を  詩の句は  古人の句の  中で句を  扇に書いてある句は  云ふ句を  詩箋に句を  端に認めておいた句が  碧梧桐君の句も  我らの句と共に  野菊かなという句が  居士の句の  升さんの句の  近来の句にも  此の句に  沢山の句を  人の句を  五等及第の句のみを  三蕪村の句を  関係のある句を  短冊へ句を  手向の句を  此の句を  便と云う句が  あれでも句に  奇数の句で  結びの句に  具象的の句を  それへと句を  意匠を凝らしたる句に  只難澁の句とのみ  手古奈をよんだ句は  ラテンの句を  終りの句の  ような句が  辞世の句に  辞世の句が  涙といふ句が  即興の句にも  ころの句で  様な句を  物語を始めた句は  辞世の句も  遊女の句に  月に句を  一首中に句を  二句は承句と  次の句へ  二つの句を  韻を踏まない句の  杜甫が句を  中途で句を  子を祝する句に  小説では句  寫實の句に  有名な句に  人のかがやきは句の  心地にて句を  道也は句を  一葉落ちてと云う句は  炭火かなと云う句が  前にいった句  ような句で  本文冒頭に掲げた句を  ルソーの句を  俳句擬ひの句  通用する句が  ときの句  花の句を  単純な句と  自然觀を述べた句が  妙な句ばかり  材にした句などを  事件は句に  蛇笏の句を  古池の句の  自筆の句を  やうな句を  中に句の  他門の句は  門の句は  はたらきで句は  有名な句でも  前後によって句は  不易だけの句に  人情の句の  姿をえらんだ句の  ような句ばかり  季題の句と  季題の句が  雑の句は  雑の句の  恋の句  恋の句については  ような句  実感のある句が  恋の句に  恋の句には  蕉門の句を  立秋の句が  向きの句は  祖父の句も  これらの句を  客観の句  主観の句  字数の句が  自覚しただけでは句は  事実を句に  時の句と  私の句の  価値のある句でも  題を得て句を  年玉の句が  それだけでは句に  年玉の句に  年玉の句を  年玉とを結びつけて句を  配合して句に  配合したら句に  経験やをたどって作った句とを  主観的の句を  立派な句  もとに生まれ出た句  近代人の句には  #人の句にも  去来の句を  去来の句と  有名な句  自分の句を  去来という句の  海鼠の句を  秋風の句に  秋風の句の  皆明治四十一年の句  奇怪な句を  清新な句も  子規という句は  手帳を出してはできた句を  闌更の句  ふうに句に  お前の句に  古人の句よりも  自己の句として  右の句の  重きをおいた句  いままでの句でも  今までの句は  今までの句に  これらの句は  古人の句には  許六の句  芭蕉の句を  類題集中蕪村の句の  壮大雄渾の句は  夏の句  芭蕉の句と  峰の句を  月山の句  蕪村の句  夕立の句は  時鳥の句は  蕪村の句の  桜の句は  人に句を  蕪村の句は  景気の句は  一の句  木導の句  客観的の句を  #以前の句よりも  芭蕉の句は  理想的の句  一たび古池の句に  事物より句を  談笑し句を  苦吟し句を  古池の句は  終身複雑なる句を  洒堂の句の  刈株の句の  #許六の句を  客観的の句は  主観的の句の  精細なる句の  さを凌ぎたる句などこそ  佶屈の句を  これらの句より  薬喰の句は  形容語は句を  七音の句  蕪村の句には  五十五調の句  砧かなの句の  前人の句  彼の句にも  ほか犬鼠などの句  其角の句は  例に引きたる句  前に挙げざりし句の  材料を用いし句を  蕪村以前の句に  書曰の句を  詩の句が  情緒の句が  現代人の句  情調の句  近代女流の句は  境をよめる句  感想解放の句を  前の句の  妻の句は  ゆとりある句に  様な句が  花讃の句は  大正初期の句で  花大根の句に  秋蝶の句は  寒紅の句は  着物の句は  影を扱える句かは  時間の句  叙した句も  男性の句に  病の句が  父母をよめる句  前の句は  後の句は  涙の句  心持の句については  昔其角がよんだ句にも  俳莚を開いて句を  無茶な句  目出たいという句が  謎めいた句が  ことばなり句なりに  山河在りの句が  abolitの句を以て  いふ末の句を  昔の句に  描写本位の句という  種の句  遊女高尾の句で  今日出来た句の  感動を句として  旅で出来る句は  草鞋の句は  感じを句として  これは句でも  そこに句が  これは句に  散歩と句と  彼と句とは  私と句とが  純な句の  人の句が  老人の句が  逼迫してゐては句の  表現が句  酒あり句  旅に出てゐなければ句は  お前は句に  最後の句は  惚のある句は  ぷりの句を  危険な句  最後の句  次の句は  ものか句が  酒と句と  花と句とを  昨年の句を  彼の句の  几董の句が  芭蕉らの句は  春の句で  彼の句を  類想の句が  更紗を染めているという句  蕪村の句も  次の句も  写生的の句の  等の句と  多くの句を  さを感じさせる句  前の句と  前の句や  秀れた句を  従来の句に  時の句  前掲の句の  蕪村独特の句の  多くの句に  春の句において  写生主義の句が  咏んだ句  難解の句と  春の句に  藪入の句を  正月元旦の句  古来難解の句と  藪入の句と  身で句を  三十六句みなやり句などと  師丈艸が句を  数句吟じ侍れど取べき句  今の句に  スコアアのすぐれてゐる句と  春雨の句の  芭蕉の句も  芭蕉の句で  禅臭の句も  一つの句は  呑気な句が  歌や句の  悽惨な句が  翁の句  最後の句まで  鐵翁の句が  こおろぎの句  傷心の句を  曽良の句を  云々の句  千代の句  大高源吾の句が  元より句など  次の句を  これはといふ句は  一つは句を  放哉坊の句を  そこにこそ句の  やうに句と  芸術であり句  一茶の句は  俳人の句を  霜の句が  だれでも知っているだろう句が  一つの句さえ  つぎの句の  四の句と  好きな句を  紅葉山人の句を  印の句は  人の句で  いろいろな句も  月並的の句も  多数の句を  作者の句を  中へ句を  追悼の句を  それへ句や  講義に当る句は  蕪村の句が  達磨の句を  問題の句を  絶愛の句  芭蕉の句などは  一つの句が  芭蕉の句  後の句が  手向けの句  その後は句の  一の句だけ  風情を句に  恋の句でも  沾圃などという句が  其角の句  意味の句  贈答の句なぞに  知十君の句  如くに句を  夏の句に  芭蕉の句には  青年期の句  二十九歳頃へかけての句  頃へかけての句  頃にかけての句  短冊の句だけは  地蔵を詠んだ句  几董の句の  古人の句に  あとの句も  句合の句を  月の句を  とんでもない句  事を句に  運坐の句よりも  それも句に  剣舞を出しても見たが句に  桟橋の句が  册の句と  真剣に句を  十ばかりの句を  誰やらの句  気持の句  古人の句を  人の句にも  世の句の  マア坊の句  助手さんの作った句  世の句に  コスモスの句に  おれの句  カクランの句じゃ  カクランの句に  あたしの句も  主観的理窟の句が  最後の句にのみ  字余りの句  字余りの句を  字余りの句は  煩悶の句が  觀的理窟の句が  上品な句や  小笠原長生氏の句  十分にわかる句  失敗したあげ句の  その後百千の句を  これを句に  幸堂得知の句  肩を句  初の句を  宗祇の句を  鬼貫の句  友江戸庵が句に  絵をかき句を  自分の句  節と云う句を  気になって出るだけの句を  そうな句ばかり  温泉水滑洗凝脂と云う句だけ  西人の句は  春星一二三と云う句を  春星一二三の句を  瞻ると云う句を  秋桜子の句などを  詩と句とによって  末の句を  ラテン語の句を  中の句に  上に記したる句は  祈りの句を  俳諧寺一茶の句に  月上鴉黄という句  叙景の句では  一節のある句を  詩人らの句に  最後の句に  最初の句を  支離滅裂を極めた句と  唄ひ出すといふ句の  俗な句に  松の句も  松の句には  冬木立の句に  富士の句を  梶たち三人は句を  無季の句を  次の句への  凡兆の句  凡兆の句に  言ふ句を  四の句に  五の句に  種の句を  五の句  #宗匠の句も  蕪村の句を以て  俗宗匠の句を以て  芋の句は  糞小便等の句は  糞の句などは  一聯の句を  若菜の句にも  たる韻ひある句を  警抜の句  二つの句の  ポーの句を  詩の句の  誰かの句  芭蕉の句にも  さっきの句よりは  子規の句を  遺言の句を  句みな遺言の句に  住七八十年の句を  靈帝光和中の句を  芭蕉翁なども句に  図次の句が  急に句を  却て句や  云ふ句に  圖次の句が  古典文学の句を  脊戸に来るという句を  碧梧桐の句は  感情任せに句を  虚子の句は  身が入って句が  方の句は  意を注いだ句の  天明趣味の句は  明治趣味の句は  幼稚なる句  へんてこな句を  初心なる句を  老成なる句と  方の句には  格堂の句は  諸氏の句については  甲子吟行中の句  詩の終わりの句に  闌更の句は  其角嵐雪の句でも  #雄一派の句でも  祈祷の句をも  拙劣なる句の  歌や句に  平凡なる句や  主観的の句のみ  猿雖の句として  木兎の句は  梟の句は  素鳥の句を  重要な句を  歌の句なども  引用されている句の  ほか心に刻まれた句が  一行の句と  五の句の  云ふ句も  歳暮の句は  歳旦の句は  月今宵の句も  月今宵の句を  趣のある句  歳暮歳旦の句は  徳川家慶の句が  横光君得意の句に  人から句を  泣対神州一片秋の句  追悼の句が  珠玉の句も  古今の句を  逢坂の句の  情緒主観の句が  元禄時代の句としては  女の句は  多代女の句には  大時代な句として  元禄時代の句が  現代の句は  之等の句は  塵を詠じた句の  より江氏の句も  花の句は  境涯からにじみ出た句で  昔の句にも  感じを持たせる句を  皆他の句に  平易な句に  難渋な句の  他の句は  辞世の句という  城邊陌上啼鶯新といふ句も  五の句が  絵と句を  末の句で  蕨を題して句でも  其角の句に  移転当時の句  凧の句を  古人の句  夕殿蛍飛思悄然という句を  傾向の句は  諸家の句にも  糸瓜の句を  糸瓜とさがりけりという句を  南瓜かなと云う句も  南瓜の句を  角田竹冷翁の句  いま彼の句を  彼ほどの句をも  首をひねるは句を  語や句に  右の句を  類似の句を  前にあげた句は  易を学ぶなどという句は  滋味に富んだ句に  斉魯河間九篇本という句が  興味ある句を  死せりの句を  蕪村の句と  前の句から  意味の句が  老父の句  乞食俳人井月の句を  旅の句も  中の句から  雀の句には  空つては句も  すみで寝る句は  飲み食いしないでも句を  腹は空いていても句は  薄の句を  俺はもげた句が  悼亡の句などは  大好きな句  あとの句を  五言六言の句の  さやと言った句の  湖山人手紙にて句を  端書に句を  誰の句  けりの句が  私の句  読み込みの句が  下手な句は  引合いに出される句  好適の句  一茶が句には  頭指で句  平凡な句でも  喜びを句に  中の句を  圓朝の句を  二つの句も  緩慢な句を  夜かなの句が  一定数から成立つ句を  はじめに句を  談林の句  次の句の  漢詩の句が  ような句も  独楽の句に  さがうかがわれる句  より江夫人らしい句  情緒の句  より江夫人の句は  縷々と織りこんだ句が  此春愁の句など  中では句を  天河といふ句が  詩にせよ句に  詩と句の  病中に得た句と  これを句なり  ここに挙げた句に  咽喉仏という句は  57の句が  本来57の句が  歌の句  575・77の句  歌の句を  三界唯一心とかの句を  漱石先生の句  相撲の句  是等の句は  男の句  デフォーの句  沙翁の句は  沙翁の句を  夏目漱石氏の句かと  こちらも句の  此の句の  極道に徹した句も  月の句では  古池の句を  古池の句に  歌の句が  浪花節の句を  良寛とは切りはなせない句の  俗な句を  立体的な句  希望という句も  灯かげという句の  誰れの句か  神聖であれという句が  千疋屋という句が  苦労をして作り出した句  ままの句を  立派な句が  工夫した句に  思わせぶりの句を  凡兆の句には  もっともな句  石ころみたいな句  後の句に  一二此種の句  類の句は  これらの句が  曾て行かずといふ句が  此等の句は  春風秋風の句の  季題の句に  關する句の  數な句が  春風の句を  描寫した句が  澤山の句を  芭蕉といふ句が  却つて芭蕉の句から  眞實を含んだ句が  描寫した句で  隣の句との  感傷的な句では  聯の句は  許六の句に  わきに句が  詩篇の句の  冷罵骨に入るの句  誰かの句を  暗闇で句を  本末のある句を  大津にゐて詠んでゐる句を  有名な句の  時私の出した句が  若干の句を  發之時の句に  すべての句の  同一の句が  ここまでの句は  華厳経の句を  天を見ずといふ句が  固定した句に  初めから句を  条件の句が  有名な句を  篇を連ね句を  字や句の  詩の句  返したる句  何か句を  誰かの句を  べつな句を  心に沁む句  #芭蕉の句  夜半の句が  玄の句を  きりぎりすの句を  ような句に  芭蕉の句では  俳人の句  幾つも句を  龍耳宗匠の句を  古人の句をば  

~ 句[名詞]2
この句  初めて句  その句  こんな句  うまい句  よい句  青白い句  くだらない句  佳い句  やましい句  拙句  なし句  好い句  どういう句  どの句  いい句  く句  あの句  どうしても句  なく句  なき句  醜句  おもしろい句  難い句  短い句  面白い句  どんな句  こういう句  そんな句  其の句  面白き句  まだ句  わざと句  よき句  ない句  深い句  新しい句  すぐ句  とても句  佳句  女らしい句  太い句  単に句  わが句  若し句  こうした句  よく句  そういう句  どうして句  同時に句  ある句  殊に句  遂に句  ひどい句  いくらか句  臭い句  善い句  寂しい句  どうも句  古い句  長い句  拙い句  同じ句  近い句  遠き句  決して句  浅い句  高い句  低い句  やすい句  そうした句  しめて句  ちょっと句  旨い句  つよい句  名高い句  かえって句  少し句  つまらない句  堅い句  短き句  おなじ句  めずらしい句  

複合名詞
句ごと  改作二句  秋晴二句  招魂祭二句  日かげ二句  追加二句  ら此一句  追加三句  句賛  三句  つて句  句稿  月並一句  三句用刀字一年將盡夜  四句  二句  三句拾つた  八句  改作一句  節分三句  やつぱり句  あまり句  いふ句  春雪二句追加  亡母忌日二句追加  句境  途上二句  十八日夜三句  上句退学  上句  追加一句  七句拾  二十二句  此一句  途上数句  ところ一句  秋田蕗二句  白雲閣即事二句  うの句  其中庵二句  層雲句稿  録二句  帰庵病臥二句  長門峡二句  牧句人句集  改作追加一句  哀悼一句  一句一句  作つた句  拵らへた句  改作一句追加  試作四句  改作追加一句子  句稿別冊  句讀停音すべて樂譜  くも十余句  たくさん句  つた句  二三十句  若干句  十分十句  一句  事変句数首  句調  句老人  句山頭火  数句  数句拾  句稿二篇  ざとかういふ月並一句  句稿料  そく一句  句稿整理  みつちり句  途上六句拾つた  四句拾  二句拾  五句拾  例句  十句  九句  句数はちよ  句品  七句  上二句  句品遙  句下殺人  聖句  佳句  句さ  二句目  一字一句  百句  二佳句一  得句旋已忘  春江有佳句  長短句  荊公集句  以外一句  一言一句  我句  一語一句  キナ盛ンナ句ノヤウニ思フタノデ今日  句トバカリ信ジテ居タ今日フト此句  トイフ句ハ遥カニ進歩シテ居ル  引用句辞典  二句試み  句皆  五十句  句宝引  慣用句  有二芭蕉居士賞レ雪佳句一  二三句  作句  辞句  即吟一句  句材  句屑  句想  詞句  写生句  千言万句  句片  法句  譯法句經  一法句  句切り  上句玄関番  三句四句五句  意気句ごと節ごと  長文句  辞句理会  説明句  月並的俗句  句勢  下二句  上三句  四句力  五句  如く一字一句  辞句以外  一字半句  病氣擧句  ヨリ削除セラレタル一行一句ト雖モ日本  巧句  奇句  下句  途上二三句拾つた  賛句  句座  なごやかな句座  半句  上下二句  駄作一句  つて作つた句  其詞句  法句経  偶数句  奇数句  畳句  象徴畳句  一・二句  三・四句  上四句  修飾句  末句  妙句味  句空  ヘボ句  挿入句  一音づゝを句  其辞句以外  修辞句  楽句  名文句  時折句  かい句  ただ句  二十句  句中  一句呈上  十七字十四字長短二句  句讀點  家露八句其他  形容詞句  二句逢ひたい  二句まこと山国  句数  三百句あまり  百四十一句  三句雲  三句水音  四句死  いふ句境  二句働ら  青蓋句屋花ぐもりピアノ  七十二句  妙句  引用句  ただ一句  句市川  句がら  表六句  祝詞祝句  募集句  募集句広告  二募集句  申上候通り募集句  募集句清書  句位  千載佳句  造句  二句一  結末七言二句  末二句  句修行  うたつた句  句境涯  一語一句皆涙  歌句  候句  二句対偶  六句  端句  一寸一句  句様  いふ一句  句意  句格  転句  一句一句毎  レ句試題此光景  此短句  云つた句  句筵半  旧作一句  付け句  五六分の句  句上  百韻千句  滑稽句  句以下  原句  作句上  句相当  折句  もの十余句  林寺独吟千句夕立  句世間容易  一代一両句  句初心まね  平句同前  十余句  句二首  二句同一  句複雑  俗句  句蚊遣  句尾  句独鈷鎌首水  句更衣母  句新奇  句時  人事句  客観句  左句  近代句  中性句  詠句  情景句  句ただ顔面  二句浮華軽佻  ホ句  句楽  経過句  句切れ  句草  句節  行句  此数句一篇  訳句  句筵  残つた句  ぐうたら句  訂正二句  ヨタ一句  ヨタ二句  句評  有田洋行会所見二句  自嘲一句詫手紙  売一句  三句久しぶり  追加一句松  大宰府三句  古風一句  朝雄二句来会  森三句  途上即吟一句  川棚温泉留別二句  昨日数十句  句訂正  祝句  祝句空  二句追加  句七つ  追加一句・日  駄作千句  緑石二句  追加数句  句如来  追憶一句  述懐一句  句四つ  改作二句追加  養鶏場三句  偶成一句  恋愛句  句数篇  句解  絵画句  句几董  句愚  哲学的標句  句點  句章  一千余句  ら句  三十六句みな  宗次今一句  十二句  句二義  句主  二万三千五百句  一句一句そのもの  恨羅衣掩詩句  句一つ  一二句  四千句  一日一万句  一字一句違  生憎一字半句  空文句  五言四句  百数十句  一句半句  一寸句  句の  一日三十句  句二三  字櫛句爬  末数句  句数句  郭公一題二百句  一切づゝも一句  其揚句  敲レ句  即興一句  句伝  酔つた上句  唯一句  まま一句  五句目  六句目  会得截流那一句  一句一句力  句合  題句  大学朱熹章句  上句食  加へた上句  偶数句並列  二句並列  また上三句  歌下二句  主観的佳句  客観的佳句  五句字余り  上三句複雑  二句十字  長句  五句九字  此歌下二句  觀的佳句  客觀的佳句  五句字餘  四句二十六字  ところ句  跋句  句一つ一つ  句出  句句廼馳  戯作一句  上ノ句  句軸  鳴雪翁曰く十句  屹度句  句無し  四方太闇汁十句  首句  伝法句調  一行半句  楽句全体  連接句  短句  結局一句  句間  三十六句  二三句続け様  折り返し句  一合唱句  二句想像  句異様  三句意味  一首一句  其角句  説句  四句詩  折句詩  反覆句  幾句  後句  連体句  句等  糟句斎  数十句  使つた上句  一語半句  旋律的楽句  二十三句  二十四句  句みな遺言  此數句異同  一句二句  脱落句  自ら二句  口占数句玉虫  句塚  時一句  三句め  而此句明言二眞僞之分一也  其挙句  句讀次第  此二句  場句  叙景句  現代句  副詞句  一句以下  習熟句  副詞句化  一万二千百十一句  形容句  復誦句  詩三句  ゅう句  四句偈  八句偈  十句偈  千句独吟  句ありてい  二三句づつ  十句中二三句づつ雑詠  三句以下  五句自身  上下句  従つて下句  行つた上二句  此下句  此第三句  二句以下  二句位  へた上句  句帖  句箋  懐古園三句  二句父草居  青蓋句屋  毎日毎夜句  句心  千句  一字一句今  三句游離  末句反乱  四五句  唯二三句  一・二句万葉  四句讃歌  尾句  句ぎって  つた上句  一章一句  前句  八十句位  衒つた句  上句望遠鏡  美辞佳句  撰句  上句蒼ざめた顔色  常用句  畳句其他  贅六句調  一二三句  象徴句  一行一句  此第一句  五句中一番此句  有名句  句形  多く二句三句  一句一句変化  全部一字一句  句二つ  ぱらひのつぶやいた句  殆ど一句一句  其一言一句  すべて佳句  二十五句  句二句  句解大成  句自身  作例佳句  新古細句銀座通  父上一句  炭坑地風景二句  句といつて  千句付合  句參看  句數  句頭  歌謠各句索引  歌謠各句索引凡例一  二句以上  句呉  文章詞句  決つた詞句  了つた詞句  三句四句  片言半句  節々句  句讀訓詁  斷片零句  句以外  半行半句  こと三句  十三句目  詩一句  十九句  柳句  俳諧亭句楽  座句山  座句沢  座句  句毎  狂歌二首発句一句  二万句  



前後の言葉をピックアップ
ギーン・ディ・タッコ        苦しま          クアラスリシー


動詞をランダムでピックアップ
致しあえとりつい押し開き遠ざけろつり上がり齎そ連れ添っいいきる署し言張とりかかろあらし生き返りかりよまみえよ巣立っ言い尽せ片そ装お
形容詞をランダムでピックアップ
微笑ましっぽかっとぼしく情けなかっ篤き賢くっ素早ねつい青黒き大きけりゃ敢なく宜しくっ息苦しき憎にくしかっきみがわるくえらかろ可愛らしい輝かしかっ芳ばしき暖かかっ