「及ぶ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 及ぶ[動詞]
太郎一人の力にも及ぶ  面壁九万年に及ぶ  広小路などの及ぶ  形式に及ぶ  数十種に及ぶ  言ふにも及ぶ  政治上に及ぶ  不思議、及ぶ  夕陽に及ぶ  筆談深更に及ぶ  快足に及ぶ  記念物などの及ぶ  竹に及ぶ  征服ほど深くかつ遠く及ぶ  数頁に及ぶ  河幅三四町に及ぶ  其數三千に及ぶ  こと千九百三十本に及ぶ  排斥するには及ぶ  寒帶地から熱帶地に及ぶ  くにも及ぶ  回想するに及ぶ  限度に及ぶ  力の及ぶ  本性に推し及ぶ  範囲に及ぶ  ものに及ぶ  すべてのものにも及ぶ  悟性よりもいっそう広く及ぶ  ところのものにのみ及ぶ  以て及ぶ  力に及ぶ  彼に及ぶ  さ百坪に及ぶ  外洋に及ぶ  弁護に及ぶ  碩寿翁にかかっては及ぶ  半年に及ぶ  贈呈に及ぶ  持参に及ぶ  出演に及ぶ  着用に及ぶ  なぞの及ぶ  筆舌の及ぶ  兄貴分にも及ぶ  アキレス腱固めに及ぶ  表現に及ぶ  沙汰に及ぶ  話が及ぶ  一万六〇〇〇にも及ぶ  秋田から山形に及ぶ  勢源門下に及ぶ  ものは、今更悔いても及ぶ  手段にまで及ぶ  最近にまで及ぶ  私にも及ぶ  逗子など及ぶ  それは書き記すにも及ぶ  説明にも及ぶ  彼女の及ぶ  一年間に及ぶ  あたりに及ぶ  八〇万人に及ぶ  現在に迄及ぶ  五昼夜に及ぶ  これには及ぶ  五割に及ぶ  説明するにも及ぶ  震動に及ぶ  戦闘に及ぶ  唐代に及ぶ  喜びを合わするとも、なお及ぶ  腕力なんて及ぶ  米主に返すには及ぶ  心配するには及ぶ  から、そうあせるには及ぶ  匙加減の及ぶ  視力の及ぶ  憂慮にも及ぶ  君に及ぶ  笑顏みたしとても及ぶ  国府台で追いつめ、及ぶ  人間わざの及ぶ  凡慮の及ぶ  それにも及ぶ  足もとに及ぶ  五十種以上に及ぶ  殆ど歎願に及ぶ  言動に及ぶ  数百種にさへ及ぶ  鉄に及ぶ  智慧なぞの及ぶ  愚者に及ぶ  五篇にも及ぶ  依頼に及ぶ  関の戸の及ぶ  八〇〇種以上に及ぶ  社会的普遍性に及ぶ  人力の及ぶ  のが、最も及ぶ  弁にも及ぶ  斟酌には及ぶ  告訴に及ぶ  人智の及ぶ  見方に及ぶ  レディに及ぶ  着服に及ぶ  餘勢の及ぶ  想像してみたって及ぶ  耐忍するも、如何せん払えども及ぶ  家計の及ぶ  一万種にも及ぶ  想像も及ぶ  僕等の遠く及ぶ  者より見れば及ぶ  乱暴に及ぶ  場合に及ぶ  四編にも及ぶ  わが輩の遠く及ぶ  挙動に及ぶ  争論に及ぶ  今人の及ぶ  害の及ぶ  指図の及ぶ  もとより及ぶ  発病に及ぶ  生成からヴェルサイユ会議にまで及ぶ  融通の及ぶ  餘にも及ぶ  上達に及ぶ  影響の及ぶ  白粉にも及ぶ  何もそんなに案じるにも及ぶ  戦争などに思ひの及ぶ  ことに及ぶ  ジャワには及ぶ  大分縣にまでも及ぶ  想像にも及ぶ  皿に及ぶ  翁の及ぶ  さ五尺に及ぶ  想像の及ぶ  お手数に及ぶ  十年に及ぶ  千二百キロに及ぶ  遠慮には及ぶ  九州に遍く及ぶ  百四十余人に及ぶ  心に思ひ及ぶ  餘に及ぶ  今度織田徳川矛盾に及ぶ  働きに及ぶ  威力の及ぶ  深部にまで及ぶ  人智人力の及ぶ  今後長期に及ぶ  利害的競闘に考え及ぶ  素描に及ぶ  しかしながらその及ぶ  数百千に及ぶ  穢が及ぶ  身に及ぶ  側面に及ぶ  神射には、おそらく及ぶ  うえ返答に及ぶ  それなど、とても及ぶ  俟つに及ぶ  例を引くにも及ぶ  境遇に考え及ぶ  二千年にも及ぶ  罪三族に及ぶ  伊太利に及ぶ  殺傷沙汰にまでも及ぶ  兵難に及ぶ  孔明に及ぶ  朝に及ぶ  ことに考え及ぶ  回廊にまで及ぶ  考え方に及ぶ  自由主義全体に及ぶ  老年に及ぶ  八回に及ぶ  罪九族にも及ぶ  眼の及ぶ  菊判五百五十ページに及ぶ  上にも及ぶ  上出頭するにも及ぶ  詰問に及ぶ  談に及ぶ  事に及ぶ  加療に及ぶ  今日にも及ぶ  披露に及ぶ  やつ、殺すまでには及ぶ  朕に及ぶ  ハメになるには及ぶ  解釈法の及ぶ  から心配するにも及ぶ  遠距離に及ぶ  夜に及ぶ  相談に及ぶ  ことはできないし、またそうするにも及ぶ  頃に及ぶ  元来自分などの及ぶ  始末に及ぶ  固執するにも及ぶ  成人に及ぶ  名を挙げるにも及ぶ  労力の及ぶ  広田先生に及ぶ  一人として考え及ぶ  私なぞの及ぶ  無線電波なぞの及ぶ  ものの及ぶ  經驗に迄も及ぶ  敵に及ぶ  決起に及ぶ  説明に及ぶ  幾百間四方に及ぶ  これに及ぶ  真夜中に及ぶ  推理に及ぶ  一尺に及ぶ  紹介に及ぶ  憔悴に及ぶ  後悔に及ぶ  千人にも及ぶ  身にまで及ぶ  こと二三丁に及ぶ  爲遲延數日に及ぶ  切腹するにゃ及ぶ  うるかどうか、考え及ぶ  私などの遠く及ぶ  人殺しにも及ぶ  越後以北に及ぶ  三尺以上にも及ぶ  支配の及ぶ  大事に及ぶ  無理に黒くするにも及ぶ  二十にも及ぶ  雷研究に及ぶ  熱烈さには及ぶ  萬民に及ぶ  三月に及ぶ  さ二十尺周圍百七十尺餘に及ぶ  アルカージイならでは、とても及ぶ  発達させ得たかに考え及ぶ  餡ころにも及ぶ  二十幾つにも及ぶ  団子に及ぶ  疇昔に及ぶ  我身に及ぶ  語の及ぶ  此語の及ぶ  勢力が及ぶ  僕などの及ぶ  さ一メートルに及ぶ  一empan以上に及ぶ  十三國に及ぶ  さけの及ぶ  境内に及ぶ  上方二十尋に及ぶ  医者にも及ぶ  只今返金に及ぶ  貴重さに及ぶ  智の及ぶ  多くこれに及ぶ  日本武士には及ぶ  余の及ぶ  繋獄三年に及ぶ  いまさら三行半にも及ぶ  退散に及ぶ  動乱に及ぶ  言ふにや及ぶ  ことまで聞かせるに及ぶ  私に及ぶ  信心にも及ぶ  者なら、申すに及ぶ  一族に及ぶ  から、果てはつかみ合いに及ぶ  三尺に及ぶ  枝山等の遠く及ぶ  二十七年間に及ぶ  帰化人から及ぶ  それには及ぶ  手向けをするにも及ぶ  内外には及ぶ  二十首の多きに及ぶ  舌から吹聴に及ぶ  舌から吹聽に及ぶ  行動には及ぶ  尋常手段の及ぶ  生産関係にまで及ぶ  自己教育に及ぶ  兄弟妻子にも及ぶ  我等は遠く及ぶ  日本政府承服に及ぶ  百尺竿頭更に及ぶ  忠義だてするにも及ぶ  拙者を責めるには及ぶ  作中人物に及ぶ  義理立には及ぶ  それに及ぶ  思想家に及ぶ  上に及ぶ  著述に及ぶ  こと七八年に及ぶ  愛情の及ぶ  私は及ぶ  私共の及ぶ  禍いわれに及ぶ  青年に及ぶ  梯子をかけても及ぶ  文雅に及ぶ  隣傍に及ぶ  ぶりには及ぶ  十句に及ぶ  智恵の及ぶ  智惠の及ぶ  さ一間に及ぶ  妹に及ぶ  からそれには及ぶ  二丈にも及ぶ  人間の考え及ぶ  知らない妻子に及ぶ  想像力の及ぶ  明に及ぶ  密書に考え及ぶ  皇室を辱めるにも及ぶ  審議に及ぶ  馬琴に企て及ぶ  武術家に及ぶ  品評に及ぶ  われわれの遠く及ぶ  我々風情の遠く及ぶ  他国の及ぶ  算勘の及ぶ  こと十二時間に及ぶ  世間風俗の移り変りまでも、及ぶ  知恵では測り及ぶ  御名に及ぶ  他流試合に及ぶ  絹に及ぶ  人に及ぶ  将来に及ぶ  迷惑がらせるにも及ぶ  範囲にまでも遠く深く及ぶ  ところと、及ぶ  海岸に及ぶ  案内を乞うにも及ぶ  国権に及ぶ  わが国にまで及ぶ  バルザックなどの及ぶ  理由に考え及ぶ  倒退三千里に及ぶ  一杯ちやうだいに及ぶ  神罰たちどころに及ぶ  五六尺に及ぶ  言行に及ぶ  十万にも及ぶ  声明読経に及ぶ  丸行燈が及ぶ  感化の及ぶ  それまでには及ぶ  落命に及ぶ  かけあいに及ぶ  手をつけるにも及ぶ  隠し立てをするにも及ぶ  おれに及ぶ  航海術に及ぶ  用心にしくはないが、まあ、そうするまでには及ぶ  切腹にも及ぶ  風呂敷まで焼くにも及ぶ  宿を取るには及ぶ  出願に及ぶ  髷まで持って行くにゃあ及ぶ  往復たびたびに及ぶ  それにゃあ及ぶ  命を捨てるにも及ぶ  お話にならん、及ぶべからず、及ぶ  再々に及ぶ  灯影の及ぶ  某君に及ぶ  侮辱するには及ぶ  大家に及ぶ  夜半に及ぶ  周囲に及ぶ  弓矢に及ぶ  一報に及ぶ  顎に及ぶ  のにも及ぶ  手の及ぶ  懐中に及ぶ  数カ月に及ぶ  全国に及ぶ  一大事に及ぶ  最高四割五分に及ぶ  それ以上に及ぶ  ものであったかというまでに及ぶ  浮沈に及ぶ  且那に及ぶ  剣をとらせては及ぶ  頭から踵に及ぶ  拙者にたずねるには及ぶ  二千万に及ぶ  腰に及ぶ  九ツ十ウに及ぶ  視線の及ぶ  こと九囘に及ぶ  軍事に及ぶ  二十二種に及ぶ  篇中にも説き及ぶ  衰退期に及ぶ  ギリシアに及ぶ  珍味も及ぶ  総てに及ぶ  効果の及ぶ  合に及ぶ  責むるにも及ぶ  食器には及ぶ  更めて言うに及ぶ  広範囲に及ぶ  生年月日を知って、及ぶ  力が及ぶ  ルル説明に及ぶ  筆の及ぶ  責任感に及ぶ  一句を論ずるに及ぶ  喋々するにも及ぶ  しろと教わるに及ぶ  風景を見るに及ぶ  迷惑が及ぶ  甲冑着用に及ぶ  斬死の潔きには及ぶ  記憶の及ぶ  前から気を病むに及ぶ  心配するに及ぶ  挨拶に及ぶ  脅迫に及ぶ  手続に及ぶ  一千頭にも及ぶ  之に及ぶ  七十幾本に及ぶ  身の上に及ぶ  三面種に及ぶ  弁明に及ぶ  議論には及ぶ  大綱に及ぶ  亡後を見届けるに及ぶ  入所に及ぶ  風味に及ぶ  齷齪するにも及ぶ  哲理の及ぶ  文晁輩の及ぶ  凡手段の及ぶ  芸に及ぶ  方に及ぶ  力で及ぶ  泥濘とて一向驚くには及ぶ  京都奈良に及ぶ  気まりを悪るがるには及ぶ  新宿に及ぶ  私らが及ぶ  微力の及ぶ  問題に及ぶ  ことにまで及ぶ  二キロに及ぶ  父様に及ぶ  今から狼狽するには及ぶ  退却に及ぶ  視覚の及ぶ  ところ七十四ヶ所に及ぶ  名誉の及ぶ  大雨に及ぶ  美に及ぶ  仰せにや及ぶ  作品に及ぶ  下車するにも及ぶ  御身に及ぶ  茲に述べるにも及ぶ  人事改革にまで及ぶ  年報が企て及ぶ  何物をもってしても及ぶ  漢魏六朝から唐宋に及ぶ  無人島に及ぶ  竹島に及ぶ  八度前後に及ぶ  年月にては及ぶ  眼識の及ぶ  数十本数百本の夥しきに及ぶ  四方八方から眺めて、まあ、まあ、ことごとしくとりかかるにも及ぶ  内容に及ぶ  注進に及ぶ  功名自分に及ぶ  十一時に及ぶ  一丈に及ぶ  權利に及ぶ  大先生を煩わすに及ぶ  ば外へ立のくにも及ぶ  生活に思ひ及ぶ  襟飾りに及ぶ  上流にまで及ぶ  積雪腰に及ぶ  樹てるにも及ぶ  よう私は及ぶ  ものを書いているにも及ぶ  真似をするにも及ぶ  ば声百里に及ぶ  騒動に及ぶ  陰具などを持ち出すにも及ぶ  愚は及ぶ  話に及ぶ  大騒ぎに及ぶ  親爺に及ぶ  澆季に及ぶ  要求するに及び、始めて食わされたと分るに及ぶ  流暢ならず、とても及ぶ  め禍の及ぶ  上は隠すにも及ぶ  彼女には及ぶ  智慧の及ぶ  何もわざわざ書くには及ぶ  芝居で見及ぶ  前者に及ぶ  石に及ぶ  電燈明滅二三回に及ぶ  放歌夜半に及ぶ  款語夜半に及ぶ  こと朝夕二回に及ぶ  発熱三十八度に及ぶ  騰貴鳥に及ぶ  感情論にまで及ぶ  客あしらひに及ぶ  考えの及ぶ  さ七八分から一寸にも及ぶ  渚に及ぶ  十里四方にも及ぶ  丈の及ぶ  女は咎めるにも及ぶ  奥さんにも及ぶ  眼界の及ぶ  常人の及ぶ  日本文化の及ぶ  未来に及ぶ  千数百枚に及ぶ  目の及ぶ  僕等の及ぶ  蘿蔔に及ぶ  身長に及ぶ  某如きが及ぶ  フォルデリヒト瓦斯に及ぶ  凡俗の及ぶ  尺余に及ぶ  1931頃から'36位に及ぶ  先へも及ぶ  それから英訳で及ぶ  わが輩も及ぶ  尊の雄々しくましませしには及ぶ  紅葉に及ぶ  内々赤面逆上に及ぶ  此上待つにも及ぶ  余は及ぶ  風土とに及ぶ  十五種類に及ぶ  秀吉の遠く及ぶ  だてには及ぶ  人類に及ぶ  鑑賞力の及ぶ  こと数十回に及ぶ  幾十万銭に及ぶ  まことに及ぶ  百歩以上に及ぶ  徒の及ぶ  二更に及ぶ  綱雄などのなかなか及ぶ  上に現れるにも及ぶ  肩にも及ぶ  言語の及ぶ  ものかはとても考え及ぶ  凡蓼の及ぶ  一年半に及ぶ  十代に及ぶ  二十年に及ぶ  心配には及ぶ  常識の及ぶ  心配するにも及ぶ  遠方に及ぶ  夜逃げに及ぶ  刃傷にも及ぶ  管見の及ぶ  案内にも及ぶ  俊と別れるには及ぶ  十聯以上に及ぶ  其力の及ぶ  四天王にも及ぶ  行つて見るに及ぶ  刃傷沙汰に及ぶ  乱に及ぶ  難儀に及ぶ  北海道に及ぶ  あとから、まあ急ぐにも及ぶ  厳談に及ぶ  七十五円にも及ぶ  仕事に及ぶ  臭骸腐爛するに及ぶ  分別の及ぶ  威勢をつけるには及ぶ  昔から手の及ぶ  こともまた断るに及ぶ  五六寸に及ぶ  こと数十日に及ぶ  点に考え及ぶ  華麗さも遠く及ぶ  予に及ぶ  哀訴嘆願に及ぶ  荊岐に及ぶ  すに及ぶ  立たりとも及ぶ  十数名に及ぶ  開戦に及ぶ  一念ここに及ぶ  別に読むには及ぶ  徳虫魚に及ぶ  事に説き及ぶ  前衛にまで及ぶ  能く及ぶ  のと言うにも及ぶ  累の及ぶ  四方に及ぶ  何も隠すには及ぶ  いつまでも探すには及ぶ  三抱へに及ぶ  二三十間に及ぶ  づるにも及ぶ  我国の及ぶ  あなたにまで及ぶ  婦人の遠く及ぶ  万余に及ぶ  七尺に及ぶ  函数四万八千個に及ぶ  深更に及ぶ  考へが及ぶ  細目に及ぶ  大東京などと、いかに威張ってみても及ぶ  手紙に及ぶ  矢が及ぶ  ただ力の及ぶ  学にわたり、企て及ぶ  識企て及ぶ  多言には及ぶ  こと二十年にも及ぶ  考へ及ぶ  狗賓餅にも及ぶ  異説は及ぶ  数百年に及ぶ  意志の及ぶ  今日に及ぶ  他に及ぶ  印度に及ぶ  自身は尚なるべし及ぶ  運動に及ぶ  輪になりに来るにも及ぶ  問答に及ぶ  さには及ぶ  馬鹿正直に待ってるにも及ぶ  事は説くに及ぶ  寡聞の及ぶ  風呂へ行くにも及ぶ  電線に及ぶ  芳さんまでが、わざわざついて行くにも及ぶ  国務長官などの及ぶ  主人などの及ぶ  令嬢に及ぶ  造作なども及ぶ  浦が来るには及ぶ  余に及ぶ  牢に居るから及ぶ  糞車數百の多きに及ぶ  さ五六尺に及ぶ  三分の二に及ぶ  智慧にも及ぶ  病室を借りるにも及ぶ  福を来すに及ぶ  三丈にも及ぶ  六千種に及ぶ  直径十五糎にも及ぶ  仰せにゃ及ぶ  足下にも及ぶ  足元にも及ぶ  ものをほごにするにも及ぶ  先生に及ぶ  委員全部に及ぶ  非常手段に及ぶ  奥義に説き及ぶ  今更らしく論じ出すにも及ぶ  子孫に及ぶ  興宴に及ぶ  喧嘩に及ぶ  申次駿河局突鼻に及ぶ  こと度々に及ぶ  御感に及ぶ  自愛に及ぶ  類延年に及ぶ  伴類二百人に及ぶ  事群議に及ぶ  一切御沙汰に及ぶ  聞食し及ぶ  将軍家御感悦に及ぶ  若宮大路数町に及ぶ  三度に及ぶ  外に及ぶ  六句に及ぶ  浄善に及ぶ  一見に及ぶ  和歌の及ぶ  身辺にまで及ぶ  敗走に及ぶ  兄等二人の及ぶ  二十余畳にも及ぶ  支配も亦及ぶ  從つて人間性の及ぶ  世界にまで及ぶ  世界に及ぶ  持場において及ぶ  體驗の及ぶ  其詩眼の及ぶ  研究に及ぶ  どころもなく、その及ぶ  紋也には及ぶ  穢れが及ぶ  名が及ぶ  擅場とするにも及ぶ  から最早繰返すにも及ぶ  女に及ぶ  乳あたりに及ぶ  七十二図に及ぶ  所謂右翼出版物の遠く及ぶ  三四種に及ぶ  人物評に及ぶ  今日世界に及ぶ  世良田の及ぶ  中に届けるにも及ぶ  むきになるにも及ぶ  篝にも及ぶ  三十人にも及ぶ  富も遠く及ぶ  虐わが身に及ぶ  齡八十に及ぶ  評議にも及ぶ  吟味に及ぶ  裁断に及ぶ  自然作用の及ぶ  こと数回に及ぶ  形容の及ぶ  直ちに腕力沙汰に及ぶ  その後に及ぶ  念にや及ぶ  云ふにや及ぶ  於いて披露に及ぶ  御苦労には及ぶ  失望させるにも及ぶ  近世哲学に及ぶ  はたらき萬物に及ぶ  トスカーナに及ぶ  體に及ぶ  機官に及ぶ  五十人ほどにも及ぶ  二百名にも及ぶ  死亡に及ぶ  数里の長きに及ぶ  蝋燭にも及ぶ  現在に及ぶ  進退にも及ぶ  名のるにも及ぶ  往時の及ぶ  架するにも及ぶ  さし昇るに及ぶ  老より死に及ぶ  思議の及ぶ  中流に及ぶ  小出町に及ぶ  飛衞に及ぶ  飛衛に及ぶ  白状に及ぶ  被害が及ぶ  無事に来て見ると、そんなに慌てて逃げ帰るには及ぶ  輝の及ぶ  中心に及ぶ  從ふは、及ぶ  ものにまで及ぶ  汝の及ぶ  星に及ぶ  影響となりて世に及ぶ  金星にまで及ぶ  宇宙に及ぶ  下界に及ぶ  言葉の及ぶ  夜半過に及ぶ  此戦い夜明に及ぶ  結末之に及ぶ  末節之に及ぶ  著作全部に及ぶ  二歳にも及ぶ  三万尺に及ぶ  想像に及ぶ  説明には及ぶ  一般屠者に及ぶ  十余所に及ぶ  ところで、到底及ぶ  学校教育などの及ぶ  者の企て及ぶ  それが書いて見たいので及ぶ  人にも及ぶ  別に申し述べるにも及ぶ  瀑布も及ぶ  寛政に及ぶ  収むる所何人もよく企て及ぶ  品川に及ぶ  享和に及ぶ  元治慶応に及ぶ  中自分に及ぶ  使者を走らし、及ぶ  平和にまで及ぶ  数千米にも及ぶ  筆が及ぶ  誌すにも及ぶ  さに及ぶ  別に証文を取るにも及ぶ  僕なんかの及ぶ  下腹部にまで及ぶ  其範囲の及ぶ  四方八方に及ぶ  出水三尺に及ぶ  二十万に及ぶ  初代の及ぶ  十四五時間に及ぶ  其処から力の及ぶ  十四名の多きに及ぶ  肩など揉みて及ぶ  ことをも、説き聞かせて、及ぶ  振舞いに及ぶ  跣足には及ぶ  さ数尺に及ぶ  経済事情に迄及ぶ  子弟にも及ぶ  栄耀子弟に及ぶ  奉行施政の及ぶ  十分に及ぶ  全身に及ぶ  物にも及ぶ  七寸にも及ぶ  関与も及ぶ  費用に及ぶ  古人に及ぶ  足の及ぶ  二百人に及ぶ  われらの及ぶ  村全体に及ぶ  人知の及ぶ  其方法としては、及ぶ  士分にまで及ぶ  思立つにも及ぶ  地方に及ぶ  効果が広く及ぶ  総員に及ぶ  遠祖外戚までに及ぶ  註にも及ぶ  女性心理に及ぶ  数通に及ぶ  八十種には及ぶ  子までを討ち斬るには及ぶ  かば威光天下に及ぶ  雨は降る、それほど急ぐにも及ぶ  所詮われわれの及ぶ  級誰も及ぶ  本能の及ぶ  時に及ぶ  中、及ぶ  信長公も及ぶ  進撃に及ぶ  思いは及ぶ  法律の及ぶ  



前後の言葉をピックアップ
およば  及び  および  オヨビ  及び腰  およぶ  及べ  およべ  及ぼ  およぼ


動詞をランダムでピックアップ
契りひろがる枉げる知れ渡突き通せ引き合せる撃止めろよびとめれ追いまわさなげけ失さありゃ購い争えんにじんいてつかいいだしぬぎすて見渡し写り
形容詞をランダムでピックアップ
がまんづよく未練がましき太く心地好いよかろからかれ目覚しき慎ましく物堅ううら若けれ寂しけれよわけれ空しけれさびしゅう美しくっ畏れ多き青黒き擽ったい福々しく悪かろ