「去」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 去[動詞]
東京を去  ジデローを見るも猶お去  ヂュリエットお前もう去  みんなが去  其処を去  京都を去  君は去  不眠も去  死も去  享楽情調を去  余り遠くでない、去  拒、去  ひかり忘却の去  ぢやないか、え、とつとと去  天災漸去  分配されると、直ぐに去  顏をして去  行列のすぎ去  どこへともなく去  うつと飛び去  やうに速かに流れ去  戰國時代が去  福田家を去  辭し去  翁が去  來るを見て逃げ去  帆をあげて去  顔をもつて去  ぐひを棄て去  人にあらず、去  林を去  音もなく溶け去  上に既に去  廻転し去  厩は遠く去  美代子は去  別当談云、去  方へ歩み去  あの肉体はすでに去  冥府へ去  中を去  飛翔し去  危機は去  儘どこへどう去  やうにはかなく去  十日もたつても、去  日にはもう去  期もなく去  病院を去  少年が去  叙し去  波間に没し去  地を去  つて、一度離れ去  世を去  間へ去  一杯に開き、そして去  私語きそして去  女は去  二人の去  自分の去  そつちへ去  既ういつの間にか去  東へ飛び去  なかに没し去  殆ど北京を去  魂あな君変化今奪ひ去  華ヲ去  この世を去  蛇の去  戦慄は去  場を去  背から放れて去  意識的藝術活動そのものをも棄て去  心を去  喧騒から遠去  姉君、早く去  此處を去  世界を去  破れ牛乳は流れ去  福建方面を去  風の如く飛び去  時にでも、そのいたみは、極く軽くて、すぐに去  危険が去  後方に去  三階を去  山伏が去  靜が去  隅へ押しつけて去  擔いて去  切迫し遂に去  一同は去  なか子が去  どこともなく飛び去  部屋を去  盜み去  規約や、去  者が去  荒雄等の去  何さらす、去  隙もろうて去  皆早う去  主達も早う去  皆、去  日蓮が去  返事も待たずに忍び去  禍福の来去  ことをしないで去  否定し去  あそこを去  Cambridgeを去  のは、去  サツとかすめて去  散り散りに逃げ去  幻覚も去  條に去  悲鳴をあげて逃げ去  震へは去  女は已に逃げ去  青春が去  背を向け去  形而上学と共に亡び去  ぐらに飛び去  博士を追ふて飛び去  自ら軽蔑し去  やうに散り去  私を拉し去  娘はすぐ振向いて逃げ去  方へ飛び去  枕元を去  別室へ去  辞儀して去  どんどん地球から遠去  一に、遠去  朝廷を去  除り去  先生の去  沖へ去  国を去  彼も去  奉公とやらへ去  有耶無耶に誤魔化し去  英国ヲ去  英国を去  何かで、グイグイ引っかけて去  支那を去  舞ひ去  何処に去  圖書室を去  何世紀かの流れ去  ピカソを去  ミユンヘンを去  體現者世ヲ去  其眞實ヲ去  國民思想ニヨリテ婦人勞働者ハ漸次的ニ勞働界ヲ去  彼らの去  意気揚々と去  魔し去  室を去  老人は去  樺太を去  皮肉全く腐去  此島を去  時代が去  血も去  どこへ歩き去  鴎の去  方から話しながら出て来て去  街道をまつすぐに去  私が去  それはいいが、去  停車場を去  ノラの去  義務を果たすと、去  やうに去  揃へてかう叫ぶと同時に、拭い去  椀を残して去  請ふ、去  拔け去  豊かに残して去  奴は出て去  一人函館を去  公平無私な去  拭ひ去  過去に没し去  今ヲ去  部屋へ去  やうに遠く去  子供たちを忘れ果てて去  身邊を去  表皮を掠めて去  外衣を剥ぎ去  僕ハ今度クルブラ島ヲ去  ふりをして去  考へが脆くも崩れ去  何処かへ飛び去  のも、去  己を去  春は去  引掛けて遠去  わても去  小田君が去  家を去  ゆつくりと去  此世を去  物を棄て去  夜を去  背景を剥ぎ去  鎌倉を去  小田原から静岡へ去  冬が去  而今般御召相応じ去  武具を奪ひ去  存在をもさつさと葬り去  夫を去  全焼し去  彼方に逸し去  此の世を去  雲に昇り去  吸ひて去  戸外へ飛び去  獲物を押し込み終ると、すぐ飛び去  ジガ蜂はまた飛び去  それから飛び去  翅音も高く飛び去  異常なしと知るとすぐに飛び去  頃犯状明かならず、去  仔細も聞かずに去  邪魔者であればこそ、この去  女の去  わたくしたちは去  彼は去  守銭奴と化し去  風のごとくに去  表情をぬぐひ去  今では去  手から、遠去  ままで、遠去  ところに逸し去  私達から遠去  喬介は振り返って、遠去  爲に去  室内へ投げ入れて、逃げ去  中に融け去  沒し去  中へと融け去  峽を去  そこを去  ペエテルブルクを去  つて、去  下、去  四畳半を去  祖国を去  二人今日一緒に去  母ちやんも去  から二人で去  丸田さんによろしう云うてくれ云うて去  殘りなく融け去  何處かへ去  洗ひ去  嵐はけろりと去  颱風の去  それが遠去  ガニマール探偵たちと遠去  鮓つけてやがて去  小路を、大跨に歩き去  其處を去  はずれの、分去  客は去  白雲が去  方様を、かうして去  可愛い人に、去  郷里を去  故郷を去  ドイツを去  糞を浴び去  それから翔び去  爲二人割去  皆剃り去  のであるが、一度去  から暗に葬り去  そのままのろのろと歩み去  村を去  族譜から削り去  三不去  鐘が去  船尾を遠去  ように遠去  家を売って、去  呼わりつつ去  律格を棄て去  五十一歳ぐらゐで此の世を去  芭蕉が去  證人を連れて去  歌を書いて、去  歌を残して逃げ去  歌を残して去  種姓を明して去  嵐がすぎ去  三人は歩み去  靜かに歩み去  都会を去  お辞儀して去  臭を残して去  濁りを澄ませて去  川棚を去  鳴きやめるより去  欝は流れ去  九州へ去  大森君が去  お忙しいならば後程といつて去  時幸福は既に去  私の去  今家を黙って出て来ましたよって、早う去  人が去  國友の歩み去  國友は、去  方向へコツコツと去  急ぎ足に去  樂屋番が去  江戸を去  影を遠くつつみ去  のを見て、その去  骨が抜け去  身まで奪われ去  げに羽ばたきながら、飛び去  惶てて飛び去  スケエト場を去  消毒室へ運び去  呉に去  京ヲ去  小宰相、まだ去  中に漕ぎ去  ツさんは、もう去  來たんやもん、上らずに去  んやもん、上らずに去  云ひ残して駈け去  親にも反き去  話や去  時代はすぎ去  悟り顏して、去  此処を去  此戒厳地を去  心から薄れ去  粉飾を去  埋没され去  ように流れ去  遠国に去  姉妹、去  人来て去  敵中に没し去  どこへともなく駈け去  巧に逸し去  京一千五百里、去  蝦夷界一百二十里、去  常陸国界四百十二里、去  下野国界二百七十四里、去  貴女が、去  如何に好去  江水春を流して去  植ゑて流れ去  呂木は去  漁場へ去  何処へ去  翌日それ/″\分れ去  答へず、歩き去  顔を去  永久に去  番人の逃げ去  ことをおそれるが、去  羞恥とを拭い去  闇に溶け去  黒谷村を去  自分から離れ去  方へ去  私たちから次第に遠去  望見しただけで去  長崎を去  渡を約して去  姿を没し去  このごろはいかに好去  言はず逃げ去  夜と共に去  やうに流れ去  海底に拉し去  方へ歩き去  三名ハ先発隊トナリテ和蘭ヲ去  余が去  何処へか去  時間が流れ去  思を、その折々の去  あとさびしらに去  邪魔物をとり去  経基が去  小舟から奪ひ去  スタスタと歩み去  扉をしめて、去  鼻を去  客の去  僕から奪ひ去  内容からとり去  時飄然として去  却つて廊下伝ひに逃げ去  私は去  雀が去  台所へと歩き去  戸外へ去  やうに駈け去  遲いで、去  推移し去  ものを除き去  者と化し去  窓際へ歩き去  其故に去  錫杖を衝き鳴らして去  成候者愚姪方にて去  肅公綱條が去  享保十五年に去  ツと飛び去  独りで遠去  千登世を拉し去  都を去  巷を去  かなたへ去  奥へと逃げ去  ものを去  土臭を去  方から勝手に去  前を去  これでも将ち去  嫂を去  病院、去  微笑しながら去  火車を忘れて去  払ひ去  精神からは抜け去  かすつかり散り去  途端に素早く拉し去  梔子の実は去  妓は去  投入れて去  仏蘭西書院より去  誰れにも見咎められず、どうして入って、どうして帰り去  二人を後に歩み去  云つて笑ひながら別れ去  空氣を動かし去  間に去  突破し去  酒虫を去  話が出ると、消えて去  縁先へ置いて去  めいめいが、起ち去  ぱりと拭ひ去  捜索隊が去  一笑に付し去  白雲の去  驅け去  郷土を去  一蹴し去  肖像なり、去  行つた其汽車で、去  直ぐに消へ去  案内を置き去  二宮家を去  聲、去  黙殺し去  自分自身が流れ去  素速く逃げ去  台風が去  風の去  間に没し去  雜に讀み去  鳥が飛び去  婿の去  田舎へ去  沙翁時代を去  漁師が去  わたしが去  萎縮し去  ひとつと化し、没し去  卓一も去  卓一は、かうして去  姿を消し去  奥へ駈け去  澄江は去  卓一を捨てて去  土地を去  めてゐたが、くるりと振向いて、逃げ去  勝手に飛び去  奥へ歩き去  理性の向ふへ飛び去  つて歩き去  梶子は歩き去  梶子は忽ち歩き去  北米に去  どこへ去  恐怖はいつの間にか去  痛みの去  音の清きを聞きつつうっとりとしてあれば、さながら去  先で溶け去  返事もせずに駆け去  親にも背き去  墓を去  結果を与へ去  パリを去  宗教的共産主義者が去  學校を去  飲水をとりなどに去  雨季が去  あらしが去  昆虫は飛び去  海へ流し去  部屋へと去  老人が去  初めの去  雑念を去  何処かへ去  根柢から崩れ去  塚田升田五番将棋で、敗れ去  づるやうに便所へ去  面持で去  私はすぐうなづいて去  対局場を去  形容詞をとり去  一時抽象し去  人心を去  抽象し去  うちに没し去  天台山を去  前に流れ去  路傍ヲ去  夜の去  釧路を去  気持が去  加はりに去  それから歩いて分去  時分だというので、分去  綺麗でさえあれば可い、去  自分から飛び去  房一の去  突風の去  一人のこして去  ものと去  何だか意味ありげに云ひのこして去  空に飛び去  執拗く置き去  芭蕉はじめ、去  丈草、去  忘却し去  嘆き妹が去  食堂へ歩き去  聴衆の去  許を去  闇に紛れ去  物語かなわが去  報道記事を削去  親元を去  机上へと薄れ去  母は去  語り手は去  不安そうに、遠去  さは、去  どこへか飛んで去  蒼と金との、互に融け去  子供が去  大学を去  水が去  翼がとつくに飛び去  快活さを奪ひ去  乍ら逃れ去  時期はもうすぎ去  詩情を奪去  はてを祈れと去  われここを去  すべてを忘れ去  ものが去  すつかり去  街頭に到り去  念頭を去  若殿樣には去  抱へ去  没入し去  さきへ駈け去  方へ駈け去  いつしよに駈け去  下界から飛び去  霞と逃げ去  許を飛び去  ペトゥローを拉し去  妬心なくば去  子なくとも去  一同は残らず駈け去  若さの去  我家を去  妻が逃げ去  鬚髭を剃去  中学を去  女中が去  女を遠去  どこともなくぽつぽつ歩き去  蜻蛉は驚いて飛び去  候時ハ、去  物を求めて去  ッた、去  ッた、いよいよ去  声高に戯れながら去  朝ようやく去  大失策、帰れ去  ことじゃ、それでは、去  憎まれ口を叩いて去  案内女たちも去  聴衆が去  雲は去  階下へ去  何処にか去  漂泊し去  時は流れ去  八月山を去  ライプチツヒを去  後から翳しかけて去  そんなら早う去  そんならもう去  院長が去  眞野が去  顏をして駈け去  女が去  野を去  醫局へと去  扉を排し去  内へお去  船も去  黒塀を去  正月は早くも去  先に出去  返事もせず去  動作とで逃げ去  余気が全く去  許容せざるに依り、去  司頼時、去  平、去  かたへともなく逃れ去  是若し去  仍つて御所を去  幻の如く忽ち来ては忽ち去  皆なが去  方へ退つ去  存在が絶えず流れ去  體を去  獻身、去  論破し去  学校さえ去  河が流れ去  みんなかへり去  彼から離れ去  どこかへ飛び去  秋は去  どことも知れず飛び去  なつて直ぐ辞し去  山へ逃げ去  谷中村を去  チルチェと別れ去  彼すなはち去  席を去  ため早口にかたりて去  中に埋去  父を失い、去  者、去  遽かに侯に背き去  進歩党を去  信用も忽ち去  私情を去  証権を抛ち去  漂ひ去  進歩黨を去  危險は去  澁民を去  殘して去  罪を避けてはや去  ウェルギリウスの去  左を去  異端寺院を去  何処へか持って去  危険は去  渋民を去  殺人癖から遠去  日光へ去  痛みなどの去  耘り去  十餘輪も摘み去  盡き去  ば人から減じ去  痛みも去  ますます視野から亡び去  吾人をして去  アテーネを去  新京を去  ゆきて去  かばおもしろくして去  少女が去  やけく去  病いえなばうれし癒えて去  あれな我が去  まりもなく逃げ去  従事して居ますが、去  拉り去  國を去  彼が去  山羊博士は、去  愉快さうに口笛をふきながら、歩き去  店へ去  つて這ひ去  上彼らは去  高所からでて説き来り、説き去  歳月が来ては去  頭から消へ去  それもいつの間にか消へ去  ものから物體性を奪ひ去  うちに去  心像が果てしなく去  放蕩を去  壞し去  緊張がすぎ去  分子をとり去  昼間一瞥し去  人長三四尺、去  狂人と疑はしめ、去  妻は去  截斷し去  彼の去  わたくしから離れ去  栄光さへもが離れ去  世界は去  から早く去  抒情的小詩人を葬り去  ここを去  目うるさく、早く出てゆけ疾く去  神が怒つて飛び去  軽蔑し去  一行の遠去  向うへ遠去  天空に去  沒して去  らいかないへ去  予言を与へて去  語でも、すぎ去  やうに、高く去  時代は去  忙がしく去  冬は去  書きのこして去  苦痛は漸くにして去  男は去  絶望的に去  京都に去  さが去  洪水が去  国に去  従はないで、去  都門を去  瀧、いはれあり、去  御地を去  遠路を通いつづけたが、ついにそのせり合いに敗れ去  出で去  先をかすめ去  一團の去  自分を去  一寸目を注いで軈て去  元気よく駈け去  寄託冥然去  別室へ駈け去  うちはまだよかつたが、すでに来り、すでに去  全土同調一色に化し去  壇之浦から逃れ去  歴史を歩み去  ギヤングして去  山を去  夏が去  支那人は遠く去  結論、論じ去  父は去  悪風と去  浮雲の如く去  失望と化し去  間に果敢なく破れ去  要素を去  といつて番頭は去  



前後の言葉をピックアップ
ご面相  ご飯  ご馳走    佐々  佐野川  佐太郎    佐紀子  


動詞をランダムでピックアップ
逆立てるはじめれとびこえよたおせ賑わう踏み込め取去打抜かおだて付き合わ練り上げる宣るくみとれるむさぼり横たわっすまさ開けろ逃げ回り仰せつけ煮え
形容詞をランダムでピックアップ
気づよいけたたましまましいけがらわし著いまっしろう厚けれ厚き烈しきからきゃ色濃有難うこの上なし薄からわるくしがない物すごかっどすぐろき弱よわしく細かく