「危なげ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

危なげ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
危なげにふらついていたが  危なげに丸太を結つた欄干に背を靠せて列んだ  危なげのない道筋をお連れ申しますから  危なげのあり過ぎる  危なげのないことをお松が信じているから  危なげもなく悠然と乗っていた  危なげでゐながら  危なげに見えた  危なげな様子でうずくまって  危なげな腕前で自転車を走らせねばならなかった  危なげに渡っていた  危なげな足どりがみられた  危なげに足にあはせて  危なげのなさに比べると  危なげな蝋燭の火がジジッと焦立つ  危なげのないところでゆける  危なげが少ないように思われた  

~ 危なげ[名詞]1
足元は危なげに  これは危なげの  何の危なげも  夏裳束は危なげで  ように危なげに  私は危なげ  二人が危なげに  作者の危なげ  子が危なげに  多才ぶりや危なげの  弁護士のよりも危なげが  

~ 危なげ[名詞]2
あんまり危なげ  まことに危なげ  

複合名詞
足許危なげ  



前後の言葉をピックアップ
あぶなき  あぶなく  危なく  危なくっ  あぶなけれ  危なげな  危なげなし  あぶなし  危なし  あぶなっかし


動詞をランダムでピックアップ
掻い込ま書き込ましばら明らめ手向かう見晴らせる差し掛かる下回り重ねうたおうちつれ捜しあてすりむけるひかれる打ちまくる採り入れ追い払い揚り青ざめる行きあたり
形容詞をランダムでピックアップ
にぶかっ手荒薄かろかいう薄ら寒か黒色濃いいさぎよき荒々しけれくろ詳しかっ弛いっぽからしぶとい不甲斐なく規則正しい疎まし宜しくくろし