「動か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 動か[動詞]
手足が、ふいと動か  方に向いていて動か  こっちから見ると少しも動か  上を動か  欲に動か  何も動か  クルリクルリと動か  蓑虫は動か  つても叱られても動か  ように動か  僕は、動か  題は動か  初から性慾の動か  私は頑として動か  一寸も動か  世を終るまで動か  空気が動か  汽車の動か  芯は動か  大事をとって動か  帆村は動か  自然に動か  ッつけて、すこしも動か  それが、ぴたりと動か  明方まで動か  エゴイストだ、という動か  彼がすばやく動か  身体の動か  はいつかな動か  磯にとまつて動か  蜘は動か  張つたなりやはり動か  予定されて動か  特別室にがんばって動か  土に据えつけて容易くは動か  自由に動か  ゆきづまつて、どうにも動か  何時間も動か  最後にぴょんと動か  ように硬くて動か  所に来て動か  方に動か  渡瀬は動か  美に動か  鉄案として動か  立言は動か  部分が何ら動か  舌さえ動か  円滑に動か  性質に従って動か  確乎として動か  機械が動か  足も動か  息をころして動か  それからもう動か  腰を下して動か  八人は動か  二人とも動か  やうな美しい動か  なかに動か  足が動か  ようにびくとも動か  一つも動か  一刻も動か  手が動か  身体は少しも動か  身は動か  障子に止って凝っと動か  自信をもって動か  心少しも動か  もの、往々にして動か  ブルドーザーは動か  誰も動か  まま、動か  ままぴたりと動か  手術後はまた動か  ビクとも動か  人が動か  声で並べて動か  近く陣取って動か  体が動か  文字と動か  そこを動か  薬屋も動か  釘づけられても動か  一時間ほどじっと動か  口をもぐもぐ動か  眼色を動か  ジッとして動か  唇も、動か  バルカの動か  何となく心が動か  間はもう動か  心の動か  そよとも動か  そよりとも動か  父は動か  一日じゅう貨車は動か  貨車は動か  遠くの動か  ナースチャは動か  かなたに動か  場所を動か  家を動か  静かに、ピッタリと動か  それは小さく動か  伏しに転がると、動か  ように見えて、一々は動か  順二郎の動か  やうに動か  心を動か  京子はそれでも動か  世を動か  寂寞を破って、動か  一つでも動か  好奇心は動か  ダリヤよ動か  方へ動か  ネルラが動か  潮が動か  そのままにのそりと動か  空気は動か  彼れは頑として動か  何時までも動か  情熱で動か  腰が動か  沖を眺めて動か  色が変って、動か  綱は動か  眼はなおもじっと動か  一つ処を動か  冬木は、なんといわれても動か  脚を踏みかえただけで、また動か  持して動か  ホームズはいよいよ黙していよいよ動か  推理は動か  両脚が動か  テコでも動か  七人は動か  彼は倒れて動か  竹も動か  よう、動か  少女はじっと動か  もとに動か  儼乎として動か  丸で動か  姿は動か  頂端を持って動か  ために、動か  私は動か  云つても動か  やうに堅くて到底動か  手を動か  一念かたまりて動か  拳も依然として動か  奥底にじーっと動か  まま坐って動か  岩に降りて動か  人たちは、動か  曇天のしたに動か  膝もゆらりとも動か  斑を交え、動か  ちょっとも動か  中には動か  手足は動か  それがひっそり冷めたいそして動か  さに吸いよせられて動か  ジッと動か  しまつて、いつかな動か  酒を飲んで動か  ひつくりかへつたり縮んだり、動か  馬をひかんとすれど動か  ところへ帰って、また動か  ところを動か  彼には動か  眼玉も動か  五十万両は動か  座敷を動か  腕が全く動か  ほうへ向くと、それなり動か  手は動か  塊は動か  みんなぢつとして動か  ように、全く動か  自分をおいて動か  事で動か  皆な動か  ものが動か  車を動か  地球を動か  何にも動か  そこだけは動か  度毎に、実際は動か  なりで、動か  ここを動か  楯にとって動か  容易に動か  於て動か  間に動か  そこにゃ、動か  うかつに動くと危ないぞ、動か  魚のごとく動か  おれは動か  舳をつき込んで動か  それも動か  ことも、もう動か  一貫して動か  首を動か  唐紙は動か  一定の動か  しみは、ちっとも動か  右舷とほとんど触れんばかりに相列び、その動か  氷にとざされて、その動か  決心は動か  バネを動か  引金を動か  そのままぐったり動か  船が動か  大事に抱えて動か  抱へて動か  彼女の動か  そのままピクリとも動か  いつまでもそこを動か  しりとした厚ぽつたく動か  袖も動か  水底に動か  好奇心を動か  把手を動か  錦絵に見惚れてゐて動か  前にしゃがんで動か  木伊乃にした、動か  からだが硬張って動か  晃らしているばかりでちっとも動か  出羽は、動か  煩悩小僧と動か  身体が崩れず、すこしも動か  背中をおっつけて動か  食指が動か  身体は動か  話に動か  どこへも動か  頭は動か  頭は依然として動か  告げ口してもそれ程動か  一寸好奇心を動か  程にも動か  天井を視詰めて動か  社長級からでなくては動か  たいような、立って動か  人はまだ動か  心が動か  唇はまだ動か  家は動か  それはびくとも動か  吸ひついて全く動か  悶絶して動か  暴露する動か  人物が動か  大げさな、すこしも動か  半分以上は、動か  物色してなかなか動か  唇が動か  二人は動か  群像は動か  すき間から体は動か  思念一つが動か  ッ倒れ、動か  身體はちつとも動か  齋藤は動か  空氣が動か  意思では動か  方向へ動か  一人の力では動か  身体が動か  道を、動か  ことを突きつけられ、動か  エンジンが動か  落着いていて、動か  サト子が動か  表情も動か  空気の動か  海の動か  今度はぱったり動か  首を覗いて動か  一人の動か  散乱した動か  絵の動か  中から兵士たちは動か  対峙しながら動か  羅の動か  緑色が動か  彼女は動か  味方も動か  ものであって、動か  形をして、少しも動か  性慾は、当然、動か  道路は、じっと動か  俯伏して、しばらく動か  山形に垂れて動か  鸚鵡は動か  ならにや動か  駕籠が動か  比喩を捕え、ぴっしり、動か  思惟は動か  自在に動か  中心部は動か  十脚ぐらいずつ動か  リャザーノフは動か  煙突は動か  空にはながらく動か  十年でも動か  振りをして動か  銭を与へるまでは動か  体は未だ動か  旅僧は動か  殆んど動か  のか、動か  太陽が動か  今では動か  角度で動か  それに浮べた動か  女たちがあの動か  まま、また動か  曹軍は依然、動か  水の動か  まさかが、既に動か  矢張心が動か  体を動か  自分でも動か  微塵も動か  身を縮めて動か  彼れが少しも動か  儘少しも動か  看守が来て、動か  瞳は動か  確信も時々は動か  床は、いつしか、動か  千二は、もちろん、動か  後は、二度とそんなに動か  うつろな動か  鉱物が全く動か  方は、全く動か  植物は全く動か  隅に、動か  課長も動か  主孫権も決して動か  体を伏せたなりに動か  ッついたが、それでも動か  手を突いて動か  何を言われても動か  大気が凝って動か  ただでは動か  二人づれでなければ一寸も動か  今度は、もう動か  雲の動か  影にじっと浮んで動か  命令中枢がなくちゃ、動か  時にゃ動かそうと思ったって動か  彼れが動か  望色から希望を吸い込もうとして動か  隙間いっぱいに垂れ拡がって動か  何としても動か  音とともに動か  顔が動か  ストンと倒れて、動か  ヒタイをつけて、動か  表情をして動か  姿で動か  わきに動か  裡で、動か  方へとも動か  耳を貸さず、むっとした憤りを示して動か  あいだみだりに動か  竹内栖鳳も動か  列車が動か  捨て石にかじり付いて動か  伴音となって、じっと動か  から、動か  呉が動か  神輿が重くなって少しも動か  みんなが動か  そうに動か  神霊に動か  社会的地位は動か  電車が動か  間一つ所に留まって全く動か  席を動か  夕食も食わずに倒れたなり動か  まま何時でも動か  ままじっと動か  かすかに動か  眼は、もう凍りついて動か  顔から血の気が消え、やがて延びて動か  中に黒く固まり、動か  体をのばして動か  彼も動か  突込みまして動か  山は動か  うにまるで動か  頬杖をついて動か  三人とも少しも動か  ぢつとして動か  やうに、少しも動か  つて一点を動か  地球が、さっぱり動か  人形自身が動か  ょんと跳んで、凝っと動か  心は動か  事では動か  愛子は動か  ペンが動か  位置を動か  方に向って現われてきて、じっと動か  ような、いつもじっと動か  理性は動か  からだ痛くて動か  てこでも動か  のは動か  水も動か  藻も動か  ままじっとして動か  女は動か  脳が動か  美禰子も動か  美禰子はまったく動か  美禰子は依然として動か  中を動か  口を動か  ゆらゆらと動か  けが盥を動か  これは頑として動か  化石して、動か  ばったように動か  ことのない、あの動か  船は動か  鳥居は動か  意識が動か  ように固まって動か  森閑と動か  拳銃を擬して動か  相手は動か  ままピッタリと動か  ゴンクール氏も動か  ようにぴったりと動か  それも間もなく動か  活躍を見定めて、動か  なほも動か  手綱では動か  間はどうしても動か  地球が動か  泰然として動か  河馬は動か  我見るにつひに動か  彼は動か  朝まで動か  手が硬ばって動か  十分以上も動か  敷居は動か  誰も、動か  まま荷が動か  空には動か  命令でないと動か  一つ所に定められて動か  蝦蟇を見つめて動か  片手はまるきり動か  私有にして動か  まま屹として動か  ため東北を動か  四十分も動か  譲は動か  讓は動か  ようには動か  連絡船が動か  舌は動か  窓掛は垂れて動か  梃でも動か  のと称してどうしても動か  双方ともじっと動か  サックに触れて動か  まま全く動か  彫刻は動か  針を動か  保持して動か  一日でも動か  腹をたてていたので、なんといわれてもがんばって動か  きり神学生は動か  あなたは動か  マヌキャンの動か  心配するから動か  却って此城に動か  氏郷が動か  ために少しも動か  眼の動か  足は動か  姿勢で動か  きりで動か  からあとに、どす黒く滲んでいて、すこしも動か  中では動か  下へ向けて、動か  鴉のやはり動か  駄目だと云って動か  相手が動か  頬杖を突いて考えたり、またしばらくはじっと動か  地上に動か  涙を流して動か  令史敢て動か  急に動か  馬が退って動か  些とも動か  私が引けば動か  お前が引けば動か  馬が動か  影におびえて動か  つて隅から隅まで動か  時以外には動か  もっと心が動か  口も動か  馬車が揺れても動か  水がほとんど動か  斃れて動か  ちょっと容易に動か  足の動か  ままちっとも動か  何物を以ても動か  構えでじっと動か  中段に構えたなり動か  怪物はもう動か  からだは動か  くせに動か  くちびるは動か  手で動か  宿屋を動か  立場を動か  牀几を動か  表情の動か  死と共に動か  通り感情の動か  青眼に構えて、ちっとも動か  さっきから少しも動か  ここは動か  どっちにも動か  あいだ動か  佃は到頭動か  どこやら嵩張って動か  前方を見据えて動か  風も動か  扉は動か  まま、じっとして動か  それが動か  ちょっと手をかけてみたが容易くは動か  人は動か  兎に角頭も動か  棺で動か  停止して動か  雁は動か  十分でもじつと動か  そのまま、お互に動か  自分は動か  ぼくは動か  地を動か  から木も動か  関係でやはり動か  ように、じっとして動か  そこからどこへも動か  それを持っている、動か  自分で動か  たびに動か  前だけにしか動か  諸君、動か  濕つた空氣のそよとも動か  提灯が動か  木の葉も動か  身体は疲れたら睡るし、だるけりゃ動か  だって、動か  物影も動か  空気のそよとも動か  身を埋めて動か  先に向けて、動か  頭を低れて、動か  抑止して動か  ぢつと動か  そこより動か  一分として動か  手先が動か  手も動かそうとしても動か  ポーズはしばらく動か  積極的に動か  列は動か  義兄は動か  頭からかぶつて動か  尤も動か  ガニマール探偵とはしばらくじっと動か  ボートルレは動か  どちらも動か  たしかにそれは動か  宝暦を経て少しも動か  ところには、ありふれた動か  バンドで動か  ために動か  葉末も動か  色を動か  固定して、動か  ようになって、動か  耳が動か  阪井は動か  身を動か  樹も動か  助が動か  物蔭に隠れて動か  上にさしあげたと思うと、ぱったり倒れて動か  ッと動か  斡旋によつて、愈、動か  微かにも動か  消息を待って動か  ことは動か  荷物でも積むと見えて動か  以上も動か  巨人金庫はびくりとも動か  足許は動か  評価は、動か  手を振って見せたが動か  平均してちっとも動か  列車は動か  伊沢は動か  首は動か  殆ど動くか動か  場は動か  力で動か  意味では動か  意地悪く動か  里子は動か  凝視めたままで動か  霧はそよとも動か  家鴨はもうちっとも動か  所を動か  彼等は動か  猪股氏が動か  肩をながめながら、よくあんなに動か  ヂツと動か  お香代が動か  時は、動か  人影が動か  好奇心も動か  指先一つでどうにでも、動か  ペンはいつまでたっても動か  楽に動か  硝子戸は動か  箸はとうとう動か  ペンはいつまでたつても動か  のに動か  筋をも動か  瞳をも動か  裳の動か  据って動か  自動車がつかえて動か  乎と動か  万象は死んで動か  金で動か  船は動くか動か  目を瞑り、あるいは動か  此村人が行かぬと動か  死骸同然で動か  万字楼を動か  朝比奈は動か  留守に、動か  一歩も動か  雲も動か  雲がじつと動か  野郎どうしても動か  鐘が鳴る足が動か  私も動か  食指は動か  柔かな、冷たい、動か  子供は動か  箇条を、あくまで動か  犬はなかなか動か  僕だって好奇心の動か  如何言っても動か  上に坐って居て如何しても動か  屹然と立ってすこしも動か  つた空気のそよとも動か  つた儘、動か  今日に至るまでけっして動か  そこへ寄っていくまでは動か  ように、そこで動か  眼をあけ、動か  陽を浴びて、じっと動か  貴公子が取って動か  俥が動か  まま二人は、しばらく動か  殘して動か  飛揚力以上であったと見えて少しも動か  ままに黒く立って動か  凝然と動か  そのままうりは動か  俯ッ伏せになっている動か  俊基は、なお動か  一つ大きく震えて、もう動か  船は少しも動か  ように、動か  間、少しも動か  岩によっておさえられて動か  冷然として動か  額からも、じっと動か  そのままじっと動か  大事をとってなかなか動か  唸り声を立てて動か  首が動か  一時間くらいは動か  トテも動か  のではない、動か  妻の動か  彼を乗せている動か  上で、動か  メドがつくまでは動か  段六から胸を押されても動か  暴徒等默して動か  ままジッとして動か  うちは、動か  しき眉は動か  痙攣を起こして動か  のは、動か  市四郎が少しも動か  不意にしびれて動か  竪に動か  おかあさんは、ぴくりとも動か  今迄動か  舌が動か  大名が、なかなか、動か  地上に坐り込んで動か  ところは、動か  前を動か  中で動か  外部的には少しも動か  私はじっとして動か  店頭へ据わり込んで動か  蜒女あたりが動か  三千トンは動か  硝子戸によりそい、凝っと動か  眼を瞑って動か  開れて動か  突張って動か  寢そべつてゐて少しも動か  瀲も動か  海に向って真黒く、動か  其処で動か  働きが止って動か  彼等は少しも動か  一は動か  そこへ来ると、どうしても動か  犬は動か  二十日鼠は動か  うつ伏せになり、そして、動か  車が動か  からだが竦んで動か  彼を、冷たい、動か  雲はちっとも動か  一角をさしてすこしも動か  男はやはり動か  蛇はちっとも動か  品物が動か  ゴトリとも動か  鳥渡、動か  ダラリと動か  突入して動か  娘は動か  それは動か  自分を動か  それからは、全く動か  ことは、じっと動か  わたしがどうしても動か  満足に動か  全身を捕えて動か  であるから、動か  土地を動か  角がなかなか動か  静止して、ちっとも動か  男はなかなか動か  金蔵はまったく動か  看護婦は動か  色恋沙汰ってところがまず動か  推定はどうしても動か  白眼んで動か  与惣次には動か  上り込んで動か  交渉ってくれと泣いて頼んで動か  しか肘張って動か  藤吉は動か  場を動か  甚右衛門は動か  彦、動か  窓のまえを動か  据って、動か  まことに動か  蝶はやはり動か  只は動か  寂然として動か  唖の如く動か  物は動か  株を奪って動か  眸は少しも動か  風に動か  ぐさと釘付けにされたぎり動か  帆は全く動か  感情も動か  くらがりでじっと動か  汽車は又ゆすぶれて止って、もう動か  瞳に、まだ動か  列車が、とうとう動か  何日間も動か  唇を凝っと捉えていて動か  白骨にいてどうも動か  掟は動か  波も動か  捏でも動か  茫然として動か  今日までも動か  心持で動か  腹を洗わせながら、じっとして動か  間に立ちて、動か  静として動か  のか黙って動か  脚が動か  力、一旦こうときめたら動か  強情で、固く執って動か  棒でも動か  大観はさして動か  蜘蛛がじっと動か  官は依然として動か  妻君は未だ動か  筆を動か  破風との動か  眼はぱっちり開いていたが、まるで動か  静かに動か  精霊は依然として動か  猫がうずくまって、動か  身を投げ出してしばらく凝っとして、動か  途中へ踞んでて動か  腰をかけて動か  いつのまにか、動か  関税委員会はなぜか動か  片を動か  好意を受けると動か  丸山勇仙も動か  事蹟は動か  二千人は動か  猿は動か  大軍を動か  固執して動か  のか、じっと動か  そこにはじっと動か  先へ動か  真白に凝って動か  歇んだが、動か  絶対に動か  たたずんで、動か  彼女がまだ動か  真直に動か  泰山のごとく動か  花も動か  色の動か  先が動か  いつまでたっても動か  馬琴は動か  些少も動か  塚も動か  人間で、ちっとも動か  すき間からは、じっと動か  ジッと抱いて動か  子飼いだから、動か  くり返ったなりに動か  世界を見動か  上に動か  ハネ釣瓶が動か  壺、動か  雛鳥は動か  横になって、じっと動か  悚んで動か  上にのせられると動か  手は少しも動か  彼が動か  眼を閉じて動か  隅々にはじつと動か  船がかりしてまだ動か  堂を動か  数間飛びすさり、動か  位取って動か  構えたままで動か  毅然として動か  身を忍ばせて動か  心が決して動か  陣十郎は動か  容貌に、動か  斃れ動か  一間とへだて、睨み合って動か  咲二だけは動か  好奇心が動か  一日ほとんど動か  表面とは違った動か  口が動か  最中の動か  裏が腫れて動か  神経は動か  底力が動か  二つは動か  本色は動か  葉が少しも動か  日傘も動か  塵も動か  はじっとして動か  頸を動かしたくても動か  詩思いまだ動か  のか動か  灰色の雲は、動くでもない動か  水と淀んで動か  のが、じっとして動か  尚侍の動か  後まで動か  レバーを動か  パッチリ明いて、動か  つて、動か  山車がとまつて動か  心も動か  眼をさえ動か  泰山といえども動か  半ばつぶって動か  枝影も動か  人のいるとは知らすまいとしてなおじっと動か  長州が動か  神尾が動か  ここに納まって動か  机は動か  コイルも動か  空間に、一層歓ばしげにその動か  首を垂れて動か  ジツと動か  ジツト睨んで動か  つた様に動か  なかにじっと動か  数分の間、まったくじっとして動か  もう少しも動か  上に軋っただけで、少しも動か  探りあて、その動か  存在とは動か  過去現在未来を通じて動か  手も動か  ところに動か  空気はそよとも動か  私が動くか動か  彼は少しも動か  人影一つも動か  だれも動か  そのまままた動か  何時迄たっても動か  思いをこめてじっと動か  軸の動か  そのまま止まって少しも動か  驚異を与えないでは動か  気持は動か  一年間も動か  婦人は動か  うちは動か  移つて又暫くは動か  閉ぢて動か  平然として動か  まん中に、動か  一つの動か  道路から、動か  聞手はわざと動か  足へたかっても動か  中は動か  中は依然として動か  境目に盛り上って、じっと動か  叫びかけていましたが、それでも動か  自分が動か  床に落として、そして遂に動か  硬直して動か  突つ立つて動か  たままでちっとも動か  壺はもう全く動か  五百両は動か  中に入れて動か  襖は動か  上で、その動か  窓が開くまで動か  舟の動か  竜骨に溜った動か  隅で動か  男工たちの動か  守護して動か  首を突っ込むと、動か  そこに倒れた動か  外を見ながら動か  足や、停って動か  いっぱいに籠って動か  菊池技師は動か  寒林を動か  葉はそよとも動か  ぎくとも動か  不愉快らしいが、動か  命令だからやるといつて動か  夜久しぶりで動か  日の暮れるまで動か  平坦な動か  したで動か  彼等が動か  亀は一向動か  夏日臥して動か  げ付けても、暫くは動か  人を見れば怖れて動か  数時間石のごとく動か  盗人どうあせっても動か  太陽天に停まって動か  四千円は動か  囚徒は動か  ウ、動か  影さえ動か  石も動か  風さへ動か  ひだ籐椅子を動か  中で氷りついていて、びくとも動か  後にして、じっと動か  収入は動か  おからだが動か  体は依然として動か  語尾は動か  此はいが動か  からだが動か  あごをなでておりますが、いずくんぞ知らん、動か  知らぬ顔をして動か  全体としてはすこしも動か  筆全く動か  葉も動か  今しがたそれについて動か  之という動か  そばに動か  気分がわるくなったといって動か  場合でも、動か  何時間自分は動か  ように固くなって動か  尻ごみして動か  筆が動か  静かで動か  ぎんでなければ動か  吉兵衛めを動か  いつまでもじっと動か  ものの動か  化銀杏と動か  あれが動か  んですけど、どうしても動か  疊部屋をこめて動か  道士は動か  心持は、少しも動か  前で動くか動か  奴さん、動か  こっちが動か  のも知らずに、動か  溝に食い込んだなり動か  はずだが、ちっとも動か  筆は動か  ヴァレリイの動か  今日はとても出かけられませんよといって動か  引掛って動か  泥に喰い込んで動か  お互いによいとか悪いとか動か  兩手をかさねて、動か  体がちつとも動か  人声も、動か  秋山は動か  小声に、動か  一点に落ちて、動か  そのまま硬く動か  顔は動か  小皺を寄せて動か  一個の動か  急には動か  さつきからじつと動か  なかの動か  やつがどうしても動か  家内は動か  中に動か  ようにまるきり動か  部屋を動か  一点に凝って、暫く動か  一番方言で動か  ようになって、すこしも動か  現象が動か  僕は決して動か  なかに、浮びて動か  疑いは依然として動か  から味をしめて動か  とおりには動か  トモはまるっきり動か  トモはまったく動か  なかで動か  なにも動か  そこに動か  自分からは動か  澄江は然し動か  彼も亦動か  野郎が覗きこんでて動か  砂利をおいても動か  ふうに動か  手足も動か  大空にじっと動か  上にじっと止まって動か  眠気で動か  静けさに動か  音さえさせずに動か  彼の動か  頤を動か  父親だけは動か  倒おして動か  傍を動か  トラックが動か  ものを動か  きょうは動か  私たちは少くとも腐って動か  腕が膨れて痛くて動か  ものによって動か  色蒼ざめ、動か  場にじっとして動か  手足にもう動か  ままに、動か  凝立して動か  列一たびは揺らぎて、また動か  一波だに動か  影も動か  ピクリとも動か  墓標は動か  自動車は動か  当り前に動か  何時間でも動か  豫感が、最早動か  機械の動か  感じも動か  腕時計でやはり動か  大蛇も動か  向うが動か  てゐた、動か  吹雪で動か  そのままグッタリと動か  いつ迄も動か  客が動か  病人を、動か  七転八倒していたが、やがて、ピッタリ動か  ままで動か  人影も、動か  青眼に付けて、動か  蹲踞み込んで動か  つた顔をして動か  戸籍係りを動か  なかった、だが動か  白点は少しも動か  十分の一も動か  ホーベスをとらえて動か  挺でも動か  人を見れども動か  風の如く動か  限り街は動か  手では動か  水桶が動か  平気で動か  方法が正しくないというので動か  ように凝っと動か  色を見て動か  頸も動か  ようになって、曳けども押せども動か  死骸も動か  腰を据えて動か  電車に乗らなければ動か  から、ちっとも動か  瞳は黒ずんで動か  面目を守って動か  風はそよとも動か  思想を動か  梃子でも動か  ものは動か  塊りになって動か  凍結して動か  以後ずっと動か  雑草に埋もれてひっそり動か  文吾は動か  思つて、動か  文吾はまだ動か  風には動か  印判明白に動か  いつまでもこう動か  日に向こうてはいっこうに動か  もので、それだけにまた、動か  靜として動か  身はやはり動か  霧は動か  蜘蛛の巣も動か  奴も動か  何時までたっても動か  金魚はもう動か  すみに行ってコトンと停まって動か  意志では動か  膝を組んで動か  一点として活きて動か  それを動か  顔色を動か  眉を動か  門にぶつかると、じっと動か  上に倒れていて、すこしも動か  腕がしびれて動か  一人のこらずばたりと動か  器械が動か  文字通り梃でも動か  果は寝転びながら、青きは動か  総括して、動か  黒みを帯びた、動か  いふ風には動か  儘で動か  父うさんは動か  気力尽きてぐったり動か  アノ通りで少しも動か  てゐて動か  所に立って、じっと動か  静かに、動か  柱に縛り付けて動か  鎗を突き付けて、動か  ようで動か  碧空に動か  何うしても動か  横着をきめて動か  車に馴れず、動か  民は最早や動か  そのまま止つてじつと動か  上体を動か  一枚も動か  彼はそれでもじっとして動か  枕元に坐ったなり動か  晩食まで動か  間結跏したぎり少しも動か  中へ這入って、じっと動か  塞えて動か  空は動か  ときパイプが裂けて、動か  上体を伏せて、動か  先へも動か  鐵嵐のこたあなんとしても動か  何か動か  罪は一層動か  ところで留って動か  しょんぼりして動か  門前にしよんぼりして動か  虫でさ、動か  網が重くて動か  岩かげに動か  しかも動か  黒瞳は動か  ひだぢつと動か  様に動か  青空を映しながら、とろりと動か  さき腹の虫を動か  奴は、動か  場からちっとも動か  張て動か  うつぶせに、じっと動か  地震が揺ってもびくとも動か  体からにげ出して動か  すべては静まり返って、ひそとも動か  時事性によっては動か  言訳をいっても、坐り込んで動か  何時までも続けて動か  腰を卸して頑として動か  何といっても、坐り込んで動か  何といっても動か  ようになってもわざと動か  細君も動か  細君は、まるで動か  上でふと動か  しかし細君の動か  灯は動か  金はあるだろうが、動か  彼女は決して動か  彼はなおさら動か  健三はちっとも動か  手を握って動か  立札の如く動か  ままビクとも動か  そのままビクとも動か  増野俊春は動か  助は動か  手だけでも動か  者は動か  体を延ばして動か  船がまだ動か  みんな静かにしていて、ほとんど動か  二人はいって、動か  ように、じっと動か  いつものように冷たく、澄んでいて、動か  巨石は動か  しづかで動か  自分の動か  小半時ばかりしても動か  行つて、大いに動か  ひとところにじっと動か  今日に至ってまだ動か  仔熊が動か  背景にすぎなくなって、ついに、動か  まま、それなり動か  顫わせたのみで、動か  灯はさながら動か  ものを、動か  しろに向いて動か  白眼を薄く開けて、動か  構へて動か  息を凝らして、動か  雲がかかってじっと動か  事実は動か  後は、動か  注視して動か  口は動か  顎を動か  三歩足を動か  吉里が動か  砂地へすいついて動か  瀞は動か  眼は動か  それをすでに動か  前で動か  故障がおきたと見えて動か  避難をすすめても動か  大火に囲まれながら動か  作者の動か  眼球も動か  殊勝に坐つて少しも動か  雜木山の上には動か  死体に投げつけられて、動か  一人ではどうしても動か  あれだけは、いつも動か  星が動くとか、動か  小一時間も動か  鉢が動か  帰りを待とうと、頑として、動か  ッこう動か  のが少しも動か  手足の動か  そより、とも動か  常識臭いものを固く執つて動か  そうに唸ってすこしも動か  無気味で、ちっとも動か  照は動か  ように、安固として動か  やうに澱んで動か  金挺でも動か  お祖母さんはやはり動か  顔をうずめて、しばらく動か  次郎は動か  唇をむすんで、びくとも動か  香具師は動か  俺は動か  四つに組んで動か  理念を加えて、動か  力では動か  互ひに堅く執つて動か  身体が、動か  言ふばかりで、動か  うつ伏せになり動か  どっちも動か  百川は動か  物と云う動か  締って居て、動か  是こそは動か  心の斯く聊か動か  尻がピタリと動か  伊織が動か  ちょっと、動か  私は決してまるで動か  一畳と動か  畳半畳とは動か  遠心的に大きく動か  身をすくめて動か  自力で動か  來れば動か  ようにちっとも動か  基体的な動か  払つてもどうしても動か  ように古びて動か  ように硬ばって動か  七八本が動か  底に動か  ぶったままじっと動か  視線も動か  ままほとんど動か  先端にぴたりととまって動か  眼はやはり動か  お前はじっと動か  瞳の動か  体は動か  ようにじっと動か  悟空は動か  涙を流して、再びひれ伏して動か  舟を抱くばかりに思うと、ぴたりと留って動か  葉が動か  言つて、少しも動か  叛逆の動か  指の尖も動か  足がすくんで動か  船も動か  妻は猶動か  云つても猶動か  手拭はいっこう動か  金魚売はちっとも動か  円タクが動か  眞心はつひに動か  そのまま、へなへなっと動か  力は、動か  いくら船が動いても、びくとも動か  それと同時に、動か  島は、動か  はじめて、動か  目玉が動か  畳が動か  無数の動か  まま、びくとも動か  まぶたは、ぴくりとも動か  きり、しばらくは動か  生活感情に焼きついて動か  ことにして、動か  足はすくんで動か  鹿少しも動か  鹿はなお動か  ベラン氏は全く動か  引捕へて動か  線に沿うて動か  視線で睨みつけて動か  方向には動か  右から左へ動か  武左衛門は動か  蟋蟀は動か  のではあるが、動か  ようになって動か  どもは動か  蟻はもう動か  大納言は、立ちすくんで、つめたい、動か  二本突き出して、動か  もみにもまれながら、決して動か  ように黒く横たわって動か  波はほとんど動か  二年ばかりすると、動か  それすら動か  針が、まったく動か  手でひいても動か  錠がおりていると見え、押せど叩けどびくとも動か  振子は動か  言い分が通るまでは動か  百姓ももはや動か  俯伏せとなり動か  立姿がいつ迄も動か  人々とともに動か  水の淀みて動か  死ぬと知って動か  平気で、動か  顔をして動か  そばに立って動か  まましばらく動か  松雲は動か  うちで動か  身体を動か  空気は全く動か  通りに動か  百年一日のごとく動か  一人ではとても動か  一人で動か  ボイラーが動か  心を動かす、暫くは動か  それらは暫く動か  あたりに暫く群れて動か  ミジンも動か  処まで来るととうとう動か  間へ動か  意識作用の動か  十一歳にあらざれば動か  四回以上これを試みざれば動か  実、動か  なんたるを考え、動か  文字がきたれば、動か  槓杆でも動か  手が動くか動か  いた事があったが、決して動か  足は痛みて動か  いつものようにじっと動か  大黒を動か  一つ所に、動か  唇を動か  駒を、動か  病気で動か  身も動か  妄りに動か  顔を俯せて動か  人間も共に動か  他より動か  恒雄のじっと動か  ように静まって動か  木はなんにも動か  それが何より動か  樣に動か  身をよせて動か  風とを動か  ところに立てり、しかして動か  我等いつまでも身を伸べて動か  まりて動か  なほ頑にして動か  震ひ動か  後列未だ動か  幣束おのずから動か  手足が動か  目鼻の動か  けた手で動か  ことは飲めもするが、この重い動か  角でも動か  手をかけたと思うと動か  そこにそそがれて動か  天井を見上げて動か  クレーンは動か  のも動か  三人の力では、いくら押しても動か  車輪も動か  一人では動か  柱へしがみついて動か  なす事と云えば動か  やつには、動か  これだけの動か  一つ、動か  排斥し、動か  先さえ動か  こと水の如く、動か  武士は動か  発熱し動か  これを恐れて動か  とき、動か  魂等は、動か  默して動か  永遠に保つべきかの動か  熟視て動か  天にして動か  間から、動か  十二時まで動か  爺さんが動か  立往生して動か  蝿もじっと動か  陰鬱さで動か  一塊に見えて、動か  一本が軋んで動か  ブライドも動か  反比例的に動か  そのまま堅くなって動か  娘はじっと動か  普通の動か  力で伸びようとするが、びくとも動か  離ればなれに吹き倒され、びくとも動か  首も動か  やうでもあれば、また動か  面に動か  みどりは動か  石仏の重い、動か  それがなかなかに動か  もの要らねえやとじっと動か  所まで通り越して、動か  幹と動か  いつでも落ちついて、じっと動か  我慢をして動か  間はまだしも助かるが、怠けて動か  あまりの動か  表情は依然として動か  泰山の如く動か  如く堅く動か  逆様に伏せって動か  泣き声をたててぶるぶるふるえて動か  だめ、ちっとも動か  戸を動か  腕が痛んで動か  夕凪ぎになるとヨットも動か  自立止つた地点を動か  通り急には動か  係員が寄って行って、揺り動かしたが、動か  背後にして動か  顔色、動か  光明優婆塞は動か  素人方には少しも御分りならないかも知れませんが、動か  共鳴してなかなか動か  蜘蛛は動か  使つて、始終動か  秋雲凝って動か  男の動か  何十世帯も住みついて動か  ものと動か  美耶子はいま動か  澄して動か  七面鳥なんぢそこに座して動か  封建制度は全く動か  自動車ひとりでは動か  エフ氏ひとりでは動か  エフ氏は動か  器械をぬらしてしまって、動か  ままに動か  女王は頑として動か  みじんも動か  まま、じっと動か  ものやら動か  ピクンとも動か  発明品に、作ってみて動か  曾て、動か  直接よまず、動か  足はよく動か  彼がとって動か  玄関に坐って動か  澄夫は動か  會つて、いくら待つても動か  プロレタリアの女らしい動か  影が、動か  眼ばかり動か  一台電車が留っていて動か  電車は動か  あれだけ活かして動か  空を動か  決心はあまりに動か  首を振って動か  真価は動か  立止って動か  より江桜花風に動か  とくにして流れ、動か  居然として動か  何度あけられるかしれない乾いた動か  当分あすこを動か  歴史は動か  雨戸が動か  わたしがわざわざ来なけりゃ動か  一足も動か  ぢつとして、動か  うつむいて動か  心底も動か  寂然と動か  端然として動か  岩壁は動か  桔梗様は動か  年を取っているから、動か  ようにしばらく動か  私はその黒いなりに動か  時にはいつも動か  ここを動くか動か  反対に、段々動か  我慢して動か  俯伏して動か  身体は尚少しも動か  こいつは動か  二人を除くと、動か  どこをどうにも動か  寸分も動か  点は動か  かすかにしか動か  大王はもう動か  込うで動か  仙七はもう動か  ぢつと注がれて動か  空に浮んでゐるが動か  ヒレも動か  舟は案外動か  上で動か  ホラネ、動か  身を屈めて動か  風景などの動か  勝手に動か  どっちもややしばらく動か  蕾はいっこう動か  門で動か  敏活に動か  生活条件を動か  樣では到底動か  左へも動か  先きへも動か  思つただけで動か  遥に低く、動か  積りでじつとして動か  エレベータアはこわれていて動か  起重機の黒い動か  そこへ投出して動か  雲は動か  もう一度彼はびくとも動か  迚も動か  些っとも動か  箱が重くなって、どうしても動か  箱はどうしても動か  蝉の止まりて動か  異性に対して動か  渡舟さえ動か  瞳と動か  紙が動か  鐘が動か  八郎は動か  仆れて動か  そのまま仆れて動か  館林様は動か  さつきから、少しも動か  霧で、少しも動か  みな急に動か  それ以上は動か  私が動か  いつまでも花束とともに黙りこくって動か  愛用した古いふるい動か  直立していて動か  牛の座して動か  いつまでも黙りこくって動か  腕ながらまるで動か  着物の動か  顔の居坐りがよくなって動か  今はとても動か  道心が定まって、もう動か  程じっと動か  巨漢は動か  空気に迫られて動くまいとしても動か  長谷川は動か  引金を引こうとしたが、動か  灰色の、じっとして動か  前に、ひたと吸いついて動か  芸術家の動か  これは動か  身投げ按摩で、びくとも動か  それきり立って動か  ように言ったが、やはり動か  水さえ動か  後には動か  二時間も坐り込んでゐて動か  故障で動か  骸骨はじっと立っていて動か  銀次は動か  銀次は依然として動か  のであるが、断然動か  真ン中の動か  鶴は動か  完全に動か  



前後の言葉をピックアップ
雨後  うごい  動い  烏合  うごか  動かせ  動かせる  動かせん  動かさ  うごかさ


動詞をランダムでピックアップ
倣えくさしとっくみ塞き止め改まおさめ苦り切座ろ憂わ聞き漏らし降ろし図抜け刳り貫いしむ殖やせる通りかかり忘れかけよ伍する振り出し
形容詞をランダムでピックアップ
くちさがないきめこまか血腥く難しむずかしいいとしゅうのどけから白々しい愉しく逞しい堅苦しい恨めしくいかつい青う青黒く薄ら寒しそうぞうしいかわいらしくっなかっまだるっこい