「利」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
利に来られると  利あり退くに  利あらず進むに  利を見ぬというか  利よりも弊の勝った  利の為めに味方となる  利の為めに味方となるを  利も得  利よりも正を好む  利を見て  利を掴む  利となる  利を得るも  利による以上は合うも離れるも争うも闘うも  利未僧が重い足で踏み碎いた  利のために人の道を顧みざる  利を貪るを  利を得ん  利は商人の生命よりも首よりも更に大事とする  利を失えば  利の第一は無病なり  利と不利との二の道を知り  利なる愛欲に伏せらる  利にして  利あらざるものは必ず害あり  利を貪るは  利のためにあらず  利あればすなわちわが国の地位を高くすべし  利を得せし  利を得て  利を求めて  利に惑わず  利をつけて  利を道とする  利を生む  利があり  利をよく知つてゐた  利を示すならば  利を喰わすか  利という気もするが  利をみては  利であると考え直してきた  利に利が嵩んで  利をうる  利けるようになったという  利を失いました  利があるぞ  利を弁じ  利を占めさせるなどは  利を以て結ぶしか  利を獲んとする  利与さまにはただひとりの御嫡子があって  利与さまがみまかられましたので  利を運ぶ  利のきいた  利を保つに  利けるようになっていた  利に利が積つてその翌る年には五十兩になり  利を共にする  利を共にせざる  利を專らにする  利があれば  利のために働かず  利のために動いて  利を逐うて  利に立っていう  利なく一七四四年遂に大王は戦略的守勢に立つの  利を得  利のつく  利きなさりますばッかりで  利のある  利に鋭いと同時に洗練された  利なきことは之を隱蔽せんとす  利が増して  利を産み出す  利が附着いて来る  利を啗わせて誘ったけれども  利まで加えた  利がついた  利だけはちゃんとまわすと云うのに  利あらずして  利なりとも渡しことわり  利だが持ちませんぜ  利けるようになった  利は知りすぎるほど知っていた  利は必ずしも大ならずとするも  利が利を生み  利を釣る  利あるべくもあらず  利を思ひ  利ばかりも何の位あがるか  利を察して  利けるようになって来たので  利がござれば  利を説く  利があると  利を博する  利を図った  利を謀てこれを求るにもせよ  利かなそうな様子に較べて  利を先にするからです  利を得んとする  利を得ている  利を貪り  利を貪ぼるは  利あらずという思いもつかぬ  利を図る  利ぬと云う  利と不利とを判断する  利を失わしめざる  利あらざるを聞き  利を産んで殖えてゆくだろうけれど  利けるように成って  利けるようになりさえすれば占めた  利を独占していた  利を追う  利を掲げて呼び集めた  利に迷ひ  利を知らない  利ける口の持合せはねえときまった  利あらずと見て逃げるは  利あらずして逃げる  利が利を産んで行く  利けるようになって  利が宜い  利ありと信じたりき  利あらずとするか  利あるずして  利あるを恐れて  利を得る  利を以て説きつけろ  利をもって  利もあります  利に聡き地主を造るに在り  利を占めようとするなどは  利を得ようとしなかった  利を得るに  利を見て歩いたが  利はもとめんとす  利ればなれが  利を見て傾いて来た  利とし  利に賢いお方と狎れて  利を代々幕府とともにしてきた  利を高く取ろうとした  利を得ていた  利とする  利こそ大切と思わるる  利に利をうむという  利まはりで固い担保を取  利を占めるに  利をみれば  利ならずと考えて  利で吉原のものに貸す  利をつけて返さ  利を持って  利を以て説かせても  利が利を生みよる  利の為めにならば人糞をさえ甞めかねぬ  利を持つ  利の多い事もある  利で金を借る  利にさとるとか  利を与えて  利に走り  利を謀るに  利ならずと見る  利ありとする  利を主眼としない  利をもって誘う  利けるようなところまで体力を回復した  利を獲るとの  利ける身分になつたことを彼は自慢にし  利の門を崩して  利で百姓町人に貸付けて  利を得てる  利を得るか  利を得んとした  利は獲られる  利を以て誘った  利を見た  利になる  利がついて  利を離れて  利を餽ることにならう  利を得れば  利のために筆を取りたるが如き  利多くして  利にはしり  利も入れず  利が附着する  利を収めていた  利のために他人を陥  利のために集まつて居る  利を得た  利に走る  利にのみ齷齪して  利にさとい寺方が宮公卿の名目で民間に金を貸し付け  利をうかがってぬけ  利をしめるか  利を占めてしまったという  利を失う  利で動いて  利ヲ七十両借  利のために坪内さんをして  利を取ろう  利かはつたえな  利ければ勢ひ  利とは一致さすべき  利を分ち  利をむさぼる  利をしめて  利に飽くと  利がある  利を論ずるの  利れそうだねへと覗き込む  利ある故好て獵せんとす  利たと思ったら  利喰いをあきらめて  利のみむさぼる  利に敏いことを聞いて  利を得て来たが  利に利が積んで来ている  利に利が積んで  利の絵をあげますか  利を追ふ  利を八釜しく  利を追つてはならぬ  利をとり  利に眩惑して  利を見込んで売ったならば  利を貪らずして  利がつく  利をあげるて  利を生ましちゃあきちんきちんとおせい様へ知らせるという  利をみようという  利がかえるまで  利を生むからには  利に利を重ね  利を上げてゆく  利ける男に仕立ててくれ  利をたのまざるべからず  利を入れようと思っても入れずにしまい  利とあわせ収めて  利に利をつけて  利を占めける  利に成る  利を争う  利に熱中し  利をさとり  利をくらわせたか  利をはんでいる  利といい  利を守る  利ける者の方がい  利けるから大丈夫だと言った  利に聡い商人たちはこれにつけ込みましたから  利をむさぼるには当らぬ  利に趨り害を避くる  利となさんとする  利を啗はせ  利を貪れりといふ  利を射り  利にあらざるは  利を圖らんとする  利を失ひて  利なきをいひ  利少く害多きを述べ  利を貪りて  利に利を生ませて  利をもっておびき出してやった  利を果実によつて得るに如かんやと  利に於て甘藷を作るに如かず  利を算する  利を会得しない  利を営んとする  利あらずと見るや  利をもてせ  利を失はず  利が付くとか  

~ 利[名詞]1
利あり退くに利  利あらず進むに利  身の利と  弊を見て利を  敏速なる利  一時の利の  名も利も  双方の利と  一攫千金の利を  信仰によらないで利による  十夜の利  二形の利  存せずといへども利の  不正の利を  俗にして利を  生命にして利は  彼に利で  商人は利に  これによりて利を  アングロサクソン人の利に  此の利と  ぐるの利を  智戦に利  毒薬売買の利を  一時の利を  商業漁業の利を  目前の利に  莫大な利を  賊軍に利が  民に利  貿易の利を  南陽軍に利を  将来の利  利に利が  漁夫の利を  敏で利に  彼と争うは利  口が利  口は利  何の利が  征軍に利  講和するの利を  彼とは利を以て  人の利  腹に利を  魏に利の  幾度か利  中でも利の  魚塩の利を  大分口が利  なにも利  會社が利を  ように利の  ために利を  好悪や利に  大王に利  口を利  個人生活に利の  国民生活に利の  おのれに利  天地に預けて置けば利が  近江半国の利を  成就するの利を  一割の利まで  外国貿易の利は  漕運の利は  名と利の  利が利を  餌に利を  ためには利  金の利ばかりも  精細になし得べき利  機と利を  太刀よりも利が  太刀の利を  太刀に利が  一石二鳥の利を  積極の利を  妹の利かな  ために作られるよりも利の  廉とは利を  渡世に利を  争い人の利を  時われに利  彼の利を  目が利  間にも利と  貿易に利を  戰ひ利  ズンズン利に利を  交易の利を  一己の利に  馬鹿で利を  百姓町人に利  温泉は利が  政友会に利  党に利  一日の利  指揮者なくして利を  味方の利も  政友會に利  黨に利  寛厚にして利に  上にも利を  不当の利を  一円の利を  火の利を  毛なる利は  質の利  大半以上は利を  位置を利と  共存共栄の利を  出入して利を  始終の利こそ  利に利を  名を売り利を  槍に利  味方の利  ここは守るに利の  敵も利  地方自治の利を  一緒に利を  戦場として駈け上がりうる利を  処を利と  一大自然の利を  五十銭の利という  まま売って利の  馳駆するに利  二割の利で  小人は利に  漁夫に利を  五十六銭の利  利用して利を  小規模組織に変ずるを利  武人にやろうと利を  魚介の利が  口だけ利  資も利も  ことによって利を  口の利  為に利の  八朱の利で  大局の利を  日本通商の利を  莫大な利は  為にも利を  能く利  一党の利に  利子に利が  目前の利を  甚大の利を  僅少の利を  彼にのみ利  貿易の利が  総額の利を  一身の利の  三円の利を  不景気で利が  機織の利が  言はば利の  法外な利を  目先の利に  ものの利を  眼前の利にのみ  樹木鳥獣の利を  山林の利を  野戦の利を  ように利で  事を利を  気が利かは  我に利  美と利とは  限りの利と  物質的の利を  漁夫の利という  売却の利を  夜盗賊事を行うに利  口だけは利  水の利が  十倍の利  油代を得るの利  あれの利  時作る利のみ  外国人は利にのみ  羽矢銛一つ持たずに利を  波羅葦僧垤利阿利の  自分の利を  日歩三銭の利を  立替をして利を  八銭の利  三割四割の利を  姑息の利を  最初の利が  いずれも利に  ひそかに驚くべき利を  地勢の利を  一つの利の  名と利と  投機商人の利を  幾万の利を  手の利に  厘毛の利を  鉄炮の利を  槍の利を  資本家の利を  私の利の  人の利に  これに利を  戰ふも利  戰ひしも利  戰ひて利  遠大の利に  一黨の利を  耕作の利  逐客の利  眼前の利を  千金の利を  ところの利に  論者が利を  自己の利を  真実の利を  五分の利が  

~ 利[名詞]2
どんなに利  その利  すでに利  少し利  安い利  もとより利  時に利  せめて利  高い利  どうにか利  なおも利  却って利  遂に利  よく利  わが利  忽ち利  常に利  存外利  かえって利  もう利  ない利  早利  いい利  おなじ利  つい利  どんな利  頗る利  とうとう利  

複合名詞
利巧  利巧さかげん  佐かた利園  ぢゃ巾利  利巧者  利巧そう  三分の利  西伯利亜  西比利亜  西比利亜出兵  地利  西比利亞  以太利  商買妙利  巴利語  米利堅粉  知ルノダ兇牙利的  リ兇牙利非情  雷ニ撃タレタ兇牙利  加特利教徒  芽水銀歇私的利亞  利慾  巧利  後年西比利亜  土井利位  名聞利養  利噐  磨製利噐  相模三浦郡久比利貝塚  利那礼河  ヲ我カ海國人士ニ紹介スルノ利アル  利分  収利  兼愛兼利  利払  利払ひも  天才的利已主義  利慾心  利寺  答利斯  大喜利  かまはず利  玄冶店大喜利  目利  作レ法興レ利以致レ富  利渉橋  墺太利  郷字矢佐利  英醫偉利斯之  利門名路  洪牙利人  米利堅  末利迦  利養  財利  毘留善麻利耶  利これ  利足  利禄  魚利  藤原利仁  利仁将軍  利いち  利戦  栄利  利七  利爪  時利  刹帝利  利神社  西部利亜所見汽車  利才  利者  利仁將軍  利仁  腕利刑事  腕利  天文地利  藤沢利喜太郎博士  先君利  切利支丹  香登利  戦い利  人夫頭青木利  片山夫婦谷利太郎  利太郎  片山ウタ谷利太郎  西伯利亜鉄道  利トスル土地ハ  利トシ  糾合シテ對外利權  東西比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ  東西比利亞濠洲等  權國民ガ西比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事  東西比利亞トニ革命大帝國  差別ナル利  東西比利亞  東西比利亞ニ支那朝鮮民族  利劒  ニ百利アリト假想スルモ存置セシムベキ除外例ニ  利セントスルニ至テ正義  利シツツアル現状ガ正義ニ  東西比利亞トヲ要求ス  却テ戰後ニ於ケル利權設定等  利權  東西比利亞トヲ結合スル時  脅威タル比利賓  大礼乎那利等  利智  芋利  以太利諸市  つて利  利不利  左分利  人利  此權利  権勢利福  気ガ利カネエハナシダナ  利まわり  玖倍利湯  夫利山  利味  字利氏  和名恵止利  巧利的  利慾的盲動  利智精進  利福  利方  羽柴雄利  徳久利  慰藉かたがた以太利  智利生まれ  なあに智利  智利  智利アリカ北方  弗利剌河  國利民福  利劍  口利  大力手利  以太利亜  利金十八両  五分利  智利人  米利堅粉六合  蕎麦粉五分の米利堅粉五分の半々位  加利福尼亜  加利福尼亜湾  差出口利いち  左利  智利硝石  利貨  利巾系  幹利吉雄さん  以太利文学  刀剣眼利  越中守綱利自身  綱利  悄々綱利  西比利亜単騎旅行  利慾一点張  年七分の利  匈牙利  墺太利帝國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊  西比利亜出征米国司令官  利源  目下西比利亜  智利通い  レ利  ところ商利  利發  墺太利人  西伯利亜北部  利巧さ  たいがい利巧  利劔  墺太利帝国  小事小利  文珠師利  兵庫利厳  新次郎利厳  利厳  得利寺  利小康  名聞利慾  納賄得利  權勢利慾  利弊  上思レ利レ民忠也  利瑪竇  逸見利恭  利足拝借金歟  阿久利  曾呂利新左衛門  白砂利  酒徳久利  利勇  利家  骨利幹  利身  利前勘定  モウ西比利亜  利溌さ  利溌  曽呂利新左衛門  手利  佐和利  曾呂利青年  曾呂利本馬さん  曾呂利本馬  曾呂利  青年曾呂利本馬  曾呂利さん  曾呂利一人  曾呂利君  ズンズン利  利巧そのもの  漁利  幾ら利巧  刀目利  庄司利喜太郎氏  庄司利喜太郎  君ア庄司利喜太郎  私ア庄司利喜太郎  君庄司利喜太郎  恭賀新年庄司利喜太郎  神楽坂警察署長庄司利喜太郎  右申請中庄司利喜太郎  上願書及庄司利喜太郎  皆権勢利禄  利導  利たる  夫利山大権現  國權國利  皆權勢利祿  三分の利さや  利刀  利論  以太利人  利者岩下  右利  宇曾利山  西比利亜出征  丸利  西伯利亞  扶的利亜  扶的利  洲西比利亜方面  テハレ利  市利朝名  利名何ゾ足ンレ爭フニ  爲ニレ利  利仁自身  匈牙利古曲  アガメムノーン其戰利  至つて巧利的  日本利  利牛はん  利牛  数等利巧  以太利語  奉行人斎藤利康  切利支丹一揆  切利支丹宗  皆切利支丹  利公  時米利堅粉  甲斐国坂東山波加利  全体米利堅粉  西比利亜地方  周利槃特  愚者周利槃特  百圓ぐらゐの利  麻利耶  芬陀利花院  利官意識  切利支丹伴天連  漢奴加己利  奴加己利  前田利鬯  前田利鬯子爵等  野村祐利  登利  スレバ則チ棒ヨリモ利アリ  刺ストキハ則チ刃ヨリモ利アリ  堅甲利兵  父栗山利安  利安  此時利安  利安等  父利安  嫡男利周  實利的  實利性  諳厄利亞興學  諳厄利亞國  春諳厄利亞興學  ただ利  止利  仏師止利  城主土井大炊頭利位  利厚  利ちゃん  芬陀利花院さま  徒声利ニ垂涎シ  利品  亜美利駕人  格別利發  利巧さうに云  みんな利巧  面利  幅利  利縁  利吉雄さん  敵国墺太利  墺太利軍  墺太利側  墺太利代表  墺太利委員  巴利國  都市牛利  牛利  都志牛利  利巧ぶり  麻利支天  まま利七  納蘇利  沙利  つて以太利  利ちやん  利ちや  切利支丹宗徒  利祿  利右衞門  實江間利右衞門男  利右衞門泰了  利右衞門淨岸  墺太利公使館  何利  得利寺役  利王  利小欲  山利  見え倭名由佐波利  恩利毒  利世  意太利亜  曾呂利咄  財利楽事一切  利金  城代土井大炊頭利位  大阪西町奉行堀利堅  城代土井利位城内  堀利堅  西町奉行堀利堅  番頭利  天利  利兵衞  利發ゆゑ  細川越中守綱利  蘇利古  藤沢利喜太郎等  大学教授藤沢利喜太郎編纂  而其利澤及レ人  則以二財與一レ利  普利門外  普利門  西別利亜  利巧ぶつ  利兄弟  五分利国庫  布利比  沙利置場  利牙爪可  夫利神社  暫らく西比利亜  西比利亜行  西伯利  西比利亜線  文殊師利  文殊師利嘆  米利安  一割五分の利  鈍愚利  西比利亜鉄道  利悪用  横光利一等  西比利亜嵐  利介  豆知波利  蓋シ蓬ニハ利転  多和利一死去  田村利親氏  新刊西比利亜旅行案内  西伯利亜経由  一ばん利巧  利ト云フハ  郷土的利福  文珠師利菩薩  剣利門  汝利  金汝利  利足問題  厄利亜国  経世利民仁義慈悲  童貞麻利亞聖天  礫利食  利巧かい  夫利神社神璽  藤沢利喜太郎先生  澳太利  墺太利領  道利  利巧すぎ  一二度利  二度利  利心  百利百福  技利  榮利  墺地利  亜米加利  軍利  彼等利慾  艦隊利  室利  文殊室利  穗利祭  以太利たる  矢島祐利氏  西比利亜征槎旅行  魯西亞普魯士墺地利  一分の利  匈牙利王国  牟尼室利  加特利教  外砥礪戸聡利速門甲類  西部利亜  利左  利左ひとり  其地利  民利  利代  利代殿  利代一家  麻利耶観音  麻利耶様  おん母麻利耶  菅沼定利  納蘇利崑崙八仙  利刄  往時以太利  六分の利  



前後の言葉をピックアップ
    理知的      理太郎  リア  リアカー  リアクシオン  リアクショナル


動詞をランダムでピックアップ
えいぜいいおわっあやまち焼払おかいするのろいききいり浴せ踏み切ろ食し怒り狂うほめよはやらせ立ちつくさつぎあわせ追っかけるさえぎり醸しきよめれ書き取
形容詞をランダムでピックアップ
恐き賑わしくかたから格好よく幽し青黒うまばゆくっつましきひなたくさいあほらしなやましく賢かっ野太いおぼつかなけれ初々しき照臭忘れっぽい目ばゆい願わしく小ぐらく