「別れる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 別れる[動詞]
つた、別れる  談笑ちよつとで別れる  もと契ってもやがて別れる  柄の尖に別れる  まことに然りで、一杯やる、おとなしく別れる  駅で別れる  なつて別れる  うまいものをどつさりたべて別れる  そこで別れる  朝がきて別れる  お茶を飲んで別れる  方では、別れる  さり飲んでめでたく別れる  一休みする、そして別れた、別れる  二時間ばかり話して別れる  はいつてから別れる  君と別れる  つもりでゐるけど、別れる  娘達に別れる  生活から何かしら宝をつかんで別れる  辻とは、すぐに別れる  僕と別れる  人とも別れる  友達に別れる  やさしい女に別れる  子どもが、別れる  彼等が別れる  言葉をいって別れる  旅に出かけて行くというので、別れる  ひとと別れる  浜子と別れる  ぱりと別れる  私と別れる  一緒に見送りましたが、別れる  職人さんに別れる  明日にでも別れる  母が別れる  甲乙なきを見て笑って別れる  あんたとも別れる  妹と別れる  おやじさんと別れる  不意に別れる  熊に別れる  随意に別れる  ここで別れる  姉に別れる  侍と別れる  生活と別れる  ヴィール夫人と別れる  時や、更にまたその別れる  退屈してゐる、そして別れる  お嬢さまに別れる  山下先生に別れる  うちはよいけれども、別れる  バーヴロウィッチと別れる  二人の別れる  君と僕とはまた相別れる  新橋駅で別れる  闇へ別れる  ペンドラゴン大王と別れる  二つに別れる  有楽町で別れる  墨と別れる  女房と別れる  恋人に別れる  奈々子と別れる  氏に別れる  神よ常に別れる  永遠に別れる  ぼくと別れる  リエと別れる  母親は別れる  増と別れる  周さんと別れる  同胞に別れる  そなたに別れる  自動車で別れる  彼女と別れる  七年前に別れる  三方へ別れる  友だちにも別れる  妻と別れる  土と別れる  さんに別れる  濠傍で別れる  籠釣瓶に別れる  兄弟に別れる  相見ずに別れる  生蕃小僧に別れる  生蕃小僧と別れる  シラフで別れる  私は別れる  子供たちと別れる  方へと別れる  植木たちに別れる  逆の別れる  おやじと別れる  底をわれば、いづれは別れる  礼をのべて立ったが、別れる  暫時でも別れる  子に別れる  形をとって、別れる  追従者とするかに別れる  仕事が別れる  安子と別れる  妻に別れる  ゃっても、別れる  一緒になりたいばかりに、別れる  人物と別れる  お辞儀をして別れる  中道に別れる  ドロシイと別れる  時疾に別れる  宿を出たが、別れる  男に別れる  一緒にいたんだし、今さら別れる  千恵造と別れる  やつぱり私達は別れる  野村と別れる  當に別れる  のであるが、別れる  そばから道が別れる  葉子と別れる  いつかまた別れる  今にでも別れる  営庭で別れる  作衛と別れる  左右に別れる  千枝子に別れる  立ち話だけで別れる  五時頃四条河原町で別れる  女と別れる  大井町で別れる  私たちは、別れる  女親に別れる  此処で別れる  あれ気を静めないか、全く別れる  女房に別れる  途中でひょっと別れる  そのままそこから倉地に別れる  妻子と別れる  のは、別れる  皆なと別れる  舞台姿に別れる  父と別れる  満足出来るか出来ないかが別れる  私とおんなじく別れる  男は別れる  前で別れる  子供としばらく別れる  九重に別れる  そのまま味気なく別れる  左右に引き別れる  籠めて別れる  妻をあきらめて別れる  婆さんに別れる  奴とは、はっきり別れる  始末ったという、別れる  ポーニンに別れる  家にも別れる  お前に別れる  思いがして、別れる  教へた通りに、別れる  今朝お前に別れる  これで別れる  人に別れる  約束通りに別れる  父に別れる  顔を集めて話し合ったがややあって颯と別れる  二人に別れる  井伏に別れる  おっかあに別れる  母親に別れる  アーサとに別れる  人たちと別れる  わたしは別れる  妹に別れる  それとも別れる  夫と別れる  おまえたちと別れる  わたしたちの別れる  それと別れる  門口で別れる  犬と別れる  女に別れる  女子に別れる  自然と別れる  どこで別れる  道をあるき、別れる  大佐に、別れる  忠作と別れる  儘小夜子と別れる  それも知らさずに別れる  嚊とも近々別れる  青年と別れる  君達とも別れる  厨川は別れる  終には別れる  おせんと別れる  玄関で別れる  両方へ別れる  うちには、また、別れる  仕方なしに別れる  汽車に別れる  両方に別れる  誰に別れる  甲州で別れる  何時も、別れる  気爽に、送つて来て別れる  途中から別れる  主人と別れる  二派に別れる  異議の別れる  客観主義者の別れる  小説家との別れる  歴史の別れる  坪井に別れる  人とは別れる  人とは、ほんとに別れる  町の子達と別れる  そのままにして別れる  承知して別れる  朝湯もらうて別れる  地橙孫君と連れ立つて歩く、別れる  分岐点で別れる  さで来て別れる  落葉ふんでおりて別れる  ひつかけて別れる  十一時過ぎまで話して別れる  足跡つけてきて別れる  感情を害して別れる  寒い星空の下で別れる  電車通で別れる  再会を約して別れる  逢へば別れる  身心にしみわたる、酔うて別れる  ビールを飲んで別れる  通り、別れる  その後に別れる  みな散り散りに別れる  問答で別れる  どこかで別れる  家来と別れる  人と別れる  稻子さんとは別れる  兼好と別れる  明日は別れる  一方へでも別れる  皆に別れる  親兄弟にでも別れる  ッて別れる  それを聞いてひどく悲しんだが、いよいよ別れる  骨肉も、別れる  清河等と別れる  ままあっけなく別れる  舞台へ、走り別れる  十数そうに乗り別れる  妾と別れる  考えと、どうしても別れる  夫茂之助に別れる  ふつて別れる  私達は別れる  時子供たちと別れる  代議士と別れる  急に別れる  うさぎや熊に別れる  そのまま橋本と別れる  汝と別れる  まさか無愛嬌に別れる  約束して別れる  情夫と別れる  加減になだめて別れる  顔をして別れる  夜鷹どころか、別れる  刑部と別れる  暮に一旦別れる  三月に別れる  娘は別れる  まん中で別れる  親に別れる  徳子さんは別れる  女とも別れる  無事に別れる  時代と別れる  夫に別れる  住いにも、別れる  者と別れる  世界に別れる  あとかたもなく忘れつくして別れる  二人が、別れる  わたくしと別れる  者たちはいよいよ別れる  幼児に別れる  間道で別れる  私どもの別れる  人間が愛して、触れ合って、やがて別れる  赤児と別れる  与次郎を送って来てくれたが、いよいよ別れる  半兵衛が別れる  妾は別れる  俺達も別れる  口をとがらしながら帰って行き、別れる  一行三人と別れる  晩は別れる  宮坂と別れる  やつぱり雲井さんと別れる  彼女に別れる  別辞もかわさないで別れる  お前と別れる  時には別れる  連中と別れる  貴方と別れる  計画と別れる  畫と別れる  ものとなってそして別れる  少佐と別れる  偶然逢うと別れる  ことを想い合わせて、別れる  雛と別れる  髪紙と別れる  ラエーフスキイと別れる  涙の出るほど別れる  私達の別れる  道へ別れる  そのまま女は頷いて別れる  クリストフと別れる  二人は別れる  彼と別れる  希望は別れる  のは別れる  ことでもすれば別れる  みな子と別れる  姉娘と別れる  人間、別れる  ところで別れる  木と別れる  家と別れる  叔母と別れる  姫君が別れる  言はずに別れる  汝、別れる  つぎには、いよいよ別れる  オリヴィエと別れる  人とすらも別れる  音に別れる  檜山も別れる  世界で別れる  二人がたがいに別れる  友人等に別れる  僕等は別れる  判断すれば、忘れないとは別れる  屆けずに別れる  書物と別れる  秋蘭と別れる  今朝甲谷と別れる  母さんと別れる  のをふりきつて別れる  ルンペン君と別れる  一郎君と別れる  ルンペン君に別れる  角で別れる  豊田君に別れる  礫浦まで送られて別れる  一同で別れる  葉桜となり別れる  酒を酌んで別れる  握手が、別れる  接吻をされただけで別れる  最近事情があって別れる  のだから、別れる  入口で別れる  或る女とそれとなく別れる  門で別れる  玉藻に別れる  そのまま女と別れる  ものと別れる  感じで別れる  何かいうと、やっと別れる  自分と別れる  佃に会って、別れる  客は別れる  そりが合わなくて別れる  ぎんは別れる  スッと別れる  娘時代に別れる  友人にでも別れる  ままに別れる  友だちと別れる  鳥羽で別れる  どちらも気持ちよく別れる  山に別れる  山と別れる  其処はまだ別れる  ものとに別れる  会飲を約して別れる  其処で別れる  手を握つて別れる  兼六公園と別れる  南に別れる  心をひきつけられて別れる  てゐても、別れる  野々宮と別れる  卓一に別れる  男と別れる  者には、別れる  始めから飽いたら別れる  半年で別れる  僕は別れる  一日でも早く別れるなら別れる  道の別れる  少女たちと別れる  枝折戸口で別れる  気持で別れる  いま永久に別れる  これからまたしばらく別れる  子供と別れる  わけにも行かず、別れる  ばばに別れる  おれは別れる  鳩に別れる  のも早ければ別れる  婆さんは別れる  挨拶だけで別れる  なつたせゐもあるが、別れる  風に別れる  母と別れる  良人と別れる  金で別れる  親友になっても笑って別れる  俊と別れる  顔見合って別れる  画家と別れる  空が別れる  から、別れる  これが別れる  メエイとも別れる  あなたに別れる  メエイに別れる  のが別れる  際に待ち合わせ、長く話し込んで別れる  心持に依つて別れる  からおれは別れる  道は別れる  ことだが別れる  恋人と別れる  から電車に乗って別れる  父君に別れる  私たちは別れる  二人が別れる  郁治と別れる  ところで、別れる  二人で、別れる  今は別れる  巧拙が別れる  平田さんに別れる  武蔵と別れる  のだ、別れる  忠次と別れる  神と別れる  意見の別れる  気持は、別れる  母に別れる  同志と別れる  永久に別れる  馬と別れる  彼等と別れる  話は別れる  会見をして別れる  子さんと別れる  二人左右に別れる  若いものに別れる  先の別れる  ように、逢えば別れる  しかも別れる  母は別れる  女とが、相抱いて別れる  もんけえ、飽いたら、別れる  まま、別れる  道が別れる  衣子に別れる  森で別れる  ものとはちがうにきまって居る、それにあの別れる  ために別れる  介と別れる  河岸だけで別れる  海水に別れる  弁内と別れる  まますぐ別れる  泰さんに別れる  電車を降りて別れる  条件にして別れる  お前にいよいよ別れる  其哲学が畳み込まれるかの別れる  人とに別れる  土井は別れる  土井は、別れる  八と別れる  次郎吉と別れる  物理学者との別れる  物理的必然によるらしく、強いて別れる  生徒と別れる  湯呑茶碗と別れる  遺産とも別れる  冴子と別れる  家族と別れる  親友と別れる  わけではないが、別れる  女も別れる  蝶子が別れる  読者と別れる  時は、別れる  園に別れる  クロフォードと別れる  私らは別れる  はつきりと別れる  書記長にも別れる  娘さんと別れる  學問黨の別れる  清子さんに別れる  工場主と別れる  じいさんは別れる  今年に別れる  母達と別れる  お次に別れる  道で別れる  チリヂリバラバラに別れる  先生と別れる  街道に別れる  父とは別れる  外套に別れる  小田さんに別れる  歓を尽くして別れる  天才主義と別れる  奥にかくれ、そしてまた、別れる  犬たちと別れる  門辺で別れる  大塚駅で別れる  湊と別れる  挨拶もしないで別れる  両親と別れる  敵味方に別れる  だめならあきらめるか、別れる  ように別れる  食事して別れる  歌をとりかはすだけで別れる  時、何故、別れる  のなら別れる  女に惚れる、別れる  東洋城と別れる  盡くして別れる  ぼくは別れる  人だつてまあ別れる  あなたと本意なく別れる  マツノスケに別れる  3と別れる  梶原氏に別れる  



前後の言葉をピックアップ
分かれ目  分れ目  訣れる  わかれる  分かれる  別れろ  別れわかれ  別れ別れ  わかれ目  わかれ道


動詞をランダムでピックアップ
でまわる談じ込みききだせるまち直し堕ちるおしかくす飛びまわるおもんぜ欲張ろ遣り返し震り分かれあたわ茂り合う嗜み動かせよ言い当て凄め垂れよ
形容詞をランダムでピックアップ
慎ましかっ人間らしかっ刺々しくくやしから無かろ淋し辛気臭うしろめたき空恐ろしゅう恥い憎し古めかしき恥ずかしき勿体なかっ浅ま気味悪遍う可愛きゆるし