「判ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 判ら[動詞]
なにがなんだか判ら  つもりかも判ら  理窟の判ら  どこに在るか判ら  のか、判ら  耳に入れていたが、よくは判ら  返事をしていいか判ら  ンだけど判ら  判然と判ら  喫うかも判ら  気もちも判ら  のか判ら  君には判ら  君にも判ら  事も判ら  言葉は判ら  入場が出来るかどうだか判ら  正義なんだかちっとも判ら  あたし、よく判ら  身許は判ら  ことは判ら  姓名を変えているので判ら  人間とも判ら  意味か判ら  えいやら判ら  誰だか判ら  復讎に来るかも判ら  君に判ら  何をするかも判ら  彼にもはっきり判ら  彼には判ら  嘘だかも判ら  遠雷とも判ら  自分にはっきりとは判ら  外国語が判ら  わけの判ら  訳の判ら  発端は判ら  ぬい自身には判ら  消息もよくは判ら  のか、はっきり判ら  意味が判ら  得体の判ら  相手を判ら  個所は判ら  何事か判ら  何も判ら  たしかなことは判ら  ことが判ら  通辯が無ければ判ら  友人でなければ判ら  路が判ら  逢はされたかも判ら  目に逢わされたかも判ら  住所も判ら  てゐちや誰だか判ら  何時間坐り込まれるか判ら  ちよいと判ら  点は、未だに判ら  何だか訳の判ら  人には判ら  何が何やら判ら  何が何やらさっぱり判ら  刑事は、少し判ら  地点は判ら  事情か判ら  眼にはさっぱり判ら  なんであるか判ら  僕にはよく判ら  それが判ら  死因はよく判ら  それもはっきりとは判ら  何がなんだか判ら  ことはやはり判ら  私にはまだはっきりと判ら  のだかさっぱり判ら  年が、ちっとも判ら  くびきるかも判ら  呼名はいくつもあるので判ら  もん持って行かれるか判ら  のかも判ら  のかは判ら  気持がまるで判ら  気持は判ら  水棲動物であったかも判ら  理の判ら  のか、考へても判ら  んやろかと考えてみても判ら  方さえ判ら  たか見ようとしたが、判ら  林も判ら  時には、判ら  何という判ら  自分には判ら  闇眼でよくは判ら  ことなど勿論判ら  それとははっきり判ら  のだか判ら  意味は勿論判ら  ことも判ら  ものとも判ら  何か判ら  意味がどうしても判ら  曖昧で判ら  本当か判ら  個で判ら  のを見て、生きているやら死んでいるやら判ら  何だかよく判ら  んだか判ら  落葉で判ら  上でなければ畢竟判ら  自分が判ら  のかどう考へても判ら  今までは判ら  結局誰だか判ら  ことさえ判ら  出どころの判ら  みんなに判ら  それをそういってやっても、はっきりは判ら  返事を出して好いか判ら  青年か判ら  ものかは、はっきり判ら  山路を踏み行くか判ら  型かも判ら  人間の判る判ら  女にも判ら  いるかも判ら  いつに置くとも判ら  何をしていたか判ら  私には判ら  わたしには判ら  さだかに判ら  何しても判ら  事は判ら  石井先生にも判ら  ことを云いに来たかも判ら  家が判ら  湖西に行って尋ねたが、判ら  処が判ら  往って尋ねたが、判ら  居所が判ら  ちよつと判ら  程は判ら  蝙蝠とも判ら  道理が判ら  たかどうかは判ら  何人あるか判ら  医師に判ら  何とも判ら  影とも判ら  さが判ら  つて家族が来るとは判ら  高谷君にはとても判ら  勇造の行くえはどうしても判ら  理屈はわかったが、ただ判ら  僕にはまだ判ら  何であるかは判ら  体工合が判ら  彦太には、判ら  彼方此方と探して歩いたがどうしても判ら  区別は判ら  当人達自身にも判ら  自分でも判ら  ことだかハッキリとは判ら  真理が判ら  のか、よほどよく考えて見ないと判ら  気持が判ら  ものかも判ら  実情が判ら  区別が判ら  殆んど判ら  国民には全く判ら  何であるかさえ判ら  合理的には判ら  身の上にとっては喜んでいいか悲しんでいいか判ら  のか、本当は少しも判ら  だってあなたに容態なんか判ら  結局、判ら  ものは遂に判ら  どこへ行ったかが判ら  誰にも判ら  殆んどどうしていいか判ら  顔面は判ら  冗談か判ら  幸になるか判ら  儘何もかも判ら  誰がいるやら判ら  行方が判ら  これで何もかも判ら  詞とも判ら  言葉とも判ら  名人になれるかどうかも皆目判ら  どこをどう辿ってよいか判ら  誰か判ら  我々に判ら  病源が判ら  非も判ら  行方は判ら  なつて判ら  いまはいよいよ判ら  芽が出てみないと判ら  おれにも判ら  たしかなこととて判ら  ことが全く判ら  誰々は、判ら  いまもって判ら  いまもつて判ら  値段もろくに判ら  訳が判ら  一寸先が判ら  それは云わなけりゃ判ら  ことは詳しく判ら  正体は遂に判ら  勝手が判ら  能く判ら  出所は判ら  それだと判ら  それも隠れとるかも判ら  なにをしでかすか判ら  一寸専門家でなくては判ら  ような判ら  顔だか判ら  これが判ら  ことははっきり判ら  それは判ら  それも判ら  我々には判ら  所在も最早判ら  ことになるか判ら  道中していても、判ら  時には判ら  幾つあるか判ら  のは判ら  金のゆくへが判ら  わたしにもよく判ら  事が判ら  わたしなんだか判ら  居どころは判ら  何者であるか判ら  治六にも判ら  意味は判ら  二人にも判ら  料簡が判ら  それはなぜだか判ら  丞には判ら  方がどのくらい切ないか判ら  彼女はようよう起ち上がったが、これからどうしていいか判ら  何だかちっとも判ら  ことはよく判ら  何里あるかも判ら  嘘か判ら  原因はいまもって判ら  屑屋に訊いても判ら  消息が判ら  画題が判ら  なんにも判ら  たか容易に判ら  何が何やらよく判ら  確かに判ら  父にはちっとも判ら  もとより判ら  辺か判ら  母かも判ら  人相は判ら  まり公式には判ら  のかが判ら  どこだか判ら  人が出て来るかどうか判ら  女中にどう変って居るか判ら  理由がてんで判ら  偉大さが判ら  ところは判ら  アマツールやらさっぱり判ら  のがよく判ら  何月を入れてよいか判ら  是とすべきか判ら  己に黙って帰ったかも判ら  願いは判ら  ハンドルしてよいか判ら  あたしには判ら  上ならでは判ら  人形とも判ら  伊東伴作には判ら  門前ではハッキリ判ら  わけは判ら  泊つたのかどうかは判ら  島にはよくは判ら  何をしでかすか判ら  在所が判ら  しかとは判ら  ちょっと人相が判ら  発見されるか判ら  事とも判ら  いままで判ら  のはなぜだか判ら  建物が在るか判ら  外国人に判ら  根拠だか判ら  一つも判ら  動機からか判ら  理由からか判ら  ことは、まだ判ら  ものかは一向判ら  ことか判ら  ことだかさっぱり判ら  時刻は判ら  放浪者かも判ら  鼻をつままれても判ら  馬の骨だか判ら  数は判ら  常識でも判ら  帰結があるか判ら  物が判ら  それがまるっきり判ら  西へ行っていいか、判ら  それははっきりとは判ら  ものが判ら  銭勘定が判ら  僕にも判ら  真面目か判ら  のかは、はっきり判ら  ような、判ら  三好自身にもはっきりとは判ら  鈴子にはまだ判ら  わけが判ら  ア、判ら  何をしていいか判ら  そこはよく判ら  速度が判ら  皮肉とも判ら  のか実は判ら  お前さんは知らないかも判ら  のか、どうしても判ら  理由が判ら  どこから手をつけていいか判ら  虎とも判ら  心をもつてゐるか判ら  貴女に判ら  体がしびれて判ら  ために暗くて判ら  あるかないか判ら  本名の判ら  大原にもよく判ら  余人には判ら  大原にも判ら  何にも判ら  書き方が判ら  いるか、よくは判ら  のか好く判ら  店にも判ら  方で叫ぶとも呼びかけるとも判ら  顔さえ、判ら  南部領にて、取調べますと、判ら  事情がいよいよ判ら  誰だかよく判ら  ゆくえも判ら  心持はよく判ら  乱暴をされるか判ら  処におるかも判ら  あすこかも判ら  のやら、判ら  理由はまだ判ら  いるかどうか、まだ実はよく判ら  研究が少しおくれ、または判ら  ことなんかは判ら  事情があるかも判ら  気味を悪がるかも判ら  す者でもあるかも判ら  今晩どうかしてゐるかも判ら  僕にはどうも判ら  つても判ら  肉とも判ら  奥さんが好いか判ら  衝立とも判ら  鬼魅を悪がるかも判ら  者でもあるかも判ら  廊下が判ら  心切に云ってやっても判ら  原因の判ら  思案したが、よく判ら  眞黒でよく判ら  云ふことはよく判ら  真相は判ら  どれ程役に立つか判ら  所在が判ら  木目も判ら  自分には少しも判ら  何が何やら更に判ら  頓と判ら  事やら判ら  あかりだか判ら  事柄が判ら  のかはっきり判ら  もの言いが皆目判ら  今考えても判ら  不快が判ら  何だかむずかしくって判ら  一般には判ら  人間には判ら  僕には判ら  口々に何やら判ら  どこかへ紛れ込んで、探しても判ら  何処へ向けてとも判ら  気心の判ら  何処と定めたらいいか判ら  電話でよく判ら  花とも判ら  私たちには判ら  ものでなければ、よく判ら  様子も判ら  さもかえって判ら  文句の判ら  父似かさえ判ら  から私も判ら  原因が判ら  親愛を云い表してよいか判ら  本気にすべきか判ら  何と云ってよいか判ら  中に入っていたか判ら  玄人でなければ判ら  当家へふりかかってくるか判ら  生死の判ら  敵に逢い、討つか、討たれるか判ら  半兵衛には、判ら  ものやら判ら  誰であるか更に判ら  自白するまでは少しも判ら  成るとも判ら  御馳走だったか判ら  私には皆目判ら  ・名も判ら  方は良く判ら  のか、一向に判ら  一体何千軒あるか判ら  詩が判ら  名前が判ら  のか、はっきりとは判ら  ょだが判ら  よだが判ら  眼を見張ったが、こう遠くては判ら  名前やら判ら  何をするか判ら  逆手に出て来るか判ら  のかどうかすら判ら  手記だか判ら  のに判ら  のじゃあ判ら  ようでさっぱり判ら  そうに唸っているばかりで判ら  それがどうも判ら  幕をあけてみなければどうなるか判ら  程度か判ら  まま行方が判ら  何うも判ら  宇品まで行って確かめてみなければ判ら  あれは到頭判ら  行つて確かめてみなければ判ら  尾やら判ら  事の出来るか出来ぬか判ら  手紙が一度読んで判ら  どこから飛んでくるか判ら  味が判ら  プロセスが判ら  吉平にも判ら  何処ともはっきりとは判ら  位置も判ら  いつ本当に出来るか判ら  人に判ら  自由主義者に聞いて見なければ判ら  ことであるかどうか、まだ判ら  から自分に判ら  のか、一向判ら  のかはまだ判ら  容易には判ら  私にはよく判ら  ことの判ら  所以が判ら  一度、なんだか判ら  大人に判ら  人間に判ら  それかも判ら  人々には判ら  私にゃ判ら  叫びとも判ら  脂とも判ら  ものが来るかも判ら  俺が判ら  目にあわされるかも判ら  目標がなくなっているので判ら  人とも判ら  幾百幾千とも判ら  これでも判ら  こともよく判ら  保護してくれるか判ら  新聞があるか無いか判ら  区別もよく判ら  動機はよく判ら  自分にはよく判ら  のかちっとも判ら  力としても有るか無いか判ら  いるかはっきりと判ら  自分にも判ら  結局なんだか判ら  意味するかが判ら  ぢや判ら  旅館とも料理屋とも判ら  時間も判ら  消息も判ら  逢つてみなければ判ら  生涯は判ら  父かも判ら  のか、本当は判ら  直吉にも判ら  雀かは判ら  わしにゃ判ら  話が合うか合わないか、話してみなけりゃ判ら  實際はよくは判ら  身投げでもするかも判ら  そうに、笑うとも泣くとも判ら  ことだか判ら  番号が判ら  跡さえ判ら  味は判ら  意味がお判りになると思ひますが、判ら  九分迄は判ら  事か判ら  鳥か判ら  彼にも判ら  方がいくらよいか判ら  吉にはもう判ら  頼春には、いよいよ判ら  死体も判ら  気組が、いくら考えても判ら  こと、言うても判ら  實は判ら  結果はまだ判ら  金のありかは判ら  味方か判ら  成効するかどうかは未だ判ら  夫人は良くは判ら  陰になってはっきりとは判ら  位あるか判ら  上でなければ判ら  発狂したかも判ら  やうではあるけれど判ら  たかどうか判ら  見当も判ら  畑か判ら  詞は判ら  表書を讀まうとしたが、暗くて判ら  表書を読まうとしたが、暗くて判ら  最初、泣くとも呻くとも判ら  ことには判ら  馬であるかどうかは判ら  火がなくては暗くて判ら  正体はよく判ら  のでよくは判ら  組頭からどんなに叱られるか判ら  船を出して追わせたが、その行くえは遂に判ら  向きがどう変るかも判ら  ように思え、また判ら  乍ら、こんな判ら  名を探し考えて見たが判ら  錠のありかが判ら  明日じゅうに判ら  心の判ら  道理の聞き判ら  歩いてるのか判ら  冬から春までは幾千か判ら  見当はついてもはっきりとは判ら  かきらひなのか少しも判ら  それもできるかどうか判ら  金栄にはまだ判ら  暇を取つてくれでは判ら  暇を取ってくれでは判ら  何者か判ら  何処だか判ら  それから後はよく判ら  中身はすぐに判ら  ちょっとはなかなか判ら  から判然とは判ら  正体は判ら  人にゃあ判ら  上はどうしていいか判ら  何者であるかは判ら  足どりは判ら  なにものか判ら  正体はやはり判ら  盗賊は判ら  人達にもよく判ら  一に判ら  七には判ら  訳がちっとも判ら  筋道の判ら  辺はよく判ら  私に判ら  理窟が判ら  ゆくえが判ら  七之助さんにも判ら  わけだか判ら  下手人はまだ判ら  何がなんだかちっとも判ら  何がなにやらよく判ら  暗がりでよくは判ら  から確かには判ら  色模様ははっきりとは判ら  店もどうなるか判ら  中でよく判ら  料簡はよく判ら  来歴がどうも判ら  係り役人にも判ら  そりゃあまだ判ら  のが判ら  下手人は判ら  土手っ腹を抉られるか判ら  下手人であるかどうかは判ら  咎めを受けるか判ら  たか、まったく判ら  何をしゃべるか判ら  順序はよく判ら  それはよく判ら  いつ帰るか判ら  ほんとうか判ら  何を云い出すか判ら  容易に判ら  そこまでは判ら  のか一向判ら  娘だか判ら  さきは判ら  のか、まるで判ら  のはちっとも判ら  夜目遠目でやはりはっきりとは判ら  組討ちで、ちっとも判ら  それがよく判ら  何事と仕出かすか判ら  事情もよく判ら  それがどう考えても判ら  自分にもよく判ら  七にも判ら  英俊にも判ら  返事はまだ判ら  者共にはよく判ら  蓋がしてあれば判ら  わたしにはまだ判ら  物だか判ら  確かには判ら  それはまだ判ら  方でもよくは判ら  ものは、判ら  どれであるか判ら  炭団じゃ判ら  そりゃあ傍からは判ら  張子の虎が判ら  何者であるか一向判ら  山男だか判ら  仔細は判ら  役目を云い付けられるか判ら  紙質も判ら  尾張屋へくれるかどうだか判ら  おれに少し判ら  そこらも薄暗くなって来たので、よく判ら  何者だか判ら  雷師匠が判ら  話じゃあ判ら  なんであるかは判ら  たよりが一向判ら  たしかに兄さんにとどけてくれたかどうだか判ら  それすらも判ら  物か、とうとう判ら  お前はよくよく判ら  非かよくは判ら  風俗も判ら  見物を一々調べたが、どうも判ら  人相はよく判ら  これもよくは判ら  からどうも判ら  商売は判ら  何がなにやら判ら  私たちにはよく判ら  徳はどうあしらってよいか判ら  ゆくえ不明がどうしても判ら  徳にはちっとも判ら  老人はまだ判ら  半分夢中でよく判ら  誰が明けるか判ら  明白になったが、まだ判ら  ゆくえは判ら  文意はよく判ら  お前さん達じゃあ判ら  障子が閉めてあるので好くは判ら  命令だか判ら  海だか、判ら  影で判ら  外に、一向判ら  それと判ら  のであるかは判ら  誰やら判ら  一員として判ら  誰とも判ら  いつ消えるとも判ら  ほどが判ら  何事だか、まだ判ら  消息の判ら  たか、判ら  そりゃあ確かには判ら  替玉か判ら  大金のありかが判ら  ことが出来するか判ら  消息は判ら  頃帰るか、判ら  なかでよくは判ら  のか、よく判ら  身許はまだ判ら  空家か判ら  狐はちっと判ら  事情も判ら  私にはまだ判ら  宿が判ら  話をしていたか判ら  どこから這い出して来るか判ら  命は判ら  自分たちを見つけたかどうだか一向に判ら  医者にもはっきり判ら  病症がよく判ら  わたしもどうなるか判ら  りか、すぐには判ら  医者にはよく判ら  方はなぜだか判ら  白雲堂にでもうらなって貰わねえじゃあ判ら  そこがまだ判ら  肉はどうするか判ら  男が判ら  屋敷であるか判ら  ころのありかは遂に判ら  それにしても判ら  ために詳しく判ら  居どころが判ら  仔細はやはり判ら  身もとは遂に判ら  俺にはちっとも判ら  言葉を述べてよいか判ら  ことしておるか判ら  どちらか判ら  捜索したが判ら  確とは判ら  内証にしているので判ら  いつごろ帰るか判ら  何とあやまっていいか判ら  手もとは判ら  それさえも好くは判ら  女かどうだか判ら  仔細はまだ判ら  本当だかどうだか判ら  近所隣りでもよく判ら  出入りしていたかどうかはよく判ら  屋敷だか判ら  そこは好く判ら  仕合わせになるか判ら  長三郎にはよく判ら  風俗はちっとも判ら  のかよくは判ら  幸之助にも判ら  長三郎には判ら  長三郎にはやはり判ら  長三郎にはちっとも判ら  それから先きがまだどうも判ら  代金も呉れるか呉れないか判ら  事はとても判ら  半分は判ら  本家本元は判ら  どれだかはっきりとは判ら  亀のありかは判ら  人数だから、どうもよく判ら  おれもよく調べて見なけりゃあ判ら  めえに判ら  事情はよく判ら  人相もはっきりとは判ら  類は、少しも判ら  書も読んだが、判ら  三日努力してみたが、判ら  ものは判ら  本は判ら  初めは判ら  筆者は判ら  何時発作を起すか判ら  たか年代ははっきりと判ら  方角が判ら  なん時戻って来るか判ら  おれには判ら  心が判ら  誰れにも判ら  召集されないとも判ら  はじめは判ら  子供が嬉しがるか判ら  婆さんも判ら  から知らないかも判ら  二十歳になっても、ややと云ったかも判ら  これだけ言うのに、まだ判ら  カラクリなのだか、これから当ってみないと判ら  ところ僕にも判ら  鼻にか判ら  ことを判ら  女達こそ判ら  それさえ判ら  いつ戻って来るか判ら  自分でもよく判ら  名前は判ら  最初から話さねば判ら  のではあるが、実はどうも判ら  却って益々判ら  事件に就いて、判ら  人民には判ら  五・一五事件が益々判ら  処は判ら  法律書生式常識で判ら  理解出来る、だが依然判ら  出版物が読んでも判ら  意味だか好く判ら  信用が置けるかが判ら  のか、よく考えて見ると判ら  真相は無論まだ判ら  原因は判ら  新聞を読み合わせて見てどうも判ら  アダプトさせればいいかは、一寸判ら  支那がどう出るかまだ判ら  のだが判ら  意義が判ら  正確には判ら  事実上問題はどうなるかは判ら  処一寸材料がなくて判ら  今日に到ってもまだハッキリと判ら  真理の判ら  今日まで遂に判ら  ことだかまだハッキリとは判ら  から、判ら  具体的には判ら  ヘマになるか、判ら  わたしももうどうしていいか判ら  からよく判ら  ところで、きっと勝つかどうだか判ら  毆られるか判ら  先は判ら  何所とも判ら  人が何故判ら  今日いらしてくださるかも判ら  素性の判ら  ことをせられるか判ら  ことをするかも判ら  許宣はこれからどうしていいか判ら  成果は判ら  お前達には判ら  蝶が来てとまつても判ら  云ふとも判ら  場所も判ら  時間が判ら  女とも判ら  義直には判ら  私が判ら  夜から蹤跡が判ら  英語は皆目判ら  本当か、まだ判ら  者でなければ判ら  道とも判ら  叔父には判ら  何どきであるか判ら  生死も判ら  かってが判ら  顔は判ら  雷神が降るか判ら  お前たちには判ら  人はよく判ら  歌だか判ら  心配していたか判ら  何丁あるか判ら  相手か判ら  唸りとも判ら  夕食とも判ら  いやがらせをしたかも判ら  ものがあったかも判ら  頭をひねったがどうしても判ら  間抜けた判ら  彼女はどうしていいか全く判ら  写真が判ら  処置について、判ら  今までは薄暗いのでよく判ら  みんなには判ら  心持が少し判ら  ものを建て得たかが、判ら  東も判ら  ところかは判ら  年は判ら  魔法があって逃げだすかも判ら  自分では判ら  是非は判ら  風体も判ら  否やは判ら  偶然か判ら  一致したかどうかは判ら  ものが又判ら  気をつけて読んで見ると実は判ら  何を指すかもよく判ら  ものも亦、従ってなお一層判ら  第一義が判ら  匡救となるかどうかは、よほどつき止めないと判ら  私は、どうしていいか判ら  はいまもって判ら  翁は、泣いていいか笑っていいか判ら  様子が判ら  獣だか判ら  ためよくは判ら  ことが、直ぐに判ら  眼鼻がつくとも判ら  何かまだ判ら  業績は判ら  本質は判ら  夫が判ら  先は考えても判ら  憲一はどう考えても判ら  意が判ら  そいつが判ら  ところさえも判ら  彼女はまだ判ら  意味がはっきり判ら  君にはまだ判ら  今もって全く判ら  それっきり行方も判ら  本当だか判ら  自分だけにしか判ら  何処へ行くか判ら  誰だか、よく判ら  顔とも判ら  あなたに訳の判ら  ことを云うかも判ら  のかどうか判ら  道子には判ら  利口か判ら  こへ往くか判ら  自分にもちっとも判ら  わたしにも判ら  処置していいか判ら  立ち場が判ら  子細は判ら  獣か判ら  意味がよく判ら  ゆくえは無論に判ら  彼方から呼ばれるか判ら  槌とも判ら  正体の判ら  ひとめ見て、すぐ判ら  年で現れてくるか判ら  それすらもまだ判ら  名をなんといっていいか判ら  私、どう言っていいか判ら  人を迎えていいか判ら  春嬌には判ら  往ったが、どうしていいか判ら  素性も判ら  何様であるかも判ら  銀子にもよく判ら  今はっきりと判ら  作者名が判ら  教父に判ら  乗手の判ら  理があるかも判ら  俺達には判ら  往ったって判ら  俺には判ら  きりで、判ら  縞目も判ら  正体が判ら  消息はよく判ら  確実には判ら  確実に判ら  私にはやはり判ら  反対にいっているので、いよいよ判ら  男か女かよく判ら  天の河だか判ら  さきも判ら  話が判ら  子細はちっとも判ら  事情はもちろん判ら  それはちっとも判ら  容体が判ら  ほんとうであるか判ら  僕にはちっとも判ら  のを判ら  生活だか判ら  いつの未来まで湛え続くとも判ら  もので、まだ判ら  状況はまだ判ら  まともに立向かい、判ら  何時逢えるやら判ら  女じゃねえか、判ら  ことを云っても判ら  名は判ら  質も判ら  平吉には判ら  どこにあるか判ら  好奇かも判ら  今に判りますよ、判ら  場所が判ら  兄貴でも死んだら、どうなるか判ら  かっぽれかも判ら  からね、ついすると遅くなるかも判ら  奥さんのつごうで、どうなるか判ら  ところで、判ら  神とも判ら  どんだって、どうしてるか判ら  了見を起すかも判ら  事があるかも判ら  何時買つたとも判ら  判つたのか判ら  学者にでも聞いてみなければ判ら  声をかけても暫くは判ら  幾百年だか判ら  中身は判ら  アアミンガアドはよけいどうしていいか判ら  私、どうしていいか判ら  のが、判ら  明りでよく判ら  殆どそれとも判ら  わけであるかは判ら  ものにしか判ら  自分で判ら  のかくわしく判ら  程も判ら  行方も判ら  柄も判ら  年齢はよく判ら  今になっては判ら  落付くか判ら  唱歌の判ら  らにも判ら  理屈も判ら  謝端にも判ら  墓であるか判ら  声をそろえて、なにか判ら  それがちっとも判ら  目的であるかは判ら  どこへか連れて行かれて、どうなってしまうか判ら  登仙し得るか判ら  幾里であるか判ら  理屈が判ら  距離が遠いのでよく判ら  本人に聞いてみなければ判ら  目に逢うか判ら  ゆくえは遂に判ら  ぼんやりして、なんだか判ら  鬼であるか判ら  人間だか判ら  なんでも判ら  何が何やらちっとも判ら  ここに判ら  何を言い出すか判ら  何千人に祟られるか判ら  不思議か判ら  彼女には判ら  ことばが少し判ら  どこかへ流れ渡ってしまって行くえが判ら  一切自分には判ら  明瞭りと判らない、また判ら  裏かも判ら  彼自身にも判ら  どこまで続くか判ら  たか自分ながら判ら  内容は判ら  手をつけてみなければ判ら  崖であるかは判ら  頭を捻っても判ら  ことやら判ら  のほどは判ら  私にも一向判ら  廻しがよく判ら  身分が判ら  行方はまだ判ら  どこか判ら  了見が判ら  消息はまだ判ら  アヤが判ら  通信してくれるかどうか判ら  あたしに判ら  それが皆目判ら  所でなければならぬか、判ら  金と云ってもいくら埋めて好いか判ら  目に逢わされるかも判ら  玄人なのだか判ら  おんなじ家が判ら  大衆に判ら  こまかい話はしても判ら  板女かも判ら  いるかは判ら  女性であるかが判ら  様子は皆目判ら  云つたものか判ら  彼は何故だか判ら  徳次には判ら  房一には判ら  云ひ出すか判ら  どこを向いて流れてゐるとも判ら  者には少しも判ら  どこにゐるか判ら  ことは少しも判ら  誰だかまだ判ら  事實だか判ら  僕らにはちっとも判ら  碌に判ら  様にしてやらうと判ら  どこに在るやら判ら  ものか全く判ら  ものであるか少しも判ら  南か、うっかり判ら  杜陽はどうしていいか判ら  コンナわけの判ら  野暮だとか判ら  訳かよく判ら  仕置をうけるか判ら  お方があんまり判ら  病気か判ら  姿もよくは判ら  自分にもはっきりとは判ら  由来もはっきりとは判ら  疑問が深まるだけで、何一つ判ら  筋道が判ら  彼はもうどうしていいか判ら  形ははっきり判ら  成行になったか、全く判ら  いつ出るか判ら  自分ながら判ら  それとはっきりとは判ら  ものかどうだか判ら  如何に慰められるか判ら  鮎自身でなければ判ら  それははっきり判ら  何をしてゐるか判ら  二人にはまるで判ら  気持はむろん判ら  小沢にも無論判ら  咄嗟に考えてみても判ら  ことが、直ぐには判ら  これは判ら  デカダンスはそりゃ判ら  十日では判ら  ものであるかは良くは判ら  これが早く判ら  四郎には判ら  自分ながらはっきり判ら  魚とも判ら  木の根とも判ら  何かあるかも判ら  支那人とも判ら  のですが、とうとう判ら  係りあいが出来るかも判ら  素性が判ら  謙作は判ら  ためかも判ら  目に逢うかも判ら  いつ尽きるか判ら  水の口が判ら  輪廓が判ら  いつ追いつけるか判ら  板も、判ら  前後が判ら  ようでよく判ら  遠目でよく判ら  咎めを蒙るかも判ら  いつどうなるか判ら  今だに判ら  幸福かどうかは判ら  ことになるかも判ら  なにをするかも判ら  それ以上は判ら  見事さはいまだ判ら  へたアルメーダには判ら  常識では判ら  心理が判ら  それは勿論判ら  手分けをして探しているが、まだその行くえが判ら  なかではっきりとは判ら  字か判ら  明白に判ら  何だかソコに判ら  西洋では判ら  太夫さん、判ら  のも判ら  鼻も判ら  幾百本とも判ら  物の判ら  文字も判ら  何から書いていいか判ら  炭滓ぢやないの、なんといふ判ら  引返し停留場附近を探し求めたが、更に判ら  原因がどうしても判ら  故郷は判ら  薩張り訳の判ら  事情の判ら  意味の判ら  ト何か判ら  用事と云うから判ら  夕方で微暗いのではっきり判ら  行く先も判ら  それから先が判ら  晴れとも曇りとも判ら  どれだけいいか判ら  どっちが若いか判ら  つていらつしやるのに、判ら  日本語の判ら  いるかさっぱり判ら  音に消されて判ら  自分にもハッキリと判ら  心持ちが判ら  せいかも判ら  喧嘩でもして、出て来たかも判ら  先にあるか判ら  生死が判ら  ことが早く判ら  一人はどうしても判ら  藤次郎には判ら  わたし達にも判ら  小田島には判ら  訳も判ら  ことが、まだはっきり判ら  されるか判ら  木村を調べて来たかも判ら  自身で判ら  習性は判ら  否定かは判ら  哲学では、判ら  当人によく判ら  注意して読むと、一向取り止めのない判ら  ことがさっぱり判ら  私には少しも判ら  ほんとうに読んでそう云って居るかどうか判ら  はじめよく判ら  何をやるか判ら  三枝子に判ら  年齢が判ら  関係があったかも判ら  考えが起るかも判ら  から、そっと帰ったかも判ら  見込みか判ら  十分につとまるかどうか判ら  病名も判ら  芝居も判ら  ものはどうも判ら  のかどうだか判ら  何んにも判ら  作であるか判ら  劇場のありかが判ら  千歳座が判ら  理窟だか判ら  わたしにはちっとも判ら  注意して読んでみると、判ら  ことかちっとも判ら  五年に一度あるか判ら  何だか自分にも判ら  座名がまだはっきりと判ら  それが又どう変るか判ら  木崎自身にもよく判ら  時は判ら  話じゃ判ら  木崎には判ら  連想か判ら  陽子には判ら  咄嗟には判ら  芳子には判ら  怪物であるか判ら  処分していいか判ら  毛色ははっきり判ら  子供には判ら  方を探したがとうとう判ら  行方の判ら  容形はよく判ら  承知するかどうか判ら  八介一人では判ら  方が判ら  眼にはよく判ら  お前さんに判ら  者が、判ら  無知なるがゆえに判ら  無知を恥ずかしいとも思わず、判ら  こいつが判ら  不幸か判ら  これほど言って聞かせても判ら  容態が判ら  どちらに行ってよいか判ら  姓は判ら  たかそれも判ら  気をとられているので判ら  信吉には判ら  ことがはっきり判ら  冴子が判ら  信吉にも判ら  信吉はどうしていいか判ら  閉口しないで其の判ら  猫だか判ら  態度は少しも判ら  通り字さえ判ら  考えがきまると、どうすればよいか判ら  ことは、判ら  日本一だかさっぱり判ら  何が何やらさっぱりよく判ら  さきはいつも判ら  居先きは判ら  十九世紀に至るまで判ら  痕が判ら  原因を知りたかったが判ら  こともあったが依然として判ら  果たして尾白であるかどうかは判ら  たかどうだか判ら  のかさっぱり判ら  のかまるで判ら  いつまでか判ら  人々に判ら  カルテへかいてよく判ら  僕の子だかどうか判ら  者がどのくらいあるか判ら  ちょっと見ては判ら  意味からが判ら  意味も判ら  今はっきりとは判ら  ところ全く判ら  自分であるものにしか判ら  苦労するか判ら  今は判ら  幾月経ったかも判ら  道路を歩いたか判ら  時を隔てて見なければ判ら  僕にはどうしても判ら  年がちっとも判ら  離ればなれになるかも判ら  飛行機屋さんにも判ら  詩を読んでくれたけれども、さっぱり判ら  墓石になるとも判ら  詩は一向に判ら  年は少しも判ら  私は判ら  自分がさっぱり判ら  容が判ら  満足に判ら  人間は一向に判ら  下げたか下げないか判ら  ものでなくては判ら  あれが判ら  結晶作用が起って、判ら  いきさつを判ら  大阪が判ら  何う探したって判ら  いくつなんだか判ら  善悪も判ら  東京人には判ら  何万倍になって戻るか、判ら  自分ではよく判ら  何うしても判ら  物は判ら  何が判ら  観客からは判ら  明日も判ら  其処とも判ら  方角は判ら  声とも判ら  草木が茂っていて判ら  コンタンは判ら  処によっては判ら  ところでは判ら  耳に聴いては判ら  仮名によっては判ら  時分には判ら  色々説があってまだよく判ら  どちらが良いか悪いか判ら  方角もまだよく判ら  者だか判ら  何と言っていいか判ら  差別は判ら  たか否かも判ら  道路も判ら  かいなかも判ら  僕自身にも判ら  理屈は判ら  方じゃあすぐには判ら  中を通って見たら、どんなに好いか判ら  ものかすこしも判ら  唸り声とも判ら  身元は判ら  通つてみたら、どんなに好いか判ら  のかすこしも判ら  てゐないとも判ら  わしは判ら  意図してゐるかどうか判ら  画家が、判ら  お祭騒ぎの判ら  大衆と離れて判ら  方針が判ら  私は良く判ら  衛生が判ら  目的だか判ら  晩あたりすぐ来るかも判ら  よこすかも判ら  それで判ら  今に判ら  永久に判ら  何処のどいつだか皆目判ら  仕業とも判ら  死因は依然として判ら  人相もよくは判ら  そなたには判ら  そなたにも判ら  何が何やら一向に判ら  運次第で、どう成りゆくか判ら  仕置きをうけるか判ら  それの判ら  方角も判ら  乞食とも狂人とも判ら  それから方角も判ら  のか、かれには無論に判ら  昼だか判ら  鳥かよくも判ら  中を探ってゆくと、なんだか判ら  雜誌名も判ら  何うだか判ら  魔物だか判ら  おまえ達には判ら  おまえさんも判ら  君達じゃあ判ら  誰であるか判ら  原因も判ら  身体が持つか持たんか判ら  模様とも判ら  いつ行かれるか判ら  時とが判ら  から訳の判ら  人だか判ら  誰にもよく判ら  事情はくわしく判ら  細雨だか判ら  僕にはどうもはっきり判ら  研究していないから、果してどうだか判ら  手前には判ら  それはどうだか判ら  彼女にも判ら  病症であるかも判ら  何代目であるか判ら  ことがはっきりと判ら  ことだかよく判ら  縞目の判ら  それさえも判ら  ことを仕出かすか判ら  身許も判ら  両親は判ら  身もとも判ら  東西も判ら  得体が判ら  子供でさえ判ら  径路が判ら  死因だか判ら  大人ほどはっきり判ら  のかさえ判ら  容貌は判ら  まりよく判ら  たかは判ら  それあ判ら  代が変ってすっかり判ら  ことばの判ら  のか未だにはっきり、判ら  ちょっと私には判ら  から、よく判ら  理由は少しも判ら  皆に判ら  毒と化したかも判ら  皆、判らない判ら  方言で、よく判ら  ときかれても、判ら  なにを言うやら、さっぱり判ら  ものには書いても判ら  傍によってきて、よくは判ら  今もつて判ら  中が好いかも判ら  梅雨もあがるかも判ら  幸ちやんはどうして好いか判ら  ちよつと考へてみたが判ら  つたのか、ちつとも判ら  今でもはっきりと判ら  たかも判ら  



前後の言葉をピックアップ
和歌山  ワカヤマクヒ  若湯  わから  分から  解ら  分ら  ワカラズ  分らず屋  ワカラズヤ


動詞をランダムでピックアップ
ちょんぎらひるがえる吐かし待ち望ま扱える零れるつくれ宿っ真似る召し出し引っ返し抜きとりほすれ志す死せ勝らえれ思いついしゃがめなみする
形容詞をランダムでピックアップ
たわいなくよくっいまいましい口惜し若々しけわしいあさぐろいめずらしゅう遅いすくないぬくう少う危なくむつかしかっさとい大きく欲しくいまいましく遠から速き