「分ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 分ち[動詞]
五千人に分ち  四千人に分ち  東西を分ち  三つに分ち  類に分ち  春夏秋冬二巻に分ち  一部分すらも分ち  ものとを分ち  恩恵的に分ち  袂を分ち  二流に分ち  室を分ち  喜びを分ち  五種に分ち  之を分ち  兵を分ち  酒を分ち  氷砂糖を分ち  朦朧として分ち  生命を分ち  衣を分ち  個人とを分ち  結果を分ち  不幸を分ち  山脈を分ち  食を悠々分ち  房に分ち  東西南北に分ち  表情とも分ち  是非曲直を分ち  ものを分ち  手を分ち  涙を分ち  ひとを分ち  進歩的婦人観とに分ち  十種類に分ち  二派を分ち  三目を分ち  戲曲とを分ち  三種を分ち  生涯とに分ち  自然の印象を分ち  声を分ち  判然と分ち  派を分ち  諸所に分ち  責任を分ち  ものとに分ち  ものに分ち  三万の軽鋭を分ち  枝を分ち  幾分を分ち  乘を分ち  家禄を分ち  これを分ち  美醜を分ち  二に分ち  おのおの等を分ち  五等に分ち  五に分ち  さを分ち  無明とかを分ち  二段に分ち  甘美とも分ち  三回に分ち  奥底に分ち  心配を分ち  眠りを分ち  床を分ち  二つが分ち  屍を分ち  他と分ち  四國に分ち  自分と分ち  彼と分ち  限りの睡りを貪り、分ち  体臭を分ち  十人づつに分ち  馬群を分ち  利を分ち  鳶が分ち  食を分ち  段階を分ち  エポックに分ち  明かに分ち  暖みを分ち  夢想を分ち  暦を分ち  井田に分ち  不安を分ち  友だちに分ち  二部に分ち  水を分ち  運命を分ち  物と我とを分ち  枝椏を分ち  六年天台山菩提樹を分ち  間を以て分ち  苦痛を分ち  位地を分ち  そがことわり分ち  考へは分ち  ビールを分ち  飯を分ち  二つに分ち  こころに分ち  区域を分ち  血肉を分ち  三旬に分ち  新旧には分ち  七県に分ち  財産を分ち  鍋に分ち  今更に分ち  便宜上三段に分ち  友に分ち  志子三つの相に分ち  別に項を分ち  左右に相分ち  其苦労を分ち  それを分ち  領土を分ち  水から分ち  荒涼を分ち  物質を分ち  人民に分ち  物をも見分ち  自ら罪を分ち  二人に分ち  部下を分ち  コントンとして分ち  甲乙二類に分ち  思想史を分ち  二生に分ち  福を分ち  林を分ち  勞を分ち  天使に分ち  平等に分ち  万人が喜んで分ち  三十六郡に分ち  男女を分ち  苦しみを分ち  九組に分ち  それぞれに喜びを分ち  愛を分ち  一子を分ち  入口を分ち  仙山とを分ち  一丁目二丁目に分ち  模倣し、やがて分ち  其責任を分ち  優劣を分ち  

名詞

分ち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
分ちがたき  分ちがふから拵へ直さないと  分ちなく眼蓋だけを開けたり  分ちへ運んで  分ちのつきかねる  分ちがたくな  分ちがふ  分ちなくすべて煙草をのまなかった  分ち飲むことであったろうと思う  分ち飲む方が原則だったから改めなかった  分ち与えられない  分ちなく呑気な煙りが立ち  分ちもせず  分ち与えたり売り払ったりした  分ち与えた分身的神話でもあるらしくて  分ちのあるべきぞ  分ちしかどダンテは當時の教に基づき  分ち選ぶ理智を捨てて抱きかかへる  分ち申すといふ意味の句あり  

~ 分ち[名詞]1
裏とも分ちが  ぐつたまま夜昼の分ち  昼夜の分ち  敵御方の分ちの  老若男女の分ち  占領地帯へ分ち  自分のとは分ちが  男女の分ち  器から分ち  夜との分ちも  罹災者などに分ち  行動に分ち  四季の分ち  何か分ちの  二部に分ちしか  

~ 分ち[名詞]2

複合名詞
隨分ち  分ち用  時分ちよう  分ち合  分ち植  身分ち  分ち方  寸分ち  分ち給  分ち手  随分ち  



前後の言葉をピックアップ
若竹  若旦那  若だんな  分かち  分ち  別ち  わかち  分かっ  判っ  解っ


動詞をランダムでピックアップ
慈しむ挑ん素見さ貧し突当る學べぐする鍛え上げたちかえり引き換え編みだしくるめる捩じ向けとどめん謝すひっかつぐ落延び裁けこがれ
形容詞をランダムでピックアップ
こすきなまぐさくあしく軽したやすくとうとありがたきものものしい照れ臭い畏多い短けれやわらかいさしでがまし危うけれまずきゃ土臭ふるし耀かし嬉しきむつまじ