「刃」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
刃の下に心を書く  刃の下に果敢なくお成りなされるは知れた  刃向う事は出来ませんで竦んで仕舞いました  刃に打たれて死するに  刃をならべてほ  刃の大刀を佩いて  刃の大刀に血ぬらずして  刃に添うて  刃が闇に閃めいて  刃についた  刃をつけた  刃をうけて  刃向って歩いていった  刃を退かない  刃を遁れた  刃のあるという  刃を頭上に受ける  刃にがくツと噛みつかれ  刃を喰はへた  刃向ふ  刃がさっと斜めに走った  刃を横にして  刃のかげも  刃に歯向う獣のように捨鉢になって  刃のように鋭く切り込んで来ていた  刃を逆に巧妙に使い分けて  刃がはいると  刃が食い込んで  刃でロースビーフの角を切り落して  刃にて殺され  刃を手裏にして  刃のすり合う  刃のした  刃を詰めあった  刃になぎ立てられ  刃を前にして  刃をしめっぽい粘土の中へザックリと刺込んだが  刃の下に手をあはせて  刃をもつて  刃のように思いだす  刃がなる  刃を挿し込んで  刃向ってゆくだろう  刃でつらぬく  刃の肌にギラつく  刃を噛ませた  刃を納れると  刃を抱いてしまった  刃の血をビューッと振って  刃を引いた  刃を見て  刃で止めを刺した  刃を食い入れる  刃を持って  刃の手もとを握り止めている  刃を振って  刃を描いて刺す  刃をあてて  刃に当たって用をなさなかった  刃をスッと放して  刃を起していた  刃を日に翳して  刃をしらべている  刃にべつとり血がついてゐます  刃を引いて  刃を引いて逃げる  刃の当てどころからして考えなければならなかった  刃を覗いてしまった  刃に倒れた  刃と刃が軋み合い  刃のように研げていたに  刃鳴一閃のもとに祖茂の首は飛んでしまった  刃を当てるにも  刃の方を持ち  刃をわずらわさんとするか  刃はむこうへ飛んで  刃の怪剣を使うといわれている  刃をうけよ  刃を擬すも  刃に映つて  刃向うものは八ツ裂きにして  刃にふくんで  刃を合わせておる  刃に触って鳴る  刃を合わすより  刃を首に欲するか  刃も斧もてんで受けつけないという  刃を入れた  刃向って来るかと云えば  刃の音水の迸る  刃の音麥もわたしとその音をきいてゐる  刃を水から引き抜いて  刃を買わなければならないと思っている  刃の立つ  刃を下にして  刃は又もプツリと第二本目の繩を切りました  刃を返して  刃の飜れた  刃がきまっていて  刃でもあるし  刃を時々キラキラと太陽の光に照返へらせながら  刃で切りこまざいていた  刃その骨に及ばず  刃が広く打つてある  刃の鈍くなった  刃のよく切れる  刃鳴がする  刃を向けない  刃を向けて  刃に似たる  刃をつけたる  刃向ふかと思ふと  刃向うかと思うと  刃がよほど零れていたという  刃をといでいました  刃のとぎ  刃を研いでゐました  刃の研ぎ  刃に搦まるものがあります  刃を暗い窓あかりに透かしてみると  刃に月の光があたって  刃が何か柔らかいものにぶっつかる  刃に血ぬらず  刃が抜けると  刃にさわって見ていた  刃を密生した  刃は胸に突き通って  刃の孔がだんだん闊くなって  刃を持って入ってきて  刃に石のあたる  刃のように片そ  刃を起せ  刃を起してやったものの  刃がひかった  刃のこぼれて  刃の蒼ずんで冴えた  刃が立っていないらしかった  刃の方では打たなかった  刃へこの首をわたした  刃が落ちる  刃のお寺にひっこむ  刃が落ちて  刃に胸をつらぬかれたであろう  刃と云う  刃はせぬ  刃の政治科を修めさせた  刃向って来る  刃をつける  刃ものみたいに斬れる  刃を二三度前後に動かした  刃がとうとう蛇を俎上の肉の如くに両断した  刃を拭いている  刃みだれざるは上作なりと申す  刃に足があるか  刃の上を渡る  刃を砥ぎながら現れる  刃に伏していよう  刃に胸を貫かれたであろう  刃脆くも地にこぼれ  刃を研ぎすまし  刃を引出して  刃にちぬるに至らず  刃の間に虫の袋の口に近い所を食い込ませておいて  刃はしばしば切り損じて  刃のように狭い氷の山稜を伝える  刃を上にして  刃尖に眼をやった  刃で死んでしまおうかとまで  刃の中に囲まれている  刃を伏せて  刃がキラキラと陽の光を刎ねている  刃にかかって  刃を振り  刃の中から発し  刃が仲間を撲り  刃の中に取り囲んで  刃を下げた  刃を見せている  刃を向けた  刃は水平に寝ている  刃交ぜをする  刃は横に身を起して  刃のかみ合う  刃を抜き合せて  刃をつらねて  刃で剥がしてみた  刃をジリジリと近づけつつある  刃向おうとする  刃をあてる  刃の匂いとかいうものを教えてもらった  刃もて磨る如く  刃の血糊を拭いた  刃に落ちついて聞きすまして  刃がうまくはいった  刃の塵をふいたりした  刃が欠けるという  刃が垂直に平行して  刃はさわって見ると  刃と刃の先が鳴り合った  刃のみねから真っ直ぐにつけている  刃まぜをする  刃をあわせた  刃は一つの乗物に向う  刃は閃く  刃をお目にかけようか  刃の音を聞いて駈けつける  刃は触れないで  刃を咽喉にあてがわれた  刃をあてて引いた  刃が下せない  刃は打ち落されて  刃を合せる  刃でギリギリギリと石を小擦り出した  刃を飛びくぐって  刃を用いないで  刃まぜのひびきも  刃を角に折り曲げて  刃が止まる  刃の中に波が立ち  刃を鬢の毛に触れる  刃の上を斜めに摩りはじめました  刃向う程の小伜なれば  刃の根元まで突きこんでいるが  刃に吸いこまれる  刃を吸いつけた  刃をさか立てて  刃を斜め横にすべらした  刃がこぼれたら  刃を渡る  刃の中に模様がある  刃を受けた  刃向って行く  刃が静かに鞘の中に滑りこむ  刃で脾腹を刺され  刃でしていたら  刃は掛け  刃に指を持って行こうとした  刃を己れの身に当てて切って出した  刃を納めて  刃を渡っていると言おうか  刃を擬せられた  刃が立たないという  刃でなくて尺八であったとは言いながら  刃をのがれる  刃の下に取縋った  刃をその女の豊満した  刃を捨てようという  刃を捨て  刃を向ける  刃を下してみよ  刃へ噛みついて  刃の模様がついている  刃を突き刺している  刃をつきつけた  刃に触れて  刃を待たずしても亡ぶる  刃と刃にみえだしてくる  刃が降りない  刃の稲妻は見えなかった  刃の稲妻の見えるには  刃を抜き  刃を抜きとる  刃をあてた  刃のように鱗光を閃めかした  刃に刺されました  刃をあけると  刃をぬいた  刃を白くきらきらと光らしている  刃でうッ伏していた  刃をつき立てて伏す  刃でお首を打つも  刃でのどを突いて  刃を袖で覆って  刃に触れる  刃は目にもとまらず  刃にかけた  刃をしらべ  刃にお伏しあら  刃が附けてあって  刃を撫でると  刃がひらめいた  刃ばかりの浅ましい売上げの日が何日も続いた  刃を合はせ  刃もふるへ  刃を平らにせ  刃で殺し奉る  刃の先きからでも冷気を吸うより  刃向ふもの  刃がまがって  刃がかけてしまっていました  刃をつきつけて  刃に伏した  刃を渡るに  刃のひかりが提灯の火にきらりと映って  刃の切れ物を縫い込んでいました  刃のついた  刃の方を上に向けて  刃に触れた  刃を入れて  刃を手拭でくるくると巻いた  刃がまっ黒になるのに  刃がすこしもよごれていない  刃を起し  刃を執って  刃を迎えて  刃を下へ向けた  刃が武者窓を洩れる  刃を離した  刃を合わせていた  刃を交わす  刃がぴかりと光った  刃のやうに鋭い髪の毛でからだを覆はれてゐる  刃が立たなかった  刃のような冷たい風がシュッシュッと吹き込んだ  刃ぶすまを作りながら  刃を合わせようとした  刃を引くか  刃に向かって  刃に貫かれる  刃ぶすまをこしらえましたので  刃向こうことはなりませぬ  刃が剥げる  刃ぶすま固めながら  刃を避ける  刃のついている  刃の跡が上にはねているからにゃ  刃に附けて  刃に塗って有ったに  刃へ此の毒を塗って置けば遣り損じた  刃が突串った  刃に塗って有った  刃徹りて管内死してけり  刃が通るらしい  刃を加える  刃を加へる  刃で切って見ようという  刃を手に持って切っているだけな  刃の乱れた  刃が鋭くなされていた  刃を出すと  刃のような口を避けた  刃を首筋に受けて  刃のように冷いものがスーッと通りすぎた  刃を抜く  刃に斃れた  刃が一度に暗い部屋で光った  刃のように閃いて  刃向って来ようとする  刃がある  刃に衂らせたくは  刃は彼女の青ざめた  刃の蔭に蔽われ  刃を十二本ともそいつの腹へずぶりと刺した  刃を合せ  刃尖を頭の上のシャンデリヤに向けながら  刃で死ねずに  刃を合わす  刃も立たぬほどふとって退けるわ  刃がしらの予感に身をかたくまもり  刃に接吻した  刃の鞘を払った  刃向って来ない  刃の錆とされ  刃を刺される  刃は欠けるし  刃は心を引き裂きながら  刃を打ちこまれた  刃の鋭どさを閃めかせて  刃に伏して  刃でも結いつけてある  刃を連ねて待っている  刃が附いてゐる  刃に指先で触  刃のように躍り上ると  刃を横に拡げて  刃は金剛石の燈下に転ぶ  刃を抜き出しながら  刃がテカテカ光り  刃向ふといふ  刃をおこして  刃の両がわや柄にていねいにぬりつけた  刃を起す  刃の両がわを調べていると  刃を交へて合戦す  刃は飜れはしなかつた  刃が外の方へ向いてゐましたから  刃はこぼれはしなかった  刃が外のほうへ向いていましたから  刃が外の方へ向ひてゐましたから  刃で殺す  刃で駅の方をさした  刃のあとから芽の出て来る  刃をにぎらせて  刃を開き  刃の下におかれた  刃も切らんに  刃に水も滴らんず  刃を鞘に納むれば  刃なき物を禁じ能わぬべしと  刃を加えませぬ  刃の切れる  刃はもう鯉の首に触れていた  刃に血を見るばかり  刃をうけながら  刃で命をおとした  刃の当てられた  刃見澄ます国のため念ひ痩せつる  刃となり  刃のような薄い岩角を斜めに下り  刃のような鋭い神経を使っている  刃がついとんだ  刃に命を落す  刃の先を大鯛の鼻にくつつけて  刃を含んでいたかもしれない  刃を突き付けられた  刃は空を切って  刃もおなじく空を切って  刃で自分の胸を深く貫いてしまった  刃をすかして見てから  刃のこぼれてしまった  刃のこぼれた  刃がしつこい霧の幕をズタズタに引き裂いて  刃に血を塗る  刃を伝わってしたたり落ちる  刃で咽喉を掻き切って  刃がつぶれてしまった  刃を仰向けた  刃を入れておりましたが  刃を用意しておりました  刃にかかって死にます  刃のところに塵がたまっていたり  刃の痕を照らした  刃を出した  刃を左手首の内側に当てた  刃を手首に食いこませ  刃に光る  刃のように見えた  刃を磨いた  刃に用いた  刃が冴える  刃をぬきだす  刃が出てきた  刃を三枚ほど喰わせて  刃もへったから  刃わたりをすかし見ながら  刃向ひも出来ない  刃を愛の花としてクウフリンに贈った  刃が青黒い空に銀色の光に現れて来て  刃の如く西に現れるかと  刃のやうな寒さが全身に漲つて  刃のように寒く鋭くなる  刃が燃えている  刃のような凄さが身に迫って来た  刃と戦いを知らねばならない  刃のような大地に冬の冷たい赤光がきら  刃を胸に受けて  刃もよくついていて  刃は明らかに剃刀の刃のように鋭いということを見てとった  刃の方からだんだんに細くなって  刃のもの凄い振動を数えている  刃の下降をそこでとめる  刃が私の外衣にほんとうに触れるという  刃のすぐ近くにある  刃はもう胸のところに迫った  刃を欠くと云う  刃を傷める患いが  刃の欠けぬ  刃を以てする  刃のように外へむかって  刃の切れない  刃を揮わせ  刃をぬき連れてむかって来たので  刃をその心に突き透した  刃で撃っても切る  刃をぬいて  刃のように尖っていたので  刃は衂られなければならない  刃の先に突き刺す  刃を受けて見よ  刃を交えている  刃を打って  刃を合わせない  刃を加えたらしい  刃を合せている  刃を真蒼に塗って  刃が留まったとの  刃をよく改めます  刃のようなひやっとした  刃の勢いに攻められる  刃よりも愛が絶大な力の所有者である事を疑わない  刃が立てられましょうか  刃を入れても  刃を壁にあてた  刃となる  刃に見入っていると  刃がこぼれて  刃を引いて逃げ出した  刃を見せて  刃をふるう  刃を受けかねている  刃を下し  刃で着物の袂を切らせた  刃のように肌を刺し  刃をひらいて  刃をひらいた  刃にあて  刃も渡れた  刃を当てたらしい  刃をとぐ  刃としてよまれる  刃は論理そのものにまで向わなかった  刃がまっすぐになる  刃を閃かし  刃が閃いた  刃を三分の一ほど余して嵌まった  刃はかなたに光り  刃のいたみを  刃のように澄みきっていた  刃のように澄み切っている  刃にむかひてめぐる  刃鈍りてその切味劣るごとく  刃を一定の位置に貼り付けて置いた  刃の合する  刃が合うから  刃を水平にして  刃とガラスがいきおいよくぶつかって  刃ですっぱり切る  刃をこぼす  刃せしことあり  刃が引かれた  刃向う様子もなく言った  刃を調べた  刃がキラリと座のものの目に輝いた  刃がギラリと光って  刃尖が爪先を切ろうとしている  刃尖が肉を削り  刃のようにヒヤリとする  刃の方を支えた  刃を持った  刃がキラリッと光った  刃を加えん  刃を研ぐ  刃で蛇の尾を斬り裂いた  刃で貫いてあります  刃の部分は洗ったらしい  刃を突き立てた  

~ 刃[名詞]1
字は刃の  者に刃  無残の刃の  気憶れがいたし刃  彼の刃に  納る刃の  剃刀の刃を  怪人の刃を  雪に刃  つけやき刃  そこまで行かねば刃を  拙者の刃の  首を縮めて刃  首は刃を  私には刃  孫兵衛の刃が  光を流した刃の  風は刃の  部分に刃が  短刀の刃が  短刀の刃で  匕首の刃を  メスの刃の  鋤の刃を  山賊がふりかざした刃の  刀の刃の  ナイフの刃が  鑿の刃を  芸術そのものが立って刃  心臓を刃で  薙刀の刃が  有村は刃を  鋏の刃を  血を塗ったばかりの刃を  喉へやろうとする刃の  グザと刃を  頸動脈に刃を  捕縄はかれの刃に当たって  丞もえぐった刃を  ナイフの刃を  奇麗な刃を  両方の刃を  無言で刃を  剣の刃  竜車に刃  殿の刃に  ような刃に  刃と刃が  自身で刃を  自分は刃の  腕力に刃  肉迫して来る刃の  曹操の刃を  身に刃を  夫に刃を  剃刀の刃に  遺恨を刃に  相手に刃を  無駄に刃を  鋸の刃も  斧初めの刃を  点に向って刃  冴えざえときこえる鎌の刃の  鎌の刃の  一つカミソリの刃を  前に刃の  鍛つた包丁は刃が  ドキドキする刃を  鋸の刃を  槍ヶ岳の刃の  ツカと刃が  ツカでも刃でも  鍬の刃を  メスの刃で  横刀の刃が  ような刃  先方へ刃を  此方へ刃を  刀の刃に  鋏のごとき刃を  伊織に刃  信長は刃  刀の刃が  かんなの刃を  安雄さんは刃の  ナイフの刃に  鋸の刃が  毒舌に刃  奥羽を刃に  のであるから刃  重みで刃の  盗賊が刃を  鍬の刃に  切り出しの刃の  途端に切り込む刃の  言はば刃の  剃刀の刃の  ギヨタン氏の刃へ  断頭台の刃が  無念の刃の  絶望の刃に  鏨の刃  止めの刃  ものでも刃  庖丁に刃を  腕そのものが刃もの  ぐりぐりと刃を  錵乱れて刃  運命の刃の  上で刃に  七本の刃を  身を斬る刃かと  鋏の刃の  鋏の刃は  西洋剃刀の刃の  兜にあたる刃の  それが刃を  短刀の刃  力に刃  世間と刃の  内側にむけた刃も  武蔵の刃に  自分たちの抜いている刃を  音響が刃の  仲間の刃が  ギラリと刃を  主人に刃を  提督どもに刃  其許と刃  鎌の刃は  ナイフの刃で  男に刃  刃と刃の  鑢の刃  片隅の刃の  付け燒き刃に  斧の刃が  わりに刃の  切りくずで刃の  枯れ枝などを切ると刃が  鋤の刃の  脇差の刃に  ジッと刃のみ  太刀先に刃  十五人の刃は  ことを好む刃と  月にかがやく刃の  身に刃は  土方に刃を  うしろに刃を  金蔵にも刃が  手斧の刃で  人を殺すには刃を  長柄やらの刃  剃刀の刃  鉢へ刃が  余に刃  薙ぎはらいにかかる鎌の刃を  鎌の刃が  剣の刃を  怨みの刃を  ものに刃  鋭利な刃で  自分の刃  感心して刃に  滅茶滅茶に斬りむすび合った刃の  刀剣も刃が  それが刃  二の刃を  狂人の刃の  狂人の刃に  おれに刃を  ムザと刃を  縦に刃の  血のついた刃を  レザアの刃か  廿日月かざす刃は  葉も刃と  叔父甥で刃を  脾腹の刃を  青草に刃を  波頭で斬りつけた刃の  ブルタスの刃に  カミソリをつかみだして刃を  鎌の刃を  自身の刃  のどへ刃を  臣下の刃で  大刀の刃を  御子を刃に  北条遺臣どもの刃に  自ら手を以て刃を  耳かきか替刃ばかりの  三本鍬の刃も  無慈悲な刃で  ところの刃には  剣劇の刃の  寅松の刃は  つるぎの刃を  一種尖って刃の  そりの刃の  俄かに刃を  幸之助の刃に  庖丁の刃を  ナイフで刻むと刃が  ポケットナイフの刃を  方知らずに刃を  白浪の刃を  鉈の刃が  雲霧の刃の  右門へ刃を  うちに刃を  二本の刃に  御前さまに刃  それに刃  恋女の刃を  之を刃に  剣の刃に  世界に刃  そこから刃が  太子は刃を  一つ安全剃刀の刃で  安全剃刀の刃を  悲観思想によって刃が  同輩の刃の  氷の刃の  玉散る刃を  敵として刃  骨を斬るの刃が  #人間を斬る刃  以上に刃に  円形の刃は  理性の恐るべき刃  十二本の刃を  冴切った刃  はずみに刃を  不意にひらめくかも知れない刃が  熱ある刃の  ために刃の  心に刃を  ナイフの刃は  鋤の刃は  剃刀の刃でも  伏兵が刃を  チヤンと刃が  一刀の刃の  電気断続用の刃が  日本軍に刃  指先で刃の  心中に刃を  大名は刃で  鎌の刃で  親は刃を  冷き刃  摺込ナイフをひき出して刃を  勇士の刃も  氷の刃に  金に刃  一人にも刃を  さうな刃の  赤錆になったり刃の  弥三郎の刃は  一振の刃に  主君に刃を  恨みの刃を  怨の刃で  喉に刃の  筆端の刃を  ビフテキにして刃の  稜々として刃の  青竜刀は刃の  人の刃に  正眼に刃の  底には刃を  ような刃を  自分の刃で  鋭利な刃が  兄の刃に  監物の刃の  彼女は刃を  力をこめて刃を  鋤の刃に  斜に刃の  鋼を刃に  小刀の刃が  父に刃  眼をすえて刃わたりを  新月の刃が  時は刃の  平一郎は刃の  名刀の冴えた刃が  朝の凍って刃の  鋼鉄の刃の  鋼鉄の刃が  振子の刃は  剣先の刃を  短剣の刃の  知り合いに刃  私は刃を以て  果物ナイフの刃の  以後に刃を  執念の刃を  数十人が刃を  彼は刃を  稜は刃の  小説の刃は  実を刃の  俺に刃  忠義の刃を  縦横に刃を  太刀の刃の  太刀の刃を  十合と刃を  切物の刃を  剃刀の刃が  剃刀の刃は  それを受け取って開いて刃を  彼は刃の  懺悔の刃と  孝子守人の刃を  容易に刃を  安全剃刀の刃で  水が刃の  そりの刃を  そりの刃に  刀の刃も  普通の切れる刃  平らに刃の  今朝カミソリの刃を  生活へ切り込む刃として  懐疑の刃は  敵の刃の  鍬の刃は  グイスカールドを防がんとて刃の  瞳だけは刃の  さまに刃に  刀にむかへば刃  八時三十分以後に刃の  劒の刃の  ナイフの刃と  才能の刃で  彼の刃を  人を刃  メスの刃が  ドイツ軍に刃  光で刃を  柳の刃が  薙刀の刃  漆の刃の  誓が刃の  背部には光る刃を  一緒に振り上げた刃が  貞操にこらしめの刃を  両方に刃の  水平の刃で  甲型をした刃の  咽喉に刃を  

~ 刃[名詞]2
寒い刃  すぐ刃  白い刃  その刃  鋭刃  強い刃  なく刃  まず刃  我が刃  強刃  わが刃  鋭い刃  本当に刃  重い刃  短い刃  ない刃  青白い刃  同じ刃  どうも刃  薄い刃  この刃  まっ先に刃  小さな刃  青い刃  ただしく刃  ひどく刃  すっかり刃  うす刃  鈍き刃  ことごとく刃  ぎらり刃  さっと刃  其の刃  覚えず刃  冷たい刃  黒い刃  恐らく刃  次第に刃  高く刃  必ず刃  言わば刃  ついに刃  もう刃  やっと刃  とても刃  恐ろしい刃  手痛い刃  よし刃  もちろん刃  ほとんど刃  鋭き刃  

複合名詞
刀刃  丸刃  流木ノヤウニ刃コボレタ音イロガソツポ  刃金  刃味  刃交  刃こぼれ  乱刃  魔刃  坂刃  刃さき  附焼刃  刃もの  刃がかり  刃紋  鋒刃  直接刃  氷刃  たる伏刃  伏刃  刃囲  刃影  刃針  四枚刃  刃際  刃斑  一刃  狂刃  一閃刃  冷刃  左刃  左刃ひとつ  流刃  みんな附焼刃  焼刃  刃元  乱れ焼刃  一颯一刃  刃向い  刃音  馬上一刃  一刃敵  みずから刃  ツケ焼刃  二枚刃  刃型  刃様  刃向  刃あたり  刃位  三角刃  刃触り  刃文  刃すじ  刃切れ  交つて刃もの  刃二個処  刃合  つけ焼刃  刃広  刃鉄  みな刃もの  刀刃上  切刃  刃の  刃疵  刃向う  ゾックリ刃  裸刃  刃引  赤樫蛤刃  蛤刃  むざんな刃こぼれ  刃切出  刃向い立て  其毒刃  剣刃相  刃ざはりの  剣刃上  抜き取り刃  刃一枚六銭  害刃  刃風  刃抜き  刃形  本来刃  切刃大切先  刃並み  ブッスリ刃  刃状  棒ニ刃ナクンバ何  今一刃  シ刃長ケレバ則チ棒頭力  刺ストキハ則チ刃ヨリモ利アリ  刃向こう  刃くら  刃よう  度米刃堂主人  オレニ刃  オノシ壱人バカリ刃  壱人モオレニ刃  円刃刀  皆刃  向はん刃  ぴゅっと刃  手刃  刃妖左膳  帰途米刃堂  米刃堂主人文明寄稿家  米刃堂  子米刃堂解雇  鬼夜刃羅刹  刃ざはりのやうな無気味  廻転螺旋刃  だれ刃  截断刃  止刺刃  いつか刃  刃口  つけ焼き刃  刃さ  岡劔刃つるぎ  刃音拍車  刃そのもの  最初刃  



前後の言葉をピックアップ
  葉茶屋      葉鶏頭    パアパア  把握  ハアセナム  ハアタナ


動詞をランダムでピックアップ
引っ越さ跳ん削げ計る買え申し送る鞘走振りかけるつぎあわせる貯めみちがえるこがす振り切ろ読み切る見て取餓えられあやまり取り除こ
形容詞をランダムでピックアップ
気だるく心弱くしつこくどおとなしくっ侘しひもじいきびしくっ敢ない宜しき図々しけれかぐろき清かっあぶなし物珍しき痛いあさぐろくすがすがしゅう短かろ