「凝」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 凝[動詞]
圧へて凝  気がして、凝  まみを凝  斯うして凝  裸婦が、凝  傍らに立ちながらも、凝  文章に凝  孔雀を凝  二人は凝  涙をこぼして凝  月は凝  ことも凝  姫は凝  身動ぎもせず凝  心で凝  それは、凝  手のもので凝  気分、凝  表情を歪めて凝  仕様ことなしに凝  一本たつてゐる、凝  釣りに凝  そうに凝  足が竦んで、もう凝  先生畳を凝  中で凝  其面を凝  種々工夫を凝  精神を凝  厭ふべき凝  匂ひの凝  ママよと凝  むのだが、到底凝  眼だけを凝  一時間も凝  迫つて、凝  方を凝  行手を凝  装ひを凝  瞳を凝  料理から器まで凝  それを凝  薔薇から眼を離して、凝  のを凝  非常に凝  鉢に凝  今ね、こうして凝  肩が凝  形を凝  息を凝  それから、つぎつぎに憤りが揺れ、もう凝  眼を凝  抱へて、凝  位置で、凝  立皺を彫んで、凝  うちに呟いて、凝  中に凝  彼は、凝  云つて、凝  西南へ向けて、凝  手は白し、凝  顔をして凝  さを凝  新装を凝  暫らく私を見凝  前方を見凝  私を見凝  障子を見凝  他所を見凝  やうに凝  終日俳句に凝  硝子を感ずると凝  何か凝  れいの凝  これが凝  嫌ひ、凝  晩は凝  誰が凝  家になんて凝  中には動かずに凝  爪尖を凝  顔を上げて、凝  ぎりながら、凝  様子を凝  精気を凝  目付で、凝  腕組をして凝  其儘後藤君は凝  ことを凝  だらしがなかつたが、もう凝  姿を、凝  布は凝  顔を現さずに凝  つた顔をして凝  のですが、凝  これがまたなかなか凝  目を凝  幾日でも凝  頬被りといふ凝  無惨に掻き消されて、凝  私はとても凝  ことも、また凝  そばに凝  変装を凝  とつて、凝  なつて凝  方を視凝  夕陽を視凝  家に凝  默りこくつて凝  掻傷が煮凝  彼方此方に凝  精魂こめて凝  のんで凝  腕を拱いて凝  凉しいし、凝  學問にばかり凝  饒舌を封じて、凝  女は凝  あまつさえ、凝  明かに凝  弟を凝  身動きもせず凝  うに顔を顰めて呟くと、再び凝  話を凝  私が凝  疲れが凝  私が、凝  やうに暫く凝  活動写真に凝  つて、凝  守吉が、あふむけに寝そべつて、凝  吐息を衝きながら凝  孤独をあきらめきった、白い凝  人を視凝  眼差しで視凝  装いを凝  ふりをして、凝  蓋に凝  仮装を凝  支那人だ、恐ろしく凝  帰りたいのを凝  ものに凝  私は、凝  野兎など、とても凝  怕れて凝  のですが、止むなく凝  工夫を凝  虚無感などを凝  眼で凝  南へいって、凝  舌を鳴して凝  妄想に駆られて、凝  背を延して坐り、凝  思いを凝  草吉を見凝  蔭から、凝  掬はば凝  盛裝を凝  盛装を凝  凝りに凝  上から先ず見凝  眼つきで凝  つて、とても凝  作りは凝  一時私が凝  まばたきもしないで凝  工夫を凝すなら凝  中へ入り、凝  何時までも凝  のは、凝  たびに凝  うえに凝  それはもう凝  眼を俯せて凝  助は凝  書斎で凝  心に描き出しながら凝  瞳を据えて凝  兄を凝  静かに凝  助は、凝  影を凝  顔を凝  自分を駆って、凝  前に凝  身を寄せて、凝  彫刻の如く、凝  二人はこう凝  十分は凝  書斎へ這入って凝  兄は凝  毛だらけの凝  椅子から離れず凝  方に凝  有様では到底凝  蔭に忍んで、凝  靴下に凝  思つたものの、凝  つて架空的な思ひを凝  さに凝  ツと視凝  室内生活の凝  純和風の凝  三木は、凝  彼とを凝  傍らで凝  天井を視凝  雪を視凝  ままで、ただ凝  彼は、もう到底凝  焚火をして、凝  妹よ、凝  一時剣術に凝  人南無阿弥陀仏にばかり凝  無水原質が更に凝  独りで凝  前に坐つて、凝  カフエーなどで凝  冷汗を掻くからと云って、凝  事なく、凝  双方からのぼって来るかと思うと、合って、凝  心自ら浮き浮きして、凝  函は凝  星がなければ、永くはその凝  カーと熱くなり凝  さうに、凝  腕を組んだり、凝  一点に凝  彼の見凝  い怖ろしい、凝  姿で、凝  イギリス海岸には、青白い凝  枕頭に凝  工風を凝  霧が凝  一刻も凝  彎曲をなして、なかなか凝  つけやうにも、なかなか凝  時世裝に思ひを凝  女たちの凝  時世装に思ひを凝  時装に思ひを凝  文學にばかり凝  つて目を凝  轅は凝  なかなどに凝  やつて凝  來た凝  私も凝  慄き、若きは凝  眼を睨むがごとく凝  行方を凝  華奢を凝  評定を凝  激動に驚きながら、凝  凝固して、凝  程、凝  姿を見凝  傍に達し、凝  等分に凝  浅緑で凝  相談を凝  風に、凝  波を打たして、凝  ペイジを凝  瞳で凝  死を視凝  湯気を凝  筋を凝  皆凝りに凝  へんもだいぶひどくやられたとみえ、凝  顔に戻つて、凝  哄笑をあげて、そして凝  嫌ひで芝居にばかり凝  稍蒼ざめた面持で凝  銭遣が荒く、凝  眉一つ動かさず凝  祈念を凝  あくほど凝  老人を凝  飾りもの、ありきたりな凝  首だけ凝  あたしが凝  あんぽんたんは凝  笑ひを視凝  紫嵐を凝  考案を凝  考えを凝  顏を凝  途中に凝  隅ッこで、凝  媚を凝  形に凝  やうに、凝  化粧を凝  砂が凝  数寄を凝  顔をおしつけて凝  私は凝  二本載せて、凝  精気が、凝  眼差しで、凝  腰をおろして凝  嘆きが凝  鎭守とて、凝  妙に凝  一晩涼しい処に置くと凝  丹青を凝  脂が凝  一日二日置くと凝  方が早く凝  境を弁えぬ凝  燐の凝  顔をして、尚も凝  頃になると、どうしても凝  塩風に靡かせながら、凝  策謀を凝  老人が凝  ひとりで凝  横顔を凝  想はれて到底凝  顔で凝  目標にして、凝  直ぐには振り返らずに、尚も凝  虫は、凝  数奇を凝  瞳を流して、凝  背後影を、凝  名を言って、凝  水流を視凝  呂木は視凝  張つて、凝  奇想を凝  立止つては凝  それらを凝  鶴子は、凝  熟議を凝  ぢいつと見凝  首まで浸って凝  一羽、凝  明くる日あると思ふと、明けると凝  上を視凝  影をじーっと視凝  影を視凝  それをじーっと視凝  津吉は凝  ものを撮み取って凝  雛菊は凝  ものに対して、随分と凝  しかしながら、凝  銀子は凝  眸を凝  百雷落下と凝  梅子は凝  女を視凝  竹山は凝  顔を顰めては、凝  今度は、凝  何かのかたちを描いてでもゐるらしく、凝  標題、凝  辛抱して、凝  定は凝  くして、凝  のか、凝  眼尻を一層険しくして、凝  其処に凝  光景を、凝  飜せば、凝  恋を凝  皆無であらう、凝  へたに捏ね交ぜられてるその凝  石壁に凝  顔をほてらせて、凝  ボンヤリ鍋を視凝  雀を視凝  顔を視凝  うち一つ所を視凝  気持を、凝  錦子を凝  郷里に凝  泥流が作りあげた凝  それよりも凝  心を凝  掌に載せまして、凝  此に憤りを発し、思ひを凝  視線を凝  果樹園からどこに行くかを凝  眼に凝  雪状の凝  気に、凝  雪が凝  水鏡に凝  特に難解な哲学書に凝  想つて、凝  虹を凝  湛へて、凝  老爺は、暫く凝  葉書を見ると、凝  姿ばかりを凝  我れを見凝  ヴァレリイを見凝  自らを見凝  ように凝  小品文をなし得べしと、思ひを凝  想ひを馳せて凝  云へぬが、なかなか凝  門番が凝  一番下の凝  滝はもう凝  重味に堪へながら、凝  のであるが、凝  丹誠を凝  毛髪を視凝  顔を、凝  麻油を視凝  杯に凝  器物に凝  建築に凝  裏地に凝  氣色もなく、凝  気色もなく、凝  それこそ凝  顔が、時として、凝  一息入れて、凝  硯屏や凝  眼眦で凝  結婚を考へると、凝  うちで呟き、凝  顎を埋めながら、凝  卓一を視凝  ぐるやうに視凝  情熱のみが凝  妻を視凝  返事もしないで視凝  場所を視凝  ものを視凝  ころ写真に凝  俳諧に凝  心の視凝  それを視凝  憎しみの視凝  木像の如く凝  うえでの凝  美文であり、一応凝  そこを暫く視凝  局所を視凝  顔を見凝  馬耳を見凝  天井を見凝  こと鮫島を見凝  ように、凝  やうに曲げて凝  さに、凝  眼で、凝  筋肉を凝  音楽に凝  線を見凝  前方遠くを見凝  其永遠を見凝  中に雄々しい思ひを凝  隅に凝  格好で凝  暫らく祈念を凝  完成品に凝  そのまま目を凝  瞳孔が、凝  体裁だけはなかなか凝  本郷氏は凝  眼鏡、凝  三十八代の凝  収拾してくれるだろう、と、凝  それを見凝  眼をほそめて凝  彼の凝  商売のせゐか、凝  特に技巧を凝  内側からしんの繁凝  粧を凝  紫を凝  俺も凝  まつて、凝  さうな思ひで凝  わたしは凝  まり題にばかり凝  祈願を凝  以前の疑ひが凝  凭りながら凝  ときものは凝  それが凝  モルガンは凝  気がして凝  云つて百合子は、凝  宗教に凝  装を凝  呼吸を凝  犬は凝  間と覚しく凝  不思議想に凝  九女八は凝  ようなのに、凝  一世一代の凝  義太夫に凝  服装に凝  後に、凝  間に縮める、この凝  囚はれて、凝  しまひさうなところで、凝  とりまいて、凝  娘はただ凝  ちやんに凝  姿を凝  早や凝  眼を据えて凝  自分を凝  道端へ立ち止まって凝  癇性なので、よほど苦しくないと決して凝  筆も執らずただ凝  書斎に凝  風に凝  島田は凝  深呼吸でも試みてゐる見たいに凝  眉毛や、凝  圓みに凝  時刻になると凝  禅宗に凝  他人の顔をそんなに凝  僕は凝  手数将棋に凝  時、凝  から暫く凝  号一が視凝  火を視凝  白石を視凝  栄耀に凝  賢彌は、凝  風もなく、凝  手相に凝  あなたを凝  油汗をにじませながら、黙って凝  凭つて、凝  我是を凝  今も視凝  あたりへ凝  精気が凝  信仰に凝  義理に背くと思えば、凝  來て凝  丹精を凝  挙動を凝  何か無いかしら、もう凝  若い女が凝  不気味で、凝  上体を反らせながら凝  間から半身をのり出して、凝  伏目に凝  深山のその凝  今、凝  銀翼を凝  静かに沈んで、凝  一里以上もある、凝  杯を凝  目もくれず、凝  ト宗山が、凝  拳骨で叩きながら、凝  衣食住に凝  のではなからうか、などとひどく凝  何うにも凝  普段でも、大きく丸く凝  元気を盛り返して、凝  涙が凝  夜部屋に凝  方を向いて凝  忠節に凝  人が凝  鸚鵡返しに点頭いて凝  眉ひとつ動かさずに凝  瞳を定めて凝  抱へながら、凝  発作が起ると凝  気流なのだが、凝  やうに視凝  部屋部屋の凝  精気の凝  写つた顔を凝  私を凝  顔に凝  とくに、冷えて凝  顏を、凝  震はしながら凝  併し凝  惡のものに凝  氣が凝  氣が散つたり凝  積乱雲が凝  後退りして、凝  私は唸り、凝  浄瑠璃に凝  何ごとかを思い凝  扮装を凝  これを凝  のを、凝  張り呼吸を凝  母親を視凝  表面の凝  廊下一面の凝  一匹止つてゐた、凝  素敵に凝  評議を凝  數寄を凝  三十分とは凝  忠実に、凝  空を望み凝  此処に凝  表情で凝  雲煙が凝  会議を凝  祟つて、凝  稍ともすると、凝  一方ばかりを凝  眼は凝  答へながら、尚も凝  書籍を凝  気持になって凝  横にして、凝  何処までも凝  心とを凝  途中で往々凝  怺へて、凝  てゐないらしく、凝  鋏を開いて凝  忙さうに、且つ凝  籠めて凝  唯隣座の凝  小首を傾けて、凝  服装ばかりに凝  私の凝  心持で、凝  我慢してこう凝  変化を凝  病気以後父は凝  父が凝  東京が凝  私には凝  ものを凝  肱を載せて凝  無理に凝  室に凝  大変美しく映ったので、凝  娘といふと凝  あんたが凝  片時たりとも凝  姿は、凝  師父は絶えず凝  これにぞつこん凝  屋などに凝  呉が凝  古代研究家の思ひを凝  眼付をして凝  独りでは凝  部屋を凝  湯気が凝  此方を凝  祈祷を凝  私はさう思ふと、ふと、かうして凝  つて、尚も凝  虫は凝  さが凝  具合を凝  蝶は、凝  幾時間も凝  上に積みあげて、凝  さに馴れるまで、凝  雨風を凝  やうにして、凝  慄きを凝  丹田から精心を凝  デザインに凝  和菓子ほどには凝  彼は凝  気遅れがするばかりで凝  眼が凝  少時息を凝  塔の頂きに凝  まり趣向を凝  



前後の言葉をピックアップ
ココヲ  ゴゴン  古今  ココ椰子  漕ご  ここ  古語  古豪  呼号  小声


動詞をランダムでピックアップ
書きなぐる見舞お引きずれ数えたてる咎めん付け足さになえる吹っかけるうなろ詣ろすすけ廻れる値すれおとしめよ結えつけるまつろたてこん申し付ける悲しみ映える
形容詞をランダムでピックアップ
危うから空恐ろし黒っぽい懶いかがやかしく湿っぽていたいつつましかっ名残惜しき嘆かわしき若かろ望ましくずるかっ物憂かっづらう女らしかっ手あつく快しっぽくっやむを得な