「凍り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 凍り[動詞]
黒身も凍り  シーッと凍り  音ぞ凍り  潮が動かないで凍り  新聞紙流れ水流れながらに凍り  燃えあがり、凍り  窓をたたく、凍り  ふちに凍り  衣服は、何時の間にか凍り  爪先よりすでに凍り  日は凍り  平らかに凍り  川水は凍り  血が凍り  さに凍り  外の凍り  灰だらけにするか、さもなければ凍り  枝に凍り  そこらに凍り  思念が凍り  顫きて、凍り  大地に凍り  体は凍り  間、この凍り  上に凍り  土は凍り  なかで凍り  零度で凍り  水が凍り  点から凍り  泥濘や凍り  上面だけ凍り  道路みな霜に凍り  舷側に凍り  吾等は凍り  筋肉の凍り  鳥に啄み残され凍り  瞳はひらかれ、そのいろこは凍り  おむつも凍り  くちづけかたく凍り  睫毛は凍り  指の凍り  水は凍り  皆な凍り  茶滓まで凍り  痰がすぐに凍り  手足は凍り  河も凍り  雲間に凍り  音も凍り  血も凍り  宿から出してくれた凍り  湯をあけてくれた、凍り  結晶として凍り  身も凍り  足も冷え凍り  両脚とも凍り  ように堅く凍り  やうに堅く凍り  ヴォルガ河が凍り  からだじゅうが凍り  水は、凍り  ために凍り  音を立てるほど凍り  地底にむかひ、遂に凍り  中で凍り  へそまでが凍り  むねに白く凍り  やうに凍り  水道は凍り  手も凍り  方の凍り  痕跡が、早くも凍り  水道が凍り  中に凍り  底までも凍り  大森林、凍り  そこらを見まわすと、凍り  骨まで凍り  炭を取りに行く寒くて凍り  心臓が凍り  心臟が凍り  夜が更けるにつれて凍り  言葉も凍り  



前後の言葉をピックアップ
コオライト  コオラウ  コオラス  コオラッサン  コオラン  桑折  氷上山  氷り  氷砂糖  こおり


動詞をランダムでピックアップ
飛びかかり採り入れよ借受けるしばり信ずる與える看取っとりこみかきたてよ守れよへばたび留っ結ぼ言い消す掻い摘ま忍ばせこめれ皮肉っ跳ね返
形容詞をランダムでピックアップ
あつけれいざとくぬるから血なまぐさかっ幼うみずみずしい遠くっ面映ゆおぼつかなし素早かっ騒がしゅう欲しかろしおらしいうれしく浅黒く待遠しくっおぼつかなかろ苦にがしく神々し毒毒し