「児」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
児こそ希ひし  児が店へはいって来たそうです  児は怖い顔をして  児を急き立てて  児が三々五々やつてくる  児はとても助かるまい  児は大食させ  児はこましゃくれているから  児と遊ぶ  児を生んだとする  児と話をしている  児にトンと衝当る  児を五疋生んで二疋喰べて了った  児もいかにもおもしろそうに笑いながら  児ちゃんはおやとりっち言葉をこのごろ覚えたから  児の下駄を借りたいという  児は一つ上の姉でも姉は姉らしいところがある  児の間にはさまりつつ  児がいちばん無遠慮にやってくる  児はがっ  児は四つでも箸持つ  児もぶらんこに飽き  児もうろうろ遊んでいた  児がひとり上がってきて  児ちゃんのかんこがえいと声がするかと思うほどに  児を生んだ  児ができ  児を連れて  児の無邪気な遊戯と軽やかな気まぐれとに溶け合っている  児の父となって  児と戯れながら  児は大きい湯壺をわが物にして泳いで  児は流石に驚いた  児は矢張遠い母親のことを思つて居た  児の剥いた  児はいつも黙  児は黙  児を始め  児の泣き声と家内の叫ぶ  児を抱きかかえる  児はその後で持ちあがる  児に手をかけた  児の胴から上を持ち  児を衝き飛ばす  児を抱きかかえたなりに  児を抱き  児の手を曳いて  児に下駄を履かしたので  児をその背に乗せた  児が住んで居りました  児がいっしょに楽しめる  児の名を当てさせる  児へ地蔵様に乗り移って下さいという  児があって  児の所得になる  児を生むとさえ信じていた  児を坐らせて  児をかかえゆさぶって  児が火鉢なんか持込んで  児は冷淡になるに反して  児が盆飯を炊くという  児もあるから  児の遊戯に出て来る  児を捕ろうとする  児の荒々しい運動となり  児が次の馬になる  児の中でも行なわれていた  児をしゃがませ  児の後から乗りかかって  児の答えが当らなかった  児のようにしくしく泣き出しました  児は福相がありますから  児の上を踏み躙って来る  児だけは母親がしっかり抱いて逃げたので助かった  児がないとすれば  児が出来ないとすれば  児が出来る  児が出来るならば  児が出来ないまでも  児が泣いて留める  児のごと燃えたてど  児の如くならざれば  児のごとく政府を信頼して  児の如く信じたと思います  児の如く信じた  児の如く政府を信じろという  児になって  児の声が一番最後にきこえて来た  児を持っている  児とおっしゃるから  児と一所に暮そうと思って  児と二人おいで遊ばしては  児がそんなに思ってくれる  児を救済院に委託する  児でも鼻を嘗めたいほど  児を抱えた  児を抱いて出てきた  児を皆殺しにした  児を佐世保や横須賀に転任する  児の如くならずば  児に近いことを現してゐる  児を前にした  児に驚かない  児をおどせば  児むかひ居て散りかかりたる  児を妊娠していた  児があったが  児となった  児に向って為された  児とが一つになって  児を抱へてゐる  児の生れた  児を産んで  児が生れ  児が生れた  児が驚いて  児は勇敢にも石を取って  児を生みたいと  児を抱いた  児の感化に染まる  児を抱いて寝ている  児を抱いてきた  児に生れかわる  児を取って  児を見るが如くならずや  児の養育を他人に託する  児に逢はれない  児が出て来た  児のような優しい手つきでセッセと爪を磨いでいる  児のやうに恋人のやうに愛してゐた  児へ割歩を打ち  児まであるから  児まであるに  児がハンケチを持って  児に風船玉を持たせて通った  児につけてもらはう  児は師匠に可愛がられている  児を持っていた  児も泣き出した  児を抱えて  児が袖を引張って言う  児とは思われない  児に刺戟されて  児をうみました  児のためにいいかも知れない  児が駈け  児よりも継子の御総領の方を大層可愛がって  児に叫ぶ  児は容易く餌につかぬと  児の彼は主人の家に引き取られて  児飼いからの恩もあるので  児を抱いて立っておる  児に対する弟の態度や何かがそろそろ男と云う  児でも抱きしめる  児なのかもしれない  児がありました  児という事にして  児として育てられながら  児を持て  児は半歳のうちに両親を失って  児が三人で土いじりをしていたが  児と噛みあう  児は牙を備えてきた  児と喧嘩はできぬといっている  児は丈のびぬ  児をまどひ  児をほめられぬ  児が僕の云う  児をよびてかたりたわむる  児の髪の毛をなぜてやった  児が冬外套を着てのっかって行く  児の外套を着た  児ども騙しの  児に見せずほと  児を産みつづけた  児わが児とすなを  児と見  児が女として育つて居り  児が男として育つて居る  児になつて居る  児の方に女のしるしが現はれる  児の母親の方へ相談にまで行きました  児が追っかけて来て  児じゃアありませんか  児に浅瀬を教わるとは  児を喚び入れた  児が生活していた  児が一人ござって  児も拝みたかろ  児の嫁にした  児のように首を振った  児にてわかれまつりし  児の嫁にはやれんと  児であったなどということになりましたら  児が背負って遊ぶ  児を見るにさえ  児の顔さへ其中に交つてゐた  児があります  児に鎌を振りあげられて  児は位置が悪いと森棟医学士が言はれる  児の啼く  児は力およばず  児と横たはる  児が一途に憎くてなりませな  児の柩に成るべく  児の死んで生れたと  児でしたのに惜しい事をしました  児の為に泣いた  児を浄めた血で書いて置く  児が有りますからな  児を抱いて  児も裸形のやうに見える  児は王の膝の上に乗りゐる  児の膝のところを抱き  児の後ろに廻つて頸のところを支へてゐる  児を背に縛りつけられて  児の病気も昼は軽く夜は重いのかもしれない  児はこの樹の下に集まつて  児があんばいがわるくて死に  児はどうせ病気になるなら  児を生まず  児を雪の深い森へ連れ込み  児は凍え始め  児の死骸が発見された  児はまい子になってしまった  児が父親に手をひかれて来る  児の小さい脚でゴム長靴がゴボゴボと鳴った  児はどうして育つでしょう  児を育てなくてはならなかったが  児を愛撫した  児を伴れ  児は夜半に便所へ起きる  児が例によって起きたので  児に用をたさしながら  児は放りだされて  児が便所に起きたので  児を抱かし  児に用をたさせながら  児を見まもって  児を抱き取ろうとしている  児を大事にしてくれる  児のいる  児の対手になっていた  児は玄関口で焼け死んでいたが  児を挾んで  児だと思っていたろうが  児の神のことであったとすれば  児の神のある  児を連れて来て置かねばならなかった  児の紅い頬辺もこの私のこころざしだ  児の黒焼を売る  児を宿さぬという  児とお附合はちっと困る  児だからもうちっと遊んだら  児の心なる  児を叱れば  児の枕辺に人形を買ひ来てかざり  児も無い人なんだなと思つてつくづく見ると  児がちょこちょこと電車線路へ歩いて行く  児に添乳する  児の事ではあるし  児で年や体のわりに大食した  児の力をもあわせて  児と云う  児が同胞達からいい気持をされなかったと云う  児でして  児の教育のためにもなりませんから  児に似たり  児を盗む  児のすきなのはナワ飛びです  児ももう行ってしまった  児とは違って  児のようにむちゃを云いだした  児ときめて  児なら構わないかも知れないが  児の鳴く  児が持ってきて  児だけありて  児なら毎日通るから  児の歩いている  児を自動車へ乗せた  児の前へばたんと車扉を閉めて  児だからもう眠る  児はものになりましょうか  児を思う  児も或は年を老つてから悲惨な死様をしないとも限らないから  児に乳房を啣ませて坐  児が立つて居て  児か鼠の児かちょいとは分らぬ  児かも知れない  児に響くじゃありませんか  児でも生れたら  児が生れるか  児は誰に似てるでしょう  児を見守ってる  児は他人にやってしまって  児のような気がして  児が生きていたら  児は自慢した  児も黙る  児ではなくなった  児がある  児はたちまち歩みを遅くしてしまって  児の方では何かに打興じて  児が酷い叔母に窘められる  児はこういう訳のものだから愍然だと思ってくれる  児を育てている  児を危い  児らしく野性的な激しさが輝いてゐた  児が骨壺を抱いて歩いて来る  児のように私の顔を覗き込んできた  児を引つ張り出して  児が水溜りに入ると  児が雛壇の前に集まって  児が多く集まって  児がやや大きくなって  児が生まれたという  児を設けて  児の子守唄によって飛羽の所在を知り  児があった  児は頭に載せ  児は手を引いて行こうとしたが  児が生まれる  児がよく啼く  児が大きくなったら  児を育て  児が生まれるまで  児を両手にかかえ  児が出来て  児を愛する  児の生まれる  児を道祖神の辻へ連れて行って  児を降し賜わった  児を寐かしつけ  児の生まれた  児のやうな眼つきで暫く見守  児の方を振向くと  児がなげた  児が小くて  児だち  児を育てたいと云って居る  児を見ると  児であるとすれば  児だと書いて  児が三河屋綱吉という同い年の児の強飯のなかへ自分の箸を突っ込んだ  児を歩かせてゆく  児の母を家政婦みた  児が仕事の手伝やら母の看護やらに来て居った  児が可哀相で可哀相で居ても起っても居られない  児を静かに寝床にうつして  児はさだめしお父さんを恋しがっている  児はあそこへ行く  児は飢に号くと詠った  児たらずとせんや  児の手はなお残りの団子に及ぶ  児だけを目がけて来る  児がぬつと起きあがつたりしたので  児に通ふ  児と潤太郎さんとを同列に置いて考へる  児をなんか見てゐやしなかつたわよ  児をみの  児をどうする  児に対する聖なる義務に相違ありませぬ  児を抱けなかった  児になろうか  児らしく見えた  児を負った  児が小さな幽霊のやうに起きあがる  児が四つとはどうしても思へない  児のお母さんはどうしたの  児はみんなまるで唖のやうにまだ口をきかないのよ  児の木とについて心もとなく思っているので  児の姿が見えた  児とだけ呼ぶ  児が生れてから  児が生れる  児を見に行った  児を抑え  児にひどく悪性の嗜虐症的な悪戯をして  児をほとんど死に瀕せしめたという  児が居ましょう  児はああいう  児に乳を呑ませていた  児は乳房を押えて飲むほどに  児と向かい合って  児だとそういう境遇のめぐり合わせにおかれる  児の相手になっている  児が意地の悪いことをしたりする  児を見ながら  児を抱いて休んでいました  児に学問は要らぬと云って  児とが首を重ねて  児は七つ八つになれば  児と違って放っ  児の父とし  児と思いません  児のように山根さんをゆすったので  児を殺したる  児殺よなと心付きたれば  児の血を濺ぎし  児として考えて見る  児として想像して見る  児を以て自認しつつ  児に立ち帰る  児をして  児の手が握れない  児を抱き寄せる  児は畳の上に両手を這う  児は赤いメリンスの単衣を着ていた  児に手をかけて  児を押しやり押しやり  児の手を曳かして  児を負ぶ  児が足を投げだして坐り  児は死んでしまうが  児をひきつれて  児の母となった  児されてあった  児のやうに足音を忍ばせて  児迄が世に出ぬ  児をおあやしの  児はそんなに乳を噛む  児を引取って自分の子にして育てようかしら  児を産落しました  児も生きていなかった  児は始めて  児は八つ口の明いた  児に勝利を占められた  児が生まれて  児は成人に到らずして死んだ  児や女の児をよろこばせる  児の運命をわたしは悲しく思いやった  児であると誇りつつ  児が母のあとに付いて  児に初めて泥坊という詞を教えた  児が七転八倒します  児の蒲団の中へ手枕で横になって  児が余念もなく遊んでいた  児が生れていた  児の身体には異状が起って来た  児を抱いている  児は壮健そうな顔をしてる  児が遊んでいた  児に一寸尋ねた  児になる  児が支那米の袋に這入って  児だけは残りますよ  児の感情が残つてゐるらしい  児にのませた  児が何時も身震をする  児に当らぬ  児を覗いて  児が其処の親父やおふくろの墓の上で泣いてゐる  児の歌う  児の前にしゃがんで  児だつたか知ら  児にしては  児か知ら  児であらうと  児であろうと紫玉は視た  児なれば我はもや自然の巣へと花ちる  児にしろ  児はわたしがきっと守ります  児を生み落した  児が戸の間から庭を覗いて  児にはつり合う  児だと信じて居る  児に仕立てあげなければ  児にならせなければねえ  児と地頭に勝たれない  児は大工にするが  児が騒ぐかい  児だによって母に免じて  児に銭を握らし  児の事を書き  児に与へる  児を見せにくる  児に霰がふつてきた  児が泣く  児のためであろうと考え  児でちつとも  児のまつ  児にめぐり会う  児であるということを知っていた  児のせいで紛れていたがね  児も大層姉おもいだと見えまして  児でも亡くして  児の面へ泥を塗ってしまった  児の腹を見せるんでげすから  児で納まって行きたい  児らしい顔付きをして  児に対する愛とともに深い生活の安心が輝やいて居た  児は愛する  児の沽券に触ると力み出す  児の腹を見られて  児にむかって  児だと思われたであろうが  児をすぐに負い出して  児をだますのに  児をお定と申します  児を大変に可愛がって  児の運命はどうなるだろうかと話し合った  児の癖はかなしき癖ぞ母よ咎むなひと塊の土に涎し泣く  児に秋来れば  児を抱けるかな  児のあり  児の死にゆきし  児の胸に注射の針を刺す  児のからだ冷えてゆけども  児の風流を無茶にする  児の手を引っぱった  児のようにうそうそと笑った  児で通して来た  児を知るは  児は痙攣を起して  児もだまる  児に話しかけている  児が三輪車を乗り廻していた  児も有ませう  児が二匹もいて  児が久保を愛しても  児の肩を押えた  児なぞは小説などを読み得る  児の純な鼻の表現を見て  児だから解いて  児をもらいに来た  児を育てる  児のようなことをおっしゃったって  児のやうに微笑んで  児は如何になし居るやらんと  児を産みてよりは  児を見たき  児が愛していた  児をつれて  児になると信じて  児に着せた  児にそうするといい  児をもった  児もあるが  児はこれをナンゾといっていた  児は世界にほこる  児が殖えたばかりでは  児が米代としておいて行った  児も泣いたり  児がその中にあった  児のやがて生いた  児を伴侶としている  児は新しい衣を着て  児を抱き上げて  児が眼をパチパチさせながら云い放った  児もテングサの雫を引きずり引きずり  児と一緒にうなずいた  児のようにしていた  児を負わせた  児を落す  児らしい閃きを宿した  児は屍のまま一坪の墓地へ埋めた  児が出来た  児のように障子の桟を臆病らしくのろのろ這って居た  児は最早兵隊に行って帰って来ているし  児ならばお嫁さんに行く  児には良い事をしてやり  児がもし二十五になっても  児が悪くなっていたら  児がどんなによくなるか  児にものを云ふ  児の足下に至らしめ  児を礼拝した  児あそばする  児を生むという  児が日の暮れるまで  児に乳を呑ませる  児で暮しに困った  児の娘を連れて  児を伴れし  児の顔を見た  児の日蓮上人を養子にしてしまった  児を譲り渡す  児のようにして育って来た  児が云った  児の上を掩える  児とを海辺の様々な情景で撮した  児が産れて  児だと思うと  児らしい気持で云い進んだ  児の絵日傘が紅い影を船端の波にゆらゆらと浮かべていた  児が独楽をまわしていた  児はなにを見たか  児を上へあげろち  児を貰って  児はある  児の正体は係り役人にも判らなかった  児などを取り扱った  児などを取られた  児をなくしたとか云って  児じゃしようがありませんからね  児と一緒に見なす  児じゃあしようがねえと思った  児と猫の児と何か係り合いがある  児をどうしてなくした  児をどうかしなすったか  児をなくした  児が立っていた  児はおどろいた  児を無事に生み落しました  児をよそへやる気はないかと訊きますと  児を受け取ってまいりますと  児をお津賀の家へとどけてくれる  児をかかえて行く  児を河童頭に剃らせて  児を生け捕って  児が一人しか居ない  児を一人生ませているという  児を亡った  児だけが袖なしを着るが  児飼いからの奉公人ふたりを毎晩見えがくれに付けてやって  児の銭遣いの荒いのにも困りますよ  児が遊んでいる  児を攫って行く  児も攫われる  児は七つになりますか  児だと思って  児が太鼓売りと  児をあやす  児が店の前に立っていたが  児は表を指さすと  児は半七らを恐れた  児の場合には一層深刻な作用をもっていはしまいか  児が素早く拾った  児がまた取ろうとする  児はやるまいとする  児が先に拾った  児にやらなけりゃいけない  児は大よろこびで  児は相手の女の児を指さして  児は手に掴んでいる  児を知っていました  児は誰だか判らないが  児はお三ちゃんに違いないと云う  児は指さして教えた  児の発育が今までのうちにどこかで止っていたにした  児が立っている  児になれ  児を引続いて失ったとする  児と並んで  児をもつ  児を失い  児の泣く  児に当てさせる  児はヤマノフデといっている  児はこの草の花を実の入らぬ  児が申し合せて  児というものがいた  児は死んでいたという  児でも始めて  児のチチチチと啼く  児を育てて  児に太郎という名をつける  児にお花という名をつける  児と女の児とに同じ名前をつけられやしないかと  児の命名と女の児の命名とが協議される  児が出て来て  児の場合などになると  児の如くならずんば  児は遂にその生れたる  児に似たりとある  児の肺炎嘆くとも  児が私の顔を見て  児の上を思うても  児を横すじかいに引っ抱えながら出て来た  児の中でも気の早いいなせな渡世の寄り合っている  児の一人ある  児を産むから  児に対する親みを覚えます  児は海の底に下りて採り得た  児のなかでもいなせを誇る  児をせいと  児が鼻を高くしていた  児の群が噪いで  児を伴れて  児も此に漸く家居の楽を知り  児はだれかと夫人は尋ねた  児に死ぬべき  児を知つでゐるので  児の白い顔色を見た  児の姿に天国の面影を見ない  児が出来るか  児はませています  児を思うさえ  児が茱萸を食いながら  児がいて  児は河北の夜に倒れたものの  児が見物していたが  児は両方の白眼を凝らす  児の母親もそこにいて  児が見事な洋服を来た  児は机の上に立つと  児を捕えて  児が泣く泣く口真似をすると思うと  児を呼び出しました  児の着物を剥いで行きましたが  児の数が多いと見えて  児の洋服や和服で山のようになりました  児が机の上や床の上から一時に現われて  児は皆警察からお家へ知らして  児たる風采と江戸っ  児の称を曠うせざる  児はあきらめに住する  児の全面たらざるにもせよ  児をまた返す  児を喚ぶ  児が軒下にきて立っていた  児が横たわっていた  児だろうかといった人も二三人はあった  児の話を聴いても  児の名を呼び  児を隠す  児ではないといって  児を申したという  児であるけれども凡人の家にとっては善過ぎる  児は必ず歯を生じ  児の口にくわえさせて  児を産ましめる  児を授けられるという  児を得るを  児を背負って歩いている  児をあやすと  児も二人三人見える  児の帯に一条の紐を結び  児に乳房啣せ  児はまだ乳房を放さない  児が火のついた  児になつてし  児が死に  児を可愛がって  児の恩知らずな心をもって  児でもありません  児に成って  児とし養ったので  児が目についた  児は黙つて  児は黙って  児を引取って育てる  児には父君にあやかる  児を他人様の児として眺めている  児をお返し下さいませ  児が死んだ  児が見たくなると  児らしい早い調子で後半を甘ったるいゆっくりした  児と地頭には勝てぬに  児のように思っている  児には何処にか病気でも潜んでいるではないかと云う  児はあるし  児が二人あった  児と違って来た  児になった  児に見せたので  児だと云って  児にはあり  児であんなのを着とる  児の声すなり  児がえびらにかかる  児を縊り殺した  児の乞ひ泣く  児ありて  児を深海松の深めて思へど  児の苺くいたる  児急ぎて前にすがりつ  児が肩もかくれる  児として愛撫されていた  児すなわち獣肉を扱う  児を蹴  児の時々発する  児のかわいさには我折れよう  児の天地に向って  児といえども  児の人生の笑いを見つめていました  児が声を立てて泣き出しました  児の眼のつけどころが違っている  児からゲラゲラ笑われて  児が喜びました  児の籠のほとりまで来ると  児に向って吹きかけました  児の籠を取囲みました  児の食い  児を食おうとする  児の籠を囲んだ  児を打捨てて  児の捨てられている  児と地頭には勝たれないという  児と地頭には勝つべからざる  児とあなたが元通りになれば  児のフランス人とも言うべき  児が無事に生れたという  児を設けた  児かにきまっている  児でありたいと望む  児と生まれ  児を訪れ  児を見かえりつついえり  児に語るがごとし  児の時分にその広庭をのぞき込む  児を産む  児の母親となって  児の貴族の心中にまだ燃えて  児となっていた  児の遊びや喧嘩にはいりたがっていたから  児にありては  児を叱り諭し  児の胸知らぬ  児は楽に候ひしが  児が一番心にかかるべしと申され  児どもつれては  児が一人生まれました  児として幼少より養育されて  児が起きると  児を棄てる  児に見せながら招くと  児にならんか  児にするぜ  児が顔でもつねられたか  児を負ったなりに  児に気づいた  児が成人してから  児でない証跡は幾つもある  児にはできねえ  児だという冷たい指さしが  児よとて笑はれたりしなり  児までが軽蔑します  児に云うわ  児の足幅にそって歩いて行った  児の娘も聞いてる  児が儲けられている  児にし  児の一生にどの位利益があつたか知れませんよ  児は今拵らへて居る  児が拗ねでもした  児が袖を引いて  児に腹掛買つてやれ  児に綿入買つてやれ  児のみっちゃ  児の坊やが母様と寝んねする  児とも三人出来ている  児の未だ成長せぬ  児の成人したに  児の三年から六年までの教室をぶっこぬきにした  児を離れず  児を産み落して死なしたという  児が叔父に小さき驢を貰う  児の眠った  児は件の三物をもって  児に馬を知るやと問うと  児は詩歌で座興を助ける  児を背負う  児を生むとて忌む  児の泣き声がする  児にもしきれない  児としてかえりみないに  児を抱きしめ  児を見  児は作左またおのが子として之れを養ひ  児の名となると  児というと  児をもって  児の啼き  児を平らげんとする  児を揺籃に容れ愛する  児を嚥まんとすると  児を啖ったと  児は無事で側に蛇殺されている  児たりし  児も死亡した  児に滋養分を給し  児を産んだ  児といふ意味にとりたいと思はれるほどである  児の齢を数える  児の終焉記を行李の底に収めて帰った  児に淡い魅力を感じ  児来て煽れ  児が位牌を持ち  児が香入れを持つた  児のように顔を振るだけなので  児が寵愛なおざりならず  児まで出来ているから  児を抱いていた  児がいた  児をそれでおどかしては泣かせて  児の方を見ながら  児と呼ばれる  児は万歳を舞ふ  児が二人指をくわえながら  児が泣き立てますので  児が泣きます  児の声がします  児の泣き声が聞えて来ましたので  児の手を捕まえて  児のお母さんは泣いて喜びました  児であるかどうか知らして下さいまし  児に苛責られてゐた  児だから余程気をつけないと  児が来て  児を背負った  児を生む  児のために生き  児を負うて  児を負う  児が沢山居る  児の利かないには  児だつて言はれた  児を二人抱え  児に限って  児でござりまするから  児になりかわりまして  児が入って来た  児を見たよ  児をこの控所へ連れ出して来た  児の母親はなくなった  児をそららへ遣ってよ  児を遣った  児は他所の児より賢くて行儀が可いと云う  児の方が可い  児として悪僧ばらが渇仰随喜の的にもなり  児と感じの違った  児を持ち得ない  児の声がしたので  児がいちゃ  児のように可愛がってくれるが  児を殺してくれたね  児はこんな姿になりましたよ  児の籍をば如何にせんとの  児は如何になしおるやらんと  児のために犠牲とならん  児との愛に引かれて  児を三人連れて  児とも言うにこそ  児の戯れる  児が此処に来て  児と見える  児を身ごもつてゐる  児がチョロチョロしていてさ  児の黄いろい声とお師匠さんの枯れた  児もあった  児があったなどとは  児に気がついた  児のような気がした  児と二人放られて  児がいけなかった  児のパンドーラは答えました  児のいう  児の愛らしい顔の中ですっかり融和されてしまって  児の顔を見て  児と彼を呼ぶ  児が生まれたら  児も殺してしまいます  児でしたから最初のうちは泣いて  児は父親に男の児は母親に似るって  児に育った  児よ巴里に絵を描くか  児よ育ち行く  児はこれからどうなるだろうと  児は水の上から眼を離して  児は石の上でいつまでもこっちを睨む  児のことがなんだか気になっているらしい  児が山女を捕っていた  児のことを思い出しました  児の姿が再びわたくしの眼のさきに泛かび出しました  児をまた思い出しました  児が高く積まれた  児は藤蔓に鰓を通した  児であったろうと想像されました  児はやはり黙って  児の方に向き直りました  児はなんにもいわずに  児はなんという  児があっても  児が泣き出した  児はその母の乳が飲めなくなった  児も来て立っている  児の五歳になる  児を寝かして  児らしい嬰児を抱いて  児の手の化ものを見ると  児が二十なら徴兵はお目こぼしと  児が本虫のついた  児は円い眼を大きく見ひらいて  児とする  児は産み落せしか  児を阿  児となし  児にあらず  児のまことこそ君のすべてなれあまり清く透きとほりたれば  児のまこともて君はたふとき吾がわれをこそ見  児の如く眠れ  児のごとく手を伸ばし  児はどうするだろう  児を連れて来て  児の思想に斧鉞を置かんとす  児に向ければい  児を捨てた  児の為に児を捨てた  児に迄恁那生活を強ひる  児に見える  児の方の側の事で親の云云する  児が坐るという  児の口から出る驚くべき  児の明快な推理にいまさらのように顔を見合わせておどろきました  児は厚い胎衣に包まれて生れたが  児がないのでいつも漢産を見たがっていた  児をひどく可愛がる  児に幸あれと望む  児の方へ馳けて来た  児が新調の単衣を着て  児もある  児なぞが有った  児もありました  児にすぎなかったからでもあろうが  児を抱きあげて  児の名前を呼ばうとしたが出なかつた  児が生れますと  児のことをよくこんなに申します  児は男親に似  児は女親に似  児の顔貌一眼見るより  児を吾が家の後嗣として披露する能わず  児を抱きて  児に現われたる  児とはいいながら  児の声がした  児が寝ころがっていた  児に注意を向けた  児は彼の眼の前にいつも姿を見せた  児がいる  児をかわいがってやろうという  児を引きと  児まで儲けて  児であったという  児として北野家に残されてあった  児に対する深い洞察を伴った  児はもうあの地震を覚えていない  児を可愛がった  児を背負っている  児の手に持っている  児を背負っていた  児は手に盆燈籠を持っていた  児を生んだとかいふ  児の柩を送りて  児のことを考へた  児の死ぬ  児に銚子酒杯取り持たせ  児がいわゆる馬鈴薯にあたる  児なるを知りたり  児がそれをチョコチョコととなりの部屋にいる  児は女の児という一般性の中に流れこんでいて  児に夕方の風が吹き  児が鬨の声をつくって  児の様な快活な母は大きな口を開いて  児に一片やっとくんなさいな  児は窓へつかまり  児をつかまえ  児が哺くまれている  児になってしまう  児は色が白うて弱々しいからそれで卜者から女難があると言われた  児がいました  児が途で私を見ると  児といった  児はその募集に応じた  児を捉えようとすると  児のような恰好をして  児を案内者にして  児はわたくしの子てございます  児をさんざんに苦しめる  児を持っているだけであったが  児はまた活きて来る  児は果たして生き返ったぞ  児は湯をくれ  児は訊いた  児は言った  児に言い当てられて  児の世話をして下さるというならば  児が第一春と書ける  児と見えて  児の大怪我に気も狂う  児の讐覚悟しろ  児の手首に見える  児が並んで  児は聴かなかった  児は息を切らした  児は一層眼を丸くして  児の顔をシゲシゲと見下した  児が成長しても  児よりも可愛がっておいでなさる  児を水に沈めては上げ  児をつつんでゐた  児と自らを縛しつつあり  児は今日も私のポーチで居睡っているだろう  児の赤ん坊を抱いていた  児までも使い  児の妹がねかしてあった  児をおそいます  児を伴うて  児を拵えました  児を構う  児だから泣く  児がやって来て  児のうえでも思う  児と添臥の夢を破り  児を揺るは  児に何か買ってくれてさ  児に頬摺しつつ  児に暖く解きながら  児にいいながら  児を呉れい  児の死骸を押入の中に投込んで  児はたしか銀座にいたんだわね  児を生み棄てて来た  児の手をしかと掴んだ  児までがいつし  児をかかえた  児を見おろしている  児はじぶくっている  児がつれ去られ  児を載せた  児をあやして  児をあやしてござる  児の様子を見ておりますと  児は自分を見ながら  児はさもうれしそうに可愛らしい眼で自分を見ておりましたが  児はそれをゴムで奇麗に消して  児は算術を済まして  児を抱きしめて  児がする  児はそれを大切にしまって  児はいつもよいお友達と音なしく遊んで  児はいつもこう答えました  児の清い心持ちに感心をして  児はこのまま散ってしまって  児が妾の代りになっている  児がしあわせでいる  児が来た  児が一人いて  児に倒された  児の前へ立った  児がやけに引っ張る  児が手を引っ張る  児は小さい癖にどうかすると  児がふとした拍子にこの窓を見るかもしれないからと思って  児がどこかにいる  児が遊ぶ  児として考えてみよう  児よと言わるる  児をつかまえて  児の中の男の児という精彩にみちた  児の白粉をつけた  児も忘れて  児から少年少女になりかかって  児のこころもとなきハモニカも物語のなかに起りぬ  児は過ぎゆき  児をば抱きながら  児の活動見物を差し止める  児は体をグニャグニャさせる  児が尻を立てた  児を引き取ら  児を棄てた  児を探しに  児は星の下で仔犬のうなる  児をひしと抱いた  児と二人で冷たくなっていた  児に心を牽かれて探しに  児はいなかった  児の身に変った  児と同時に死んでいる  児を生ませました  児の死体を舁がせ  児の死体をさげわたされて  児騙しにも似た  児まで声あはせ居りけふは  児を孕む  児を結いつけたる  児なることあり  児はその日外に出でて  児が出来るので  児が男児の倍の数を占め  児にてある  児は神国に住む  児が少かったという事実もある  児のように身を揺っていたが  児を教育するにあたって  児の結婚は好みません  児が結婚したにしても  児はエアリイオイに限られない  児の認容は一般に一国の人口増加に寄与する  児が行われているか  児に関するヒュウムの観察の正しいことを認めないが  児を懐妊していた  児を疑った  児がたちまち肺炎になって  児の子守にいっていたが  児ならそんなことも起こるかもしれぬ  児の気持だけがにわかに押し寄せて来た  児とを見かけました  児の近くへ座を持ってゆきました  児の顔を見ました  児にかかりました  児は笑って来ません  児を洗っていました  児の精神と肉体との中に無言の作用を営む  児は幾の乳を探つたりするので  児はそわそわしていた  児の上かかる  児を上框に腰掛けさせて  児をピツタリと抱いて  児に外ならなかつた  児のひ  児のないことを思えば  児のよろこぶ  児と力を協せて  児の母親は柏舟節を守る  児を置き去りにして  児に生れ代っていた  児に生れてる  児に家内を持たしたが  児の嫁にして  児が何か言おうとしていると  児の髪の毛ごしに  児かなんぞのように溝の中へ投げつけるが  児を大学校に入れて  児に身の重い牝鹿が露ふかい羊歯の中に横になって  児が小そうございますから  児を生みます  児を連れていたかと訊くと  

~ 児[名詞]1
さな児が  女の児が  女の児は  男の児を  蝉捕の児が  虚弱な児は  真黒けな児  ような児  女の児と  下で児を  賢ちゃんという児と  前へ行く児に  活溌な児  猫が児を  五人の児を  下の児を  幼な児の  男の児と  男の児は  男の児の  向つた男の児の  女の児を  女の児の  末の児に  末の児の  姉の児を  末の児を  姉の児の  姉の児に  たくさんの児が  正面に踞んだ児を  針などまで持ち出す児が  番の児の  みごとな児を  一人の児を  男の児が  変りオンバイゴトなどという児も  その後の児を  不意にかがんでいる児の  上手な児  数を当てられた児が  下の児の  音なしい児  乳のみ児の  二つになる児だけは  兼子に児が  兼子さんに児が  自分には児が  家でも児が  自分に児が  自分の児  #私の児の  雷の児が  波斯猫豹の児の  幼な児に  妙さんの児の  魔道へ入った児でも  乳呑み児を  乳呑み児の  幼な児を  うして児を  二度目の児を  数人の児が  奉仕する児と  腹の児に  堯と生れた児とが  四歳になる児が  七歳になる児は  町っ児の  二月ぐらいになる児を  家の児に  手から児を  慈母の児を  やわが児に  人の児の  七つになる児は  りくのら猫の児へ  それに児まで  女の児に  綺麗な児  男の児も  腹の児を  男の児とは  氷ずくめに成って居る児に  産の児よりも  とわが児に  雀の児は  隣の児に対する  乳呑み児でも  煩悩の児  女の児という  女の児として  三人の児を  三人の児は  乳のみ児を  獅子の児と  獅子の児は  椅子のうへに坐るまで児は  石かと児を  ものかと児の  女の児  念ふ児に  男の児に  江戸っ児じゃ  背中の児に  艪を操る児の  駄々っ児の  三十七年忌にはふ児にて  犬の児の  野伏乞食の児  乞食の児  急に流行っ児に  八歳の児を  腕白らしい児で  由松といふ児が  手を打つて喜んでゐたといふ児  なつて居る児は  先に生れた児は  健き児の  呼吸せざる児と  ことかと生れた児が  美くしい児  其れは死んだ児の  八人の児を  乱暴な児が  王アメノフイス四世が児を  王も児も  手で児の  手が児の  村の児は  健康なる児を  手一つで児を  腹を痛めない児を  夜も児が  後妻は児を  無理に起して児を  便所へ入って児に  眼で児を  あれが児を  茶室にも児の  傍で児の  オイオイ泣く児を  後には児の  竜のおとし児の  妻も児も  ふだん丈夫な児の  心は屠児に  心は屠児の  いたずらっ児も  いたずらっ児とは  後に死んだ児の  作者の児だけ  様な児に  大風な児では  狗の児か  女の児かも  私男の児が  胎の児に  僕の児じゃ  彼の児には  胎の児が  不具の児でも  自分の児より  自分の児は  自分の児の  一人っ児  江戸っ児は  勉強をする児は  放浪の児では  不幸の児が  男の児  憫な児を  田舎の児  末っ児の  豚の児を  豚の児が  弁天の申し児  男女の児が  二三人の児を  上の児の  間に児が  二番目の児は  末の児は  夫婦になり児が  通りに児を  二人の児が  二人の児を  三人の児が  神の児  いやな児  甚助の児が  物の分らん児  彼の児は  天分を持った児  流行つ児  同い年の児の  様な児  内気な児  感心な児  今の児は  病牀に臥し児は  憧憬の児  腹に宿った児を  春一の児  腹に宿れる児に対する  髪を切りさげている児  自然の児に  社会の児  室の児は  親木と児の  女の児とだけ  膝の児を  糜爛性腫瘍だらけの児  上田で生れた児  時代に出来た児は  ウッチャリ放しに育った児  誰の児  駄々っ児  乳飲み児を  女の児とが  二人の児の  イギリスっ児の  モスクヴァつ児  お前を児と  そこにて児を  前日の児  男の児として  世界中の憎まれっ児を以て  英雄の児を  英雄の児  わし姉の児の  ぼんやりの児で  横着な児は  女一人男の児が  彼の児の  豊年に生まれた児  子みたいに捨て児  獅子の児  発明な児  娘の児を  腹の中の児迄が  壮健そうな児  旦那の児を  私の児  江戸っ児の  江戸っ児  五歳ばかりに成る児が  江戸つ児だけは  江戸つ児の  乳ぜり泣く児を  乳のみ児に  此の児が  背中の児を  巡礼は泣き出した児を  矢張り女の児か  神官の児で  神官の児  添ふみどり児の  賤の児  わたしの生んだ児は  此の児には  他所の児の  理想的な児  自慢の出来る児に  七八歳以上十二三以下の児が  江戸っ児が  寂寥の児  一人の児  娘の児の  ところへ連れてきたら泣きやめた児  朝から泣く児に  鯉の児  地べたはいあるく児の  狐の児  私ばかりの児  自分の児が  トテモ江戸っ児の  江戸っ児で  漂遊の児  いたずらっ児  中に育った児の  腹の児に対する  十になる児の  年嵩の児に  孤し児にも  出でぬ児の  家持たぬ児に  今死にしてふ児を  かな死にし児の  息きれし児の  悪戯っ児の  能く児を  相手が泣く児も  水兵服の児が  犬の児が  そうにしている児の  男の児なぞは  猫の児を  間にも児は  七つになる児を  丈夫な児に  年に生まれた児に  ジェノアの児は  ジェノアの児  方の児が  方の児も  悪戯っ児  孤独の児の  事をした児には  いたずらをした児が  事をする児の  年の児が  むとする幼な児の  此幼な児は  其幼な児を  女の児だって  先の児が  孤し児で  孤し児の  あまたの児を  乞食の児の  女の児とを  女の児か  魔っ児を  鬼っ児  鬼っ児を  鬼っ児の  鬼っ児などを  猫の児じゃ  猫の児では  鬼っ児でも  畜生の児と  猫の児は  猫の児じゃあ  鬼っ児と  鬼っ児に  そうな児  狐の児を  男の児との  玉ちゃんという児は  玉太郎という児が  他に児は  密夫の児じゃ  腹の児の  坊主は児に  最愛の児を  相手の児に  農家の児には  病者とは思はれない児ばかり  聖の児という  幼な児は  幾ら貧乏人の児でも  燕の児の  自分の児を  土地っ児  授り児では  授り児  授り児が  当時江戸っ児が  放蕩の児も  女の児ばかり  お姫さまは捨て児  男ばかりで児が  一人女の児を  女の児も  どこの児  普通の児の  声に児の  方法をもって児を  俺の児では  歯の生えた児を  戸隠山九頭竜権現の申し児  十王への申し児  閻魔に児を  立派な児  角ある児を  つまりは児を  のは優れた児を  通りがかりに児を  強慾な児  四つになる児が  豪華の児にな  技能の児  小僧っ児の  父様の児  自分の児と  悪運の児  怨霊の児  悪戯つ児が  花の児には  自分の児では  ほんとの児は  #様の児として  花の児  花の児を  虚弱な児を  自分の死んだ児が  飴ばかりせびる泣く児の  駄々っ児では  きれいな児が  奇妙な児  一方の児  あたりまえの児と  静かな児に  イジラシイ悧溌な児に  手数のかからない児  温柔しい児には  家の児で  若菜売る児の  里の児が  いつか継父が児を  一首は児  乞食の児でも  あとなる児  駄々っ児として  当時に於いては屠児  娘分の児を  唖の児の  なんぼでも児の  幼な児と  幼な児が  幼な児から  幼な児  それイサミがくると言えば泣く児も  私の死んだ児と  それから生まれた児  正直者か騙児かに  悲観の児なり  人の児と  山木剛造の児  孫とも思わるる児を  七ツ八ツの児に  セシルは養い児の  文芸復興期の児の  女王の名づけ児  小き児の  二人の児は  隣家の児が  江戸っ児には  異人の児よとて  妻や児までが  貴人になる児を  五つの児の  土地っ児の  十一の児に  実の児と  機織つてた泣く児に  瞳の児で  乳のみ児とも  一番温柔しい児  三人田へ児を  五歳ばかりの児に  猿という児は  母は児を  子を捨て児にも  路傍の捨て児として  心地すという児の  ものは児にや  揺籃に児  後ろに児の  推参して児を  蛇来て児を  主人の児を  子宮中の児に  月足らずの児といふ  #男の児に  強情な児  九つに成る児が  生き物ゆえ長の児が  女の児や  いたずらっ児が  みんな十月の児と  急はしく児は  末の児が  井戸へ落ちた児の  私共の児  女の児で  豊吉といふ児が  上の児に  病身な児  十歳ばかりの児が  先を児を  死後四月にして児を  露は児の  政は児を  彼に残されて児を  斯の児の  相の児  評判の児で  綺麗な児を  宮浜の児を  太陽の申し児の  山門の児として  貧乏百姓の児と  タヨリになる児を  俺を児の  賢次の児  うちの児を  うちの児は  自分は甘んじて児の  良人と児との  私の児かも  孤児院の児が  泳ぎは知らぬ児と  職人の児も  母に隠し児が  ことのある児の  いたずらっ児の  江戸つ児で  矛盾の児と  山女を捕っていた児に  女は抱き児が  乳飲み児は  父は児の  親六十で児が  あなたの児  八〇年代の児と  姐の児と  実の児に  当歳の児を  自覚に入れる児の  産れる児に  為に児を  勝手に産んだ児に迄  貧弱で児に  それは児の  和が児を  家の児が  尻端を折った児も  女の児なぞが  随いて行く児も  頃に児は  形状色彩に似たる児の  斯の如き児を  姉の児とは  八つになる児が  所有者でも児に対する  巴里つ児  画家になれる児  妻と児の  すべて男の児  家の児  乞食の児に  ここらの児は  低能な児が  わたしの児は  張の児は  張の児に  実の児よりも  しとやかな児  余と児と  #女の児の  厭な児  猫の児の  方々に児を  小僧つ児までが  いたいけに児を  奇麗な児  時女の児は  正直な児が  女の児への  人獣の児として  烏帽子被れる児の  娼家の児よと  歩行いた児  男の児という  丈夫な児で  懐ろの児も  夕月病める児の  外科医院の児は  白痴の児を  女乞食の児でも  女には児が  女と児を  廷章は怒って児を  夜家を出て児を  女は児を  門口には児を  村はずれの児を  場処には児は  何か児の  其処には児を  女が児と  女と児の  幼稚な児  女の児まで  次の児が  時代の児にて  胡は児を  家の児の  サンドウィッチ諸島で殺児が  二歳の児が  家へ生れっ児の  都会っ児の  屋の児は  男の児や  さは愛し児の  手に児の  部落の児が  陰忍な児の  わたくしに児が  必しも児の  虚弱な児で  危険極まる児で  後に児を  二年あまりして児に  祝の児の  猫の児かなんぞの  柔順な児  奔って児の  私は児を  

~ 児[名詞]2
かの児  小さな児  よい児  この児  好い児  ない児  わが児  その児  悪い児  大きな児  どの児  たとい児  幼い児  可愛い児  あの児  なき児  いい児  殊に児  しろき児  まるで児  我が児  偉児  よわき児  若児  美しい児  疾く児  良い児  強い児  吾が児  其の児  どんな児  おとなしい児  可愛き児  わるい児  白い児  小さい児  ひよわ児  なく児  さみし児  高い児  懐しく児  なし児  可愛らしい児  おさな児  まず児  大きい児  賢い児  長き児  若き児  白き児  かわいい児  無い児  貧しい児  醜い児  もう児  ふさわしい児  弱い児  こんな児  細い児  汚い児  おさない児  早い児  おもしろい児  そんな児  継しき児  愛らしき児  優しい児  良き児  でかい児  

複合名詞
遊蕩児  児ら  赤児  虎児  駄々児気分  駄々ツ児  児供達  児共  富児  乳呑児  解らん児  急性胃加答児  ッ児  赤ちゃけた狗児  江戸ッ児  児等  放浪児  托児所  児ちゃん  三児  安見児  児物語  一体児物語  児入水譚  児个淵伝説  児个淵民譚  継子虐待物語・児物語  列児  取り換え児  自然児  情熱児  冒険児  混血児  唐児わげ  伯林児  殆ど駄々ッ児  夢想児  乾児  畸形児  驕慢児  幸福児  二児  童児  緑児  大掛児  養児  佳児  児みたい  浮浪児狩り  父無し児  一児  晩熟児  享楽児  志士的熱血児  畸形児風  病児  遠祖天児屋命則以神祝祝  児種  宿無し児  不良児  盗児  浮浪児  浮浪児収容所  浮浪児救済事業  盲聾児  間の手児奈  小僧ッ児  アノ児  児獅子  朝赤児  肥つた乳呑児  児髷  児さん  乳飲児  島児ニ  仏蘭西ッ児  季児為秋  二十児玉的外  駄々児  繍眼児  書付令服児欲得  反抗児  不幸児  不肖児弦  悪戯児  土地児  江戸児  児猿  百人二百人乾児  乾児たち  風流児  親戚児女子団座  児来也ばり  熱狂児  急性腸胃加答児  紺兵児  落し児  児孫  児たち  児様  異常児  壮烈児  一大異常児  双児  畸型児  願はく狗児  煩悩児伴大次郎  煩悩児  乾児ども  人ツ児一人  驕慢児曹  黄口児  幸運児  英雄児  英雄児信長  天才児左内  駄々ッ児  黄口児孫策  胡車児  革命児  革新児  兎耳児  こと赤児  おん児  継児  幼稚園児  革命児ダイナブック  野生児  未熟児  三つ児  僥倖児  児様方  悪戯ッ児的  乳呑児三人  年児  児扱  三ツ児  下町ッ児  下谷ッ児  児分  児供  継母継児  裸児  独り児  児等皆  児ども  親分乾児  加多児  乳臭児夏侯楙  児言  乳臭児  児輩  一人児  牛児  イタズラッ児  虚栄児  はる児  児ろ  碧児  肺尖加答児  精神的畸形児  孤独児  江戸ッ児肌  乾児格  江戸ッ児風  妻妾児孫  軽薄児  低能児  奇形児  欠食児  健康児  童児これ  児医師  天才児  児特有  浮浪児みたい  もと児心  児心  三生児  両頭児  双頭児  若宮児宮  天児屋命  手児奈  都会児  子守児かお三どん  時児髷  転手児舞  客間兼書斎可児君  花児  托児所増設  付属托児所  狡児六人  野心児  老獪児  吾児  天児  畜生児  児小姓  混血児みたい  童児様  英雄児摩訶不可思議  いま乳呑児  病児Kenneth  児守子  江戸ッ児気質  好事家的遊蕩児  早熟児印東忠介  混血児め  日仏混血児  寧馨児  七月児  六月児  脳児  最近児子政江  児子家  児子権右衛門  児子一家  春美こと児子賀来子  児子権右衛門預金元利決算報告書  際児子兄弟合資会社  児子はん  児子兄弟合資会社  児子千満子  船長伊藤駿児君  末ッ児  神田ッ児  深川ッ児  江戸ツ児  造酒児  間の手児名  手児名  児供等  いたずら児  童児等異口同音  咽喉加答児  赤児時代  変赤児  児かたぎ  四児  つて児玉  児世  児達  児だかん  薄命児  赤児同様  吾児以外  浅薄児  彼等運命児  目次江戸ッ児  児守  江戸ッ児本来  江戸ッ児以外  晴天十日江戸ッ児  江戸ッ児同士  東京ッ児  それ江戸ッ児  江戸ッ児全体  これら江戸ッ児  あか児  女づれ乳呑児づれで  殺人遊蕩児  狗児  病名慢性腸加答児  病名慢性気管支加答児  ひとり児  混血児たち  商児  背負つた児娘  インテリ混血児  愛国児  江戸ツ児弁  無頼児  大抵児供  話児  ため児孫  熱血児  倖運児  大腸加太児  異形児  豚犬児  呉児  英雄児たる  児也  漂流児  児らゆゑ  みどり児  鈍児  児一人  所謂いたずらッ児  赤児用  三尺児  腸加答児  放蕩児  白痴児  可憐児  侠黒児  黄白混血児  黄白混血児さ  我児  夜寒児  ツ児  群児  継児いじめ  混血児娘たちア  慾無し児  児ふたり  児ひとり  吾児同然  狂児  高等浮浪児  浮浪児なみ  院外保育児  陳寧児  寧児  ナニ寧児  ネエ寧児  其子寧児  熱血児太刀川時夫  土地ッ児  一薄倖児  彼児  闘牛児  途中闘牛児さん  闘牛児さん  闘牛児居  闘牛児居滞在  闘牛児居即詠  闘牛児氏  児砂糖  闘牛児君  流行ッ児  当歳児  鯉児  うち児  反逆児  自由児  悪戯ッ児  児め  不孝児  ヨイ児  奇児  天児屋根  薄倖児  児末代  女房児  児玉子  空想児  児供づれ  院児たち  ラズンバ虎児  巴里ッ児  死産児  鼻加答児  江戸ッ児気取り  江戸ッ児専売  母ハ児  ル児孫  菜摘ます児家  児分の者ども  手児  変質児  不能児  浮浪児さん  子児  運児  獅子児  守り児  児万歳  雑種児  てなし児  野心児原田孫七郎  童児たち  児涼秋八月蕭関  武蔵ッ児  川越ッ児  児頭大  児柄  通り赤児  大腸加答児  乾児達  無し児  遊蕩児中  気管支加答児  貰い児  平凡児  英傑児  博多児  通り繍眼児  生まれ児  児手柏  児一匹  一病児  天才探偵児  児分衆  加答児性  児子  今日児孫  乳呑児ひとり  児背負  天児屋根命  児駿  児竊  綿棗児  ただ児雀  優良児  児匂  海児二桶  薄幸児  名古屋ッ児  快楽児  乾児葬式彦兵衛  一人赤児  乾児勘弁勘次  一見赤児  父無し児がら松  児久々都比  胃腸加答児  児ぶり  雲助児  自然児雲助諸君  戦災児  悪戯児め  桜児  悪戯児ら  児扱い  祈誓児  銅臭児  とき児ども一処  児共われ  混血児サレ・テーラー  一孫児  我児危  托児部  一番江戸ッ児張り  遊蕩児たち  一童児  児中  悪戯ツ児  児いずれ  児持ち  義憤児伝六  慓悍児秀  鈍児ども  児賤業  悪戯児供  劣等児  唐児  児レミ  雛児  浮浪児たち  すべてこれ優等児製造  児長  パリー児  唖児  隠し児  児河原者  迷イ児  乞索児  本来江戸児  ぐはし児ろ  末ツ児  浜島峡児  児哉  童児二人紙鳶  児仲間  赤児様  集団農場托児所設立問題  集団農場托児所  托児所設立  托児所真赤  俺托児所さ枕  大体托児所  托児所開き  毎日托児所  乾児衆  乾児共  乾児幾十人  乾児一同  松乾児  乾児達一斉  狡猾児  児娘  候児  白痴低能児  貧児教育慈善  仮装児ヘンリイ・フリント君  一乾児  赤児片手  懐児  児ぢ  児以上  婦人及乳児  程度遊蕩児  想児フオウスト  妾婢幼児  六児  好運児  児敢  山羊児  蛇児  人児  児小声  児後年騎馬  児小弁  羊児  一牡児  児猴  浮浪児パン助  緬羊児  犬児  詠詩漁児  外甥児今苦悩  十四歳汪克児  二十歳台察児  塔米児  弟台察児  台察児  台察児さま  跳ね舞わる事山羊児  豆鼠児  倉鼠児  倉官児  弁倉児  早産児  ふた児  児五  児蛇  智的不随児  他児  児邦子  児もち  江戸児擬  貧児  子守児  不平児たち  吸血児  下地ッ児  児供ら  赤児ぼつこ  群鴨児  一九二八年托児所  文明的混血児  請悠等一会児  妻ヤ児ヤ  銅子児  腸加太児  末児  含羞む児  闘争児  喰べた赤児  早熟児木村某  児水干  花簪児  繍鞋児  ままッ児  不平児  児供同士  奇矯児寿安老人  児猫  丁度児供  混生児  生児  仁侠児  狡児  児玉希望論  吾児殺し  優良児さん  歳児  若手記者風間八十児君  記者風間八十児  頑健児  今度児  孤独児達  夫婦児  野望児信長  慢性膓加答児  乾児十二人  心児知らず  児おしっこ  色情狂不良児保彦  五つ児  想児  移動托児所  荏原托児所  托児所そのもの  労救托児所  臨時托児所  日本一健康児  健康児弘君  日本一健康児たち  乾児二人  乾児大勢  正面乾児たち  ア乾児ら  乾児数人  乾児六  ぺいん児  頭児  身無し児  赤児扱い  朱髪児  自然児風  児ども倭  児斎藤緑雨  児ら高らか  掛り児  踊児  変形児  半児  低能児学級  普通児なみ  鼻加多児  私たちふた児  日支混血児  加答児  児持  自然児的  浜ッ児  繍眼児押し  売ッ児  童児基督  児鯨  無産者托児所  托児所生活  児ヶ淵  黒白混血児  雑交児  人獣児  三分混血児  獣児ドド  四ツ児  児一人目  林児  児好き  陰謀児達  陰謀児たち  病児幽か  づめたる病児  児足  児供ごころ  児守さ  一度児  とき赤児  求児  混血児顔  混血児風  笑い児  児病気  天児屋  児制限  乱交と殺児  嫡出児  生産児  踏静児  児餅  児気質  我背児  此去復何時今日睦児出門  児二人  児陀羅海  奇形児等  双児美人  怪児絹坊  怪児  求児擁護  自然児ぶり  自然児的性格  児夫婦  其幼児  児天下  児肌  托児所時代  



前後の言葉をピックアップ
            個国  個年    小相木


動詞をランダムでピックアップ
伺い見当る駆け付けはり合いはっめでよよわっ担ぎ出さたたる立ちふさがら届き靡かさかしずく食い荒らし取り次ぐ聞えぶちまける作りだす読みつい
形容詞をランダムでピックアップ
少なかっかなしきうつくし面倒臭く珍しから均しけれ目出度しあまし激しけれ根づよくやりきれなかっおさなく悪きゃいぎたなき粘強けわしかっ耳遠く怪しゅうきむずかしく