「光」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 光[動詞]
指環などを光  愛情は常に光  銅釜が冷めたく光  ひねもすけふも光  赤子のごとく光  齒が、殊更らしく光  後方に白く光  入歯が、殊更らしく光  銀ほど光  ただ一日青く光  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
光は眞白にさして居る  光の中にこうきっぱり言葉を下した  光はちょうど窓を右にした  光がさしこんでいる  光に触れる  光とが決して生じない  光は生じない  光を奪はれた  光の溢るる露の草原を蹴散らして  光を無気味に反映していた  光の有難味を始めて覚えた  光に御心をすませていらっしゃる  光をかくす  光をはなして居る  光にまばゆいほどかがやいて居ました  光はとうとう海の美しいたとえない  光が少し仄に出て来ると  光があった  光をまともにうけて  光つあん  光の一身と一家とを引き受けて  光にもタバコを喫めと口癖のやうに勸めてゐる  光には耐らないほど小池をえらく思はせた  光は眼を皿のやうにして  光も面白いことの一つに思つてゐたが  光は常に旦那をあしらつてゐた  光に外させた  光は媚を含んだ  光を浴せて  光の比翼指輪を其處へ放り出して  光は比翼指輪を取つて  光の細い指に光つてゐる  光の丸髷を見下ろす  光は相變らず細い指で太い火箸を弄りながら  光つあんに押し付けて  光は猪之介の顏を見詰めた  光の色は稍和ぎかけた  光の胸は波打つた  光は眉を顰めた  光は霑ひを  光の横顏を見い  光は銀足に翡翠の玉の簪を拔いて  光は猪之介に對ひ  光は改つた顏をして  光は今年始めて學校へ通ひ出した  光は小さい娘の顏を見詰めつ  光の耳へも入るが  光は突然こんなことを考へた  光は淺ましい  光は恥を恥とも思はぬほどに  光は獨りで決めてゐた  光にはよく呑み込めなかつたけれど  光は一時嘲弄はれてゐる  光は身柱元がぞく  光は決して孕みません  光はかう思ひながら  光は有り  光には付き兼ねた  光は一時こんなにも思つて諦めてみたが  光は立つても居ても  光の眞上に現はれた  光は周章て  光は旦那の問ひには  光の前に突き出してから  光は心の裡で思ひながら  光の孱弱い膝を抓つた  光のツンと高い鼻の上あたりを目がけて吐き付けた  光は襦袢の赤い袖口の長く食み出たので  光に挨拶してから  光は俺が世話してるちう  光にばツかり  光が見るに見兼ねるといつた  光は考へ込んだ  光は茫とした  光は突ツ立つ  光は旦那の後姿を見送  光はこんなことを考へて  光は焦  光はシヨールをとり  光の盛裝を見上げた  光は二階へ上つて行く  光は茶と菓子とを持つて  光の身なりの立派なのを見て  光は下女に言ひ付けて  光は微笑みながら  光は羽織を脱ぎ  光は思ひながら  光はほと  光は床の中で寢返へりばかりして  光の家の納戸の縁側からよく見られた  光はまた對岸を見  光に包まれた  光を重そうに受けとめていた  光つたものがあり  光を見た  光の爪跡が印されてゐる  光の爪跡が印されている  光の意味を解く  光を受けて  光を先ず浴びる  光のきらめきに  光のみゆる  光に飛ぶを  光がサッと戸外の暗黒を破り  光の眩さに辟易して  光と植木や草花の色の鮮な間に眺め賞すべく  光を背中いっぱいに受けている  光が見え出すが  光が硝子戸ごしに  光があふれてる  光の反射がある  光を戸板や石うすやこもや  光ある世界に活躍せしめようという  光と共に動いた  光の中に画然とひとりの男の顔があらわれた  光が見えたので  光が縦に流れる  光がなくなった  光がさしこんだ  光が見えた  光を湛え  光をあたえる  光を放って  光がほとばしっていた  光のぐあいで大きく映った  光を放つが如き  光を与へぬ  光は消えて  光を浴びながら  光を眺めてゐた  光にきらびやかに匂っている  光をみる  光を発するだらう  光のある  光のなかに悲しげに浴みして  光をなげる  光がわたしの背にふるへてゐた  光をはなつ  光の槍をむかへます  光を上げた  光を失っていた  光を斜になげかけている  光がさし  光を失ってしまった  光がうっすらと見えた  光が消えかかっていた  光に眺めた  光を見れば  光よりこま唐土も春を知る  光になる  光が室の内を照らして  光で徑を照らして  光を蔽った  光によって照らされた  光をそこで初めて私が見た  光の中でベートーヴェンはピアノに向かって坐った  光の明澄さはまだそのために傷つけられてはいない  光が奇妙なものになって来る  光の明澄さが取り戻される  光に照明せられて  光に包んで  光をそこで始めて見た  光が硝子の屑のやうでもある  光のやうに放射してくる  光を見る  光のような様子をしていると  光を見せて  光をやって  光のおちる  光が僅かに四辺を照して呉れた  光に愈々鮮やかに浮いて出た  光は俺自身が持つより  光も射してこない  光を愛し  光をかい間見る  光は東方より来たる  光を失ってしまう  光が太陽の近くを通過する  光よりもっと根本的な時と空間の概念の中に潜伏している  光に関する理論の多くの病竈はひとりでに綺麗に消滅した  光と重力の関係に対する驚くべき  光がある  光に照らされて  光つてる安が女房の連ツ子はしよなりしよなりと  光つてる  光が見えてくると  光がさえてくる  光を見ながら  光が冷たくガラスにさえかえっていました  光を放つ  光にすかして読んでいました  光なき身の運命悲しや世を逆に感じては  光のなかに彼女を置く  光に似た  光の下で彼等二人も美しい生活を織り始めてゐる  光の中に出た  光が刎ね返っていた  光に向って  光のように室をながれた  光を野にも山にも漲  光はくつきりと地に印して  光は窓の外に満ちて  光の中に輝く  光を野にも山にもみなぎらし  光とでまるで様子が変わり  光はくっきりと地に印して  光を浴びて  光がきついもんですからはげてし  光がやわらかに私のからだにさしはじめた  光が射していた  光が風に吹きちぎられた  光が黄いろくなっていた  光を掠めて  光がさしこんでいた  光を反射していた  光をたよりにまた酒もりをはじめた  光が失われると  光も感情も何一つきわだつ  光を見ると  光を放つでしょう  光がみちていた  光がさした  光も見えず  光も形も消えた  光が蒼白く天井と家具の上部とに映っていたが  光に曝した  光の下に敷き延べられた  光に映えて散つてゐる  光に映えます  光に映ります  光のようなものを投げ込んだ  光となっていた  光に慣れていた  光で前よりもさらに黄色く輝いていた  光と軟かい空気とが小さな窓から犇めいて流れこんだ  光が漏れていた  光でよく見えた  光を部屋の隅々まで送って  光を黄色く放っていた  光も漏らさない  光に柿江は眩しく取り巻かれていた  光を部屋じゅうに送る  光に背いて  光の中に青白い印象を清逸の眼に残して  光が薄暗くなった  光のない真黄色な灯がきゅうに大きくなって  光を放ってかがやく  光の中で園がそれを見返った  光を送っていた  光が漂っていた  光をひそませた  光をもつてゐた  光をしづかに表はしてゐた  光をもつた  光を失はない  光をもつて  光を失って  光が彼女の心をかきむしる  光にそびえてる  光になって  光がぐらぐらっとゆれました  光が照りわたっているので  光によって認識せられた  光を見  光によって真であると私に明示せられたという  光によって私に明示せられる  光と同等に私の信頼し得る  光によって私に知られているからであり  光の否定によって知覚するごとく  光から意志のうちにおける大きな傾向性が従ってきた  光を私に与えなかったという  光によって知られている  光の逆手にかき  光がいり  光の鳴り響く  光にちぬれたり  光なら無地とうめい  光をうがちなば  光あれあかんぼ  光のない月はくさむらの消え  光かみのけにぞつくり  光をうけ止めてみた  光が寒さと共に大地へ音もなく浸み徹るだけであった  光の圏内に属するかを判じ  光に綾をした  光に照された  光は阿媽港の空には輝いていても  光に網代の笠を仄めかせながら  光で林檎をかじりながら  光を長く尾に引きながら  光をつんざいて  光に赤うかがやいて  光を望んだ  光を一身に浴びて  光も見えぬ  光あふるる大地を知らぬから  光は孤児の上にゆたかに注いでいる  光が射し出す  光の粒子説が正しいとされたり  光に照らされる  光に気がつかず  光を狭い往来に溢らせていた  光に映じて  光であろう四辺が明るくなっていた  光と陰といよいよ明らかにして  光を放っているだけでありました  光の入口は怪塔の近くにある  光がきらめき  光がうつり  光がさっととびだしました  光の下でじっとながめていましたが  光がさっと照らしつけました  光に照らし出されて  光がすうっとはいってきました  光に照らしだされて  光に照らされて見えました  光をなげかける  光をおびました  光を放っています  光のさしこむ  光が見えたとおもうと  光がさっと空中を流れて  光を放ち  光をヒラヒラと縫って  光が遮られて  光に比べては  光を青々と刎ねて  光は空間へは届いていなかった  光を反射して  光のまとう  光にさらされた  光に反射して  光など通そうとはしない  光が輝いた  光が落ちて来たからである  光の圏内から消えて  光を漲らせて  光の縞が出来た  光が放たれている  光に水面は斑をなして輝き  光が射して  光が射して来た  光を放っている  光がサツと外へ流れ出た  光をもつて流れてゐた  光の反射で見えてゐた  光で踊つてゐる  光の輪が床に落ちた  光をあびて  光を發しながら燃えてゐるので  光をさまざまに乱反射させながら  光を受けなくなった  光をまともに受けとめていた  光を受けとめ得る  光と影とがつくりだす  光を受ける  光が山を越えて  光を注ぐ  光がさえぎられ  光の発光体になった  光を受け  光を受けていた  光のなかを西に向かった  光は波の頂上から舞いあがる  光を間断なく交錯させつつ  光をそのボードは鋭く照り返し  光が青じろく山の斜面を滑っていた  光がそこらいちめんに見えた  光を反射した  光は全宇宙に瀰漫して  光の波長自身がどうして頼みになるであろう  光などでも単一な球面波のごときものは実現し  光にそれをすかしてみた  光にきらきら輝き  光の中に幻出しつ  光をながむれば  光も灰いろにうすれ  光があって  光を発揚する  光を見るや  光の明かなる  光が現われ  光をただして見ると  光が出て  光もあるを  光で明るい川の中をどこかへ行つて見えなくなりました  光が流れこんでくる  光をいつ  光を帯びた  光に充ちた  光を受けてる  光に輝いた  光のなかに病む  光のなかを男と女と戯れながら歩いてる  光と音とを知らない  光をも恵みと感じた  光は身に添い  光をなくさない  光の血が流れたり  光でさまざまな人に引き合わされたが  光が冴えて  光を反射する  光は見えず  光は椎の葉と山いもの葉に宿るなり  光は氾濫する  光をそよがする  光に祭る  光に在る  光のなかへ更に強い光の輪郭を重ねている  光と腹匍いになった  光を持つてゐる  光が部屋を一つの平面に変へてしまふと  光に満ち  光がちらついてゐた  光を放  光は無数の宝石に反射して  光に射られて  光を放つてゐた  光を放っていた  光を投げ始める  光ばかりにしてし  光をたよりに自分は稚い恋の小説を書き始めた  光を浴びている  光に照らし出されて来て  光を失う  光をしるべに  光が木や草の緑を飴色にうきうきさせるまで歌ったり笑ったり叫んだりして  光を帯びてきた  光に見廻すと  光がそこから流れこむ  光を流した  光を向けた  光をうけた  光に濡れ  光を顔にうけて  光を刻んでくる  光に照りかえされて  光とが追いつ追われつして  光をたよりに野獣のように畑の中で働き廻  光でそこそこにしたためた  光の中に勇ましく飛び立って行った  光の下にしょんぼり立った  光にあわれな  光が燐のように凡ての光る  光をかんじ  光を放つて  光の速力に近いもので人間には迚も出せ  光で一度目標を認めた  光を失わないであろう  光の微粒子説を主張したという  光を発していた  光を放っているが  光の中へ沈んで消えていた  光で輝いている  光がほのぼのとした  光に浮かぬ  光はあっけなく消えてしまった  光が眩しく流れていて  光の流れはこちらへも向うの横丁へも流れて行かず  光のなかにいる  光に赤く染められた  光が冷たく照らしていた  光と人間の愛に充満しようとは  光の下で見直されなければならない  光の子として神の前に立つ  光の増し来れる  光がきらきらと輝いて  光を鋭く反射させ  光のなかで彼女は裸のようにも見えた  光を受けとめ  光を放ちはじめた  光をたたえながら  光で弾いた  光を遮って  光さえ火焔がもえるかと見えた  光などに比べては  光の色を分析してみると  光を喜んだ  光が潜んでいた  光がみえた  光ばかりに埋まっている  光をジリジリとよじらせて  光を射さして躍ってきた  光をみた  光をよじってきて  光と共に飛び抜けようとすると  光を投げた  光は隅々まで行き亘らない  光が強くこのぼうっとかすんだ  光が雑って来る  光の中に岩むらの聳えてゐるだけである  光のやうに飛び出して  光が見えなくな  光が一面にさし  光の方へ駈けて  光が荒い縞のように泉の畔に差す  光が七本の手から流れる  光がへんにうすらいで  光がさしてきてから  光がきらきらと浮いてゐる  光をたたえて  光を感じると  光を見せていた  光が睫毛をさえぎるので  光を想い起こした  光なき闇をも瞬間に察しなければならぬ  光の中に黒い覆面をした  光がさしてくる  光こまかき朝桜かもひんがしの  光のどけし  光するどき星ひとつあり  光のなかへぎらぎらときえてい  光にちぢれて  光と共にラディオの響が聞え初める  光が人の目を射た  光のいかにも森然として冴渡っている  光にあふれ  光でよく見ると  光も見えません  光が暗いのでちっとも見つかりはしない  光が万遍もなく輝いてゐた  光の中を泳いで  光を散らして  光のさしかける  光が見え  光を漂はせて  光をふり  光に明日といふ黄花のさゆり透きみえて  光に手の影はひとり悲しくあらはれぬ  光に漂ふは  光を隱したり  光のきらめくは  光を仰ぐ  光なるを知らず  光よりこれらを生みし  光もて忽ち頭腦を照せる  光に甦へ  光の波のてりかへし  光を映しつつ  光のやうにきらめくが  光を投げかける  光が掠めゆく  光いつとなく白んで薄れて  光に耀け  光を探しても  光を避ける  光が閃めいた  光の脈を見る  光と音との二つで雷の落ちた  光は電光の閃きで  光が出来  光の速度とは較べ  光の伝はる速さの相違は次の実例で説明が出来る  光とが一緒に来れば  光を遮る  光の見える  光に逢つて喜び震へてゐます  光は野に満ち溢れて  光と熱を注いで  光が地球に来る  光と熱を与へてゐる  光が雪に映つて  光を照り返していた  光が今ようやく地球に届いた  光にも曇りが出来て  光ですかして見ても  光がこちらに向つて近づいて来る  光が一層燦然と輝くからであるといふ  光は訝りの  光はいや増すであらう  光を射  光を放てり  光と紅の光と相並びて  光自から消えて  光を見つけた  光はこの男の全体を明かにした  光で照して見ると  光を中央部に向けた  光が反射する  光を帯びて  光を見つめていた  光とが一層濃さを増した  光の帯が船をはす  光を投げて  光がさす  光が烏帽子に輝き  光とに對して  光を浴びせて  光と凉しい  光を魔法にかからせて居ります  光をからませた  光の紋流は五の目みだれに  光もよじれぬほど  光へ探り寄った  光を隠して  光を背なかへ廻しながら  光がシュウッと削り落された  光の下で斯う言ふ  光も冷たくなっていた  光にぼかされて  光の中の下に夢見る  光云うべくもあらず  光は閃いていなかった  光が燦き入った  光が人のつまった  光をのみ  光は流れて  光がだんだんと明るく燃えだした  光の前に秀蓮尼と僕とは向いあった  光を切って  光だけがボッと虹色を立てている  光を見たなら  光が射した  光が輝きはじめて  光を隠してしまいました  光が一面にさして  光がにじんで  光にさらされています  光はさしていました  光がもれてきて  光はなんともいえない  光をみつめて寝ようと思いました  光を見て  光も消え褪せた  光の中ではよくわからない  光と名づけ  光にだけは邪険にする  光の足袋を縫うてやったりしていたが  光を可愛がってやと思いがけぬ  光を見るなり抱き寄せて  光を引き寄せたが  光は背中に伊助と同じくらいのほくろがあり  光を連れて  光を連れ戻す  光が孫であることを薄々かんづいていた  光といきなり立ち上って  光が去ってから  光を想いだし  光を漂はせてゐました  光をみれば  光もささせ  光を当てられる  光をもとめて  光の当っている  光ゆらゆらと昇って  光微見えしにあらず  光ゆらゆらと漂うを  光は波間に消えて  光高く燃えあがるにしたがい  光は部屋の中を明くすると  光を狭い部屋の中に漲らせた  光をまともに浴びて  光に変つたと思ふと  光を伴って  光を投げていた  光に輝いている  光が洪水のように室に充ち  光も見えなくなった  光が天幕の中へ射している  光を吐きながら  光がギラギラ輝いている  光が戸外にカッと洩れて来る  光さえ弱って見えた  光とがいくらか仰がれる  光をそれで取った  光は射してはいるが  光の洪水を漲らせている  光の洪水に洗礼された  光を放し  光を澪している  光がにぶくうるんで見える  光は一面の白雪をてらしてゐます  光が輝かしくさしてゐる  光を浴びつつ  光を消して  光が映す  光なき十一の緋の炎と見えた  光に照らし出される  光と色の微妙なるエフェクトを花火の技術から感ずる  光を照り返している  光を照りかえしていたかも知れない  光が地上に落ちた  光を導き入れると  光が何処からか洩れて  光も煙も放たなかった  光のほそぼそとさして来る  光つてきた  光が足りないので  光を背にして立っていた  光の斑を置いていた  光がまんなかの峯にさし始めた  光を増す  光がぱつとして薄暗い店先を照した  光を投げて呉れる  光は消えたものの  光もささない  光が後にあるから  光に満ちた  光の下に見出して  光に代って云ってやりました  光を眺めました  光に輝かされ  光が眼の奧から流れて出てくる  光がだんだん弱って来て  光の中にかがやいている  光の線で示された  光を投げたであろうと思われる  光を放たず  光の消えた  光は玻璃窓を洩れて  光を帶びた廣い  光がおびただしい街燈の輝きの底に閃めいている  光を失ふ  光と暖さの源をなしているばかりでなく  光が薄れ切  光が籐椅子の縞を彼女の白い肘に染めてゐる  光が姉の顔になった  光を出す  光の分散に關する  光及び電子が量子論に從ふ  光に於ける  光に於て此兩者の調整に失敗した  光とか電子とかいふ五感を超越した  光を三稜鏡に透かして見たら  光はその邊りに附着する  光でも出す  光で網をかけはじめた  光のいとをはき  光は絶望の悲哀といったようなものを含んでいる  光を伴う  光を含んだ  光もどうやら鈍くなり  光が見えるだけで  光を恐れない  光の列が彼の眼の前を過って行った  光と熱と歓語で充たされた  光を浴び  光が薄れて  光は仙妃の左か右かの眉尻にある  光はますます明るくなって  光は忽ち消えて  光の中では却つて何やら生き生きとして  光が周囲を明るく見せた  光のような微白い光があった  光が微に胴の間に見えているのみで  光のなくなりかけた  光に遠望すれば  光の空を焦がすのみ  光に中を照してみると  光は朦朧とそれを照している  光を失った  光を失つた月を仰いで  光に照らされた  光に恐れた  光と二人で下谷の大音寺前に小さい家を借りて  光の給仕で夕飯を食ってしまうと  光ももう明ければ  光も寂しそうに言った  光はもう一日待ってくれと言った  光は夜業で裁縫に取りかかった  光はしきりに針を急がせていた  光がいま縫っている  光も識っていた  光にいろいろの物を送ってくれた  光も思っていた  光は今更のように有難がっていた  光の奉公口もここの主人が親切に探してくれた  光は不思議に思っていたが  光はふと振り向いて訊いた  光は八橋と文通をしていた  光はおとなしく黙ってしまった  光もからだの雪を払ってはいって来た  光は重ねて  光はまだ動悸が鎮まらないらしく  光は崩れかかった  光の奉公している  光は深川までその金を受取りの  光は橋場の寮を出て  光はしばらくそこに待たされた  光は小きざみに足を早めて  光を突き飛ばした  光はやるまいと  光は大の男にとても勝つ  光は橋の上に泣き伏していた  光は泣きながら  光に眼をかけてくれるとも聞いているから  光は不安らしく訊いた  光はまだ躊躇していた  光を叱る  光の遅いのを心配している  光を可愛がっているので  光を咎めようともしなかった  光は嬉し泣きにまた泣いた  光が又しょんぼりと訪ねて来て  光が泣きながら話す  光の主人の寮には人形町の本宅から付いて来ている  光が主人の気に入っている  光になんだか当てつけらしい  光にむかって言うばかりでなく  光にむかって  光は泣きたいほどに  光を帰して置いて  光はここの主人の世話で三河屋の寮へ奉公する  光に暇を出すと言った  光が取次ぎに出て来た  光は少し言い渋っているらしかった  光の声は陰って  光を疑ってはいない  光の正直なことは自分たちも知っている  光が死ぬ  光が追剥ぎに  光の場合にもそれを適用しない  光はよく知っていた  光はそっと訊いた  光の言う  光は橋場の方へ奉公にやった  光の身の上に同情した  光が災難に逢った  光も居  光が笑いながら  光はときどきに訪ねて来る  光はにこにこしていた  光は泣いて喜んだ  光は礼手紙を書いて  光の礼手紙をとどけた  光に宛てた  光は言い出した  光は少し疑う  光は頼む  光は余り遅くならない  光の安否などもたずねた  光の金の一条で栄之丞が偶然訪ねて来た  光のことは猶わからない  光やつよい息吹は感じられず  光を出したともいはれてゐる  光つたものであつたといふ  光にみちみちていた  光が目を射た  光ならどんなささいなのにでもその方に向きますが  光を放つかの  光を見つめて居た  光が見えなかった  光が見える  光を見て居た  光を投げる  光とともに灰白色の動物の頭が見えた  光で埋まる  光が枝葉の間から落ちて来て  光にさらされてゐる  光に見えた  光が黄金色に透ってきました  光の雨に打たれて立ちました  光の粉がまだはなびらに残ってでもいた  光の点々を王子の顔に反射させながら  光をまぶし  光の輪にしか見えませんでした  光の底のしずかな林の向こうから二人をたずねるけ  光を一杯に浴び  光の考えられぬ  光が青くすきとほ  光が青くすきとおって  光つたりしてゐる  光の考へられぬ  光ぞ隠れたる  光をよく見ていると  光をこめて  光に見る  光におどろき  光にかまわずにいると  光がつつまれて見えた  光もかげり  光を増した  光を持ち  光の中なる自動車に乗る  光が山を動いて行く  光のやうな朧な青いあかりがぼおっと  光に銀色にひるがへりながら  光遍く一座を照し  光に疾翔大力さまを拝み申す  光のような朧な青いあかりがぼおっと  光に銀色にひるがえりながら  光を放ちたまう  光に疾翔大力さまを拝み申すじゃなれど  光を投入した  光が煤に黄んだ障子に映じている  光が眼にあった  光よりも女の云い  光の中を歩め  光が跳ねおどっていた  光が映しては消え  光を放つので  光が若葉を透して  光を放っていて  光が閃めき迫って来て  光を見ても  光を曳いて見えなくなった  光に染めた  光の波動を伝えていた  光が当たり  光を当てないでいた  光を与えられた  光をしっかりため込んだ  光で本が焼ける  光に照されて  光を発して拡がった  光に急変すると  光にきらきらと輝きつつ  光に照らされ  光を受けながら  光があるが  光にからだは焼かれる  光のように光って居た  光に混って感じられる  光が硝子窓にせまり  光に当てたら  光に照り出された  光と秀は学校へ行く  光と秀の帰つて来る  光が光鋩もなくぼんやりと濡れてかがやいてゐる  光がなんとも言えない  光がわずかにその頂をぬらしている  光に干してある  光になれた  光がさしている  光が澄みきっていた  光が会社帰りの若い青年の頭上を照していた  光を与える  光の反射屈折に関する基礎法則を本当によく呑込ませる  光に照し出された  光の中でといふ風に明暗の順序を追つて眼を慣らしながら  光とともに掻き消えてしまうらしい  光いとほ  光が眼をかすめた  光を放ちたり  光は川の水に流れて  光の下に見えていた  光に満たされた  光で香をたいて  光で読もうとした  光も役に立たぬ  光をそれに反射させて読む  光で読んだ  光に照されていず  光は粉の埃で一面の窓硝子をとおしては届かない  光の破片となって落ちこんで来た  光から遮っているくらいに  光がちらりと射し込んだ  光がその水面に閃いていて  光の動いてゆく  光に気がついて  光に照されながら  光は期待する  光との間に揚げていたが  光のようにそれが彼から彼女に移った  光の方へまともに向けて  光であるかのようにその頭を温め輝かせた  光を除けていた  光の届かぬ  光の弱くなってゆく  光を投げ下す  光に気づいて  光を使う  光は朝の間だけその一劃にぎらぎらと射し込んだ  光を閃かして  光と入れ  光を注いだ  光をうち込んだ  光を通す  光もさえぎるばかり  光をさすか  光があたってきた  光も提供してくれる  光を当てる  光をあて  光でひとつひとつすかしてみて  光があらわれた  光に照出される  光を見ない  光の中に何冊も自由に飛び廻って  光を浴びた  光と言い  光は薄汚い鼠色の襟巻を隠す  光に包まれて  光を感じさせる  光がてらしてゐる  光は前栽の植込からしつ  光を消してよ  光はきたるいきほひたかぶる  光をさして飛びかひ光の周圍にむらがり死ぬ  光にかつゑあなたの白い指にまつ  光の輪を描いていた  光が夜の村道までさしていた  光はぼろのかたまりの  光で一杯になった  光であふれて  光にのって  光が虹のようになって  光がちらちらと動いていた  光がかかった  光がもれていた  光すらささない  光にぼかされた  光に浮き出た  光に晒された  光を握った  光がピアノに当たって反射している  光が海の上からも望まれた  光に輝いていたからであります  光の射す迄は  光がさし昇りかけていた  光の微かにさしわたつてゐる  光の雑つた灯の中にくつきりとあらはれて見えてゐた  光にかがやかされて  光をましました  光が明方のやうに明るく輝いてゐた  光が掻巻にくるまつた  光の射した  光が自分の肩に懸けた  光なく見よや  光までさして  光なり我は身を投げて  光に唸るのみ  光と熱に汗ばみぬ  光が透って来る  光で結晶し  光をさまれる  光に隈なく其半面を照されてはいるが  光を反射している  光も木立に遮られて  光がさして来た  光は弱く淡くなりながらも  光と影とが投げられる  光を含んでいた  光をふるわせて  光がしきりに降り注いだ  光を見たら  光はドップリと暮れゆき  光で見える  光がぎらぎらてりつけます  光にてらされた  光に打たれ  光で私の顔が黄色になったかと思うくらいでしたよ  光が二処からちらちらと漏れていた  光を見ていた  光は光輪は空にきは  光の下にまどろめる  光を翰林に曳きて  光の中にやつと彼の前に展開する  光も信じずにはゐられないでせう  光のない暗もあるでせう  光もあると信じてゐた  光に照らして見ました  光を恐れて蹲る  光でよく見れば  光がなくなり  光をあつめていたが  光をつかまえた  光を空中に発見した  光を放っていたので  光をあてて見た  光が飛びこんで来た  光をおびていた  光をたよりに中をのぞきこんだ  光でさぐってみると  光が天井の方へ映っている  光の尾を引く  光がさしていた  光の中へ押出された  光をあびせかけられ  光の中に顔を上げた  光に包まれながら  光と音とを立てて  光を出して  光をなげている  光の尾をひいた  光は日とともにつよくなり  光の尾を引いて走っていきます  光の霧のようなものでおおわれていた  光が動いた  光が強くなればなるほど  光を放った  光をもっていた  光が外からはいってきた  光をあげて  光がちらばらないから  光が照りつけて  光が来る  光が宇宙にひろがるから  光ともつかない  光いたらぬ山の洞のうちに火ともし入てかね掘出す  光は失わず  光は玄徳の膝の辺まで映している  光が数知れず  光も地上にはまだなかなか届き  光が地上に届く  光がくっきりと浮き立たせている  光さえ見せている  光が幽かにぽつんと落ちている  光の散らばっている  光を投げているに過ぎなかった  光も小屋を離れるにつれて  光がかがやき出して  光をたよりに川上の水面を睨んでいると  光を眺めるだけで  光の中で人民戦線は検閲し直されるべき  光を放たぬ  光や色に較べて  光の進行が直線的であるに反して  光をうけて傾く  光をうけて  光が充満しています  光がさっと流れてはいりました  光を吸っています  光をあてなければならぬばかりではなく  光を当てねばならぬ  光を磨き  光を落しながら出て来て  光にすかして眺めていたが  光に会って  光が躍ると  光の下に於て行われている  光で立ち読みをしていたが  光がちらつくだけで  光が射しこんでいる  光がなくなったろう  光がなくなって  光が欄間へうつる  光がうつった  光をあびつつ  光をかけ  光で泉水の上下を眺めていたが  光でためつしかめつしていたが  光を見るだけとなった  光でぼんやりそれらしい物がいると見ただけの  光も見えない  光がとどく  光に照らされながら  光に水の流る  光を篩して  光を投げながら  光を投げました  光の来る  光と熱とをまして来る  光が眼に浮び  光に露のような光を投げ返した  光からせた  光が翼ある  光に浴している  光にひかり輝いて  光を添えて見ろ  光もあからさまには射さず  光を仰いだ  光の中に浮きあがった  光に心をひかれ  光が反射して  光が洩れ  光を失い  光が疲れて  光を流して  光が差して来る  光のない空に突き刺っている  光の下で落着いて  光を投げ  光を懸ける  光に眼が疲れてか  光がいりみだれて  光は天井を交錯しながら  光の主は客席の前にせまっている  光はいたずらに天井を駈けめぐり  光の動きがゆるやかになり  光が徐々に上へうごく  光の中にうかんだ  光が掻き消えて  光をめには見たれども  光と熱とをもたらす  光と能率のわるい肥料で永くかかって  光は遠くにまでとどいた  光がいわゆる乱反射をして  光をまして白く輝く  光で照らされている  光で照らされているという  光の点々があちらこちらにあらわれ  光の明滅をとめた  光の輪が出来た  光の輪をこしらえ  光があたって  光のなかに翔りゆく  光のさまよへる  光は疾く夕庚とかがやきを  光にぬらされながら  光と影との限りない調和を示しながら  光を浴びて現われて来る  光は真如を惑はし去る  光がこもっている  光が宿っているから  光が一箱十円であるち  光も表通りから消えてしまっていたが  光がその小窓から射し込んで  光がニヤリと動いた  光と影とを併せ  光も艶もうけつけまいと思われる  光が現れたかと思うと  光はそう言ってから  光を自分の胸に摺り寄せた  光は結綿を動かして  光の頬に熱い息を吐きかけて  光が部屋一杯に射し込んだ  光のなかを黙々と坂を下りてゆく  光の中に若い女のような姿がぼんやり見えていました  光が射し込んでいる  光や騒音に馴れた  光を浴びていた  光を銀色に射返して  光を幻に見る  光もありませんでした  光が一杯にさし込み  光を半面に受けて  光に窶れて見えた  光は遮らで  光が窓の隙間から射し込んだ  光が射し込んだ  光だけを分析し  光が波に映る  光と影のやうな関係でつねに私の心を占めてゐた  光はまさにそこから来る  光を弱めずに  光で字を認めている  光のなかにもやもやした  光にいつも翳があった  光のなかで荒療治が行なわれた  光にも呆れた  光は何かといえば  光を漂わし  光が洩れている  光をとおしてくる  光を直角にあてると  光に圧されて動く  光の圧力で吹き飛ばされる  光を落としているので  光が射し  光を害して  光を明らかにし  光を前髪にうけ  光を映じて  光も月の光もはっきり見えなかったが  光に朦朧と照らされ  光が射して来ていて  光で往来を照らしながら  光が朦朧として照していた  光に曝しながら  光の穂を巡りながら  光など投げかけた  光を投げている  光にも照らされず  光の来た  光を睨んだが  光は消えてしまった  光は消えていた  光は消えていて  光が現われて  光の斑を置き  光を直かにてりかえす  光の下には美しく見ゆべき  光に消え行く  光は次第に消える  光を蔽はれたる  光を遮るの  光を鮮かにする  光の戲れをじツと視凝  光を採る  光の鮮かに輝り渡る  光の如く疑惑の森に匂ひ  光が蚊帳にうつつてゐる  光を暗く浴び  光を發する  光が廊下に流れ込んで居た  光は堅いものが打當つたときに出る  光のとどかぬ  光にすかしながら  光が巾廣く  光だつた電燈がへんに薄れて行く  光が窓の四角に區切られて  光は他より借受けたる  光によりて始めて輝くが如くなるべし  光との錯綜を見る  光を帶びて見える  光を認めて  光をも受ける  光で隈なく照してゐる  光が柔かに野の上に流れてゐた  光とが無限に湧くと  光と力とを與へる  光を求める  光に照しつけられてゐる  光が室内を照した  光の博愛平等であるのを疑う  光にあっては  光の弱い火花の写真を撮るという  光の熱線を火球の片側へ水晶レンズで集光したら  光の尾をひいて  光が薄れかけた  光つたものを見と  光を放つてゐる  光の中に氷結した  光は固より照  光によつて凡ての現實生活を根本的に實にしたい  光との距離に從つて濃淡を異にする  光を與へる  光と精神の光とは相違する  光の存在それ自らが周圍を照す  光が十分に外を照す力を實現する  光が自ら照すと同じやうな意味で押し出して  光はその努力を更に大きく光る  光はその努力を廣く  光を盡して  光の下で之を讀んだり  光が月の光にかはらうとする  光の中を何處までも鎌倉の方へ歩いて  光の雲のうねと云った  光が映って  光を照りかえしている  光に照返へらせながら  光が家並みを一時に浮き出させると  光との中にある  光を子供に見せると啼き止んだ  光を放って飛び去ったという  光でよく見えました  光を見ず  光の予感をもたずして  光の幻覚を生ずる  光によって照らされる  光とが相容れないように善き心は決して悪き心に道を譲ろうとはしない  光を愛する  光をたたえている  光のなかに輝いている  光がどこから来る  光にあふれた  光を浴びせかける  光が屋内まで輝き満ちる  光にあてて  光をあびながら  光の洪水の中へ飛びこもうと思いながら  光の中へ連れて行きました  光の説光は人間にある  光は金屬にある  光は螢にある  光を光として感知すれば  光は天の一方にある  光をとぎ  光と幸福に導いて下さる  光をみとめてゐる  光に憧れる  光が添った  光の中に痴呆性の眼の色のようにぼんやりしていた  光に顔中紫に染まりながら  光として英訳して  光に顔中紫に染りながら  光に照らして  光を柔らげるために障子を用いたり  光は微かに道端の早稲の穂に射しかけて来る  光を浴びたい  光はその葉を透して  光の波の端から端までを照らしている  光がもつれます  光が差して  光が筋のやうになつてゐる  光が顔へまともに差した  光のさしてゐる  光が薄黄いろく見えてゐるので  光で天井とサモワルとが見えた  光ぞ絶えせぬ  光の揺籃に星と眠り  光のまろぶかと  光に溢れ  光はこの場合問題にならない  光で大刀を抜いて  光の中で受けた  光がやさしい明るみを投げている  光にてらされる  光が広がって  光とがつづけ  光にずらりと黒う見える  光が破裂すると  光と影の模様をくっきりと描いていた  光の傍らに腰をかけて  光を二人の足もとへあちこちと揺り動かした  光のところへ行くまで  光をうけている  光にきらめく  光の尾をひきながら流れ去る  光をながめながら  光が揺れる  光が顫えながら一瞬間溜まる  光の束が洩れていた  光がぼんやりしていた  光をまき散らそうという  光が堂にみなぎっているのに  光が入るほどの  光で明るく照らし出され  光を吸っている  光を映してゐる  光にずつと目を細めた  光のやうな薄暗い灯の点いた  光の漏れる  光のような微暗い燈の点いた  光と影の移り変わりは溪間にいる  光をだんだん失いながら消えていった  光は入らず  光の影をぼかした  光が透きました  光のようなものが眼の中にあって  光がうすくさしてる  光がただよっている  光の斑点が天井一杯に戯れているし  光がその眼にあった  光を斜に受けて  光のなかに静まりかえって  光の揺らぐ  光の工合が云い  光をなんて気持がいいんだろうと思っている  光の色をあらわす  光がすべての物を包んでいる  光は残っていた  光に十五六に見える  光がその漾に消える  光に輝らされて  光を見せた  光がさしてる  光は薄れて来る  光に数日間曝す  光がいちめんに降りそそいでいた  光はどんな都合に世の中を照している  光に輝き  光が存在し  光の階段を本当に認める  光の諸階段を眺め  光が斜にあたるに従い  光があるので  光の音階が現れる  光の正しき音階が現れて来る  光の階段はこの球体の場合に限らず  光の階段が大概の場合附き纏う  光があたると  光を眺めると  光と反射と影を伴うて立っている  光と影を持った  光をなげかけました  光がほのぼのと射してきました  光がどんよりと映り  光が落ちた  光が差し込んできて  光を当てると  光がさしてゐるだけに  光のなかにある  光がこのみすぼらしい船室へ射しこんでいた  光につつまれているので  光にひたる  光をさえぎりました  光のようにかがやいていましたし  光をうつした  光のよくあたる  光をもった  光のなかに立っていました  光がして  光の字を賜わり  光尚と改めた  光尚に捧げる  光尚にさせたいと思うが  光尚にする  光尚に奉公してくれい  光尚も思慮ある  光尚は聞いて  光尚はこう思った  光尚はすぐに阿部権兵衛を井出の口に引き出だして  光尚に阿部の討手を言いつけられて  光尚が聞いて  光尚はたびたび家中のおもだったものの家へ遊びに往く  光尚が館を出る  光尚は駕籠に乗った  光尚のいる  光尚はじきに逢おうと言って  光尚が見て  光尚が声をかけた  光尚は座を起つ  光尚に拝謁した  光尚が言わせた  光尚の亡くなった  光を持つた  光のじっと沈んだ  光の中に僕の顔が浮き出ていたが  光の画布は近代人のもつ  光の壁がすでに現在において機械的集団的被担性を乗り越えてきた  光の芸術はかくて  光を仰いだり  光が車夫の手の静脈を太く浮び上らしていた  光が眩しく横に流れていて  光を避けて引きかえしたが  光が飛んだ  光を裏から受けてゐるので  光を投げてゐる  光にうつし出されるので  光は射さなかつた  光の方へ壊してみると  光が当太郎のよごれた  光の中へはいると  光が車夫の手の静脈を太く浮び上がらしていた  光の中を鳥の飛ぶ  光がきらきら照らしていました  光に照されて映し出した  光に照らされて映し出した  光が松原の外にあつたが春の日のやうに空気が湿  光の中に釣人達は絵に画いた  光が明るく見え  光を背にして  光が廊下に流れてゐた  光の中には気味の悪い毒々しい物の影が射してゐた  光である東西諸聖賢の共に一致する  光が松原の外にあったが  光が廊下に流れていた  光の中には鬼魅の悪い毒どくしい物の影が射していた  光には闇というアントがあり  光となりましょう  光がさし始めると  光の漂った  光が坂の下に見る  光は遠くの方に見えてゐた  光の中に立つてゐた  光にあこがれて  光が洩れて見えましたが  光が何本もスーッとさしこんだ  光がスーッとさしこむ  光がぎらぎらしてきた  光を浴びて出て来た  光をちょっと受けて  光が四方へ乱れ飛んだ  光に淀んでいた  光のなかに見てみたいと思う  光を煩さいまでに浴びているかの  光に慌しい雑音を織返していた  光の周囲へかじかみながら  光が隠されてあった  光で比丘尼婆の顔を見ると  光を見当に掻き集め  光にかざして見た  光に浮出してる  光をさらさらと映してる  光を受けた  光が消えて  光で見ると  光を吸つてぐつたりした姿で空に聳えてゐた  光で頭だけ朦朧と見えていた  光を発生せしめる  光を発します  光を出しました  光がおぼめいて居た  光が一面の障子を照らして居た  光でぼんやりと見えました  光なども見えて来ました  光の下に円座を組んで  光が氷っている  光とで今日の天気がわかる  光に映してそよ吹く  光が自己自身と闇とを共に顯はにする如く  光で見た  光とにおいは強烈に昔の記憶を呼び起こさせた  光に半面を照らさせ  光を放ってにらんでいるので  光が気になって困った  光でしみじみ見ていると  光があり  光も凍る  光の中へ浮き上らせながら  光が洩れ出す  光が洩れ出して来た  光の線が始まって  光を投げ返す  光の下に曝けだされてしまった  光の下でロマンチックな少女の眼で認められた  光が流れ出すによって  光が公園の小径を照らす  光の方へ身体を曲げ  光の方へ身体を曲げながら  光があたっている  光を厭う  光の中で延びたり縮んだりしていたが  光の中で伸びたり縮んだりした  光がこの小さな料理場の中に氾濫する  光によって犯人の顔を見た  光は当っていなかった  光がどうしたという  光の中に立った  光の中をタキシードを着た  光にかざしながら  光がぼんやりとして来て  光を投げかけている  光に照らされていた  光を頼りにせっせとこの大事件の記事を書き綴っていた  光の中に浮き上って  光をつらつらに照りかえす  光に眩惑される  光を受けると  光をふくんだ  光に満ちあふれた  光の不気味さに怯えつつ  光がきらきらと浮いている  光を飽飲して  光の鎧を着るべし  光を載せながら  光の波と雲の層との闘いを眺める  光を含んで  光も消え  光の翼のようなその白雲の悠然たる動きを除けば  光に蒸されてゆく  光の縞がゆらぐ  光となる  光が街を包んで到る  光でそこらが赤く燃える  光だけ集めて来た  光でそらを赤くしようと思ってゐるのよ  光が行ってますわ  光が射しておりました  光すら後を追うてくる  光の影の裏打も有り得ない  光のなかに四五十人の顔が蠢めいてゐる  光のなかにちらちらしてゐる  光を感じてゐた  光はたしかに回転窓の三インチばかりの隙間のところから射して来る  光はまるで無造作に僕のところへ滑り込んできて  光が僕のなかに墜ちてくる  光はいづ  光が乳色に流れていました  光に輝いていました  光が聲もなく動いて居る  光が骨の中まで沁み込んで  光ある風に身を揉ませて居る  光もささず  光を見いだして  光がさしていて  光も月の光もささず  光が斜めに射して  光を放ちて  光を与えて  光が動いて居ると  光を放って居た  光が折込んで  光に輝くや  光は空間を照らしていた  光の下に暫く佇立していたが  光に照しだされて  光を放ってるのに  光の中を会社へ出かけながら  光が奥深く映って  光が冴え冴えしていた  光が縁側に当ってる  光の後を眼で追う  光を二三度ちらちらさした  光が澄んでいて  光がまぶしく思われました  光に眼も馴れると  光とを併せていた  光が点ぜ  光が目に入ると  光に照らし出されている  光がほのかに差していて  光を添えていた  光の通わない  光が差してくる  光が届かない  光に消された  光は永遠にとざされ  光をしてきらめいていた  光の焦点のように各々の心の中に現われている  光はまだ人に親しみの色を帯びており  光が空の奥深く潜んでいく  光がぎらぎらとした  光もぼやけ  光が放射し  光が夏の近いのを思はせる  光は常に西方から来てゐた  光のかげんで自働的に作用して  光の照明度がある  光を当てて見ると  光を発する  光には実際多少の妖怪味といったようなものを帯びている  光のかげんでからす  光の下にかがやかしていた  光の加減で自働的に作用して  光には実際多少の妖怪味と云った  光の加減で烏瓜の花が一度に開く  光の下に耀かしていた  光のそらにかかります  光を増せば  光がささなくな  光は煖炉の前の半畳敷程の床を黄いろに照しているだけである  光がよく届かないので  光の輪が天井に射し  光の輪や影は活気づいて  光の輪を指でおどしながら  光が洩れていた  光はあまり明かで何物かが其処に流れて行く  光がぼつと障子の一部を水色に染め出した  光が金色の渦をなして  光が冷ややかに彩っていました  光をさえぎりながら  光に射られたかの  光を浴びてゐる  光が明け放たれた  光に包みながら  光がみなぎり  光が湧いた  光ではあるが  光が当って  光を宙に交錯させつつ  光の窓がついていたが  光も霜も鶏もみんな人々の心には沁まず  光を見てあれば  光に誘はれて来た  光を当にして  光を見て這入つて来れば  光を覗いて見た  光のもと世界はいかに大なる  光はちょうど二人の胸あたりから下の方に当っているが  光の中にゐる  光の薄氷にさしてゐる  光の空へ飛び  光の道を進み  光と美とを求めている  光颯と射したれば  光とに我を忘れてる  光が揺れて  光を浴びるくらい  光が眼に現われてきた  光も消えてしまった  光に照らされてる  光を湛えていたが  光がむき出しになってきた  光が青白く雲を照らしています  光を認めた  光は近くにある  光が毛孔から総身に浸込む  光が強く照り返して  光の断片に眼を何度となく射られた  光だなと感ずるだけであった  光が地に沁み込む  光に照らし出された仕上  光のあたらない  光の輪の中へ入る  光に照らし出された  光が窓にはめた  光の中に浮びあがって来た  光を吹き消す  光を見せていただいている  光が照らし出している  光に透かして見ると  光を障子越しに眺めている  光が見えだしました  光とに満ちてる  光を見て取る  光の角度を描いていた  光とがある  光が目にいっぱい映った  光が落ちてきた  光がまたさしてきた  光は淡くなって  光の罩めた深淵とが見えてきて  光に遭った  光を千載にはなち  光から出来て居る  光があらはれる  光が揺いで行く  光が見えて来た  光の方へ走って行った  光が蒼茫と空地に流れているばかり  光で道を照らし  光だか解らない  光が洩れていたので  光を貫いて  光の射す  光が燦然と彼の眼を射た  光が充ち満ちていた  光のようにうけとられた  光に耀いている  光のさした  光はこの座敷を洞窟のように見せる  光は客が箸で口からしごく肴の骨に当ると  光はささない  光のなかでぴちぴちしてゐる  光が射しはじめた  光は仰げなくなる  光は天地に充ちて  光が恋しくて胸をくすぐられる  光は玉を綴り  光を落している  光を真面に浴びて  光を放して居る  光に鋭く反射する  光を浮べながら  光で目釘をうたれ鏤められている  光も太陽が西に沈む  光がぱっと大森田圃に照り渡って  光をそのひとみから射出したので  光の照り渡る  光で大きな手文庫からぎっしりつまった  光がとっぷりと隠れてしまって  光がきらめいては消え  光のない濃い灰色がどんよりと広がっているばかりだった  光が添い加わって  光を残していた  光のもれていた  光で時計を見て  光のまたたきをしながら  光はその翌日の朝までこのなまめかしくもふしだらな葉子の丸寝姿を画いた  光が力弱くそれを照らす  光の変化がかすかに山と海とをなでて通るばかりだ  光は仮初めの男の心をたじろがす  光に対して調節の力を失っていた  光のために奥深く輝いていた  光が放たれていた  光を頭から浴びながら  光で木村の顔を見やっていた  光が射られていた  光は残って居る  光の中へ入って来た  光が明るく通る  光で新聞を読んだ  光は多くの鏡に反射して  光を真正面に受けると  光は巻き上げた  光はそれにちょっと絡わったが  光を放つで  光と共に全く消えうせてしまった  光を放つであろう  光で勉強したので  光がじりじりと照りつけて  光が金色の線を水の中に射て  光にその長い青葉をきらめかして  光の内に行われる  光の海が眼下に波立っている  光を軒並の低い街に投げて  光に腹を赤く染めてむこうの  光が高い円天井に反射し  光が中にこもつてゐる  光が欲しくなった  光であるように感じただけで  光も揺れていた  光を出さぬ  光をやや弱めながら近づいていた  光の針束がザクリと瞳孔をさし  光で露に濡れた  光が澄み渡って  光を注ぎ  光との中に眺めた  光に変って  光が照らし出されました  光が射すだろうとか  光を放たし  光を失わない  光を燻して続いてゐると  光を帯びて来る  光をぴかぴかさせていました  光も暗い木立のなかからさしこんでは来ませんでした  光が顔にあたる  光の波の上に無数の天使らのまばゆい翼の雲をひいて降りて来て  光のかげ  光を真上に浴びるといふ  光が生じて  光を眺め尽して見る  光の細くなった  光の下で新聞を読んでいた  光を透しているかの如く  光を追い掛けて  光が頭を遠慮なく焼いた  光を浴びる  光に冴えた  光を見出した  光で一面にいらいらし始めた  光の下の椅子へ戻  光が時々そこからのぞけて見えた  光が赤蕪のような膝をはだけて  光がちらちらとさすので  光が中くらいな鞄を提げて  光の肩に掛けた  光のかぶった  光を見せているのに  光が一杯に閉じ込めていた  光が間もなく卓子の脚にまでとどくまでつづけていた  光が射している  光をあびた  光や黄色い光に充たされていると思ったが  光の映った  光がボーッと上を照らしている  光や黄色い光に充たされてゐると  光の映  光がボーッと上を照らして居る  光の中に眠った  光を帯びて来て  光と影のぼんやりした  光が部屋のなかを流れてゐた  光は縞目をして射し入り  光が何ものにも遮られずに降り注ぐ  光が川原の薄い夜霧を透して  光が流れて  光を知っている  光に凍えついてしまひ  光の前で検討された  光にも行かない  光の下において検討された  光がゆらぐ  光に見入りながら  光とも分らないが  光と共に掻消え  光なりや今日はめぐりて  光に瞼を射られて  光を現はして  光で赤く見える  光の下に見ながら  光の中に漂つてゐる  光を孕んだ  光の中に亭々と聳え立ち  光の淡い星影が三つ四つ数へられた  光もなく道はいきなりずり落ちた  光は花に映じている  光を見つつ  光の求むるは  光が点される  光を見つつくらい  光に耽  光の中に漂っている  光に向ひて  光が障子越しにさしていた  光を受けてぶら下がっている  光がおぼろに空を明るくしている  光がもれて来た  光を射つけて  光は海の底のように部屋の中を思わせた  光を仰ごうではありませんか  光の中に多様な渦紋を描いては消え描いては消えする  光をまともに受けた  光にさえもとのように大海にのみ見る  光がたよりになった  光を背に負って  光がちらとさす  光も見えないほどに  光を漂わしていた  光の届く  光にすかして  光でことさら青白い顔色をして  光でそれを発見した  光が窓から容赦なく流れ込んだ  光も声もない物すさまじい暗黒の中にまっさかさまに浸って行った  光の中に立つ  光を増して行って  光で清められたかと見えた  光が宿った  光も遠く薄く射す  光が青い苔の生えた  光を突然遮った  光も次第に弱くなり始めた  光で身仕度をした  光を見せたが  光はまず申分なく流れ込む  光に透して見た  光もなく夜の暗さも見えないから  光が森の上に拡がって  光の下に相角逐し  光と影をみだす  光をそそぐ  光が戸外へ洩れて居る  光をすくった  光の薄れた  光を千載に放ち  光をはなっている  光を曳いて  光を下界に取りおろさないではやまない  光がくまなく降りそそいでいた  光と色との内に無限と永遠が現われている  光がそれを生んだ  光が看  光を帯びていた  光に働きかける  光を帯びる  光さす白日のつばさを負ひて  光もゆるや  光の使の鳥さへえ鳴かぬや  光あるに至ら  光肥えて炬の如か  光に仰ぎ入れる  光又遠く見  光にも我と共に浴びぬ  光を直正面に受けて  光は此処にのみとさへ  光を流れにともない  光の下に巧い  光に見える  光を保つてゐる  光が縁先に落ちていた  光を背にして立った  光ももれない  光が大地に輝いている  光を流していた  光に浮んでいる  光が消え  光の深く沈んだ  光をこの四字の上に投げ懸けた  光が出た  光を怖れた  光を薄暗く室内に投げた  光が残っている  光に満ちてゐるであらう  光に燦めかせて  光を二人の少女に浴せかけて  光で眼がくらんでいて  光は地上に横たわっている  光がいっぱいに流れた  光が自分の方に動いてくる  光が流れた  光を浴びて輝いている  光が室いっぱい差し込んでいる  光にすかし見れば  光と共に物淋しく見えはじめる  光を発しました  光さえ微弱に感ぜられて  光に波打たせながら  光が映えて  光は全く竹むらの梢にも殘つてはゐず  光がさう  光をも盃に受けて  光の中で昨夜にまして気が利いても見えなければ  光が閃き出した  光で育ちだすという  光は崖下の櫛比した  光がさすと  光が冴えきっていた  光が千里を照らすというほど  光は物影とくっきり際立って見られる  光を見つめた  光が一面に降り  光にも白くはっきりと分るほどに  光の流れてる  光で一目に見渡された  光を斜め半身に受けて  光のさしてる  光で僕は初めて彼女の顔を見た  光の中に出たりした  光にぱっと輝らし出されるので  光あるものにしたい  光に浮かされて  光が多少洩れ漉してる  光をあたりに漂はせた  光にふと燃えていた  光と形を得ようと努める  光がみえたと  光がみる  光までなんとなく重たげだ  光に飽き  光の壁にぶつからないで  光になれて  光とも影ともつかない  光で照された  光を投じた  光の中に現じ出した  光を凝集して  光を増すか  光を減じて  光や熱をもっている  光とを一時に爆発させる  光とは恐ろしい力を以て発散します  光と熱とは忽ち幾千倍に増加する  光に接せぬ  光の小さいことは実に驚く  光を反射して輝くなり  光も段々に強くなる  光が益々凄くなって来る  光が想像に浮かんで来る  光に駆り立てられ  光の中の光とも見ゆる  光が強くなったから  光を与え  光を浴びていたものの  光を見つけ  光に聖書を読んでいる  光にぬくめて  光をなつかしげにながめる  光で照し出され  光をお与へに  光をてらすと  光が消えた  光で照らされた  光の輪がパッとうつ  光でてらすと  光の中で見ると  光を含んで滴る  光をふくみにほふ  光をうら寂しく感じながら  光のさしそめたをち  光が溪間の紅葉に映つて  光にも土地の高みが感ぜられて  光が落ちてゐた  光の浸  光を遮  光が煙っている  光がきらきらと瞬きました  光に射られて輝いていました  光が落ちる  光はさしています  光は当たっています  光にやった  光が見えていたが  光がその印象の隙から射して来る  光の現象に対して特有な組織的説明を与えている  光で白く光つて見え  光と色と音との錯雑した  光を沈めて  光が増した  光の反映を受けて  光がました  光を滑らして  光を射こんだ  光がさッと走りました  光の中を斜めに切って  光を奪われた  光のてらしている  光を憧れ  光を背にしている  光は海を照らして  光をあび  光の扇のさやかなる風に身をふれよう  光をもてる  光にうたれた  光と陰の文字をかくよ  光は萬人の火であるが月は精靈を伴とする  光で照らし出される  光で一筆書く  光を帯びて輝く  光が木立の間から洩れて  光が熊笹の上をすべる  光が射し込んで  光は乱射する  光を反射させている  光に追われし  光を異境に発揚せずんばあるべからず  光の中に浮び出た  光という娘をもっていたが  光の渦を巻きながら  光を八紘に輝やかさではおくべきや  光がななめにさしてゐる  光も洩れていません  光の傘が開いてから  光との回折や透過に関する差違はトーキーでもすでにいろいろに利用されている  光が届かぬのに  光を透過して  光と音との本質的差異と連関している  光の舞踊を思わせる  光をおとす  光の下でくらしていた  光を思い出す  光があったが  光の帯のように見える  光の帯に見える  光がちらばって  光の帯のように見えていた  光を研究していたが  光を分光写真にとってしらべてみると  光にキッカリ四時十分を指していた  光を差付ける  光を浴びせ掛けた  光がうごいて  光が網になって  光にみちていた  光が燃えた  光がかすれて  光が陽炎のように微赤くちらちらとしていたが  光が林の中をかっと照らした  光が射してきた  光が朽ち腐れて  光がきらきらと光っている  光の中に数人の人の動く  光が強く反射してゐて  光を競ふ  光にきらきらとひらめきました  光すらさす  光をそのあたりに投げていた  光で脚下を見ながら  光が見えてくる  光を採り入れる  光を脊に受けて  光が見えました  光に王姓を与えた  光に統率されていた  光をさす  光らしいと想像されるだけで  光と断定できる  光がコマ家の第一祖だということもチョン切られた  光の先にも誰かがいたかも知れない  光が王姓をもらい  光がコマ王姓をたまわり  光は老齢に至って  光の上陸地点と伝えられる  光は長生きして  光をただちに白髯サマその人と見る  光が出て来る  光を唄って  光を幻想しつつ  光に一瞥の哀愁を投げかける  光の波になって戦いでいた  光がうごいた  光にも磨かれていないし  光もよく見えないでいた  光もおそろしく強く額を射る  光が落ちてくる  光に白く見える  光になれてゐた  光をはなつて射とほす  光を吸つてゐる  光は東側の小窓から射してゐるだけで  光に華やぎ  光を斜め前から受けて  光が周囲いちめんに当たっていて  光につつまれながら立っていました  光の澱や野と町と官省のなかひとびとのおもかげや声あり  光が幽に漏れた  光が現われた  光で明るくなったかと思うと  光を刎ねている  光になっている  光が入って来る  光にすすめ  光はペコンとおじぎをして  光を睨んで立っていた  光を見ている  光はサッサとジャガイモを袋に詰めている  光に移して  光の後姿に行き  光にかじりついて行く  光の片袖を手に握った  光とか言う  光がスーッと消え  光のために裂けた  光は女王だの兵卒だのの像を面白そうに映して見せた  光は敷居の直ぐ側まで射して来ていた  光は城跡の草の上に落ちていた  光が薄白く射して来た  光は相模灘に満ちていた  光のなかに出た  光の槍襖を八方から突出していた  光に桜を誘った  光も紫外線も出していない  光があるから  光がぽんとあがる  光がところどころに揚がっていると  光を奪いながら  光にかがやいて  光を知らない  光の翼は広い畑を越えて  光が流れるに従って  光を浴びてゐた  光を見上げました  光がきん色に射し  光が途絶えて  光の内に漂うて  光がうすくなって  光に満ちていた  光は漸次に褪めて  光のような青白い息をだしてだまっているので  光のあふれる  光があふれ  光はくまなくて秋風のみぞ身にはしむ  光のマスがあらわれたと思うと  光の下に放りだされて  光がフィルムをとおして  光とうまく調和しない  光に照らされて見られました  光のさす  光を爭ふ  光と共に我が法の教へ隈なくかがやかせ  光がパッと流れだした  光に曝して見ると  光が出てきた  光にしか見えないくらい  光は違っていたに  光もない渋紙色した  光がして来た  光の曲をくりかえしくりかえし  光の曲をくりかへし  光がまだずっと向うの山脈を薄桃色に染めている  光が金色の縞になってさし込んでいる  光の刺激を避ける  光は地に満ちていた  光に誘われて  光がその玻璃に映った  光はションボリと家の内を照していた  光を望む  光に映らなかった  光が望まれた  光の中で鮮かな色をして  光でいちめんに白くかがやき  光の下へノートをひろげて  光でひと筆書く  光が斜めに床の上へさしこむ  光でいくどもいくども読みかえす  光で読んで見ました  光がさしかけて  光が氾濫している  光がやどっていた  光が刎ね返した  光と匂いをたたえ  光から逃げる  光を帯びている  光をその眼に加え  光に髪を上げさせている  光にいいつけ  光が見えて  光が澄んでいた  光ある廣き  光ほの暗く粉曳臼の上に落ち  光の靜かに這ふを眺めて  光のしたたり  光の海に身はぬれて  光にぬれて  光にボンヤリ照らし出されていた  光で満ち渡ると  光をさえぎって立ちこめている  光で一ツの寝床に寝ている  光は少し斜めに丘の上までを照す  光を見上げたりして  光に映りまして  光がさしこんで  光が花やかに明く見えるばかり  光に映る  光が灰色な雲の間から照りつけて  光は明窓から寂しい台所へさしこんで  光の雨けれどもおれはまだこの畑地に到着してから  光のなかにでてくると  光の塵といっし  光の中に如何にも生気に満ちていた  光と物象とを映して  光を表面に映して  光が台所じゅうを明るくした  光がついぞ一度もさしこまなかったと思われる  光がわたしたちの上に集まっていた  光がななめにさしこんできた  光がうすもやの中にちらちらしていた  光の中でき  光が空から消える  光を心持ちよく投げかけていた  光をひらめかしながら飛んだ  光がきらきらしていた  光ではあったが  光がいつか空からうすれかけていた  光におそれて  光も見えなかった  光が目にはいった  光がけっしてもれた  光が何となく薄いような気持がする  光を洩して  光を遮った  光を浴びたからでも有りましょう  光が流れたりする  光に交って  光と雑沓が控えている  光なしという  光をかがやかし  光をだし  光がどこからさす  光によっても消し  光がさしこまない  光がもぐらの背をてらす  光の中に見ながら  光が漏れない  光が此の世のものとも思へない  光を投げてる  光のくる  光が一面に降り注いでくる  光に浴さねばならない  光をはなれて  光が心細くわたしたちのせまいおりを照らしていた  光がこちらにさす  光と音のあふれた  光の中にわたしはボブを見つけた  光に浴する  光で書物を読んだとか  光が煮しめばかり食べて  光の今日描いて来た  光と秀が帰つてから女の子を伴れて  光を懸けて居る  光が洩れて来てゐる  光を掬ってみた  光によってそそられた  光に曝された  光が洩れて来た  光がいかにもめでたくいかにも柔しくまどろんでいる  光を照り返して  光が彼の身うちの情熱を暖めでもした  光で書物を讀んだとか  光の中にやっと彼の前に展開する  光を透かした  光は膝を匍ひのぼる  光がさしました  光して来  光はしたたれり  光に白萩の夜はこぼれて  光がみちたよ  光に透かしてみて  光をおびてきた  光がうつって  光をあおいで  光が慌しく飛び退いて  光だに影せぬ  光の団のめくるめき  光強く眩しく野はさらに酷熱のいろ  光のなかに老舗立つ  光に責められる  光によって異常な色調を帯び  光に翳した  光ではなくてかなり長く持続する  光を持って来たのに  光が射しているのに  光を撒いている  光を遮らない  光さえ浮んだ  光からしている  光ふりそそぐ九月はじめの旅立ちに汽車の窓より眺むれば  光は美しく照らして輝いていました  光を浴びようとしつつある  光もみんな消えて  光がそそぐだろうかと  光に照らされた寝  光は向ふ  光実には性信親王や藤原宗子のあまり上手でもない肖像画がたくさんあるが  光といえば  光を模様にした  光さえも吸い取ってしまった  光をひそめた  光を湛えて  光をみつめて  光は次第にあたりの闇を追い退け  光は夏らしく雲の色風の音は秋らしくきわめて趣味深く自分は感じた  光のもっとも美しさを感ずる  光は風に動く  光に顔をさらして  光を知らぬ  光と熱とに溶けて  光を放ってくる  光が薄暗い水に落ちてきらめいて見える  光が苛立って見えた  光はいつも病妻の感じ  光ばかりは遙かに清冽なものを湛えていた  光やピースがぎつしりと這入つてゐる  光が部屋の中に縞になつて射してゐた  光がさっと室内に流れた  光をおそれて  光がすーっと出て  光もなくなって  光の横縞がいくつもあり  光は深い海にすむ  光のなかに立って  光を出して照らしつけているらしく  光は褪せて  光の供給を制限しようとは思わない  光は明け放された  光の織物をすかして見たりする  光をいっぱいに受けて輝いている  光は夕日の反映が西の空から消え去らぬ  光を幸に通わせて  光を持つ  光あまねく御飯しろく女房に逃げられて  光が附き  光が附いているので  光つたりし初める  光はすさまじく何となく神祕的なまよはされる  光はトロリとして眠れるものの如く  光を認めました  光で器を出す  光は曇らず  光は江川の本邸の内の土蔵の棟に浴びかかって  光で満ちて  光につけた  光が洩れて来る  光も雨に濡れている  光を揚げて見ると  光を出せ  光を放つた  光に私はおぼれてゐる  光を浴びせられた  光が浮いて来た  光がすきとおって  光の流れを見つめていると  光をふりまき  光に濡れそぼっている  光と印象があり  光に霞んだ  光がさし込み  光をイメージすると  光がとどかない  光を仰ぎつつ  光を追った  光の中に帆村とトラ十の姿が入ってきはしまいかと思ったので  光を嫌って  光がぼんやりとしている  光にそむけます  光の中へ屈み込んで調べると  光が山肌を飛び交して  光をさしつけながら  光をサッと向うへ浴びせかけた  光を背に受けると  光が満ち  光の下にだんだん憂鬱になるばかりだった  光のまじった  光の中に書棚の間をさまよって行った  光の中にどのくらいこの地球の小さいかと云う  光も信じずにはいられないでしょう  光のない暗もあるでしょう  光もあると信じていた  光は必ずある  光に翼を焼かれ  光を洩らしていた  光は薄暗く其煙の中に見える  光の下にだんだん憂欝になるばかりだつた  光のまじつた中をどこまでも北へ歩いて  光の中にどのくらゐ  光を洩らしてゐた  光が射さない  光つたりして  光の中をみんなの見てゐる  光は今の電灯などに較べると  光を受けてゐた  光がその無数の断面に七色の虹を描きだして  光が宿っているって  光が大きく彼の眼の中で揺れ始めた  光の届かない  光に朦朧として人が一人います  光が照らして  光と喜びにあふれる  光が射し込んでくる  光はずつと向うの  光の畫家と云ふごとき  光を撒いていた  光に燃え輝いているだけで  光の中に起き上がった  光いざゆかん  光に音を立てて  光で青白い面が熱る  光で寺の中を今更のように見廻します  光を見ただけで  光が見えぬ  光をたよりに山崎の様子をうかがうと  光がともっていた  光が橙色にさして  光を放ったが  光が落ちていて  光にキラつかせている  光からのがれていたが  光が強くて魅力を持っている  光を放っていると  光をこぼしている  光に染められもせずに  光を吸い寄せている  光にぼけてはいたが  光に鈍く照らされながら  光を吸って光っている  光をはね返して  光を貫いた吹き  光が一筋に投げ込まれていたが  光を割った  光を刻む  光に半身を染めて  光が竹刀にはねられた  光に濡れて  光が降りそそいでいて  光を故意と避けて  光が敷き充ちていて  光のみちていて  光でほの  光で同じ真珠色にぼかされていた  光が降りそそがれているし  光にそむいて  光が蒼白く注がれ  光をはねたからである  光が茫と立って  光をさえぎっているので  光が隙間からさしている  光に生白く光らせ  光をはね飛ばす  光はみなぎっていて  光に照らされている  光は深度を加えて  光をもって  光は紫のカーテンやガラスにさえぎられて  光の銀色になるにつれて  光がもれて  光がさして居ます  光の多い町に急ぎました  光の様に思い出されました  光に照しては見たけれど  光の筋を指しながら言った  光をちらつかせながら  光のうちに放り出されてある  光から身を隠すよ  光が触ると  光を差して  光はいっそうあざやかになった  光の中に浮く  光の翼を延して  光はなく懶いような色で満ちているから  光が迸る  光こそ今は見る  光が庭端から胸先上りの丘の斜面に照りつけている  光が窓から洩れている  光にみちた  光がすべっている  光に預けおくも  光が流れこんで来た  光の輪を描く  光がしず  光を恐れる  光を一杯浴びている  光の輝いていた  光でみますと  光ももれず  光をさえぎってしまった  光がパッと消えてしまった  光がついた  光がボンヤリと眼へ入りました  光が遠く及ばない  光の許す  光が満ちていました  光もさっぱり届き兼ねて  光で南条の袖の下から向うを見込んでおります  光でキラキラとかがやきます  光に染めだされた  光が斜めに流れこんでいた  光を青く幾すじかの不規則な縞にして見せていた  光を求めて争って伸びて行った  光がま横から夜を薙ぎたおして行った  光が円を描く  光の中につつまれた  光をおびはじめた  光をおびた  光がさしこんで来た  光のあたる  光をこの水入り電球でうけ  光がかがやいている  光をあびて集まっている  光のように思われた  光がともった  光はいよいよ明るくなった  光もさしているだろう  光が流れこんでいた  光が太い帯をなして流れこんでいた  光をもっとも恐れる  光の中を進んで来ました  光をとり入れて  光がひときわ赤く夕焼をこしらえて  光がもれる  光の愛撫に依り  光を拝する  光が映した  光までその位牌を持ち出しました  光を真面に浴びている  光のする  光を慄えながら見ていると  光にうつる  光でその面を見たけれども  光と目を利用する  光に晒しながら  光のように輝きました  光を投げかけた  光の板があちらこちらと這い廻っている  光の信号を送るへ  光にも耐えぬかのごとく  光や紫金の荘厳も獄土に功力を失って  光に会えぬ  光を追って呼びかけた  光で長い白い顏を照させながら  光の輪の中に立ち  光の中で地図を覗いている  光で見る  光の中に対座している  光の中に黙っている  光を見ています  光がそこから洩れて  光が洩れて  光で明らかに認める  光がありませんでした  光をうつさんが  光を真下に浴びていた  光で見比べる  光を持っている  光を増しました  光に近いところへ持ち出して  光のなかに照し出された  光が斜めに青じろく射している  光で川の様子を見ながら参りますと  光が流れ落ちて  光を投げつけていた  光に一方の壮い  光はぼんやりと二人の枕頭を照らしていた  光に見てあれば  光の隈ある  光が隠れて  光に縁側を忍んで  光が生きた  光が獄の底へ斜めに映し込む  光をながめていたが  光に細分され  光に照らしだされた  光に見出されたが  光で地面を照して  光で見ている  光は充分にそこまで届きません  光をたよりに橋上の人を見つめているけれど  光で隈なく探して見たけれど  光が青く洩れているばかりです  光が暗いと思いました  光は薔薇いろ  光は銀いろ  光の重みに堪へかねつつ  光滾れもあへず  光は溢れつくして  光に住む  光に飛ぶ  光ばかりが響き廻る  光はまた雨に忍び入る  光は光に重なる  光に動く  光をも漏らさぬ  光も漏らさないほどの  光を白衣に受けて  光を呼び起してくる  光はその林へ紛れ込んだ  光で物を見るほどになりましたわい  光がさして来ました  光の洩れる  光がパッとさしました  光が再び松林の中へ入った  光が恵まれ  光が奪われるという  光ですっきりと見える  光で等分にながめて  光とうつり合って  光が洩れて出でました  光を仰いで  光も隠れておりました  光に暗い勾欄の奥からは緋の袴をした  光が奪われまして  光を奪われている  光もまためぐって  光を静かに投げて  光の強い西洋蝋燭の光とよくうつり合っている  光を放つに至る  光に兩手のひらをかざす  光つている  光という光をすべて吸收して  光つています  光に馴れた  光が差していた  光にユラリと影を動かして  光を受けている  光の逆光の中でズングリした  光があろう  光を出そうと努める  光がうら  光がみなぎりあふれる  光にひたされて消えてしまった  光を受留める  光が増して来ると  光に面をそむけて  光を追おうとしました  光に照り  光は青くして  光を集めた  光がひらめきました  光だらうと思つてゐた  光に焦れながら  光が漲  光を受けて赤茶けて見えていて  光がさし込んで  光がぼんやり落ちている  光淡くなりもてゆきて  光の束が黄金の矢のやうに一度に飛んで来ました  光のたばが  光が晴れやかにふりそそいでいて  光を水と見て  光が充ちていた  光もなく見開かれていた  光が宿ったが  光がしきりに遠くを歩いている  光を心のすみが見つけていた  光にうたれる  光を発するかという  光ではいつも熱が伴うて起る  光を作る  光を当てると嫌って逃げると云っている  光の色が赤だか青だか分り  光も眼に害がある  光のため眼病を起す  光でも永い間には案外の害を及ぼすから  光で撮った  光に感じている  光に感じた  光の閃端をうちあてると  光に添ふ  光が細かな葉を一葉一葉明らかに見せている  光に絶え絶えに見える  光で室は昼のように明るくなった  光がそこを暖かに照らしますと  光澄んだ夜に湖水の上に好い楽みをして居り  光を受けていましたが  光がさしたという  光が霞のかかった  光を射出しながら呟いた  光を与えなければならない  光をあてる  光を輝かす  光を現わしております  光に打たれてしまいました  光の君が憎らしくなりました  光を見ますと  光かなこの人數船なればこそ  光は頻りに息をはずませて  光は森の奧に入りぬ  光の歸るを待つ  光を見つけたり  光は居ずや  光は笙をや用意したる  光の羽の痛く破れたるも  光と匂に導かれて  光は少し引き返して  光も匂も樂を奏しながら  光を放つに  光を受けて黙って歩いている  光に集まる  光が竈の所にさし込んでいた  光の中に集まり居り  光の末の白きかな縋りて泣かん  光は天雲の五百重の遠に射渡るを  光かくれたる石の柩の底深う夕の影に伴ひて  光さやけき黄金の月を浮ぶる  光の添はる心地して  光の消えにけり  光に泣きし  光も薄れけり  光見れば思ひ  光に誘はれて  光めぐれる島なれば  光のほのめけど  光を投げん  光の野をかけて  光あれ朽木の洞に隱れたる蝴蝶の夢は長うして  光にうとき夕顏の花と見えしに  光を仰ぐべく  光知るらん暮るれば出る  光の寒きかな手繰りし  光寂しき森の蔭露は瞼に落れども睡りてさめぬ  光かな涙こほりし  光を遮断する  光を浴びて走って逃げ出しました  光がそこらいちめんほのかにこめてゐた  光の中に燃えては消えて行く  光は次第に強くなつて赤味の多い柚色の夕日はもう黄昏も過ぎ去る  光に照される  光に舞ふ  光で宝石のやうに麗しく輝く  光に日頃は黒い緑の木葉が一帯に秋の如く薄く黄ばんで  光の中ではやや色あせてみえ  光を冷え冷えといぶしてゐる  光を増して来る  光を放っていたって  光をあたりに投げていた  光が透いた  光が閃いている  光が当っている  光と一しょにはいって来る  光を眺めた  光と影とをふり撒いている  光に煙った  光を鍍金しながら  光も土ぼこりで煙ってみえる  光でわづかに照らされてゐた  光を帯びてゐた  光に感応するのでせうね  光がふりそそいでゐた  光でこのあわれな女を見守っていました  光に彩られた  光の中に淡く見出された  光を浴びつ  光がそれに映  光が私にふたたび戻ってくる  光さえもない濃い真っ暗な永遠につづく  光が残っていて  光で眺めて  光を捉えようとする  光を大空へ吹き上げたから  光をまともに見詰めて  光をさしつけて  光さえしていれば  光にクラクラと眩惑した  光を厭がる  光で朧気に立札の文字を読むと  光に輝らし出された  光に輝らされるに  光に干されて  光がキラキラと雨にぬれて光っていた  光におぼろげに見える  光の下に頭を並べて  光が蒼い影をすかして  光のもとでくり返しくり返し読んだ  光あり力あるそれにはあらで  光の中に出ている  光がもれた  光が洪水のように一室にみなぎりわたった  光の中におぼろげに見えた  光にかすかに見えた  光を受け止めている  光を感じようと  光がよく届かない  光に落ち着いた  光がひたひたと寄せてくる  光が強くなる  光を見て悟る  光から抜け出した  光にキラキラ光って  光が射していましたが  光が射していて  光をにじみ出している  光の反映が波の退いた  光のにぶい腫れぼったい眼で微かに加奈子を見た  光にきらきら光る  光がものすごく頭の上を照らしました  光が暖かそうにあたっていました  光を湛えている  光のなかでとても美しく見える  光でその文字面をちらりと眺め  光を反射して閃く  光は深い渦巻の底までも射している  光のように流れる  光から遠ざかった  光で不潔な空気の中に浮き出してゐる  光の洪水の如くバルタザアルの黒い面に落ちた  光が薊の花に似ていた  光だけはわかりました  光を放つてゐました  光がパツと部屋のなかへ流れ込みました  光に尖り  光の標本を受けかねて  光というものはすたらない  光をすかし  光を受けなきゃなりません  光を厭うて  光が荘厳にする  光の網で消されると  光にねむる  光の棒とわづかになまめく  光の縞目を眺め続けた  光の波が一生けん命一生けん命ふるえているのに  光と香ばかりでできてる  光の点が浮き沈み乱積雲の群像はいまゆるやかに北へながれる  光の棒が射してゐる  光の市場種馬検査所へつれられて行く  光の目録を送ってくる  光の交叉のほかにもひとつ見えない  光へ伸ばし  光が斜めに射し  光と風との奏鳴  光のなかをスキップといふかたちをなして  光かを発散し  光の棒を超絶顕微鏡の下の微粒子のやうにどんどんどんどん流れてゐる  光の中をどんなにきれいに降る  光が湧き  光を頼りに歩いてきましたが  光を頼りに歩いてゆくには  光は形円きトベラノキに遮られて  光はここにて淡き黄緑となり  光薄れ揺らぎつつ  光を見いだした  光は分解して  光が湯ぶねに落ちている  光で眺めてみたり  光を覗く  光を兼ねている  光が去って行くという  光が交って  光をば散らさない  光の無い水が見える  光を反し  光となつて四方へ漂うて行く  光が縞を織つて  光を十分に吸ひ込んで  光は音を立て  光を漉して  光を樹根へ投げ  光と影が入り  光が浴室いっぱいにさしている  光を暫くながめながら  光が潮に透って見える  光で照らして見ました  光の冷笑が漂うている  光が射してゐたので  光がふっと曇って  光れるわが眼になじむ  光やつつましい杏仁水のやうな匂乃至一絃琴や古い日本の笛のやうな素朴なLiedのリズムが動いてゐる  光のふりそそぐ  光を斜に振り飛ばすや  光の先づ宿る  光を投げてゐた  光は環をなしてゆらめきながら  光がきら  光は此岡へ強く射しかけて  光は知らなかつた  光が其燃える  光を私は忘れない  光を僕は忘れない  光の影には引き裂かれる  光が空を滑つて湖上に落ち  光の中を爬ふように広がつて来た  光は見てゐる  光を空から投げてゐる  光に輝いてゐた  光と紺青の海とを劃して  光が岩の罅隙から洩れて  光が八畳間一ぱいに氾濫して  光を暗い空に望みながら  光の中に沈黙した  光とを与える  光が薄らぐと共に  光が晴れやかに照っている  光と影とが入乱れて  光の曇った  光や風を防ごうとするかの  光を微笑の眼で迎えながら  光の下だつたにもせよ  光がせせら笑いをしてちゃかしてしまう  光が全体同じ色に光って呉れる  光は消えてしまって居た  光が野の上を暖かそうに照らす  光の中に客待ちしてゐた  光に氣が付くと  光をとろんとあたりへ投げてゐた  光も消えてつた  光をあてに空腹にゆるんだ  光を水際の巌の上へさし込んできた  光を乱すと  光をある  光でちりばめられてありました  光の反射を見ました  光でちりばめられた  光はなんだかさっきよりは熱したという  光が顫えついていた  光が還  光をうける  光が洩れてくる  光をながめて  光を強調せんとすればするほどに  光のめぐみに浴する  光を隠されて  光に向いた  光はなんだかさつきよりは熱したという  光つたりしました  光のとどかない  光にみせられた  光もとどかない  光も乏しい深さまで辿りつく  光の眼から遮断されてし  光や運動の美しさを認めたであろう  光も空気も現われていない  光や空気に対する注意も幾分か現わされている  光を失つた彼の瞳にもしみる  光を見るだけの  光がさしてくるので  光が出  光を受けました  光は針や束になってそそぎ  光が去来した  光の中に佇んで  光を貪っている  光を漂わす  光を斜に浴びて  光ともまた見ようによっては  光は遠くの方に見えていた  光の中に立っていた  光は出たが  光を出す交ぜ  光はまだそこに洩れていたが  光を千曲川の水面に映した  光の狂射  光との交錯した  光を求めた  光の中に出て行く  光を吸い尽した  光に揺れて  光の中に鑿岩機をはずし  光が惜しげなく降り注いでいた  光を失わず  光が照りかえした  光で下から顔を照らされた  光が撒き  光の落ちついた  光に明るく透けて  光を水飴のように翼や背中に粘らしている  光が眼を射て  光に輝かせながら  光をつつむ  光の覚束ない辺に注がせる  光を出してまたたいていた  光の町が恋しくなるであろう  光を恐れながら光を慕う  光の東より開くと共に  光の一つ消え  光を浴せ  光が暖かに照らしています  光を見たい  光で認められた  光と私の眼とのあいだに揚げた  光を求めてそよいでゐる  光が溢れた  光とねばつこい  光を掻き廻してゐて  光を投げつけ  光に背きながら  光を慕っていこうとしました  光を見ました  光が築地の上にありました  光の中に出ました  光がちらちらと映りました  光を運んできた  光が夕方俄に陰って  光を投げて居た  光のただならぬのが自分を椅子から押しのけて割り込んで来る  光を斜め下から受けて  光が来てますね  光のあたっている  光がさして来ませんでした  光はよくあたるし  光にあたりました  光と家じゅうの人影が奔り出た  光の中へ立ち出ると  光に浴せる  光がさっとほとばしって来た  光がいたいほど明るくさしこんでくる  光は見えぬか  光のかたまりを見出した  光をあげて流れ出た  光の中に照らし出されずにはいないであろう  光の中に現れた  光を遮られ  光のない眼であたりを見まわしていたが  光を失わずにはおられなかった  光ある物が入って来た  光美しく立つ  光が備わっていなかった  光は見料の銭を置いて  光は更に両国橋に向って辿って行った  光はそれにも気がつかないらしく  光が帰って来た  光は驚いた  光は顔の色を変えて  光が縄付きになったら  光の顔は蒼いのを通り越して  光には此の頃いい旦那が出来て  光はふるえながら  光は云い淀みながら答えた  光はうなずいた  光を帰した  光の口からも洩らされているので  光に未練があるので  光が澱んで居た  光を限り無く深く湛へて居た  光もあらはれ  光とを防ぐ  光がささない  光薄ければ小雨のあとも路は乾かず  光を咥え込むやいな  光を待ってやまない  光で寒竹の皮をむきながら  光が一筋さつと黒ずんだ  光が靜かに照らして居る  光を豐かに四邊の天地に浴びせて居る  光は流れてゐて  光を放つだけの  光で二人は読んだり  光をもっている  光に濃く白かった写真館の二階の硝子窓を開けて  光を見守った  光を反射してをります  光で好く照らして見ようとでも思ふらしく  光程じゆくした  光れる皿あり  光を反射し  光が弱った  光を投ずるに  光をさえぎって  光をとってきて  光を失われているという  光が急に障子の外にまばゆくさし込んで来た  光が昼間まで照り残っているという  光でもあるか  光で一目見た  光が差していました  光がやわらかくさして  光が差してきて  光に照り映え  光に見直した  光が明るくともっていて  光を廂で覆うて  光がめらめらと燃え拡がって  光が湿っている  光がしずかにほおえみかける  光が睡眠不足の眼を刺激した  光や粉砕す  光は点のように外に漏れぬから  光を失いかけて  光に透かして  光のように感じた  光を睫の奥に集めた  光をわが底の方に沈めつつ  光の地面に届く  光を放つなり  光のヌメランとする  光も清くなる  光をまし  光をまぜた  光は草の花にかかっている  光のかげにある  光は茶の間の前の通庭に此方を向いて立つて  光の態度と少しも調和しなかつた  光の話によると  光は広間の板間に薄縁を敷きながら  光が問うた  光は差止める  光と喧嘩して  光は鉄瓶から燗徳利を取り出して  光も帰つて来た  光はお桐にも出て来て  光の心の中には到底全快出来ぬといふ  光は涙ながらに言ふので  光はこんな場所にも声を低くして  光は鍬を肥納屋へ入れて来て促した  光が持つた  光は其の後から火を見せた  光はかう  光は幾度も切つてやらうと勧めたが  光は子供にでも言ふ  光は一寸躊躇したが  光の声は曇つて居た  光は気強く強ひて  光は流  光は止むを得ず  光はすゝり泣きながら  光もお夏も声を立てて泣いた  光は暫くしてから  光は納戸を顧みた  光までも一緒になつて話した  光とお夏と三人して  光は絶えずお念仏を唱へて居た  光とお夏とは奥の間に箪笥からお桐の衣類を出して  光も同時に縁側から飛び  光にお桐の頭をもたせて  光は其当時の模様を詳しく話した  光と平三とお夏と磯二との四人は着物を着  光は声をうるませた  光の心には喜びと残惜しさとの感情が交つて居た  光は念仏交りに追憶談を誰に言ふともなしに話して居たが  光の矢を浴びている  光がパッと板の間を走った  光のとける  光の輪の下で食事をしたり  光をさえぎる  光をうけながら  光の輪をつくっている  光は乗客が影を重ねて  光を発して居られましたさうで  光のもとで左衛門尉義盛さま以下の御首を実検せられたとか  光を待ち  光を湛えていた  光に眩しく消えて  光なし石となる  光に書きにける  光に晒していた  光は次第に弱くなって  光に薄白く見える  光として説明されたりする  光と同一視する  光の柱が焼けついていて消えない  光と色とに塗られた  光が山の膚を透すかして  光にあこがれさせてしまわないとは  光に憧がれる  光がかすかに洩れて来る  光に憧れなければならぬ  光に憧れている  光の下へ出たら  光のこぼれる  光のなかで死に絶えて  光が充ち溢れてゐるが  光のために夢見た  光をきてゐます  光を受けた思ひ  光がからだに射し込み  光とが暗と寒とに逆らつて流れ出た  光に輝かして  光までが暗くなる  光が家に滿ちてゐて  光を失わざるを得ず  光にあおられて  光でてらしだした  光がサーッと閃いた  光の柱はパーッと消えた  光の柱をおいつづける  光をあげて燃えだす  光と熱とを出している  光の尾をひき  光も見えなければ  光の中で育つ  光が一面に当り  光がたまたま同じ条件を設けた  光に耀いて  光のつづく  光がさっとさし込んできた  光を放って輝いていた  光の中に黒い小山のようなものが並んで  光を和らげて  光ともなり  光に細長い鍵盤を仄めかせてゐた  光にかがやいてゐた  光に白じらと鍵盤をひろげてゐた  光を落していた  光もなんとなく生き生きしている  光と海のある  光が弱まり  光が強まり  光の世界と称ばれている  光を見上げて  光を収めた  光あるコバルト色の羽をした  光というものがあって  光が空を射ている  光に紫色の光が来て並ぶ  光に照出された  光が遮られているからだ  光が格子にさして  光をわざと御避けになりながら  光を放って居っただけじゃ  光に透かして見ますと  光にきっと向うを透かして見ますと  光の中にいかめしく掲げられて居りましたが  光の音さえ聞えたくらい  光の水の面なる葦のわか芽に顫ふ  光のそこにうち痺れ  光なく甘げに沈む  光なくなやめる  光また眼にうつり  光噴きいづる  光絶えず饑ゑたる心臓の呻くに似たり  光を添えた  光を投げ得た  光のなかにゐる  光がその一室を一層青白い寂しいものにして居ります  光と熱とは其処を煮えくり返して居た  光を見つけ出して  光の方へ走り出しました  光を世に現わさず  光もなく陸には立ち止まるべき  光や空気と同じく持主は定め  光と闇との権力が存在していた  光で世を照らし  光のように光っていた  光を汝こそ光を人の世に恵み給わ  光を借りている  光を注いでやらないと  光の元素でこれから太陽と恒星が作られた  光は暗くなり  光でたった一つの地球を照らすというだけの  光を供給する  光を失うであろう  光の強い所のある  光は太陽の光と非常によく似ている  光の物語る  光の速度の幾パーセントかの速度で空間中を飛んでゆく  光の速度には届かない  光の弱い恒星やまた太陽黒点中にしばしば現われる  光のスペクトル線の強さからも判断される  光が太陽光面上に比べて  光を吸収している  光を吸収する  光やまたその広がり  光を注ぐであろうという  光を放出しているかの  光が通過してくると考えられるからである  光の周期的変化を説明しようとした  光の強い赤色の星もあるにはあるが  光と生命の中心であった太陽の所在は永遠の闇が覆うであろう  光に変化し  光は多分弱いものであって我々の遊星系外からは望見する  光を失っていなかったとしたら  光に眩惑せられて  光が美しく映る  光が伸び縮みする  光が薄らいできた  光の中にぶらぶらしていた  光がとどいているので  光のため彼の眼に泌みる  光を受けていますと  光を放つかとばかり  光にかすけく  光がうらうらとさし込んで参りました  光があるばかりじゃ  光を受けさえ致せば  光がわからないと言われる  光はこの通り輝きわたっているのに  光と見えん  光とおっしゃるけれども  光から闇とけがれが出るという  光をわが身に体験した  光があればこその  光も安全に保存していた  光も見えだしました  光の領域にあらわれる  光の二つの方向としてあらわれる  光は内から外に向って  光を眺めているか  光を肩から腰へかけて受けているかして  光と空気とを与えよ  光と新鮮なる空気とを希望する  光の国たる南方のフランスに注がれた  光の国の主都パリーにおいて何を見出したか  光を背にしようとした  光が増す  光を首筋へ受けて  光の中にゆっくりと風に吹かれている  光と言う  光が強過ぎた  光さえ今は全く消えてしまって  光を受けて笑まし  光で隈々隅々まで輝いている  光が迷っていた  光に淡くおぼろに照らし出された  光が家の内まで射し込んでいる  光を眼に湛え  光で明瞭り見える  光は万象の姿を美しく見せる  光を全身に浴びた  光が蒼茫と前庭一杯に射し込んでいた  光にぼんやり姿を照らしながら  光で照らし  光に隙かして見ると  光で見渡された  光で虹のように見えた  光はここまでも届き  光が照らしたからであった  光が反射した  光がチラチラとこぼれていた  光が漂ってはいるが  光はみなさえぎられて  光の魔術とでも言おうか  光を背中に浴びながら  光から遠ざかると  光もまた清く澄みて見  光は夜の闇に変わって行こうとしていた  光を吸い  光が運命の物すごさをもって  光が雲を破り始める  光に燃えて  光の色に比べて  光に白い帆をかがやかした  光を持った  光なくただ赤くばかり見える  光を呼吸する  光にした  光を増しながら  光が身にも心にも沁み入って  光だつたではありませんか  光をさへ放つて  光だったではありませんか  光を与えておりました  光へ横面を突き出して  光を時たま淡く放つだけで  光がきらきらと映った  光の中に舞い立ってる  光の線を眺める  光にさらされ  光が垂幕の裾の床の上に現われた  光のようにして  光にたえられないで  光で海が明るく輝くので  光の流れている  光は清く照らせれど惑える  光の凝り成して  光に煙つた樣に見ゆる  光に欺かれて  光にうごめいていた  光の中に浮出していて  光の中に飛び回っていた  光がほとばしり  光が真赤にほとばしっていた  光を薄らがせてしまった  光は芝生の上に穏かな金色の波を注ぎかけ  光が家の中までさし込んでいた  光のうちに眠ってるが  光つたりなどした  光の温かみがまだ消えやらずに残っているらしい  光の中に吸いこまれてゆく  光がさしこんでこない  光のなかに鮮やかに浮かび上がっている  光を背に浴びていた  光にあった  光を吸いながら  光はくだけているばかりか  光を迎え  光も暗しスキーはとく過ぐれど  光が雪の下の岩を照らし  光をまるっきりくちゃくちゃにして  光の網の上をすべりました  光の黄金の網はゆらゆらゆれ  光をまるつきりくちやく  光のなくなった  光に熱心な面を射させて  光わたらず魚竜潜み躍りて  光が扉や窓から外へ流れ出していた  光に映え  光の梯子の様に高く星空迄届いている  光が流れているらしい  光に向って進んで行く  光に酔ひ痴れたかの  光にからかはれてゐる  光で動いたら  光を宿している  光はツンツンと二人の眼にしみ込み  光がなんだか少しうすくなり  光が円い輪になって  光のこなと一所に微かに降ってくる  光を点して  光にその目は一層凄惨な影を宿していた  光をともしていた  光を追いながら  光に酔わされ  光を吸い込んでるかと思われた  光の粉を散らした  光のように仄白く浮出してる  光の中に浮んでる  光が眼にしみるとか  光のうち震える  光を帯び  光に寒げにあたたまってる  光の反照を投げかけていた  光に笑っていた  光であろうと思うけれども  光を一帯にかぶっている  光とは全く違った  光を鮮紅にした  光が届いて  光が届かなければ  光がかろうじてはい込み得ただけであった  光の方を背にしていたので  光と落ち着きとを奪う  光を透かしていた  光に煙っていた  光に心を躍らせる  光がほのかに当たっていました  光の中にかすかに人らしい姿が見えたので  光は茶館の中の二間に満ちた  光は彼の二つの脚をてらし  光を浴びせかけた  光がほっかりと  光が浴せかけられました  光に夢のように照らし出されています  光に透かしてみると見える  光に透かしてみると  光が濃く且つ鋭く走った  光の中に神秘な空間がきらめく  光でも歌わせて  光が横からぼんやり射し込んでいたが  光にまじって来るので  光におびえてか  光をたどって見ると  光つたものを狙つて一発打ちました  光あって強盛なる  光で見えた  光がきらきらとしている  光に引きつけられてくる  光を浮べて  光の中に連なっている  光の薄らぐ  光がいっぱいさしてる  光をとおして  光がつみかさなった  光がうすれて  光がながれて  光がさしてくる  光をいっぱいふくんだ  光を包んだ  光が射しとおしてくる  光にほけた  光の中で赤蜂の好目標となる  光が漏れるばかりと  光を吸つてかすかな瀬の音を立て  光の中に浮びあがつた  光の中に浮かんでみえた  光と影の両面をもつてる  光を見せるとかすれば  光を認め  光を振り向けた  光が走った  光の縞を投げこんで  光におひにけり  光がなんとなしに恐怖を呼び起こした  光に感じ  光のなかへ曝されようと  光のやうに飛去り  光でよくよく見ると  光をした  光に辺りを照らしている  光の中に浮いている  光は自分の胸を射るかと思ったが  光と共に忽然と消える  光は人々の赤い顔に映えて  光が強く残つてゐた  光を浴びると  光で雪がのこっている  光との暗影をもった  光といふことなど思ひだす  光といふものを遮られ  光が射してくる  光の中の家の姿を思ひだす  光が外へもれ  光が射す  光の中に投げ出された  光に明滅して  光が漏れたと思うと  光と空気とが流れこんで  光を便りに山坂を曲りくねって降りて行った  光までじっとして  光を受けてゐると  光を透すかと思はれる  光に輝きながら  光にみたして  光は屍体の傍に黄色く瞬く  光の反射かそれはわしにも解らないが  光に霑された  光の中で彼女の肉の色と一つになる  光を五六の墓石の碑銘に向けた  光に驚いて  光と熱とを發散してゐた  光を身の周りに持っていた  光のない眼を見詰めて腰掛けていよう  光が私を導いてくれる  光が閃き渡って  光を非常にあかあかと燃え立たせながら  光の中にきらついていた  光が高く煌々と燃え立っている  光とを朧げながら結び着けて  光を隠す  光の真只中に横になっていた  光の本体と秘密とは隣室にある  光はそこから射して来る  光を彼に振り掛けようとして  光が真直に寝床の上に落ちた  光のまどろみの  光をその図面の上に落しました  光を持って行く  光が著しく暗くなっているが  光をたよりにここまでこうやって  光を帯びてきましたが  光が燃えついて来た  光を見詰めた  光のとどく  光は薄いながら提灯の灯の届く  光が蒼白くお雪ちゃんの面を照している  光を見せようという  光をその額に受けつつ  光の圧迫が弱まってゆく  光が帯のように纏わりついていて  光さえも神経を青ざめさせた  光がこの饅頭笠をかぶった  光がその塔の中から出て  光にでも乗つた  光の中へ這入つて  光を潜つて板塀の傍へちよこちよこと小走りに走  光があるでもなければ  光が落ちて来た  光の下に女の姿は消えてしまつて  光につつまれた  光があらわれ  光が弱くなった  光が寒い晩には凍って  光を受けて輝いています  光をかげらしました  光に生れて  光が残って居る  光にはいつもほのかな香いがあるが  光でぼんやり漁師の頭の輪廓が見える  光と大洋の濤が暗く響いて来た  光を増すと  光を放ちました  光が漲り渡っていた  光に消散して  光を反射して輝いている  光をあびている  光に浴し  光を消しながら  光に打たれた  光を発しては  光を消滅さしていた  光に花を開くべき  光が現われる  光は彼の手の中で震えていた  光も輝かなかった  光が照らす  光や孤独などのことを考えなかった  光の焦点となった  光が通りしなに照らし出す  光のさし込まない  光に会ったら  光の方へ向かざるを得ない  光を輝かせながら  光が野の上に漂っていた  光の中に捜していた  光が眠っていた  光すらも見えました  光の交錯する  光の方へ向おうとすれば  光の方へ向はふとすれば  光が両眼にさっと走った  光を起さんと志す  光をあびる  光がガラス戸の外一面に流れ  光まばゆき廊下を通り  光が化けさせて呉れた  光まで青く映ずる  光が有って  光は段々と寄って来る  光の方へ行って  光の方へ行き  光が低くなり  光に余は初めて能く  光を隠しては居る  光を発し  光の差す  光を放ちつつ落ちて  光が有るので看て取った  光に当てて遣り  光に依り  光に見れば  光の矢が走った  光を溶かした  光が淡く照らしはじめた  光だけはかすかに十字架を照らしている  光の中をかすめる  光の落ちた  光の中に次第にこちらへ歩いて来る  光の中に石ころが一つ転がっている  光の中にこの手紙へ目を通すが  光の中の風景はいつか無数の男女に満ちた  光はもう落ちていない  光を仄めかせはじめる  光のさしこんだ  光にちくちくと痛んだ  光に迷ってる  光を仰ぐといふ  光さえ髣髴いて  光が漲り  光に溶けて流れて来る  光に特に白い紙の面を見つめていた  光として蔭としてのみ感じる  光を見ただけでも  光がぽッと射し  光の会議かもしれないな  光を失ふた  光と影との遊戯であるというだけでは  光との二つの世界のいろいろの差違がいろいろの形で発声映画に利用される  光を険しくしている  光の線条が映写幕上で音楽に合わせて  光でスクリーンに影を映すだけの  光があらわれる  光との合奏によってわれわれに青空を与えている  光となって  光の波長のちがいから生じている  光だけがよく散乱される  光が多いために青く見える  光が雨雲の無数の微水滴で散乱される  光に輝いて  光で区切って  光を雲にあてて  光と影の世界は現実のわれらの世界とは非常にかけはなれた  光の速度よりもはやい速度で地球から駆け出せば  光がまぶしく射す  光の点滅のモールスとして交索する  光で針仕事をしていた  光が薔薇色に燃えて  光の薄絹に包まれて  光が天幕の中に吊してある  光が堰き止められていた  光に射竦められてしまった  光を送って来た  光に照り映えて  光が雪の障子にぽうっと白く映して  光がそれでも冷たく冴え出した  光と色とを失わないで  光を放ってはいるが  光を投げ出す  光がにじむ  光が雪の上に長い影法師を映し出した  光を輝かしている  光が数えられる  光が鋭く眼を射る  光はオレと結婚するな  光は大鹿と結婚したいと云う  光には拒絶したと  光から手をひくかと訊くと  光とかかりあっていられる  光にトレードを頼んだと云っていました  光と会うだけで  光の中に眺めた  光をさしつけて眺めました  光は冴えていた  光は既に対岸の餓鬼奥鐘の連嶺の頂を超えて  光がさっと射して来て  光を美しいと見て立っている  光が届くや  光が部屋の入口まで射し込んでいる  光に倦み果てた  光を受けておるなと  光の通路の方向を実地見証してみた  光の帯となって  光が左から右へ動く  光が火花の道に沿うて  光の帯が映ずる  光が一時消えていた  光の帯が暗がりになれていた  光のように感ぜられた  光とつれだってやってきました  光はおもしろい色にかわって  光がかがやきだしました  光の中を歩きたいと  光が這って  光が時に投げられる  光になれるまで  光がさしております  光の薄いのを捜した  光ほどのものにすぎなかった  光がちらついてる  光を受くれば輝く  光を眼いっぱいにみなぎらす  光をめいめいの眼の底に捜し求めたりしますけれど  光の方へ飛び帰らざるを得ない  光に少しずつ消えてゆく  光の色に染められた  光の世界の女王とも言うべき  光に焼かれ  光が闇のうちに沈み込んでいた  光で輝いていた  光に当たってる  光を恐れ  光を吸収した  光がすこしも出ない  光れる中に腐敗を蔵するを見ば  光となるべし  光なりと真個に基督教を脩めんとする  光が一面に流れていた  光を捉えると  光が窓に輝いている  光でちらと見た  光さえ射している  光をちょいと見て来い  光は飜した  光のない星のようになって消えた  光の薄い湿っぽい待合室に鳴り渡って  光が浮んでいた  光に葡萄鼠の色をした  光がまた武蔵野にめぐって来た  光ですかして見たが  光をそのあから顔に投げて  光が寒竹の藪をあやしく隈どっている  光は霜に映って  光に透かして見たが  光に私たちの顔を透かして  光が走って  光を一ぱいに浴びた  光を反射してゐる  光を放つて居りました  光が輝いてゐるからでございます  光を扉の背面へ鈍く滑らせてゐた  光は少し上手を照らしてはゐるが  光から来るらしい  光が矢張りボンヤリ上の方だけ浮かせてゐる  光にぬれた  光に晒している  光の上をソーッとなでながら  光とベカベカな狂言ビラとにドリアンは足を止めた  光がさしません  光のくるめきに  光がひつそりと砂の上に溢れてゐる  光がかすかな波になってゆれました  光が消えてしまうと  光が突然わたしの顔を斬りつけた  光のなかをのぼり  光に欺されて  光を帯びてくる  光の弱い火できわめて静かにじーっと沈んだ  光が青い棒を何本も斜めに投げ込んだ  光にさらす  光がさし込んできた  光がさし込む  光は薄くなり  光が輝いていた  光を栄あり  光を放ちながら  光の芸術家が常におのれみずからの体系をなぜにもつかについて  光の芸術とよぶ  光に二つの方向を与えると考えたい  光の方向を判明に区分する  光の二方向性にあると思われる  光も音も言葉もその技術の領域を拡大すると共に  光がどこからさし  光をドラクロア以後また印象派の人々の光と比較し  光が激しい侮辱と闘争の中より出現した  光を獲得しきったかを  光に涵っていた  光を発見し  光の人間的技術として存在しはじめた  光のごとく神秘といわんには  光が真空管の光に転ずる  光の人間的技術の進展をわれわれは感覚型態の名によって喚ぶ  光が一種の雰圍氣を供給して居る  光が差した  光は滴り  光を喪った  光が顔一ぱいに流れて来た  光のなかに白く霞んで見えた  光でかっと明るくなりました  光がきらりと射しました  光を瞳の中に漂わせた  光が焼刃のように閃いて  光が遠く廃きよのような建物のどす黒い輪郭を描き出しているだけである  光をながめる  光に刺戟されて  光と陰との興味つきない錯綜を思いおこさせる  光を遮られた  光を得る  光がさしてきました  光の方へ飛んで行きました  光がぱっと輝り映えています  光も形も少しも変わりませんでした  光の反射のなかへ漕ぎ入った  光で作った  光を受けたくらいに  光の華やぐ  光を負ひながら  光のやうなものが動いてゐた  光の靄に似た  光をいっぱいに浴びた  光のようなものが動いていた  光が明いと云う  光の明さとは違う  光を落すだろう  光でさえそう云う  光で展かれてゆく  光を浴びてたたずみながら  光がいったん明滅したらしい  光を起して  光が最も低く沈む  光がさしたと  光にはかないません  光をかくしてしまふ  光をかくしてしまう  光を望むが如く  光は軒先に遮られ  光によりて  光もまた朧なる風情を想像せしめて  光に春の夜道を歩み行くが如き  光のやうに光つてゐた  光に染められた  光の下に拡がった  光が眼に入らない  光と鉱物で出来  光はただ斜に地球をかす  光が穩かに落ちて居る  光にも悲あり  光がギラギラと冴えかえった  光れるをみる  光が穏かに落ちている  光で二人の顔をすかし見たが  光に滿ちた  光を反映してるが  光のうちに浸っていた  光を受けてそよいでいた  光に浸った  光にたいする趣味を見出した  光は偽善者どもの軍勢を恐れさしてる  光の反映とだけを見て  光とから出て  光に眼を開き  光を放てる  光を征服し  光を作るべしだ  光を奪う  光に眩惑されていた  光が徐々に家の中へさし込んでいった  光が見えそめた  光がまだささない  光がさすまで見  光にそれがきらきら光りました  光がさしてくると  光尚に謁して  光のさしている  光はむしろ永劫の暗黒を指示するが  光を放って立たせたまう  光を認めさせる  光に繞り照らされて  光とサモイレンコのいる  光の条も湿っぽい空気も濡れた  光の条に一番興味をひかれている  光を鏤むれば  光を湛ふるかと見れば  光を放つてる  光とも敬はれて在らつしやるに  光に照れり  光であると信じて居りました  光を放つのみなるに  光に見廻はせば  光輝く峯の白雲眺めつ  光眩し気に面を背向けつ  光は尚ほ  光は今頑固な朝の心を解いて  光が漸く蒲團の端だけに觸れる  光に枝葉の影を見せて  光を受けてるらしく  光の海と化しつ  光の中に光り輝く  光は直線をなして  光を宿して止まつてゐた  光は柔かに私の胸に滲み  光は少しも變りなく照る  光は照る  光をかすめた  光と釣り合って  光砕きつつ朗らかに歌う  光を包めば  光射す口をかなたこなたと  光届きかねつ  光にしみじみと浴した  光に黄檗の一行ものを眺めた  光も落ちない  光の中にもう一度リイプクネヒトを読みはじめた  光だと考えたが  光の本性についてはまだ解決のつかない  光を全身にあびて  光が多すぎた  光が半ばかげっていた  光に顔を出す  光とが存している  光のなかで顔を見合わした  光であるいは曙の光で読んだ  光が見えそめる  光によって寸秒の間てらし出される  光に包まれてる  光がさし込んだ  光が消えてゆく  光の雫みたいなその澄んだ  光と平和とに養われた  光は消えた  光に輝いていた  光を発して  光が在っても  光に両手をかざして  光のように蒼白く夜の色を破って透いて見える  光に以前通りの鋭さが残っていました  光に眩惑されて  光の目つぶしが飛んで来る  光を青白くさせるだけの  光の矢束となって  光で解釈され  光と熱とをおくりました  光のように白い戸外の夏の日をあびていた  光を見られ  光を日の中にちらつかせ  光が映った  光を地下に注ぎ  光に人の影らしいものが見えて来ました  光つたかと思ふと  光だけがどこからといふことなく流れて来て  光が明るく輝いていました  光と影に縺れた  光を避けしめ給わん  光を浮かべる  光と生々しさをもって  光が陳士成を閉じ  光はハッキリと見え出して来た  光の斑を置いているばかりで  光が淡く燈されていた  光に燻銀のように薄光っていた  光を叩き  光も通して来ず  光に照し出していた  光で知れる  光は勿論届き  光で行手を見れば  光が暗くなった  光を全く遮り  光が洩れて見えた  光とたがい  光つてる様に思ふ  光が残つて居て  光が華やぎ出して  光が殘つて居て  光を傳える  光の分散則を計算し  光に照らされると共に  光がいっぱいに流れ込む  光の宮を浮上がらせる  光の噴泉が花火のように迸しる  光も一番はつきり分かる  光は濁つて来る  光思ひあはざる  光でみすぼらしさも隠していただいて  光の君と言った  光の君という名は前に鴻臚館へ来た  光を置いてやるべき  光を注がん  光が欠けていた  光や火薬や運動や動力を支配する  光に向かって  光を禁じている  光を消している  光を救う  光を消えるに任しといたならば  光が少しも衰えていない  光が迸り出ていた  光の中に狂おしく飛び出す  光をながめた  光に震えている  光を点じた  光の消えかかってる  光といっては  光の中でうっとりしていた  光が見られるだろう  光も不足してる  光をきらった  光はまだ樹木の梢と赤い塔とに当たっていた  光が彼女の蒼白い顔の上に落ちて  光が輝いてる  光を見つめて  光を投じようとしてはいけないし  光を投じさせようとしてはいけない  光はさえぎられて消えていた  光と生活の趣味とがもどってくるまで  光の中へもどる  光が少しある  光を投射していた  光が嵐に吹かるる  光の中で踊りながら  光をさえぎりつつ  光が身の中へしみ通る  光が渦巻いていた  光を投げ込んでおきたい  光が窓からさしこむ  光をしみじみと眺める  光でながめながら  光や影を自分の心の奥に投げ入れた  光ありと見し  光を見渡すと  光で常よりも源氏の顔は若々しく美しく見えた  光も混じって  光の断片目の前に現れ  光は土蔵の前の冷たい石段の上にまでさし入って来た  光を洩さぬから  光が蝋燭の光の何百何倍あるから  光が蝋燭の光の何百万倍あるから  光を負っていると見えたが  光に見た  光と照り合っている  光がちょうど花散  光というものがなくなった  光も見えてきた  光の中に昔の恋人の姿があった  光に花のなびく  光が西の妻戸の開いた  光がまた発揮される  光に近き名のみして  光をのみぞ頼む  光に今日はいっそう美しく見えた  光が流れの蛍と同じように見える  光でよく見える  光といっしょになった  光にいっそうよく見えて  光の麗しく照添う  光が照渡っている  光ある事を憾みながら  光あってその上に露の珠の刺繍をする  光を増して来ると  光を遮り  光で胡粉の中に何かキラリと一筋光る  光がチラと見えたと思うと  光か知らぬが  光を頼りに唐館の奥へ進み行き  光を頼りに一筆書残し  光が頭の中へ射込んで来た  光はそれと相対の位置に据付けてある  光づけられる  光の強い一月の暁の月夜に雪は次第に降り積んでいった  光を発するかといえば  光がクワッと当ると  光があたりを照らした  光がかたわらに湧いた  光が湧いたので  光は恋の遊戯にふさわしい効果があった  光までもかく申し  光は末が負ひて  光は少しもここの人たちに馴れず  光に堺の浜みせてやれと  光によって輝く  光やは見し  光は空に曇らぬを  光というようなものが添っていて  光にお美しい竜顔がよく拝された  光を守る  光に散る  光で御覧になった  光に風も立たず  光に疲れた  光を浴びてる  光がまた現われ始めていた  光が隙間からさしていた  光は眼から消えてしまっていた  光とを見た  光とは山脈の彼方に残されていた  光が彼を抱き包んだ  光をむさぼり食った  光に変わっていた  光を見さえすれば  光に融かされていた  光の淵となって  光に当たる  光から出て来た  光によって開かれました  光を多く広げる  光に彼女が眼を開かない  光を注ぎ込んでいた  光がクリストフの天才中に沁み込んでいった  光に道を輝らされてた  光の下に力強く筋目立って  光の一滴も無尽蔵な豊富さを有する  光を見分けたりした  光に満ちあふれている  光で院のお姿がその人たちに見える  光が院のお姿にさして目もくらむほど  光がさしてあたりを照らしています  光のさしてくる  光いでん暁近くなりにけり  光をたよりに一段一段のぼって行って  光の圏に入った  光のさし入った  光のように消えて行ったが  光が町へもれる  光の多い夏の夜なぞは眠られずに  光を得  光に照されたる  光に酔はんが為めなれば  光が美しく妖しく漲つて  光の下に胡坐を組みながら  光の底に蠢いている  光の残れるが  光がさし上る  光で満ちている  光を隠される  光を浴びては  光の添った  光に浮き出している  光を強めたかと思うと  光に濡れて見えくる  光を見つめながら  光も大将の心に悲しみを覚えさせた  光から隠れる  光の弱った  光を地上に投げかけた  光と匂いが散りこぼれる  光にはならないでしょう  光でよく見えない  光を御覧になっても  光なき谷には春もよそなれば咲きて  光のもとにあざやかに立って  光の名残花ぞのに匂ひ薫ると  光にも明かで  光のさしこんでゐる  光に眼も鼻もないのっ  光の淡い身の上になっていて  光が過去の現実を明晰にして  光を集め  光をあてて  光を放ちつつ燃えぬ  光に対する磁気の作用をヂューマに見せた  光が磁石の作用に連れて動く  光が薄れ行き  光の電磁気説を想いついて  光の名残が惜しまれる  光の波動説を発表し  光との関係に終る  光との関係並びに反磁性の大発見をなした  光を金箔に通す  光を一方から他方へ通す  光を待って  光を月にかがやかしている  光によって区別せずして  光も微かながら冴えていたが  光が隈なく届きません  光のさし込んで来た  光でようやく物の色がわかる  光で見た目が誤っておりませんでしたら  光の無数なるを見るけれども  光が夜見えて  光のもとへ晴れ晴れしく  光に誘われて出て来た  光などの一切をとり纏めた  光はいま私を求めている  光に厳かに照らされてある  光が蜘蛛手にぱあっと弾けては  光を空しく浴びながら  光で照らされながら揺らめいている  光が薄れるかと思うほど  光が漂っている  光で人を見る  光は朝服をした  光をもたらす  光を發した  光を二三秒立留って眺めて  光を含んでいる  光に前方も後方もあらわに見える  光に変つてし  光をさしつけた  光に照されて透通る  光にほのめいている  光とともに人の容貌も皆ひときわ美しくなった  光と張りとを齎す  光が浮動している  光の動き工合に応じて  光とがその徴候だし僕は同僚のそれを見てると  光に何とも云えぬ  光となって射とおした  光があふれだしている  光のきらめき落ちる  光を放たうとして  光は先第一に三峯の絶巓とも覚しき  光は既に夜の空に名残なく充ち  光に黒く出て居る  光にさも感に堪へぬといふ  光に明かに輝いて居るが  光の満足にさし透らぬ  光の地上に織り出した  光の中に無限の悲しい影を宿しながら  光が射出した  光は店を揚って  光は済ました  光は新造に向って  光が立ちかかると  光の請ずる  光は美しい眉根を寄せて  光は風呂敷包みをもって  光は例の風呂敷を解いて  光を顧みて  光は下へ取りに行く  光は写真を持って上って来た  光は笑いながら言ったが  光の辞をどう取った  光に言った  光はもうオロオロしている  光は送り出しておいて  光は目を拭った  光はようやく店に出て  光はまたそれにいつまでも見入った  光は始めて  光に談しかける  光は合点の行かぬ  光は黙って  光はサッと顔を赤くしたが  光はつと火鉢を離れて  光は急いで  光の後について座敷へ通りながら  光は蓐火鉢と気を利かして  光は黙って考えている  光は真剣になって  光は気の乗らぬ  光も苦笑いをして  光は何と思ったか  光は何か心とがめらるる  光はちっとも動ぜず  光は意を得た  光の姿を見る  光を案内する  光が入って来た  光は気障がって  光はただ笑って聞いたが  光は身支度しかけたが  光の俥は霊岸島からさらに中洲へ廻って  光を訪ねた  光が来た  光は座に就いて  光は辞寡に答えて  光はそっと帯の上を撫でる  光はお仙の帰った  光は強って辞し帰った  光は頷いて  光が帯を解く  光は不断着を被った  光を始め  光が耳元で訊ねると  光はまず涙を拭いてから  光はハラハラ涙を零す  光を頼みますよ  光のことは心配しねえでも  光は身を顫わして涙の中から叫んだ  光の姿はいかに人々の哀れを引いたろう  光は悲しさも心細さも半ば紛らされていた  光はその前に坐って  光は喩えようのない嫌悪の目色して  光は横を向いて  光はいきなり小机の上の香炉を取って  光に薄く色づいた  光に照りつけられて  光で明く見える  光を失ったばかりに  光は弱く鈍り衰えている  光の面積が次第にひろがっていった  光は一秒間に約三十万キロ走るだろう  光が戯れ  光は太陽と共に西へ立戻る  光も目に入りません  光が附いたり消えたり  光が射すだけです  光といひ  光や臭いという方面から突込む  光ですかして見ると  光のエネルギーが少しも吸収されず  光を収斂する  光は吸収されない  光のエネルギーはなんらの効果をも与える  光の下に無心の母なき子を抱いてうつ向いている  光によつて見る  光でいつも見てばかりゐた  光のそらに立ってゐます  光がスーと天空から落ちて来る  光は東から西へ人魂の如く飛んで  光に路を照して  光が幽霊火の如く輝いて居る  光の点って居る  光の直ぐ側に行って見ると  光が室の中を紅く染めていた  光のそらに立っています  光を送る  光がぼうっとしているので  光はぎらぎらと輝いて  光が虹のように下に射した  光を放ちぬ  光を輝かせてゐた  光の市では死を知らない  光を見ましたけれど  光がさしこみます  光がもれてさす  光が飛ぶ  光をたかくかかげて  光をかかげた  光がほのかにさし込むと  光も人を誘ふには  光が流れてる  光もうつらない  光の輪がぶっつかった  光の下で仕事をする  光の編者に勧められた  光がさすだけで  光に照らされて来た  光は下りて来た  光に燦然と輝いていた  光におじけて  光に潤っている  光を之に当てねばならぬ  光は電子に対しては相当大きな運動量を付与するので  光を当てて  光から独立には把握され得ないという  光が薄かったかも知れない  光を惜み惜み  光ですぐ分ったが  光がさしてきた  光で血の海をみると  光をさけて  光を遮断するに至る  光にきらめいて  光をたよりに帰ってきますと  光がゆらめいてゐた  光を欲しがらないからである  光がいらない  光の輪をうつした  光を身体の半面にうけて  光ある社会へ解放し得る  光をいかにせ  光を示し給うて居る  光の射している  光が地面に落ちた  光をおとしてゐる  光が猶ほ  光を避けました  光が表町の広い道の三分の二をくつきりと白く照らし  光をかすかに放つて居るばかり  光が雲に映つて  光を恣にする  光を望ませて下さい  光がその面を照らす  光で照らしてくださいまし  光に脊中を乾していました  光が池の面を黄色く彩りますと  光を愛す  光は建物の角かどに鮮かな煌きの夢を抱く  光の上を冬の日は殘りなく微動し渡る  光はガラス窓を廻り閃く  光と波の舐め  光その薄寒い木立の奧に犬は悲しげに吠えてゐる  光を吹消す  光が足りない  光や氣は君の胸の中で生きてゐる  光を放して  光をさして行く  光となつて全身ひかり輝く  光の子であるどぢなる自分は斯くして  光を吸收し  光の子なのだしかし今自分のする  光をあらはにする  光つたものにしたい  光みなぎる青空のもとに跳躍させる  光を追うてやまない  光の子だつまづけば  光遠の所へ馳け付けて来て  光遠の妹の家に走り込んで  光遠の妹を背後から両足で抱いて  光遠の家へ連れて行って殺しましょうかと云うと  光がうつろったりする  光がさしこんでいて  光が窓からさしこんできた  光があたった  光がその物体にあたって反射するからだ  光が中へはいって  光があたっても  光は空気の中よりも硝子の中でひどく屈折するからだ  光は硝子板をまっすぐに通りすぎる  光を反射もしないし  光の早さで走って  光はずいぶん早く走るんでしたわね  光よりも早く走ります  光とおなじ早さでとんでも  光を発している  光をだす  光の中には高原に近いほどの紫外線がふくまれている  光暗と云ふが如き  光がさしていましたので  光を争ひ  光を地上に投げ  光から抜け出た  光がたくさんになって見えてきました  光がさしてひらめきました  光の増したり減じたりする  光のさし込む  光を濾過して  光たちまち消えて  光といわんには  光を強く受けて  光の海のなかに融け消えて  光に透して見える  光がさしていたが  光のまわりに黙って坐ってたじゃないか  光のまわりに一家団楽している  光が美しく輝いてるじゃないか  光が人の眼を眩ますを  光で鼠蛙等を引き寄せ食い  光を失えども  光をあげている  光は新興プロレタリアートの陣営に輝きそめています  光は袖口よりはらりとこぼれて  光に親しんだ  光の裸電燈がついている  光の応用としては理研の辻二郎博士によって開拓された  光にあてられ始めたという  光と火を息する  光が飛び散り  光で射られて  光にパツと散  光を放つほどに  光に関する論説を自分に贈った  光は強い母の本能に燃え  光を見せずに吸う  光へさけんでしまった  光の下に集まり  光を透して見ながら  光に青ざめて  光さえ黄色く靄の中に浮んでいる  光も当たらずに  光の中をそれぞれ自分の場所へ駆けてゆく  光がぱっと射して来た  光の中に湯気を立てていて  光がだんだん淡くなって  光にも堪えられないほど  光が空に映えている  光が私に見えるくらいだから  光は森の幾分開けた  光が樹立の間に見えて来た  光を見られまい  光が丸太小屋の内部をぱっと照すと  光が胸の中に射し込んで来た  光がちょっとの間彼等の興奮した  光とで違った  光をそれらの人達にきらきら浴びせる  光の中を歩き廻りながら  光やきんしを  光に振向ける  光に差し付くれば  光見ゆるは  光に檐前を照らさせて  光をさえぎって飛んで行きました  光のように逃げました  光を見送りつ  光は濁りて  光の纒綴の下を通り過ぎる  光が感じられ  光がかすかに射していた  光で飯を煮る  光を直射せず  光の出る  光が夜闇の衣を僅に穿つてゐる  光に輝いて見えた  光を射りて  光は有りとは  光を舐めてゐると  光の泡に胸は一杯に息を塞がれ  光の玉が燦爛とした  光の敷き詰めた  光も知らぬ  光を呑んだ  光の裏には深い影が息づいてゐた  光がとどいて  光はうるみが  光を燻し返してゐる  光が疲れた  光が厭らしく堪え  光が耀いてゐた  光に目を眩ませて  光の形而上学を造った  光を直射し  光の中を流れて伝わった  光の翼をのべて  光のように照し出している  光が一瞬で消えると  光の色が鬼火といおうか  光が忽然パッと消えたかと思うと  光で唄って居る  光がほっかりと感ずるらしい  光が透して  光に灰を掻き分けた  光と曾て見なかつた  光を制する  光が照して  光の澄んだ  光ある今の世を見よ  光なり柳がくれに  光のとけこんだ  光の隈なくふりそそぐ  光がボウと射し  光を明滅させて  光が水に映り  光がチラチラとだだっ広い部屋を照らしている  光を正面に向けた  光が開いた  光の及ばない  光を肩にうけて  光のやうに思はれた  光の冴えた  光を見い見い  光をしている  光はしだいに薄れて  光でおぼろに不思議な光景が目に入った  光の消え行く  光を見詰めて居ると  光は若い女の眼の如くじれつたさ  光の明く  光を放つごとく覚えた  光が射さぬので  光を浴びました  光に見入っていました  光が見えないかと気がついて  光がうす暗くなったと思って  光をさえぎったので  光に照らされつ  光きゆるまでさかえの  光もなくて秋暮れぬ  光もなくて暮れ行けば  光の色のくれなゐを  光に透かし見て  光の糸の緒にあしたの琴は静なりまだうら若き朝の空きらめきわたる  光もあらぬ  光ありそこに時あり  光のうちに朝ぞ隠る  光も見せでうせにしよ  光をかぞへ見よ  光を眼に見ては  光には火炎の気息もあらだちて  光の末に隠るべき  光の空を飛ぶ  光が竹林の上から斜にさしか  光が所へ行く  光のなかを駆け去り  光がちらちらともれて来た  光が落ちている  光は一と晩ぎりで皆どこかへか消え失せてしまった  光を当てたり  光に沿って立っていたので  光の輸のりんかくの所で一瞬立ちどまってしまう  光の輪の所へ来る  光の中に残して  光がきえます  光をごらんなさい  光がさしていました  光が降り  光の中に消えていた  光の中に浮出してきた  光にやられた  光が強過ぎるからです  光の反映を浮べながら  光に沈んだ  光を向けて  光が与えられた  光を忘れている  光を差出す  光に照して見れば  光と力とを奪い  光の下に現われた  光が広々とさあつと外にあふれて出て  光つていなかつたら  光を面に浴びて  光の降る  光の奇術の中で夢よりもしずかに話しました  光のあかあかと照り渡った  光が流れていた  光の反射を妨げる  光が変に浮いていた  光が洽く照り映えようとする  光に映  光を宿しながら  光を映して  光と風の力とに変わりゆく  光届きかねたれど  光はさまざまの花を染め  光と黒き影は幾千万となき珠玉の入り乱れたら  光の美しさを描いている  光の中に回帰できない  光が山々からふっつり消えると  光が海底の真珠のように三つ四つ二つ燦めいていたので  光が樺色に燃えている  光があかあかと照す  光がさっと流れて  光は緑の深い樹蔭に吸い込まれて  光が薄暗い林の中まで拡がる  光を投げるが  光であることが分るだけに  光がすぐ脚の下に見えだした  光を放射する  光にすかしてみると  光のかからぬむこうの  光にあへば下へも置けぬほど  光といふものを忘れてゐたのに  光にあへば虫の生活でも下へ置けない  光を益々増大して  光を求めて  光に目を開いてから  光を放たない  光の世界へ蘇ったと思うと  光や障子を照らす  光のない草地に平気で立つてゐる  光の塊まりに衝突せしめてね  光で干すと  光が油のような海面に融け  光を背にしていたから  光を添えて  光とよくひびく  光に向って立っていたが  光が澄み切って  光を怖れる  光が雨のようにふりそそぐに任せている  光に青い油の疲れた  光がさっと流れて入りました  光を吸ってゐます  光ある実在を教へた河田を私は時々思ひ出さずに生きられない  光が一つ消え  光を降らして  光のなかでガラスのようにきらきらしました  光のようにきらきらしました  光がすけてみえました  光が天空一杯に輝いてゐるではないか  光を待たう  光が目へ射すので  光は我我の地球へ達する  光は我我と同じ感情を表わしている  光にてらされて  光を強め  光を失つてしまふ  光を失つたヘラクレス星群も無辺の天をさまよふ  光は我我と同じ感情を表はしてゐる  光の強い星たちはもう銀の鎧を着て歌いながら  光の外套を着た  光が一遍ぱっとひらめいて  光の霧をふきかけて云いました  光の骨までカチカチ云うぜ  光を一つフウとはいて云いました  光の小さなひとでが申しました  光がパッと射して  光のひとでが幅のひろい二列にぞろっとならんで  光のひとでが沢山出て来て叫びました  光と煙を出している  光はただわずかにそれと思われるくらいであった  光が眠っている  光などのように兵隊の気嫌まで取て  光の浮いた  光は下て来て  光の顔を見たが  光はそのまま自分の方は見  光も呼んで立合わすよ  光は下りて来る  光が運ぶ  光が軍曹に殺ろされる  光が血だらけになって逃げ廻る  光が居れば  光は薄らいだ  光がお節の眼に浮んで来た  光が花に映  光が散乱する  光がさしているが  光を放って居ります  光の中で瞑想思考する  光をさえ避けようとしている  光を見ていると  光をうけてきら  光がもれてくる  光の中からかすかにわき起る  光を眼に耳に感じながら  光の中に疲れて居る  光に冷たさあれわが凭る椅子腕を投げし  光と熱との中に咲いてゐる  光を宿して濡れた  光の中に電氣でも通つて居る  光がいつ  光の上に薄墨色に浮んで見える  光に遍照されたかと思うほど  光にも堪えぬ  光を尋ねて来た  光が流れておりました  光でもピカピカ光る  光に浴していると  光を発するかと疑われ  光は空にあり  光は烏帽子のひたいをあげた  光を見識っている  光は苦い顔をして言った  光も自分の牛車をあごで示しながら言った  光は牛車の前に立ちはだかっていた  光はあくまでもさえぎった  光は主人の内意をうけて  光も息をのんで立ちすくんでいた  光は説明した  光がさし出て来る  光が白く降っていた  光の中に開放されても  光をながめています  光を思はせる  光がゆれてゐます  光の薄く映ずる  光はくれで  光れる櫛の片割ほのかにも瓦斯のにほひの  光に映しだされない  光に世高が牆の上にあがってきて  光のほのかに射した  光の中に桃の笑みてふくらむ  光が射込んで  光で渦いて  光は巖石の重量に及ばない  光は一面の白布となって  光のとぼしい正直さが理解された  光をうつしている  光をてりかえしながら  光もなかったわけがわかった  光を永久に守らまし  光がその厚ぼったい霧の裏にポッとにじんでいる  光のミサに氾濫していた  光が慰めの微笑を投げてくれた  光を汲んだ  光のほんのりしている  光のなかにはいって  光が落ちていた  光がだんだん大きく明るくなる  光を持ち出してきた  光が蒼白く照らしている  光を上半身に浴びて  光が加わって来た  光に透かして見れば  光は鈍ってくる  光は微に濁って  光めいたものが浮んだ  光の暖みを感じられず  光をひきずつてゐた  光を添えたかと思うと  光に如何照らされるであらうか  光を射し向けて  光を遮るほど  光をうけて飛び廻る  光がちらりとも見えず  光とで出来ているかと思われました  光が眠る  光を失ったほどの  光が照り残っている  光をばらまいた  光が含まれている  光をさえぎっているにも拘らず  光をさえ含んだ  光の中に散り敷いた  光に対するマイダスの迷い  光があなた方の家の天井に見えて来るでしょう  光もほとんど射し込まないくらいに  光を増してくるからです  光にかがやかして飛んでいるらしい  光を一杯に浴びました  光よりも低くおりて来ました  光と空に生きる  光の中にむきだしであった  光の洩れている  光に被われ  光で包まれた  光のようなものを求める  光を吸収しようとする  光を特別に受けた  光がかげり  光が街路の上に流れていて  光に照らされながら歩いている  光を思わしめる  光がほんのりと窓から洩れている  光の下で笑ひ興じる  光を射し込ませておいて  光が寒そうに光っていた  光が燃えて  光を持って見えていた  光を零し  光につくづくと見た  光で透かして見たが  光が戸の隙間から射し込んで来て  光は次第に蒼く次第に明るく射し込んで来る  光の触発性に就いての  光が照り出します  光をかかげているだけに  光なればなり  光はもとよりこの天地に在る  光に悦び充ち足りたか  光を感じつつ  光を投げかけさせてゐる  光を高速度にて放出さるる  光の波状伝播を疑った  光と称する  光の本体に関しては今日に到るも  光が一種のエネルギーであるという考えは少しも動かされない  光のあらゆる物理的化学的性質を説明して  光は熱を生じ  光のスペクトルの研究から原子内における電子の排列を探る  光との間になんらかの連鎖をほのめかしている  光は粒子として取扱つても差支ないとの考へを出して  光のもとに読んでもらいさえすれば  光の波長が一ミリの二千分の一ないし三千分の一ぐらいの範囲内にある  光の感じを起こさせる  光という言葉の無意味なために今では輻射線という言葉に蹴落とされてしまった  光や音の観念の変化は前にも述べた  光が海中に入り込む  光の色や燭力の分布などを区別して考えなければならぬ  光の色によってそれぞれ一定の規則によって吸収され  光は無くなって  光が弱よわと射していた  光が赫と光った  光に眼を止めた  光は台の端板へ斬り込んだ  光にその総の一粒一粒は切子硝子の珠にも似たるを  光が闇のなかに残って  光がどこからともなくすうっと出てきて  光に当った  光を広げている  光で地上にまでも引いている  光がきらきらと輝き渡った  光を失うであろうと思われた  光でもありがた味が薄くなる  光が暗闇に圧倒されて  光が肌まで浸  光のように無限の光源の中から湧き出して来た  光は射し込んで  光を放ち始めた  光が明かに照り渡った  光は透通った  光が川の中央にきらきらと金を砕いていた  光が車内に差渡って  光がはこぶ  光が温かくさしこみました  光がやわらかな花びらをひらかせ  光のまだ残ってる  光が失われてつむった  光が覆うている  光に眼覚めた  光のずれのことなども考えられるので  光が入り交じった  光のようにぼんやりとしてしまう  光はかげって  光に白雪を頂く  光をたよりに下って行った  光ではコースがよくわからず  光をたよって下って行く  光を遮つて  光で煙の上部の団々とした  光の見えてる  光に照らして移し込む  光を掬つて置くと  光があっても  光が見えてきた  光が隠れてしまって  光がつっ走って  光が流れ込む  光を二重に遮って  光が淡く道路を照していた  光がどうにもならなかつた  光が変るという  光が一ヶ年かかって達する  光を争うほどに輝きまたたいている  光は直ぐ深い闇に吸収されて  光が痴川の顔へ鈍く流れてきたが  光の射し込まない  光を喪つてゐた  光を放ちだしたと思ふ  光を葆んでいる  光は樹木や屋根の上に溢れ  光は房子の険しい額に戯れかかった  光の具合で大概見当がつく  光が少し薄らいで  光を見て取った  光と影の中でさまざまな人物を出  光を放つにぞ  光に恐れけん  光や無限に動く  光にみち幸にみち  光を葆み  光に照らして見せてくれた  光に見ると  光をふりまくと  光がそこまでひろがった  光が宿つてゐた  光は遠退いて  光がジリジリと照りつけていた  光が流れだした  光であったことは云うまでも  光をさし込んできた  光の下に照らしだされた  光に充ちみちていた  光を放って映っていた  光で反射する  光がその顔を正面から照りつけている  光をうけさせて光らすと  光ほどに光つてみえる  光ををくつてゐる  光のない暗い所では目は見えませんから  光が閃いた  光を百里経て  光を発して去る  光に輝かしつつ  光を落とし  光を踏みつつ  光にてらし見つ  光で少し縫い物をしていますと  光がどこからかさす  光を地に落とし  光に武男はその清人なるを認めつ  光はまさしく片岡中将の面をば照らし出しつ  光を射て  光が薄暗い廊下にもれて  光を投げこんでいる  光を感じて  光を出している  光を外に投射している  光に捉えられない  光のみが走る  光の橋を見た  光を求めんと  光のさしそめる  光にちらつかせながら  光を夜なかまで監房のうちに送ってくれます  光の中に反対の方角へ顔を向けた  光が遠のいて行くばかりで  光の洪水に藤一郎は絶望を感じた  光を夜具にうけながら  光にかわった  光に照らしてみたが  光を反射させて見た  光の下で見ると  光に近づけて見せる  光は雨と降りそそぐ  光がきらきらしてゐる  光が一面にきらめく  光も放たない  光で経文を写したという  光が颯っと射し込み  光にぼんやりと照らし出された  光を家とする  光が満ちている  光が遽かに青葉を通して射して来た  光がこの谷間に射し入った  光が満ちて  光に青く見えた  光の充ち溢れていない  光が私達の眼に映った  光はこんもりとした  光を辿って  光は明るくなったり  光も薄くこの山の端に満ちた  光が三つばかり冴えて見えた  光も泄れた  光の触れる  光も次第に遠く薄く射す  光は注連を飾った  光は急に戸口より射し入り  光の星が一つ掛った  光を投げ入れた  光の中にあった  光が牛丸少年の全身を照らしつけた  光をなげていた  光がもれている  光が降ってきた  光のように真実を見せる  光の色が踊りにつれて変化する  光の国がある  光が線の窓掛を透して  光の言葉が語る  光を予期する  光を顔に受けて  光も照らさない  光が凝結した  光を瞳に浮かべて  光を眼にこめて  光を浮かべた  光が斜に流れかかつてゐた  光の下へ顔を向けさせ  光の違ふ  光が瞼に浮んでくる  光を瞳に宿して  光が燃えて居る  光が對岸の緑の平野の上に被ひかぶさつて  光が映つた  光が明るくなって  光のしたに  光と微風とが知られた  光が輝く  光が輝いて居ったから  光を放射してくれる  光が東京の人の眼に珍しく映つた  光をまた思い出した  光を思い浮べて  光と新鮮な大気の中で元気よく伸びてゆきました  光がほこほこと暖かそうに屋根の上に当たっていました  光の下にひろげて  光の下に白くひかる  光で一つ一つはっきり見えた  光ではっきり見えても  光が眼に見えない  光の吹雪のために頬肉が殺がれてしまつ  光の中の死面を動かさうと試みる  光が洩れてゐた  光の中へ這ひ込んできた  光の虚しさが疼く  光も当っている  光の乏しい硝子窓の向うに円まると肥った  光は紫色の光が来て並ぶ  光を慕わしく思って見て通る  光が空からの反射光線に変わると  光を残して  光のなかへ道の上の小石が歯のような影を立てた  光の裡で欲求される  光の色をまざまざと思いおこし  光がそこにさして来ている  光があるとは  光つていた  光があふれている  光の吸收と發散に關する  光の速度あり  光となり  光はききとしてかがやき  光に微笑した  光がまともに照りつけ  光で周囲をじっと見つめた  光が東の天に金蛇を走らした  光の箭が少年連盟を祝福するかの  光をおびている  光ある最後の息をひきとった  光の刺激の差でも説明されるかもしれないが  光に頻りに色を検めて見ていた  光は池の水にも明るく届いて  光の中に横えられた  光はいっぱいにさして居た  光の中へ照らしだされた  光の下から二三間離れた  光をまき散らしながら  光の中を遠ざかつて行くのに  光だけで間に合はして居た  光にぎらぎらときらめき  光をその死体にあびせると  光でこまかい破片をひろいながら  光に雪は赤金光色と輝き  光と撒き  光を荒波の上へなげかけている  光がぼ  光にうき出してくる  光がぱっと光った  光で顔を見合わした  光をもらしている  光のような白い光が宿っていた  光まぶしい顔を見る  光に現れて来て  光であるかも知れぬ  光が散らばり  光は彼等のおどっている  光が夜の闇の中に残った  光は戻らないか  光は留守でいなかった  光を透して見える  光はまだ帰っていなかった  光は帰らなかった  光が彼の三つの時から十年近い年月を女一人の力で亡き夫の家に居  光は十幾年住みなれた  光は帰って来た  光は平一郎に話した  光は偶然ではあるが  光は夕飯をすまして  光が聞くまいと努めても  光は食器を洗い終えてしまってからも  光には卑しい身分でないことを知らしめた  光が水にぬれた  光を見出して  光は二階へ上って  光の夢を声が醒ました  光の傍へよって来た  光は床に起き直った  光がかすかに射し入っていた  光は自分の枕をずらし  光のわきに小さくかがまり横になった  光も横になった  光は女のほっそりした  光はこの時女と自分との心がぴったり融合し合っている  光も一緒に泣き  光は肩のあたりをさすってやった  光はそれを自分の体験で知っていた  光は涙にぬれた  光には女が本当に処女であるらしいことははじめから会得されていた  光は深い溜息をもらさずにいられなかった  光は言わずにいられなかった  光の膝に俯伏して  光も針仕事には慣れて  光と冬子とのあの夜以来結ばれた  光の寝床を唯一の避難所とした  光のためにはよき生活上の相談相手となり得ていた  光と冬子が待っていた  光を見上げた  光と冬子の微笑によって破られた  光は留針をしながら言った  光と冬子に移ってしまった  光は淋しそうに笑った  光はにこやかに微笑みつつ  光は冬子を見つめて黙っていた  光が来たら  光には彼女一人の手で二人の生活費と平一郎の学費とを与えてゆく  光はあまりに平一郎の未来を信じ  光はどうしようかと  光に家をかわる  光もはじめは平一郎の反対の猛烈なのがもっともなのに当惑した  光は平一郎に数字で示さないまでも  光は平一郎もどうにか承諾していよ  光は冬子と雇い  光はいまさらのように全身がひきしまる  光は青壁の十畳敷に不調和に置かれた  光は悠久なある  光に浮かぶ  光は強く射していた  光には昼近い熱気を帯びて  光は幅広い流れを溢れさしている  光がさっと眼にしみたらしかった  光がそれは美しく見えて  光はどうしているだろうと思った  光にさらされて  光が言った  光に会う  光は小妻と冬子を見比べながら  光の上にじっと暫く止まっていたが  光が立ちゆかない  光をちらっと見た  光に腰をかがめてゆく  光は物足りない悲しさを感じていた  光の方に話しかけた  光の方を盗み見ていた  光を熱烈に慄えさせていた  光を皆に引き合わした  光のことを言うらしかった  光を引き合わして行こうと思って  光は縫物を拡げてこつ  光はゆるやかに微笑んでみせた  光は仕事を止めて立ち上がった  光を凝視した  光にもすすめ  光は何故か平一郎のことを考えていた  光は土蔵の裏へ去った  光が出て来た  光にさらに市子は言う  光にしたがって  光が二階の一室で仕事をしていると  光の傍へやってくる  光はいつもの静かな穏やかな涙を湛えての  光のこつ  光の部屋は昼寝をするに  光には何故かどんな人間でも甘えてみたい  光は考えて  光は縫い目のない蚊帳を海底のように染めて  光の傍にいると  光の傍にいては  光にも響きわたった  光は三日も冬子に会わなかった  光は冬子に飢えていた  光は縫物を止めて  光の心にしみ入り  光はうっとりしていた  光は思った  光は梯子の方を感激の消え去らぬ  光は正面に男を見た  光は表面平静を取り返す  光は恐ろしい戦慄に全身を寒くしていた  光はたずねた  光は呟いた  光は冬子に一礼して転ぶ  光の内生活に起きた  光との過去の運命については少しも知らずに去った  光はこう心から言った  光は心から言わずにはいられない  光は金沢の市街から五里ばかり隔った  光が生まれない  光の祖先の意思に順って努力した  光でさえが後にひどい生活の苦労に洗われるまでは  光が北野家の先人達のうちでやや詳しく知っている  光にはわかる  光が年とってからも涙ぐまずにいられない  光の兄にあたる  光はお光が生まれない  光との三人の生児として北野家に残されてあった  光が物心がつきはじめる  光はよく記憶していた  光に忘られなかった  光は幼い時分のことを想う  光が彼女の兄姉やお里に関する最初の記憶は妙に一生忘られない  光は妹分にされていた  光は綾子の言う  光の揃えた  光だと思って  光が年とってからも  光はよく奥の薄暗い納戸の蔭でお里がしょんぼり涙ぐんでいる  光が年をとってから  光を誰よりも愛した  光をも愛したが  光には知らない  光はどんなに思ったろう  光と綾子を瓜二つのような美しいお嬢さまと言ったが  光は他人と話する  光も内心綾子を崇拝していた  光は彼女の青春が来ない  光に二人の少女時代の話をした  光はそれを傍に居って聞いていた  光は忘られない  光に村の者を呼んで来いと言った  光はそう言われて  光には不思議に思われた  光も認識し  光は浜への焼けた  光はそうした綾子の心を思いやっていた  光と兄は黙って歩いて行ったが  光には容一郎がこうした強烈な自然の光景を見まいとする  光を顧みて叫んだ  光もいつものことながら兄の叫びに同じた  光よりも少し低い位の身体を苦しそうに喘いでいた  光はその頃兄を学者として尊敬していたので  光は静かに兄の流れ出す  光は兄の蒼ぶくれの  光は兄を慰めたくてならなかった  光にはできなかった  光はただ心で同情しているより  光は仕方なしに瞳を海の方へ向けた  光に一生忘られない  光は知った  光に尋ねる  光は半ば恐ろしく半ば壮快に見渡す  光は兄と俊太郎に酌をしつつ  光はそうした瞬間には俊太郎に親身の兄のような愛を感じた  光はぴりりと神経にこたえたが  光も小さい盃に一杯注がれて  光を見て微笑んだ  光は思っていた  光はただ微笑むより  光と兄は静かに寂しい夏の入日を背にして  光が俊太郎に嫁がねばならなくなる  光と容一郎が大川村の浜辺で俊太郎に会ってから  光が門際に立って  光を浴びていると  光は胸に異様な動悸を感じながら  光から電報を受取った  光が驚いたほど  光よりか少し背が高くすんなりと伸びて  光は兄が黙っているので言った  光は電報を見せた  光に一生忘られなかった  光は見送った  光は門口に立って  光には恐ろしい気持を抱かせ  光は綾子が凄まじい憎悪に緊張しながら  光はほっとした  光は動悸をおさえて  光はぎょっとした  光は自分でもよろしければどうぞと頼んだ  光の本気が皆のいろ  光が大河俊太郎に嫁入った  光が嫁入った  光は後に思った  光が大河に嫁して  光は平一郎を生んだ  光は平一郎一人のために彼女の後半生を捨てて  光もこうした苦艱な運命を受けないですみ  光は合掌し祈る  光と暗の間に見えた  光を桜の樹蔭から一団の中学教師の古びた  光にまるで重要でないこととして話した  光と彼の顔を見比べていた  光は平一郎に小言一つ言わなかった  光は路上に流れ出ていた  光が湧き出る  光を頼る  光は平一郎の急に多くなった  光は二人を照していた  光が寝ずに待っていた  光はお光で苦しい独り子のための生活を振り返ってみた  光はためらって  光は寒気がするので  光は冬子と顔をあわした  光はにこやかに柔らいで  光の変わらない  光の胸にこそあの昔の故郷がある  光の顔を見つめて  光は微笑した  光は穏かに言いかえしたが  光は日々の苦労を打ち明けずにいられなかった  光の話を一生懸命に聞いていた  光は眼を見はった  光が冬子の言葉が意味する  光は言ってしまった  光は平一郎に留守中に冬子が来ていった  光は近頃平一郎がひどく痩せた  光が食事をしていると  光に平一郎さんを連れて  光は恐ろしいものにぶつかった  光はがっかりして  光は門口まで来て  光は囁いた  光が薄らに彼を照した  光と悦びに輝く  光のことを語りながら  光の姉の綾子も知らず  光の瘠せた  光のうららかさに浸ってひらかれた  光が靄を破って輝いて出る  光を思い出させ  光と冬子と和歌子とから受ける  光のことも正直に打ち明けなくてはならない  光を見せている  光と薫とを持っている  光で青白くキラキラ光つて居た  光が一面に降り注いでいた  光の下のこんもりとした  光太からも久振りに便りが来ましたが  光の同時にひらめきしが  光として利用する  光がそれ等の家々のつづまやかさを洩らしていた  光を送らない  光を発しているかとおもわれる  光が心に射しこんできた  光が消えるか消えない  光で見えなくなる  光がとつぜん私の上に射しこんできた  光かまざまざと見せてくれに  光の急流を注ぐ  光と歓びへと舞い上らせる  光が神経に当るので  光がまた射してきた  光はますます蒸し暑くなり  光の屋根の境目に気づいた  光に慣れてきて  光を延長する  光が暖かくなり  光と昼の澄んだ  光や爽かな空気を浴びて  光がどんなに重たくのしかかり  光も蔽う舐めつくす  光も見なかった  光を憎むほど  光しかさしこまぬ  光を楽しんで  光をかげらせ  光が室内を照らしている  光は受けてはいたけれど  光が燃えて来た  光に顔を輝かせ  光の帯の中にいた  光のうちに膨らむ  光を避けて生きなければならなくなった  光は俺には解らなかった  光で鶏をみていました  光にらんち  光が一ぱいに縁側に充ち溢れて  光がなければ死ねる  光の鈍い善良な顔付を見て  光だけが機敏に働いて  光を見やりながら  光をつかまへて  光が気乗りのしない  光まばゆく輝きわ  光の多く見えず  光の洩るる  光はジリジリと暑さをもって来た  光の方共々お成りとあって  光の方と共にお成りとあって  光の方に仕えている  光の方様へお仕え申して居ります  光の方様のお声掛かりで  光をおびたが  光の当った  光を投げて転がった  光が照っている  光が遮られている  光のもとに厳粛に行われた  光がみなぎった  光の源を初めて知る  光を強くした  光が井戸の奥そこまで照らしていた  光をその顔に受けて微笑む  光をその背にして逃げ惑う  光の失せぬるを悲しむ  光の閃きしを  光を杯に酌みて  光に凝りて  光にかざせば  光は冷ややかに貴嬢が姿を照らせり  光や色に触れぬ  光でもさし出した  光は昔と余り変らなかつた  光の斑点や線条が順次に現われて  光で照明されており  光が前方の左側から来る  光は受けても  光が当る  光とも響きともつかない  光の横溢があるという  光の満ちた  光の色やを思い出す  光を肩に浴びて  光の波が甦って来て  光とを受け入れてゐた  光をしたって飛び込んでくる  光に乗って  光のひろがりが  光が走っている  光をはらむ  光さびしき明眸の此処にして  光のなかにはれやかに咲かしめ  光にあらがひ  光の下の海といふ晴れがましい  光も艶もない雪の山と平野との無人境同樣の景色を見れば  光を放射してゐる  光がどっと来て  光だけが目にはいって来る  光の無い目と言う  光が靄の中に溶けて  光の中で半ば生れんとして生れなかった  光に浮いていた  光が彼等の眼に入った  光の中へ出た  光の漲っている  光を砕いて  光が射さないからであった  光を放している  光と影との織り物をなしていた  光の斑を付け  光を受け入れる  光とでも云う  光を屈折させ  光が出るとすれば  光を厭相に眉へ皺を寄せて見やり  光が私には見えそめて来ました  光は映さない  光を取囲んで  光で虱をつぶし  光がくわっと胸へ甦って来た  光を和らげ  光や露の玉をたたえて歌う  光をあてて見ると  光が曲がる  光が一様にならず  光を折り曲げる  光が映っている  光で照してやれば  光の紐が見える  光がはいって行く  光の屈折率は水の温度によって異るので  光の屈折率がちがうので  光の下に見直す  光を切々とすくう  光にちるぞ  光までが底深い金色にぎらぎらした  光は出せ  光が光らずに流れてゆく  光がパッと眼に当った  光はほの  光がかっと差し込む  光が天の一方から流れる  光にまた現われて  光がのぼる  光と色と音とをもまた十分に新鮮に食らい過ぎるくらいに食らった  光を眺めていると  光をその上に投げると  光が漂よっていた  光はシベリアの奥へまで射しはじめた  光がさして居た  光が染み込んだ  光は浅葱幕を払つたやうに颯と消えて  光と青田一万石を越えてくる  光の点線になって  光が水のやうに流れてゐた  光の下に自身の自我の転身の社会的文学的様相を隈なく曝す  光さえ見えない  光のなかで考える  光に半面を空に向けつつ泣ける  光の魚は捉へかねるかも知れぬが  光の半を被ふ  光をなしてゐたであらう  光を投げ得ただけの  光も十字の形に落ちて来ると  光ない生涯を送つて居る  光に堪へ兼ねる  光は更におふさのあどけない頬をし  光を吸いこみ  光をはね返していた  光が浮いていた  光が晴々としてる  光が籠っていた  光の中に移したい  光が薄くなった  光が薄暗いと云った  光と闇と交錯して  光を怪しんで  光がチラリと岩角に落ちた  光は漏れて  光で照らされていた  光に浴した  光のなほとまりて  光はへだてざりけり  光を貫ける  光のみがありしにかわらぬ  光に霜ぞ散りくるなびかじな  光の速さで通っても  光に銀の粉を浴びた  光を脊から受けてゐるので  光に照りつけられた  光にむせる  光を乱している  光を動かして  光のかげんによると  光をたのむ  光にそむきいて  光をたよりにして  光の鍍金をかけられて  光にぬれながら  光を払って  光の流るる  光の棒を投げ  光が強いので洋傘直しはポタポタ汗を落します  光が湧いているでしょう  光が過ぎはしませんか  光の酒に漬っては花椰菜でもアスパラガスでも実に立派なものではありませんか  光の波を起しておいて  光の中に溶けていましたが  光の棒の幾条を山と野原とに落します  光をさえぎり  光に被はれる  光を帶びて幽かに夕づつのかげを浮べる  光のもとにまだ見も知らぬ  光に咲きいでて  光に倦みて熟れし  光に消えてゆく  光ある御空より君はまた香を求め泣き  光に鷄頭の黄なるが  光れる掾側へと連れゆきぬ  光は絶間なく鐵琴のごと彈ねかへる  光にロンドン咲く  光に残酷な歓びを感じながら  光を帯びてゐる  光を帯びてはゐない  光を加へずには措かなかつた  光をあてられた  光のない空間を横ぎつて没落した  光と熱との過度の狂乱の中に投げ出した  光が十分に当たり  光が薄れていた  光を照りかえして  光のように冴えていた  光をまともに受けながら  光があやしく漂っている  光が変に見えるから  光が見えるじゃありませんか  光に知人の顔が見えるじゃありませんか  光に知人の顔が見える  光を感ず  光をかんずる  光でひやっこく光って  光の中の雪とオパアルと日向で見る  光がみんな失くなると  光に礼をいふ  光はちらちらと夜の旅びと照すけど  光を朧にした  光の中に舞ふ  光をつくるには  光をもつてゐる  光はさツと速度を増してゐる  光はゆるゆるとため  光はさツと地上に飛びつく  光が炸裂した  光はさッと速度を増している  光はゆるゆるとためらい  光はさッと地上に飛びつく  光を吸い込んで居ります  光やや強まる  光を鏤めて  光が微赤く此方の峰の一角を染めて  光が山風の中に物凄い色を見せていた  光のような光がちらちらと樹の間から見えた  光より他の光ではないと思った  光がはっきり見えてきた  光は其処に人家の塀らしいものをぼんやりと映しだした  光の出ている  光が漂うていて  光に浮かされて浮び上がっている  光さえも射していなかった  光のなかで輝いていた  光を与えていた  光があふれていた  光のなかであたりを見廻した  光のなかできわ立って見えたが  光をふたたび消した  光が床へ落ちていた  光の下で聴取し  光の弱い電燈一つだけがビールの栓の上で輝いていた  光のぼんやり差している  光が明滅を始めた  光に背を向けて這い  光が瞬いた  光が訪れてきた  光が室内に漂いはじめた  光に背を向け  光に染み  光につつまれてる  光が眼に浮いてきました  光に照らされて光っていました  光が雲の間から漏れていた  光に透して歩いた  光に浮きあがらせていた  光がまばらに寒く光っていた  光の陰翳する  光が一面にふり  光を与へ  光を背から受けてゐるので  光にてらされつ  光が冴え  光という女がいた  光に起されて  光が私の所にやって来た  光が向うに行って  光が銚子を持ってきた  光へ云った  光が私達の側に腰を下ろすと  光が不意にそんなことを云った  光の頬辺に笑顔で応じながら  光を放散して  光の尾を大地の方にながながとのこして  光を斜めに受けて  光きえみだれて  光のつよさと熱度に応じて  光の箭にいられた  光や何かで夜空が濁らされていないから  光を語らせる  光がチラチラしている  光をあなたに上げようと思い  光をお幸に浴びせかけました  光をうけてくろずんで咲いて  光が流れていました  光のみが輝いてゐた  光が作り出した  光がことに有難かつたのであらうが  光の中に渦を巻いた  光の渦に巻きこまれる  光と草履の音との交錯する  光が空に吸いこまれると  光との間にはさまれて  光は次第にうるんだ  光を晦ます  光で射向けられる  光によつてうすらに見える  光に照されて居る  光がそれに当って  光がさしてほかほかとしているとっつきの  光の輝く  光を写す  光も射さぬ  光に照らされたる  光に舞い上った  光の下で挨拶する  光を一時に消してしまった  光の群れがサーチライトのように一団の大光明となって  光の大集団を凝視した  光のなかにうき出した  光が流れており  光の中にちぢこまり  光は強さをまして  光の朦朧と射した  光に浮き出て見える  光に嫩葉の動いている  光を増してくる  光が一面にこぼれてはいるが  光を添える  光に眼がくらんで  光に浮んでいた  光は見られない  光に溢れて来る  光が赤いかわらや黄になった  光が小さく見えてますかがやけかがやけ  光が夕方まで通路の上に光つてゐたが  光を追つて来て  光が滲んでゐた  光のなかに静かすぎるほど  光を艶やかにそっと微笑ませながら  光のない世界では物を見る  光が沈んでいた  光がその代りに表面に浮かんで来た  光を避けて  光の現象が起こるという  光の現象やまた前述のまじないの  光の線条が見えたり  光が馬の首を包んだりする  光を沿びて砂利の交つた砂路を歩いてゐた  光にほの  光が海岸を靄立たして見えた  光がぼんやりと射してゐた  光は女の顔を綺麗に見せてゐた  光の漂うた  光の如く肉の落ちた  光を囲んで  光を現さない  光を現して  光よりも強く輝かしく描き出す  光に照付けられた  光が厚い苔の上にきらきらと揺れ動くにつれて  光に芍薬の花の紅白入り乱れて咲き揃った  光も和げられ  光の明い処でもあったら  光に手紙を開いて見た  光が照らしていた  光と温とを授ける  光を屈折するからである  光がぼんやりと丸く大きく天井へ映つて居る  光が靜かに二人を見おろして居る  光は同時に消えて無くなる  光は一際明るくなつて天井には再び丸い光が映つた  光を宿す  光を放つて居る  光に比して  光がキラキラと洩れて来る  光と笑いを載せて飛ぶ  光に被われて  光に輝く  光が煙っていて  光がさして天井を照らした  光が草むらに落ち  光に溶けこんで  光と潮風のために渋紙色に焦げて  光と潮風に焦げて  光が透け  光をたたえた  光をおびて  光を流しこんだ  光がみなぎっていた  光の中にもどこかに温かさがただよっている  光がその底から漂った  光はもう薄墨をぬった  光がそれに比例して  光がほとばしっている  光はもどって来ない  光が流れこんだ  光を投げ込むに過ぎない  光で見送っている  光を洩し  光を混じた  光の下に新しく生きて来る  光の影でかなしい情熱だけが漂つてゐた  光をあてます  光漲るなかに何と大きい精神の慰安が在る  光に質素なふとんを陽に向けてかけつらねた  光が白い蚊帖の裾にさします  光を波上に投げ  光をなすっています  光に面した  光に背中を向けた  光があまりはいらなくなりますので  光を入れて  光と音楽とが感じられますね  光の輪につつまれる  光とともに燃ゆる  光の塊りにみえます  光が弧を描いてあらわれたと思うと  光に微動さえも見られなかったぐらいであった  光を点じ  光を斜めにうけているので  光を感じながら  光をたたえていた  光が疎く成つたと思ふ  光の圏内まで来た  光を羽根一ぱいに負いながら  光を沈めた  光の貴いことを語ります  光がこもって  光をたくわえて行く  光は見る  光を争ふ  光の進行を妨げると  光が減少して  光の割合が多くなるから  光が勝つ  光の色を遮り分ける  光も何物か空中にあって  光を散らす  光の振動方向に片寄りを生ずる  光を適当な偏光器で検査すれば  光を精細に検査し  光の中において初めて物を写し得ると考えられるであろう  光の形而上学はキリスト教の影響のもとに発展し  光に照明される  光をうけると  光はあっても  光がはじまろうとする  光に包まれている  光は全く室外には洩れない  光をふきだす  光に染まっている  光がスイスイと立ちのぼってくる  光の帯が道の白い雪の上に長く伸びました  光がすつ  光がもつれてゐた  光は石段のすぐ側にある  光のなかにも溢れてゐる  光をもって輝き出すであろう  光に消えたり  光の強さはその中にかえって澄み通った  光まばゆい電気鳩がとんできた  光を借りて  光の中に黒ずんだ  光のきらきらしてる  光とだけになってしまった  光のぎらぎらした  光がぎらぎらと電のように光った  光に琴を震はして  光に暗に伴ひて  光てりそふ  光に塵の世を慰めてらす  光はそこにてるべきに  光をと飛行く  光のうちにほ  光のあとを眺むるも夜は千萬の星の色あけぼの白く雲われて  光まばゆき照る  光の流れ色の波溢れぬ  光に暗まじりこ  光に鳥は香にい  光暗うして  光と照らん  光のおほ  光まばゆくも雲をつんざき  光の消ゆるとも盲目は見るを忘れんや  光沈む影傾く  光をほの見せて  光と暗を布き替てこ  光曇らねど秋に傷めば  光を包み  光の門の戸に何とかなれの叫ぶ  光と織りなして  光たがためぞ垣に殘るはただか  光が戸の隙からさしこんで  光のすがすがしさとも実によく似合います  光に照されていました  光の音と心の内にある  光が差す  光がともる  光が低く流れています  光とおなじような場所になる  光について描きたい  光の中に花頭をもたげ  光も熱もその花のいのちにおのれのいのちを吸いよせられたかの  光の上に面を伏せ  光のうちに解放しているだけで  光を消されないで  光と音楽が溢れる  光にくらんで  光の矢の中に霧散したと思われました  光に散ってはいませんでした  光の漣にのって  光の珠となって  光のようにまじりけ  光と熱をあつめた  光を拝む  光が必要になる  光に打たれると  光が白く射し込んで  光がチラと見えた  光と自分の顏とが映つたが  光も森にかくれて  光が艶をもつて  光あると見  光が流れてゐる  光うるほふ  光を浴びて蒸す  光は瞬けり  光を圧すごとく  光の簇をつくり  光のなかに太くして  光を残しつつ沈みゆく  光は暮れてゆく  光のない青いメタンの焔が燃えてるらしい  光わかわかしき血のごとくふりそそぎ  光来る夜の恐怖にそそぐ  光に顫へてゐる  光を放ちつつ滴る  光から六月が来た  光がうつる  光はすすり泣けり  光が消えかかる  光に蒔く  光を投げかくる  光の細かな強いすすりなき  光にふりしきる  光のさみしさは薄らあかりのねこやなぎ  光つてゆく  光を纏ひゐた  光によりてうか  光をひらめかして  光ある處にいたれり  光はその目を射ざるか  光の前にいたらば  光を逸らさず  光憂ひの獄にいりきたり  光を見るによりてなり  光は神より出  光なき地獄のさまに神を見るをえざる  光の割合に應じて天の全體を照すなり  光をうくるもなほ樂し  光を金髮になぞらへしなり  光のうづのやうに夜空を駈け廻る  光で現はした  光が四人の姿を照らしました  光が一ぱいにさして  光で見たら  光にてりはえる  光だけがいやに明るく目立った  光をあびてる  光を見つめて生きているとか  光は見るとも  光も同時にハツと頭を上げて  光はあたふたと車室を出る  光はせか  光が先づ首を振り  光は十間餘りも後れて  光は肩で息をしてゐた  光は沈んだ  光は二十四になつてゐる  光が後から隨いて  光に似たほどの  光の姿を見た  光の襟足を覗き込む  光の早熟といふことを町の人々は噂し  光に聲をかけて  光も先刻から昔の祭の日の記憶を辿つて  光は膚理の細い顏に筋肉を躍らせつ  光は紅を刷いた如く  光は一心に見入つてゐた  光とはこんなことを言ひ  光は立つて  光の風情を見てゐた  光の眼には懷かしさうな  光は笑ひ出した  光が小股走りに停車場の方へ隨いて行く  光の右の膝から自分の左の膝へ傳はつて來るといふ氣がした  光は黒い油の染み込んだ  光の姿が見えなくな  光は町はづれの小間物屋に荒物屋を兼ねた  光の手に氣をつけて  光の手には蝙蝠傘と手提げの千代田袋とがあるばかりで  光は千代田袋を輕く振  光の買つた物を知らうとする  光の歩き易いやうにしてやりながら  光の背後から聲をかけた  光の顏は赤く火照  光が見えたといふ  光は半丁ほども後れた  光の追ひ付く  光はと振り返へると  光の充ちてゐる  光の物の言ひ  光を見たと  光は石段を背にして立ちつくしつ  光は心細氣な顏をして  光は獨りで石段を下りて  光の言葉を疑ふことは出  光で黄色く浮き出した  光の注いだ  光に任して  光の顏を見た  光も態とらしい欠伸をして  光の伊達卷きを  光が臺ラムプの光に懷中鏡を透かして  光をふくみ  光をよせたら  光によって把握していないから  光の下に解けてしまって  光を真向に浴びながら  光に梢のかげがゆらいでいる  光に見ゆる  光のうごきの  光があります  光に充実した  光から郵便小包出ないらしいのよ  光が透徹して居ります  光が美しい調度を艶かしく照らしている  光が落ちて来て  光が眩しいほど照りかえっていた  光がだんだん薄れて来る  光を慕って  光が恐れられた  光がさして来ると  光だけが実在の島々を見せてくれた  光と一つに溶けて  光その顏を飾れる  光を支へられて碎け  光を堰かざる  光となりし  光の車の我等とアクイロネの間を過ぐるをみて  光を上と下とにおくるかの  光とを目守るをみたり  光といふとも  光となるべき  光を碎かれざる  光をもて  光を必ず見るをうる  光にあへる  光反する方に跳ぬれば  光に射  光より闇を摘む  光にむかひて  光を見よ  光にむかへり  光或ひは  光よりもなほはるかに大いなるものわが顏にあたるに及びてかの  光の中にかくれ  光ははや我等をはなれて  光わが目をつよくし  光の中にかくいふ  光を我はわが前より奪へり  光を日にやはらかならしむる茂れる生ける  光にあた  光かく大いならざりしなるべし  光を與へて汝等の了知の霧を拂ふに足るべし  光かの大なる林の四方に流れ  光のさまに心を燃やし  光の中に目を醍しをるをもて  光を見ん  光に射られし  光を顏にうけつ  光にまじりて降る  光の煌と起きよ  光を手にし  光を透さず  光強くして  光を消せるなり  光を失へるなり  光に耐ふるを  光を見るをえん  光を南北半球におくる  光を見なば  光を被はんとて手を目に翳せるも  光を避けんとて  光を喜ぶ  光が光澤ある  光をいふ  光を沒するに足るおくれしは  光その餘光を空に殘して  光の中に常に目さめて  光が白羊宮の星の光とまじりて  光と聲とにおどろきて  光か風かという風に色のすべてをきらめかせ  光が不足している  光の残ってる  光の中にぱっとした  光の中に飛び込んだ  光がゆらいだ  光がまばゆくかがやきはじめると  光がさんさんとふりこぼれ  光が物にあたった  光がおれまがる  光をぜんぶ反射してしまえば  光がおなじような具合におれまがるから  光が窓からさしこんだ  光の下を練り出して  光を受け止めて居る  光で見出される  光にて見るに  光つてる安が嬶の連ツ子はしよなりしよなりと  光と力とを与える  光の中に咲き匂ってる  光とが欠けている  光とがさし込んでくる  光も淡くなってゆき  光に照されてる  光がぱっとさしてる  光がさして来なかった  光はそれに押されてゐましたが  光つたものを見ると  光が溢れる  光を搗き交ぜたよりも  光を帯びて来た  光を反射して輝き  光に見惚れてゐた  光が一層強くなつてくると  光は闇の中に消えるであらう  光は時間性のレンズを通り屈折されて  光を反映して  光として體驗の範圍内に存し  光に照されぬ  光を反映しうる  光を失ひつつ  光を失って来た  光を射返していた  光で覚悟の二字を眺め返してみた  光に陶然と酔って  光を吸う  光あまねく潮の香の豐かな南方の海濱に居を移さんと  光で読みふけった  光の射貫く  光を置きて  光に飾らる  光の間にて異なりと見ゆる  光に注げり  光の名殘がその中に映し入りて見誤らる  光の中に入りし  光をうくるをねがは  光の中に巣くひて  光に蔽はれて  光を減ぜざるをえじ  光の光るあり  光を重ね  光に照らさるる  光を放つと信ずる  光に勝たれたればなり  光に當る良き紅玉の如くわが目に見えたり  光の如くわが傍に閃く  光より光に移さば  光に渇きつ  光を視て  光を地上に放てり  光に優る如く  光を他の一の内に保ち  光を悉く注ぎ入れたる  光よりいで  光を與ふ  光いかにして  光のかなたにてさながら輝く  光を列ねて  光の線を傳ひて走り  光とをもて  光のわが媚ぶる  光より光に移りつ  光の十字架を傳ひて動くを見たり  光の間に移り  光を害ふ  光を受けつ  光を待たざるによりて熟まざる  光が言葉につれて  光に當りてさながら雷に碎かる  光に照ら  光は己が眞中を中心として疾き碾石の如くめぐりき  光を交しつ  光が薔薇を伸べて  光の下に花咲く  光に上より照らされて輝く  光こなたに進めり  光いと強く輝けり  光の一線に過ぎざるほど勝る  光のわれらとともにあるを知り  光に歸るを見たり  光を卷きつ  光とをその境界とする  光と己が功徳とによりて  光の自ら隱れし  光より光と閉ぢゆき  光にてもわが目の防ぎえざるほど  光の上にありて  光を分けていよ  光において殘るすべての頂に勝ちゐたるを見たり  光も技も各異なれる  光の輝のうちにいよ  光の中に敢て目を注がしめし  光に外ならざるがごとくなりき  光にむかへば  光の奧深くして  光をうけて返すと  光のごとく汝の生むとみえし  光わが心を射て  光に多少あり  光を仰ぐをうるの  光の天に漲れるを見たりと  光の異なる  光異なる種々の星あるは  光の一樣ならざるに似たり  光は左右の鏡の反射する  光何ぞ斑點となり  光を仰ぎ見て  光に多く蔽はる  光の増すは  光の爲に微かに見え  光のみ見  光さらに増して  光を指すと  光を造り  光を金星天に輝かすなり  光のこれにまさるによりてしか見ゆるとは  光あることを信じ  光を想像し  光を放つを  光や美が人の想像以上なるをあらはせるのみ  光皆顯はれ  光を完全に傳ふる  光も美もまさり  光の爲にかくれず  光を視るも  光はさきの諸靈と同じく哲理神學に精しき靈の一群より出  光いづれも同じ樣に輝くなり  光となりて  光に接して  光を列ね  光を導き入る  光の中に見え  光の中にありて  光の見ゆる  光にて照らした  光に包まれて見えざれども  光に現はすを見る  光を直接に見しに  光即ち正義を塞ぐ  光を待たざる  光に浴するの  光を待ちゐたら  光は光と見ゆれ  光を受けて輝くといふ  光に包まる  光に包むなり  光を二の目にたとへ  光の増すにより  光の源なる神を知るをえざる  光を受けて光れど  光なくして  光に歸すといへるなり  光を仰ぐを得  光をうけて輝く  光を視る  光に照  光の聖徒を照らす  光の強きによりて知らる  光は眠れる  光の一きは輝き渡るによりて  光を交換し  光に染みし  光にて飾られし  光の及はざるなり  光鋭き一點の映ずるを見  光を隱せる  光の中にかくれず  光に慣れしむ  光の強弱に從つて蝋燭を整ふる如く  光に堪へうる  光の流れを見  光も神よりいづる  光に過ぎず  光の周圍に無數の列を造りて  光は花の中心の黄なる  光に接する  光に因みてかの  光を仰ぎ  光の強きをいふ  光を頒つによりてはじめて存す  光はこれと異なり  光の事を忘れたり  光の中にあり  光の中に感じる  光がこごえた  光を両肩から背一杯にうけてゐると  光は金色の霧雨のやうにあたりに降り注いでゐた  光を生じて  光がかげった  光は天井からさしていたので  光は田舎道の上を暑く照らしていました  光が燃える  光を浴びながら歩いてくる  光に溶けて  光があるばかりだ  光を受けさえすれば  光をかがやかして  光や油煙とともに誠に旧日本の美の尤なる一つであるといっても  光や空気の感じを欠いている  光と結びつけて考えている  光に打たれて  光に斜め下から照らされた  光のように感ぜられ  光と熱とを注いでいた  光が樹立ちのトンネルの向こうから斜めに射し込んで来る  光の反射で聖観音はほのかな赤味を全身にみなぎらした  光のみが輝いていた  光の感じが実によく出ていると思う  光でないことが描き出されている  光を借りなくては  光を指さしながら  光を眺めながら  光も弱り  光に谷川の水は解け  光に感謝してゐる  光を投げかけながら  光を肩から浴びた  光をあらわし  光も放たず終るべかりし  光が一面に漲っていた  光と融け合って  光が薄らぎ  光とを見ると  光が大地の上に照った  光が照りつけていて  光が静に照っている  光が照りつけていた  光もほとんど射して来ない  光と湿った  光がきらきらするばかりで  光がこひしくても  光が水の下へさしこむ  光の青くさえた  光の中に浮いてゐる  光が一ぱいさします  光に曝しました  光が一面に降り注いでいました  光を仰ぎ見ました  光を灯していました  光が透いて見える  光で照されていました  光が炎のように画いてあって  光が銀粉をまいた  光の残っている  光は少し蒼味を帯びて  光の反射している  光の耀いている  光が寸一寸と歩を進めて動く  光を持ってる  光の静かな美しさにひどく打たれ  光の中に沈んでいる  光が廊下に映り  光に映えて  光をたよりに石の下を掘り  光の中にも自然の風物は何処ともなく秋の寂寥を帯びて  光にありありと解る  光に蔽はれて居る  光がところどころ霧の幕を穿って  光はヒヤリと冴えすぎていた  光の下で生きるという  光をかすかに洩らしていた  光が磨硝子のように消されて  光が雪の上に流れた  光は私達を威しつける  光が流れて来て  光も屋根に遮られて  光に照らして見たが  光を失ったかの  光が木々の隙から斜に林へ射し込んでいたが  光で道を求め  光は鮮かになる  光がおぼめいて来た  光が部屋の中へ射し込んでいる  光と云えば  光が射して来ると見えて  光に白み渡ったが  光を宿したが  光は白味を帯び  光の中へはいった  光の中を徐行した  光はどこまでも続いていた  光はしばらくも待たず  光の動きに連れて  光を押し分けながら  光に過ぎなかった  光を全然収めた  光と共に胸に往來して  光が涼しい風と共に流れ込んで  光を受けて並んで立っている  光を奪ふ  光は光をうつ  光と騰る  光が射しこんでいて  光と共に胸に往来して  光来いなと無理に誘い出す  光の缺乏と考へられた  光と色との美しい交錯において擴げられる  光が消えてしまった  光が梢から白じらとさしていた  光が岩屋の中にさした  光をだしているだけで  光をたてる  光は木々の梢によってさえぎられ  光がとびだした  光のそばにくっついて  光が来ると  光がひどく憂鬱に見える  光とを結んで  光とは密室の中の燈の光の如くなる  光とは風吹く  光の如くなる  光は同じ力であると假定する  光と動く  光は弱くても卻つて讀み  光を失ひ  光は明らかになり  光に頼りて  光が消えか  光がさし合つてゐた  光に頭から汗の湯気の立つ  光が消えかかっている  光がさし合っていた  光が花と花との間に瞬いている  光がいく  光が彼女達の病室へ一ぱい差し込んでいる  光は鋭く眼を射た  光は山と海とを照らしていたが  光と熱とをわずかに通過せしめる  光を迎えた  光の速度の自乗を乗じた  光が薄らぐとともに  光とで目覚しく見えた  光を投げたが  光きえ涼しき風の川下ゆ吹く  光をはなちて去りぬ  光が塵煙を白っぽくし  光がこぼれぬ  光がさしても起されぬくらい眠りこけている  光がさしこみ  光を出してはいない  光がまだ届かない  光は向う側の壁まではとうてい届かなかった  光を入れているが  光を吹き消し  光で読んでいた  光をさえぎった  光なんてささない  光が耐えられないので  光を絵のほかの部分の上にかすめさせると  光でも投げかける  光の中にはっきりと見た  光にはないような自然らしさと落着きとをもって  光で刃を調べた  光で地を這って行くと  光の虹が私には見えてくる  光に透かしては  光がぶつかった  光を蔽うたので  光がしめった  光であたりを探してみると  光も消えて  光の差さぬ  光から隠す  光を嫌う  光から背かせる  光でほんの一瞬間ではあったが  光の動く  光でそれを検べると  光して依り来る  光を漏して居る  光を發見する  光が無いとすれば  光を漏らしている  光を発見する  光と影のことに就いて  光で煌き出す  光が薄くなツたやうに思はれる  光で其處らが薄月夜のやうに明いので  光が微紅く帆を染めていた  光が見えている  光の射さない  光がきらりと光って  光の工合であろうか舟の周囲は強い電燈を点けた  光を奥深く見せていた  光が眼の前を流れて  光の中に女の顔が浮いていた  光が薄赤く帆を染めてゐた  光が見えてゐる  光がきらりと光つて電燈がぱつと点いた  光の工合であらうか  光を奥深く見せてゐた  光の中に女の顔が浮いてゐた  光と影とを帶びて兩側の車窓に眺められた  光が物凄く輝き出した  光はまっすぐに四方に発射し  光はまつ  光のちがいがある  光のまたたきは  光を見てとれる  光がさしこんできていた  光が浅緑をつけたばかりの  光はその塀に打った  光に彩られていた  光にぼやけて見えた  光の燃えついている  光は木立に遮られて  光が朦朧としていた  光の下を溶溶として流れた  光がその簷にあった  光を置いて  光が明るく雨や霧ににじんで見える  光と町の鈍い軒燈の混りあった  光に羽根を光らせながら  光と微風との幸福に浴していた  光はとうに薄れて  光を堰いた  光を全身に浴びて  光を得て  光に映って見えた  光が照り渡った  光も宿すべく  光はいつ  光と呼んだと思ふが  光は良縁があつて結婚する  光つたりするが  光がただよって  光は五十を越して  光に際立って  光の消えて行く  光に掻き消され  光にも一向気のつかない  光が蒼く澄んで  光は段々冴えて来た  光の強いために立続く  光を見ねばならぬ  光は一ぱいに詰っている  光をば何という事なく悲しく感じながら  光も全く消えてしまった  光を外に女房共がせっせと内職している  光の冴えて見える  光もさしてゐます  光にけおされて  光をぼんやりうけながら  光がさせば  光がしずかに眠っている  光でかすかに照らされる  光で彼等の衣類戸棚を檢査し始めるであらう  光は彼が曾てゆめみた  光はアルダナの心に飛び入って  光が彼の髪を火でそめた  光もて死と一つ穴にやどる  光よイオナの島のむろに祈る  光に眠っていた  光の潮を敷いていた  光に青くも浅黄にも光っている  光は月の火のようにふしぎに輝いていた  光のなかに動いている  光のなかに泳いだ  光のそよぐ  光を持っていた  光が顔にあたってモリイシャは起き上がった  光が樹から出る  光にあちこち跳ねながら  光の消えたる  光の中に絶えず板壁の羽目が現われて  光がちょうどあの辺まで届くので  光をともした  光が増すと共に  

~ 光[名詞]1
形は見えないが光は  蝋燭の光の  日の光は  陽の光の  日の光が  星の光が  救いの光に  結果救いの光に  力と光とが  力や光は  力や光などは  鯱鉾に光を  朝の光の  カンテラの光を  白日の光の  月の光に  月の光は  月の光を  石火の光と  銀色の光を  日の光に  月の光が  残りの光が  眼の光を  淺ましい光は  輕くお光の  夜は光の  太陽の光を  ピカツと光  永遠の光を  鱗の光  鱗の光の  星の光のみ  底に光  もの久方の光に  一道の光が  日の光の  燈火の光と  提灯の光が  黄金の光の  名のごとく光が  親友をして光  反射の光と共に  ろうそくの光でも  ガスの光でも  火の光が  朝日の光が  透明な光が  ような光が  誠忠の光を  赫耀たる光を  燦然たる光を  灯の光が  面が光の  ぐひなき凄惨の光を  稲妻の光に  朝日の光を  あけぼのの光も  新年の光を  瓦だけの光を  緑や光の  囚徒らのうへに光を  ひとつの光が  むらさきの光を  三面鏡に包まれた光の  ように光を  陽の光が  一瞬間に光を  暁の光が  燈の光が  電燈の光に  雪の光を  日の本の光より  肝心の光に  腕釧の光が  腕釧の光で  腕釧の光を  幾つかの光によって  この世の光を  月の光の  一切が光  昼の光の  内在する光に  静平な光に  やうな光が  全体から光の  不変なる光  朝の光を  太陽の光の  星の光に  昼も光の  一筋の光も  電燈の光を  日の光を  恒星の光が  電磁気や光より  電磁気や光に関する  異様な光が  太陽の光に  磧で光  晩背戸へ出て来て光  星の光を  電灯の光に  一条の光の  滑らかな光を  白ぼけた光が  豊かな光の  夜空を燃している光の  音と光  音と光に  さが光の  月の光とで  太陽の光が  陽の光を  電燈の光が  ダイヤルの光を  特別の光も  目の光を  懐中電灯の光を  解決の光も  色彩も光も  街燈の光が  かすかな光の  朝の光と  日の光で  隙間から光が  月の光  憂鬱な光を  灯の光に  置ラムプの光の  ラムプの光が  夜明けの光が  やうな光を  尖端に光を  急に光を  空の光に  三角の光に  自然的な光によって  運動や光の  とき自然的な光によって  自然的な光を  残虐な光の  風や光の  あらしあらししだれやなぎに光  それだのに病める光の  ゑしよん純銀霜月の光に  表にして光を  行燈の光に  星の光は  星の光で  炬火の光を  火の光を  火の光に  日輪の光を  星の光も  日の光  愛の光は  世界の光が  真理の光に  信仰の光に  ほうから照らしてくださっている光に  熱と光との  葉ごとに光を  電灯の光が  紫色の光が  電灯の光の  異様な光を  ぼんやりした光を  マスクを光の  紫の光が  ような光を  #月の光を  虹の光の  日の光など  華やかな光が  憎悪の光を  入り口へ光が  ボッと光が  眼の光に  金剛石の光を  眞向に光が  惡い光を  ランプの光で  搖めく光を  火事の光を  斜面に光を  月が光を  映写された光と  スクリーンに映り続ける光と  影と光を  比較しようとしても光の  集団であって光の  ランプの光も  如何に光が  金の光を  春の光を  眼から光を  隈から光を  赫奕と光が  歴々と光を  五六寸ばかりの光が  春さへられぬ光も  月樣の光で  一縷の光が  目にやはらかな光が  青空の光を  黝ずんだ光を  神の光に  カーテンを洩るる光の  世の光  おぼろな光の  日の光をも  電燈の光の  おんたまものの光は  気をつけて光を  日さまの光を  電灯の光で  貪慾な光を  ガス燈の光が  窓にも光は  ガス灯の光が  庭さき月の光は  風は光を  鋼鉄の光に  ネオンサインが光の  スパークする光  陽の光と  部屋は生きた光を  つて電灯の光が  葉蔭を漏れる光が  金色の光が  電燈の光は  スタンドの光に  不思議な光を  不知火の光を  電気灯の光ばかりに  灯火の光を  まともに浴びたる如く光を  袖の光を  日さまの光が  眼底異様な光を  鉄格子から流れこむ光に  行燈の光を  孔雀色の光に  短檠の光を  横に光を  日の光とが  火の光で  さが光を  速力は光の  ニュートンが光の  輝しい光を  燦然として光を  前方には光が  色電球の光に  き知慧の光と  新たな光の  復活体を着せられて光の  からの光と  太陽の光は  ヘッドライトの光を  何十年ぶりかで光を  柔らかな光を  月の光で  しずかな光さえ  時に発する光  月の光などに  時の光の  一筋の光が  鳶口の光ばかりに  剣の光を  銀磨きの光を  涙の光では  一道の光を  ヌーと光を  小太刀の光と共に  小太刀の光を  灰色の光が  眼の光が  春の光が  艶な光を  感情的な光を  白毫の光が  信国の光を  剣の光は  黎明の光の  つぶつぶに光  さかたの光の  空に光  カンテラの光の  ネオンサインの光と共に  星の光の  熱と光に  電燈の光  灯の光も  静かな光が  乳色の光を  眞珠の光を  乳色の光と  ただお日さまの光ばかり  夕月の光の  眼の光  波の光を  はじめの光  自己の光より  淡紅の光の  寶石の光の  はての光を  冠の光を  背中の光の  発火すると光が  速度は光の  云つても光の  音と光の  音と光とが  のは光と  顔に光を  上に映す光の  地球に光と  新星の光が  戸外には光も  五色の光が  眼の光にも  街灯の光で  一点の光が  ため星辰の光が  紅の光を  水色の光を  水色の光と  星の光  燈火の光が  ランプの光は  懐中電燈の光  懐中電燈の光で  懐中電燈の光を  真青な光を  揶揄的な光が  立体的な光の  ランプの光が  燈臺の光  折折雲と光とに  暖い光と  一波の光も  妖魅めいた光を  金紋の光へ  抜刀の光を  匂いと光が  摩擦されて光を  夕陽の光も  金の光  幸福らしい光は  夜の光が  一定の動かない光を  希望の光が  微かな光の  弥陀の光に  夕照の光だけが  暁天の光を  一つ星の光が  色の光を  色も光も  日さまの光の  燦爛と光を  星が光を  舟ばたの光を  日の光も  角度から光を  母性愛の光  文学は光を  希望の光  一道の光  火の光  ランプの光の  やうな光に  やうな光の  ひとつ冷酷な光を  ような光  怪獣の光  昨夜変な光を  燐の光に  ような光に  春陽の光が  陽の光も  薔薇色の光を  燈火の光に  非難の光が  青色の光が  今は光さえ  真昼の光で  陽の光とが  火事の光は  蝋燭の光に  菫色の光を  月の光もさ  朝日の光は  それが光  落日の光に  焚火は光も  紙燭の光に  栄誉に光を  下から光が  何か光を  火の光も  生憎電燈の光が  電灯の光を  理想の光に  一本の光の  印象の光を  月は光を  目蓋を開いて光の  そこは光と  ために光を  世界で光と  中の光に  中の光が  日暮れ前の光の  原子が光を  振動數をもつ光を  振動數をもつた光を  從つて輻射される光の  Kramersと共に光の  香ひの光を  水の光を  暁の光に  ひとりで光でも  月様の光で  夏の光は  文明は光を  黄金色に光  燈の光は  これは光の  其処から光が  手燭の光が  空には光の  焚火の光の  懐中電灯の光に  蝋燭の光は  薄日の光に  刀の光に  向日葵ハ太陽の光  五色の光を  燈火の光を  灯の光を  文章に光を  中から出てくる光  差し入る光は  眼の光とともに  眼の光で  一条の光が  ぼんやりと光の  黄金色の光を  前途の光の  月さまの光が  雲を光の  慈悲の光ぞ  怨みの光を  星夜の光に  雲とまがう光の  太陽の光も  銀色に光を  照燈の光が  底の光の  天道さまの光の  夢の光の  様な光が  其眼の光よりも  妖星の光が  五色の光が  三本の光の  松明の光が  戟の光を  虹のごとき光を  紅の光に  意識の光を  陽の光は  松明の光に  絹の光を  恐怖の光を  激情の光に  清げな光が  さとが光に  空気と光に  明かな光に  通まで光と  間をもれてくる光が  夕日の光が  外の光に  電気の光が  シャンデリヤの光が  葉は光を  暗示の光を  瓦が光  夜明けの光とともに  暗夜に光を  紅の光が  熾熱燈の光の  太陽の光で  月の光も  燈明の光で  愛の光に  ランプの光から  瞬時の光が  ランプから射す光の  これというほどの光は  眼と光との  移り動く光の  彼女を光の  自由の光  彼から光を  彼に光を  一条の光に  ランプの光を  笑いを含んだ光を  火把の光と  輝かな光を  真紅の光を  稲妻の光を  天日の光も  希望の光を  想像力の光を  ものに光が  ための光も  点に光を  今後正面きって光を  月さまの光で  石油ランプの光に  石油ランプの光を  電燈の光と  瓦斯の光は  びの光を  窓の光は  やうに光に  いのちは光を  食慾は光に  寝顔に光が  うちまで光で  日さまの光で  日さまの光に  夕陽の光が  焚火の光が  日の光すら  松火の光に  明けの光の  旭日の光が  一歩一歩燦爛と光を  暁の光の  熱と光を  朧げな光と  薄日の光を  花びらに光  月の光まで  不純の光なり  虻一つ昼の光に  砂さへも光と  四角な光は  秋の光で  明にて光を  反射する光の  夕日の光も  薄日の光が  照灯の光に  中で光に  目の光で  燭火の光が  燭の光を  荘厳の光の  以上は光も  円な光に  火の光の  瞳孔に光が  意味の光を  桃色の光を  水面に光を  ふしぎな光を  懐中電灯の光で  何の光  桃色の光が  巨大な光と  すもも色の光を  ぼんやりと光を  モロー彗星の光は  宇宙に光の  桃色の光の  天井からさしこんで来た光が  モロー彗星の光が  金属的な光を  モロー彗星の光の  どこから光が  響とも光とも  空の光が  味のある光を  曙の光を  曙の光も  曙の光が  幽かに光が  静かな光さえ  僅かな光を  僅かな光も  青空と光を  風と光の  国際主義の光の  色や光や  観念に光を  知恵の光を  青の光を  透明な光を  ことの出来ない光  かたちの光が  ポーッと光が  そこから入る光が  ボヤボヤの光が  今まであった光が  欄間の光の  陽の光  欄間に光が  みんな此の光の  天日の光を  太陽は光を  提灯の光で  糸蝋燭の光が  牧場に光を  微笑の光が  頭髪を光から  内からの光に  如く日の光を  陽の光に  歩道へ光を  密集して光の  後頭部に光  最初の光を  最後の光を  ギロリと光  後姿から光が  二本の光が  二本の光は  全身が光の  藝術の光を  太陽の光と  月の光じゃ  地球の光という  急に光の  下だけに光の  ものには光が  神の光の  名残の光の  燈台の光は  夕日の光に  燦然たる光は  魂には澄みわたった光が  清らかな光が  箱は光  外の光が  それは光と  利智走った光が  夕の光を  勾玉状に光  きららかな光が  さんさんと光を  白日の光を  蛍の光を  螢の光を  答ふる光も  答うる光も  白日の光が  曙の光は  靜かな光が  野生的東洋に光を  一条の光は  灯籠の光で  ルウム・ライトの光の  弧光燈の光を  円盤が光に  のは光の  眼が窪んで光が  火事の光で  龕の光が  一時に光を  璧の光を  人文の光を  清義烈の光を  龕燈の光  蝋燭の光が  燈の光  龕燈の光で  野獣的の光を  網行燈の光に  体へ光の  龕燈の光など  月との光の  琥珀色の光を  月の光にも  ような光の  龕燈の光に  スタンドの光を  一定の光の  明るみの光に  夕燒の光は  世界は光も  實の光を  三尺幅の光の  諺に光は  マコを握って光に  ホタルの光は  明け方の光が  其現に放つべき光は  清らかな光との  清淨の光を  物の光を  何の光をも  來る光  者に光と  文章は光を  龕灯の光が  灯明の光しか  真昼の光に  赤味がかった光の  アーク灯の光の  これに光を  睫毛に光  協力の光が  落着いた光を  瓦斯の光に  照すは光の  影が光との  我に光を  自然の光と  精神の光と  内に光が  #充溢せる光に  自然の光が  #逡巡せる光に  衷にあるだけの光を  體の光に  不思議な光の  トークォイスの光の  ワイナハトバウムの光が  白銀色の光が  カーバイト灯の光の  日の光との  金色の光を  絶対に光を  中に光の  理想の光によって  闇と光とが  われわれを光に  静かな光を  奇怪な光の  満月の光  透明な光に  軒灯の光を  私たちを光の  感傷は光  生命は光  藝術は光  人間にある光は  金屬にある光は  #鳥にある光は  我我は光を  盲目は光を  ものは光  螢の光は  パツシヨンは光  一刹那の光  心靈は光を  ひとつの光を  心は光に  緩やかな光が  色硝子の光に  国の光として  歴史の光に  家庭の光を  個々電燈の光を  らる光が  銀色に光  燈火の光の  空の光で  行燈の光で  白昼の光の  ランプの光に  光弾の光でも  光弾の光とが  光弾の光に  炉火の光で  蝋燭の光を  黄ろい光の  カンテラの光が  足元に光が  文化の光を  煌々たる光が  活動の光で  日の光にずつと  一種の光が  燈が光を  背に負った光を  洞窟に光は  青金で光の  流星のごとき光を  軒燈の光が  不気味な光が  日の光と  日の光をなんて  さで光の  目の光の  微妙な光が  日中の光は  冷やかな光が  空の光を  金歯の光を  和らかな電燈の光の  うちに光は  如何に光に  影響による光が  調子や光の  明所の光の  それより光が  反射の光が  無数の光の  理由による光の  正面に光が  青色の光を  太陽光線によって光と  電燈に輝かせつつ光と  煌々と光を  陰気な光が  月さまの光に  クリーム色に光を  月さまの光の  将軍家から光の  のち名を光  命を光  奉公を光  それよりは生きていて光  答を光  様子を光  創が癒えて光  近習は光  静かな光の  瓦斯燈の光が  そこに繰りひろげられる光の  構成する光の  前方に光が  空に光を  懐中電燈の光に  部屋の光の  アーク燈の光が  夕陽の光の  夕空の光に  ぼんやりした光が  ぼんやりした光の  萬世の光  ぼうとした光が  ぼうとした光の  叡智の光  不思議な光と  朧げな光の  篝火の光の  黄昏の光の  やうな光は  醒た光の  蛍の光の  絹シェードの光  神秘な光  桃色の光に  雪の光に  した電燈の光を  街路の光までが  戸外の光を  焚火の光で  黄金の光を  燐光様の光を  紫色の光を  燈の光なども  おぼろげな光の  残月の光とで  左から来る光に  意地悪そうな光を  陰影と光が  電燈の光で  一種凄惨な光が  二本の光の  柔和な光を  明白な光の  一種果敢な光が  手提電燈の光の  新月の光を  何の光によって  後ろの光と  冷凉たる光を  街燈の光も  冷酷な光を  新月の光に  手提ランプの光を  七色の光に  燃上る光と  #月の光に  の業を棄てて光の  白銀の光を  空は光を  眼の光も  金色の光の  色が光と  夕日の光を  夕ぐれの光が  熱と光が  コバルト硝子の光の  あたしの光で  あたしあたしの光で  あなたの光が  懐中電燈の光すら  ぢの光は  東雲の光が  曉の光の  電気燈の光が  将軍星として光を  瞋眼から光を  室内灯の光に  朝日の光では  朝日の光の  瞳の光が  夜明けの光の  瓦斯の光を  執拗な光とを  一点白玉の光が  群をなしてとんで来る光が  立派な光を  黄いろな光を  眼の光だけは  色や光を  尊大さで光  それが光の  空の光の  角度で光を  燐光に類した光を  目玉の光には  色と光が  眼玉の光には  銀の光を  入日の光が  火の光は  ものが見えたが光が  みどり色の光の  金歯の光が  間から流れ込んだ光が  真夏の光が  西洋の光の  呼応する光に  麗かな光に  春の光に  銀の光が  穴から出ている光  霧も光も  道化うた月の光の  沖で光  理智の光を  変月の光の  善逝の示された光の  正義に光と  日の光とに  細やかな光が  純な光が  秋の光を  病的な光が  朝日の光に  水の光が  色と光  シルエットに区切られた光の  エンスイ形の光に  ローソクの光の  ローソクの光を  ミサカエの光を  方から光が  響きと光とに  夜灯の青ざめた光の  昼の光とが  #日の光が  明るみと光の  人格の光を  火の光に対する  七色の光から  綾の光といふ  来迎の光だの  七綾の光が  薔薇色の光が  松火の光で  蛍の光か  何んの光  そこから光が  松火の光を  黄金の光が  朝の光に  漂白性の光は  滅多に光は  一瞬エメラルド色の光を  やうに光  朝の光が  透明な光は  うららかな光が  街燈の光の  夕映の光を  行燈の光の  ものの光も  驕慢な光を  焔が光の  そこからさし込む光で  向こうには光の  ひとみの光を  insolentな光を  灯の光の  灯の光で  動揺につれて光の  影と光の  目の光は  瞳孔は光に対して  木村を黙らせるだけの光が  火で焼いても光は  しょぼしょぼした光の  蛍の光は  柔かな光を  昼の光と共に  君は光  愛の光の  穏かな光が  夕陽の光に  太陽の光  ために光が  さと光の  自分にとって光  蝋燭の光も  そうに話しかける光が  門燈の光で  天は光を  電燈の光との  異様の光が  新らしい光が  健かな光を  魂に光を  皷舞する光を  薄紫に光を  蜜柑色の光を  火ににた光を  聖マイケルはみなぎる光の  輪郭は秋めいた光の  灯台の光を  常磐樹の光も  羽搏の光を  無数の光が  助は光を  猛烈な光で  爽やかな光が  そとから忍び込む光が  玲瓏たる光では  まともに受けた光の  部屋に吊りさげられてあって光は  暁の光を  洋燈の光が  夏の光の  欲望の光を  天井に映る光と  健やかな光に  月様の光に  ランプの光にも  燈明の光が  あたりから射してくる光とも  どよめきは光と共に  地にみつ光なりや  冬の光に  眼の光の  内に光を  晝の光の  中に光  春の光は  葦燈台の光を  緑の光が  燈台の光を  塔は光に  新月の光が  かすかに光が  電灯の光は  お互いに光を  目の光にさえ  街灯の光も  電灯の光も  偶然灯の光を  街灯の光の  かすかな光に  風呂敷を通して来る光で  熱も光も  緑の光の  栄たれ光  雪は光を  けいけいたる光を  焔の光に  真昼の光の  なかに光の  聖い光を  眞赤に溶けた光を  新鮮な光と  色と光と  情けの光を  眼が疲れて光が  目の光が  狡猾な光を  空想的な光を  銀の光  生命の光も  雅典の光  七星の光  燦爛の光に  剣戟の光  何か光に  日に光  慈悲の光を  眼が光  特殊な光を  終日陽の光を  瞳子には生きた光が  絹の光が  うららかな日の光が  正当な光に  一つの光が  星の光と共に  陽の光さえ  月の光をも  涙が光  鍾めたるかと覚しきばかりの光を  新たな光が  一面の光の  順当な光で  春の光の  隙から光が  併し光は  盲いた光  提灯の光を  かすかな光にも  内的生活だけでも光  海の光を  残酷な光に  うして光に  マグネシウムの光で  入り日の光の  非常な光を  熱と光とを  熱と光とは  表面に射下す光と  中の光とも  夜の光に  夜の光は  我制統に光を  角燈の光を  角燈の光に  時になって光を  ヤミに向って光を  懐中電燈の光の  警官は光を  つた朝日の光が  空の光にも  ガスの光が  ようなちろちろした光が  電気現象や光の  #提燈の光との  電気の光を  ヒューマニティーの光を  軒灯の光の  人々も光を  顔色は光を  清らかな光は  地上へ映しながら光と  色々の光で  桔梗色に光を  妙に澄んだ光が  中に光が  中天に光を  曙の光に  皇国の光を  必死な光を  和やかな光が  一種の光を  音は光の  音と光との  本体が放つ光  本体的な光は  かすかな光が  世界は光の  かすかな光を  構内照明燈の光に  たしかに光が  足なみのゆれと光の  真率な光に  燭の光が  燭の光の  卞王と光を  提灯の光の  行灯の光に  夕月の光で  力のある光が  二階に光を  玉の光が  ネオンの光に  転機の光が  文化の光にも  世の光も  露の光が  燈心の光に  ことヴュランダの光に  かぎりさまざまな光の  さまざまな光の  連続した光の  窓からの光が  窓から入って来る光を  夏の光が  昼間の光で  巻柱の光を  真白な光で  鹿子が見た光という  人智の光が  洋燈の光は  六月の光は  町の光の  五色の光の  うちに光の  斑らな光を  お日様の光が  音や光は  途中街燈の光が  色や光の  水の光は  シャンデリアの光の  シャンデリアの光が  ランプの光  光源から光が  ちょうちんの光に  紫色の光の  日の本の光と共に  懐中電灯の光が  針ほどな光にしか  眼の光は  艶も光も  輝しく光  螢の光の  釣洋燈の光は  陽の光で  文化的な光と  眼の光から  秋の光が  眼にも劣らない光を  半円を描いた光は  水面に落ちて光  窓洩る光  窓より落つる光の  日よ光  國の光の  灯火の光に  霊妙な光で  洋燈の光に  冬の光は  いまアムバアの光の  時代が崩れる光の  色合の光と  街灯の光を  ひとみの光が  最後の光が  からだをなぐさめる光を  ばら色の光が  金色にかがやく光が  一日じゅう日の光が  蒼然たる光を  ヤレ月の光が  夜店と光と  玉でも磨かざれば光  瞳も光を  仄な光  煙をはき光を  ヘッドライトの光に  間ランプの光が  交錯する光の  三日月の光によっても  手提電灯の光で  内部の光が  仄かな光の  格子から光の  瓦斯の光の  文化の光に  昼の光を  昼の光  自然の光に  雪の光で  土曜日であるから光と  月の光によって  眼先に光  もの月の光が  ろうそくの光が  ろうそくの光と  黄なる光の  天蝎宮の光だに  裏ゆ金覆輪に噴きいづる光の  肋のにほひ光  光線の光の  ほのかなる光の  末広に光  樹間を洩れる光によって  窓の光に  瞬間的の光では  持続する光が  妙な光を  眼ばかり光から  眞晝の光  時代の光を  希望の光も  月の光ばかりを  居城として光  山中に光と  氷の光を  暁の光は  緑の光を  風も光も  陽の光ばかりは  海中の光も  忠勇の光に  中に浮き上がった光の  異らぬ光を  光明氏も光が  私も光が  靜かに光を  燈籠の光は  名刀の光は  冷やかな光で  燈籠の光も  晩年の光を  渾然として光を  暁の光で  春昼の光に  非常に光の  春昼の光を  日盛りの光の  ライトの光を  籠行燈の光が  ライトの光に  ライトの光の  強烈な光に  それも光を  変電燈の光に  紙屑は光の  行燈の光  燭台の光で  洋灯の光は  舞扇が光  青の光の  茫とした光が  憎悪の光が  シャンドリエの光が  なかが光と  聖らかな光が  レンブラントを光の  一篇を光の  玻璃色の光を  闇夜に光とは  夜明の光に  燈の光で  白刃の光を  月があっても光が  雪洞の光を  妖精じみた光  月の光から  ようにも光が  露が光を  日の光ばかり  針の光も  裸蝋燭の光が  人影だが光の  火事の光に  風に吹かれて光を  雪の光は  美くしい光が  燈の光の  すきから漏れる光の  刃の光に  雪洞の光に  花が光の  眼の光こそ  解剖室から洩れてくる光  煌々たる光に  薙刀の光が  久方の光が  こうもりが光を  秋の光の  手燭の光で  外の光を  ロウソクの光が  行燈の光が  小田原提灯の光の  ような張りきった光が  雪洞の光も  裸蝋燭の光で  蝋燭の光で  顔は黄ばんだ光に  時刻の光は  一条の黄ばんだ光が  さわやかな光が  んと光を  金貨らしい光  希望の光は  充分の光  屋根から光が  行燈の光まで  提灯の光に  たよりない光を  上に光を  方一尺くらいの光の  三角点から光の  朝の光にも  知識の光や  世の光に  下からの光の  夕焼の光の  日輪の光と  中には光が  東の光  行燈の光は  洋燈の光の  心の光に  若葉の光が  四日月の光が  壁付灯の光に  電気燈の光を  提灯の光は  充分に光が  五体より光を  いま赫耀燦爛たる光に  黄金色の光ばかりが  金の光は  光は光のうへに  光は光に  数知れず光に  金色の光に  言語そのものに光は  肉眼に光を  ことによって光が  刀の光と  間から投げられた光を  一切の光が  月の光という  西洋蝋燭の光と  たる木より光を  夜中蛍のごとき光を  酸素に触れて光を  水素に合して光を  ローソクの光が  ロウソクの光に  光という光を  ロウソクの光を  懷中電燈の光を  懷中電燈の光の  ホントの光が  夕陽の光で  石だけの光が  石だけの光を  面輪に光が  適処適処に光を  窓からはいる光が  障子に光を  翡翠の光を  佗びしいランプの光  笑の光が  真赤な光では  月上りかかれど光  不思議な光が  不敵な光が  一筋の光の  血しぶきが光を  槍の光が  一すじの光を  人の光  力と光に  海底で光を  真珠色の光を  ものでは光を  肉を通して光を  作用で光を  人工的の光では  赤の光で  窓障子へ光の  金の光が  一定度以上の光を  物質に光を  熱情の光を  心鏡の光を  北斗星の光を  金の光と  今様源氏の光の  焚火の光を  急に光が  はりて光の  中に光を  匂來ると見て光は  男神は光と  先に行きし光は  我から光を  天の光が  夕陽の光を  紅の光の  沒れぬ光は  もの白日の光  煙のみ光  天なる光の  沼に光の  鹹の光も  月代の光  髮に光を  北の光の  春の光  野に立てば光を  北の光を  流れ星暮るれば出て光  秋は光の  觸れて裂かれたり光  ものは光かな  鼠がかった光が  そこに入りまじった光と  冬の光を  生々と光を  自分の光を  ような光しか  皆冷やかな光の  そうな光が  剣の光も  文化の光も  理性の光を  かすかな光で  花電燈の光を  パツとした光の  霊魂の光が  一条の光さえも  風呂行燈の光で  一団の光を  眼前に光を  黄金の光さえ  日の光という  新らしい光に  のどかな光に  そは光  白刃の光が  天才の光  満月の光を  夜明の光で  一番星の光を  周囲の光から  春陽の光に  白燈の光の  明け方の光の  眼前を尖光の  現実の光から  の電燈の光が  星の光だけは  わづかの光の  金の光という  燈の光を  人間が光を  矢の光が  雪が光  内なる光は  にぎやかな光の  年代の光の  海の光へ  匂か光かを  お腹が光  残雪の光も  一縷の光を  葉が光を  緑の光と  空から注ぎかける光を  海の光で  眼のすんだ光が  提灯の光でも  電気燈の光でも  松明の光でも  雪の光  やうな光や  白昼夏の光の  やうに潤んだ光を  此の光は  薄闇い光が  ピンセツトが光  鶏卵色に光を  日の出とともに光が  真夏の光の  力と光とを  薄ら日の光を  まっさおな光が  心の光が  瞳の光に  反撥的な光を  兵士も光も  真空という光を  孔雀がはねをひろげたりとじたりする光の  藍色の光が  溌剌たる光が  露の光を  人が光を  赫々たる光に  眞空といふ光を  下には光も  画面全体には光も  画と違って光や  一筋の光を  眼球も動かず光も  反射の光を  火の光とも  ような光は  ような青ざめた光の  樺色に似た光は  かすかな光は  何の光も  真っ赤な光を  色と光との  土を見限って光の  仄かな光に  赫々の光を  猜疑めいた光が  金爛の光が  それぞれに異なる光を  曙の光の  瓦斯灯の光の  旭日の光  #太陽の光でも  斜な光を  左から光が  すべては光  日さまの光は  ような光と  真実の光に  手さげ電灯の光が  真青の光を  如くに光を  静かなる光  台所に光を  阿弥陀様の光  家の光という  書物を読むだけの光が  家の光の  家の光が  やうに光が  日の光にも  螢の光  長刀の光を  親の光という  豆ランプの光が  青やかな光は  宗吾と光  無気味な光を  自分の光で  やみに光  あたりの光が  物を見る光を  胴に光  星の光さえ  月の光や  色が光を  反射鏡の光を  絹帽子の光が  計て光を  我は勉めずして光を  主の光を  タールの光も  鳥居が光を  座の光を  明星の光を  なかの光は  ピカッと光  言つたお光の  不安定な光に  松明の光の  明月の光を  無邪気な光を  異様の光に  まなこは光  曉の光に  唐犬びたいをうららかな日の光に  空間を光と  出の光が  夜光虫の光に  食堂の光が  夜光虫の光と  外に光が  フツト・ライトの光を  日月と光を  華やかな光とが  電燈の光までが  ところにて光を  色と光を  遠火の光に  尻の光じゃ  照空灯の光が  沖した光の  照空灯の光の  ように光の  星の光では  白赤の光が  硝子天井から洩れていた光が  青味を帯びた光が  そうな光を  前に光  他人の生きてゆく光とも  街灯の光に  目の光も  目に見えない光を  一つの光に  それ自身の光という  ペンキの光が  緑色の光が  街灯の光だけ  怪しげな光を  芥火の光を  芥火の光に  うららかな日の光を  爛壊の光  盲ひつつ聾したる光の  炎上の光  ソプラノの沈みゆく光の  銀色の光の  朱の光  玻璃に蒸す光の  暖かみのある光を  畑の光の  窓の光の  灯が光を  初夏の光が  空気に光も  至純な光で  汝こそ光を  他の光を  一は光の  反射された光では  多くの光を  冷却して光を  期間灼熱して光を  蛍光様の光を  黄色の光を  太陽黒点上の光が  太陽黒点の光を  太陽光面の光を  光面の光を  ベテルギュースの光を  生命の光を  気層を光が  変光星の光の  二つの光を  赤味がかった光を  宇宙殿堂の光と  灼熱による光は  黄金の光に  水の上に流れる光が  物の光という  草双紙が光を  燈明の光に  通しの光が  それを光と  提灯の光も  これが光の  正確なる光の  金色の光  残り火の光が  真昼の光を  それの光を  つてしめやかな光を  残りの光に  吾人に光と  眼は光の  さの光が  健康の光の  夕暮れの光さえ  顔も光を  祈祷十字架聖灯の光で  燐の光が  仄かの光に  真昼の光が  眼は光を  ためには光  科学の光で  松明の光で  火事の光も  火事の光が  ラムプの光は  昼の光は  自然に作り出される光の  燈火の光も  雪片は暮れ残った光の  鮮明な光を  灯は光  落日にいろどられて光を  電球が光を  心は光を  神燈の光へ  微かな光を  影と光との  天井に踊る光の  終焉の光  一条の光が  鋼鉄の光の  燦爛たる光に  宗教の光で  月よみの光は  文雅との光  挑戦的な光を  渡つた一面の光  黎明の光に  薔薇色の光の  巨大な光が  夕の光は  僅かしか光が  ところにくると光に  植物は光を  奥は光も  近く庭坂の光が  波から来る光の  かたちも見えず光の  明け方の光で  風と光との  灯明の光が  白日の如き光に  砂漠で夢見た光の  やうで光にからか  艶に光を  黄金いろの光が  さまざまのいろの光の  反逆の光を  様々な光を  空気も光も  眼は光に  名残りの光を  乳色の光の  眼つきに光を  おのれの隠れた光の  日の光とは  朧ろに光が  心から光と  希望の光に  底に光を  神秘な光に  薄暮の光を  行灯の光が  手提電灯の光が  探照灯の光の  そこに閃く光が  蛍の光でも  電気燈の光に  眼に光  電が光  未来の光の  ネオンの光の  曉の光を  眼鏡の光を  脇差の光が  月様の光を  月星などの光  水が光の  翡翠は光の  夜の光を  金糸の光に  朧な光の  朝の光と共に  所謂繪具の光といふ  日の光といふ  解脱の光が  行爲に光を  部屋から光が  黄に照り輝く光の  東明の光が  春の光と  クララの光の  アグネスの光の  炬火の光に  白熱の光を  星の光まで  玉磨かざれば光  銀蛇の光を  秘な光に  ランプの青ざめた光の  大量の光と  物佗しい光を  室中に光が  頭上の光を  幽霊から発する光の  頭の光が  ただの光  ところの光の  方へと光を  一種異様の光を  白の光が  火の光という  月の光さえも  斜めに来る光が  門燈の光の  電燈の光も  愛と光に  なにものも見のがさぬさえた光を  夕暮れ方の光を  月の光には  出口からの光で  月の光と  金と光との  朝陽の光が  朝陽の光に  一閃の光に  暫時の光を  密雲は光を  佗しい光や  うちの光の  角燈の光が  真実の光の  葉から来る光の  悪意の光を  ほのかな光が  露の光すらも  情熱の光を  しずくの光が  つて近代醫學の光を  不朽の光を  闇と光の  恐怖の光が  幻燈の光が  硝燈の光まで  様な光は  様な光を  燐燧は光を  慧敏な光が  電気の光に  燈の光に  硝燈の光を  知性の光が  時は光を  月の光だけは  それにしては光  人柄の光さえ  色として光として  美として光と  青葉に射し込もっている光を  普通の光  君の光の  それが光と  空間的であって光の  最後に光の  海の光の  冷やかな光を  映画では光の  弧光から発する光で  水に光が  太陽の光との  色は光の  波長の光の  月から来る光が  これに光が  一部分懐中電燈の光で  銀翼が光  上に写し出される光と  旭の光が  一面に光の  銀箭の光に  悽愴な光を  月が冴えた光を  烈日の光に  凄惨な光と  銀鋲の光を  雪の光が  松明の光を  里の光は  強烈な光を  旭の光は  紅燭の光が  其一閃の光に  とっさの光を  先には光を  おのおのの見たという光の  水平な光の  場合には光が  明かり窓の光が  移動する光の  他方へ光が  日さまの光と  鮮やかな光が  目を射る光の  幽かな光に  螢の光ほどの  他の光が  それは光を  眼には光が  線や光  日暮れの光を  ような光で  幾世紀もの光を  其世の光と  眸の光を  洋燈の光で  仄かな光さえ  ようにすき透った光の  黄昏の光を  親の光は  時も光が  一条の光を  早や光の  一種不敵の光が  上を光が  薄暮の光の  上の空が光を  灼熱した光を  間の抜けた光を  上から落ちる光は  かなり離れた光から  つて二階の光が  まっさおの光の  瓦斯の光と  鳶色の光に  熱と光の  ときサツと光が  まなざしの光の  はずの光を  眼ざしの光の  明日の光に  子供だけが光  うちに光を  ような光では  それは光の  一つの光は  土や光に  白日の光にたいする  空気と光とが  数条の光が  霊を浸してる光に  毛皮から光を  物理的説明が光の  存在が光に  これを光の  これが光に  geworfen投げられたる光  entwerfen投げる光  二つの光の  方向の光に  絵画で光の  支配する光が  これらの光を  人々の光と  それらの光が  電気が光の  電気の光も  近代人の光の  #管の光に  電柱は光の  金色の光で  色と光とは  魅力ある光を  青色の光の  宝石の光に  作品にある光と  雲に光を  三日月の光を  不滅の光を  朝日の光との  円行燈の光の  柘榴口からさす濁った光に  燈台の光に  燈台の光でさえ  朝の光で  屋敷へ光が  お金の光には  存在は光  十手の光を  烈日の光を  空の光は  星斗の光に  死の光  初夏の光に  清澄な光を  彼女の映光に  オリヴィエは光にたいする  無言の光は  白日の光に  世の常ならぬ光を  柔らかな光の  一時の光も  夕映えの光で  最初の光は  昼の光が  龕燈の光を  主君の光  幽かな光の  一刹那の光は  柔らかな光が  灯の光と  緑いろの光の  緑いろの光が  玉蟲の光を  教会の光とも  黄金の光  朝日の光  地には光が  何處からか光を  眼瞼に光を  夕月の光  海に光を  舷燈の光  四隅は光  のが光  この世の光に  影と光とが  今までと違った光の  曙の光で  一閃の光によって  ところでは光の  心や光の  内心の光は  灰色の光と  本能の光に  オーソリティの光に  伝統の光の  ヒントの光で  枝の光を  翼の光を  災いの光を  電燈の光でも  鉄の光が  螢の光が  空間の光の  僅かの光の  それの光で  たいまつの光が  シャンデリヤの光と  星が光  洋燈の光のみ  これは光を  特有な光を  固有の光の  燦爛たる光を  ワルハラのごとく光の  中から光の  ために光の  世の中の光や  力は光の  カナリヤが光に  天の光を  街路の光を  知力の光を  あとに光が  不安定な光を  影に浸され光に  一日の光と  それらの光の  粗野な光が  女自身で光を  夜燈の光が  白日の光と  理性の光が  奇怪な光を  中の光  美の放つ光が  平和な光を  日の光や  黎明の光が  毎夜電燈の光で  雪の光も  人が光に  静かな光は  高官らしい光を  雪の光と  上にも光という  御代の光の  源氏の光が  家を照らすだけの光しか  久方の光に  里なれば光をの  篝の光が  何処から来る光か  うららかな光の  そのものが光  異常な光が  ほのかな光は  庭に光の  宅の光までも  他の光によって  空の光やは  あかねさす光は  朝日さす光を  前にこそ光は  上つ世の光を  蒼白の光に  汝の光が  得も言えぬ光を  一面に光を  遠景と光を  麗わしい光は  山腹に流れている光とを  官能で輝いた光を  音楽は光に  空気と光との  そこに当たってる光を  金属性の光を  悲壮な光が  太陽の光から  ローマの光によって  心の光を  意地悪な光が  才知の光の  自分自身から光が  空を満たしてる光の  深淵は光に  はなやかな光が  陰影が落ちて光の  複雑な光を  空を貫く光の  豊かな光を  電燈の光といふ  黄ろな光の  磨き立たる光の  放射される光で  女性が光を  七彩の光を  一種特別な光の  はなやかな光に  それらしい光は  玉虫色の光に  花火の光を  さし入る光も  霧にも紛れぬ光が  はなやかな光を  あの世の光には  夜明けの光で  アーク灯の光も  身体から光を  精悍な光にも  宝石の光の  唯一度日の光に  現実の光が  純白の光を  放電の光が  紫の光を  一八〇〇年には光の  磁気と光との  その間に光を  磁気の光に対する  槍の光を  ものを光によって  燈の光も  ほかには光という  派手に光を  日月の光の  においやかになった光を  星の光などの  洋燈の光を  大幅の光が  赤銅色の光が  裸蝋燭の光を  紗燈の光は  黎明の光を  愁しげな光を  横顔に光を  朝の光とともに  一条の光と  鋭利な光が  鋭利な光の  浮動してる光とが  鯨油ランプの光に  燈下に転ぶ光  靴先は濡れて光  水の如き光は  千變萬化の光を  水の光で  永久に光を  燭台の光も  葉隠れに光が  膏となり光と  眼の光と  軒燈の光で  間に光の  透明になれば光は  吸収されない光の  太陽の光によ  電氣の光で  暖かな光を  中から漏れる光が  日の出の如き光を  さまよふ光が  さまよふ光を  民主主義の光を  出口の光が  水の光より  特別な光も  なんの光も  懐中電灯の光の  水銀灯の光の  東亜之光の  方に光が  階段から光は  手燭の光を  手燭の光に  燈明の光ばかり  測定するには光が  物質が光から  寂然と光  自転車の光で  手が光を  彼らには光が  梁木に光の  幅だけの光を  つた眼が光  竹林坊の光  砂地にやはらかい光を  西に傾いた光が  さうな光を  一閃の光は  電気灯の光が  夜毎清麗なる光を  恵みの光に  煌々たる光は  ものよりも光を  目覺めた光は  羽軟い光は  光つていやな光を  人々の光が  微妙な光や  君の光を  内から光と  ひかりを求めてやまない光の  光明を憧れてやまない光の  來る光の  のだ光  子だ追ひ廻してやまない光の  村人が光  盗人は光  心の光で  それは光が  映写幕に光が  針が光  先が濡れて光  屏障光を  玲瓏たる光を  ところは光を  憤怒の光を  玉を取らば光を  海原を光  見事な光を  文学の光は  思想的な光に  マルクス主義の光の  日神ヘリオスは光と  ローソクの光に  声を起して光を  天体の光に関する  眸の光は  頭上の光へ  びの光さえ  黄ろい光を  名残の光が  稀で光が  色の光が  夜明の光を  松明の光とで  額にたらして光の  盗難用の光や  館に光  青燈の光に  鐵燈籠の光に  日の光だけでも  心斎橋筋の光の  都会的な光の  尾を引いて光の  洞中に光を  立派な光の  螢火ほどの光も  作品に光の  暁の白けた光が  青春の光に  艫に光を  燦々と降る光の  外の光も  爽やかな光を  四角な光が  朝の光は  さへ照りつける嗄れた光が  麗かな光を  自然研究家Witeloは光の  芸術の光  アーク燈の光の  朦朧と光に  感情の光と  つまり光を以て光を  む歌よみて罪せられきと光  ラムプの光を  空氣ラムプの光に  麗はしい光を  次の間の光を  目は光  目が光  人工の光の  所々に光を  銀白色の光を  燦として光を  ごとあたりの光  朝夕の光も  やみを出でては光  明星の光の  酒に泣け光も  ろともに光の  星の光をかぞへ  紅の光には  電影の光の  ばの光の  隙間から洩れる光に  円錐形の光の  ようにして光の  私だけを光の  そこに落ちた光の  普段の光が  矢印の光を  世界で光を  安全燈の光を  私から光と  治癒の光と  変幻の光の  円熟した光を  電気の光の  外の光や  内部からの光の  一月五日夕日の光に  暮の光と  新緑の光に  宝玉の光を  焚火の光  白冷の光を  思想の光に  思想の光といふ  思想の光を  ネオンの光を  硝子玉ほどにも光を  密生し光の  自らを光の  のどかな光が  夕月の光を  ものには光を  底に光が  私に光  あざやかな光を  六つの光が  ひつそりと光を  上から光の  理想の光が  ヘラクレス星群を発した光は  部分から出る光に  銀色の光が  火口の光は  数世紀前の光  朝らしい光を  人工的の光の  太陽の光をさえ  あたりに光と  お日様の光を  星影さやかに光  色々な光を  何處にか光を  きりと光と  雲の光を  雲の光の  かな窓から冴えた光が  波の光の  天上の光に  月の光でも  石油ランプの古ぼけた光の  眼に光が  すべて惱ましき光の  底澄んで光の  兩眼に光  角落付ける光が  宝石の光は  ひとすじの光も  たそがれのあせた光が  太陽の送る光の  尾根ぎわにほのかに月の光を  非常に光を  生きいきした光を  さまざまな光と  薄紫の光が  侮蔑の光が  モノメニアの光が  意志の光  人間ばなれのした光を  過去の光を  學術の光に  龕燈の光が  たいまつの光で  一種異様な光を  月も光を  彼の光を  金色の光をさえ  朝日の光と  黄金の光に対する  翼の光が  昼間の光も  日の光よりも  理想の光を  冷かに澄んだ光の  航空燈の光の  街燈の光に  真正面に光を  サーチライトの光が  金字が光を  夜の光の  この世に光が  い星の光が  南の光を  朧ろに霞んだ光を  蒼褪めた光が  私は光と  星の光までもが  情欲の光  冷酷な光が  非常提灯の光が  歓喜の光が  そは遮られぬ光  ときばかり親しまれる光  ときばかり懐かしめる光  心に染むる光の  それ故にこそ遮られぬ光  ところの光  どこに据え付けたりした光では  絶対の光  真理の光を  昔ニュートンは光を  その後アインスタイン一派は光の  関らず光が  搬ぶと考えると光の  場合は光ほど  各種物質の出す光の  熱や光や  空気が澄んでゐるので光が  空気が澄んでいるので光が  正当な光の  物から来る光の  網膜に光の  浮き世の光を  部分になってしまって光という  海中における光の  光力は光の  焔の光は  手許の光に  手燭の光は  葉越しの光に  一本の光が  電気灯の光で  半分に光が  硝子燈は光を  空気と光は  陽炎という光  朱の光を  日中の光の  眼に光を  神秘の光が  中の光の  新春の光に  谷底の光を  懐中電灯の光では  夕を催す光の  世の光を  大抵街燈の光が  通りに光が  十八万六千マイルを走る光が  二等星と光を  奇妙な光を  神秘な光を  こちらに光を  影や光の  愛の光が  妙なる光を  眼紅に光  何といふ光  清らかな光に  文化の光が  龕灯の光を  星の光などよりも  懐中電灯の光  星の光ほどに  ぼく達へ光をを  其又かげなる光を  目の光  提燈の光を  号外ランプの光に  温かなる光  包むとすれどおのずから身にあふるる光を  月夜ほどの光を  時街燈の光は  中からの光が  目は光を  外へ光を  投射する光に  縞目の光のみが  薄紫の光の  時背後から襲った光の  真赤な光に  水中灯の光を  手提電燈の光に  傾きに光を  色のついた光の  正常の光で  何かの光を  さんさんと降りそそぐ光の  綺麗な光を  落日の光を  螢ほどの光も  線香の光で  窓外の光を  星の光と  紅色の光を  岡辺は光の  小春の光の  程の光を  春らしい光を  探照灯の光が  携帯電灯の光の  懐中電気の光を  裂目をよぎる光の  廻転する光の  燦々たる光の  ところ墓なりと光の  幽かな光を  蝋燭のゆらめく光を  憎しみの冷めたい光が  憎しみの光は  危惧の光を  憎しみの光を  狂暴な光を  鷲掴みにして光の  石ほど光の  つた電燈の光が  やうな光で  眞赤な光が  青やかな光の  窓を越えて光の  部屋に張りつめた光の  花と光が  夕方になり光が  希望の光の  平均した光の  三日月の光が  キルヒホツフが光の  東の光を  快晴の光を  歓喜の光に  ばら色の光を  星影まばらな光の  正直そうな光を  稀れなる光を  音や光の  灯の光は  闇に浮き立つ光の  カンテラの光で  カアバイトの光と  あかつきの光に  身辺には光が  クウフリンの光  銀色の光に  篝火の光は  五月の光は  喉頭に光は  店先から射す光には  太陽様の光が  梅雨あがりの光を  強烈な光の  純潔な光に  彼は光が  仄かな光を  ような探光と  そこに光と  母は光と  名残の光は  何パーセントかを光として  いつまで待っても光を  知性の光を  永久の光の  顔から光を  ひとすじの光が  世界に光の  世界から光と  眼が光に  蝋燭を使って光を  仕事をするには光が  日中の光を  かすかな光しか  ひとときの光を  それをかすめて光を  黄色の光が  それの光に  天井から光が  それの光が  ように光が  ふくよかな光の  ような光でも  不可解な光を  水の光に  一閃の光が  眼の光だけが  表面に光の  紫色の光  五彩の光を  鋭角的な光を  朦朧とした光に  熱である光の  燭台の光の  硫黄色の光の  らんらんとした光を  恋の光を  杯を挙げ光に  夕日の光でも  中に冴えた光は  形をした光の  真剣な光を  水銀灯の光  断続する光が  球の光が  懐中電燈の光が  彼方に光の  風と光とを  至上の光を  正午の光を  反射する光も  朦朧とした光を  目を光の  理想と光との  近代社会科学の光の  煌々たる光を  穏かな光を  黄金色の光の  眼へ光が  何か光が  知慧の光が  世の中の光を  さほどな光は  救いの光が  聡明の光を  喜びの光  喜悦の光を  夜電燈の光を  境で光が  むらが光を  水滴による光の  中へ光が  作用をして光を  圧縮されると光の  従前とはちがった光の  秋の光に  雲の光までが  強烈な光は  平滑な光の  波の光  魚鱗の光が  朝の光  風と光と  文化の光は  空の光と  明々白々な光の  月の光ばかりが  云ふ光の  枝に光の  一時的な光を  街燈の光を  上に光が  まともに光を  声と光に  織目から洩れてくる光に  精神生活の光に  山際に光の  月たけて光を  月の光のみが  夕月夜あたる光に  熱や光を  流れの光を  燈明の光を  らも光の  雪も光の  チュウリップの光の  今は光の  斯んな光の  さっきから光の  銀箔の光を  近く瓏銀の光を  陰鬱な光に  恐怖と光の  陰鬱の光の  まんまろな光  さるになど光  風の光に  外の光の  恐怖と光に  ところから光を  朧ろな光と  音と光と  すべての光と  猜疑の光を  ぐあいで電灯の光が  瓦斯の光で  陽が落ちて光が  あなたの光に  あなたの光は  神鏡の光を  一民である光を  広島上空に閃く光が  ツと思ふと光は  やうに光は  昼の光に  音と光が  ように光は  燈の光より  微かな光さえも  広場には光が  マッチの光に  一すじの光が  ように光に  金色をした光が  片方は光に  そこにも光は  微かな光に  夕月の光が  玉蟲色に光の  月よりも光が  真青な光の  星よ光  持久性のある光の  本来の光が  幾条も光の  ネオンの光や  そこからさす光は  沼は光の  夕暮の光の  柔かな光の  月の光との  それは光でも  其智慧の光を  月の光によ  ほかから光を  朦朧として光を  シャンデリアの光を  ほのかな光の  アーク燈の光に  燦たる光を  指先に光を  急の光に  ぼんやりした光で  照明の光で  黄金色の光が  部屋からの光で  かすかに光の  しとやかな光が  入日の光を  燦と光が  初夏の光の  げな光を  本殿からうすぼんやりと光が  蛍の光  行燈の光さえ  異常な光の  玉虫色の光が  暮方の光の  冷い光の  空気洋燈の光を  寶玉の光を  來の光を  浮薄に打勝つて光を  白日の光よりも  誰にも光と  つて居て光を  臺ランプの光が  間を光が  知慧の光に  社会的な光に  長閑な光に  国の光  ピカリと光  薔薇いろの光が  そとの光は  両者は光と  銀の光に  臆測の光を  一瞬の光を  蒼白なる光を  水銀の光を  今までとちがった光の  感情を語っている光が  のどかな光も  稲妻の光が  節穴からさして来る光の  視野に光が  眼に感ずる光の  真白な光の  外の光で  深紅の光が  反射する光に  心に光を  斜に光を  露に研いて光を  不気味な光を  来臨は光を  憎しみの光が  浮気の光は  塵は光の  物から来る光が  粒が光の  蒼空の光も  ガスによって散らされる光を  常識の光と  我々は光の  パツと光を  日の光とだけに  らな光の  花笑みと光を  明星の光に  風に呼び光に  ほとり森のかげ光  巖を照らすくれなゐは光  星に光をと  おこし愛を布く光  ため染むる光の  ことなる光  エホバもとこしへの光の  我世に許されし光の  誰かしる光  空は光の  花は光に  とき誰か憂ひに閉されて望む光の  爲めの光ぞ  悟の光  天日の光と  殘りの光  づめ得じとはに光の  色染むるかしばしうたかたを旭日の光  月よみの光を  ざらば消えよ光の  はてに光と  劔は光  月變らぬ光  なかに光が  電球の光が  金色にあたたまり溶ける光の  花冠を光の  星は光を  ときは勝った勝ったと光と  瞬時は光の  稲妻は光では  金色をました光の  精神の光が  雪洞の光と  星の光や  しげに光  黄なる光を  銀の光は  音と光を  溝渠の光は  内部に光の  さまざまの光を  斜面の光から  金が光  黄色な光が  畝の光に  午後の光に  銀の光の  陰影と光の  すりと光  遊星の光を  なほ妄執の光を  道理の光  附與せられたる光の  ガスマントルの光を  絵が光のう  電燈の光だけが  調子になつたお光の  希望に光が  ラムプの光で  臺ラムプの光に  あんなに電燈の光を  歴史の光によって  柔い光の  銀燭の光を  ほのかな光を  絹行燈の光の  西日の光に  金との光に  清明な光が  絹行燈の光が  斜めに光が  燈は光の  中から光を  神秘的な光の  太陽の光だけが  こはたがひに光を  叢雲を裂く光と  間の光と  汝の光を  一時の光に  鏡にあたりて光  反映す光に  むるがゆゑに眞の光より  知識の光  暮の光に  死せる光に  己が光の  最後の光は  汝の光  眼窪みて光  一の光の  聖歌は光を  一の光かの  生くる光の  一〇二汝等とこしへの光の  悦びの光を  上にとまれる光  生くるとこしへの光の  九日の光に  焔の光を  南風も消すあたはざる光を  ものにまさりて光を  金星の光  徳の光を  理性の光に  なほ天啓の光に  來る光を  從ひて光を  天體の光を  屋の光を  道理の光に  天の光  地の光  天使の光を  燭臺の光  七の光の  永遠の光の  行列の光の  顏の光の  春太陽の光が  うしろは光への  我を忘れて光を  斜に光の  いくらか光が  窓に光の  電球の光だけが  明けがたの光が  仕事の光が  白な光の  匂いとで疲れて居る光の  僅な光で  健かな光と  裸電球の光を  乳白色の光が  日輪月輪の光を  火の光だけ  筒提灯との光との  爛々たる光を  水は光を  影水の光に  つて太陽の光が  一切の光は  永遠性の光は  愛の光を  永遠の光に  否全身をもつて浴びる光の  この世の曇りに光を  仏壇へともす光も  燈後蝋燭の光で  もの凡ての光の  處よりも光  一の光を  暖き光に  あまたの光  あまたの光に  一四四光と光の  生命の光に  すべての光にもや  コスタンツァの光  天の光の  われらの光を  己の光の  他の光に  物言へる光に  ため己が光の  ロメオの光の  己が光を  三二重の光を  痴情の光を  色によらで光に  七二これらの光の  目を光より  八の光に  とこしへの光  一八われ永遠の光を  ほかの光に  ケルビーノの光を  輝が映れる光に  燦かなる光に  かぎりの光を  五の光に  源の光より  中に輝く光  愛よりいづる光も  かしこにありし光の  ふし條を引く光の  三〇かの光  七五これ熱と光とを  光より光に  づ日の光にあたる  微笑の光を  二の光を  他の光の  日輪の燃えて輝く光を  不遜者が光を  滿つる聖意の光の  #一の光を  纏ふ光とを  我を包む光を  神の光  さま日の光が  生くる光を  クリストの光の  燃ゆる光に  他の光は  處なる光を  かしこに輝きゐたるかの光の  とき一の光  みなわれらの光に  一の光  二の光の  づれもたゞ己の光の  四の光の  すべての光に  これを彩る光を  愛と光とを  六〇恩惠の光と  こは光の  天は光より  純なる光の  智の光にて  九九かしこに光  神の光を  一部が光において  四二後永遠の光に  單一の光に  九九かの光に  一二六反映す光の  時一の光  受くる光に  神恩の光を  粗密以外に光の  む恒星天に光  月天の光の  知るべし光の  反射する光は  反射する光より  眞の光を  #神の光は  姿そを包む光の  金星天にては光  #神の光と  立法者との光を  神が光を  處とは光の  暈となるべき光の  夏期最強の光を  世の光と  圓をつくり光を  靈の光や  觀念の光  一の光は  聖徒の光  聖徒の光と  大小の光を  ゆきわたれる光の  聖徒の光の  木星の光  途中鷹が光を  神恩の光に  その他の光は  法悦の光に  悦の光に  汝の光の  智力のみによりて光の  智神の光を  皆太陽の光を  大なるは光の  われらの光に  火星と光を  聖徒の光にて  勝利の光に  目に光  智の光に  聖徒達は光の  單に求むる光の  圓形の光も  一線の光に  一一四聖徒等かの光の  中央の光は  #神恩の光を  ダンテは光に  聖母の光を  太陽に因みて光の  神の光のみ  神の光は  間にかの光の  新鮮な光を  時月の光  昼間の光が  カンテラの光や  華やかに輝く光と  慈悲の光に  顔に当たる光を  神秘の光の  浮動している光の  刺戟する光  ランターンの光を  烈日の光が  夕日の光の  きり陽の光も  今日の光に  一隅を照らす光の  腕の光を  塵土に埋もれて光も  星の光とを  上からの光も  昼間の光と  音とも光とも  明月の光は  とき明月の光で  混へた光が  鮮やかな光の  窓口からも光が  剃刀の光は  葉に降り注ぐ光の  怜悧そうな光の  さいしよの光が  灯火の光が  灯の光などは  どこからか光が  夜光虫の発する光  龕灯の光は  夜光虫の光で  夜光虫の光の  他界的の光  夜光虫の光  船は光の  意外な光が  朝陽の光  袍の光に  一道の光に  真っ先に光を  夏の光を  螢が光  螢の光と共に  螢の光と  光は光を  雪よりも光  熱閙は光と  此方へ光  闇から光を  闇が光の  ものが光と  しんみりした光を  天の光とを  靜かな光とは  靜かなる光と  アーク燈の光は  室内電燈の光は  靜かな光と  西日の光が  夕方の光が  硝子が光を  一道の光の  質量に光の  ピカッと光を  火の光とで  城壁に光を  入日の光  萌黄色の光に  主人に光が  それを通して光が  電燈ひとつの照らす光の  彼らに光を  陰鬱な光の  天窓からだけ光を  ほかの光には  色々な光の  短檠の光が  反射灯の光も  炯々たる光を  陽の光から  ネオン燈一個の光の  海を光  淋い光を  幸福の光を  幸福の光が  螢の光で  鮮な光で  鮮麗な光を  正義の光が  異様の光を  どこか光の  無数な光の  吸いかけの光を  夕日の光は  入日の光に  油火の光を  蛍の光も  破片で光  生色ある光が  教養の光は  軒燈の光に  大分小くなって光が  裸火の光は  夕陽の光をば  そこから光も  ぢもの光が  色に光  文明の光に  アーク燈の光を  パイプの光で  スワデシの光で  火焔の光は  ことのある光  中の光を  黄なる光よ  心が光の  空中に光の  青蛙は光の  どこにも光が  壁燈の光  赭い光の  無数の光を  作品に光が  

~ 光[名詞]2
その光  蒼い光  さらに光  ない光  妖しい光  赤い光  新しい光  青い光  かならず光  青白い光  まったく光  凄光  この光  黄色い光  ぼっと光  ぽい光  ギラギラ光  だんぜん光  明るい光  こわい光  細長い光  鈍い光  鋭い光  暖かい光  薄暗い光  深い光  毒毒しい光  大きな光  荒々しい光  にがき光  あかるい光  黄いろい光  白い光  ものすごい光  あの光  素晴らしい光  眩光  小賢しい光  よい光  やすき光  強い光  悲しい光  っぽい光  寒き光  わびしい光  蒼白い光  眩い光  やや光  小さな光  白く光  あたたかい光  力強い光  青く光  紅き光  新しき光  高き光  冷たい光  清い光  あんなに光  忽ちに光  まばゆい光  早い光  眩しい光  薄き光  寒い光  苦い光  美しい光  淡い光  青き光  暗い光  大きく光  そんな光  乏しい光  何となく光  うく光  やさしい光  殊に光  スルスル光  華ばなしい光  薄汚い光  目映い光  さっと光  怪しい光  弱い光  紅い光  寂しき光  なやましい光  強く光  暗光  あやしい光  薄い光  かるい光  まぶしい光  わるい光  こんな光  はげしい光  次第に光  しろい光  水っぽい光  とたんに光  同じ光  いよいよ光  どの光  とお光  温かい光  嬉しい光  嘗て光  或光  ただならぬ光  なき光  あらゆる光  さやけき光  白き光  まして光  僅か光  そのうえ光  一度光  どうぞ光  其の光  少し光  ぱっと光  恰も光  なまなましい光  幽光  あかい光  正しい光  鋭く光  高く光  淋しい光  柔かい光  つめたい光  遠い光  奥深い光  さびしい光  まだ光  恐ろしい光  さうな光  無い光  にぶい光  だんだん光  きっと光  長く光  あたかも光  青じろい光  すごい光  赤く光  ようやく光  もっと光  大きい光  かの光  忽ち光  又光  とても光  やはり光  多い光  細かい光  細い光  蒼き光  低き光  烈しい光  ちと光  白っぽい光  凄い光  突然光  もう光  かなしき光  清き光  温き光  長い光  つよい光  みずみずしい光  気味悪い光  温かき光  いつも光  痛々しい光  全然光  やわらかい光  うすきみわるい光  すばらしい光  遠く光  あまりに光  おのずから光  薄く光  とつぜん光  当然光  淡き光  ほんのり光  ほの暗い光  まるで光  ねむたい光  すさまじき光  赤き光  なおかつ光  するどい光  うつくしい光  寂しい光  いじらしい光  遂に光  みじかい光  うれしい光  どんな光  なにか光  ときには光  著く光  奇しき光  ある光  古い光  息苦しい光  小さい光  太い光  思いがけない光  すっかり光  時々光  初めて光  悪い光  痛き光  ゆる光  激しき光  若々しい光  実際光  しかして光  いくらか光  決して光  著しく光  既に光  実に光  いわゆる光  絶えず光  美しく光  肌寒い光  まぶしく光  まるい光  暫く光  最も光  なし光  ゆかしい光  物凄い光  ずっと光  見知らぬ光  うす光  悉く光  厳しい光  なるべく光  柔らかい光  生々しい光  物すごい光  サッと光  いかに光  かかる光  うすら寒い光  楽しい光  明い光  おぼつかない光  若い光  今や光  輝かしい光  黄色き光  むしろ光  蒸し暑く光  近い光  黒い光  かっと光  これから光  いきなり光  涼しい光  もはや光  あんな光  気味悪き光  堅い光  それだけ光  もし光  丸い光  すがすがしい光  易い光  益々光  細き光  眩しく光  若き光  ひょいと光  なく光  るる光  おぼつかなき光  相応しい光  鈍き光  真白い光  わが光  遠光  何がなし光  特に光  現に光  そろそろ光  暑い光  甘ったるい光  円い光  美しき光  ほのぐらい光  うすい光  幅広い光  優しき光  等しい光  はじめて光  狭い光  ぱあっと光  怪しき光  繁き光  暖かき光  ほとんど光  てかてか光  あんまり光  あくどい光  どんなに光  めずらしく光  険しい光  きびしい光  よく光  懶い光  激しい光  うすぐらい光  こういう光  ちかい光  わかき光  まばゆき光  たらしい光  苦き光  麗しき光  粗く光  暗く光  はや光  輝ける光  とある光  大いなる光  ことに光  聖なる光  小さき光  乏しき光  神々しき光  ふとき光  鋭き光  いかなる光  強き光  ともに光  そのまま光  荒涼たる光  なみだぐましき光  つつましい光  うすき光  次に光  すべっこい光  屡々光  あまき光  しろき光  優しい光  

複合名詞
螢光  偏光  光つて  つて光  寒天光  光つた眼  浄光院  回光返照  藤四郎吉光  光つたの  光ちやん  時光  光ちゃん  ぼんやり光  銀光  光透  光一  火光  とき光一  藤原通光  ただ流光  愛海風光慰客愁  光仁  五光  寒光  考慮閃来如電光  幅びろい光  赤光  外光  光弾  光弾下  瞳光  キンキラ光つた肌  光復會  其清光  月色山影水光  光影  何一つ光  光力  容光  光暉  グルツト西ニ偏奇シテ冬ハ水イロニ光ツテルガタガタスル  享ケル夏ハ光  ミドロ光  刺シ違ヒムジンナ光  むざんの光なみ  濺ぐはげしい光  直射光  光榮  将軍家光時代  刀光  鱗光  光つた  光つて跳ね上  流星光底長蛇  千五百万年光  光公  源光  頭光  民部卿範光  聖光房  時聖光房  光赫  藤中納言光  光親卿  聖光房弁長  清原季光  タッタ一ツ孤光燈  油ぎつた光  勇者光  李光弼  作家横光  光透き  光痛烈  月ゆゑに光  夏光  剣光  光流  むほのぼのとした光  光協会  流水相光  其栄光  光照り  光物  清浄光寺  四代光乗  光つてひつ  光もの  御船明光丸  道光頃  投射光  光華  星光  光焔  光象  自然光  結局偏光  金属光  位光つて  光つた帯  光つた閃光  光環  反射光  光質  光晃  光束  真珠光  此日光  光鋩  駒光  蒼光  光宗  青光  オオ光  場合光  薄光  縫箔光  光妙  長男光一  光電效果的崩壞  盛り上つて光  光勢  光冷やか  光ぴつかりとする斗  輪光  三代将軍家光  仲光  光一人  帰りぎわにお光  光さん  光君  頃光君  さっき光君  まんま光君  君様光君  光君様  きり光君  一生光君さま  光君さま  まま光君  残光  ヘルマン氏光  光つた如く  光群  間光仁天皇  藤原基光  四十九代光仁天皇  光厳院  国学者伴林光平  鎧光  羅媛善妙百済媛妙光中臣  妙光其他  妙光  光きみ  寿光県  光体  宛然光  云つた時光  かな光  光ひかり  飛びかひ光  光はじめ  光ちさ  無量光埴  波光  光煙  盈光  たる光  光爛々  高天ゆ光  光電眼  上月景光主  潮光園  潮光園對鴎館  帝星光  朱光会員  一ぴき光つて  光つてぷるぷるぷるぷる顫  火光天  和らかい光  光峨先生  偏光ガラス  光斑  山光  盟主タル幕府ニ光榮  光ニシテ人生  凡テノ光榮ハ其レ  光榮ハ十分ニ認知セラレタルハ周知  光仁天皇  光王地蔵菩薩  光禄太夫  危ふく家光公  將軍家光  家光  僞家光  青色光  剣光帽影  螢光板  小夜子さん光一  底光  横光  光能  弱き光  無量光佛  集光  光つた袴  光つた着物  マグネシューム光  輝き出づる光  光ら  灰光  橋本関雪土田麦僊西山翠嶂西村五雲石崎光瑤徳岡神泉小野竹喬金島桂華加藤英舟池田遙邨八田高容森  光恩寺  まし光  郷土光華号  光甚  光體  説光  光そのもの  光つた物象  光つた機械  光つた一面  魯霊光殿賦  真夏光  麿光韻鏡  仏光寺  光電作用  宗光  光みたい  側面光  光格天皇  光茫  円るい光  備前兼光  道光  光緒  光つて抛物線  光長  外光派以来  禅光尼  三代家光  つまり三代家光  道光五年  道光八年  づまのつよい光  烏丸中納言光賢  嫡子光  子息光  仲光内膳  兼光  光色黝然  光清らか  光暖  光秋  光鷺山  光茫充満  聖光  佛光寺  銀光燦  霞光  山光水色  建光元年  配光  光大将  暈光  光暈  宗主権復光  光ちよろちよろとかげとかげ月  光破滅  彩光  光ちや  其葉其日光の  其葉其日光  一大火光  光像  光つた高価  大火光  一つ光つて  光さし  光つて矢  光一閃  しり光  ビカリ光  外光派風  赤ちやけた光  光電子管  光象写機  光象手描  光象生活  光象生産  香味光  光さ  圓光  水光  光榮者  父光雲  光つて波  二尺四寸五分順慶長光  ため流星光底長蛇  一杯光つて  光チラ  慈悲光  ただ光  夕光  英光  づまつてゐる光代  つた光  鴎鱗光  是非光ちやん  一番光ちやん  やつぱり光ちやん  つて隨分光ちやん  司馬光夢覺繁聲絶  林光透隙來  林光隙  蒼ざめた光  祥光院  雲州松江祥光院  加藤光泰二騎  光無量  白色光  光南  桜光  年光  光燿  光つて湛  光つたステッキ  光達距離  何かしら光  星光日精  光殘  凭つた座光坊  座光坊  光つた長靴  恵光  光炎  光霧  天光光  天光光氏  松谷天光光  天光光正一  天光光嬢  光つてら  光微か  光つて海面  砲声剣光  スペクトル光  雲影波光  飽見北天光一団  山光島影  光華印刷  たか光華印刷  回旋光  光緒皇帝  光峰群  光峰  赤旗光  臣樋口次郎兼光  光団  光顔  碧光  光以前  光王  光墓  四天王樋口次郎兼光  次郎兼光  水光天  光堂  自在坊蓮光とい  光浮浪者柴田一家  光自身  光粒子説  癖底光  光緒三十三年  光緒二十九年五月  光緒三十二年  脂光  光彩りくり  道光以後  司馬光  王光魯  道光二十九年  光緒三四年  光緒四年  光緒三十一年  光霽  光緒二十六年  光復  光緒帝崩御  光緒帝  南京光華門突入決死隊  光華門  光華門城頭  崇光院  當時司馬光  光どの  徐光啓  光はだら  無量光  光蝉  光虎  点光  金紫光禄太夫  光厳  崇光  光厳院法皇  鱗光鮮やか  ぎろりと光つて  光ツ  い光  光つた抽斗  ぷすとただ光つて  天光教  天光教総務  光つた才能  光匂  光しらしら  黄金光  姿光さし  光衰  光斑点  狂つた光  つた外光  曇天光  光実  光麻呂  権僧正光覚  光覚  光水気  星光一点  光のどか  光つた自動車  光つた藪睨み  光つた膝小僧  たまつた光  光つたリーゼント  光つた屋根瓦  冷光灯  光六年  光元年西暦前一三三  光二年西暦前一三二  光三年西暦前一三一  光四年西暦前一三〇  光五年西暦前一二九  光坊  野村源光  飛天光  その他雲輪光  光暗夜  光つた四十位  光つて旅人  俵光石氏  俵光石  光石氏  光石君  後藤光岳君  増田光城君  光今朝  孤光  北光  酔光  瞬間光  光あまた  百光  無量光院  光顕  毛利経光  季光以後  経光  季光  光様  光よし様  ぼんやり光つて  光雅  光厳天皇  光つて來  白堊光裡  妙光坊  光林坊玄尊  光厳帝  赤金光  銀光燦爛  日輪光  湾光盥  陸奧宗光  暁明星光  心光院  東京市麻布飯倉町赤羽心光院  光一つ  光つたよう  光脚  光厳帝さま  十郎兼光  精光斗牛  心光地  紫光  光色  取り付け光  方光塔  色光  光筆画  螢光燈  光堤  光光  光澄むらむ春日野  凶光  九曜星光  耀カシ給ハバ神光  かな光焔  元弘三年五月中光厳帝  長崎時光  膠朧光  それぞれ違つた光  民部卿光経どの  九条光経  背光  土佐守兼光ら  橋本氏光  理智光院  光ウ秀エ  光つた中  光つた處  光素  光パラフヰン  光酸  ぱい光炎菩薩太陽マヂツク  天光  交錯光乱転気圏日本  晩いちばん光つて  光霞  光炎菩薩太陽マジック  ルモレ囘サレ光  光厳浄  光廓  ドラモンド光  光機  光つた枯葉  源中将具光  具光  光厳上皇  新院光厳  富田正光ら  心光寺  光以外  づつ光  づつその光  まろび光つて  二つ光つて  ぎらつと光  ぱい光つて  ぱいに光つて  ぺかぺか光  光つて蒸發  ぎらつと光つて  光燦然  じき光  へん光  光滑  赤色光  銀光星  光傘  剣光砲火  富光  光ッ  風間光技  光技  濡れ光ッ  権大納言光継  覚光さん  覚光  三代将軍家光公  藤間光奴  光奴  光つた笑顏  光継  光揚  上皇光厳  崇光天皇  光厳法皇  ひとり光厳法皇  将軍家光  光氏  矢野弦光  弦光  弦光法師  弦光二人掛り  光紫  弦光め  光寺  日頃光  光蓮寺  延光  事なき光  一日光掩蔽  下毛野敦光  八条三位光盛  左衛門大夫光員  伊賀左衛門尉光季  光支  ただ一人黄道光  再発光  光養麿  七色光  白毫光  神光  光吸  光かすか  光盲  光かき  光哀れ  光智禅尼  孟光  多分光  黄道光  黄色光  火光放電  光面  光球雲  赤光星  黄道光物質中  螢光色  高利貸森脇将光  林光  光終日斜  光おぼろ  鮮しき光  光転旋  流光  光つて斜め  ぎらつと光つて一ぺん  光反射鏡  繊月光  光ッたけ  光天  むりはいろいろなかたちになってついついとその光  さっき光  皆光  父君光尊師  新門様光瑞師  光尊師  光そのもの同様  港口標光  仇光  光ひとつ  偏光装置  偏光作用  光星  さうに光つた  光院  当代家光公  名君家光公  将軍家光公  仁光寺  ば光  自ら光  光ヲシテ絶無ナラシメバ聴覚  四光  光越し  青色青光  黄色黄光  赤色赤光  神道斎狐光師  狐光師  一時狐光老  狐光  狐光老  其眼光  透過光  光速度  光帯  切り光つた針  扨家光將軍  横ぎる光  光一点  透つた光  透き徹つて光  紅光灼  普光尼  普光  智凡尼普光尼  シテ白イ光ルモノヲモッテ私ニ馬乗リニナッテイマス  一番光  現代思想的背光  てらてら光つて  外光主義  光つた電車  全身光  芽ばえ光  華光燦爛  光眼  セン光  五光丸  驚き光  光つて窓  光添  道光時代  光堂夏草やつ  光おば  光不安  光今夜  やう光  乳光色  目眩ろしき火光  線光  光つた儘  偏光面  山科光仙林  光仙林  すべて光仙林  光仙林王国  金光  光あまり大  光林藪しわ  君子司馬光  光含院孤峯心了居士  法名光含院孤峰心了居士とい  光譽壽阿彌陀佛  馨譽慧光大  叔母慧光  慧光  光つた色  光つた鋲  かお光  さうに光つて  光ため  光焔世界  光つた海  屈折光  橋光亭  提灯光つて  ぴかん光つて  十光  染つて光つて  あれ光  光つていや  大井光  女神イオイナ光  妙光女  珠光  まま光  光スペクトル  光弾性  ポーラロイド偏光板  光弾性縞  赤ちやけた反射光  光気  竜王光  名将威継光  幻光  マニ妙光  マニ妙光様  マニ妙光様直々  妙光様  冷光院殿御尊讐吉良上野介殿  住職恵光  冷光院殿  主君冷光院殿  光ほのか  十そう倍ぐらゐの光  普光印  山内光  光電受信機  光つた笹藪なぞ  水光天色  光つた一つ  一筋光  白熱光  つまり光  白熱光幕  白熱光裡  危く白熱光  光そ  吉頂寺光  光遍寺  光つて芝  光つた不思議  敦光  ぎよ光  光烱  春霞光  光見送り木の実照り  余り光  光たる  光つた笑顔  つて光つて  嫡子光賢卿  当代肥後守殿光  光仁天皇御宇  休光  光つた村  光つた衣服  光りか  へた外光  北光君  恰度光  光つた服  光おごそか  流星光底  光電社  光つて下り  光刺戟  光つた山脈それ  みつる光  清原光頼  蝋光高  神光院  光道  松谷天光光女史  飾光  なごやかな光  光俄  ピカリ剣光  翠光  曇つた光  石崎光瑤論15  外光派的  光つた作家  石崎光瑤論  石崎光瑤氏  石崎光瑤  光瑤氏  光瑤  作者光瑤氏  何等光瑤  外光派  石崎光瑤小論  光淋派  無辺光  対光  不断光  清浄光  光微粒子説  単色光  の光  佐伯暉光氏  光つて大変ハイカラ  光杖  投光  いま光つた所  温光  火光さし  声火光  無量光院開基  あかつき光  代り赤色光  光つたやうだつ  晶光  偏光硝子  光対岸  光つた空  つるぎのごとき光  一面赤火光  赤金光色  青木光線  なほ光  光母子  光達  知恵光  赤光白光  郭光  フト郭光  光太  光代  全部冷光電燈  冷光電燈  百パーセント光  光ひとり  わなア光  光つた丸帯  光つた風  武光  たけ光  山内光等  如クニシテ厚ク光アリ  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  千光眼  ハリキリ娘光芙美子ダンス中ハリキリ  光淋屏風  オリンピック1928日光  光矢  微笑光  詩人李仲光  茶人珠光  光甫  旋転光  平面光  寿光侯  徐光  光つた目  光一筋二筋  みずから光王  杜光庭  兵戚継光  光禄公  草光保治  光さしそ  通光  弟通光  範光  真宗仏光寺派  光つた晩  青光三寸  光の  薄ら光  ひとり光  光つて滅  白金光  これ悪業乎栄光乎  林光文  光壁更  孤光燈  南風光  づしく光つて  光つて名人  街光  光つて漾  光こ  光仰がむ  帯びたほっかりしたその光  光悦  墨光  光ちやんたち  光みち  おい光ちゃん  光はや  剣光影裡春雨冷  光つた奴  松平越後守光長  越後守光長  光つた岬影  途端金光  光冷  万光飾  伯爵田中光顕先生  光町  みな光  歓喜光寺  ぱつと光  偏光器  光電効果  自然的光  綺らびやかな彩光  彩光どおり  紅玉光  光苔  浄光  光つて水鏡  透視光  帶び光  光すゞしき夕月  光地  花知らず光  星ひとつ光  四千年光  光露帶びて今  光星ひとつ  さむるかげろふの光  しづくに光  旗光  短檠光  星斗光  光眺  光いま  光今  光ヶ丘病院  輝す光  光つて水  光明子  光劃  光烟  光海  光默  光備  光五度  我知らず光  惠みの光  昼光燭  屋内螢光燈  ソンナニ光ッタラ面白イケレド  光まばら  朱光  閃白光  不動光  光地上  光我等  光下  二四彼等光  光魂  光まとも  ぐる光  光閉ぢ  光これ  光水氣  光天上  光汝  一〇二光いよ  光他  づる光  光日光  光以上寺院  光劇  光工廠  山口県光市上島田  山口県光市  光來者  光來  春日光暖か  光お前  ろ光  節光板  昇つて光  強き光  一四四光  滿つる光  活光  光みな  むる光  光あたり  光出  光殊  力滿つる光  光雲間  光續  光多く  光宇宙  光彼  六三光  光ベアトリーチェ  光直射  光なほ  光いよ  五四光  光差  光眞  光元  光赤色  一一四光  從つて光  づるがゆゑにその光  光比  光仁帝  延光寺  光統律師四分疏百二十紙  光屏  劉光漢  光つた手際  たくさん光つて  光草  湖面不断ニ光  光宅ら  光宅  光無し  光蔽  光つて潜  光帶びて  麗光十方  光榮あれ  世子家光  靜光動光  將李光弼  花光  光さし出づる八月九日  此清光  直接光  光それ  光闡  夫星光  光つて電燈  高柳光寿氏著  窓光  春宮大夫範光  青葉光  仏光  昨夜火光  光つて谷底  



前後の言葉をピックアップ
  光二郎  光り  ひかり  光太郎  光りもの  光り輝い  光り輝か  光り輝き  光り輝く


動詞をランダムでピックアップ
振り起すこぼれ落ち剃る居坐買えれあるいたしなん嚇す勝れ崩れれ泣き暮し弱れひし役立てる突き抜こ察し売り死しよ頂けるうけたまわり
形容詞をランダムでピックアップ
そそっかしよろこばしい脂っこい薄汚かっめんどくさい素晴らし気はずかしい心強う逞しきいぶかしく心細せんな聰く花々しいわすれがたきよし惜しこいしいならびなおっかない