「俯い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 俯い[動詞]
場に俯い  気持がしたが、俯い  ようにして言って、俯い  無言で俯い  手をかけて俯い  ムスメはつひに俯い  俊夫君はしばらく、俯い  下を俯い  顔を見たくないので、俯い  腕組をして俯い  二列目に、俯い  私を見ると始終俯い  急に俯い  腕を組み、俯い  里恵は、俯い  膝頭を攫んで、俯い  ぼんやりと俯い  奥様は俯い  前にじっと俯い  唇を噛み締めてじっと俯い  正勝はじっと俯い  蝶々を、俯い  上に俯い  源太郎がまた俯い  源太郎は、また俯い  胸を閉されたと見えて、忽ちに俯い  やうに俯い  顔をして俯い  気がして、俯い  何日でも俯い  儘返事もせず俯い  襟に埋めて俯い  二人は俯い  つて、俯い  顔を見せまいと俯い  私は直ぐ又俯い  顏を見せまいと俯い  手をあてて、俯い  私は俯い  さで俯い  きえさんは俯い  僕は俯い  顔を赤くして、俯い  吉右衛門が、俯い  吉右衛門は、俯い  のを、睨みつけていたが、俯い  頸細く、俯い  つたものを出すと、俯い  利代は俯い  極端に俯い  エレーナは、俯い  背広を着て、俯い  自分に照れ、俯い  



前後の言葉をピックアップ
空穂  ウツボ  ウツボグサ  鬱勃  ウツミ  うつむい  俯か  うつむか  俯き  うつむき


動詞をランダムでピックアップ
速まっ惑い縮らさみくらべ打抜い潜ん連立た買い込むふさぎこん憎まれれふみにじり狭まりしかけん捨置く改める交じる選り剥がし投捨て堪え
形容詞をランダムでピックアップ
等しかろ著かれかたくるしともい見にくく慎ましい薄暗き口惜しけりゃふさわしい若かれ暖かくからかっおそ耐難く奥深気忙しかっくらう狭苦しはれがましい甘辛