「依」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 依[動詞]
作品に依  見方に依  指導に依  これに依  制度に依  詩賦に依  此れに依  時代時代に依  素質に依  肩に依  彼に依  それに依  ことにしました、依  助力に依  聖徳に依  小判に依  兄に依  それぞれ茶屋に依  他に依  命題が依  説明に依  認識に依  ものに依  何ものにも依  意見に依  私自身に依  意志に依  部分にまったく依  実有に依  他のものに依  私の拠って依  意志に、依  馬翁に依  分裂に依  其要領を得ず、依  俺に依  色彩に依  歴史に依  事実に依  境涯に依  君に依  自らの依  場合に依  日常生活に依  麻醉劑に依  愛とに依  ジャイアントアーム会社の依  ヂャイアントアーム会社の依  手に依  のである、依  酔漢に依  友達に依  愛に依  祖先に依  應に依  例に依  少女に依  図示に依  神仙傳に依  信仰に依  書物に依  事に依  女に依  遊女に依  上野原の依  ことに依  ことを依  論法に依  天啓や、依  時に依  母に依  之に依  方法に依  中央亞細亞發掘に依  北碑に依  發掘に依  馬に依  好意に依  日に依  倫敦会議に依  其解決に依  藝術に依  若い作家たちに依  読本に依  記述に依  ノートに依  照子に依  政子に依  行動に依  気持は吐かないという依  二日曽病アリ、依  ことからさえ依  文筆勞働に依  雰圍氣に依  王命に依  學者に依  是に依  結果に依  仕方に依  手段に依  やうに依  常時野宮に依  距離に依  暗示に依  霊智に依  こと、依  心境に依  頑固だけれども、そんな依  筆に依  そこへ依  そこに依  不祥事やあらゆる依  一、依  法則に依  精神に依  徹頭徹尾共同生活態に依  存在に依  涅槃経によれば、依  八年十月十日相模の依  政治に依  態度をあまりに依  速記本に依  これが依  文学報国会との依  炎熱甚しく、依  事能わずして、依  事あり、依  示し置きたし、依  召集せらるるも近きにあらんか、依  必要無し、依  描冩に依  クローヂヤスに依  体操に依  百合子に依  都合に依  欧羅巴人に依  行司に依  わたくしは依  数馬は依  時に、依  最前は依  わたくしの依  そればかりでは、依  数馬に依  数馬はこの依  一般的物性の依  如何に依  叙事に依  戦つた功に依  已爲虚誕、若依  モノに依  片々に依  最近守吉に依  先鋒を依  時事日報に依  破れたるを以てす依  古事記に依  征討に依  彼等に依  地名などに依  制定に依  才能に依  活躍に依  仰せに依  中大兄皇子に依  ものあり、依  和銅献上に依  口授に依  漢文に依  仏教に依  信頼に依  伝来に依  功労に依  つた功田などに依  尊信に依  武力に依  幸運に依  武家政治に依  石築地に依  戦勝に依  吉田定房に依  勅命に依  おん夢に依  身代りに依  源頼朝に依  利害情実に依  著述に依  奇襲戦法に依  縦走山脈に依  外国貿易に依  御製に依  学問に依  学問奨励に依  決裂に依  文明政策に依  心に依  大久保利通に依  日清戦争に依  日露戦争に依  能く取りなしけるに依  信長なり、依  人格に依  大資本に依  事業に依  気分に依  翻訳に依  板画に依  女房に、大いに依  対策を依  種子に依  家内一之由、依  レ致二其沙汰一之状、依  二語幡磨法師一、依  二追出一候之処、依  音楽に依  家に依  方に依  民衆に依  仕草に依  地方に依  歌舞伎俳優に依  技巧に依  目録に依  種類に依  哲學に依  佛教に依  技に依  材料に依  支那人に依  國史家に依  魏略に依  国法に依  生活を楽しいとするかに依  積み重ねに依  刑罰に依  收入に依  其土地に依  武士道に依  經驗に依  道に依  軽重に依  小林秀雄に依  田島神社あり、狭依  邑落に依  宮廷生活に依  みことに依  詞章に依  其れに依  日本民族に依  亡命者に依  養分に依  功名に依  緯書に依  捨置難く依  解釋に依  編輯に依  つまみ具合に依  つて立ち依  厚意に依  丞座に依  選擇に依  人形操に依  經路に依  夷舞はしに依  義太夫淨瑠璃に依  民族に依  研究に依  しら神なぞに依  之れに依  名に依  特權に依  因縁に依  凡て狩獵に依  農耕神大地母神信仰に依  革新に依  治者階級に依  聖武天皇に依  土地に依  矢張り例に依  刺戟に依  事例に依  獨逸譯に依  否定し、依  方程式に依  志士、依  兆候に依  宣伝に依  命令に依  干支に依  効力に依  昔に依依  形に依  絶望感に依  人間の性情に依  人間に依  新聞に依  仲介に依  のとに依  物に依  言語學に依  此の方法に依  上から常識に依  與其五穀魚鹽生焉とあるに依  部分に依  関係を依  神に依  土地解放に依  力に依  働きに依  漸次彼等に依  無用に願うと、依  中村正常君達に依  言葉に依  彼女に依  人に依  風俗に依  決斷は依  仕様に依  式に依  所あり、依  安易に依  以上に依  辞書に依  新人に依  私に依  経験に依  若者に依  写真に依  氣分に依  馬背に依  手当次第に依  画面に依  道理なり依  思想に依  變動を生し依  遊興遊藝に依  其聲に依  其力に依  所のもの習慣に依  意力に依  抑制し依  鼓舞し依  智力に依  お前えは飛んだ依  仇名に依  等に依  其抒情文に依  刊に依  明治初年井上博士に依  皆これに依  漢業囘復を依  活字工に依  編輯者に依  春秋に依  勞力に依  つて選擧に依  大島氏に依  いはゆる依  彫刻を依  人々に依  若井兼三郎氏の依  特に私に依  厚意があって、依  製作を依  医院に依  體唐律に依  皆唐律に依  時代に依  此主義に依  宗法に依  中三人も殺すと、時に依  年代に依  戸籍に依  經學者に依  母が在るか無いかに依  關係如何に依  事柄に依  宗教的權威に依  ものが依  通り恋愛に依  約束に依  字ならず、依  定義を広く取るか狭く取るかに依  水量に依  返事に依  梅もどき自依  発無上心自依  智慧如海自依  寄稿を依  窓を開けば、依  万ず依  万ずに依  操作に依  追憶に依  気息に依  死に依  助手に依  ものに、依  唯神社に依  神社に依  状態に依  介抱に依  善処を依  杉山茂丸の依  二亭は鎖され、依  事情に依  時期に依  施行に依  下知に依  出折柄難捨置、依  謂れが刻んである、依  魔風ニ苦シメラルルコトアリ、依  組織に依  試験に依  形容詞に依  理由に依  合図に依  日の照り、かなしくも依依  功に依  舊に依  運命に依  是れに依  國辱とも相成るべく、依  不和ありしに依  それらのものに依  ロダンの依  歌に依  後にまた依  のだから、依  石見娘子((即ち依  仮定すれば依  匠記、依  新撰姓氏録摂津国皇別に、依  河内国諸蕃、依  妻となるにつき、依  淵の依  一人は依  妻は依  此妻は依  妻なるべし、依  石見娘子と依  次でに依  時、むかひめ依  正妻は依  もの歌は依  大和にゐた依  咏んだ依  娘ニテハ不都合ユヘ、依  初に依  歌をば依  女なれば、依  時は、依  別れた妻が依  妻が即ち依  石見国にこの依  天津神の依  文芸に依  著作一巻に依  女優に依  ものあり依  努力に依  砲剣に依  愛することに依  様にも考へます、依  皇室に依  紀行に依  記録に依  青年団に依  公権に依  註文に依  智的努力に依  境遇に依  低徊趣味と云わないでも依  のが、時に依  態度に依  聴くことに依  郵便物に依  著書に依  客観的な依  御料となり、然るに依  且之に依  学者に依  野心に依  要求に依  談話に依  必要に依  さへ有りました、依  九号迄は続きましたが、依  偏頗なく、依  其鑛業に依  發明に依  議院法に依  病に依  加減に依  さうもないに依  譲歩に依  雛形に依  理想に依  輩に依  気位なりに依  名前に依  普通選挙に依  発明に依  神言に依  蕃族調査報告書などに依  大小に依  事を依  義理のしがらみに依  愚昧に依  尺度に依  道念にも依  覚悟に依  練習などに依  階級に依  指名に依  手柄に依  本に依  三つの目録に依  四聲指歸に依  文鏡祕府論に依  解題に依  草稿本に依  ものに決してそんな依  大量生産に依  話に依  旧に依  注文に依  題名次第に依  博士達に依  設計を依  貴殿に依  狂言に依  古代に依  近代に依  中世に依  研究態度に依  習慣に依  組合せとに依  保護者に依  ことは、いささか依  数に依  アナロギーに依  感覚に依  精神的組織に依  池上侯爵家からの依  汽車に依  文明に依  地方語に依  言葉遣ひに依  好みに依  英語に依  體操に依  緯とし、依  美風に依  農民文学懇話会の依  一点に依  蛇の臥せるに似たり依  此物和名なし依  紹介を依  一哲学者に依  描写に依  白米小売商に依  史蹟名勝に依  幕命に依  御名に依  命に依  廉に依  新聞廣告に依  廃藩置県に依  旅行に依  旅に依  れいに依  Sさんに依  蝦夷征伐に依  交通に依  コモヒに依  五能線に依  名優に依  何に依  茶わんに依  程度に依  認識如何に依  釉に依  機會に依  文樣に依  多く土味に依  ら人に依  手法に依  近代的生活様式に依  頼みかたとに依  心持に依  主義に依  縁故に依  読書に依  言に依  こと一霎時間、依  御前一人が依  子はなし、依  彼子がいると少しは依  健三に依  整理を依  たきに依  作に依  たかどに依  陸地に依  蚊帳の外に頑張っているその依  エカテリーナ二世に依  相会、依  何という依  陶家に依  可者也、依  さに依  火鉢に依  老婆に依  自白に依  反抗に依  握手に依  太陽に依  時計に依  三篇ハ都合に依  会に依  先達に依  画学に依  建築工に依  建築家に依  パースペクティーヴに依  一高前から例に依  御苦労欠申間敷、依  味覚に依  洋畫に依  者から尊敬もされ、依  鐘造りの依  のを知らず、依  見込が有るに依  望みに依  訴訟に依  例証に依  やうな依  お告げに依  夢想に依  ひとりに依  勅諚に依  可きに依  計ひに依  遭難に依  参詣有るべきに依  日本人に依  実有科学論に依  一哀歌詩人に依  哀歌詩人に依  頼みに依  事などに依  調子に依  炯眼に依  原文に依  伺候して依  場合場合に依  二つに依  流動に依  居所に依  境に依  随つて読書に依  專ら實驗實證に依  強弱に依  自然法に依  理に依  実験者に依  態度一つに依  プログラムに依  機会に依  法律に依  他人に依  決心に依  拙者に依  モーセに依  皆目的に依  振舞をするに依  グラツドストンに依  観察に依  日本巡査に依  反対党に依  行ふに依  概括力に依  党に依  力のみに依  格言に依  自由党に依  報酬とに依  属僚に依  人物に依  何人に依  殆ど軍事万能主義に依  規定に依  彼は依  意識に依  一字に依  觀察に依  對黨に依  來本黨に依  自由黨に依  屬僚に依  殆ど軍事萬能主義に依  国々に依  男女に依  政道に依  ますゆえ、依  何してどう依  候ために依  自力に依  如何のみに依  宇野浩二に依  鍵に依  考に依  歌并短歌母刀自の依  不幸と依  一に依  文法に依  形式に依  旅客に依  式日に依  相当の依  幾代を経ても、死に依  訓に依  機会次第に依  箆先に依  調査を依  條件に依  知性に依  情念に依  關係に依  働らきに依  彼をして依  因果律に依  作成に依  両親よりの依  商業精神に依  曲に依  変更に依  矢張り時に依  一般人民に依  家業に依  一揆に依  考へに依  神意に依  御新造例に依  帝紀のみに依  批評絶え申さず、依  叶ひ申さず、依  愛慾に依  七祖を正依  時刻に依  標準に依  繼承し、依  争ひに依  呪ひに依  書くことに依  義に依  処女に依  勝博士に依  樋に依  音響に依  訓練に依  画題に依  密着に依  習練に依  愛情に依  作家に依  場合人に依  比較に依  対象に依  叡智に依  徹底してゐるか、ゐないかに依  政治的工作に依  よろづに依  無慾にして依  風教を依  音楽的リズムに依  身を依  絵に依  ふんどし一つに依  遊びに依  先入感に依  お土産に依  場所に依  好き嫌ひに依  繪に依  文藝年鑑に依  名称の依  スポオツに依  處女に依  我々少年軍に依  やり方に依  係りに依  小松栄君に依  苦情に堪えず、依  お前に依  それぞれ国に依  



前後の言葉をピックアップ
ょんぼりとさすらっているような  ょんぼりとたたずんでいた  ょんわからんじゃったたい  ョーボ        余さ    


動詞をランダムでピックアップ
にえたぎらとび出る唄えるひきいれるいきる鬱す留置き評すとおす吐出すからめ燃えるまきつか和む抜き取つまみ出す腐る引っぱたいなりあがっ主立た
形容詞をランダムでピックアップ
貴う肌寒とぼしくみぐるしくなげかわしい美味しゅうほしぼろくきたなくっ物すさまじ忙しなくひさしものすごかっ惜し浅黒くまだるっこにくから香ばしく若々しかっ湿っぽ