「作」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 作[動詞]
鋳物師を招いて作  唐文粹をまねて作  淡海三船が作  句を作  ざとかういふ月並一句を作  ものを作  いふ詩をも作  銭を作  腹を作  粥を作  歌を作  淵を作  渦を作  劇団を作  それを作  プログラムを作  行列を作  之を作  標語を作  四代光乗が作  警備艦を作  須山さんから、借りて作  靴下を作  着物を作  規則で作  惡を作  應作を作  不善を作  日用品を作  間を作  サイズのものを作  態度を作  姿態を作  湖水を作  つて氏を作  書体を作  工芸品を作  婿が作  家庭を作  星を作  詩を作  半身像を作  上下二册を作  木材で作  場所を作  カルテを作  畑を作  一句を作  荷葉披麻を作  作物ばかり作  奇歌を作  悲劇的精神を作  念を作  ひだに作  形を作  性格を作  国道に作  冬それを作  金を作  時を作  洞窟を作  水飴に作  俳句を作  器を作  紙を作  和歌を作  漢詩を作  豫定などは作  評を作  歌九首を作  要約を作  作文を作  豪華版を作  譜と名づけて作  叢書を作  答案を作  図録を作  偽物を作  定本を作  三藏記を作  四庫闕書目を作  自ら藝文略を作  分類法を作  天禄琳琅書目を作  今のごとく作  動機を作  切り疵を作  句はだいぶ作  リストを作  二階を作  ために作  危言激論を作  お菜を作  注文したら随分作  関門を作  かたちもまだ作  写生図を作  板下を作  武器を作  諫書を作  二人も作  足がかりを作  辭書を作  外國文字を作  假名を作  印刷物を作  服でも作  熟語格を作  俳優を作  戯曲賞を新しく作  何も作  米を作  笑顏を作  笑顔を作  写真を作  断面図を作  此毒を作  出入口を作  いを作  文案を作  分を作  此文を作  物を作  此歌を作  乱を作  法言を作  花を作  上り寒食を作  傾向を作  つて貰つて富を作  顏を作  模して作  指導者なりを作  車座を作  豫定を作  野菜物を作  小さなテーブルを作  形をも作  本を作  づんづんと私を作  観念を作  つて歴史を作  通鑑を作  円陣を作  細流を作  通路を作  カードを作  小話を作  空気を徐々に作  短篇を作  殆ど小説を作  発句を作  規定を作  規則を作  習はしを作  筋路を作  皇子に嘱せられて作  目あてを作  讃歌を作  中洲を作  笑声を作  肩蒲団を作  説を作  容子を作  相手でもちやんと作  包を作  余地を作  害を作  いくつも作  さに作  キヤンプ料理を作  のを作  木組みに作  遺品をあつめて作  角度を作  入費とを作  巣を作  短歌を作  胡桃を作  男が求めて作  草鞋を作  離騷を作  列を作  菽を作  堀立小屋を作  寢どこを作  麥を作  棺を作  一組織を作  書を作  十ほど作  画図を作  油画を作  平板を作  巻紙を作  渋ツ面を作  バーナード・リーチ像等を作  衣裳を作  大家を作  引を作  偈頌を作  年譜を作  索引を作  唄も作  社殿を作  後の培いを作  首輪を作  一部をも作  服を作  てるて姫を作  木の下に作  述懷を作  椅子が馬鹿げて高く作  大業を作  しみを作  舟を作  映画を作  土地が掘り返されて作  詩は作  駄句を作  村音頭を作  自分を作  歌なんか作  訊問調書を作  費を作  罪を作  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
作を一々通読する  作は死んでいるが  作は生きている  作つたお噺をする  作と云ふ  作つたものであらう  作つたものとする  作は最近出  作とも知らず  作つたりする  作に及んで見ると  作に比しても  作が活字になった  作が出た  作だと云う  作を評して  作を読んで見ても  作を愚劣な役者が扮した  作を完成しなくてはならぬと  作を携えまして  作はおそらく先生の全生涯中最も道徳的癇癪の猛烈であった時代に書かれた  作は漸次問題が内に深まって行く  作においては絶えずこの問題に触れてはいたが  作においては利己主義はついに純然たる自己内生の問題として取り扱われている  作を他に知らない  作で特に目につく  作は中心を流れる  作未だ多からざるに当て  作に取りか  作の総体を一貫して迫って来る  作ですねと言はれる  作の皆が皆まで悲痛の痕跡を留めている  作の大多数を聴く  作に類例がないほどに率直で自由な力が現われている  作の現在入れられてある  作によって表現せられた  作を照らしています  作をたびたび聴いていると  作を書いてゐる  作を見る  作に六つか七つの出版所はあるし  作を私は高く評価致します  作に対して感じます  作を通じて取り扱われ  作を讀まうとして  作へる智慧はあるが  作へて行くと  作では一方からは彼の創造的天才の巨大な力が全部反映し  作をして驚かしてやり  作に依る  作もした  作が今一つ二つさして死なしたかつた  作を甚だ讀み  作に於て表現されてゐる  作によつて其の遺  作に一等を加ふ  作に読陶詩と題する  作に自勉と題する  作を見せて  作を君は未だに示さない  作たと思はるる  作と明記せる  作に帰し  作の深くなる  作を発表できる  作をした  作の発表の便宜がたとえ与えられなかったにせよ  作を創ろうという  作をかきます  作に力をそそぎます  作であなたに語る  作をする  作のどこかに関係を持っていたにしても  作を読んで  作の中にひとりの詩人がピアノをひく  作のムードをうつす  作をお眼にかける  作は書かない  作では大概それをかくし  作は胸を打たれる  作のちよつとした  作の特点を認める  作から受け容れられた  作だけについて決定的なことを云われたら  作の主人公のすべての行為が実に動かすべからざる  作が研究の対象としてとりあげられた  作に移って来ており  作入れられずとあっては  作に漲っている  作があるが  作だといふ  作と伝へながら  作に当時劇界を二分して  作に持っていた  作に傾倒しているか  作はいろいろ嫌な問題を惹き起し  作と伝えながら  作される  作は過渡期の驕児の不遇の悶えとして  作の価値を秤量するに  作に宿つてゐると思ふ  作とを手にとつて見比べながらかう  作をもつと  作の神聖な力に打たれたのよ  作に現はれてゐる  作の一画をなす  作とはいえないであろう  作は救われている  作だと云うだろう  作に対すれば  作とも思われる  作の描かれた  作をねがひますと  作を得た  作を救おうという  作も私は人々のいう如く  作が愚作であろうが傑作であろうが少しも変りはしない  作が慕はしく思へる  作に於ては秀でた  作も自由の境に活きる  作に伍して  作が生れた  作に比ぶれば  作つたもののやうな脚のしつかりと  作におくれる  作はこの叙事詩的の一面を捉へ来つて  作は全く其形式を異にしてゐる  作はこの叙事詩的の一面を捉え来って  作は全くその形式を異にしている  作は余の愛読して措く  作を掲ぐる事を好まざりしより  作を発表せんには是非にも主筆の知遇を待たざるべからずとて怒を忍び  作がある  作とは思わぬが  作つてくれた  作を證し  作せば此を再三すべし  作さざる人に惡至らず  作して我作さずと  作すべきものは是を爲せ  作を知る  作も随分変わっているなあ  作でせう  作つたやうな脂肉のいろ  作の巧拙は知らず  作にもすこしばかり北欧の影は見えるけれど  作に贈る  作にも十分具わっているとは云え  作がありました  作にはかねがね敬服している  作にして  作のことや子供らのことが心配になるんさ  作を見せて下さった  作はそれ等の作に優るとも劣っていない  作が他の多くの立派な探偵小説家の輩出する  作を通して漲って居る  作について考える  作を見てうける  作の態度にも不純なところがあったに驚く  作とは見えず  作が嫌ひである  作とは思っちゃ呉れんよと  作をのせるという  作はディッケンズの全作中において特異な地位を占める  作にあっては  作の処々に現れて  作よりもこの作に対する評価について意見を異にし  作と考え  作の姿なき主人公はフランス革命であるとも言い得る  作の書かれた  作は傑作であるにかかわらず  作つてくれるでせう  作から逆に交互に拾つて行く  作の持たぬ  作が残つてゐる  作として久しく喧伝せられたものの  作にはむづかしくて意味の分り  作もある  作であらう  作が残されてゐる  作がよく出来て  作とあります  作をお出しになる  作ほど豊富な文献上の材料が混入している  作と作家の価値を否定する  作では完全に一致して居ながら  作の表現形式や構圖の不統一な事を擧げて  作の構圖や形式に對する  作の價値を批判する  作の缺點を感じる  作の大きな尊さを感じて  作の意味がある  作をも忘れたく  作が思はしく  作の中にありて  作つたものと同樣に値打があると思ひます  作を示した  作に歌はれた  作の詞書には二月十日とあるから  作の青馬が急病で死んだんで  作に対して公に龍胆寺に挑戦をしたり  作をかいたか分らないけれども  作に感じられたからであろう  作のでてきている  作を読んでくれれば  作は私の死損ひの  作の本質を捉へると  作を讀まないからと  作は三百余種もあったが  作の評判で持ちきりだろうと思うと  作は戯けている  作と称する  作がきっと出来るという  作をしても  作とか言ふ  作なりとなさず  作なりと做さず  作だとは云えません  作なりとて拙きをすてたまわず  作の着想や構図に思いを潜めた  作といわれている  作の作者も読者も深く考えなければならない  作の字もいわずに行ってしまった  作と伝へる  作を僅か三日間で書き上げたと言われている  作を引用し  作と稱する  作はその意味として可なり成功した  作としては一番われわれに親み  作が一時期を画する  作に見われた  作をほごして  作のために何主義と云う  作を土台にして付けた  作にでもあり  作を道具に使えば  作の価値に影響を及ぼしてくる  作と思ってた  作と乙の作とを自然を標準として対照する  作を通して著者自身の面影を窺がう事ができると云っても差し  作に向うか向わないかが  作であるのみならず  作よりも遙かに進んでゐる  作を刺戟した  作の外形を摸倣する  作の效果を弱むるに過ぎざる  作がこの危險に瀕する  作の上で一種の答辯を與へたものと評せられる  作に求めようとする  作に對する  作の草稿が公にせられた  作を直ちに模そうと考え  作でも大勢の作にしても  作の不思議なる美しさやおもしろさを見  作を拝見しては  作を読で非常に嬉しかりし  作が矢つぎ早に出来た  作を読者に吹聴する  作と思はせられる  作でなければならないと思ったので  作であろうというので  作を書いた  作で書いたと言われているが  作の主人公やその細君を一歩上から憐れみながら  作に対する構へなり  作を問はれる  作にも決して曲げない  作として我々に作の個性を暫く忘れさせる  作の個性を常に汲む  作を嫌い  作なものと変質させようとする  作を見た  作用いてゐたと思はれぬ  作用いてゐた  作が何處かモオリアックのものと似てゐるせゐか  作と私通をして居るね  作とくっついて居るだろうよ  作が己ん所へよこした  作と私通アした  作と淫事をしたよ  作が多助へ送った  作とくっついて居る  作べいで  作が悪戯アして  作だと伝えられる  作ではなく運慶の作であることが鑑定され  作に和して  作でない様に考へられ  作と推定すべき  作を求め  作をば勸懲の旨ありとて  作の造化に似たるは  作の自然に似たるは  作は衆評者の理想を沒却して  作をなしたる  作の衆評者の理想と作家自身の理想とを沒却する  作の如くならざるは  作を客觀なりとするは  作をなすや  作の度量はシエクスピイヤが作の度量に劣れり  作の度量の優劣に存ずとはい  作の度量によりて  作皆沒却理想なりとい  作の傑不傑にして  作の度量の優れると  作の傑出ならざる  作に然るたぐひ多しといふ  作にて見ゆる  作の上にあらはれたる  作には主觀あるべからずといひければなり  作し得べき  作だとか言ふ  作について感じた  作と云う  作の隠れて寝ている  作を産おとしてから  作に言聞かせている  作に語って聞かせた  作は親のことを言出されると  作を一層嫌って  作はのそのそと出ていったが  作の顔を見る  作を自分の婿に択ぼうとしているらしい  作の自分を見る  作に取決めている  作の顔が一層間ぬけてみえ  作は懲りず  作はのそのそ出ていった  作の来る  作のいる  作と自分との結婚を否認した  作が急度お伴をする  作の姿は何処にも見えなかったが  作との婚礼の盃がすむか済まぬに  作であったことには少しも気がつかなかった  作の物を貪り食っている  作が部屋の前を通りかかった  作は頬っ  作の側へ引すえられたが  作は四五人の若いものに取囲まれて  作と闘った  作の馬鹿はどんな顔している  作は帰りがけのお島に言って  作の顔容を見せる  作が今も日本人の間で生きのこっている  作を迎えた  作を周旋した  作の姿をチラリと見た  作も振り  作の仲間と一緒に帰った  作は薄化粧した  作が次の間へ着  作は何やら糸織りの  作はもう起きていた  作と出会った  作は瓦斯糸織りの  作の顔を熟視する  作は折々目をあげて  作に笑顔を向けた  作は低声で言った  作に声をかけた  作は顔や頭髪を気にしながら  作はただニヤニヤと笑っていた  作と小僧とに托けて  作は後でほっとしていた  作はただ思いがけないような切ないような気がした  作は机に肱を突いて  作の目は潤んでいた  作は何の役にも立たなかった  作は良人にいいつかった  作は赤い顔をして  作の目からはポロポロと熱い涙が零れた  作の心はますますおどおどする  作はきっと奥の六畳の箪笥の前に坐り込んで  作の心はドマドマして  作はよく鏡に向った  作は妙におどついて  作は相変らず  作は皮膚の弛んだ  作が始末屋というよりは  作はただ鈍い機械のように引き廻されていた  作は番茶を淹れて  作の顔を見た  作は急に萎げてしまう  作はバッタリ月経を見なくなった  作はもうしわけのないような顔をして  作もきまり  作は十二時を聞いて  作は婚礼当時と変らぬ  作もうっとりした  作は想い出した  作の頬に熱いキスをする  作がフラフラと居眠りをしかけている  作はハッと思って  作の知恵ではどうする  作は田舎の実家へ引き取られる  作はもう飽かれて棄てられる  作がこのまま帰って来ない  作はとにかくに衆の意嚮がそうであるらしく思われた  作は出遅れをしながら  作が行ってから  作の姿が思い出される  作を毒づいた  作を見舞って  作から筆の廻らぬ  作のことを零し始める  作を訪ねて  作が拵えてくれた  作と一所に越した  作を田舎に訪ねた  作が障子の蔭から出て来た  作は帽子やインバネスを脱がせて  作の自慢の婿さんの顔をよく見てやろう  作はベッタリ新吉の側へくっついて坐って  作が母親や嫂に口を利く  作と二人きりになった  作は何かのついでに言い出した  作はうつむいて  作は一層不安そうな顔をした  作はおずおず言った  作は赤い顔をしてうつむいていた  作はあちらの部屋へ聞えでもするかと  作はドギマギして来た  作に少しばかり注がせて  作に持って来さして  作はおずおず言い出した  作のことを考えていた  作の鏡台を取り出して来て  作が流産をしたという  作はまだ蒼い顔をしていた  作は流産してから  作は目に涙を一杯溜めて怨んだ  作の流産のことを想い出すと  作に解ろう  作はとてもそういうことを打ち明ける  作はおずおず訊いた  作は嫂に連れられて  作は何とはなし気が詰る  作はちょいと嫂を振り  作も美しい女だと思った  作は淋しい笑顔を挙げて  作は嫂と顔を見合わしてうつむいた  作はしばらくすると  作は勝手なれぬ  作の顔を見ると  作はお国の次に坐って  作は嫂を台所へ呼び出して  作は困った  作と嫂の茶の室へ入って来る  作は台所の入口の柱に凭りかかって  作は亡くなった  作は水口へ出て  作がランプを出しに行こうとすると  作はランプを点けてから  作は惘れた  作に言いかけた  作はニヤニヤと笑っていた  作が台所へ出ていると  作は洗う  作が入って来た  作は床に就いても  作が愚痴を零し出すと  作は場所塞げの  作に対する物の言い  作も急に張合いがなくなって来た  作はちょくちょく着に着替えて  作ははっきり返辞も出来なかった  作はただフラフラと歩いた  作は柳町まで来て  作は以前愛された  作はこんもりした  作の姿を見ると  作は赤い顔をして言った  作が伺ったと  作の様子を見たが  作はこの暖かい邸で過した  作は女中部屋へ上った  作は平たくなって  作は早産のことなど話そうとしたが  作は浮の空で聞いていた  作は新坂をトボトボと小石川の方へ降りて行った  作の影が差しても  作はぼんやり入口に突っ立っていた  作に呶鳴った  作が黙って  作はオドついた  作はその顔を見あげた  作はまた身重になった  作は俳句の調子になって  作を載せたが  作である飴売の襞が型にはまった  作もあらう  作と認められてゐる  作と認められながら  作でゐて  作を多く作り出したと見える  作も創作してゐるが  作つたものと思はれる  作と伝へて居る  作にも作者知らずとして伝つて居る  作と思ふなり  作にしても  作として発表した  作の評が出てゐた  作を原稿で讀んだ  作のある  作の好い惡るいには由らない  作が駄目でも運さへ好ければうまく行く  作を高點にしておいた  作して大事に仕舞つておいた  作を選した  作を選する  作の神の降りたまう  作の力であると信じる  作であったと見え  作であり未発表のものも交じつてゐる  作だと今では思っているので  作に次の如く書いてある  作と伝えているが  作をなそうとも  作を仔細に点検する  作と言い張っている  作とし  作でないに極っている  作を餘り加へられてゐない  作ではなかつたかと思ふ  作で最もすぐれた  作と思ふが  作としての進歩のあとを歴然と語つてゐて  作のいろ  作と思ふ  作だと思ふ  作を批評された  作の終りと思ふ  作がつづいた  作はお貞さんの本來の面目にかへり  作に示して  作に於ても仙子氏は自分のよい本質から全く迷ひ出てはゐない  作を生んで死んで  作を取り交ぜた  作を讀んでゐた  作が出  作に手を入れている  作のどういう点がほんとに彼を感動さした  作の持っている  作の動機に好意を持っていてくれてる  作には非常な誇張がある  作は沢山にございますまい  作と云い  作とも言われる  作が人に印象を與へる  作を読め  作の終りに何年何月といふ脱稿した  作に現はれて来る  作に於けると  作たることを免れない  作の内容の凸凹変化が拡大鏡的にはっきり眼に写ってくる  作は鎌倉初期と考へられてゐる  作にも軽焼の名が見えるから  作にまで現れていた  作であるにしろ  作と一緒に陳列しても  作としては余り感服出来ない  作といえば  作では一番感服出来ない  作の中には不快の感じを与えられる  作の中で最も見るべき  作に泥んだ  作して叫びぬ  作は所詮戯画であるから意味は小さいにしても  作にあらわれた  作は考えて見ると  作が出来上ったら帰ってくる  作を持って行けば  作を仕上げてかえる  作を再び單行本にする  作を読んだ  作なるからに  作と作との相連絡している  作は透谷君の得意の作では無論無かったと思うが  作にきまってます  作が新聞小説家の一回分の稿料の半分にも成るの  作に成る  作と称うる  作している  作かわからないが  作の中にその全人格を没入した  作を寄せて  作を好んで讀んだ  作の弥陀仏書記典主故園に遊ぶ  作とまごうべくもあらず  作多きを見ては  作をなさざる  作は一つも上演されなかった  作したものといはねばならぬ  作に就いて  作かも知れません  作つたか分りませぬ  作つたものもある  作に同致の跡瞭然見る  作は分明に紅葉をして  作に見る  作に比して  作を読み慣れたる  作として不朽なる可けれ  作だからとて一纏めにして  作を軽々には取り扱わず  作が箱書に廻り  作て本職の大工と巧拙を争う  作か忘れたが  作となってしまったので  作を投書して  作が劇場外からとられる  作を残しているであろうが  作に耽溺します  作となる  作を取り上げてみましょう  作からいって  作に彼等の注意が集っています  作が玄の世界にまで高まる  作は凡俗に生れ  作も民器の前には愚かに見えてくるからです  作も素朴なものの前には淋しく見えるからです  作を越え得た  作ということを尊ぶ  作を生み得る  作には時として誤謬がある  作に誤謬はあり得ない  作を造り得る  作であるのを気附くに至るでしょう  作を産む  作と無銘の作とがあったら  作はいつか飽きてきます  作と考えられてきました  作がより多くあるか  作が悪いのは用を忘れて  作を造る  作の美を痛めてきます  作を見られよ  作を造るという  作を熟視してみます  作に心が引かれる  作を見られよ  作にも名は記してありません  作で覚えています  作に比べてみる  作つたものの機械となり  作であるかを考えてみよ  作の如き  作の近き頃のものたる事を證す  作と伝えられる  作とおぼしい春画にちかいやうな淫らな美人画を鑑賞する  作をせねばならぬ  作をやった  作が初めであったと覚えます  作のこの観音は私の所有に帰した  作だか何だか解らないけれど  作つたりした  作はもとより弟子たちの作でもドシドシ売れ捌けた  作は参考品としたら  作にはかねてから敬服して  作はいかにも結構と思い  作を見ると  作に相違ない旨を箱書して  作など集められた  作の上に現われて  作を出した  作として出品されている  作の始末は幹部の方へ一任しよう  作は丹誠の籠った  作が陳列されて  作の前に立って  作を拝見して  作はどういう狆をモデルになすったか  作は金賞になるとかいう  作が金賞に値すると  作とは申しながら  作が出来なかったという  作がありません  作がないというと  作を次の日の集まりの席へ持って行きました  作の上についての非点を聞きたい  作を終って  作を特に私に依  作を出す出さない  作の矮鶏とを出品中の主なるものとして陳列する  作を考えた  作をしては  作は三年間も掛かったので  作の狆を手本にして  作が安田家に買われた  作は出品されていました  作もまた驚くほど  作の旅人というのを写真で見て  作が二句できた  作だと言っても  作に変ってしまう  作を見てから  作を一つにつづけて  作て入集せさせ  作をGoetheが評した  作を讀んで  作を假りて第二の讖悔を試みた  作に一種不氣味な感を伴ふ  作は人生の陰慘なる哀愁を主調としてゐる  作と覚えて  作になる  作の主題に失望した  作をのせようとなさらない  作の是非を言い立てたり  作の基調になっている  作もよく読み  作であろうと御鑑定になりました  作と懐中に入れる  作と他藩の恩賞を受けるとは  作を舞台に上せたる  作ならから始めやがって  作は他日国宝になる  作であるか判らない  作であることが見出だされる  作は随分沢山出たが  作の真髄に触れるだけの  作だとお言いなさるにきまっている  作に於て只一編だも見るべからず  作なりしことを思ひ  作つていただいた  作つたつ  作と同日に語るべき  作が考証精覈で歴史上または地理上の調査が行届いてるなぞと  作の規模結構の大なると  作に秀でた  作が評判される  作が従だと豊国を持上げ  作は上下を通じて洽く読まれ  作の人物が洽く知られているは  作が洽く読まれているからではない  作が洽く読まれて  作の出来栄えには比例しない  作と云ふべし  作を讀みし  作であると伝えられているが  作もするよ  作また世に迎へられざるを知るや転じて  作を是非して  作があるなら  作の中にこう書いた  作の中に出て来る  作と同じからず  作のようにして  作ちゆうの人物たちのつかふ  作にとりか  作を見てもらふ  作と年代等を研究してみようと思っていた  作のことは書かず  作には感心してはおらぬが  作の基調がロマンチックでセンチメンタルにかたよりすぎている  作の気分と相一致する  作は何ほどかわかるが  作をやめて  作となった  作の重心をアルウィング夫人の悲劇相に置き  作に現われる  作に捧げたとか  作にあった  作を探偵小説として非常な傑作だとは思わない  作の特異点だと言うかもしれない  作だけについて言う  作を續けなければならなかつた  作に浸  作も見た  作上げた曲線の気味悪い美くしさだけが目についた  作なのだろうかという反省から来る  作の部類に属するとしか考えられぬ  作の中にある  作もびっくりして駈けつけたが  作も何等かのお咎めは免かれないので  作を打って  作という娘がゆうべ死んでね  作という娘が母のお伊勢と二人で暮らしていた  作は浅草の奥山の茶店に出ているが  作が啖い殺された  作は何者かを咎める  作はまた咎めた  作はきゃっと叫んだ  作は何者にか喉笛を啖い破られているので  作の行水をうかがっていたらしい  作を殺した  作の家には近所の人達があつまっていた  作のとむらいは  作のおふくろを呼んで来ましょうか  作の母はすぐに隣りから呼ばれて来た  作の横死が人々の同情をひいたとみえて  作が白い肌をあらわして  作を咬ませた  作を見ても  作は判りませんが  作だと覚えていますから  作なんだか分りません  作と云わず  作にもうか  作の中にまじつて出て  作を完成し得る  作が多少の刺戟を文壇に與へはしたであらうが  作の目的を達した  作第一部の第二章を書き  作の性質から言つても參考となるべき  作をするにつけて  作さえある  作が出ておりますけれど  作は私の一生の生活を通してかなり大切なものになって来ました  作をいう  作も読んでいましたが  作を読み終りました  作へ遺産相続通知の電話をかけた  作を密告した  作について感じ得た  作ほど色彩の観念に富んだ  作は静止している  作を見受け  作を借りて来た  作を借りて  作は豐穰であると思へた  作はいいとの喜びの聲を私は聞いて  作に会った  作は元来福太郎の方から思いかけた  作は絞られるだけ絞り上げた  作の方から人知れず打ち込んでいた  作の前にかしこまって  作の白い顔を見に帰るべく  作に関係した  作に何か仕かけるぞ  作の白い顔と並べて思い出した  作の耳に洩れ込んでいた  作から寝物語に聞かされていたので  作が云った  作が濡れ  作が皆から冷やかされる  作が横合いから割込んで  作を押し除けてしまった  作がタッタ一人の人気者になって  作の周囲をドヤドヤと取巻いた  作を囃した  作は唄が終るか終らぬかに  作のズバリとした  作はチョイト表の方の暗がりを振り返った  作と一緒の方向を振り返ったが  作がアノヨの吉と一緒に踊り出した  作を引寄せながら天井を仰いだ  作が現れるに  作を通して見たる  作を致す  作がこの後とても出来ないとは限りません  作して渡って行く  作の中に君たちの事を織り込まれるであろう  作もありながら  作と見る  作と云うを  作上げた手工品を卓子の上に置いて眺めた  作用いて救い  作上げようとしている  作として他のものより高く評価されていないが  作を展覧させる  作にふれた  作というのはまだ見ないでいる  作をどんどん出していた  作の婆さんも酔っているから  作で米斎君の御世話になった  作せしことを聞かず  作つている  作の書物にまとまりし  作の中途で警視庁に呼びつけられたりした  作つたものが大勢に歌はれたからと  作だと思ひまして  作して居る  作だろうとしばらくうち案じていましたが  作を手に入れた  作たる馬脚を現わしてしまいましたが  作とやら鉢の木を夕立の雨やどりにもじりたる  作の原稿を火の中に取落した  作の悪かった原因がわかんね  作であることを忘れた  作であるように思われた  作には厭気がさし始めていた  作を喝采し  作にあらずして  作を模写する  作だか尋ねた  作だと知ると  作を残らずひいてくれとせがんだ  作を選び  作を何か演奏したい  作のしかつめらしい感傷性をきらっていた  作を管絃楽で聞いた  作だと彼らに思わせておいた  作を少しひいて  作を聞いてくれると  作から受けた  作の中で述べた  作にもそれはあらはれてゐる  作のうちで述べた  作のどの女を見ても  作が作者の気に入っていた  作よりも決して勝れてはいない  作が劇として上場された  作は実に描き足らぬ  作は大仕掛な  作を見て  作と稱せられる  作をほめる  作と伝えられているが  作した太子疾が白刃を提げた  作と想われる  作を手紙を付けて  作だと言ふ  作して立ち昇り  作を改新し  作の題目は変わっていた  作を初めて聞いた  作を法外にほめたてていた  作を示す  作の中に感じた  作の噂をクリストフにした  作は悲劇物語めいた  作が歌劇であるかミサ曲であるかを知る  作を彼女が民衆に演奏してきかせる  作が理解できる  作を少しも人に聞かせなくても済むし  作をほめてくれる  作に歓喜が現われる  作に感激して  作を採用した  作にたいする聴衆の敵意ある  作の美点は残らず完全に感じた  作だと思い込む  作でこのオルレアンの少女のことは知っていた  作必ずしも可ならざるなり  作は概ねかく  作は成る  作と言ふ  作の本当のヤマというべき  作といふ娘の桂次よりは六つの年少にて十七ばかりになる  作が上まで思ひくらべて  作が頓死するといふ  作をかばふに  作よりは我れの方を憐れんでくれて  作の事みなから忘れて  作の基調とするかによ  作の生まれる  作をできるだけ熱心に読まねばならぬ  作がはじめて世に現われた  作であることを感歎し止まなかった  作などいう  作であるかは知らないけれども  作もはなはだ優れたる  作を読む  作に私は満足するか  作は立派なものだろうと思う  作にはポーの作に見る  作だと云ふが  作にかかる  作を舞台にかけた  作の出づるを待ちて  作に就きてにはあらねど  作を拝見しました  作と思われるが  作もあり  作を発表したが  作に窺ふべき  作とを比較する  作を通じて決して上乗の者にあらざれども  作にその実例を見るといへども  作と覚しき  作は重に鳥瞰図的なる山水村落の眺望を主とし  作に比較すれば  作はいづれも  作に優れり  作には時として先師豊国に匹敵すべき  作は往々にして  作には常に一定の形式ありて  作は寛政風俗を見るに  作は文政時代の風俗史料となすに足るべし  作なれどもその筆致の綿密にして  作や皮肉な作を書いていた  作はある  作を読んではくれない  作の上演を許してもらえれば  作で知つてゐる  作だと思っている  作を勝手気ままに演出する  作をもひく  作はやや旧作に属する  作は拙悪であるとしても仏教と文芸はむしろ一如相即のものであるという事を会得して頂くならば  作を生むという  作を見まして  作を侮辱する  作を思い起こさせる  作ででもあるかの  作とは思はれずと  作だと思った  作は省略する  作をたくさん列ねておく  作が世上にほめられる  作を選って  作もあったが  作でありのままに過ぎた  作の善悪を批判する  作と見たならば  作のくだらなさを演技指導ないし演出で補うなどという  作が遙と劣つてゐると  作が惡くては  作の所に許りゆくだらうと考へると  作をまだ理解していない  作を上演する  作をみな上演するほど  作を上演してもらいましょう  作を撤回します  作に注意を傾倒する  作は演出法や上演法において多少犠牲にされた  作の下稽古に少し立ち合わしてもらった  作だとは認め  作は誤解されながらも  作が講ぜられて  作も多かったが省いておく  作の家には不思議なことばかりがあった  作がやっている  作は魔物の正体を見た  作が便所に往っていると  作がその機によろよろすると  作は恐れて  作はびっくりして  作の家にはどうしても魔物がついている  作は翌日親類の老人に話して  作はその音を聞くと  作は黍の餅をさしだしながら云った  作は欠椀にお茶を汲んで来た  作の顔を見て云った  作は驚いた  作は旅僧を案内して  作の手に載せた  作が礼を云おうとする  作は女の子が生れるとともに  作は女の手一つで夫の形見を育てていたが  作と女の顔を見て云った  作と女は貴人の宿をした  作に云った  作もその傍へ出て  作は人に見せる  作は不審した  作は当惑した  作は厭と云いきりたかったが  作ははらはらした  作はいきなり起って  作と女は世界が揺いだ  作を書いて  作を書く  作が詩にも歌にも多くできた  作を改造社から出したが  作の最初の部分は昭和三年十月に改造に出し  作の風景の中に出て来る  作を書こうとした  作して喧しく呶鳴り合って居た  作の発表された  作は公平に見て  作の上にはどう現れているかと云うと  作であるかもしれぬという  作さしめた  作にも劣る  作に比すれば  作の主題というものがひどく残酷な問題となってくる  作と見えて  作を前後とする  作によく見えた  作であることが判る  作に頼む  作はおどろかず  作はそれを種にして  作には自己の創意が多量に加わっている  作でしばしば上演を繰り返される  作としても黙阿弥の作中で屈指の傑作と称せられている  作にケチを付け  作がこれほど有名になった  作としては余りに高く評価すべき  作かと訝  作からオレの物を選んでおいて  作と断つてあり  作に異った  作に依って  作は斯う云う  作に曲ぐ可らざる生命のある  作最も多く且傑作に富む  作の全部の根幹を成していると見られる  作というにかかわらず  作ということを言わないから  作と言ったが  作がこれによって煩わされている  作をつくりなさい  作をつくり  作が吾れ知らず混じて出た  作のない今の自分は一段と悲境にある  作に対はう  作は同紙上に連載され始めた  作のペンを執り上げ  作が凡百の軽文学を遥かに抜いている  作すてふ  作悪無恩利毒の五過ありと説けるごとく  作の大きな活字が眼につき  作を書いていた  作をそこで書き上げた  作に見られなかった  作において避けている  作すやと問う  作より寧ろ引用してある  作せし事もあった  作えるようなものだと申した  作については引き続いて  作を読んでも  作を残している  作書いてない  作は千八百六十八年に公にされて  作といい伝えている  作だという木彫のある  作としてのかたちをかりぬ  作の中には芸術家としての行き詰りが  作をも発表しないで  作の出版その他が完全にすんだ  作として読むと  作をよめばうなずける  作で初めて作品の世界の雰囲気というものを或る程度まで描き出すに  作に現れた  作の貧困をもたらしている  作の不十分さもかもされている  作も本人いっぱしの気でおさまっていた  作つたものに違ひない  作つたものであらうが  作と言われている  作であるとしたならば  作と伝えられ  作は黙殺している  作を与えて  作を選み  作であると思つてゐる  作ができてから  作は書けなかったろうと思う  作を読むと  作に注意しない  作を産み得るかの  作を書けと  作をも収録する  作は当時異彩を放つた  作ありと云ふべき  作では那様関係ばかりを眼に見ていて  作の出来る  作をしていねば  作をしていれば  作に係れど  作であることを見てと  作という所に興味があるし  作えてあるわ  作と思う  作を一々見て歩いた  作お爺ちゃんとこのお美夜ちゃんっていう  作よりもずっと前に書かれた  作と比べても  作として見ても  作として迎えられ  作と比べて  作が意に満たないと坐ても起ってもいられなかったらしい  作は遥に勝れり  作だけを読んで  作を読まない  作のようなものを聯想せずにはいられないだろう  作とも思っていなかった  作と言伝る色里三世帯を持来る  作や一知半解ながらも多少窺った  作と称せらる  作を支持して下さって  作なぞとても足もとにも寄れぬ優れた  作を最もすぐれた  作に代表されている  作の性質から自然探偵小説的な匂のする  作の上に浮いてゐる  作といふことができる  作ができず  作は漫然たる浪漫的気分の胚胎した  作から感得できる  作には一昨年の秋いまはすつかり  作が憑かれた  作になるが  作が発表されてゐるが  作も批評したいが  作との比較に依つて  作にも同様のことが言へる  作の所謂追想なる  作は色彩が一見幼稚さうに見えて  作は場中で光彩を放つてゐた  作では女の重量感を腰のくびれで  作の様に現実もまた凡作であるといふ意味で藤田氏の作は写実性がある  作は研究題目として十分に興味がある  作が私に在ります  作を脚色したる  作を上場してます  作は最近に翻訳を発表する  作を残して  作の根柢を成してゐる  作を通じて見たる  作と思いますが  作は上場いたしかねますと  作には或る面白い変化があれば  作して憤るかもしれない  作ですなこの辺は少しどうも一般の読者には烈しすぎる  作を軽ずるにも当らず  作を読みて  作を参考とするは  作出す事あり  作の主題にも依る  作を支配する  作のなかでも最も完成した  作の内容に対する論が多少現われてきはしたけれども  作の暗示的内容とが切り離される  作の魂たる現化が問題のうちに完全に取り入れられる  作の取るに足らずとも  作つたものを熱愛の眼を以て見てくれる  作はそのあとを見送り  作は内に入る  作は打つ  作は無言にて持參の桃の花を床の間に生ける  作は立寄  作は半二に藥を飮ませる  作とおきよは  作はその脊を撫でる  作も見返る  作として古く伝えられている  作について自信を持っている  作上げて帰った  作を全部取寄せる  作は必ずしも回向院の樒売りをうたった  作によって文学の舞台に登場せられた  作つてゆく  作は大分弱くなっている  作につづいて書かれた  作も幾多のルポルタージュも文学の基調を一変させる  作で作者が自身のスタイルを試している  作を書き終る  作は失敗とは言えないまでも  作を激賞してゐますが  作に比するに足る  作を愛読し  作であると告げられました  作を拝見し  作に節がつき振がつくと  作として東京本郷の南江堂でこれを印刷に付し  作はあの作として傑作だがという程度で稲ちゃんが云った  作は見ました  作と思われているが  作にも或共通した  作と伝へられる  作とせられて居ない  作として出された  作に没入して  作は出  作をたくさん残している  作しているか  作に目を通しては呉れなかった  作にもまさって  作には浮世絵や四条派の絵をなしている  作もほとんど光を失う  作が定義する  作の上に年輪のように発育の痕跡が現れて居る  作など這入ると思ふ  作として知られています  作で扱われた  作を付け加える  作は余り面白くないのだとか申す  作ということになって居ります  作といたして置きましょう  作で世の中に出た  作を重ねる  作の甘美に酔ふも  作のために用意している  作が収められて居る  作は本年度日本文学の一大收穫たるを失はぬ  作となっている  作からはほとんど苦しいほどの激情を喚び醒まされた  作がプロレタリア文化団体に関する取材であるからといって  作に現れ  作に価値を与える  作と区別された  作をわけた  作は読む  作も拾いあつめて  作が出はじめた  作と思われていたが  作としている  作つたことが確実だとすれば  作の主人公が赤んぼに  作かと寺で尋ねますと  作にしては  作の中に漲り  作より下がっている  作はどの理想に属する  作だと申します  作の理想のある  作をありありと心に想い浮べている  作を造った  作と関係があるに  作を無断改作して  作だとい  作つてゆくが  作でその杞憂を一掃したい  作は癲癇病みの  作ばかりをしていて  作の出来如何にかかわらず  作などにおいて瞥見する  作は古事記か何かにある  作を書き上げて見ると  作を褒めていた  作も殆んど読まない  作は一年ましに上手になって行くというが  作から見れば  作を読んでいないと思う  作とかを頻りに耽読していられた  作を讀んだ  作は此點に於て先づ全然失敗して居る  作の嬉しかりしが  作の讀まるる  作は我が親しき友の身の上にありし  作こそは悉くわが空想の産みし  作は当時ロシアの現実に生き  作に依  作は一時途切れている  作には駄肉があって  作となって  作になっている  作があった  作には入らない  作だと思う  作をここに並べてあげたくなった  作で前作をぬく  作ということが記してあります  作に於けるが如く  作に於けるがごとく  作には構成派として優れたもののある  作はまた構成派として優れて来た  作や志賀直哉氏の一二の作に於けるが如く  作をつくった  作としてはつまりませんね  作とをならべて置いて  作の諸特徴を讀者の前に供へる  作には常に自信を持たない  作を世に敢て出すとすれば  作にもそれだけの價値ある  作に現われた  作なる短詩すでに世に知らる  作なるキリスト磔刑の聖歌の始めをとれるなり  作といはうよりも  作を貫いていた  作があって  作をあげて  作の強味を語っている  作の主人公を苦しめている  作を読み返してみても  作にはかなりいろいろな人物が現われてくるが  作の世界全体に叙情詩的な気分が行きわたり  作の世界全体に叙情的な色調を与える  作となす人は九六行のtardiをおそきに過ぐる意にあらずして  作なる金の頸飾を得ん  作を見ようとして  作なんか鬼ヶ島という題だったら一寸面白いと思える  作ができなくて  作に書いてありました  作となつて居り  作を伝へる  作の気脉は多少国民性に触れ  作を見んと欲せば  作に帰れ  作には尚読者を惹く  作を読まぬ  作を理解して  作を考へてゐれば  作につきまとっている  作に対して抱くほどの  作を附加し得た  作は出来ぬ  作を読んだが  作に花々しい意気込みをもつて取りか  作を載せる  作が得られるというので  作を試みて  作を発見して  作があったと言われているから  作と見られる  作は健陀羅国人問答師の作と伝えられている  作に酷似する  作は右の諸作ほど特異な才能を印象しはしない  作にもこの傾向は著しく認められる  作とする  作であることには疑いの余地はないと思うが  作を一見した  作と称せられ  作であることを要求する  作でなくてはならない  作であって光明后をモデルとした  作ともいう  作は模範のないところに突如として造られた  作を初唐に結びつける  作によって推測する  作であるかも知れない  作はあまりに偉大過ぎる  作とせられている  作を朝鮮作と断ずる  作を百済観音と鳥式仏像との中間に置いて考え  作と称せられる  作か覺えて居ない  作を讀むと  作に身を入れる  作が與へる  作して頌せん  作によつて一躍新進作家の首班に列し  作も交つてゐる  作と推測される  作つてみる  作の形式ばかりが変ったからとて  作と雖も或る特殊階級の人々には必要なものかも知れぬが  作を続けている  作として世に知られている  作し赤茶けた  作で同じ運命に逢つたのが隨分ありますからねえ  作で同じ運命に逢つたのが随分ありますからねえ  作つたものが蘇り  作つたものであるかを知らないし  作すこと甚だ疎なるを致すが如きは  作も書かず  作はいたずらに見放くる  作してきめつけられる  作を希待する  作とについて述べられている  作とも思えぬ  作を思いうかべてみると  作ができたので  作といわれているが  作が幾つも出て  作とある  作に係る  作の上に利益があると思ふから  作であらうか  作とございます  作なぞといういい加減の箱をこしらえて  

~ 作[名詞]1
人の作を  唱へた人の作に  トルストイの作は  チェホフの作は  最近に作  日本人の作と  淡海三船が作  日本人の作  吉備大臣の作  彼の作は  誰の作とも  何時頃の作とも  一茶の作は  大家の作に  老大家の作に  自分の作が  私の作が  可なりの作  苦心の作を  名家の作を  愚劣な作を  下命の作を  鮮明に描いた作を  先生の作として  すべての作は  一つの作に  氏の作も  屹度作文の作  作文の作  同期の作の  これらの作の  他の作に  問題とした作を  ミシエル・アンジユが作を  おのおのの作を通じて  狙仙の作の  端物の作  傘を作  子供を作へて  自分の作に  自分でも心行くだけの作が  張継の作によ  翁六十九歳の作に  八十三歳の作に  次の作を  別の作を  作者の作  推古時代の作  天皇の作  画家の作には  奇異の思ひを作  甞て作  和銅四年の作と  鳥仏師の作に  あなたの作の  私の作を  たくさんな作を  私の作の  あなたの作を  気になる作  ような作を  失敗の作は  多くの作では  彼の作に  ほか五六の作が  結婚以前の作  其女性自身の作と  我輩の作に  女性自身の作と  それの作  不得意とする作  緑雨の作は  緑雨の作の  裕佐の作とを  自分の作を  僕が作  二十九歳の作  老境に入っての作の  自信ある作とは  描写した作  失敗の作  最終の作とも  画期的な作の  会心の作を  アンドレーフの作の  規則で作  トルストイの作を  昭和十二年一月の作  本年の作  高祖の作  人々の作  円熟の作  任ずる是等の作も  世界の作に  頃の作  マイヨオルの作  一葉柳浪二家の作に  二家の作は  作家が作を  云ふ作が  上手の作とは  明治四十二年の作  籠めて作  他の作と  己の作と  善を作  惡業を作  福を作  所應作を作  應に作  所作を作  馬琴の作  鎌倉時代の作で  全部白臘で作  ジヨイスの作にも  題と作  傑れたる作に  完璧の作に  ような優れた作を  それ等の作に  立派な作には  人の作  努力した作  良人と別れて作を  ロダンの作を  元禄以後の作とは  有名な作が  君の作とは  多くの作に  最上の作と  誰が作  ケイ大人の作  全部人麻呂の作  初期の作から  晩年の作から  具象した作で  出来上つた後の作  一連の作が  健康時の作の  多数の作が  代表的な作として  時の作の  カテゴリイに属する作には  体験する作  三津浜で作  心情のにじみ出てゐる作  泊つた時の作  今年は作が  色を作  弘法大師の作と  爛熟した作を  人の作ほど  それは作と  四つの作では  私は作の  各人が作の  造化の作の  木材で作  自分の作  此の作を  これらの作に  次にある作の  濫觴を作  フィリップの作の  作者の作に  二三の作を  與へぬとは作の  やうな作を  人の作は  いつごろの作  葦が作という  葦が作  ような作が  限りを尽して作を  最後の作とか  斧劈を作  習児の作なりとて  皇子の作と  作衛の作の  宗長等の作と  彼の作と  三万語の作を  行光の作  左甚五郎の作と  此の作は  彼の作としては  折にふれた作  弁吉の作  開基覚如の作に  人の作が  スコットの作に  人間の作の  希臘の作を  自然派の作にでも  真だけの作と  甲の作と  評価しつつ作に  誰の作は  誰の作の  これ等の作の  條件的成功の作  最初の作  以前の作よりも  一の作  その後の作の  他人の作の  小生の作が  イブセンが作の  これ等の作に  彼れの作の  ルノアル翁晩年の作を  一人の作でも  詩人の作を  小生らの作を  人の作と  冑師の作  明珍の作  漱石は作の  上野へ作を  寸角の作にも  人の作として  それぞれの作の  明治二十八年の作  神経質な作を  乾山との作を  來の作を  底に作  ひそかに作  長義の作  陰惨な作  聖徳太子の作では  #運慶の作  放哉居士の作に  同時の作  人麻呂の作と  個想派の作を  類想家の作も  こと類美の作より  小天地想の作をば  シエクスピイヤが作を  シエクスピイヤが作は  作家となりて作を  作家の作を  シエクスピイヤが作の  バイロン等が作の  シエクスピイヤの作には  近松が作には  シエクスピイヤが作  傑にして作の  衆戲曲家の作に  衆戲曲家の作の  記を作  シエクスピイヤが作にて  言を作  苟くも大家の作には  隨法行を作  吐息の作  自分の作では  誰某の作  二つの作について  とらは作の  おりには作に  ように作に  島が作を  そとから覗いている作の  ような作の  島は作との  島は作の  島は作と  島が作との  夜明方まで作と  余らの作は  三の作を  秀真君の作  響を作  旅行者の作も  学者の作  自由に作  人麻呂の作  人麻呂の作で  水に関する作を  旅中鎮魂の作  動機で作  芸術的に作  集つた人皆が作  舎人等の作と  人麻呂の作にも  萬葉中有數の作と  染吉の作に  者の作として  僕の作の  づゝ書き溜めておいた作の  仕舞つておいた作といふ  みのるの作を  女の作の  文學士は作を  オスカア・ワイルドの作  井伏鱒二の作と  私の作  苦心のいった作  最近の作  見かけ倒しの作  為永春水の作に  春日の作と  多くの作を  近松の作を  粟田口藤原国光の作と  同年の作  元日の作  觀察描寫した作と  一期の作を  發表された作  前期の作で  乙女の愛すべき作で  特色のある作と  活き活きと作の  ふよさを感じさせる作と  貞さんの作を  一期の作の  やうな作が  此最後の作は  貞さんの作  自ら前期の作に  最後の作に  長短各種の作を  途中の作  氏の作を  十分の春を作  門と作  名人の作を  自分の作の  時代の作に  虎関の作と  玄慧の作とも  鏡花などの作が  声を作  ハイネの作を  此の作に  不満を抱かせる作  すべての作に  西鶴の作にも  師伝を証する作  晩年の作にまで  幼稚な作  幼稚の作  水彩画家の作と  事が出来る作  椿岳の作としては  椿岳の作と  椿岳の作では  椿岳晩年の作として  法則を守った作  巨匠の作に  前例を作  魔神の作  感じに置かずして作に  僕の作を  一世一代の作を  怫然色を作  過去の作を  ドストエフスキイの作を  病床にありての作  作と作との  得意の作では  タクミの作に  名人の作  一週間近く掛つて苦心した作が  湛慶との作に  左甚五郎の作  運慶の作と  運慶の作で  巣を作  誰の作か  めいめいの作を  南翠の作を  僕の作として  明治十四年の作  青年の作  何かしら道具を以て作  恵心の作の  他人の作と  記実的の作  ように作  没趣味の作を  左圭の作  俑を作  あなたの作に  圧巻の作かも  何樂模氏の作  理詰で作  真剣に作  二大家の作に  紅葉従来の作に  紅葉の作を  露伴の作として  時の作と  目的として作  手で作  一人の作  作品中どれよりもすぐれた作  以前の作が  ときの作  諸君も作  戸障子等を作て  失敗の作と  女流の作が  ましな作を  #美術家の作とに  在銘の作に  彼の作が  就中個人的在銘の作に  意識的な作は  皆意識の過ぎた作  想の作が  他国の作  手になる作は  個人の作も  華麗な作も  素直な作を  美を示し得た作が  創造を示し得た作は  誰々の作という  民衆の作  大衆の作  天才の作には  民衆の作に  無銘の作  #無銘の作に  無心の作を  在銘の作と  在銘の作は  最高の作と  今日の作が  ことを恥じた作の  必然に作の  幕末の作を  無銘の作に  個人個人の作では  一時代の作  一民族の作  安部仲麿の作  今でも覚えている作  ストリンドベルヒの作に  自らの作  唯一の作は  何の作  少数の作を  徳田秋声の作の  此の作の  オルカーニアの作と  徳川末期の作と  誰の作  弘法大師の作  札差の作  元禄以降の作  籠んだ作が  慶禅師の作が  彼の作  師匠の作は  #弟子たちの作でも  古人の作は  彼等のいづれの作  箱書をしてくれといって持って来た作を  私の作に  名工の作など  穏健な作を  高村の作として  狆の作が  私の作は  君の作が  努力の作とは  矮鶏の作を  千数百年前の作  目星しい作を  役の作が  時山崎氏の作は  山崎氏の作は  山崎氏の作を  人で作も  米原雲海君の作の  時の作など  会心の作が  新体詩人の作  樵夫を殺す作を  二つの作を  句に作て  名将の作に  Stendhalの作を  謎の作に  天正以前の作と  名人達人の作に  作家たちの作を  二十八年後半期の作の  人の作も  上の作  有名の作  文士の作を  自分の作は  ば寛政七年頃の作  鶴屋南北の作  竹柴其水の作  別種の作  旅中鎭魂の作で  低級で作の  相を作  輪を作  陣を作  様を作  田口君の作に  青年田口の作  あなたから作  蔓草で作  手になった作に  曲亭の作と  馬琴の作が  近松の作の  綺堂さんの作と  以上の作と  是の作を  世阿弥の作  漁にも出れば作も  他人の作を  柊で作  棒で作  根本基調を作  これは作の  評判の作を  得意の作の  才子の作と  老女の作の  頃の作で  別個の作に  昭和二十三年の作  人の作には  センチメンタルな作  静かな作の  京伝種彦あたりの作が  朋友の作を  他人の作は  俳句の作を  最後の作と  詩を作  入念の作という  矢張難波戦記流の作  アルツィバーセフの作に  発表した作  江戸川乱歩の作の  私が作に  人工的に作  団体を作  ぼんやりの抜け作  イブセンの作の  海へくびれを作  頃の作を  滝亭鯉丈の作  天保十二年の作  圓熟した作の  自分は作の  仔細にとり入れて書いた作さえ  題の作を  ストリンドベリイのある作などに  毎度近松の作を  ヒュームなどの作も  ドイルの作  ドイルの作を  古田子之作へ  古田子之作を  今後の作に  私の作について  時代の作ほど  未来派の作は  従つてかなりの作を  從つて可なりの作を  近代人の作を  他の作を  井上哲次郎氏の作として  今年の作は  人間の作  本尊慈覚大師の作と  列を作  ような作  尤もらしく書かれた作も  発揮して作を  巧な作が  柄を作  群を作  給ひし作  会心の作という  源信僧都の作と  自力で作  事件を作  悲劇が作  敵意を作  標準を作  眼を通して作を  師匠の作に  ラグーザの作という  精練の作を  私の作で  四五百年以上もしてからの作に  害を作  ロールツヒ先生の作に  患者たちで作  著者の作の  かたで語ろうとした作  各人の作  四方太闇汁十句の作  むる陰影を作  何者の作  親方はぬけ作という  あだ名どおりのぬけ作  二代目治助が作とやら  傑れた作の  千柿名人の作に  弥七郎の作  虚偽の作  右の作には  オックスの作を  心の作に  師の作を  シェイクスピヤの作を  だれの作  彼自身の作  彼の作を  それらの作から  外國で作  安永七年の作  安政年間の作  故人三谷幸吉氏については作の  作者の気に入っていた作か  女史の作が  親仁の作を  住人初代長光の作  一流の作と  円空の作を  足利時代の作と  天保頃の作と  苦勞人の作で  此人の作  縞目を作  彼は作の  一編の作は  ペルゴレージの作が  ドビュッシーの作を  晩年の作が  シルレルの作で  ために作  思惟を作  名家の作でも  喝采的の作  喝采的の作は  喝采的の作といふ  文学的の作に  一廓を作  残居て作  誰の作と  ファンテジイを作の  先人の作を  Monetの作が  村瀬義益の作  弘法大師の作など  弘法の作  一五二五年の作  悲劇の作も  其人達の作を  詩人の作に  人たちの作を  彼の作には  近松の作  矢張り同氏の作に  従したる作  美妙氏の作に  所謂天平前期にあたる作  頃前後の作と  三藐院自らの作に  奥村一派の作に  春信の作とを  鳥居清重の作に  後年の作と  晩年の作に  東海道の作は  画家の作に  初期の作には  初期の作は  国貞の作には  豊国の作は  国直の作は  文化末年の作  晩年の作  志村の作と  皮肉な作を  加茂季鷹の作  何の作が  別の作で  敵の作をも  美感に溢れた作を  色色の作を  流行以外の作を  意味の作を  以前の作を  他人の作で  名古屋あたりの作  ギスの作とは  源氏の作は  御息所の作  源氏の作としては  女房の作は  態度の作を  源氏の作  源氏の作が  山水を作  少女の作で  人工入神の作と  例年よりも作が  樣に作が  採用を迫らるる作を  青年の作を  青年の作は  青年の作の  様に作が  紫夫人の作  得意の作  それらの作が  参会者の作も  一つの作を  題にした作が  心持ちが作の  念を作  嘉永元年正月朔の作  元旦の作  精巧な作の  何人の作にも  時の作  人の作ながら  自称憂国家の作  上手な作と  昭和八年十一月ごろの作  円朝の作として  以前の作  三代目河竹新七の作  円朝の作としては  七十二歳の作  黙阿弥などの作には  黙阿弥の作で  黙阿弥の作に  黙阿弥の作としては  家持の作  小僧の作かと  皮肉の作  凡手の作では  タクミの作から  二十年前の作と  イブセンの作に  世阿彌の作  それが作の  出色の作  奇観とも言うべき作  千年以上の作と  作が作  頃から見ると作の  小山君の作に  当時は作の  だれが作  怪害を作  念いを作  赤骨観を作  機械という作を  大会を作  彼の作より  次の作が  乱を作  烏声を作  韓山童乱を作  業を作  竹で作  入口を作  初期の作  圓朝の作では  等の作の  誰の作を  溝を作  種彦の作  最初の作に  差別待遇を諷した作を  目ぼしい作  ロマンチックな作  オルカニヤの作と  一つの作をも  大川の作の  漱石晩年の作の  年の作として  刃傷などをからめた作  最後の作  考うれば作に  人格の作  苦心慘憺の作  重厚深刻の作  ゲオルグカイゼルの作  上手な作  謂はれた作の  前で作  むる乗鞍嶽を望んで作  げて作  戦国時代へかけての作  国光の作と  藤田一人の作では  僕の作は  勤勉に作  素晴しい作を  金井能登守の作の  支那人の作  憧憬に満ちた作は  どれだけの作を  これに代る作をも  月賦で作  今度の作では  空想とかで作の  他人は作を  私は作を  模擬踏襲の作では  此の作には  後世の作に  少年時代の作  あんたの作  春水の作という  二代目春水などの作と  前記春水の作の  里での作  仮面が作  媛の作と  箇々の作として  初め春廼舎の作として  作家の作と  余の作に  彼らの作は  二度目の作  二葉亭の作だけを  馬琴の作の  自ら任ずるほどの作とも  竹田屋西鶴の作と  古人の作や  二葉亭の作を  竹田屋春水の作と  私の作なぞ  会心の作  露骨に作の  はつきりとわかる作  気配を感じさせる作  最近の作では  これまでの作の  問題をもつた作  草花を描いた作に対する  大森桃太郎氏の作には  大森氏の作が  同人の作に  恋人の作の  其他の作が  諸君の作も  失敗の作で  観察がゆき届いた作  一人の作との  動揺の作  河合芳雄氏の作では  藤田氏の作は  頃の作に  神泉の作は  童話の作が  エドモン・ゴンクウル氏の作を  ミイ会員の作を  これらの作を通じて  仏師の作  湛慶かの作と  人が作  譯で作  方の作には  後他人の作を  人物を作  下手の作  上手の作  一八八八年の作  翌年の作  私の作などの  技巧と作の  興味を注ぎ得べき作  宝志和尚の作として  属官が作  記事を作  二人の作を  俳人の作は  方から作  夏の作が  ジョンソンの作を  ジョンソンの作に  ステフアン・キイスリングの作  くじの作を  同君最後の作として  自伝風な作と  此人の作と  柿本人麻呂の作と  二十四歳位までの作に  兼六公園にての作に  暗黒時代の作  中年の作が  先人の作に  やうな作は  時で作の  一部を作  凡俗な作にも  派の作には  立派な作も  ツルゲネフの作が  時代の作で  作家が作  シヨオの作など  ゅうでも屈指の作として  諸家の作を  明朝の作は  瞿宗吉の作という  瞿宗吉の作と  僕の作で  彼の作の  大変失敗の作  次の作の  初期の作が  世の中を諷した作  足らず思つての作で  同氏の作  幻に描いた作  流派の作と  断崖を作  最後の作では  後の作  散見する作も  廷臣たちの作の  朝一生の作と  風雅の作と  朱世傑の作  風流亭で作  気持で作  誰の作かと  荒川の作に  前の作より  不愉快な作  モーパッサン氏の作  今それらの作を  これらの作を  唐代の作と  還元し得ない作  李朝の作においても  等の作と  山本有三氏の作を  甲の作  次の作で  ような作は  男の作は  放浪生活にあこがれた作ばかりを  圏内にうろついている作は  私としては作の  私が作  後期印象派の作などにおいて  題材の作が  大分長塚君の作を  夏目さんの作は  新らしい作を  感興を起させない作は  人々の作の  彼の作こそは  近く予の試みし作  明珍長門家政の作  相州行光の作  父の作は  父の作と  父の作に  山田先生の作が  自分の作には  無茶苦茶な作  一気呵成に仕上げた作  希望で作  都子氏の作ぐらい  メリメの作の  ものには作  彫刻も優れた作が  何某の作という  芥川龍之介氏の作には  金子洋文氏の作は  一二の作に  特色ある作とを  自己の作には  自己の作を  拙劣なる作の  最初の作より  その間から生れた作は  銘をうった作が  以前の作と  ヘファイストスの作  九三スタティウスの作に  始祖としての作の  一九〇八の作で  気の乗った作が  者の作  筑紫巡幸中の作とな  理想を描きたる作を  西鶴の作に  弦斎の作を  弦斎の作には  ための作  つて次の作を  恋の作は  ガールが現れる作を  時次の作に  初代道八の作が  四天王ほどにすぐれた作  偉大な作  シナ人の作  貞観時代の作と  健陀羅国人問答師の作と  作家の作  貞観時代の作  問答師の作と  問答師の作  平凡な作  立派な作  法力の作  義静の作とも  藤原初期の作と  時代の作と  藤原時代の作  ころの作  上宮太子の作と  誰れの作か  其後の作を  波多郁太郎さんの作  三上永人さんの作も  四年以来の作  むかし張角乱を作  如何に作の  これらの作と  信念とを以て作を  今日信玄の作として  水の作  断層を作  眞面目な作で  用ゐた作も  対を作  数等劣った作ばかりの  真面目な作で  何某が作  何某の作  飯を作  日出でて作  目星い作も  三幕以上の作は  大家の作と  乱調を作  伝教大師の作と  大家の作  感想と迂作とについて  後人の作  人の作とも  四年にわたる迂作の  おりの作と  らく会心の作では  ところ会心の作が  達磨を詠じた作が  細川幽斎などの作は  武蔵の作と  學者セームンドが作  作家の作が  明治十四年の作と  永瀬正吉氏の作に  將來の作の  三重吉先生破戒以上の作ヲ  初期の作で  何処で作  大野出目の作と  大野出目の作なぞという  大野出目の作  今までのが優れた作  

~ 作[名詞]2
其の作  この作  その作  あらゆる作  好い作  かの作  いい作  あの作  よい作  慎ましい作  無き作  かかる作  ある作  どの作  つよい作  やはり作  よき作  いかなる作  美しい作  こんな作  深い作  あれらの作  古い作  新しい作  どんな作  何しろ作  すっかり作  えて作  同時に作  くさい作  こってり作  長い作  あたらしい作  多い作  小さな作  こうした作  とにかく作  ない作  こういう作  かならずしも作  貴作  必ずしも作  く作  懐かしい作  苦しい作  面白い作  又作  彌作  とお作  わが作  にくい作  くだらない作  名高い作  そういう作  良い作  苦い作  大した作  短い作  なにぶん作  なにしろ作  人間らしい作  拙い作  大きな作  そうした作  大きい作  下らない作  吾が作  醜作  堂々たる作  

複合名詞
処女作  作つた舞台がち  作爲  画作  作つて挿入  作つて行つた事  代表作  作つて  作つたの  作つて自分  作つた野菜  作虐色情狂  刑餘始作  作つた  頓作  五郎作  田伍作  仏作仏行  出演作  作つた句  新開作  当り作  作さん  悪作  下命作  努力作  作なほ  一作  芥川賞受賞作厚物咲  つた作  多く作つて  順作  作つて了つたの  聯作  作つた歌  フリートベルク作  シュタインハウザー作  ゲラン作  ケルナー作  鞍作杢作  其外鞍打杢作  作つた時  ベートーヴェン作  画作十年  作以来  作つた折  作行  作ッ  張作霖  處女作  作つた自分達  作つてアメリカ  折つて作  作つた事  たくさん作つて  一度作つて  一八四〇年作  作つた楢本盟夫  端老作天涯客  韋応物作郡  リ作シテレ香ト焼ク  児玉作左衛門先生  為作  為作老人  二作  明治三十三年十一月作  作つた百姓  デビュー作  一時作レル歌  石村藤作  藤作老  作入れ  三作  作劇術  通り村井勘作  村井勘作  不破伴作  作つた気持ち  作仏房  明カニ軍事的施設ヲ作リツツアルモノノ如シ  如キ波長ノモノヲ作ルコトヲ得ザルコトヲ発見シタルトキハ絶望  作働  作つた布  願哲石子伴作ほか  纏つた作  竜作  一作ぐらゐは筆  作略  岡田禎子作  作跡  皆無作  平年作位  楊柳斉作レ花春風一夜入二閨闥一  森本薫作  当選作  作年  当時問題作  作大菩薩峠  作上演  二一天作  ついで作つて  作つた陣地  博覧会出品作  幾つ作つた処  一つ二つ作つて  作つた聖像  作つた者  和安田定三作今日  作つた沓  明治三十七年七月処女作  作列  昭和十年作  画期作  四回文展出品作  丙子十月三十日脱稿作後贅言  作つた菊  作つて來  いつか知ら作つて來  つて作つて來  優秀作  作句  作つた小指  久作  作つた雑器  二十九年十一月作  作そのもの全体  最近作二月末日〆切  作つたトーキー  作つて登城  作つた狹  作つた防風林  作ツ  主人逸作  逸作  夫逸作  逸作等  とき逸作  逸作先生  画家丘崎逸作先生  某作等  一作三百枚  作つた所  作つた方形  自ら作つた後悔  作レ法興レ利以致レ富  三浦藤作  谷崎潤一郎氏作  作す  佐々木作樂氏  人麿作長歌  作す人  我作  惡不作  庭作  業作  高鳥真作  真作  高鳥真作たち  当主一作  ぁんの作  作つて神  秤作  作つてわたし  田五作  文展出品作  作つて梅  將棋作戰學  一作目  四作目  三部作  一九二三年作  共作  作劇上  意欲作リファロ  作つた私  竹谷義作  作つて冷吉  泊つて作つた歌  ばか作つてもれ  箭作彦十郎  泉鏡花氏作  作つた大型  親作  作つた作者  作人  手作  作くん  作つた樣  作つた様  五月藻作氏  今年ア作  作つた畑  格子作  格子戸作  谷崎潤一郎作  優美纎弱ニ作ラズ  作ル  以テ浮薄輕佻ナル知識階級ナル者ヲ作リ  作リテ而モ健康  作ラシムベキ宮廷  作調家  作つた漢魏注家以外  処女作以来  作つた垣  ヲ作リ  ヲ作リタルヤモ知ルベカラズ  作虐的  作つた歌三首  馬作  馬作何  馬作さん何  馬作さん御利益  治小かね馬作  兼馬作  おい馬作  烏亭馬作  馬作お前  馬作さん  ア馬作なんど  馬作一人  馬作さん私  五作爺さん  五作  作つた機械  病中作  一天作  作一體  処作  善作  作丈  作つて江戸  水戸作  立匠作  凡て作爲  代表作敵討三組盃  京山作  六樹園作  雪作務  作務  薪作務  作務衣  イプセン作  入賞作  作つた祕府略  苺作  作州美野  作陽誌  人作  伊作  つて作つた句  作つた肝腎  張作霖爆死以後  神亀五年作  形作つて  農耕作  作つたレーンコート  作つた柳田先生  光広作千匹猿  川端康成君作  作つてそれ  草履作  足駄作  葛籠作  土器作  皮作雑種七万九千九十五人  作つて行つたの  作つた為兼  作つてたけ  公任作  楢崎将作  云ふから一首作つて  作因  出世作  作そのもの  弟作人  作つた立派  大正四年作  赤尾美作  猪作  グルジューモフ作  マヤコフスキー作  八尾八作八峯八つ塚大杉  作四  作つて曰く  會長鈴木正作氏  処女作同様  以後一作毎  六年前処女作  凡そ逸作  逸作の  角逸作  つまり逸作  逸作達  工賃作料したたか  作全体  作以前  作つた芝居  殆ど作つて  作つて後世  作ニツキ  大矢野作左衛門  ひと通り作つて  大概処女作  珍作  作設  作爲者  作つた講談本  作効果  従来作つた書物  実作  伊東伴作  伴作  帰つた伊東伴作  却つて伊東伴作  主人伴作  作語症  野澤源作  鎌田市作様  鎌田市作  出羽作  明治三十一年八月作  四作  江戸川乱歩作  小酒井不木作  作霖張  失敗作  夫子作春秋  雅者孔子門人作以釋六藝  うたつた作  一作一作  無名氏作  作つた詩  作太夫  こと作  三十一年五月作  小倉作左衛門  池野作右衛門  作右衛門素捷  虫尾兵作  大将虫尾兵作  作つた教訓主義的  沼霧匡作  作なんど  一生作  度作  右作  おい万作  云つて万作  姉妹作  作日頃  昭和七年十一月作  作一家  作以上  子規居士既作  庸作  作つた都會  作つた田舍  平家作  云藤原北卿宅作  つて作  群作  作つた恋愛詩  作つて答  作つた歌曲  作つた数枚  高橋作左衛門  作つて挨拶  捨つた作  作始め  組合ワセテ作リタル丈夫ナルモノ  作つて一緒  作つた彫刻  諸作無意識中  一代表作たる  作おんな  弟廉作  廉作  大分二一天作  木作首尾  頓作問答  延作  延作たち  大正八年四月作  渋面作つて朝  作つて訓  作つた家  作といつて差支  いふ作  作つた腰簑  作つて呼号  作渓中雨  蔡節齋松裏安亭松作門  作つた英語  作共  基本作因  問題作  勘作  勘作さん家  勘作さん  おい勘作さん  作つた山斎  匠作  作つた十六ミリ  急作  所謂処女作  作つた贋物  明治三十一年四月作  作たる  処女作小説  善作さん  知つて善作さん  善作さん一家  野田開作  処女作以来今日  田村俊子作  エルヴィユ作  作ナリ  三分作以下  作劇  金子洋文氏作  長与善郎氏作  菊池寛作  山本有三作  作つた若者  作つて銅羅声  作つた妓  矢張り近松作  作つて人間  鎧作  畸行作さん  段々作さん  杢十田五作  作せり  コレリー作  行つた作  一皿作  作つて登つて來  作戰  藤作とい  藤作  ベートーベン作  パァージャル作  ちの周作  洲王張作霖  レ国三旬海作レ家  作レ山  織田作  織田作ゆかり  運作  掛作観音  作料一枚一朱  畑中正作  一八九八作〇一九一三訳  浜作  伝行基作  五作さん  惡莫作  作州  作州街道  平年作  作つて自ら  主演作  作つた人  松亭金水作  作州吉野郷宮本村  作句上  作劇家  作時  作つた驚嘆  作つた四庫全書  作レ羮致二於樂羊一  作つて販賣  作つて新法  作つて周  作つた富  應レ作二雲南望郷鬼一  作つた樂府  述而不レ作  聖人作レ事  レ我作レ故  作レ故  聖作  作つた模造碑  作つた男  若作レ樂  湯作新  幸作  作レ樂  アニタ・ルース夫人作  作つた目録  作つて金儲け  作つた本  作つて學問  作つた古今書録  作つた所以  作つた藝文略  作つた部分  作つた三つ  作つた太玄  作つて寫本  作つて藏  作つた位  作つて彼等  作つた大秦寺  作笑  西洋作  矢張り作  三遊亭円朝作  岡本綺堂氏作  作州牢人  與へた作  作有ツテ一襄ニ  五分作  六分作  平日作略  昔作つた詩  作つた翻案  海野十三作  作つた問題  作的境地  作白衣観音  沢山作つて  作つて陳列  かお作  高村光雲氏作  斎藤作吉君  太郎作さん  博士作  追善作善  北原白秋氏作  三部代表作  作つた山口素堂  悪作劇  作つた芭蕉  北条美作  梟雄北条美作  堤作右衛門  作右衛門  一作ごと  先生作  三好十郎作  和泉作  綱作  ジイド作  作つて問屋  福地桜痴居士作  黙阿弥作  森鴎外博士作  作譜  ウェデキント作  森鴎外作  チェホフ作  伊原青々園作  山崎紫紅作  岡本綺堂作  野草通作  作ニ対スル  活作略  信作  大正十三年六月作  ヌケ作  河竹黙阿弥作  二役鵜飼甲作  作劇熱  依田学海居士作  川尻宝岑作  誰か作  作一千余首中  作銘  此長演大作  作つて私  いか権作さん  作つて宙  作十  作州杉坂  作戰計畫  シエンキエイッチ作  作説  作つた学校  瓊子作ル  燕作  数作  大塚匠作父子  口授作  荘官木工作  最大作  つて作つたの  作つて東京  一八三五年作  九回文展出品作  秋田藤作  一声藤作  周作  星野作左衛門  作措辞老練  番作  作つた我我  作つた詞  作つた杖  作つた廊門  八大山人作蘭  評判作  三十一年三月作  感作  桐作  畠作農業  四部作  教師橋爪愛作  作州津山  鉄作  文作  作話  獄中作  達作  作料ハ婦人  レ古名聲多ク作スレ累  レ作獨リ  一作二除夜一  謬テ作リ二京華名利  明治八年作  乃チ作リ二諫書  省作  ただ省作  みんな省作さん  一省作  省作君  省作自ら気  翌朝省作  ウム省作  今度省作  翌晩省作  省作おと  きり省作  三度省作  一夜省作  一度省作  省作好き  作つた陸稻  先づ伊作  一葉作  アナトリ・グレーボフ作  十一年七月作  以上三作  作つて二人  鏡作  鏡作氏  角鏡作  天才彫刻家左甚五郎作  作陶  如く作陶  作陶家各位  死作  即日即時作陶  一作拝見  作後  作ひとつ  作つてやつ  即事二首篠池作  箕作氏  みたい一作  作親子  作一人でなし  若竹紋作  紋作  紋作さん  畠作  豊年万作  作つて特別  作笑い  大層作ッ  言動作息  作味  仏作  昭和十一年十二月作  文壇出世作全集  朧日出襯二今代一君作一篇足レ起レ予  作つて云つた慰藉  作つて貰  五味繁作  堀内皆作  山田右衛門作  右衛門作  郷士佐志木作右衛門  佐志木作右衛門  百姓金作  針金作  作左衛門以下千五百人  子作左衛門  辻町糸七作  作つた伝説  作つた詩文集  作つて生活  天作  田子之作  杉生善作  作つて附録  作ゆき  作つて魚  素人作  匠作泰時さま  匠作さま  作つて御覧  作礼シテイウ  コノナニヲ作ルベキ  作裂音  梶本京作  京作  弦三作  作つて祭つた事  佐野善作学長  作どん  作自身  紀念作  四十年十月作  三両月中作  執行作善  宗作  作ニ成ルモノデアル  春馬作  ニ作レ客ト百年  作つた袋  コトシノ七月カラ始メテ画用紙ヲトジテ画帖ヲ作リ  芥川賞候補作  苦心作  大正十年十二月作  治郎作さん父子  慧心作  慧心院真作  僧都作  作つた籾山  作つた訣  眞作  慧心院眞作  気作  岩佐又兵衛作  作枝  最近作十首内外  最近作  薯作  コレコレ作兵ヤイ  作米  作州那岐山  作す者  神保甲作  岸本作太  井上善作  作つた瓢  作つた恋歌  作つたロールツヒ  作つた方  作つた動機  作つた藤棚  祕かに作つて生徒  祕かに作つた  作つたアレ  作つた覺  作つた丈  作つた許  作つた法律  遺言予ハ明治三十七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ  作つて生徒  作つた覚え  作刀  同様千子院作  今村正作  村正作  型作つた姿  作つて漂つて  八作め  夕作さん  兵作  兵作さん  兵作お前  兵作貴様これ  泥斎門人弥七郎作  弥七郎作  秘作機械  十部作  作つた人間  作つた活字  高橋作左衞門  藩飯田五郎作  加藤作助君  鳥柴・作枝  作つた籠題  ポー作  作つて其事  穀作  作つて叢つて  随処作主  ルネ・クレール作  作料工賃  作料  鞍作  行基作  夢遊発作  上演作  作易年代考  作つた時土臺  義作  馬丁義作  義作さん  義作君  義作一名  義作さん可加減  作つた長歌  作つた女  人麿作  作玉  ば作  斑猫蕪作先生  斑猫蕪作先生自身  狂燥発作  七年一月作  作リモロモロノ物品  作つて山  公的処女作  作樣  入選作  皮作  安本亀八作  靴作  大正元年九月作  作もの  作つた成句  作つた熟語  高田源作  源作  源作さん  源作叔父様  源作叔父  昭和九年十月作  一九三四年作  一年一作  冒険作  作つて活字  車ハ木ト金ニテ作リ  楠木正成ハ人ニテ作リ  富作  富作さん  カン作どん  一作洲崎弁天海上眺望  作元  吟作  秩東作ら四  秩東作平賀鳩渓ら  秩東作  譜作  作イフィゲニア  熱発作  権作  権作爺  権作老人  作つて整列  作リテ  一日作さざれ  一日作  桂正作  正作  日正作  曰く桂正作  作レ衣如二單被一  すべて作  佐藤春夫作  藤作殿  藤作一人  乾兒藤作  ナニ藤作  藤作どんと  藤作どん  作つて竹山  作クセルクセス  歌作  作つた二寸  作つてこれ  嘉永六年丑六月三逸作石団  難波治郎作  苦作  作つて貰ひたい  作右衛門店  作つた戯曲  の権作老爺  権作老爺  権作ア此老年  作つた偉大  作善  あまり作  明治四十二年作  咸自作レ書  作つた解  レ容作二離騷一自投レ江而死上  大正二年十月十一日作  得其近作以覽觀焉  作つた櫛  十代五郎作  十一代目五郎作  俗名五郎作  兼其上甥鎌作儀病身  眞志屋五郎作  某代五郎作  九代目五郎作  初五郎作  五郎作母  所謂五郎作母  稱五郎作  初め五郎作  此五郎作  眞志屋名前人五郎作  名前人五郎作  前二作  如是作  作的気分  作公  作つて帰つて  明治四十一年十二月作EOS  作陶家  作格  尾崎士郎作  みんな仏作  汝等作仏  一作一作  作つた制度  いふ作劇法  作劇法  太郎作どん  次郎作どん家  太郎作どん家  次郎作どん  太郎作どん留守番  太郎作ア  昭和八年作  作ちゃ  作つたオムレツみたい  慎作  慎作みたい  明治四十三年作  ワルト・ホイツトマン大正二年作  作つためいめい持ち寄り  作つたそれ  作一切  作つた道徳習慣  集作  天文二十一年作  作すべ  想作  加作  本作  崇むる太郎作輩  鬼作左  作左衛門  作左衛門密か  作左  五部作  作つた漢詩  作つた詩文  北村季晴氏作  居長世氏作  宝塚少女歌劇団作  作つて順番  作つた版木  土屋元作君  自ら作つた大阪弁  終つた作  作人ども  二作発表  骨折つて作つたの  常套的作劇法  妙作  作割  永禄二年公家藤原某作  変作  廿四年十一月六日作  作つた習慣  通詞丸山作右衛門  結果作右衛門  作右衛門方  丸山作右衛門  作桶  奈良崎将作  右衝門作  昭和十一年四月作  作つて言  市作  作つた路  麥作  作君玉膚  明治三十三年七月作  五作目  二作目  一作二作  明治三十八年作  作つたやまと歌  司馬江漢作秋果図一幀  作鐘鬼図一幀  父龍池作福禄寿図一幀等  藤崎作左衛門殿  嫡子作右衛門  聖徳太子作  作ニ係ル等ハ  作ル所ロニ相違  作つた墓  切つて作つた階段  明治三十三年九月作  更正作  明治三十一年十月作  明治卅六年作  作つた山本氏系図  作ッタ曲  作つて迎へた  作毛皆無  昭和十六年六月作  一九二二年作散文詩  一番沢山作  相馬御風氏作  作圖  塩原文作  作つた歌ぢ  伝文覚上人作西行塚  随処作空  作つた言葉  登場人物面作師  面作師  十作  代表作たる  作劇態度  従つて代表作  処女作発表以来  ケッ作  作つておき  作つて歸國  一作爺  作つた公卿たち  作さ  作桜さく比良  明治四十年三月作  作つた陥穽  獨歩作  独歩作  シェイクスピイヤ作  作爺さん  儀作  若党儀作  野村儀作  グリーナウ作  ゴーリキイ作  ツマラヌ作  岡本綺堂君作雨夜  矢部文作記者  矢部文作  作マロンブラ  作死  作先夫  貴作  賞選作  作つて邪魔  帝展作  成功作  好評作  一作毎  加へた作  曾つて評判作  画風転換作  特選作  問題作提出作家  作つて仕事  過失作  却つて前二作  大正十四年八月作  大正十四年九月作  大正十三年二月作  子作  儀作自身  栗林儀作  作つた王昌齡  作つた詩式  作つた唐書  作つた由來  作七分  次作兄い  作七分如阿梨樹枝  次作兄  四十二年五月作  方作  八重子作  なぞいふ作  ゲーテ作  春の作  坪内作馬  竹作左衛門  作以來  悪戯作  作つた木彫小品  作女中  作どの  十二年六月作  後藤雄次郎作  太郎作  落選作  作つた脚絆  初代並木五瓶作  閇所作  トルストイ作民話  バーナード・ショー作ドラマ  作つた鉛筆畫  作つて行  最優秀作  駄作悪作  免作  むかし逸作  殆ど逸作  斎藤重作君  刻レ木作レ神相対安置  所レ作女形  三浦作右衛門様  三浦作右衛門  作つて此  大辻作  長谷川稔作  治作  作つた舟  松平信博作  前川千帆作  伊藤作  作オンパレード物  陣屋八太郎作  伴作殿  作つて相  明治三十年十一月作  フィッシンガー作  もの北村四海氏作  ロコトフ作  作つた境涯  作方  ドウデエ作  作つた甘美  公認処女作  つて作つた名称  作つて谷風  一動一作  作つて飾つて  此連作  所謂作劇術  作つて通つて行  作つて行つた道  作つた文因  平凡作  泉鏡花作婦系図  願作太平民  位作  一等當選作  つて作米  作つて天下  根作  根作ら  粉雪TinkaJohn作  五作ぢ  夫婦共作  づ共作  作つてそこ  作州吉野郷  五月二十六日作小林君猛火  作つたつけ  作陶展覧会場  前山久吉翁作  職人某々作  作陶上  作陶経験  作陶資格  作つた權力  作ばあさん  作つて林檎  作つて孰  ローラン作  作陽志  音作さん  音作  このごろ勘作  作婆さん  作つたルネサンス式  作つておいで  作つた體裁  安本龜八作  ユイスマンス作  作つてフウフウ息  明珍長門家政作  相州行光作  作つた粥  作つて唄  作アイダ四幕  かの子作  赤岡村元作  高松普作  将作女也  ハ中島作  中島作  ラファエリー作  作つた物  作つて動揺  一本無雑作  縁作  作ツテヰタガ  枡屋善作  作す美  石子伴作  作四十餘篇素  一つ鳥居庄兵衛作  作一つ  作全部  治郎作  其中往來種作  作つた麟徳暦  論文作制  七年八月作  夢中なほ作  作つて汐  近松門左衛門作忠臣蔵  作良徳市  作つて采女  作つた呪言  五首作つて二十首  作つてスミツカリ  四十二年四月作  作つて呪咀  作つて常用門  聖覚作  人爲的作爲的  啻立レ気斉作二威福一  皮作等雑種七万九千〇九十五人  皮作等雑種  皮作等雑種七万九千九十五人  鞍作等  簑作  作二江湖獨善人一  ステブンスン作  処女作出版  作つた國  開化天皇鏡作  正宗白鳥氏作  岩野泡鳴作  武者小路氏作  その頃作つた彼  治作さんほか六人  問答師作  普通作  法力作丈六釈迦像  朝鮮作  日本作  作つた印  藤村作博士  此兩作  初作  小杉作  作つて各地  穂積忠氏作  省作省作  省作お前  ア省作お前  省作さん  作得米  自然省作  作番頭  伊村作右衛門末子作之助  作つて行つて  作つた風  作がら  ほり作  昭和十二年十二月作  たくさん作つて人々  面作師月子  女面作師  豐年萬作  作つた見物  重要作  浄観作調  作調  四郎作  記念作  神武天皇讚歌三部作  三位作  商人白石廉作  一人一作  左甚五郎作  作つた調査  考量作爲  實作實效  中島伍作氏  釣聖中島伍作翁  作つて屍  三十四年八月作  三十四年十月作  明治三十四年作  明治三十五年六月作  明治三十七年九月上旬作  十月五日作  自力作善  近松秋江作  堀口申作氏その他  画作年代  晩年作  内田薫作所蔵一  ヲ作ル  作州吉野郡讃  県会議員難波作  作つた江戸百景  作つて以來細君  いくら作つて  一首づつ作  作つたペコペン  作つて道子  十月三日作  処女作時代  十月作  於二山中一作レ炭  レ山作レ炭云時一  一回出品作  



前後の言葉をピックアップ
鷺山  作業  作業場  狭霧  咲く  割く  作太郎    佐久  裂く


動詞をランダムでピックアップ
代わ話し出せ泣き腫らし持運び責め付ける花開か挑もたえしのぶ見つけださ儲かせまっきりとら生み落しあづかり遂せるばらまく告げよ夢みれまねく
形容詞をランダムでピックアップ
ういういしく重たかっ安っぽい薄寒き明けりゃ晴がましい細い物珍しかっ甘辛いうま愉しき楽しから気むずかし酷しく涼しくっ気づかわしきやす青臭まばゆくするどい