「佐太郎」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

佐太郎[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
佐太郎は組合の関係でやられ  佐太郎しか知らないが  佐太郎が目ばたきしながら訊いた  佐太郎はこの大晦日の夜の刻々を感じ  佐太郎とまさの気持がまざまざと分る  佐太郎がちょっとせきこんだ  佐太郎が警察の中からつけてよこした  佐太郎も足音高く下りて来た  佐太郎が説明したが  佐太郎が云った  佐太郎の猪口に銚子をさした  佐太郎が真面目に声を低めて  佐太郎を試みたる  佐太郎もまたはなはだ惑えり  佐太郎の決心に恥かしめられたる  佐太郎は涙ぐみ  佐太郎は二度の旅衣を着て  佐太郎と相談して  佐太郎はうちに入り  佐太郎は水に気の入り  佐太郎は色をかえ  佐太郎は布の包み解きもあえず推しやりぬ  佐太郎を死の枕に呼び阿  佐太郎は気絶したる阿  佐太郎が持ち帰りし  佐太郎のみさきに寡婦に誓いしごとく  佐太郎はなお陳述する  佐太郎を待つのみなりき  佐太郎に送られたしとも思いしなり  佐太郎を遣わし  佐太郎は気を取り外せり  佐太郎の尽力をもて  佐太郎とはわけて  佐太郎が家に机を列べたりし  佐太郎が家にありき  佐太郎に訪わるるこそ  佐太郎は笑顔を向けたり  佐太郎の顔をジッと見る  佐太郎は暇をつげぬ  佐太郎が阿  佐太郎いねば留守を守る  佐太郎もまた阿  佐太郎が跡をつけ  佐太郎の一方ならぬ  佐太郎が妻なるべき  佐太郎は目を覚ませり  佐太郎は愕とせり  佐太郎は思い当る  佐太郎を見て  佐太郎はいよいよ恐れ  佐太郎は再び見るあたわず  佐太郎は一言も答えず  佐太郎のみ佇みたる  佐太郎を見やれり  佐太郎は再び愕としてあたりの櫨の樹蔭に身を隠したり  佐太郎が頭に触れて  佐太郎だの耕助だのどやどややってきました  佐太郎が言いました  佐太郎は机にくっついた  佐太郎の目の前の机に置きました  佐太郎はにわかに元気になって  佐太郎はいきなりわらい出して  佐太郎をはじめ喜蔵も甲助もみんなそれをうつしました  佐太郎にやってしまった  佐太郎と悦治をさそって  佐太郎と耕助と悦治と三郎と六人で学校から上流のほうへ登って行きました  佐太郎が何かを入れた  佐太郎は袖でそれをかくす  佐太郎はそれを岩穴の横の萱の中へかくして  佐太郎が一郎の顔を見ながら言いました  佐太郎が大威張りで  佐太郎はびくっとしましたけれども  佐太郎はしばらくきまり  佐太郎を殺して逃げやがったな  佐太郎だなっ  佐太郎を逃がされると  佐太郎は田圃路を歩き出したが  佐太郎は再び重い編上靴を運びはじめた  佐太郎は農業学校を卒業すると  佐太郎も村では数少い中等学校の卒業者というので  佐太郎の眼をひきつける  佐太郎の眼の前から姿を消した  佐太郎の念頭からきれいに消え去りかけていた  佐太郎は久しぶりにヒヨツコリ初世の姿を見かけた  佐太郎はそのときには気がつかずにいた  佐太郎はこんなに強く光る  佐太郎はそうやや上ずつた声で勢いこんで言うと  佐太郎は手をつかんだ  佐太郎は急におさえ  佐太郎はグイとその畑の方に女の手をひいた  佐太郎は女の手をひいて  佐太郎はうしろにひつくり返り  佐太郎は女に最後のある  佐太郎がよほど乱暴をはたらかない  佐太郎には何が何だかサツパリわからなかつた  佐太郎は結局わからなくな  佐太郎は小首をかしげてうなずいた  佐太郎にとつて何等の重大な意味をもたなく  佐太郎は思い出してもみなかつた  佐太郎は神経痛で足の不自由な老父をわずらわせる  佐太郎はズダ袋を背負つたままで行つてみた  佐太郎は家族の者が多分出ている  佐太郎の家の屋敷畑の方に入つて来た  佐太郎は自分の眼を疑つた  佐太郎の家の栗毛の馬を曳いて  佐太郎は焼きつく眼で見守つた  佐太郎の家のなかに消えた  佐太郎は待つた  佐太郎はしびれをきらして  佐太郎が考えていた  佐太郎が言うと  佐太郎のわきをすりぬけて  佐太郎は呆気にとられて  佐太郎の耳の穴をこじ開ける  佐太郎が出征した  佐太郎がいない  佐太郎の嫁にということなど考えてみた  佐太郎が家にいもしないのに  佐太郎の家が働き手がなくて困つているらしいという  佐太郎の陰膳を据える  佐太郎はソツと初世の手をひいた  佐太郎のそれを握り返して来た  佐太郎は記憶の底から引ツぱり出した  佐太郎は途中で自分の家の馬におくれて歩いている  

~ 佐太郎[名詞]1
主人の佐太郎の  心持で佐太郎は  まさの後から佐太郎も  臆病者の佐太郎の  何事も佐太郎と  旅人は佐太郎  父は佐太郎が  辺まで佐太郎に  情ある佐太郎を  いつまでも佐太郎に  親切なる佐太郎  日暮るれば佐太郎は  今は佐太郎  不幸を想いては佐太郎の  今来たる佐太郎を  髪の毛のごとく佐太郎が  年とりし佐太郎  他に佐太郎に  あとから佐太郎だの  かよは佐太郎の  鉛筆を佐太郎の  四年生は佐太郎を  鉛筆を佐太郎に  嘉助と佐太郎と  身内の佐太郎を  若党の佐太郎という  その間に佐太郎を  キリツとした佐太郎に  女ももたない佐太郎  世は佐太郎の  ことなど佐太郎は  六枚かたまつている佐太郎の  作場路から佐太郎の  明らかに佐太郎が  当人の佐太郎が  家では佐太郎の  寝床に入ると佐太郎は  

~ 佐太郎[名詞]2
常に佐太郎  そのまま佐太郎  これぞ佐太郎  もう佐太郎  もつとも佐太郎  やがて佐太郎  ついに佐太郎  直に佐太郎  無論佐太郎  

複合名詞
現在相州足柄上郡塚原村古屋佐太郎  佐太郎夫婦  去年佐太郎  山田佐太郎  佐太郎主  日佐太郎  夕佐太郎  佐太郎和主  佐太郎これ  住人山田佐太郎生年二十三歳アアこれ  佐太郎め  佐太郎待  神南佐太郎  阪大佐太郎  佐太郎さん  つた佐太郎  



前後の言葉をピックアップ
ご馳走    佐々    佐野川    佐紀子      


動詞をランダムでピックアップ
乞うつけ廻し煮えくり返つかるさんざめく繋がらだらけるふりかざす褒め挿しそぐうたちむかっ涌く向わ拭き込み立ち至えど食らうつまだちくらべりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
青黒しこのましくなまなまし目敏悦ばしきねばっこく烏滸がましいあわ角々しすからもの悲しく敢ない黒くっ厚かましゅうきよう何気ない忌いまし疚しき怨めしい忙しかっ