「佐々」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

佐々[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
佐々がどんな返事をするかと  佐々は自分の机の上で作る  佐々は柔道の手で締める  佐々の顔を見て  佐々の笑いにつられて  佐々は頭をかきながら  佐々に笑われた  佐々が笑う  佐々の側へ近づき  佐々は問いかえしながら  佐々は思った  佐々に向かって  佐々に抱きつかれた  佐々の胴中へ手をまわし  佐々の方にむかって来る  佐々の目をねらって飛んで来た  佐々は肩をゆすりあげて  佐々のとび出して行った  佐々は作業隊をはげまして  佐々は声をかけた  佐々に尋ねた  佐々はにが笑いをして  佐々の話を聞いていると  佐々は何かの音におどろき  佐々は階段をのぼって  佐々は廊下に立ちどまって  佐々はあたりを見廻したが  佐々は壁の方に耳をすりよせた  佐々の姿を認めて  佐々はその窓に飛びついて  佐々の乗っている  佐々の声は聞えなくなった  佐々の声が聞えるか  佐々の声がした  佐々によびかけた  佐々の声で返事をして来た  佐々は非常におどろいて  佐々は手真似もして  佐々の青鉛筆はほとんど自働機的敏活さでさっさっ  佐々は戸口までその男を見送った  佐々はそれにかまわず  佐々は玄関の間に入ると  佐々の外套をたすけてぬがすと  佐々が機嫌よく安楽椅子に納まり  佐々が来て  佐々は夕刻まで下街で用事があると云うので  佐々と落ち合った  佐々は感激ののこっている  佐々がちょいちょいした  佐々のいない  佐々の帰国すべき  佐々の声が寝室の中から彼女を呼び迎えた  佐々は今朝九時に彼女と佃と三人で旅館を出た  佐々は伸子の帰る  佐々は伸子の顔を見るまでは  佐々は夜少量の葡萄液を飲んだだけであった  佐々の病勢は次第に亢進した  佐々は一言の苦痛も娘には訴えず  佐々の部屋で過す  佐々が初めて次の間の長椅子まで起きて来た  佐々は伸子の手を捉まえて  佐々は手間どって  佐々が枕に靠れて起きかえっていた  佐々は伸子の顎に手をかけて  佐々が話す  佐々は伸子と入れ違いに  佐々と前後して  佐々の養子に成る  佐々の家を出ろと云った  佐々に入籍させるさせないという  佐々との不快ないきさつを知らせたくない  佐々の両親の云い  佐々も帰って  佐々から帰って  佐々は今夜ここへ來ることになつている  佐々が攻める  佐々に對しても  佐々にもわからないと言う  佐々はサジを投げる  佐々はもう一度私の名を呼んだ  佐々も久保も私がグッスリ眠つている  佐々は私に話しかけて  佐々の今夜の冐險はうまく行かなかつたらし  佐々は貴島たちに別れて  佐々が鋭くとがめる  佐々が攻撃的であればあるほど  佐々の言葉でどんなに激しく刺されても叩かれても  佐々にののしられても  佐々が言い立てて  佐々の體操も明らかに軍隊でおぼえて  佐々が體操をやめて  佐々の私に對する  佐々のおしやべりを聞いていたが  佐々も出かけるので  佐々が身仕度しながら  佐々は驛まで歩き  佐々は不遠慮な眼つきでルリの方を見ながら  佐々はルリに對して  佐々に詰め寄る  佐々を睨んで  佐々にも有る  佐々に對して  佐々は裸體モデルになつている  佐々などより私の方がよく知つている  佐々の話を聞いた  佐々でも現われれば  佐々からお聞きくださつたと思います  佐々はそうだと言います  佐々は僕がこうして方々に身をかくす  佐々の話ではルリさんは僕の事を非常に憎んでいるという  佐々はムッツリと怒つた  佐々はジロリと私を見て  佐々はその晩初めて笑つた顏を振り向けながら  佐々はスッと玄關を出て  佐々の話に私は解説を附ける  佐々の話があるので  佐々の話の内容がパッパッと私の頭に閃いて  佐々の話が事實だとすると  佐々からは聞いていない  佐々に聞いて控えて  佐々に會つて見る  佐々もまじつて居たらしいや  佐々に言わせると  佐々は自分の共産主義でもつて  佐々も居ないと  佐々と云う  佐々の家に暮し  佐々の陶器の蒐集棚が立ち  佐々と今津博士との協同で経営されていた  佐々のお古を頂きたい  佐々の家の一つ話になった  佐々は朝から夜までの活動の環をますますひろげて行った  佐々と同郷のある  佐々の家庭に推薦された  佐々は母娘の争いにくたびれて  佐々の家庭とはまるで違って来ている  佐々の家へ出入りした  佐々で買いとりたいと  佐々の家は小ぢんまりした  佐々の家が建っていた  佐々の家にいた  佐々の田舎の昔なじみの農家であるおかめば  佐々の家へ送られて来た  佐々の親から出してもらった  佐々の家庭に君臨するであろう  佐々の事務所に電話した  佐々の家庭のなかまでひろがらず  佐々のうちへしばしば出入りした  佐々に紹介される  佐々は手帳の間から一葉の名刺を抜いて  佐々の計画というのを聞いてみると  佐々は彼の得意中の得意とする  佐々の帰りを待ち侘びていた  佐々はゴクリと喉を鳴らした  佐々は改めて目を丸くして  佐々の右手にはブローニングらしい拳銃が握られていた  佐々は身を沈めて  佐々の上に飛びかかった  佐々の耳に噛みついたらしかった  佐々を縛りあげてしまうと  佐々の足の戒めを解いて  佐々の身体を向うへ突きとばした  佐々は大隅の方に別れを眼でつたえた  佐々はエレヴェーターに乗せられた  佐々の腰のあたりをドーンとついた  佐々はロケット室の前に引張って来られた  佐々の跡を追う  佐々の姿が見えなかった  佐々が気づいた  佐々はその言葉に吸いよせられる  佐々は躊躇する  佐々はその桝の底を覗いてみた  佐々は六つのテレビジョン眼をいくどと  佐々は急に気がついて  佐々の足がついている  佐々は椅子から跳ね上った  佐々の身体がただ一つ残っているばかりとなった  佐々は首をさし入れた  佐々の顔色を手にとる  佐々は気味わるくなって  佐々の面をためつすがめつして  佐々は顔面に急にほの  佐々が苦しそうに咳こんでくると  佐々が叫ぶ  佐々の乗っていた  佐々の身体を上に押しつけていた  佐々は痛む  佐々は急に目の前が真暗になった  佐々のロケットを探してやらなくちゃ  佐々の乗った  佐々のロケットにピントを合わせては  佐々の冒険はすっかり分りましたが  佐々と話のできる  佐々と会話した  佐々と是非無線電話で話をしてみたい  佐々は向うで元気に返事をした  佐々の家へ運んで来た  佐々のおじさんと半分ずつ食べるという  佐々はどうなる  佐々と進少年はすっかり仲よしになって  佐々も合槌をうった  

~ 佐々[名詞]1
有名な佐々の  上目で佐々の  刑事の佐々に  足早に佐々の  新田先生は佐々に  刑事の佐々の  宇宙電話で佐々に  部長刑事の佐々という  隅では佐々が  更えた佐々が  言葉で佐々からの  平野という佐々の  広間で帰って来たばかりの佐々と  ホテルの佐々の  十幾日ぶりで佐々が  佃を佐々に  寢床で佐々が  前から佐々が  對しても佐々に  それまで怒つていた佐々の  紹介も待たずに佐々は  貴島と佐々の  事を佐々が  内容も佐々が  攻撃的な佐々の  のは佐々の  氣がしながら佐々の  私と佐々は  ルリは佐々を  所が佐々にも  ことを語る佐々の  私は佐々の  靴を履きながら佐々は  昨日の佐々の  所在は佐々に  ところは佐々に  そん中に佐々も  貴島も佐々も  吟味に当っていた佐々と  うちは佐々の  田舎にある佐々の  唐辛子は佐々の  頃の佐々の  節は佐々の  天性の佐々は  質素だった佐々の  スレート屋根の佐々の  二年ばかり佐々の  一度ぐらい佐々の  崎にある佐々の  合は佐々の  昔なじみの佐々の  様に佐々の  知らせで佐々の  われわれが佐々と  僕は佐々と  

~ 佐々[名詞]2
どうも佐々  ぶんぶん佐々  うまく佐々  ついに佐々  なく佐々  早く佐々  広い佐々  しばらく佐々  同時に佐々  なぜ佐々  極力佐々  この佐々  

複合名詞
佐々成政  佐々醒雪  佐々刑事  おい佐々  佐々刑事ひとり  時佐々  佐々君  佐々組  佐々さん  佐々刑事さん  佐々刑事あて  佐々弘雄  荒気大将佐々成政  佐々一家  佐々博士  佐々徹男  佐々内蔵助成政  佐々等  佐々小左衛門  二言三言佐々  佐々伸子  大体佐々  佐々姓  先程佐々さん  佐々伸子さん  佐々省三  佐々良  佐々警部補  佐々氏  佐々友房氏  佐々兼武  つて佐々  佐々目ヶ谷  佐々其他  昔佐々成政  佐々爺  佐々行政  佐々醒雪氏  佐々夫婦  その間佐々  毎朝佐々  佐々家  佐々泰造夫人  けさ佐々  佐々泰造  頃佐々泰造  佐々砲弾  佐々記者  モシモシモシ佐々君  佐々砲弾君  佐々政次  佐々隆行  当時佐々  



前後の言葉をピックアップ
ご覧  ご面相  ご飯  ご馳走      佐野川  佐太郎    佐紀子


動詞をランダムでピックアップ
めしあがろ扇ぎ殴っ睨め覆し拗る上がれよくぐら鞭打て話し込み啄みつつまうつろっ食わやって来りゃつけ入っくろずん突っこん押込め行きあわ
形容詞をランダムでピックアップ
汚らし心安からのろき青臭い青臭く忌まわしき黄色くやるせなかっはやかっ細かしい好もしいのろうくどき悪いいとわしく忌いましくほそし無かっ固けれ面倒