「代」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 代[動詞]
灌漑に代  愚に代  これに代  後姿に代  外に代  言語に代  あたしに代  序文に代  辞に代  伊藤内閣に代  大金に代  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
代にひたりて  代を差し引き  代のみだれもなかったけれ共保元の乱に為義が斬られ  代と見るかも知れぬ  代へられた  代から此処に住んどったって  代から懇意にして  代に相成って居る  代も替り  代を交番に行つて借りた  代となる  代となった  代に手拭を載せる  代もはいつてゐるといふ  代になりますと  代の変遷を見せる  代へさせた  代へる事でも真実を書かうとするには  代を出させられたからである  代を送つて呉れなかつたかと  代になって  代になってからであるが  代と比較すると  代にこしらえた  代へられつつあるが  代がとれる  代から隅田川岸に在った  代が二十何円とかになった  代になると  代には彼の博學能文の葛洪の爲に墨子は仙人のやうにされてしまつて  代が斉泰卿の代に改まる  代がかわりました  代になっては  代は何程になる  代よりの事なるべし  代を掻かしたとかいふ  代にひとり美しき娘ありしといふ  代まで置いて来た  代を倹約する  代へるのを承知下さらないでせうかね  代へる野蛮人の愚かさを笑ひましたが  代が幾らかと聞いたら  代は要らぬといふ  代を取ってくれい  代をもって  代だと山嵐の前へ置くと  代は受け取るから  代に焼尽して  代の附いてゐる  代として神を招き寄せる  代とする  代であつたと思はれる  代は一転化すれば  代の本意を忘れて  代を用ゐる  代となつたものだから流すので  代が変わって  代が変つてし  代が変ると  代にようやく宮廷の秘用にたしなまれ  代を興した  代は亡び  代になる  代をしている  代を経るに  代から仕えて  代という男に酒を飲まされて  代にも引き継がれ  代にして愛して居る  代をばエリスに預けつ  代は払わなくちゃならない  代さえのこさず  代へることを交渉したが  代になってからは  代の人が石笛を恋の合図に吹く  代へ得る  代も変りて  代を払える  代はいらない  代に至つては有数の豪家として附近に聞こえた  代のかこいに入って見ると  代のかこいの  代のありど  代のうえへ落ちる  代を聞くと  代まではひきつづいて  代になった  代から住みこんでいる  代に入っていたが  代を払つて立帰りました  代に遡りては  代とによりて  代では縱ひ  代になってから  代の穂高見の命の知ろし召す  代まで釣ばかりはさせる  代を払うなど  代へて戻る  代における土佐国大地震とそれに伴なう土地陥没の記録がある  代のものなるが  代へて神祕的形而上學的の立場に變る刹那の經驗を持たない  代へてこの氣安さをとつたことを悔いない  代になっても  代へて行つた珈琲のすつかり冷え切  代の繍をした  代を重ねるにつれて  代ばかりでも高く付きますから  代を払う  代を取らぬと云うこた  代へて一途に仕事に没頭しはじめてゐた  代にかはつてし  代の主上を記念するに  代はられると言うて  代に作られた  代に往け  代から伝わった  代の主人が消そうとしたらしいが  代は入りません  代にいたって  代へられぬ  代を払って帰った  代に入れた  代を傭う  代からお願いしたのに  代に召し出された  代に細川家に仕えた  代とす  代へ以て売文の貲を貪らんとす  代が変つたであらう  代から耕してきた  代を貰いてい  代をよこさねえで  代をよこさねいじゃ  代を投げ出すを  代に来ましたが  代を戴いて  代を致しますので  代には屹度消える  代を異にしている  代は変ったにしても  代へて紙を製造した  代へると云ふ  代うるに瓢箪を以ってしていたに過ぎない  代へて党員達の性格が急変したかの  代もある  代のさまを観たり語ったりする  代の人に語る如き  代をはらう  代からしみこんでいる  代に没落した  代から飼いはじめたという  代に陸奥の掾たる其の娘聟に銭を貸して  代をおいて  代に律令を撰定した  代から信仰として伝へられ  代に出来たとしてゐる  代もまだ払って  代も知ら  代をも知る  代を十五スーにし  代にする  代ができた  代から溜め込んで有る  代から続いて来た  代が変れば  代を重ねた  代を重ねて行く  代を重ねて  代をせしめた  代を差引かれましたが  代まで長年している  代うるに躊躇せぬ  代につないだ  代を逐うて  代を払ってしまった  代になっていた  代からの掟でおざりまする  代からの掟で御座りまする  代ふるに平字の刀を以てすべし  代からあるという  代にこんなことがあった  代となるや  代へて読みなほしてみた  代ふるも数ふる  代までさせたくないと思っている  代の前半までに播州におったとしたら  代が変った  代に水泡の嵐たゆたふ  代となって  代は戴きません  代を瑛子が支払った  代は筆を置いて  代は深い疑いを声に現して云った  代が居間から伸子を呼ぶ  代の改った  代は伸子を見た  代は上り湯を汲み出して  代は時計を眺めた  代は意外そうに訊いた  代は未練らしく自分も立ちかけた  代でもある  代へておろすと  代を貰う  代が女として過した  代とは非常にちがう  代から此の商売をしてるが  代へ難く愛する老いた  代は見ての  代からは本丸をフモトへうつせよ  代からこの茶屋に住みついている唄い  代に来た  代も例外なしに皇太子のムホンだなんだと廃太子つづきである  代を払うと  代はつて謝罪いふ  代にコマ郡に住んだが  代を残して去る  代ふるに自然の道を以つてし  代ふるに之に優る  代から属していた  代を稼ぐという  代にせよと  代から代へと遺伝されて来た  代までも有りやすよ  代もあがり  代が下がれば  代が変っているが  代に一旦亡びたので  代の本紀を書くのに  代のあらゆることを網羅した  代の古い著述を搜索した  代の故事雜説を集めたが  代は詔勅を蒙  代が興りますと  代に六十万に増しました  代はいつでもいいから飲った  代へられやしないやね  代へられねえ  代だけいただきます  代にならない  代は詰るばかりである  代は五銭の時と十銭の時があった  代をはらった  代のはらってない  代にこれだと叫んだ  代をやっていた  代を私はお払いしますから  代へられない  代というつもりで差し上げて置いた  代を払い  代はいくらでも取らせるぞ  代までやらせる  代を襲ぐ子とても無かりければ  代となっても  代を払おうとします  代へをして  代宣るの義に説けば  代をかさねている  代はとらぬぞ  代まで折助なんぞをさせる  代から順次に享けつがれ  代から木と暮して来てましたね  代からそれを系図に書き入れてあるよ  代に最も隆盛であったことは言を待たない  代からやってる  代からおぼえが  代で大ヤマト大根大神の血は絶えるであろう  代になつて酒造をやめて  代へさせられ  代につないでも  代をかさねるにしたがって  代に溝尾が出るまでなれば  代は払わぬ  代は払っても  代から仕え  代となってからは  代に積まれた  代が変って来る  代を支払った  代を払って  代に至って亡ぼしてしまった  代になっている  代だけ渡しておいて  代をかさねて  代に残して行った  代へて見て  代へられて  代へなければならない  代に大久保百人町に越して来てから  代て見たい  代に霧散した  代つとくなはれ  代を取るといふ  代が変り  代だけは払った  代に更に祖父が代官中の功績を追賞されて  代に至って  代が変っているかもしれないが  代へられないとなると  代は替  代を掻く  代へねばならぬと  代となっていはしないか  代だけは出  代へをした  代へるといふ侵略の時代は文書がありませぬ  代からの花主はたんとお有りだらうし  代へたりして  代を払った  代から押入の奥に突っ込まれていた  代をくれないの  代を払いながら  代から住み馴れている  代へかけてまでの  代を招来せん  代まで生物は売らせまいと  代を払わせて  代から出入りをしている  代は今よりも幸福にはならぬ  代のものがどの程度まで遠い過去の藝術に入つて行けるかといふ  代とは異ならうではないか  代になつてから這入  代になりますから  代からずっと医学者がつづいており  代の終るまでは  代にこの村に全家移住して  代から何かの世話になって  代へて雇役といふものにしました  代から出入りの子分は相当にある  代もみんな綺麗に払って行きましたから  代になれば立ち直る  代を譲って  代から贔屓にしてやってる  代の富みし  代を拂ふといふ  代に娘が入って来ました  代を余計に貰う  代はいくらになる  代にいたり  代へがたく  代より用ゐ来りたれば  代より用ゐ  代の人は其頃新しく輸入したる  代を纏めて出して上げる  代へる今の時代の特有の産物か知らんと  代に至るまで歴仕した  代まで永く歌人の欽仰する  代としてなにとぞお納め被下度尚当夜あたりお手入のあるべき  代が変わっていて  代に殺した  代が替わったりしていた  代の主人に拾はれて  代うるに狼を以てしようとする  代は要らぬ  代に言訳して  代になりました  代となるまでには  代にかえて  代にも事欠くと  代から伝えた  代はいくらやろうかというと  代に位を譲る  代から浪人をしていたとか申してでしたが  代なりとかせがせていただこうとした  代を払いな  代となりましてから  代をやるぞ  代までこの海岸に住んでいたのよ  代まで記憶に残るであろう  代の思想に在る  代を附ける  代とすべき  代の本体はやはり天幕に掩はれた  代を其上に加ふるに到  代の空高く揚げられてある  代の役目には変りがないとすれば  代の用途が忘れられて  代に在ると信じてゐる  代へるといふ  代となるので  代の立場から見れば  代に奉  代と神座との関係を示してゐて  代に宿つた分霊を持ち  代であつたことは信じ  代とも言ふ  代との融合した  代なる基礎観念があるからである  代が竿頭から屋根に降りて来た  代の本意を忘れると共に  代が勢力を逞しくした  代を立てる  代へるところもあるし  代へて感嘆した  代からご当家に縁故をむすんだ  代までも予算されなければならない  代に費やした  代として提供する  代へ殉葬を止められたに拘らず  代といっても差支えない  代うるに銭貨を以てする  代へてベッドへもぐらうとしたら  代を勘定された  代が変わっているが  代ふるに鮮斎永濯尾形月耕の二人を浮世絵師中に編入せんと欲す  代て広重と称す  代へられたり  代ふるに各自辺土の方言と英語翻訳の口調を以てせんとす  代へてやつてゐる  代は替った  代へようと  代でその職にはつかなくなったとしても  代が変りやはりまして  代もいつ終わるかしれぬ  代は変わって来た  代を譲って行きたいと考える  代が平和であった時分のことを忘れかねている  代に帰れと教えた  代が案じられるなんて  代を跡目相続の半蔵に譲り  代から使っていた  代になって居ります  代うるに秋野の錦を浮織にせる  代であると信ずる  代へるために郵便局まで歩く  代て坐せしむ  代までの語り草にせばやと  代に出す  代うるに御傾き何遍と望むも  代うるに他の器械をもってし  代うるに平面の板を用いたりなどせしも  代にこれを行いたる  代までも続き  代から出入りの恩顧を受けたという  代うるに他の器具をもってし  代うるに平面の板を用うるも  代にこれを行ったる  代は甚だしいヂャナリズムでいつ  代でも稼ぎ  代を六十弗この女から貰えば  代を譲った  代まで三代鋤鍬を取らなかった  代までは田の十町も所有して  代の田地を何うか元のやうに恢復して呉れと  代を払ってやるから  代を払って下さる  代つてしまふ  代をかせぐ  代から順くりにそう云われてきた  代へられ  代に失敗して  代が変っていました  代まで恐ろしい祟りがございます  代に行って置けば  代までは家も栄え  代となりては  代には鬼市として顔を隠し  代に前より一段とも上にあげたいが  代を取らすや  代がつづけば  代に多く起った  代に力のない嘆息を洩した  代を通じてわが邦に普遍せな  代までも言い伝えたり  代に父兄に買つて納めさせた  代に既にあったので  代に叛いて  代から伝わっている  代から住んでいたと  代から俺の家はだんだん貧乏になった  代へられんな  代のつづいた  代へます  代へたると  代へたるとあり  代で発行された  代に召し出されし  代に用人を勤めていたが  代に姫を売り  代へようといふ議が起つてゐたけれど  代を取りに来た  代はたられて  代にはいつのまにやら天をも摩する  代になりまして  代が取れるから  代は払わずに帰った  代ふる見えぬにあらず  代へ飮んでゐた  代に及んでも  代に至るまで  代に亙りて  代がかわって  代に至りて  代を上げても  代のこだわりのない満足らし  代はいくらかばつのわるい顔つきになって  代は娘と息子とが待っている  代への影響のあり  代は伸子の肩の一端が映っている  代がその沈黙にたえられなくなった  代は涙をうかべながら  代を見つめた  代の手をつかんだ  代を促した  代は肯定も否定もしなかった  代が同行した  代が結婚という言葉をいった  代のからだにはもって生れた  代にとって激情からの難破をふせぐ  代は前崎の家に二十日ばかり逗留した  代の自尊心がそれ以上耐えられない  代はもうそれきり何もいわず  代として女の若さが自覚される  代は糖尿病をもっていた  代はユーモラスにうけとっているらしく  代はなんといっただろう  代がこういうことを知れば  代は東北の田舎からまだ帰っていず  代は着いた  代の顔に浮んだ  代はダイアモンドの指環のはまった  代は淡白に承知した  代はこの前会った  代に話しておかなければならない  代に告げておくしか  代を請求して来ている  代からの世話人で深川の木場の甚という人が預かっていてくれる  代を得ながら  代は今やる  代にはもういけなくなった  代を払わなかったと云う  代になつても其の崇拜する  代を取りに来たが  代にまで残る  代が違っている  代を忘れている  代はとうとう忘れちまって思い出せない  代と茶代を引くと  代の歴史を編纂します  代まで保存されて居つた  代の歴史を作つて居る  代に實際行はれて居つた  代まで殘つて居つた  代の歴史を作る  代が亡んで  代に作る  代には相當に盛んに行はれた  代へて受取らうとする  代といいかけて  代がはりの世界であらうと  代がはりの前兆であらうと  代へて出てきた  代ふるに欧洲語を以てする  代でつぶれ  代より執事の役を務めて  代に帰ろうとて帰られぬ  代の来たるを待っている  代を保ったが  代にほろびた  代と草鞋の代を受けとると  代へられてゐた  代になりましてからは  代なしにするに  代にはほぼ家運を挽回する  代には必ず家がつぶれる  代に詰まらぬ  代に冷え切って  代までずっと続いていた  代にはだんだんちいさくなって  代へて貰はないと芝居が出来ないと言っておく  代ふるに文字を以てした  代もきかず  代が変って  代へさせていつた  代から都を落ちて  代は払って置きますよ  代を払って出て行った  代へてあるだけで  代を盲目の兄のところへ返して  代から長兄の代にうつると  代に没落したが  代が替って  代を持って来ました  代も朝子も黙った  代が哲学がいいというし  代やつや子のいた  代から来た  代から居ついていて  代へてやらうといはれても  代からお狸様というものを祀っていた  代に女中をしていた  代を重ねての  代が変ってからは  代へようといふ議が起つてゐた  代の名高い土木家が植えたという  代も払えなかった  代に入れて置いたといふ  代はここへ置くよ  代に下しおかれた  代のソーダ水を持つて来た  代を取りに  代だけも十両ばかかつてゐる  代ふるために鷹揚な笑ひを洩した  代の人々に残すだけの  代のみは頗る異例がある  代となり  代ふるに經義を以てし  代ふるに策論を以てした  代から住んでいる  代と髪結銭さえあれば  代も自動車賃も払わずに帰ってしまった  代から代へと神の言を受け継いで守った  代迄受け継いで  代へさせて  代は代を重ね  代となれば  代にしてしまいました  代に至つて近代は終りを告げて  代は取る  代へることに敢て多くは悲しまぬ  代うるに馬鈴薯ならびに牧草をもってする  代に建てた  代へられたが  代へたらどうだす  代へ玉では間に合はなくなる  代へ無漏  代へしなり  代ふる能はざるを云ひ  代からいる  代から三代目のつき  代へられますまい  代へなどして  代を經たるやを汝の詞にて我にあらはせ  代を同じうするをえたら  代は黄金の如く美しかりき  代とその幸多きさまを詩となせる  代へしを悔い  代うるもののない大切な何かを失ってしまった  代を掻き  代へるのに有に連らなる有を以つてする  代より仲買商手広く営みて  代に附近の多くの民に勝ちて  代にこの爭ひありて  代に起れる  代の以前及び以後に於ける  代にナポリ王の所領となれる  代の珍客に移したのに過ぎぬ  代を過ぎて  代に蒙  代になつて家賃を取ると  代になってからの  代へて見た  代になりましてから  代を重ねて居る  代を重ねる  代にここへ売られて来た  代ならぬ神の代があったとする  代をはらったり  代から代へと伝えられてゆく  代なしになってしまった  代の源氏の胚子がこぼれ始めていた  代の宿命が源氏の旗に招かれていた  代には一日だってなかったといっても  代へたいと云ふ  代を支払っていたが  代から集めていました  代までは穀屋を商売にいたしておりましたが  

~ 代[名詞]1
籾などの代を  次の代の  熟柿と代へ  神の依代と  酒手に代へ  先祖の代から  一度一度蚕沙を代  左衞門殿の代から  養子の代に  澤田右衞門様の代も  死骸かたづけ代と  父の代と  帽子の代に  煎茶の代も  跋に代へ  兄の代に  今日までの代の  父に着代へ  名前を代  云ひ代  晴着の代を  學用品の代を  千賀子の代に  親父の代と  親父の代に  つて置き代へ  寝酒の代が  遥かに遅れての代の  父祖の代から  父の代には  植木の代が  息子の代に  晉の代には  肥前守斉広卿の代が  #卿の代に  安芸守斉賢の代  亡なって代が  世阿弥の代に  秋袷の代まで  引越しの代を  椎蕈ととり代  現を代へ  ものと代  お前の代まで  草鞋の代が  のであるから代は  子供の食べた代を  漢の代の  酒の代を  氷水の代  氷水の代は  つて置き代  夜寒の代に  此を依代として  ましを兼ねた依代  神を招き降す依代で  神の依代は  精霊の依代と  大正の代の  文芸の代が  周の代に  漢の代を  漢の代は  鼠入らずの代を  父の代から  次の代にも  質の代から  私を代に  飜訳の代をば  飜譯の代をば  パンの代  パンの代は  麦粉の代さえ  戦国の代では  日シヤツを取り代  部屋を代  徳川氏の代に  樸な代の  何ものとでも代へ  村人の代も  誰が代を  絵はがきの代は  父の代に  兵衛が代の  同体となって代の  親父の代までは  吉兵衛の代に  親父の代から  孫子の代までの  新帝曹叡の代に  帝の代に  銭入から代を  源平の代に  なほ時と代とに  唐の代では  唐の代の  今の代に  神つ代の  生涯孫子の代まで  馳走の代を  酒代に代へて  千金万金にも代へ  天武天皇のみ代における  親の代から  ヒットラーの代に  其姿を代へて  恩惠に代へ  牛乳の代を  孫子の代に  祖父の代には  先程女中の代へて  歴史の代を  娘の代に  蒲団の代ばかり  銘々蒲団の代を  療治の代を  魂を入れ代へて  徳川の代も  米の代にかは  蓄積に代  何ものにも代へ  國家人民に代は  藤原良房の代に  積で代に  祖父の代から  いまの代の  おやじの代からの  十羽の代が  祖父の代に  平和には代へ  和議には代へ  石田は代を  #其境遇を代  親清兵衛景延の代に  和田庄五郎の代に  惣菜の代と  通俗小説に代へ  床屋も代が  大事だから代を  私が代に  それ丈の代を  主人は居りませんから代を  子の代には  時分のとは代を  途中でよし代は  絮を代へて  金に代  それに引き代へ  記述に代  鉦に代  字に代  剣に代  今迄に引き代へて  小利口な代も  情慾崇拝の代も  信仰牢固の代も  ような代も  ような代の  沸り立って居る代  三国の代の  封建の代の  祖先の代から  父親の代に  祖母の代から  樂みには代へ  孝謙天皇の代に  弁当の代を  銚子を代へ  文武の代に  大同天子の代に  キハツの代も  日雇の代を  たばこの代に  たばこの代が  着物を着代へ  着物を着代へながら  名人が代を  人参の代に  身付の代を  阿部さんの代まで  私の代に  これに代  蝋燭の代に  介の代に  神の代からの  孫子の代まで  一部専断に代  右衛門の代に  助の代と  字におき代へて  人を代  それと入り代  父の代の  劫初の代に  作つて人間に代  椿岳の代と  本の代を  私の代にな  飮み代でも  餌を代へて  大福の代を  祖母の代が  祖母の代とは  次の代からは  母の代から  怒りに代  人の代に  誰の代も  煙草の代を  僕が代は  福徳の代に  政教に代  法世に代  父親の代から  箪笥の代に  清十郎の代に  代から代へと  孫子の代までも  蕎麦の代も  蕎麦の代が  今では代が  子の代に  一合の代が  自分の代に  字を以て代へ  風流男の代にかも  腹は代へ  昭公の代と  相応した代だけ  佐野吾八さんの代に  生活の代は  部屋の代は  ぼくまでが代の  風雅古る代の  罰杯の代に  泰文の代に  酒の代に  品を代へて  師匠の代を  求めになった代を  二十銭三十銭には代へ  木の代という  木挽の代が  鉢の代より  新田小太郎義貞の代と  壺焼の代を  油がついたら代は  オジイサンの代から  唐の代には  唐の代に  自分の代で  祖父の代からの  文太郎の代にな  草履がはき代へ  光秀の代に  後の代の  前の代の  それは代は  先代正遠さまの代から  自分の代と  東照宮様と代が  豊太郎の代にな  汗と代を  次の代に  医者でも代へて  水に代へ  金に代へ  一日でも代て  ツさん一寸銀場を代  金吾中納言秀秋の代に  主人は代を  持主の代が  茶の代だけは  尊父の代から  金には代へ  はり鉛のいろの代を  思案を代へ  息子の代と  彼の代にな  幾度も着代へを  明治の代にな  氏神に代  婿の代に  伯父さんの代からの  麥に代へたり  蕎麦の代を  夫の代から  草履の代を  子の代へ  次の代は  後の代にも  ら後の代とは  人皇の代にな  正成の代からの  正儀の代に  曾祖父の代から  自らの代の  植村常右衛門の代に  養父の代から  駒八の代に  むかしの代の  之を代へて  酒の代も  兵馬様の代に  近頃孫に代を  なに親父の代から  人達と代を  飯の代を  孫の代に  何ものにも代へが  播磨の代に  六十圓づゝ着物の代を  値踏を踏み代  実隆の代に  後の代まで  悪夢の代として  爺様の代に  平兵衛の代に  幾度か代が  百両の代に  美野の代に  家は代が  大家のある代の  虎に代  これを代に  隠居の代に  覚如の代と  牛乳買ふ代にも  仲麻呂の代から  酒の代は  父の代まで  じいさまの代から  七面鳥の代を  馬車の代を  米の代なりと  愚僧の代と  オジイサンの代まで  末の代まで  血となる代の  右の依代の  何かの依代を  他の依代を  神を喚び降す依代の  儀式の依代の  本義は依代に  此に代  附与せられて依代と  神の依代に  招ぎ降す依代で  儀式の依代で  傍標山の依代とも  祈年の依代との  集注せしめる依代  此は依代の  竿頭の依代から  所謂依代が  偶像なりの依代を  先の依代  毎年貼り代  言葉を代へて  父信秀の代からの  予の代に  荷車の代までも  別の代の  物騒な代の  お母さんの代にな  食物の代に  書物の代として  人に代へ  米の代と  親の代からの  ピヂャマに着代へて  三室分の代を  黄金の代を  徳川太平の代の  除外し代  捨るや代て  辞に代へ  野菜と代へて  幾たびも代は  油絵とやらに書き代へ  病気に代  親父の代からの  乘つて疲れれば代  自分の代も  徳川の代は  吉左衛門の代に  徳川様の代は  ものに代を  嘉永安政の代に  徳川の代が  寿平次の代に  いにしえの代に  孫子の代が  おやじの代から  清吉の代に  生活の代を  籐筵に代  天使をして代て  左右回りに代  竹に代  蓋に代  子の代までも  嫁さんと引つ代へ  弁当の代でも  草を刈る代でも  時計の代を  伊勢守正弘の代で  祖父明了軒の代の  彼の代まで  祖父の代までは  祖父の代の  おじさんが代を  彼女とが入れ代  義時が代に  座蒲団の代が  師匠の代から  三度も取り代へ  親の代に  三度まで代が  親爺の代に  政党内閣の代にな  子泰衡の代と  未聞の代には  若干の代を  自滅世相の代が  足利氏の代に  舌鼓の代に  炭の代が  #米の代よりか  徳川氏の代を通じて  今の代までも  科料の代に  景勝の代に  命をささえる代  廉いには代へ  それが代が  村長はんが代は  六百年ほど代の  演説に代へ  祖父の代は  恐怖に代へ  消化に代へ  ピンヘット一箱の代で  人皇の代の  祖父今安太郎左衛門の代に  越中守宗孝の代に  糧の代に  コンクリートに架け代へ  妻の代に  米の代を  沓の代は  孫の代には  子孫の代に  勝頼の代に  小麦の代が  酒に代へ  平家の代でも  末の代に  牛九郎爺さんの代に  嗣者壹與の代に  仲哀神功の代と  神功の代に  花環の代を  我々の代にな  品物の代を  みんな衣類を買った代  母の代からの  草鞋の代を  長男の代には  田氏の代にな  探偵小説が代を  いつでも揚げ代  籾擂代を  孫子の代にまで  揚饅頭の代を  饅頭三皿の代を  饅頭の代は  饅頭の代と  孫の代  今は代が  前の代まで  隋の代の  唐の代まで  唐の代が  それに代  手から抓み代へて  其が代が  洋服に着代へて  二代目の代に  師匠の代に  卿の代で  父の代より  信長の代に  人間の代に  末法の代の  二百九十年の代を  秀頼の代に  ランプの代と  闇に置き代へ  さを代  医者の代には  当主隼人の代に  若殿の代に  御仁の代には  氏政の代に  悲の代に  七の代まで  子息さんの代には  大正の代に  お前の代  語りごとに代  方に代へ  麦酒の代は  おしめの取代へなどに  当主の代に  ソバの代を  私達の代にな  云ふのに代へて  石塔の代の  石塔の代を  東京と代が  何にも代へ  李朝の代に  首をすげ代へて  それまで代を  嫁の代が  置場に代へ  マオの代に  自分のを代に  活計の代という  今の代の  菊さんは代の  ナマの代を  桑の代だけも  父の代までは  隋唐の代と  帖括に代  詩賦に代  結局貸間の代と  晩飯の代も  者が代から  代は代を  嫁の代と  家康の代に  大砲に代  あれの代に  四十五世別當尊祐の代にな  きりぎりすの代に  のに取り代へ  もんに代へ  春風の代へ  無花果に代へ  これに代へたり  町に代へ  志を代へ  筋道へと置き代へ  爺の代から  お金には代へ  帯を結び代へなど  米に代へて  贖の代と  朽廢れし代を  多くの代を  ヴィルジリオと代を  一四七古の代は  一三八いにしへ黄金の代と  幸に代へ  芸術家として代  おっかさんの代からの  最後の代の  有に代  山人の代に  親の代より  危急には代へ  七王の代に  王オスチリオの代に  八七ティベリウスの代に  カルロ一世の代に  漢の代に  子孫の代の  後嗣の代を  子息の代にな  国太郎の代に  威霊と代へて  次へと代を  性質でも代を  調子を代  金の代に  神の代は  人の代  神の代が  人の代では  八度奉公先を代へ  船の代を  一生が代  義昭将軍の代に  義昭の代には  贔屓役者の代に  綱宗の代には  新刊批評に代へ  機械に代へ  毎日一文ずつの代を  忠義の代に  

~ 代[名詞]2
その代  この代  いかなる代  古き代  新しい代  ある代  次々代  或代  遠き代  わが代  古い代  遠い代  其の代  もう代  別に代  よき代  旧き代  暗代  すでに代  

複合名詞
千代  切符代  電車代  一代  先祖代  三代以後  三代  唐代  梁代  矢張り唐代  広告代  炭代  玉葱代一  句集代  ワヤ代  二代三代四代  二代  神招ぎ代  三代養子  四代  句集代壱円  紙代  切手代  村總代  總代さん  總代さんとこ  三代續  總代  ハガキ代  米代  五十代四度目  バス代  コーヒー代五十銭  米二升代  風呂代  塩代  煙草代  一代身上俄分限  三十代  二十代なかば  二十代  五十代  八代  弁当代  豆腐代  三四代前  米代若干  葺替代  前々代  短冊代  種子代四銭  句集代拝受  一杯代  十代  其御代  北条五代記  紙代印刷費用共  下宿代  なんぼ売代  一時代  氷代  牛乳代  十三代  一生一代  十一貫代  九ヵ月牛乳代  子孫代  上何代  餅代  今日三十代  着代  料理代  三代記  多く代がわり  つて代  何代  四十代  外套代  仕立代  辰代  廣告代  国内戦時代  麦種子代  唐末五代  渡道後四代  馬喰一代  つて代つて國  コーヒー代  五十代なかば  六十代  フィルム代  付属品一切代  筆墨代  下女代はり  肥料代  粟田関白四代後  慈眼房皆一代  唐宋二代  九代  名望一代  絶代  粟田関白五代  督長代  検非違使志代  火長代  検非違使尉代  山城使代  箱代  書物代  洋服代  実年代上  宋代  建築実年代  唐代以前  十五銭毛布代  部屋代  絵具代  しき代  蜂須賀三代  三代家光  十代家治  畑代  食代  桃千代  宿代  代つて机  雪代山女魚  書籍代  周代  漢代  真田三代記  書籍文房具代  昼食代  電気代  炭団代  炭団代何十銭也  水道代何十銭  部屋代何円何十銭也  六十代後半  五代  著者一代限り  時奇代  奇代  何代前  先先代  先々代時分  院代  線香代  お方一代  四代光乗  準決勝戦時代  緑雨一代  先々代  四代将軍  三代将軍  自家一代  二椀代  我一代  阿波丈六寺代印可  銘刀研代  公絶代豪傑  親子三代  加奈代  好色一代男  百代  年三十代  星田代二  刹那星田代二  星田代二君  誌代  ホテル代  四代記  十余代二百幾年  八代將軍  若手代  舟型霊代  幾百代  三代集  八代集  吉野朝三代  石千代  唐虞三代  唐琴屋二代  称び代  天引食券代五円  自動車代  大分寿司代  食料代  徳川九代家重  切符代二十カペイキ  三代傳  二代間糧食  十二代霊帝  二代三代  三代将軍家光  三代前  餅代さ  母子二代  親子二代  七代のち  時風五代  十二代  十一代  二代法外  父祖四代  長安十二代  漢室十二代  わし一代  十代崇神天皇  十二代景行天皇  三十三代推古天皇  三十六代孝徳天皇  三十八代天智天皇  四十三代元明天皇  以後七代  四十五代聖武天皇  五十代桓武天皇  六十代醍醐天皇  六十二代村上天皇  三代実録  四十九代光仁天皇  九十六代後醍醐天皇  足利幕府十三代  足利十三代  三代義満  足利八代将軍義政  江戸幕府三代  十一代家斉  父祖代  保管代  以後数代  二十四代  秦代  四代三公  牛肉代  二代孫策  いま三代  基業三代  漢字Talk代  消耗品代  八十年間三代  八代め  五代め  連名代  呉祖以来三代  座敷代  絹代  張魯一代  牧家数代  人一代  治国万代  呉国三代  呉三代  十二代将軍家慶公  駕籠代  親代  皺腹代  九代将軍  天鵞絨巻網代黒  三十六度代  加代  治療代  朕一代  室代  伊達家三代  四百年十七代  幾千代  五銭代許  旅籠代  屋根代  代がわり  豊公一代  意義ニ代フルニ  總代者  鐵道院ニ代  利益配當ニ代ハルベキ半期毎  與スル代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家  勞働ニ代ハリ得ベキ爲ニ男子ト平等ナル國民教育  命題ニ代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒  日本ニ代ヘタルガ  天ニ代リテ當年  文明ニ代リテ希臘文明アリ  希臘文明ニ代リテ羅馬文明アリ  羅馬文明ニ代リテ近世  一代かぎり  一屋一代主義  四十二代  一屋一代  七代  七十一代  一代主義  僕ら現在二十代  廻つて部屋代  いつか部屋代値下要求運動  平泉藤原氏三代  也末代以テ如此成ヘシ  此時代  輪代  基督一代  十三代集  三代將軍徳川家光  神孫数代宮居  お茶代  帯代  酒料理代  新聞代  代つて  雄略天皇のみ代  三十代以来  喫茶代  コオヒ代  好色一代女  一代法華  掃除代  80室代  三代将軍徳川家光  一代限り  いつの代  唐代肖像畫  此唐代肖像畫  なほ唐代肖像畫  みな一代  四代中絶  二十四代剣  飯代  其年代  食物代  妹八千代  何十代  何代頃  つて唐代以後  唐代ぐらゐ  宋代以後  先祖七代  つて塗り代  子代部  子代  徳川八代將軍  自分一代  保護凡すべて其一代  御子代部  御子代  一代一度  神武以前幾十代  幾十代  其時代  後醍醐三代  尾代  二神武四十五代聖武天皇一  十一代也  日本国人王八十五代後堀河院御宇  三代相傳  幾世代  人代  招ぎ代  博士一代  一二代  ショバ代  ビール代  一把五十本束代銀五厘二毛  浅井家重代  六代前  徳川八代将軍吉宗  八代将軍吉宗  二代将軍  五代将軍綱吉  ガス代  種代  農具代  齊清四代  唐代普通  初代二代  心一代  乗物代  十五代将軍  代者  米代以下  三代エドワアド六世  時カフェー代  額縁代  七代将軍  十一代頃  二代秀忠  六代家宣  七代家継  九代家重  十二代家慶  十四代家茂  四代家綱  一代ひと構え  五代廟  八代以後  三代家光  二代廟  二代秀忠廟  つまり三代家光  二代将軍霊廟造営  四代将軍家綱  六代将軍  十五代様  十五代様在世中  十六代家達公  十六代様  七代有章院  鰻代  三千代  勸請祭神皇王九十八代長慶寛成天皇神靈歴代皇靈神  帝乃千代守り  萬づ代  日本天皇國太古代上々代  日本天皇國太古代上  日本天皇太古代上  池大納言三十二代  政中村家政代  すべて皆二十代  ニ代リ州内良民  飲食代  樽代  先々代継友卿  元代  寝返り代  一代男  類聚三代格  六代  守護代  九代前  十代前  陣代  肴代  醤油代  化粧代  つて日光三代  四十代時分  氷三貫目代  カーバイト代  口金代百円許  四代前  日本吏舌代  君一代  飾り代  大師八代  復命代はり奥様  二代平城天皇  づ代  其御代始め  一代前  十代以前  一代桓武天皇  静代  修繕代  む磐代  葬式代一つ  当時みな二十代  代選  二銭柿代富太郎  五銭茂吉書物代  一銭直吉笛代  九銭茂吉筆代  七銭茂吉下駄代  埴原久和代  梅代  伽羅千代萩  一度代  売り上げ代  三代相続  結局一人一代限り  人参代  判代  大殿樣御一代  トリック代  木賃三十銭米五合代二十銭  徳川三代将軍  十六代信虎の子  後妻千代  淡路島三原郡津井村十二代世襲  膏薬代  時三千代  この間三千代  長井代助  代さん  晩代助  ただ三千代  代さん貴方  否や三千代  先刻代助  先刻三千代  近頃代助  翌日代助  一寸代助  益三千代  二日程代助  夜代助  そりゃ代さん  代り三千代  凡て代助  十分の後三千代  生涯代助  剣士一代  一代一代都  一代ぎりの  昔代  数十代宮廷  大正十四年八月一日二代清三郎建  二代鹿島清三郎氏  數十代宮廷  ツ代  づまつてゐる光代  衣裳代  今三十代  ところ二十代  四代五代将軍時代  九代十代  水代  一代ぎり  数十代  珈琲代  二代将軍秀忠  政商五代友厚  説明代  灸代  原価代  新聞広告代  水道代  電灯代  二十代三十代  四十代三十代  鎌倉三代記  人間一代  二代前  先々代の  以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為  ラムネ代  祈祷代  炭材代  桑代  ため絵具代  計代  一代二代  晴代  時晴代  砲弾代  ヒロポン代  父一代  棺桶代  茶菓子代  円タク代  フランス象徴派三代  父祖代々五代  赤帽代二十法  矢倉ふき代さん  柴田杜代子さん  鰯代  惣菜代  オレ一代限り  家康三代  伊達家時代  徳沢一代  三代貴族  龍代さん  龍代  同家万代  龍代自身  三代広重  百代万代  ここ何代  代はり死  数代  二代後  四代後  伝授以来二十四代  足利三代義満  馬庭念流二十四代  人皇九代開化天皇  十五代神功皇后  コーヒ代  代つて勇気  四十代前半  二十代後半  四十代後半  惣代  芭蕉一代  皆売払つて米代  藤原氏三代栄華  二代基衡  三代秀衡老雄  二代様  二代胤舜  丁度二十代  柚代  亀千代  一代一両句  声出代  材料代  司馬遷父子二代  如く二代續  五代史  唐代三百年  五代史志  朝代  元代の  清代  父兄三代  端書代  唐末五代以後  願就レ烹以代レ夫死  五代末  金時代  老鋪代  三代先  魂代  霊代  濁酒代  つて掛け代  元代以後稀  唐一代  一代毎  二代學者  上古三代秦漢六朝文  隋志以後唐代  因代以求  來漢代  二代相續  清朝一代  つまり八代  出代  母宮の代  香代  徳川十六代亀之助様  七十代  八十代  支那周代  支那唐代  女一代  片足代  院代様  ろうそく代  阪東百代  四十代前  葉書代  十一代徳川家斉  もぐら代  二十歳代  私一代  大家デニース・フォンヴィージン一代  つて一代  内侍六代  六代様  徳川十一代将軍家斉公  御酒代  大身代  識現代  友吉親子一代  代つたの  つて代つて  洗濯代  オ代リ  同家九代  主人代  九ヵ月間牛乳代  志茂代  つまり代數的解き方  菓子代  餌代  餌代五銭  辨当代  キス代  二代東雲  君ヶ代  六代生まれ更ら  毛布代  楠公一代  つて米代  木挽代  学校用品代  家作代  宮七代  桃代  ば八千代  寺惣代  寺惣代会  色紙代  そくビール代  六十代醍醐天皇様  蔦代  蔦代さん  とき蔦代  北条家七代  人皇九十六代  足利家七代  三代め  執権代  四十六代孝謙天皇  槍使い一代  父子数代  小屋代  才色一代  塙代  塙代奴  塙代家一統  塙代家  七代さん  塙代与一忠純  蓄つた米代  色代  北条九代  ここ数代  判官代  執権代長崎高資  桟敷代八十五匁  桟敷代上等金一円八十五銭  相馬平氏二代譚  当家三代  二十二代  十六代  寡婦千代  駒千代  薪炭代一銭  肴代二銭五厘  石油代五厘  タバコ代  アンマ代  代つて俎板  杉代  女房杉代  亡妻杉代  杉代姉さん存命中  杉代さん  十四代  八代前  北条氏九代  敷物代  二代源氏  北条九代名家功  座蒲団代  石代貢租  逸見冠者十七代  ゆえ代  人生無常年齢十代  広告料印刷代  郵便代  従つて希臘全盛時代  仏法万代  物代  判官代俊正  結代  君代  代料  内容見本代  此時其手代連  守護代隠岐  人皇九十五代  富田屋八千代  さば其上代  人皇百十六代桃園天皇  九代家重公  原料代  ガソリン代等  夕食代  家賃米代  北条家九代  守護代清高  二三代前  院代さん  電力代  動力代  我身一代  八百代小田  田舎者千代千兵衛  自ら代つて之  源家重代  米代一升分  土産代  電燈料新聞代  外米代  十九銭内米代  うどん代二円四十銭  お守代  名家二代  十一代将軍  二代豊国あたり  剣ニ代ツテ一戦ニ勝ツコトヲ  辰千代  北条殿九代  十五代  あらた代  大足彦忍代別天皇  四代以来  四代以前  あと一代  身一代  藤原三代  君侯一代  鮓代  その後数代  布団代  三代唖  式役代  結局病院代  病院代  徳川十四代  雪代水  一代フレ  以テ得ンレ代ルヲ二彼  さし代ッ  はしょうことなしにお千代  手術代それ  石炭代  馬車代  人皇五十三代  北条五代  角さん一代  菊代  二十代の  数代前  首代  書信代  代後家  幾度代  三代實録  徳川八代  肥後八代  三四代  大抵三十代  むる代はり  歌女代  地弾きが歌女代  歌女代さん  四十代なかば  三十代後半  四十代初め  彼女一代  療治代  徳川十五代将軍  八代大将  八代閣下  人間一代山  われ一代  三代将軍家光公  十代十五代前  限つて洋服代  ナニお前十代  美人一代五十三次  八代将軍  百姓總代  人一代かぎり  祿年代  メートル代  かに千代  三代鶴  内海八代湾  世評一代  蝋燭代  體明代  體宋代  其後元代  漢代以後織物  白粉代  豊臣家時代  力代  二代光友  徳川八代将軍  支那漢代  支那宋代  多く宋代  幕府三代  三代家光公  江戸柳生三代  帽子代  明治代  四十代以後  十五代市村羽左衛門  六代目的近代カブキ  瓦斯代九十五銭  サア代  者一代  亭主三代集  地頭代  擅徒惣代  凡十代  ペニシリン代一本二千三百円  偶然一代男  三十歳代  何代集  彼ン代集の  佐代  生れ代つた樣  足利三代  東八代  西鶴好色一代男  寅千代  更代  飼料代  生れ代つて  華族一代制  一代中  その後代  蝋代  肺病死人代一  病気損害日給代一  空中散布石炭代  葬式代  読経代  徳川十一代  代玉  靴下代  人皇三十七代孝徳天皇  一条天皇代  一條天皇代  絶代もの  人生代  人皇何代  本派本願寺二十一代法主明如上人  胆吹名代  理髪代  売代  媒妁代はり  箒代はり  三女千代  当時幼名千代造氏  氏夫人千代子女史  玉垣外庭石代九十二円  後三代  十四代将軍  嫌ひな代數  三代ごろ  四代五代  材木代  乗り物代  祖先代  とおり三代  手ごめ代  二代め彦左  糠代  唐代美人  二代續  物質的代標タリ  二代台徳院殿様  大阪府知事五代才助あて  大阪府知事五代友厚  もち代  はしげ代  しげ代  縫糸代六分五厘づつ  三代庄太夫  二代庄太夫  孫二代仁太夫  子二代仁太夫  二代仁太夫  海軍代將ビツドル  村社八千代  裸代  女史一代  歌沢寅千代  其依代  塗り代  三代リレー  足利十数代  父子二代三代  浜の屋千代こと河田しま  やつぱり下宿代  汽車賃弁当代  十七代  それ以後五代  三代美術  二代三代前  晋代  汽車代  ガソリン代  パンク修理代  殷代  三十代四十代  十代め  三代將軍薨去  供物代  医者代  佛者一代藏經  われわれ一代  私儀親代  数十代連綿  番代銀  毎夜一代  間一代  すべて一代  途端一代  遊興代  通り代脉喋舌  七十七代後白河天皇  三十一代  其前代  其後代的気分  三代許  五代将軍  びた一代  幼名竹千代  曹司竹千代  明和三年江戸山崎金兵衛板絵本千代  明和四年江戸美濃屋平七板絵本八千代草  九鬼子爵代つて東京博物館長  門人歌川国重自ら二代豊国  三代豊国  二代豊国  二代歌麿  二代春好  歿後鳥居清峰二代清満  二代国貞門人  輸入一代  部室代  朝食代  す代もの  代帳  先々代忠篤  入代  吉左衛門さん一代限り  十二代将軍徳川家慶  八代洲河岸火消し役  十二代将軍  十三代将軍  徳川十三代  宿方惣代二人同道  嘉永年代以後  ことし代  らぎのみ代  藤氏三代  七代将軍家継  旦那様三代め  村方惣代  三代皮剥ぎの業  注射代以外  人三十代  関代  一期一代  徳川二代秀忠  地代宿代  皆済目録トカヲ代リニヤッタトテ  ウナギ代トテ別ニ五両クレタ  こんどめ生れ代つて  京都御名代  式代  二代義公光圀  三代肅公綱條  西山君樣御代  五代西村廓清信士  六代東清君母儀  六代西村東清信士  十代五郎作  以つて十一代  十二代清常  十三代久衞門  十四代定五郎  眞志屋十二代清常  某代五郎作  九代一鐵  眞志屋九代  眞志屋十一代  何代五郎兵衞實父  所謂九代  十二代五郎兵衞  皆十二代清常  二代三右衞門  四代三右衞門  五代三右衞門  六代三右衞門  七代三右衞門  十代三右衞門  十一代三右衞門  眞志屋十二代  里村二代昌  三代昌琢  四代昌  六代昌億  七代昌迪  九代昌逸  十代昌同  金澤氏六代  三代鋤鍬  女房友代  王公一代  延久代  父祖数代  そば代  七八代  秀衡三代間  秀郷朝臣以来九代嫡家相承  已上三代鎮守府将軍  安倍氏以来三代  湯治代  橋代  株代  前後四代  二十町歩土地代僅か八百円位  衣類代  肥代  食餌代  十六代仁徳天皇  机代  菊千代  菊千代自身  玩具代はり  宗教戦時代  三代将軍誕生  三代将軍以来  羅将軍吉備尾代  秀郷一代  御館三代鎮守府将軍  みずから秀郷朝臣以来九代嫡家相承  電気代滞納  彼一代  硝子代  蕎麦代  藪八一代  勝千代  釋迦さん一代  祖先十代  六代御前  おとな対十代  漢代高名  鶏代  王家三代  手鞠代  兩氏代  油代  先々代つばめ  番代  儘譜代席小普請入  晝食代四十錢  餌代船賃  大阪河内屋代百八文  銚子代六十文  十一代将軍家斉公  房代  四十代五十代以上  筆代  今日二十代  居城八代  肥後国八代  ところ千代  四代百四年  先々代市馬  先々代林家正蔵  先々代柳枝  先々代正蔵  先々代五明楼玉輔  先々代正蔵君  先々代林家正蔵君  一夜代演  アルコール代  張り代  漢代以前  夏殷周三代  ここ三代  絵の具代  五六代前  お菜代  代議士八代  連綿数十代  近時三代沢本寿君  秀千代  浜子一代  分宿代  工代  タタミ代二十四円  川水雪代  米麦代一金五銭  漢代以後支那哲学  歴史三代  徳川十五代  二三代  缶代  十何代  米味噌代  くず代  休み代  かわり木賃宿代  職員總代  二代引き續  モデル代  瓦斯代  建て代  いくら建て代  半年分誌代前納  ハイヤー代  代たち  代流  前多計代  印刷代  製本代  呉服代二百五十両  廿歳代  父祖数代江戸生れ  八代有徳院殿  八代様  しった八代将軍吉宗公  八代将軍吉宗様  藤田家重代  父子二代  妓鶴代  四代将軍綱吉  藩隨院長兵衛事一代  生れ代つた東京  大臣二代  甲斐仁代  町代  枕代  皆二代  他三代集  隋代  薪代八拾銭  薪代  けさ餅代  十代みたい  やつぱり二十代  1代  2代  松平竹千代  竹千代  及候得共我一代  足利殿数十代  九十二代  万代不易  最後代的  此子代部  注射代  つて代つたの  君ガ代  伊井万千代  五代前  パン代  仕立て代  北条は五代  甲斐仁代さん  昭和三代  十世紀代  ところ組代  光代  つて生れ代つて  洗濯代その他  洗濯代劇場持ち  おやじ一代  明治一代女  人皇五十九代宇多天皇  人皇五十九代宇多帝  君ヶ代蘭  君ヶ代ラン  藻代さん  藻代  其身代  二代続き  隆ちゃん夕飯代二人分一円  六度代  室代八留  やつ代  石ケン代  場所代  椅子代  餌代丈  アパルトマン代  結果唐代  宋代文化  宋代典籍  書画道具一式代用品  ナポレオン以後仏国三代  隋唐五代  三十五代  三十八代  體年代  伊代  一晩中伊代  ところ五十代  什物数代  ひと代  バス代二十五円  広告その他印刷代  茶菓代  沢正一代  ハイカラ代  二十一代集  勅撰二十一代集  平忠盛清盛父子二代  事実上一代  定家二代  銭湯代  私たち三十代  妻劉代  名人一代  ア部屋代ぐらゐ  部屋代ぐらゐ文句言  雪代  タクシー代  遉一代  華族一代論  二十代ぐらゐ  三十代前  確か二十四代  十代ぐらゐ  十五代二百餘年  電報代  高代  それなり高代  玉足玉高代道  一代二代  宮廷三代  三代咲き變  惡趣味代  國歌君ヶ代  二代藩主津軽信牧  四代信政  七代信寧  九代寧親  十一代順  四代藩主信政  数代経過  夷人前代  藤原氏三代百余年間  所謂北条九代記  為信数代  以後数代南部信濃守  四月以来紙代  小屋代さ  服代  謄写代  証拠物写代  煙草代コーヒー代  十三代將軍  学用品代  写真代  漢代頃  ネー千代  肥料代三月  千代万代  三代相伝  十八代  稲代殿  大抵一代  父君二代将軍  其後宋代  代の  春代  偶然人一代前  代ら  大道具代  かつら代  三十代作家論  一六〇〇代  一五〇〇代  柳行李代  而船代  薩州五代才助  天下万代  宿泊代  いく代  昼飯代  糺候條難有差心得組合限申合萬行屆候樣大小惣代並寄場役人共精  三代これ  七十度代  己等一代  粟代  人物宇治少佐従卒太田馬丁友吉少佐夫人鈴子友吉妻数代女中  さま漢代  伯母二代  一代間行政財政  間借り代  染め代  室代食費  九代将軍家重  汝一代  お父さん一代  從来煩多キ方法ニ代  明治一代  五代時代  三代格  杖代  聊現代  祖先以来代宣  此名代部  先達代つて  子一代  二十代前  反物代千疋  神代七代  三十三代  父子三代  神石代  社神世七代臭韮神  ぎねふや机代  連糠代比  心御子代  神八代  八重垣八重言代主  徳川十代将軍  夜具代  パン代用品  天子一代毎  多く漢代  三代吉  版本代  刷り代  從つて彼一代  清二代  三國西晉時代  西晉時代  唐人一代  親類總代  村會議員二三名總代二名私  四十代一杯  日本絵画三代志  アパート代  君千代  朝飯代  上ッ代ぶり  ッ代ぶり  タクシイ代  当主一代  十代かぎり  経盛時代  何十代以来  利代  利代殿  去年代つた智惠子  利代一家  代らめ  去年代つた智恵子  みんな電車代  一代二代前  一代きり  三代以上  リボン代  餌代不要  二十代十代  其歴代政治家  はく釈迦牟尼仏一代  秋田何代  先々代あたり  十代二十代  鎌倉執権代  子六代  まり千代  ヅケ代  十二代将軍義晴  十三代将軍義輝  十代義植  先々代圓蔵  先々代蝶花楼馬楽  先々代小勝  二代忠義  嫡子亀千代  一子亀千代  当日亀千代  主人三代  三代五代  



前後の言葉をピックアップ
大八木  大酒  大芦川    大自然  大跡  大今里  大泊  大震災  大北川


動詞をランダムでピックアップ
のけ反ら舂かとびちら煎じ詰めなりすまそ食い入る薄らが似合い切り立た挺するうつす愛し合いふせが殖やせよ喚ば埋まる打壊そ明け離れすわ造りだす
形容詞をランダムでピックアップ
かがやかしき忌いましかっふるめかしい根深くうら若かたくるしいうやうやしく福々しく浅黒かっ感慨深きかわいらしくくかれ篤からあやしきまたとなかろむしあつがたく小賢しき微笑ましかっどろくさい