「井」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
井之頭公園へ散歩に出かけ  井の駅で別れた  井を指して  井の字絣の着物をきていた  井の字絣の娘を抱き戻した  井の水を頭に載せて  井に誤るが  井をてんして蓋をして  井の字なりの町のまんなかにある  井としてある  井のお力を知らぬはあるまじ  井のお力は土方の手傳ひを  井のお力は鑄型に入つた女でござんせぬ  井のお力は行ぬけの  井の鉢肴は甘くもありましたらうけれど  井の下座敷にはお店者五六人寄集まりて調子の外れし  井のお力を通してゆかう  井の底に物を落したる如き  井の鬼姉さんが呉れた  井の隱居處よりし  井は大損であらう  井の底から天日を仰ぐにも似ております  井のはたの盥にしろき児をほめられぬ  井と云う  井の中とはちがうぞ  井より新たに汲み来たり  井ほらせけるに  井の号を袖干  井の水の涌出るばかりうれしかりける  井が出るという  井の湧く  井といい  井と呼びました  井の形が少し見えるといいました  井を掘りて  井の水を掬んだか  井へ飛びこんで  井の底を覗くと  井や湧き水に通じてゐると  井に沈んでゐる  井の中の蛙的な概念をもって  井の名を聞くと  井に縁故があった  井の診察所で見た  井に到る  井あり梅あり  井の印がついていて  井の中の蛙で世界はこれだけだと思う  井の中の蛙なにをいうかという  井から出たので  井と称する  井とかいう料理茶屋があって  井の門口で酔っ払いが  井の家内の者も門に出て  井の家内の者も大勢そこに出ている  井の人達もおどろいて飛び出して  井の奴等に見せてやろうと思った  井のお金もおふくろも駈けつけて来ましたが  井の口を遙かに覗き上げている  井の口から広大に眺められる  井に降り立った  井の気勢いは朝の屋敷町に時ならぬ  井を覆ふて居る  井を覗いたら  井の水を中心としたからである  井の物語のある  井の中に多遅の花が散り込むと  井に常世の水が湧き  井の右ゐる  井という字の暗示ではないかと考えた  井の中の蛙という諺があるが  井の中の蛙が誰も知らない  井があって  井にたまらぬ  井のにがき雫なすすらせ  井は斧の柄のくつ束の間を初めて知んぬ  井を掘りて飲むが如き  井の中の蛙が世間の端をのぞいたほどな  井を見る  井は境内にあり  井の傍なる壁に基督サマリヤの婦人に語り  井たること疑  井より遠からずして  井というのがその土地にあるのでござんす  井の姓が気にかかる  井の中の薄馬鹿な蛙のような坊主どもの指金できまる  井の政のお客やったと思う  井を久しくやらないね  井をすると  井をしていて  井を掘り  井があつて清水が湧いて居ました  井の背後の路を登つて山上の平野に出ました  井の底から空を仰ぐ  井の傍に破れん  井に掘りて  井や我顔うつる  井というところにかかると  井といって  井の中に住むが  井の清水のように溢れ落ちていた  井の字の暖簾を染め出してあるので  井というのは初めて女を招んでいた  井の端の柳の影も暗くなった  井の底に沈んでしまった  井の端の柳かげを薄白く照すと  井でも深ければ  井じゃに因って  井の底に響く  井之頭の公園に廻って見た  井といった処を通って  井の淵ともいって  井の淵までさしかかってくると  井の中の蛙とでも申そうか  井の字の模様のある  井の底を指す  井の底を窺ひたり  井のほとりに相対して  井の縁石に相並んで  井のようにうち開く  井の浅きながらや影を見すべき  井の中の様な病房の奥に二人三人の人間の着物の袖か裾かが白くちらちらと動いて見えました  井を掘るに  井の浅くは人をわれ思はなくに  井に投じて  井の字がすりが白くきわ立って織り出されている  井にも行く  井に現れて  井につける  井から引上げられて  井にありける  井を鑿て飲み  井の底にわく  井の蛙多し梁唐宋元明の名ある  井の口の娘と名乗って  井を毒するに  井に名ありやと問えば  井の死ぬ  井の傍にありやした  井に当たりをつけておいでなすった  井の中を見たが  井の中の蛙が大海を知らない  井の中から世間さまへ顔を突きだすといふ  井の中でひがむ  井といふを招き  井は内かぶとを見透されじとや  井は軽く受け込みたれど  井を相手に致しとる  井の方を顧み  井の口軽を利用し  井を呼付けて  井の傍に坐せる  井の跡とて石垣残れり  井の水で滌いで  井の水に滌いで  井に墜ちてはならない  井を掘らしめた  井を掘りて飲み  井を鑿して  井の前を通りかかると  井から遠ざかって行った  井の水を飲んでいた  井から歩み去った  井の近くへも立ち寄るまいと  井の水を汲みて  井に棹さす  

~ 井[名詞]1
篠の井の  字を井に  方の井を  寺島玉の井として  菊の井の  菊の井は  建章殿の井の  花ちる井の  もと三の井と  女房は井より  山の井のみ  家に井  うじて井  袖干井と  袖干の井の  姨が井という  姨が井の  玖倍利湯の井という  阿弥陀の井という  塩の井が  塩の井の  子安の井と  機織の井という  機織りの井と  今でも井の  醴泉の湧き出た井の  屋敷内の井へ  遠方の井や  殿川屋敷の井に  山の井の  山の井に  星月夜の井に  鎌倉は井  地図に井の  眞間の井から  眞間の井  何山の井  真間の井  梅の井とかいう  梅の井の  草荵の生えた井の  通路と井を  福の井の  産湯の井の  特定された井に  特定の井に  石の井が  銹びつる智慧の井の  山の井は  おまえみたいな井の  あなたは井の  ヤコブの井を  ヤコブの井は  内に井  つりおろして井の  ヤコブの井  ヤコブの井より  塩の井という  山の井という  繁の井を  人繁の井を  山の井が  轆轤は井の  竹婦人百の井に  山の井や  姫の井という  姫の井と  姫の井の  いへ井の  一の井などの  天然の湧き井の  一の井などを  なかに井の  家の井でも  重の井の  内には井の  裏庭の井の  黄金の井の  有名な井之  姫の井といった  あれを隠し井の  半蔵門から隠し井の  身には井の  露されて井に  頬杖して見えざる井の  柳しだるる井の  そこにある井の  ときには井の  覗われる井の  屍体を井に  大形の井の  中のきまつた井にも  細引でしばって井に  西瓜が井から  これらは井の  生々として落ちついた井の  世の中には井の  天降井  中や井の  大海を知らぬ井の  新に井を  産湯の井  水を汲みに行く噴き井の  はずれにある噴き井の  中高になった噴き井の  大股に噴き井から  

~ 井[名詞]2
その井  新しき井  親しく井  実際井  狭い井  狭井  もう井  古い井  同じく井  大きな井  古き井  この井  

複合名詞
樫井  井底蛙  濁り井  井師  井師筆  井師五十歳祝賀句会  井師筆額字  合井  武州井  葛井  羽賀井一心斎  井華  井水  とおり井水  沼井  中学生時代沼井  さくら井屋  奴さくら井屋  井河先生  井河氏  其後井師  驛長龜井君  龜井君  柴井町  井一家  老中良井氏  中良井  井汲清治  井泉水  井楼  二頭闘二檣下一牛墜レ井死  小村井  井汲  楯井夫婦  楯井さん  井家上君  井君  まんが井  弘法井  三つ井  埼玉県入間郡所沢町上新井字三つ井  子安井  井兵庫県川辺郡稲野村昆陽  井北魚沼郡堀之内町堀之内  まんが井中頸城郡櫛池村青柳  二つ井  井南牟婁郡五郷村大井谷  井磐田郡見付町  井石城郡草野村絹谷  小向井  若狭井  井さん  井先生  数年前井師  井師一人丈  橘井堂医院  閼伽井町  井頭池  親子井  比治山真名井  龜井院  龜井院此邊  井線  様井藤様井藤  太夫様龍馬左右八月十六日森玄道様井藤  幸徳井  於レ此幸井町  井医学士  井光起君  井医学士夫人  井夫人  井医院  井光起さん  井光起  こと井  武蔵井  筑波井風  車井  天八井  井浚  井底  真名井  真名井式  井泉  桜ヶ井  櫛憑欄眺錦城煙籠萬井二江明香風滿閣花滿樹樹樹樹梢啼曉鶯  万井  井独り能  海賊方向井将監  瀧井孝作氏  井鳥為信  於レ是有レ井  曰二瑞井一  呉井嬢次  呉井嬢次対  認む呉井嬢次  怪少年呉井嬢次  呉井嬢次様  少年呉井嬢次  淀井  サメ井  指井  指井君  時指井  指井自身  それきり指井  指井さ  朝指井  只指井  レ井  井荻  井阪さん  瀧井さん  井頭池善福池  井汲清治君  目井津  井特  井葉子さん  井工事  肩井  井其もの  井久馬  井兵馬  井兵馬様  竹添井  井遷寺  井善  井家  井泉村役場  井泉村  井字形  井兵部  ウ井スキイ  ダス井ダニエ  辰井  井楼山  井楼山の上  苔井  井華集  明日香井雅経さま  井蛙管見  滋野井  木井男爵  木井合名会社  木井武雄さん  木井男爵家  木井家  木井  木井男爵夫人  木井邸  井蛙  井花魁  那古井  井菊  虎井夫人  附添人虎井夫人  附添虎井夫人  井バス  井ホテル  井藤先生  滋野井実在  井淵君大声  四部井汲  都度井汲君  原稿井汲氏  忍穂井  栄井  井欄  外相井侯  井侯  井侯薨去当時  井侯以後  井筒井  光明井  るまた井泉  阿部井磐根  阿部井磐椴  阿部井  井刈安蔵  共有井水浚渫費  是レ所謂井蛙  井蛙先生  井氏  龜井樣  機織井  井づゝ  井阪梅雪氏現  井阪梅雪子  井阪梅雪子  夜井阪氏宅  井阪梅雪氏来訪  蒼井雄君  蒼井君  湛井  太陽井  天真名井  今江井  井汲さん母子  井汲さん親子一生懸命  明治三十五年三月二十九日井  鱒井  井様  あら井位  梅野井秀男  井紋哉  今光井  瀧井孝作  海井  閼迦井  閼迦井護法堂  井菊屋  室つき井菊屋  井汲さん  井藤春曰ク  井神陽吉  介門井村神職大越伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平  作楽井さん  作楽井  作楽井氏  並井足玉  葦葦井  井天  井伊迦賀色許男  櫟井  宮伊波禮部井氷鹿飯肩巣  命日子八井  苅羽井山代  鶴井大次郎  鶴井  鶴井達  此間鶴井  鶴井さん  鶴井君  鱒井さん  鱒井達  屹度鱒井つて人  円満井  蔬菜井水  滋井  忍穗井  井汲教授  井一  



前後の言葉をピックアップ
ぃんとして  ィ・チェプ    射さ          伊太郎  


動詞をランダムでピックアップ
たすけあっ組みあげ欠き誇りなくする聞きあわせる言うはさん褒めかんがえださ咬みたたも飲めよ涌い勢いづい羽織らちゃらつかせ取り毀し書き流さ蹴破
形容詞をランダムでピックアップ
小賢しく眩しくっ素早かっよろこばしく少なかっ馬鹿らしくっひどけれ酷しい愛づらし勿体らしくすがすがしけれみめよく恥しくいまいましく怪きあぶなから床しから少から恐き