「乗」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 乗[動詞]
駅から電車に乗  電車に乗  調子に乗  舟アイラーヴィタに乗  自転車に乗  風に乗  庄作さ、乗  親父が乗  兎の子を持つて乗  ガソリンカーに乗  合併して乗  処へ乗  所を乗  尻馬に乗  馬車に乗  汽車に乗  それからバスに乗  波に乗  僕も乗  馬に乗  急流に乗  源さん大に乗  話に乗  話で、忽ち乗  話には、相当、乗  縁談に乗  馬へ乗  三等列車に乗  勝浦から馬車に乗  尾世川まで段々乗  つて車に乗  神駕に乗  故障を起したので、乗  膳に乗  バスに乗  順調に乗  毎日ボートに乗  ブランコに乗  まり大振りをせずに乗  朝晩これに乗  車に乗  さつきそこまで乗  ボクも大そう乗  活字が乗  外の乗  汽船に乗  渡船に乗  蒸汽に乗  蒸汽船に乗  船に乗  象に乗  んで乗  牝馬に乗  何となく風船に乗  大船に乗  図に乗  肩車に乗  興に乗  白馬に乗  屋形船に乗  露西亜船に乗  前へ乗  舟に乗  船にでも乗  船へ乗  仲間の誘ひに乗  話は、どうしてん、乗  雲に乗  姉弟たちが代る代る乗  雷門との乗  驚きもし、また乗  外濠へ乗  タラヒ舟に乗  是に乗  多く船に乗  独木舟に乗  駱駝に乗  上に乗  小舟に乗  一処に乗  友達が乗  人よりも乗  母さんが、とても乗  機関手とが乗  一生涯汽車に乗  軽気球に乗  橇に乗  顎を乗  お爺さんも乗  ぱかぱかお馬に乗  ノルゲ号に乗  水上飛行機ラタム号に乗  一人夜汽車に乗  払つて汽車へ乗  汽車へ乗  二人ともおとなしくして乗  厭に取り済して乗  手に乗  楯に乗  中尉が乗  汽船ポルトスに乗  場合、乗  画舫に乗  標山に乗  脊に乗  前に乗  川蒸汽へ乗  円タクに乗  鉄道馬車に乗  はずみに乗  私の乗  軍艦に乗  窓枠に乗  御者台に乗  馭者台に乗  驢馬に乗  鞍に乗  といつて馬に乗  馬になんて乗  玉の輿へ乗  大そう乗  殻に乗  それに乗  有難や、乗  蒲原夫人も乗  乗合に乗  自動車へ乗  二人自動車に乗  趣を乗  背中に乗  亀に乗  男と共に乗  ベルが鳴つたり、乗  急にさう考へて乗  死地に乗  谷口さんもひどく乗  手には乗  竹内熱をたきつけて乗  扨こそと乗  機運に乗  電車へ乗  担架に乗  丸木舟に乗  秩序よく乗  籠に乗  三国丸へ乗  軍艦へ乗  言葉に乗  誰が乗  須田町で乗  熊七が乗  青牛に乗  千杖子も乗  満員電車に乗  擬ねた輦に乗  半日自動車に乗  何、唯乗  人力車に乗  自動車に乗  とき自転車に乗  つまり馬に乗  天狗でもが乗  リヨンから巴里へ乗  一所に乗  小さな男の子を連れて乗  其一に乗  時代の波に乗  鶴雄はひどく乗  軌道に乗  舟とに乗  狸が乗  兎が乗  駕籠に乗  六人も乗  渡舟に乗  想像にまかせて、乗  両国から汽車に乗  盥に乗  とき一等に乗  ことなしに乗  しまつた機関車にでも乗  一緒に乗  椿岳は忽ち乗  これに乗  大変な乗  屋根に乗  力を入れてとび乗  スキーに乗  上へ乗  新聞に短く乗  八人も乗  掌に乗  俺が乗  乗合自動車に乗  単身に乗  汽車賃を借りて乗  俥に乗  ほうは、ひどく乗  車へ乗  からボオトに乗  ボオトに乗  つて、乗  馬を附けて乗  ぐら付かせて乗  きのふワシリが乗  ロシア風に乗  つた馬に乗  青に乗  から車に乗  船頭が乗  五六人が乗  伏見から船に乗  ドリアンに乗  ぼろフォードに乗  だてに乗  番頭に乗  勢ひに乗  方へ乗  人力車にでも乗  ことについてどうも乗  七兵衛も少し乗  終つてから汽車に乗  先まで乗  相談には乗  蒸汽車に乗  それに打ち乗  市電に乗  春風に乗  棟に乗  当人が乗  追分で乗  あとからあとから興が乗  山海丸に乗  神尾がかえって乗  渡しへ乗  毎日馬に乗  風船に、乗  縁に乗  乗合馬車に乗  飛行機に乗  これが若し楽々と乗  東屋氏は一層乗  上り列車に乗  二等に乗  昇降機に乗  渾沌翠に乗  ドリアンに打ち乗  其に乗  尾に乗  口拍子に乗  口に乗  角は乗  ナカナカの乗  ものに乗  男と乗  一二等に乗  晴、歩いたり乗  相談したけれど乗  人間の乗  人間が乗  死体ではないかと乗  遊民が少なからず乗  うちに乗  白石から汽車に乗  病院から馬に乗  馬をよく乗  瀧を組み伏せ、乗  綱で張ってありますが、若し乗  三十石に乗  併し乗  馭者台に並んで乗  水車小屋を乗  計略には乗  気が乗  本部まででも乗  上にも乗  魂に乗  まきさんに乗  猫が乗  もの、乗  着これは乗  乗打ちをさせては、乗  鶏に乗  大丈夫と乗  遊動円木にでも乗  却ってこちらには乗  途中から、乗  白雲がまた乗  急行に乗  リズムに乗  連帯性への乗  省線に乗  半身を起して乗  僕が乗  乳母車に乗  電車の乗  光にでも乗  軽便鉄道に乗  線路に乗  汽車へなんぞ乗  背に乗  ことは乗  神戸から船に乗  美女がちやんと乗  計に乗  石ころに乗  十八時間汽車に乗  今日は乗  彼女を乗  しか一人も乗  毎日自転車へ乗  和尚さんが乗  兵庫ガ駕籠ヲ出シタカラ、乗  メカニズムに乗  列車に乗  旅客が乗  男が乗  押合ふて乗  梯子に乗  僕も一度乗  盛岡から一緒に乗  電車への乗  席に乗  霧のながれに乗  四銭出して乗  がんりきがいよいよ乗  やかんが乗  トラックに乗  相談に乗  流行に乗  群集にも乗  省線電車に乗  力が入ると、乗  一つ馬車に乗  肩に乗  箱に乗  いかだに乗  何か、乗  竹馬に乗  ひとりも乗  叔父さんも乗  ものが乗  ブランコにでも乗  ぢや乗  油が乗  登山列車へでも乗  湘南電車に乗  円タクにでも乗  大宅壮一君が乗  繋いであつた船に乗  田子からすみれ丸に乗  匆々汽車に乗  安治川口から大長丸に乗  途中からバスに乗  木馬に乗せられて乗  それから歩いたり乗  蒸気に乗  日光行に乗  先方ではたいへん乗  かたが、たいへん乗  節が乗  自動車に打ち乗  胸に乗  一家に乗  樺太まで乗  滑る橇に打ち乗  口車に乗  声を高めて乗  自転車にも乗  新橋を乗  大に乗  それから乗合自動車に乗  時、乗  そりゃあ、乗  港町から船に乗  小松島から蒸汽に乗  渡し舟に乗  体が乗  其へ乗  人間を乗  水に乗  速度に乗  電車などに乗  元通り首が乗  財産を乗  馬車になんか乗  気球に乗  拍子に乗  彼女に対して乗  結婚に乗  離婚にすら、乗  私、乗  由子は乗  二人で乗  オデオン行きに乗  人が乗  おなじ信濃丸に乗  そいつは面白いと乗  リセリウ街から馬車に乗  中に、いかに再び乗  大船で乗  水雷艇に乗  友人が乗  東京駅からタクシーに乗  皿に乗  小さなボートに乗  箱船に乗  志摩徳はひどく乗  養父も乗  帆前船に乗  二人は乗  けが調子に乗  云つて電車に乗  馬車で乗  足を乗  昔外国から船に乗  脂が乗  パッカードを乗  其所から電車に乗  赤電車に乗  そいつに乗  山車はとまつて、乗  自分も乗  皆自転車に乗  それから汽車に乗  大概それに乗  助手台に乗  黒岩はどうも乗  是非相談にだけは乗  辻馬車に乗  大石田から船に乗  それから古口で乗  急行列車に乗  青森市からバスに乗  天候で、乗  はり橇に乗  五能線に乗  垢が乗  三人渡船に乗  勢に乗  唇に乗  桟橋から猪牙船に乗  事があるけれども、乗  候条、乗  父う、乗  此方へ乗  乗合なんぞに乗  あれに乗  君江が最少し乗  箱馬車に乗  海浜から暴風に乗  蓋馬車に乗  てつぺんに乗  人車鉄道に乗  九年ばかり乗  乗客が乗  一杯に乗  さつきあれほど乗  二等室もない程乗  紫雲に乗  迅雲に乗  筏に乗  三輪車に乗  横に乗  其線を選んで乗  あれにさへ乗  沢庵は乗  辞書を裏返しにして乗  駕籠を乗  儒生が乗  啣へたり、乗  彼等は、乗  代りに乗  石が乗  確か驢馬に乗  舟にでも乗  次郎は、もう乗  俊三はもう乗  川波に乗  大波を乗  櫂を休めて悠々と乗  ちやんと乗  やうで、乗  青バスに乗  脚棍に乗  佐和利に乗  機嫌が好く為って居るので、其の乗  一人のマドロスは、乗  のか、とても乗  俎上に乗  ボートに乗  わたくし共の乗  わたくしの乗  移つて、乗  三時間くらゐ乗  仙山線に乗  線に乗  小船に乗  つけ馬に乗  襤褸船に乗  翼に乗  膝に乗  のが乗  引上げよう、乗  独りで乗  汽車にでも乗  相手怖れず乗  いくら船に乗  六時のに乗  膩が乗  時をどう乗  これへ乗  東京駅から下り列車に乗  帰りに乗  間を乗  方まで乗  屋台骨を乗  山キを乗  女が乗  婦人が乗  鑵を乗  遊覧船に乗  赤電車が、やはり乗  腹に乗  唯だ一寸乗  男はおおいに乗  通つて霧に乗  気に乗  先刻汽車に乗  連中は乗  舟へ乗  一つ舟に乗  通り人力車に乗  途中まで乗  裸牝馬に乗  トロツコを見ても、二度と乗  トロツコへ乗  幌馬車で、乗  母も一層の乗  私が乗  ひとり電車に乗  しり馬に乗  中がゆったりとして乗  柄に乗  昨夜吉良邸に乗  男、早乗  柳吉は乗  意志に乗  興が乗  瓶が乗  燃える電車に乗  二等車に乗  弟に乗  此潮流に乗  実世界に乗  筆拍子に乗  問、乗  堀の乗  小さな汽車に乗  働車へ乗  幌馬車に乗  父も大そう乗  汽船会社へも乗  其葉に乗  一人でなら、もつと乗  その後舟に乗  行つて其所から汽車に乗  さと乗  云ひながら続いて乗  自分の乗  自ら馬車に乗  群が乗  平家物語にも出てくる乗  武具をも持たせ参り、乗  新九郎が又乗  何かに乗  殿様、乗  主家を乗  お馬に乗  甲羅に乗  秋葉原の乗  鬼カゲに乗  唐沢氏も乗  京成電車へ乗  時自転車に乗  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
乗掛って止めを刺したから  乗合わせた農夫農婦などは銘々の大きな荷物に腰かけているから  乗をして  乗替えお客の乗替えて  乗替の馬を一頭頂戴致したい  乗掛って止めを刺しました  乗合わせた男子に脱帽させる  乗懸ったので心着くと  乗棄ててある  乗が来て  乗しかけるように翳して  乗替えてパナマに行って  乗こなしているに  乗しかかって  乗をなさいましょう  乗をもって細君から擬せられた  乗の二字を承って  乗というほどの  乗きるなと疳違をした  乗附けると忽ち歓呼の声湧くが如き  乗合わせている  乗棄てた千六は巧みに役人の眼を眩まして  乗合わせていたからとて  乗に誘われる  乗しあげて来た  乗になって  乗ない返事をした  乗かっている  乗しかかった  乗返して来た  乗かってゐました  乗もやるし  乗しかかって来て  乗しかかって来る  乗合わせていた  乗かえの馬を暫時失敬して馳せ来り  乗しかかって来たので  乗をしようか  乗などに出たといふ  乗得ては艪櫂もいらじ  乗得ても心許すな  乗替えずにそのまま歩いて  乗の道すがらお立寄致した  

~ 乗[名詞]1
伴藏は乗  馬に乗  膝で乗  膝に乗  一散に乗  軽便鉄道に乗  須田町で乗  馬の乗  #お客の乗  処を乗  舳へ乗か  舳を乗  昇降器に乗  二台で乗  さが乗  ッと乗が  上に乗  船に乗  普通には乗  馬を乗  沢庵は乗  市電に乗  赤羽で乗  電車に乗  タラップへ乗  此処にて乗  女が乗  玄海丸を乗  角が乗  駒井と乗  元船を乗  砂へ乗  中坂を乗  お前と乗に  汽車を乗  気の乗  半身を起して乗  不意に乗  今まで乗  子供が乗かって  専門家こそ乗  パリパリに乗  車で乗  胸に乗  一家に乗  偶然そこへ乗  広大号に乗  信長の乗か  同室内に乗  重石代りに乗  電車を降りて乗  弟に乗しか  上に乗しか  

~ 乗[名詞]2
遠乗  むずと乗  ふわっと乗  颯と乗  

複合名詞
いが乗憑  ぎわより乗  乗心地  一天万乗  哲学館得業生潮田玄乗氏来訪  所乗  船乗二等車三等  マイナス何乗  乗つた虎  乗ッ  乗つて  気乗  馬乗式  ラノ屍ニ乗リアゲテ馬  刈鎌ニ乗ツテ奔騰スル  岩乗  喚声ニ乗ツテ  唯有一乗諸法寂滅相  船乗  乗つた自動車  仏乗  乗つた汽車  乗輿  その後俊乗坊重源  乗台  一乗円戒  勧進俊乗坊重源  俊乗房重源  俊乗房  醍醐乗願房宗源  乗願房  一俊乗房  乗つたブランコ  英ちやん乗つて御覧  玉乗  十六年乗つて  二乗  ト乗  四代光乗  乗人  大勢乗  五六度乗  馬乗袴  馬乗提灯  唯一乗  一乗妙典  夏一杯船乗  所化乗円  二人乗  深川法乗院門前  乗つて相川ツ  是田楽乗レ馬  乗つたの  巌乗  閣老松平乗全  車数乗  車一乗  馬乗リノ顔モオソロシカツタ  争つて乗  乗ン  神ヲ乗リ移ラセマス  私ハソノ神ガ乗リ移ッテイル間中  私ハソノ神ガ乗リ移ツテヰル間中  一万人乗  統ぐはただ万乗  馬乗役  早乗  時乗つて  前夜六人乗  四人乗  乗雲  マダ合乗俥  一体合乗俥  合乗  一人乗  三乗  合乗ほろ  乗者  早船乗  前日乗つた馬  乗つた盆  領主松平左七郎乗  当主松平石見守乗穏  先乗  一番乗  乗つたタクシイ  卅六人乗レ  自転車乗  廻り輪乗  仏徒三乗  令レ乗レ勝如レ此  唯乗つて  馬乗  とき乗つて  乗賃払  上ニ馬乗リトナッテ  家乗  一乗浄教村  高勢実乗  持チ船ニ乗リタル尊  二人乗箱型  乗つた作品  拝乗  平生愛乗  投乗  西乗坊信救  つり乗つて  つて乗  梯子乗  曲乗  自ら乗気  妙乗  とも乗  乗地  乗量  讃仏乗  大商船隊ニ乗セ  一人乗つて  馬乗羽織  乗つた省線電車  万乗  もと船乗  二人乗つたつて平気  乗つて行つて  乗三次  気乗薄  乗つた  乗つた自転車  筏乗  尤も筏乗  筏乗市四郎  ア乗  通り筏乗  私ア筏乗ゆえ上仕事  由さんソレ筏乗  乗替え  閣取乗策  乗打ち  智恵アリトイエドモ勢イニ乗ズルニシカズ  乗出  宗乗  祐乗  アノ玉乗  乗初  ぱい乗つて  ト乗地  一人乗一挺誂ら  誰か乗つて  合乗俥  俊乗  俊乗さん  それ以来乗気  巌乗造  宙乗  乗主  、乗主  荒谷実乗  百十人乗  四乗  凡夫二乗  笑止千万、乗主殿  程乗つて  、乗つて  球乗  四十人乗  十四哩余り乗  、乗  乗込  大変乗気  船乗仲間  船乗冥利  守レルニ乗ジテ之  マイナス三乗  のり乗  つて乗つた人  誰か乗つて斯  瑜伽大日経秘密一乗  へ乗つて帰つて  円乗寺  円乗寺内  シテ白イ光ルモノヲモッテ私ニ馬乗リニナッテイマス  ふたり乗  黒船ニ乗込ム  顔見世乗込  乗杉さん  乗杉  現在乗込  三乗三従  乗レ船失レ盂喩  乗込客  乗ツ  馬車さ乗つて  乗つた俥  北海道乗治監  巌乗づくり  シテクレタカラ、乗ッテ  シタカラ、乗ッテ橋本庄右衛門ガ林町ノウチマデ来タガ  オレガ乗ル蒲団  止観十乗  船乗片手間  一乗  づしんと乗つて  乗つた人力車  鞍乗峠  鞍乗  象馬車乗  後藤祐乗  船乗調子  船乗衣類箱  以前船乗  部分船乗  みち船乗  これぁ船乗  乗積ゆえ  市内乗入  早乗三次以上  王子象馬車乗  ニ乗ル  ここ当分玉乗  乗室  合乗制  乗つた歌  千乗  交式斜乗  乗艇  乗つた舟  つて乗つた女  乗つた三頭  そく乗  重乗禄  先づ乗  皆乗  牛乗式  牛乗権兵衛  一乗英峰信士  二十何乗  二十八乗  汽車こ乗つて  一号ニ乗リ  船乗たち  潜水艦乗  所謂岩乗  乗機賃  乗協会  越前一乗谷  一乗谷  ぐあひに乗  乗レ勢テ他人  春の乗込鮒  とき乗つておいで  乗院  実乗院  軍艦ニ乗  帰命院妙乗日進大姉  の乗つたさかり  たくさん乗つて  唯一乗教  唯三乗教  一乗三乗峻別  三学三乗  乗券  徳乗  モーターボートヨリ兵乗リウツル  乗試し  奥平美作守貞能一番乗  乗心地騎手  宗乗学者  へん乗気  一辺乗つて  乗円房  松花堂昭乗  画乗要略  滝本昭乗  画乗要略その他  洛外一乗邑  バス乗  



前後の言葉をピックアップ
ネーヴィカット  ネーヴィ・ブルー    野田山        ノア  ノアイエン


動詞をランダムでピックアップ
かけまわれ緘し引っ捕えるしゃがま乗りゃ掻き合せよはおりえれ献ず吐かさ感じれ引き摺らとびあがりこごめる僻むにぎりしめる死にそこなう全うせ解ら
形容詞をランダムでピックアップ
ならびなし芳しきたらしかっ若わかしい偉からいやらしくあたらしき良けれきつきながかっ小さからにがく大きけれあかるき草ぶかきはれがましく珍しから物々しゅう臭い照れくさく