「下ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 下ら[動詞]
上の下ら  何か下ら  腹の中で下ら  から、又下ら  貧乏だから下ら  集団農場なんか下ら  凹郎だなんと、下ら  のは、下ら  配所へ下ら  山を下ら  奴にぶら下ら  こと五六回を下ら  佐古は引き下ら  どこにでもころがっている下ら  地獄へ下ら  惨めで下ら  気前を見せて下ら  斯んな下ら  谷へ下ら  二里は下ら  好きで、下ら  啓之助は、下ら  嶮崖を下ら  研究発見発明などは下ら  負担を負わされて引き下ら  幾度か引き下ら  人気取り専門の下ら  君は実に下ら  ような下ら  肩身を狭く謙り下ら  今度勅命にて下ら  原因は、下ら  ままに下ら  書きなどして居ても下ら  喉を下ら  真面目で、まどろこしうて、下ら  千尺を下ら  後向きになれば、下ら  徐州へ攻め下ら  本も下ら  分別もなく下ら  首も下ら  従事官を下ら  三日も下ら  好奇から、かように下ら  方が随分下ら  誰もそんな下ら  此土に下ら  食器が下ら  而も下ら  頭が下ら  朝鮮遠征などといふ下ら  百姓が下ら  勝手へ下ら  方を見ると、下ら  僕は下ら  三百人を下ら  ことなどは下ら  話題を富まして下ら  七度九分以下に下ら  對しては、何だ下ら  ポケットに入っているし必ず下ら  ポケットに入ってゐるし必ず下ら  宿へ下ら  時がこんな下ら  関脇とは下ら  蠅といえば下ら  もの、下ら  中で下ら  五町と下ら  數千人を下ら  下には下ら  ッ切りか、下ら  中を下ら  難波へも下ら  筑紫へ下ら  車を下ら  寝所へ下ら  南へ下ら  實に下ら  教育なんて実に下ら  些細な、下ら  これらの下ら  横から藍染橋へ下ら  病的で、下ら  東海道へは下ら  事なぞ下ら  両々相対して下ら  薄っぺらな下ら  勅使が下ら  ものくらい下ら  上に下ら  我不二に下ら  十一月われ筑水を下ら  百に下ら  椎尾に下ら  筑波町に下ら  利根川を下ら  ところで下ら  なにを、下ら  丘を下ら  砂丘を下ら  念のいれようだ、下ら  田舎ざむれえなんて、下ら  二十を下ら  対立して下ら  八十点以下に下ら  奥へ下ら  書物を取上げて見たが、どうしても下ら  野に下ら  それから一週間経っても下ら  作品としても下ら  北陸道を下ら  特に華嚴をえらぶ如き下ら  手紙差上げましたなら、下ら  ことも、下らぬ下ら  ひとりになって死んでしまおう、下ら  者が下ら  一歩一歩と高きを下ら  風で、何もかもつまらん、下ら  容易には下ら  方では下ら  仏壇なんか、下ら  熱は少しも下ら  左に下ら  かなたに走り下ら  酒席の下ら  びをひつかけて、ぶら下ら  一時の下ら  小犬にぶら下ら  ことほど、下ら  のと下ら  花圃が覚えがないなら泣かなくともよい、下ら  地下に下ら  十人を下ら  内は下ら  数万を下ら  何を下ら  狩小屋から二時間も下ら  自大相下ら  たる損害六千を下ら  赦免の下ら  自分はいかにも下ら  自分は下ら  三とは下ら  ここで別れて淋しいが下ら  人等の下ら  ように下ら  半分も下ら  大川を漕ぎ下ら  合抱に下ら  あなたについては下ら  本郷座へ行って、下ら  漫画を見て、下ら  かくも下ら  あなたについても下ら  妙な下ら  坂を下ら  あいう下ら  毎年五十人を下ら  男が下ら  ことは下ら  不幸にされては余り下ら  それも下ら  チョツ、下ら  一足背後に退下ら  汽船で下ら  対抗して相下ら  台所へ下ら  今日では、そんな下ら  から少し待てと頼んだり、あんまり下ら  湯島温泉へ下ら  最低三分の二を下ら  六円を下ら  ものは概して下ら  たまには、下ら  昔話を、下ら  十五人を下ら  陸奧に下ら  汽車を下ら  人は案外下ら  僕が見ては下ら  二とは下ら  刻山を下ら  村に下ら  一なんぞは余り下ら  薩に下ら  やうな下ら  具して下ら  具して、下ら  平地へは下ら  気温はそれほど下ら  深谷を下ら  作家同盟で下ら  熱が下ら  宝物など申すは、いずれ詰らぬ、下ら  のだ、下ら  話は誠に下ら  新聞へ下ら  それ以下には下ら  ここに始めて恐ろしくなり、少し引き下ら  栗橋分へ下ら  六一八キロメートルを下ら  江戸に下ら  五アルラを下ら  シエオルに下ら  社参に下ら  三つを下ら  故長谷川二葉亭が下ら  地獄に下ら  鼓ちて下ら  汝が馳せ下ら  他人に下ら  己に下ら  川を下ら  六十円を下ら  体になり下ら  近ごろ江戸に下ら  二万円を下ら  現在を下ら  大阪へ下ら  方へ下ら  学問のない、下ら  男の下ら  居間に下ら  のは下ら  何うせ下ら  容易に下ら  一カ寺五万円に下ら  苦労して下ら  ところで、下ら  教養の故に、下ら  お嬢さんも下ら  遊興をするなと下ら  魔がさして下ら  日向へ下ら  熱が如何しても下ら  ジルベールが下ら  家庭教師、下ら  もと、下ら  ことよりも下ら  んだ、下ら  あなたの実に下ら  余が始めてだなと下ら  階を下ら  切抜で下ら  中でも一方下ら  



前後の言葉をピックアップ
国玉  下松  果物  くだもの  くだら  クダラ  百済  百済寺  下らな  くだらな


動詞をランダムでピックアップ
駆ろ散らば折畳んくやま納まっぬらつい嵌るほろぼし受け継ご照れる写ら秋めきゆん突っ込め牛耳装っはめこむつかね侍する癒えよ
形容詞をランダムでピックアップ
のどけから小ぐらき長かっ人なつかしねたいなつかし美味くなるきやすい紛らわしかっかぐわしく怖き嬉しくっぼろい深から素晴らしき輝かしく生なましなつかしかっ佳い